携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

過去

10歳で幼クリ苛めを受けて処女喪失していた可愛い妻の映像(3/3)

日付が2002/3/1に飛びました。 香織にはかなりの変化がおきていました。 続きを読む

10歳で幼クリ苛めを受けて処女喪失していた可愛い妻の映像(2/3)

香織が覚醒したら、男がローターの電源をオンにして、トロトロと愛液を流す香織の幼穴へ捻じ込みました。 「はぁひょふぁ・・・ああああああああーーーーー!」 香織はあっという間に3度目の絶頂に達すると、膣圧でローターがニュルンと押し出されました。 香織の幼穴が、 ヒクヒクと切なげに収縮するのを見て、男は、 「香織、その穴が欲しがってるご馳走をたっぷりあげるからね・・・」 とニヤけました。 続きを読む

10歳で幼クリ苛めを受けて処女喪失していた可愛い妻の映像(1/3)

奥さんにセックスを仕込んだ男のことを考えたことはありますか? 奥さんが快楽を仕込まれている様子を見たら興奮しませんか? 私は、可愛い妻が私と知り合う前に身体を許していた男との淫らな姿を目の当たりにして、胸が熱くなりました。 続きを読む

中学時代の縄の記憶

中2の時、好奇心で近所のおじさん家でエッチな調教DVD観てたら、同じように縛られてイタズラされて、気持ちよくって何日か通ってたら処女奪われて、本格的に調教されたことがあります。おじさんが引っ越していなくなった中学卒業までエッチな事されていました。

その後、専門学校時代に、
「キミ可愛いねえ。グラビアアイドルやらないか?」
ってスカウトされて、変なビルに連れ込まれて水着とか着せられてるうち、スカウトの人しかいなくて変だなと思ったら着換え中に押し倒されて、セックスさせられました。
私、高校出て半年もたってないのに処女じゃなかったどころか、感じて喘いでしまったので色々きかれて、おじさんに調教されてた事話しちゃったら、 縛られてSMプレイさせられて、お尻の穴まで調教されちゃって、最後は写真撮られて雑誌に投稿されました。縄で縛られてエッチなことされてる写真数枚が5 年くらい前の雑誌に1回だけ掲載されました。当然目線入りですが。

その後就職して3人目の男性と交際しました。4歳年上の彼は素敵な人です。ちょっと気の弱いところもありますが優しい人です。昨年、その彼と結婚してとても幸せなんですが、彼の愛情たっぷりの普通のセックスが物足りないのです。
精神的にはとても満足して、気持ちもそれなりにいいのですが、もう動けないと言うくらい全身の力が抜けきるような虚脱感を伴う開放感がないのです。
恥ずかしい格好で体の動きを制限されてアソコやお尻を陵辱され、声を出して感じて濡れてしまうみっともない姿を見られてから抱かれると、何度も登りつめて意識が朦朧とするほどの快感を味わえるのです。
でも、真面目で優しくて気の弱い夫に調教された過去なんか話せないし、だからといって私に恥辱的な行為をして欲しいとも言えません。
もし、夫に縛られて陵辱されたらすぐに絶頂に達してしまうかもしれません。夫のちんちんがお尻に入ったら気絶するかもしれません。そんな時がいつか来るといいなと思います。


奥様に破廉恥を躾けた男は何人いるのか・・・

国勢調査の統計上、35歳までに結婚してない男性が、その後結婚できる可能性は数パーセントらしい。
そして、男性の5人に1人は、一度も結婚経験がないまま一生を終えるらしい。
結婚できたとしても、平均初婚年齢がついに男性が30歳を超え、女性も30歳に近付いてきた昨今、出会った頃の奥様は20代半ばだろう。

アイドルのように可愛い奥様、清らかな乙女のように清純な奥様、淑やかで慎み深い清楚な奥様・・・
そんなステキな奥様と出会い、心ときめかせ、奥様を初めて抱いたとき、可愛い奥様は、清純な奥様は、清楚な奥様は快感に悶絶し、そのあどけない顔を、純真な顔を、上品な顔を淫らに喘がせたのだ。

そう、20代半ばまでの間に、可愛い奥様も、清純な奥様も、清楚な奥様もどこかの男に恥唇をご開帳して恥豆を転がされ、恥穴に男根の突貫を許し破瓜の鮮血に染まったのだ。
メリメリ拡がる男根に戸惑いながらも、快感が芽生えておツユを流し、恥らいよりも恥欲が勝り、淫情に耽るようになっていったのだ。
一度覚えた性の快楽は、破廉恥な行為と引き換えに次の男にも与えられ、更に次の男にも・・・

可愛い奥様も、清純な奥様も、清楚な奥様も、かつては純真無垢だったけれど、淫欲に浅ましく恥悶えする大人の女に成長して、将来のご主人となるあなたの前に現れた。
30歳前には結婚しないと・・・せっかく見つけた王子様、体を張って誘惑したのです。
可愛い、清純、清楚・・・それぞれの個性に磨きをかけて、処女ではないけど経験は浅いのよ・・・みたいな顔であなたに抱かれた。
何人もの男に玩ばれた恥唇と恥豆、何本もの男根がぶち込まれて性欲を処理して、快楽のためなら恥辱さえ受容する貪欲な使い古しの恥穴と知らずに、可愛い奥様、清純な奥様、清楚な奥様のその見た目を信じ、結婚したのだ。

妄想してみよう、奥様の恥穴が見知らぬ男の男根で破瓜の血に染まる様子を・・・

妄想してみよう、奥様の恥穴を見知らぬ男根が往復して恥唇がめくれる様子を・・・

妄想してみよう、奥様が見知らぬ男に抱かれて恥穴からおツユを流して悶える様子を・・・

本当かどうか知らないが、5年前の30代奥様の結婚するまでの性体験人数は平均3.8人だったそうだ。
本当かどうか知らないが、女性はクリスマスケーキで24が食べ頃で25過ぎると売れ残りと言われた25年前は、2.1人だったそうだ。
晩婚化しているから当たり前といえば当たり前だが・・・

さて、10年前に結婚した女房は8歳年下の35歳、清純派の純情娘に見えた23歳の頃、既に処女膜は無かった。
ピンクの恥唇を広げて覗かれることを恥らう事もなかった。
恥豆を転がされて悶え、濡れたピンクの恥穴には極めてスムーズに男根がズッポリ入ると、大人しそうな顔を切なそうに歪めて、俺の腰の動きに合わせて喘いでいた。
恥唇は荒廃してはいなかったが、しっかり女のヨロコビを知っていた女房は、いったい何本の男根の性欲に恥穴を蹂躙されたのだろう。愛らしい女房の過去は、誰も知らない・・・


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード