携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

AV女優

AVコーナー

ゲリラ撮影ての、あんなのねえだろと思ってた。 でもやってるんだね。 続きを読む

可愛い私は元AV嬢

私は小学生の頃から可愛いといわれ、中学生の時には何人もの男子生徒から告白されました。そうなると勘違いしてきます。私は将来女優になる女なんだと思うようになってゆきました。
高校では、他校の生徒からも告白されて、高校3年の時には、ついに当時30歳の先生から、卒業したら付き合って欲しいと真剣にに告白されてしまいました。私は、入学以来ずっと憧れていた先生だったのでとても迷いました。高校を卒業してすぐ、私は先生のアパートを訪ね、
「私は東京へ出て、アルバイトしながら女優を目指します。でも、先生の事はずっと好きでした。だから、先生に抱かれてから、先生の思い出を胸に東京へ旅立ちたいんです。」
この日、私は先生に処女を捧げました。たった1回の思い出を抱いて、私が東京へ出たのが11年前でした。

私は、アルバイトしながら劇団巡りをするうちスカウトされました。ウキウキとドキドキとソワソワが混じった気分で指定されたビルに入ると、飲み物や お菓子を出されて飲みながら色々と質問されて、少しずつのせられて、気が付いたら水着や浴衣の写真を撮られていました。そして、あまり記憶が曖昧なのです が、ヌードまで撮影されていました。和室の柱にもたれて、浴衣を肌蹴て乳房を出していたり、アソコのヘアを露出したりしていました。飲み物に何かが混入さ れていたのだと思います。
目を覚ますと、和室の布団で40歳過ぎのおじさんと寝ていました。回りには何人もの人がいて、私とおじさんを撮影していました。セックスはしてい なかったみたいでしたが、後で見せられた写真では、おじさんのモノが私のアソコに入っているように見えました。私は眠っていたのですが、それは感じてウッ トリしているようにも見えました。
「目を覚ましたようだから、本当にやらせてもらえば?父娘相姦の設定で行こうよ!」
え?ええ?っと状況をよく把握できないままアソコを弄られて、あれよあれよと言う間に感じさせられて、おじさんのモノが入ってきました。半年前に 処女を失って以来生涯2度目のセックスは40歳過ぎのおじさんでした。先生のときよりは痛くありませんでしたが、それでもビリッと感電でもしたような感じ でした。
「お、おい、この女、処女だったんじゃねえか?おいおい、血が滲んでるぜ。マジかよ・・・」
私は、父に処女を奪われた素人の女の子と言う設定で、投稿ビデオの素人の処女喪失で、エロDVDデビューしました。
私は流されるように、素人が撮影または素人を相手にナンパセックスした設定のモデルで、主に女子高生や短大生という役柄で30本くらいビデオ出演 しました。メジャーなAVには出ませんでしたが、結局私は撮影されたり、スタッフ側に回ったり、スタッフとの乱交に参加させられたりしました。

23歳のとき、こんな生活はやめて田舎へ帰ろうと思ったとき、最後の仕事を頼まれました。いくら童顔でも女子高生は無理だろうと思ったのですが、時代錯誤もはなはだしい昭和レトロのセーラー服を着せられて、髪は三つ編みにされて和風の古い旅館で撮影されました。
本物の荒縄で縛られて、恥ずかしい格好でアソコを丸出しにして、古臭い背広を着た中年男性に陵辱される写真を撮られました。その後、もっと狭い別の部屋で、若い青年とのセックスを撮影されました。
出来上がった写真を見て驚きました。そこには、昭和30年くらいの世界が広がっていました。写真は全てモノクロで、セピア色に色褪せていました。カメラマンが説明してくれました。
「赤貧の女学生が、親の借金のカタに町の名士に陵辱されたのです。まだ15歳の女学生は、幼い体を玩ばれながらも、この名士に学費を出してもらっ ているのでじっと耐えるのでした。女学生には好きな大学生がいましたが、名士に隠れて逢瀬を楽しんだのです。どうです、昭和30年前後に見えるでしょう? この少女も、女学生に見えるでしょう?とてもモデルがあなただとは分かりませんよ。」
本当にそうでした。この写真は、ある資産家の古い蔵から出てきたと言う設定で、雑誌に載せるそうです。もちろん、性器にはボカシが入るでしょうけれど、本当に昔の写真みたいでした。

私は23歳で東京を去り、故郷に帰ってきました。私の地元は東京と比べたら田舎ですが、そこそこ都会ですからバイトならたくさんありました。地道に 働いていると、何人もの男性に声をかけられましたが、私は暫く男性とお付き合いする気持ちになりませんでした。そして、24歳で先生と再会したのです。
「一応、待ってたつもりなんだけど、だめかな・・・」
「私、東京で散々汚されて逃げてきた女です。先生に愛される資格はもうありません。」
先生は、私が東京でどんな目に遭っていたのかを一切尋ねません。唯一途に私の事を愛してくれるのです。一体何人の男性のモノを挿し込まれたか分からない私のアソコを喜んで愛でてくれました。私は、先生のお嫁さんになりました。
「凄く可愛い奥さんですね。」
「卒業後に再会した教え子と結婚しちゃったんです。女優さんみたいに可愛いでしょう。」
いつもニコニコして私の事を自慢します。私は、可愛いと言われた昔に戻って、先生の自慢の清純な教え子妻を演じる女優なのです。


元妻の痴態をもう一度

元妻と離婚したのはもう18年前の事だ。俺31歳、元妻28歳、結婚4年だった。
元妻の産んだ子供は色白で茶髪、どう見ても白人とのハーフだった。
「あなた・・・ごめんなさい・・・」
いかにも清楚な大和撫子の和風美人で豊満で妖艶な体をしていた元妻が外国人と中出し不倫・・・ショックだった。
元妻は家族や親戚からも疎まれて、やがて母子で故郷から消えた・・・

俺が離婚した頃、バブルが崩壊した影響で中小企業だけでなく、その不良債権の処理ができずに銀行や証券会社まで倒産していった。地味な仕事だが安定した職業だった俺には、離婚直後に見合いの話が飛び込んできた。
家事手伝いの23歳、家業も手伝っていたが跡継ぎの兄が結婚して義姉が店に出るようになると居場所が無くなり、不景気な世の中、永久就職の相手に俺が選ばれたのだ。
元妻と比べたら色気の無いガキっぽい田舎娘だったが、屈託の無い笑顔が無垢で清純そうなイメージを与えた。ほのぼのとした女とまったり暮らすのもいいかなと、交際を受け入れ、俺32歳、妻24歳で見合い半年のスピード結婚した。
厳格な見合いをさせられたので、信じられないかもしれないが結婚するまで手を出せなかった。新婚初夜、24歳とは思えぬ色気の無い華奢な体を恥ずかしげに晒し、三つ指を突いて、
「よろしくお願いします・・・」
と頭を下げた新妻は、驚いたことに生娘だった。
見目麗しい桜色の純潔の扉を開き、少しずつ男女のまぐわいにおける所作を仕込み、夫の性欲を処理することだけでなく、他人には見せられない、女として恥ずかしい淫らな格好すら夫の興奮材料として提供しなければならない事も妻の務めだと教え込んだ。
時には男根の挿入をお預けされて、とことん指マンで潮を噴きながら何度も逝かされる辱めの後、グッタリした状態でやりたい放題突かれることも受け入れるようになった。

一姫二太郎に恵まれた頃には、華奢で無垢そうな体を淫らに喘がせて俺を満足させてくれるようになった。普段は清純そうな田舎娘が、夫に跨って腰をクイクイさせて見せる恥じらう痴態もまた、意外性があっていいものだと思った。
しかし、豊満だった元妻の豊かな乳房の感触が時には恋しく思えることもあった。

再婚して10年、俺も40歳を過ぎた中年親父になった頃、東京へ出張した際にふらりと立ち寄ったアダルトショップで、古いエロ本を売っていたので何気に見ていたら・・・!!これは・・・元妻!

"知的な美人奥様が見せる淫らな性"
黒塗りで見えないが、男優の男根が元妻の女陰をあらゆる方向から貫いていると想像に容易い写真がたくさん掲載されていた。感じて、恍惚の表情を浮かべた色っぽい元妻・・・
豊満な肉体は、紛れも無く別れた元妻だった。エロ本の発行日は離婚した翌年だったが、これは離婚間もない頃に撮影されたのだろう。豊かな白い乳房には静脈が浮き出て、自らの手でその乳首を摘み、母乳を噴出しながら切ない表情で悶えていた。

"縄に味を占めた清楚妻が浮気子種を仕込まれる"
豊満な肉体に麻縄を食い込ませ、生の男根を入れられて喘いでいるのだろうか・・・元妻が男優の精液を股間から垂れ流して虚ろに喘いでいた。

"淫乱美熟人妻がアナルを犯され快楽に咆哮アクメ"
みっともない格好に縛られて、女陰と肛門を異物でふさがれ、ついに肛門に男根を受け入れてウットリする元妻・・・

俺は、元妻の出ていた古いエロ本を買い漁った。美しかった。白い肉体に食い込む麻縄と豊かな胸・・・清楚な和風美人の顔が歪む大興奮の写真は、AVの一幕と知り、翌日その店に戻って、店員に元妻のAVを探してもらった。
残念ながら、元妻は30代前半にAVを引退しており、当時のVHSテープは残っておらず、元妻が出演したAVがオムニバスで収録されたDVDがあ るのみだったが、それを購入してPCで見た。懐かしい揺れる乳房、懐かしい喘ぎ声、懐かしい逝き顔・・・離婚直後の美しい元妻が色んな男優に犯され、母乳 を噴出し、麻縄の威力に悶え、中出し精液を溢れさせ、アナルも犯されていた。

俺と別れた後の元妻の人生を思うと、胸が張り裂けそうだった。
愛していたが許せなかった。
離婚するより仕方なかった。

元妻のエロ本とDVDは、我が家の屋根裏に隠されている。今から16~17年前、離婚した後の数年間の元妻の美しくも淫らな映像は、年に1,2回、妻に隠れて楽しんでいる。
あの美しい熟女AV女優・・・46歳の元妻は今、どこで何をしているのだろう・・・


元妻は独りで・・・

16年前、元妻の父が起こした人身事故に端を発し俺が息子を引き取り離婚した。俺が30歳、元妻27歳、息子は2歳だった。幸せな結婚生活は、お互いを愛したまま5年で終わった。

離婚後、俺は性欲処理のためにパート主婦をつまみ喰いしていた。自分より10歳以上年上の40代50代の熟れきった熟マンを楽しんでいた。この年代 の奥様方の7割は殆ど性生活がない方が多く、中には何年もほったらかしの方もいた。俺は、そんな奥様方のクモの巣払いをしてとても喜ばれた。

離婚してから、時折エロ本を買っていた。離婚して数年後、そのエロ本に載っていたモデルの女性に釘付けになった。間違いなく別れた元妻だった。本名 とは全く違う「○○○子特集!三十路を迎えて艶やかに色付く美人妻の性」と題され、かつて俺が愛した美しい身体を誌面に披露していた。プロフィールには身 長161,B88,W60,H89とあった。俺も知らなかったスペックだった。
男優に身体を弄られ、乳首や股間を舐められ、ウットリと感じ入る元妻の美しい顔が悲しかった。男優のチンポを咥え、そのチンポが妻に挿入されてい るかは黒く塗りつぶされていて確認できないが、演技であの表情は出せないだろうと思った。ページをめくると麻縄を白い柔肌に食い込ませて、淫具責めに喘ぐ 元妻の姿が目に入った。別れた元妻なのに激しい嫉妬が湧き出た。縛られたまま複数の男優のチンポを受け入れる元妻は、黒く塗りつぶされていたがマンコとア ナル二穴にチンポを入れられているようだった。これらはビデオで発売されていたことが紹介されていた。

俺は、元妻の出演していたビデオを買い集めた。当時はまだDVDは無くVHSテープだった。雑誌に紹介されていない作品も見た。
ビデオではモザイク越しに元妻のマンコに男優のチンポが刺さっているのがわかった。男優は20代前半に見えた。
「おばさん美人なのにエッチだね。マンコ気持ちいいよ。ああー出る出る!」
「アアーン、ダメダメ、中はダメよ!ああっ…ダメだって…」
「おばさん、ごめんよ。出来ちゃったら旦那さんと離婚して、ボクと結婚してよ。」
元妻の股間を流れ出た精液は本物なのだろうか…ショックだった。
雑誌にあったSMモノは、ビデオではモザイク越しでも確実にマンコとアナルにチンポが刺さっていることが確認された。
「奥さん、どうだい?男二人にやられるのは?綺麗な顔して、ケツを掘られて惨めだねえ。ほれ、穴の中に出すぞ。ホレホレ。」
「ううっ、ううっ、うあ、うあああ、あうあうあううううう…」
「あー気持ちイイ。あー気持ちイイ。よし、出すぞ。マンコにも出すぞ。」
「いやあああ!そっちはダメ!お願い!堪忍して!あああっ…ううっ…そんな…ヒドイ…」
元妻のマンコとアナルから、中出しされた精液らしきものがドロドロ流れた。
俺は元妻をまだ愛していた。美しい身体をあんなに汚されて、排泄器官まで性欲処理に使われ、その淫らな姿を世間に晒していた。泣きたいほど悔しかった。
元妻のAVは5作品で終わった。あの雑誌の特集は、AV引退後に掲載されたもののようだった。今から12~13年前のことだった。

元妻に再会したのは一昨年の秋だった。俺が46歳、元妻43歳だったが、相変わらず若くて綺麗だった。離婚して16年ぶりだった。
「久しぶりだな。元気にしてたかい?」
「ご無沙汰していました…」
俺達はお互いがまだ好きだった。目を見てわかった。思い切って言ってみた。
「俺たち、やり直せるかな?」
「私にその資格がないわよ。」
「AVのことか?」
「観たの?」
「ああ、拝見させてもらった。悔しくて泣いたよ…」
「ばかね…私、5本も出たのよ…」
「全部見たよ。だから悔しいのさ…でも、やめたんだろう?」
「ええ、父の借金を返し終えたから…あんなことされた女でもやり直せるの?AVはやめたけど、日本中に映像が残ってるのよ。」
「それでもやっぱり、お前を抱きたいよ。」

16年ぶりの元妻の身体は、まだ十分張りがあって美しかった。マンビラを覗き込むと、
「あなたしか知らなかったのに、何人もの男性のモノを入れられて…変な玩具も入れられて、赤く腫れるほど何度も掻き回されて…ああっ…」
優しく舐めてやった。クリもだいぶ苛められたのだろう、剥けたままになっていた。俺は、変な淫具を使わず俺の身体で元妻を感じさせた。俺のクンニ で身を捩り、俺のチンポを探して手が彷徨っていた。元妻の目前にチンポを出してやった。嬉しそうに頬ずりしたあと美味しそうに咥えた。
16年ぶりに交わった。チンポに元妻の愛液が沁みるようだった。溢れる愛情が快感に変わった。
「ああっ…ああ~…あ、あ、あん、ああん…あ…」
ピストンする度ブチュブチュと愛液を噴出しながら元妻が喘いでいた。幸せそうなその顔を見ていたら、やり直せると確信できた。
「ああ…あなた…中に…中に下さい…はああ…」
俺は、元妻の膣の奥深くに愛情を込めて射精した。

数日後、一緒に夕食でもどうかと元妻の部屋に電話した。
「おかけになった電話番号は現在使われておりません…」
何度かけても同じだった。元妻は、俺の前から消えた…

元妻の消息を知ったのは1ヶ月前、昨年の12月上旬だった。一人の老婦人が俺を訪ねてきた。見覚えがあった。元妻の母だった。抱えていた小さな箱を俺に差し出した。
「お元気ですか?その節は、大変失礼しました。今日は、これをお届けしに来ました。」
箱の中には、元妻の結婚指輪、俺が送ったネックレスやペアウオッチ、そして短い手紙が入っていた。手紙には一言「16年ぶりの思い出をありがとう。」と書いてあった。
「あの子、10月13日に永眠しました。これは、生前、亡くなった後にあなたに渡して欲しいと…」
元妻は癌を患っていた。俺とやり直したくても出来ないと悟っていたのだ。俺や息子に辛い思いをさせまいと元妻は独りで旅立ったのだった。元妻が、永遠の思い出になった。
俺は、もう一度結婚指輪をするようになった…


元AV女優の嫁

44歳のバツイチです。
25歳で3歳年下の女性と最初の結婚、私の度重なる浮気で29歳で離婚、子供はいませんでした。

11年前、やたら可愛い女子高生のような女の子と出会い、彼女が実は26歳と知るや一瞬で恋に落ちました。
26歳になんかとても見えないリアルロリータ、しぶとくマメに口説いて出会ってから半年がかりでラブホに連れ込むことに成功しました。
ロリ顔、華奢な体、Aカップ、まるで中学生でしたが、マンコは上部がドドメ色になりかけていました。
クンニに応えるアニメ声の甘えた喘ぎ、でもフェラはとびきりエロい大人の舌使いでした。
挿入後の腰使いは絶品で、
「アン、アアン、ア、ア、アアン・・・」
声と見た目のリアルロリータと淫らな反応のギャップに夢中になりました。

正式に交際を申し込むと、
「あの、私、つい最近までAVに出ていた女よ。」
教えてもらった芸名で作品を探しましたが、中古で少しだけしか手に入りませんでした。
ほとんどがロリータもので、セーラー服がよく似合うリアルな女子中学生、女子高校生でした。
アナルやSMもありましたし、女子大生役もありました。

AVを見てショックでしたが、それでもその時は普通の優しく可愛い26歳、完全に惚れて1年後に再婚しました。
嫁は初婚ですが、性体験は豊富だし、仕事も含めれば何十人もの男に抱かれた女です。
性生活はとても充実し、新婚初夜からハメ撮りしました。
まだセーラー服もイケるとブルセラショップで買い込み、休日はセーラー服セックス、セーラー服SM、セーラー服アナルなどを撮影しまくりました。
女子高生中出しを撮影したために妊娠、嫁の女子高生シリーズは1年で終わってしまいましたが、続けて女子高生妊婦中出しを撮影しました。

現在、嫁は37歳で小学校でPTAの役員をやっている可愛いお母さんです。
誰も、11年前にAVを引退した女とは気付いていません。
家庭でも優しい母親ですが、性生活は貪欲で、より性感を高めるために5年前からクリ吸引を始めたので、今は大きく育ったクリが完全に剥けきって、皮からクリが出たままになっています。
嫁は、何人もの男に凌辱された映像を撮らせた元AV女優に平凡な幸せをくれたととても感謝して、今年、某クリニックの女医さんに相談して、永遠の性愛を誓ってクリにバーチカルピアスを通しました。
20代のOLと見紛うほど可愛い顔した優しいお母さんは、先生や他の父兄にも人気がありますが、まさか、40代主婦もビックリのドドメ色マンコと巨大に剥けたクリにピアスが通っているとは思っていないでしょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード