携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

CFNM

真夏の天使 その2

衝撃ハプニングから1週間、俺はA子の映像をおかずに毎日狂った ようにオナニーしていた。童貞少年だった俺は、女の子とセックスしたいなどとは思いもせず、ただただ自慰行為にいそしんでいたものだった。もちろん、じっ くり見てみたい、触ってみたい、舐めてみたいとか、少年の行き場のない性欲は余るほどあった。あの一件からますますA子が気になって仕方なく、なんとかA 子と付き合えないかな、などと思っていた。反面、泣きそうな顔をしていたA子を思い出すとちょっと悪いことをしたような気もしていた。別に俺が悪いことを したわけではないのだが。この日もクラブ活動でプールの日だったが、A子は来ていなかった。気まずいのだろうか。クラブ活動の時間が終わる少し前に、A子 の友達の小デブに呼ばれた。「T先輩(俺のこと)、A子が先輩に話があるって。放課後、屋上に来てほしいって言ってたよ」と。なんと、A子から呼び出され たのだ。怒っているのだろうか。ビンタされたりするのだろうか。別に俺が何かしたわけじゃないんだけど。

言われたとおり屋上に行くと、A子が恥ずかしそうな顔で待っていた。「どうした?クラブ来てなかったけど具合でも悪いのか?」なるべく自然に、でも 白々しくA子に声をかける俺。「先輩、見たでしょ」 「何を?」 いま思い出しても白々しいにもほどがある。「私の、その、、、、」 「ああ、うん、ま あ、、、、」 これはビンタだな、と思った。「別に先輩が悪いわけじゃないんだけど」 「うん、まあでも悪いことしたと思ってるよ、、、」 自分でも何 言ってるのかわからない。するとA子から想定外の提案が。「悔しいから先輩のも見せてよ」 「うーん、、、そうだなあ、それでA子の気が済むんなら、、、 いいけど」 「じゃあ、あたしんちに来て!」 これはキタ。人生最大の幸運。神様ありがとう!少年だった俺は、好きな女の子に自分のジュニアを見せるなん て恥ずかしと思いつつ、A子のアソコをもう一度見られるかもしれない期待が、恥ずかしさの1億倍以上の期待と興奮をもたらした。

俺はその日は適当なことを言って部活を休んだ。A子も具合悪いとか何とか言ってサボって帰宅したようだ。中学生的には、一緒に帰ったりして友人に目 撃されたりすると、後でいろいろと面倒なのだ。俺はA子に言われたとおり、A子の家の近くのコンビニで待ち合わせ、A子の家に一緒に入った。A子の家は共 働きで姉は高校生で帰りが遅く、20時ごろまで誰もいないということを聞いた俺は、もう胸がはち切れんばかりだったが、平静を装った。そしてA子の部屋に 入ると、「さ、見せてよ!」とA子。「おいおい、いきなりじゃちょっと、、、見せる前にせめて洗わせてくれよ」  「じゃあ、洗うところも見せて!」 いやはや、今までろくに話したこともないので知らなかったがA子はものすごく勝ち気だ。「じゃあ、、、一緒に洗おう ぜ」と俺が言うと、すこし間があって「、、、いいよ」と。

俺たちは一緒に風呂に行き、俺はズボンとパンツだけ脱いだ。当時の俺は仮性包茎だったので洗う前に見栄剥きしたが、亀頭がピンクで恥ずかしかったの を思い出す。「へ~、お父さんと色が違う、、、黒くないね」とA子。俺はすげー恥ずかしかったが平静を装い、A子はまじまじと俺の勃起したジュニアを眺め ていた。「触ってみる?」と俺が言うと、A子は嬉しそうに「うんうん」とうなずいて亀頭を押したり皮を引っ張ったりした。そして「私に洗わせて」と言って 俺のジュニアを洗い始めた。「A子のも洗ってあげるよ」 「スケベ」 というやり取りを何度か繰り返し、結局A子は脱がずに二人で部屋に戻った。

部屋に戻ると、A子はもう一度見たいといってまた俺のジュニアをいじりはじめ、皮を剥いたり戻したり、押したり引っ張ったりして30分くらい遊んで いただろうか。俺はもう完全に興奮状態で、A子も見せてくれるようにお願いすると、「見るだけだよ」と言ってA子はパンツを下ろした。「今日はパンツはい てるんだな」と軽く冗談を言って、「当たり前でしょ!」と恥ずかしそうに言い返すA子を見て興奮を抑えられず、A子のアソコに顔を近づけた。「やだ!洗っ てないのに!」 「いいよ、A子のはきれいだから」というやり取りを経て、俺はA子のアソコを舐め始めた。今思うと、何の知識もない少年にも性的本能が備 わっているんだな、というのがわかる。A子のアソコは毛も薄くピンクで、クリの包皮もきれいな肌色で、小陰唇も小さくまるで芸術品のようだった。すこしお しっこの匂いがして、でも甘い淫らな香りがしたと思う。俺はA子のアソコがグチョグチョになるくらい舐めまわし、A子は本能なのかどこかで聞き覚えたの か、俺のジュニアを口に含んで舐めまわした。触りあったりキスをしたり、1時間くらい淫らな時間がたっただろうか。心から幸せだと思える、また最高に淫ら な時間だった。

それから俺たちは周囲にばれないように内緒で付き合うことになり、A子が高校に合格したときにお互い初めて初体験した。いま思い返しても、あれほど 興奮を伴うセックスはない。その後はお互い違う地方の大学に入学することになり別れてしまったが、今までで最高のパートナーであり、二度とない体験をさせ てくれたA子に感謝しながら、たまに思い出して自慰行為にいそしんでいる。近いうちに、まだ独身であることを祈りつつ久しぶりにA子に連絡をとってみよう と思う。


おちんちんをさわらせる風習

ウルルンで韓国の米作りに行った回で、
そこの村は、男の子が生まれると近所の人に
おちんちんを、さわらせる風習があって、
その場面が放送されたんだけど、
赤ちゃんなのでモザイク無しで、おばさんとその娘と思われる
小学生ぐらいの女の子、4、5人で
おちんちんを、つついたり、つまんだりしているのが放送された。
それを見た、岡○久美子、上○さくらが興奮気味に
「いい、すごくいい。」
「とてもいい村ですね、ぜひ行ってみたいです。」
「引っ越したいです。」
「日本にもどこか無いですかね。」
とおおはしゃぎでしたとさ。
            
             
       ◇      ◇    
              
             
15歳になる息子の母親ですが、息子が赤ちゃんの時、将来のことを考えておちんちんの皮は剥いて剥き癖つけてあげましたよ。
やはり母親と言うのは息子は格別に可愛いので、主人に内緒で小さな小さなおちんちんしゃぶっちゃったことあるし、体中何万回とくちづけしてあげました
君らのママたちも、もしかしたらやっちゃってたかもね
あーら、男の子をスッポンポンにするのなんて日常茶飯事でしたよ?
勿論私の考えだけではなく、主人も「男なら隠すな」派でしたし、将来の人付き合いにおいても、おちんちん隠すような子だと何かと虐められたりすることを懸念していましたから、今は立派に堂々としています。
先日押入を開けると息子がオナニーをしている所を発見してしまいました
思春期に入り、おちんちんの毛も生え揃ってたようですが、ビックリしてしまったので叱り付けてしまいました‥‥。
主人に話すと、男の子は必ずやるものだから叱るなと言われました。
その後、息子と男同士オナニーの正しいヤリ方を主人が教えてあげたとのことです。
何でも、亀頭を刺激するヤリ方でないと皮が伸びて被ったりするそうなので。
            
             
       ◇      ◇    


短大の時なんだけど、いつもの友人と3人で海水浴行ったときなんだけど、
その日も私達は砂浜をキョロキョロしてると、お母さん?3人と4〜6歳ぐらいの男の子1人と女の子2人が服着たまま歩いてたんです。
「この子供達はどこか外で着替えそうだね」って3人で話しながら後をつけてました。
やがてそのグループはある場所で止まるとレジャーシートを広げて荷物を置いたのです。
私達もすぐ近くに陣取って座りました。
お母さん達はさっそく自分達の子供?を着替えさせ始めたのですが、男の子を着替えさせてるお母さんが突然
「今日は男子はパンツ禁止の日」って言いながら男の子をすっぽんぽんにさせたのです。
男の子は真っ赤な顔しながら怒ってたけど、お母さんは海パンを取り上げたままでした。
他のお母さん達も笑いながら見てるだけでした。
結局男の子は1日中フリ○ンで遊んでました。
女の子達もやっぱりお○ん○んが気になるのか、時々つついたりしてました。
(私も触りたかったな・・・・・)
私たち3人もじっくり鑑賞させて頂きました。お母さんありがとう!
女の子達は触るときニコニコしてましたね。「ちんちんだ〜」とか言いながらだったと思う。(ゴメンなさい、はっきり覚えてなくて)
その時ね、男の子が「やめろよ〜」って女の子を叩いたんですよ。
そしたらお母さんが男の子を叱ってましたね。
女の子達には「ダメよ〜」って笑いながら言ってるだけでしたね。
う〜ん、男の子ってかわいそうですね。
あとね、その時みんなでお弁当食べてた時なんだけど、女の子が不意にお○ん○ん触ったんですよ。
そしたら男の子が手にもってたお弁当ひっくり返しちゃって・・・。
さすがに女の子はお母さん達に叱られてたんだけど、
「ホラッあなた達、ふざけるのは後にしなさい」
「お弁当食べてる時は遊ばないの!」だって。
お母さん達、誰もお○ん○ん触っちゃダメって怒らないんですよ。
私達3人で大爆笑してました。 
私達のお母さんもあんなお母さんだったらよかったのにな・・、って3人で笑ってました。


最近外来に来た子の話3

おかしな親(変態としか思えない)がいました。子どもとではなく、お母さん一人で来院されました。
「平日なので、息子に学校を休ませて、連れて来ようと思ったのですが、とりあえず相談だけしようと思って、私だけ来ました」ということでした。
「どんなご相談ですか?」というと「小学6年の息子が包茎で、なかなか剥けないんです」と答えられました。
話を良く聞くと、小学6年の息子さんと毎日お風呂に入り、体を洗ってあげ、おちんちんを洗ってあげるときに剥いてあげるそうです。
これだけでとても過保護なんですが、話はこれだけではありません。
もう小学6年なのに家が狭いという理由で、一緒に寝ているそうなんです。
私が「失礼ですが、夜の生活はどうしているんですか?」と聞くと、「子どもの寝ている隣でしますよ。声は押し殺していますけど、起きちゃうんじゃないかと思うと興奮するんです」と言っていました。
もう病気ですね。
さらに「息子は性的なことに興味が全くないようなのですが」というので、「今の年齢から考えるとなくてもおかしくないですよ。時間がたてば嫌でも持ちますよ」と答えておきました。
一週間後にお母さんとその男の子が病院に来たので調べたのですが、確かに性的な興味はゼロでした。
その子が中学生になって最初の診察に来たんです。もうお風呂に一人ではいり、寝る時も一人だそうです。随分変わったなと思い、お母さんに聞いてみました。
なんと夜の生活を見せたというのです。キスしている時に息子さんが見ていることに気づいたのだそうですが、性教育になると思い、そのまま最後までしたそうです。
それで次の日に一緒にお風呂にはいると、勃起してしまい、何も言わずに体を洗ってあげ、その後、口でしてあげたそうです。
さすがにこのままではまずいと思い、子ども部屋を作ったというのです。
私の患者さんにも中学生なのにお母さんとお風呂に入る子ども、オナニーを手伝ってもらう子ども、子供の隣でセックスする親もいます。

最近外来に来た子の話2

ではまた初めての患者さんについて書きます。その子も母親と来院されたんですが、かなり過保護な母親でした。
その子は小学6年生で、学年で1番背が低いということでした。
まず診察に入る前に手のレントゲン、血液・尿検査を受けてもらい、体重・身長を測らせてもらいました。
診察室では最初に両親の身長・患者の今までの身長・病歴・普段の食生活・運動はしているかなど、いくつも聞くことを聞きました。
診が終わると、上半身裸になってもらい、骨格、体つきなどを見ました。
そしてズボンとパンツを脱いでもらい、診察室に仰向けになってもらい、睾丸の大きさ、陰茎の長さを計測しました。
毛は全く生えていませんでした。
私が計測した結果をカルテに記入していると、お母さんが「包茎なので剥いたほうがいいですよね、私が毎日お風呂の中で剥いてあげてるんですけど、剥けないんですよ」と言いました。
小学6年になって異性の親とお風呂に入って、しかも身体を洗ってもらっているなんて過保護だなと驚いてしまいました。
「毎日剥いてあげてるんですか?」と言うと、「身体を洗ってあげ、いつも最後に剥こうとしているんですが、痛がって剥けないんです。」と答えられました。
そしてなんとお母さんは「こうやって剥いているんです」と言い、男の子のおちんちんを触り、剥き始めたんです。
剥き方が雑なので、男の子は痛がってしまいました。男の子にはなぜ剥かないといけないかを話し、剥き方を教えました。
するとお母さんは「こうですか?」と言い、また剥き始めたんです。確かに剥き方はうまくなっていましたが、私は男の子に剥き方を説明したはずだったんですが‥‥‥。
お母さんには「自分で剥けないと困るので、毎日男の子にやらせてください」と言っておきました。
するとお母さんが私に耳打ちしました。
お母さんは「最近、息子の布団が汚れているんですけど、もしかしたらそういうのを覚えたのかなと思いまして、息子ぐらいの年齢でするのは普通ですか?」と聞かれました。お母さんには「健康な証拠です」と耳打ちしました。
その時、私はパンツが汚れるのなら分かるけど、なんで布団が汚れるのだろうと思いました。
私は男の子に「週に何回くらいしているの、どうやってるの?」と聞きました。男の子は2回くらいしているということで、手でしているということでした。
布団が汚れる理由もわかりました。ズボンとパンツを脱いでオナニーし、そのまま射精していました。
「する時はティッシュを使って、パンツや布団を汚さないようにね」と言いました。
特に意味もなく「雑誌か何かを見てしてるの?」と聞くと、男の子の顔はものすごく赤くなりました。
なんと「あのー、そのー、パパとママのエッチしているところを見たことがあって、それを思い出して」と答えました。
私とお母さんは「えっ!!」とビックリし、お母さんがものすごく動揺していました。私はとても興味津々になりました。
私が「いつ見たの?」と聞くと「3ヶ月前ぐらい」。「どうして見たの?」と聞くと「見たっていうか、見えちゃったっていうか。」と答えてくれました。
「なんで見えちゃったのかな?」と聞くと「自分の部屋で眠ろうと思って眼をつぶっていたら足音が聞こえて、すぐに足音でママかなと思ったの。
それで部屋のドアが開いて、ママがなんていうか僕が寝てるかどうかチェック?しにきたような感じで、それでまたすぐママは部屋から出て行ったんだ けど、なんで部屋に来たんだろうと思って、パパとママの部屋に行ったら、少しドアが開いてて、中を見るとキスしてた」と答えました。
私は「今まで見たのはその1回だけ?その時はキスしたところから、どこまで見たの?」と聞きました。もはやこんな質問は診察とは何の関係もないんですが、好奇心で聞きました。
「もうその時だけ、最後まで見た」と言いました。
診察が終わるとお母さんは逃げるように出て行きました。

最近外来に来た子の話1

その子は高校1年生で、低身長をどうにかしたいということでお母さんと来院されました。
学校帰りに待ち合わせをしてきたようで、男の子はブレザー姿でした。お母さんは黒木瞳似でした。
まず診察に入る前に手のレントゲン、血液・尿検査を受けてもらい、体重・身長を測らせてもらいました。
診察室では最初に両親の身長・患者の今までの身長・病歴・普段の食生活・運動はしているかなど、いくつも聞くことを聞きました。
問診が終わると、上半身裸になってもらい、骨格、体つきなどを見ました。
そして「ズボンとパンツを脱いでね」と言うと、最初は嫌がるのですが、お母さんの目の前で脱ぎ裸になってくれました。
診察室に仰向けになってもらい、睾丸の大きさ、陰茎の長さを計測しました。
下半身を見ると陰毛は生えていましたが、高校1年生にしてはまだまだ薄いほうで、完全な包茎でした。腕・足・脇の無駄毛は全くありませんでした。
私が「包茎ですから、これからは毎日剥いたほうがいいですね」というと、お母さんが「中学にはいるまで、私が毎日剥こうとしたんですが、剥けなかったんです」と言いました。
私はこんな過保護な親がいるんだな、とビックリしました。
私はなぜ剥く必要があるかと剥き方を男の子に説明しました。
私は男の子に仰向けになってもらっているまま、オナニーの頻度・方法を聞きました。
頻度を聞くのは性欲の強さを知るため、方法を聞くのは間違ったオナニーをしている子が意外にたくさんいるからです。
答えてくれましたが、さすがにお母さんがすぐ隣に座っているので、恥ずかしそうに顔を赤くしていました。
頻度は週に2回か3回ぐらいということでした。ただ方法に問題がありました。今までの方法で実際にやってみてと言いました。
男の子は恥ずかしそうにしながらも、うつ伏せになり、下半身を診察室に擦りつけ始めました。お母さんも顔を赤くしながらも、凝視していました。
少したつと、吐息が聞こえ始め、「もう出ちゃいます」と言うので、止めてもらいまた仰向けになってもらいました。
そしておちんちんを握ってもらい、方法を説明しやってもらいました。
するとすぐに射精したので、ティッシュを渡し、お腹を拭いてもらいました。
射精しても若いからお腹に勃起したおちんちんがくっついていて、まだお母さんは凝視していました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード