携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

芸能人

地方アイドル

今はどこにでもある地方アイドル
娘についていたあるイベント会場
マイナー過ぎてお客さんは
20~30人位

一応 握手会みたいなものがあり
他も家族連れがほとんどでした。
3人組のグループです。
18才から20才
誰が何歳かは全く興味なし!!

握手が始まって最後の子になった時に、手のひらに紙キレみたいな物をもらいました。
開いてみたら、携帯番号です。
「Akiです!よかったら、夕方6時に連絡下さい」
6時に…意味不明のまま連絡

俺「もしもし…手紙もらった者ですが…」
Aki「もしもし♪ありがとうございます♪連絡こなかったらって心配してました。」
俺「まぁ~なにかなって?」
Aki「今日の夜8時ころお時間ありますか?」
俺「時間はあるけど、場所だょね…N市内なら大丈夫だけど…」
Aki「市内です!あの…先に言います。アルバイトしたいんです。」
俺「アルバイト!?何?」
Aki「とりあえずカラオケとかで…」
俺「わかりました…N駅前でいいかな?」
Aki「はい!!ありがとうございます♪」
俺は不思議な感覚
いろいろ噂は聞いた事はあります。
地方アイドルの枕営業
詳しくは聞かずに家内に飲みに行くと嘘をついて外出しました。
駅に着いて電話
俺「もしもし…着きました。今ロータリーの所です。」
Aki「すみません♪右の公衆電話の中にいるのわかります?」
俺「あぁ~見つけました。真ん中の小さい子だよね。」
Aki「小さい(笑)そぅです♪小さいのでし♪」
俺「ごめんね…今向かいます。」
Aki「お願いします♪」
合流して乗車
俺「カラオケでいいんだよね」
Aki「…そぅですね…あまり人のいないカラオケ店てわかりますか?」
俺「金曜だからね?どうかな?」
Aki「任せます。」
俺はちょっと郊外のカラオケ店へ
入室
Aki「すみません…ぶっちゃけ アルバイトお願いしたじゃないですかぁ~
正直 生活イッパイイッパイなんですよ…」
俺「うん…まぁいいけど何のバイト?ところでなんで俺?」
Aki「優しそうなパパ(笑)」
俺「ハハハ…で何のバイト」
そぅいうと、Akiは俺の横に座りました。
Aki「これはお礼です!」
いきなりのキスからでした。
キスをしながら手は胸をなでながら腰のあたりまできました。
Akiの手は股に
俺「ちょっと…見つかるよ…」
Aki「歌って♪」
俺「うん…」
とりあえずカラオケ入れました…
その時にAkiはソファの下に
俺も男です。勃起Max
Akiはファスナーを下げて生で俺の
ぺニスをだしました。
亀頭を柔らかい舌で舐めながらシゴキます!!歌にならない歌…
次の曲は流れたまま口内射精
さすがにゴックンはなくティッシュに出してAkiはトイレに
戻ってきて
Aki「ビックリしましたぁ~?」
俺「ごめんね…気持ち良すぎて我慢出来なくて!」
Aki「大丈夫ですよ♪」
俺「バイト料、いくら?」
Aki「いつもはフェラで1.5なんですょ
でも、今日はこれまでお礼でいいです。最後までで2大丈夫ですか?」
俺「お金は大丈夫だけど…」
Aki「お願いします…貧乏なんで♪」
俺たちは2時間位歌ってラブホへ

ラブホに着いて
俺「たまにこういうバイトするの?」


Aki「絶対に内緒にして下さいね…地元では初めてなんですょ♪」
俺「もちろん黙ってるよ!」
Aki「私シャワーしてきます♪一緒に入りましょう~時間もったいないから♪」
俺「さすがにね~」
けどAkiは「背中流させて下さいよ♪
私父親いないから~」
俺はひぱられて浴室に
身体中を洗ってくれまたそのまま
立ちフェラでした。
俺も2回射精したら3回目はキツイ
Akiをベットに誘いました。

Akiは身長も小さいが胸も小さい(笑)
まさに幼児体型
ベットに横になって
腕枕をしながらAkiの胸に触って
小さい割りには敏感でビクッ
Akiに覆い被さりキス
バスローブの紐をとりAkiを全裸にさせました♪
右手をAkiのオマンコに
凄く濡れていました。
俺はAkiのオマンコを舐めたくなり
Akiのオマンコに
妻に対するよりクンニは頑張っていました。
Aki「私にもいいです?舐めさせて欲しいんだけど♪」
俺は69に
Akiのオマンコ
小さい膣で締まりも凄く
俺がGを刺激したら直ぐ潮がでました

俺「Akiちゃん…入れていいかな?」
Aki「うん」
Akiはゴムまで付けてくれました。
正上位からの挿入
Akiも子供みたいな声で喘いでいました。
俺も射精寸前
最後はバックから果てました!!
Akiは最後に
「本当にパパになってもらいたいな」
って言ってた!!
俺は冗談に受けました。
別れる時に2の約束だったけど
3渡して別れました。
家に着くちょっと前に電話がきて
Aki「また連絡していいですか?今日はありがとうございました♪」
その後は5回
Akiのバイトをしました。
信じてくれないかもですが実話です
今はアイドルは辞めて事務職をしているようです。


長澤まさみの顔にかけてみたい

台所から持ってきた酒とコップとさきイカを炬燵の上に置く。
DVDデッキにDVDを放り込み、炬燵に座り込む。
コードレスのヘッドホンをつけ、リモコンを使ってDVDを再生させる。
友達から借りてきた女子高生の裏物だ。

さて、と。
日本酒をコップに注ぎ、さきイカでちびちびやりながら画面を眺める。

おぉ、結構俺好みの子かも。
とりあえず、服を脱がされるところまで早送り。
おっ、胸の形もいいじゃん。

そのまましばらく眺める。
男の愛撫が一通り終わると、女の子が座り込みフェラチオを始める。
結構上手そうだ。
ホントに女子高生か? 今時の子はこんなもんか?

画面に見入っていると不意に左の肩に何かが触れる。
ビクッとして振り返ると、まさみがしゃがみこんで俺の肩に手を置いている。

「ま、まさみ!」

慌ててヘッドホンを外す。

「い、いあや、あの、これは、」

あたふたしている俺をよそに、まさみは画面を見つめている。
「ふーん、こういうコが好みなんだぁ」

視線を変えずにまさみが言う。
「あ、か、借り物だから別に、俺の好みってわけじゃ……」

「こうやって見るとちょっとグロテスクかなー」

画面を見ると、女の子の局部がアップで映っている。
「あの、いつからいたの」

「うーん、このコが裸になったあたりから」

相変わらず視線は画面に向いている。

「お、怒ってます?」

「ビデオのこと? 別にぃ、男だもんねぇ、えっちビデオくらい。お兄ちゃんの部屋にもあったよ、モザイクかかってたけどね」

その言葉にちょっとホッとしたのもつかの間、急にまさみがこちらを向く。

「でも、私が入ってきたのに気がつかないくらい見入ってるのはちょっと……」

そう言いながらまさみの手が俺の股間に伸び、服の上から握る。

「こんなにおっきくしてるのも、ちょっとねぇ」

やっぱり怒ってるんじゃないか?
表情からはいまいち読み取れない。
いつも通り無表情。

あの、握られっぱなしだと、もっとおっきくなりそうなんだけど。

「ごめん」

そう言いながらまさみの方へ手を伸ばす。

ビシッ!

伸ばした手を叩かれる。

「調子に乗らないの!私で立ったんじゃないのに……」

まさみは立ち上がると台所の方へ行ってしまった。

なんだか目に涙が浮かんでたような……

台所から帰ってきたまさみは水の入ったコップを持っていた。
それをいきなり俺の股間にかける。

「おい!」

俺は驚いて立ち上がる。
まさみは俺の前でしゃがみ込むと、俺の股間に手を伸ばす。
「よし、ちっちゃくなったね」

って、おいおい。

まさみは俺のズボンとパンツを一気に脱がす。

「私がおっきくしてあげるから」

まさみは右手を伸ばし、小さくなってしまった俺のものをしごきだす。

「今度はちゃんと私でおっきくなってね」

上目遣いでそう言うと、俺のものを口の中に収め、舌を動かす。

気持ちいいけど、何か変だ。
フェラチオはあんまり好きじゃないはずなのに。

少しづつおっきくなってくると、唇をすぼめて顔を大きく動かす。

ちょっと激しすぎないか。

「ま、まさみ」

声をかけるが無視してそのまま続けるまさみ。

「おい」

一端、無理やり引き剥がす。

「まさみ、どうしたんだよ」

「……」

下を向いて何か言っているが、小さくて聞き取れない。

「まさみ」

もう一度呼びかける。
上を向くまさみ。
その瞳にはうっすらと涙が。

「やっぱりやだ」

「?」

「私以外でおっきくなっちゃ…… やだ」

思わずまさみを抱きしめる。

「ああいうの見たくなったら、私のを見て。他のは見ないで」

そのまま抱きかかえて寝室のベッドへ。

抱き合ったままベッドの上を転がる。
俺が上になったところで、まさみの頭を両手で抱える。
まさみの顔を見つめる。

可愛いなぁ。

「ごめん、もう見ないようにするよ」

「ホント?」

「うん」

まさみの笑顔。
この笑顔が見れるならAVなんか。

唇を合わせる。
舌を絡める。
ふかーいキス。

一端離れてお互いに裸になり改めて抱き合う。
キスを繰り返す。
背中を愛撫しあう。
見つめ合う。

「まさみ、好きだよ」

またキスを繰り返す。
弾力のある胸を揉み、乳首をこねる。
頭をずらし、乳首にキス。
舌で転がし、軽くかむ。

まさみの息もだんだん甘くなる。
さらに手を伸ばし、薄い陰毛をなでる。
中指をその間隙に忍び込ませると、もう充分に濡れているのがわかる。

俺は体を起こすと壁のスイッチに手を伸ばす。
急に部屋が明るくなる。

「えっ、なに?」

驚くまさみを無視して足をグッと持ち上げる。
そのまま足を頭のほうへ持っていく。
まさみの股間が丸見えだ。

「ちょっと、恥ずかしいよ」

「見たくなったらまさみのを見ていいって言ったろ」

「えー、いじわる……」

「大丈夫、まさみのはグロテスクなんかじゃないよ、かわいいよ」

俺は両手でそこを開き、舌を滑り込ませる。
唇も使ってわざと大きい音がするように愛撫する。
恥ずかしさも手伝ってか、まさみのあえぎ声もいつもよりも大きい。

たっぷり愛撫すると顔を離し、いつもよりも大量に出ているまさみの愛液をすくい取る。
その指をまさみの顔に近づける。

「ほら、いつもよりいっぱい濡れてるよ」

「バ、バカ」

顔をそむけるまさみ。

「じゃあ、そろそろいくよ」

足を下ろして開かせると一気に挿入。

「あっ」

まさみがうめく。
最初から激しく腰を打ちつける。
まさみがイキそうになった時、一度動きを止める。

「あっ、ね、ねぇ」

おねだりするまさみの体を引き起こす。

「ほら、見てごらん。俺のがまさみの中に入ってるの、見える」

「もー、バカァ」

腰を一度だけ大きく動かす。

「あん」とあえぐまさみ。

「だーめ、ちゃんと見て。ビデオみたいに」

少しだけ顔をこちらに向けると「うん、入ってる」と小さな声。

「じゃあ、動かすからそのまま見ててね」

ゆっくりと大きく腰を動かす。
その度に「あん」とか「うん」とか言いながらも結合部を見つめてる。

「なんか、すごいね。ちょっと興奮してるかも」

しばらくその体勢でいたが、腰が動かしにくいのでまさみを寝かせる。

「なあ、もうひとつビデオみたいなことしてもいい」

「え、なに?」

「顔にかけてみたい」

「え、ほんと……。う……うん、いいよ」

その返事を合図に激しく腰を動かす。
結合部からいやらしい音が響く。

「まさみ、イッてもいい?」

「うん、いいよ……、きて」

俺はまさみの中から引き抜くと、顔の上にもっていく。

「目、つむってて」

そういうと、3回4回とまさみの顔に精液を撒き散らす。

射精を終え、まさみの横に転がる。
まさみの髪をなでる。

「ごめんね、嫌だった?」

「ううん、そうでもない。熱いんだね、精子って」

しばらく、裸のまま、抱き合っている。
まさみの顔をこっちに向かせて、見つめる。

「なぁ、俺の前で強がったりしなくていいから」

無言で見つめるまさみ。

「俺のことが好きなんだったら、嫌なとこは嫌って言ってくれ」

まさみは小さくうなずく。

「お互いに我慢してることが多いと長く続かないと思うし、俺はまさみと長く続けたい」

そう言うとまさみは「えへへ」と笑った。


新垣結衣とお風呂で

カチャ。

小さな音を立てて、浴室の扉が開いた。
湯舟につかったまま視線を向けると、照れたように笑う結衣が扉の影から顔だけのぞかせていた。

「やっぱり恥ずかしいな」

「いまさら何言ってるの。さっきまで……」

無粋な僕のセリフをさえぎる。

「さっきは、部屋暗かったから……」

「恥ずかしいのは、こっちも同じなんだから、さあ、早く暖まらないと風邪ひくぞ」

「うん……」

それでも結衣はしばらく惑ってから、自分自身に気合いをいれるように小さくうなずくと、扉の影から姿をあらわした。
胸の上で両手を交差させ、その手と身体の間にはさんだタオルでなんとか裸身を隠そうと、少しだけ前屈みで浴室に足を踏み入れてくる。タオルの下端がぎりぎりで結衣の股間を覆い隠している。

湯舟から見上げる僕は、タオルからはみ出した結衣の内股に、拭き取りきれなかった小さな赤い染みを見つけた。ついさっき、寝室で僕が結衣の処女を奪った証だ。
暗い部屋のベッドの上で、緊張で身体を固くした結衣が必死に痛みを堪えていた姿が頭をよぎる。僕が果てた瞬間、ようやく小さく快感の声をあげた結衣の姿が。

「まだ、痛む?」

洗い場で片膝をつき、シャワーで股間を洗い流している結衣の背中に問いかける。

「ちょっとだけ、それに痛いっていうより、しびれるっていうか……」

性格だなぁ。まじめに答えてくれる。
僕が思わずクスッと小さく吹き出すと、自分の口走ったセリフに気づいた結衣は「もーう、バカッ!」と声をあげて、肩越しにシャワーを僕の顔に浴びせかけた。

「ウワッ!」

あわてて顔をぬぐう間に、チャポッ!という音と同時に僕の両脚の間に結衣の身体がわりこんできた。

しまった!バスタブの縁をまたぐ瞬間を見逃してしまったことを後悔した。

「ふぅー」

背中向きに湯舟につかった結衣が大きく息をついた。

「疲れた?」

「少し……」

「ガチガチに力入ってたからな。明日、体があちこち痛くなったりして」

「バカッ……」

「ほら」

結衣の両脇に手を入れて引き寄せる。

「エッ」

驚いて声をあげる結衣。

「身体のばして、リラックスしないと」

僕の言葉に素直に、僕に寄りかかり、右肩に頭をのせる。
体が暖まり、疲れが湯にとけていくにしたがって結衣の身体から力が抜け、いつしか目を閉じた顔にうっとりしたような表情が浮かぶ。

湿気を帯びた髪が頬に貼り付いていのを、指先でかき上げてやる。
瞬間、目を開いた結衣が再び目を閉じ、誘うように唇を少しだけつきだす。頭を引き寄せ、唇を重ねる。

「う、うん……」

唇を舌でかき分け、何度も小さな歯の上を行き来させる。
ようやく、結衣が前歯を小さく開いて舌を受け入れてくれる。

僕の舌の動きに必死についてこようとする結衣の舌の感触を楽しみながら、その身体の前をおおったままのタオルをそっと剥ぎ取る。ピクッと結衣の身体が反応する。

ゆっくりと、ゆっくりと両脇から両手を乳房に近づけていく。すくい上げるようにして下から何度も揉み上げる。
少しづつ結衣の甘酸っぱい息が弾んでいく。
乳首がコリコリと勃起してくる。それを左手の指先で愛撫しながら、右手をなめらかな脇腹に這わせていく。
湯の中でかすかに揺れる恥毛をかき分け、中指をその中の割れ目に這わせていく。

「くぅっ……」

中指が割れ目の内側に潜り込むと、結衣が全身を振るわせ、すがるように僕の舌に吸い付いてくる。指の動きを追うように、内側の肉がキュキュと締めつけてくる。
その奥の小さな孔から、湯の温かさに負けない熱さをもったヌルヌルとする液体が少しずつあふれだしてくる。

ようやく唇を離す。
肩の上の結衣の顔がのけぞり、息を弾ませる。

「気持ちいい?」

「うん」

「もう、濡れてきてるよ……」

「やッ……、ああ……ん」

親指の腹でクリトリスをいじる。
中指の指先だけを小さな孔にもぐりこませ、中の襞をこすりあげる。

「ね、ねえ」

「なに」

「お、お尻に当たってるのって……そうだよね」

「ああ」

「ま、また、固くなってる……ね」

「結衣が可愛い声出すから」

「も、もう……」

僕の首筋に顔を埋めて、軽く歯を立てる。

「こらっ」

「だって……」

「だめ、罰」

結衣の身体を脇に寄せて立ち上がり、バスタブの縁に腰をかけ、結衣の目の前で大きく脚を開く。

「や、やだ」

視線を避ける結衣を少しだけ強引に、向かい合わせに座らせる。

「今度は結衣が、僕を気持ちよくして」

そう言って、結衣の右手をひっぱりペニスを握らせる。

「こうやって、しごいて……」

結衣の小さな手の上に、手を重ねて前後させる。

「こ、こう?」

ぎこちない手つきでしごき始める。
握る力がきつくなりすぎたり、緩くなりすぎたりするのを、何度も声をかけて調整する。

ようやく要領をつかんでリズミカルに動かし始めると、もう一方の手で根本の袋の方も愛撫させる。

「ああ、いいよ」

「そ、そう」

自分の手の動きに合わせて、僕が息をあらがせ、手の中のペニスが反応するのがうれしくなってきたのか、時々じらすようにゆっくりとしごいたり、早い動きをしてみたりし始める。

「つ、次は」

結衣の頭を股間に引き寄せる。

「え、えぇっ? やっ……!」

さすがに、顔をそむける。
その両頬を両手で柔らかくつかみ正面をむけ、今度はゆっくりと引き寄せる。

「ほ、本当に……そ、そんなことして、気持ちいいの?」

「ああ。さっき、結衣もあそこ舐められて、気持ちよかっただろう?」

「……う、うん」

「男だって同じなんだ。だから」

もう少しだけ引き寄せる。
唇にペニスの先端が触れ、思わずすこしだけのけぞった頭をもう一度引き寄せる。
目をつむった結衣の唇が少しだけ開く。
先端を唇の隙間に押しつける。
後頭部にあてがった手に、もう少し力をこめる。
亀頭部の表面をこするようにしながら少しづつ唇が開き、含んでいく。
含み終わったところで、後頭部から手を離す。
くわえたのはいいものの、結衣はそれ以上どうしていいかわからず、キョトンとして目で僕を見上げる。

「さっきと同じようにして……」

そう言うと、ようやく頭が前後に動き出す。
あふれ出した唾液の立てるピチャピチャという音が浴室内に響きはじめ、僕のペニスが結衣の口の中でますますふくれあがっていく。
舌を這わせてくるわけでもない稚拙な行為にもかかわらず、つい最近までキスにさえ抵抗感を示していた結衣が、今こうしてくれていると言う思いだけで、高ぶってくる。

「ゆ……、結衣」

放出しそうになるのをこらえて、唇からペニスを引き抜く。

「い、痛くした……?」

「そうじゃなくて、こっちにきて」

結衣の手をとり、湯舟から出す。
洗い場のタイルの上に仰向けで横たわり、胸の上に背中向きで結衣を跨らせ、屈み込ませる。恥ずかしそうに胸の上で腰をくねらせながら、それでも目の前のペニスを再び口に含んでくれる結衣。
稚拙でも結衣なりに一生懸命のフェラチオが再開されたのを確認して、その結衣の腰を顔の上に引き寄せる。

「ウゥ……」

くわえたまま結衣が、抗議するような視線を送ってくるのが、股の間から見える。 
下から軽く腰を突き上げて、愛撫を続けるように促してから、僕も目の前の割れ目にむしゃぶりつく。
舐めながら自分でも興奮していたのか、舌で割れ目を割り開くと内部から濃い液体があふれてくる。
尖らせた舌先を孔の中に出し入れしながら、同時に指でクリトリスを愛撫する。
自分が与えられている快感を返そうと、結衣も必死になって顔全体を上下させ唇でペニスを摩擦してくれる。
舌を孔から抜き出し、クリトリスに吸いつく。

「ン、ンッ……!」

反射的に結衣もチュッと強く吸いついてくる。
割れ目全体を口で覆うようにして、舌を使って割れ目の内側やクリトリスを舐めてやる。その行為をマネて、結衣もおずおずと舌を使い始める。
手を伸ばし、腹の上で揺れる胸を揉み、愛撫する。
結衣も思い出したように、ぎこちなく手でしごき、袋を揉みしだく。
お互いの股間で発せられる湿って音が浴室の中に響く。

そして……

「ウ……、ウゥッ……!!」

結衣の方が先に登りつめ、ブルブル震える両腿が僕の頬を締めつける。

「くぅ……で、出る」

僕は割れ目に顔を押し当てたまま口走り、結衣の口の中に熱いザーメンをほとばしらせた。

最後の一滴まで絞り出し、僕はようやく力をぬいて結衣の股間から顔を離した。
体を横に倒し、同じように力の抜けた結衣の身体をタイルの上に横たえる。
力を失い結衣の口の中から抜け出したペニスを追いかけるように、結衣の唇の間からザーメンが糸をひいてあふれだしてきた。

「ふぅーん」

口の中で粘つく残滓が気持ち悪くて情けない声をあげる結衣に、湯をほとばしらせるシャワーを差し出しながら、僕は早くも明日の朝までの残された時間、あとどれだけ楽しめるか、そんなことを考えていた。


AKBメンバー喰った

大学の友人にAKB好きな人がいて、他の趣味が一緒だからその話題で仲が良かった。
俺は全くAKBには興味なかったんだけど、普段から会ってるうちにAKBのメンバーの名前をちょくちょく聞いてたから、多少の知識がついていた。

その友人は本当にすごい人で、好きなAKBのメンバーと直接出会おうと努力してた。
ジャニーズの手越祐也?の身長を伸ばした感じだから手越で。

ある日、手越が「俺くん、実は最近○○ってAKBのメンバーの在籍してる学校突き止めたんだ。
その文化祭が来週の土曜にあるから、校門付近で○○が出てくるの待って帰るの尾行したいんだけど、
校門の前の道が分かれてるし、俺握手会で顔覚えられてるから、張ってるの手伝ってほしいんだよね」って言ってきた。

俺は面白そうなのでその話に乗った。
彼はナンパの話を打ち明けていた数少ない友人だったので、一緒に尾行計画をたてて、
その後行動範囲を把握した後、その子のオフィシャルじゃない活動時に「偶然」鉢合わせてナンパしよう、という計画になった。

話は飛んで当日、校門の近くの角で手越と手越の友達と張っていた俺は、
警察に「なんで君ここにいるの?もう、5時間くらいいるよね?」と言われながらも長々と見張りをこなした。

その学校付近の駅は3つある。そのAKBメンバーがどこの駅に行くか分からないから、
一番近い奴が後をつけて行けるとこまで行こう、ということになった。

というのは、手越の情報だと、
そのメンバーはある駅で降りた後バスか親の車で家に帰るらしいので、
どこまで尾行出来るか分からなかったからだ。

空も暗くなってきて、疲れすぎてだらけかけてきた時に、黒髪のかわいらしい女の子が姿を現した。
それっぽいな、と思ったけど俺は正直写真で見た女の子がそれと同じか分からなかったのですかさず手越に電話。

結果から言えばこれがビンゴだった。距離を取りつつ後をつけていくと、
なんと駅からおりてすぐ近くの家に「ただいまー」と言って入っていった。
そしてそのタイミングで、隣の家のドアがパッと開いた。

とりあえずそのメンバーを優子とでもします。
女の子「あっ、優子ちゃんおかえりー!この後一緒に~~の駅ビル行かない?買い物したいんだー!」
優子「いいねいいね!じゃあ私ご飯食べてから行くから8時待ち合わせでいい?」
女の子「うんじゃあ私今から行って先一人で買い物してるから連絡して!」

完璧な流れだった。
人生初尾行が成功した俺はすかさず人生二回目の尾行を開始。
某駅ビルに入った女の子をつけて、そこにあったヴィレッジヴァンガードまでついていく。

ご存知の通り、この雑貨屋は通路がとても狭い。
俺はこれを利用して話しかけることにした。

向こうが歩いてる先に回って、向かい合うように近づいていった。
当然、俺が道を塞いでいるので、通り抜けるにはその子は片側に、俺は逆側に寄らないといけない。

その子が左に行った瞬間、ほぼ同タイミングで同じ方向に避けるふりをした。
女の子はぼそっと「あっ」とつぶやいて、今度は反対側に避けてくれようとする。

すかさず俺も同じことをして、クスッと笑った。

俺「なんか二人で同じ事してアホみたいですね笑、なんかすみませんw」
女の子「www」
俺「じゃあ俺が次右行くんで、左行ってくださいね?w」
女の子「はいw」

せーの、で二人で移動するが、俺はまた相手と同じ方向に移動した。

俺「えっ、えっ、そっか、俺君から見た右に行ったつもりだったんだけど、これじゃ一緒じゃん笑」
女の子「本当なにやってんでしょうねw」

俺「なんか気が合いそうですねー笑 そういえば今日は何買いにきたんですか?」
女の子「いやー、ただブラブラしてるだけなんです。友達来るでと思って」
俺「じゃあ俺と一緒だwだったら友達来るまで一緒に見てません?なんか気が合いそうだし笑」
女の子「確かにwそうしましょっか^^」

この子は年の割に子供っぽい顔していたので、MEGUMIに似ていたのでめぐみで。
それでしばらくめぐみと雑談しつつ雑貨屋を楽しんでいると、まさにさっき尾行した女の子がやってきた
(俺は聞いてなかったが場所を初めから決めてたのかな?)。

めぐみ「あっ、優子、来た来た!」
優子「めぐみごめーん!」
優子が訝しそうに俺を見る。そこでめぐみが、
めぐみ「あっ、この人俺さん!さっきね、~~~ってことがあったんだよ(笑)」

めぐみがさっきの道を塞いだ話を楽しそうにしてくれた。

俺「そうなんです、だからまあ俺も友達来てないし一緒に待たせていただいていました。」
俺「俺の友達まだこないので、一緒に見ててもいいですか?」
優子「全然いいですよー!じゃあいきましょっか!」
俺「どこに?(笑)」

そこそこ有名人なはずだが(俺よく分かんないけど)普通に話す事に成功した。
なんだかんだ話を盛り上げられて、適当に友達から連絡がかかって来たふりして撤退した。
もちろん連絡先を交換してから。

さてさて俺はこれを手塚に報告。
すると手塚からは「おまえいけそうじゃん、アプローチしちゃえよw」とのお言葉。
俺はまたもや偶然を装って運命感を出そうと、手塚に手伝ってもらって別の出没場所や時間を念入りに調べ、
一週間後、待ち伏せて話しかけた。

俺「あれっ?優子ちゃんじゃない?」
優子「えっ、あっ、俺さん!こんなとこで会うと思わなかったw」
俺「俺もだよwなにしてんの?」
優子「あっいま学校から帰るところです」
俺「全く一緒だ(笑)てかせっかく会ったんだし帰る前にお茶でも飲んでかない?同じ人と二回偶然会うなんてそうそうないし、なんかの縁かもしれない(笑)」
優子「うーん…でももう帰らないと」

しかたないので
俺「そっか、じゃあ残念だけど、予定通り帰った方がいいね。また会ったらお茶しよう^^ってかメールするよ。」
優子「ありがとうございます^^じゃあまた今度!」

俺は強引に行って失敗するよりは、手間をかけてもう一回偶然の出会いを演出した方が効果的だろうと思い、一旦引く事にした。
手塚には失笑されたが、同じ手段で別の場所で、もう一度待ち伏せて、偶然の振りをして出会う事に成功した

こっからは本当に早かった。カフェで「このチョコレートおいしいよね^^」→「甘いもの好き?」
→「甘いもの食べてると幸せな気分になるよね^^」→「他にどういうときに幸せな気分になる?」

「あー、散歩してる時かー。朝の木漏れ日の中ゆっくり小鳥のさえずりを聞きながら散歩するのって、映画のシーンみたいでいいよね」
→「もし一緒に散歩する機会あったら、~~行ってみたくない?ここすごいんだよー!」

とまあこんな感じで俺とのデートをイメージしてくれたのか、一緒に散歩デートに行く事が決定。
そしてこれは完璧に進み、夕方の時間、ベタな展開だが
「歩き疲れたし俺んちで休んでいこう」てな感じで家に連れて帰った。

最初は、今日楽しかったねー^^って話で盛り上がってた。
でも俺の必殺1.5人がけのソファに座ってたらそりゃ体はくっつくもん
あっちもドキドキしてたみたいで、トロンとした目でこっちを見て来たから、そのままキスしてやった。

いつも通り服を脱がしにかかったんだけど、女子校通いの優子には抵抗があったらしく、なかなか脱いでくれなかった。
俺はテンションがあがりまくりだった直前にようつべで見た時はおっぱいはDカップくらいかな?と思っていたのは幻想で、
おっぱいパット入ってたw 追及したら「サイズのためじゃなくて形を保つためだもん!」って言ってくる。テラかわいいww
でもおっぱいは10代らしくハリがあって、なんつーの、すごい奇麗だった
優子は初めてだったらしく、電気を消してほしいと恥ずかしそうに言ってきた

ちなみに俺は童貞のフリをしていたので、二人で頑張ろうね、っていうスタンスで濡らしにかかった。
どこが気持ちいい?って聞いても、どこも気持ちよくないけど入れて欲しい、とか言ってきてこっちもまあビンビンですよw

で、頑張って指で濡らしてなんとか挿入。かなりきつくてなかなか入らなかったけど、
これ以上はないって位のポリネシアンセクロスをかましてやりましたw

優子は動くと泣きそうな感じで痛がってたけど、ぷるぷるしながら「止めないで」って言って
こっちを見つめてくるから止められなかった。でもまあお互いイケるはずもなく、そうこうしているうちに萎えてきて終了。

息子を引き抜いたけど、血は付いてなかった。まあでも処女だったと思う。
後は二人でいちゃいちゃしてその日はご飯ごちそうして送りました。

かくして俺はこの日からこの子と交際を始めた訳だが、インターンなど色々忙しかった事もあり、
2ヶ月くらいで別れてしまいました。ちなみにここまでの間に手塚は自分がずっと追いかけてきた
推しメンを捕まえて彼女にしました。彼らは今でも続いています。


篠田麻里子と混浴 その2

「は、はい…」
「初めてだもんね…どうする?脱がしてみる?」
と言って、麻里子さんは布団の上に後ろ向きで寝転がった。
服を脱がす…漫画やAVの付け焼刃の知識で出来るだろうか…いややるしかない…
俺は麻里子さんの浴衣に手をかけた。
浴衣は思ったよりも簡単に脱がせられた。
後ろの紐を引っ張るとスルスルと抜け、それにつれ浴衣全体が緩んできていた。
緩んだ浴衣全体を静かに脱がしていく…すると遂に麻里子さんの下着姿が見え始めた
最もさっき裸を見たのだが…それとはまた違うエロさを感じる
浴衣を完全に剥ぎとると、「ブラの取り方分かる?」と聞いてきた。
「すみません…わかりません」
「じゃあ教えてあげる。っていってもホック取るだけだけど」
「はい…」
言われた通りブラのホックに手をかける、なるほど、思ったより簡単に取れた。
麻里子さんが体をひっくり返しこちらを向いた、再び麻里子さんの綺麗な胸があらわになった。
「…どう?」
「凄く綺麗です」
「ふふ、ありがと」
「…触ってみる?」
「…はい」
静かに麻里子さんの胸に触れる、あんまり強くしたら痛いんだっけかな…
「んんっ、くすぐったいよ」
「す、すみません…」
「触りたいならもっと触っていいのに」
「はい…」
よし、ここは思い切って行くぞ…
麻里子さんの胸を少しずつ揉み始める、や、柔らかい…
女性の胸が皆こうなのか麻里子さんの胸が特別なのかはわからないが、
俺の手の中にある胸は今まで感じたことの無いような柔らかさだった。
「ねぇ、もっと色々してもいいよ」
色々って、乳首とか…かな?
胸を揉みながら乳首も弄りだした。
「んっ」
「大丈夫ですか?」
「大丈夫だよ…結構上手いね、本当に初めて?」
「はい…」
「そっかー…吸ってみていいよ」
「…」
片手で右胸を揉みながら、口で左胸を吸い始める。
こうしていると赤ちゃんに戻ったみたいだ…
「んっ…うーん…」
「ど、どうですか?」
「ふふ、そんな気使わなくてもいいのに…もっとしたいようにしていいよ」
「は、はい」
そういえば麻里子さんってMだってどこかで聴いたような…本当だったらもっと乱暴でもいいのかも…
それからは胸を弄る強さを強めた、すると思った通り麻里子さんの反応が良くなってきた。
「気持ちい…ですか?」
「もう…調子乗っちゃダメ、でもうん、いいよ」
麻里子さんが俺の顔を見て笑顔を見せる。暗くてはっきりとは見えないが、麻里子さんの
顔が赤くなってきているような気がする。
麻里子さんはちゃんと感じてくれているんだろうか、ならもっと…
「ん…うぅ…ん、◯◯君…」
「…?」
「下も…触ってみる?」
下…いよいよ麻里子さんの秘部に…
「脱がしても…いいんですか?」
「うん…いいよ」
麻里子さんが脱がしやすいようにか腰を少し浮かした。
俺が麻里子さんのパンツに手をかけ、ゆっくり下ろす
「…綺麗です」
「もうまたお世辞言って…」
麻里子さんのそれは本当に綺麗だった。
そこらのAV女優のそれと比べると本当に…
俺が麻里子さんの秘部に顔を近づけると麻里子さんが少し腰をくねらせ
「ちょっと恥ずかしいよ…」と言った。
麻里子さんの秘部がかすかにヒクヒクと動いている、俺は殆ど理性を保てない状態になっていった。
最初は指で秘部全体をなぞるように触れていった、こういうのはAVの受け売りだが…いいのだろうか
しばらく触っていると、少しずつ湿ってきた、これは濡れてるってことなのか…
「あの…濡れてきたんですけど…」
「うん…もっと触っていいよ」
そうだ…クリトリス…
麻里子さんのクリトリスに軽く触れてみる。
「んっ」
本当に感じるのか…クリトリスに触れていると一段と秘部から愛液が染みでてくる。
これから指を入れれるかも…そう思っていると麻里子さんが
「ねぇ…〇〇君も脱いで?」と言ってきた。
そういえばそうだ…興奮の余りすっかり忘れていたが、まだ俺は浴衣のままだ。
慌てて浴衣を脱ぎ始める。下着一丁になると、
「…テント張ってるね」と言って少し笑った。
確かに俺のチンコは露天風呂の時より激しく勃起していた。
「はは…だってこんな状況じゃあ…」
「私でそんなになってくれる人って初めてかも」
「そうなんですか?」
「うん…ほら全部見せて」
そう言うと麻里子さんは俺のパンツをゆっくり脱がした。
そこからあらわになったチンコを見た麻里子さんは、突然チンコを握ると
数回動かした。
「わ…」
「ふふ、どう?」
「気持ちいです…」
「すぐ出ちゃったらどうしようかと思ったよ」
「はは…なんとかこらえます」
「うん、頑張って、本番まで取っておかないと」
本番…本当に麻里子さんとH出来るんだ…
「あーでも…すぐ出ちゃったらあれだよね…」
まぁ確かに、初めてだと挿れてすぐ出るって聴いたし…
「よし、触りっこしよ、それで一回出させてあげる」
「はい…」
俺と麻里子さんはお互いに向かいあって膝立ちになった。
麻里子さんの顔がすぐ目の前に…これって…
「あ、◯◯君ってたしか…まだだったよね」
「…はい」
「◯◯君から来て…」
そういうと麻里子さんは静かに目を閉じた。
よし…俺も目を閉じて麻里子さんの唇に近づけた。
…これがキスの感じ…よし、やるぞ…
俺は舌を麻里子さんの唇へ向けた。麻里子さんも拒む様子は無い。
俺の舌は麻里子さんの唇へ侵入した。
「ん……ん…」
「ん…はぁ…」
クチュクチュという音の中にお互いの吐息が漏れる。
なんだろう、こうしてると凄く落ち着く、キスって凄いんだな…
キスをしながら、俺はまた麻里子さんの秘部へ手を伸ばす。
さっきより濡れてる…それもかなりの量だ。
秘部を指で押すと、愛液がドンドン染みでてくる。
これならもっと激しくても…俺は先ほどより激しく愛撫した。
それにつれて麻里子さんの舌の動きが激しくなってくる。
すると麻里子さんの手が俺のチンコに伸びてきた、指先がチンコをなぞるように動く。
やがて指先が何かを見つけたように俺の亀頭のあたりを握り、静かに動き出す。
正直、これだけで射精してしまうような状態だったが、ここはこらえる場面だ。
舌と一緒に麻里子さんの秘部からもクチュクチュという音が聞こえて来る。
ここからはもっと激しく…俺の指は麻里子さんの中へ入っていった。
まずは一本…麻里子さんの中は指一本で分かる程暖かい…
この後、この中に俺のチンコが…そんなことを想像すると一層射精が近づいてくる。
ダメだ、まだ…
俺は入った指をゆっくり上下させてみる。
すると麻里子さんの腰も上下しだした。
自分から…ってことなのか、それに負けじと俺も指を動かす速さを上げた。
気づくと、麻里子さんの手コキも本格的になってきた。
麻里子さんは右手で俺のチンコをしっかり握りしごいている。
そんなにされたら…もう…
俺が射精感と戦っていると、自然と麻里子さんの中にある指の速さも上がっていく。
もう精子が亀頭の先まで迫っている感じすらする。
麻里子さんの手の動きと俺の手の動きが同じくらいの速さになっていく。
キスも次第に激しくなっていく。
俺の我慢は限界寸前だった。こらえようとしても、精子が亀頭から溢れでてくる。
あぁダメだ…もう…
露天風呂の時より激しい射精が起こった。
強い勢いで飛び出る精子を麻里子さんは亀頭の上に掌を重ねて受け止めていた。
聴こえるはずは無いのに、びゅっ、びゅっと精子が麻里子さんの掌を打つ音が聞こえてきた。
3回目の発射の辺りだろうか、麻里子さんの体がビクビクと数回振動した。
驚くことに、俺と麻里子さんがイク瞬間は、ほぼ同時だった。
男女でイクタイミングが違くてもめる…なんて話も聴いたことがあるが…こういうこともあるのか。
ひとしきり射精が終わり、麻里子さんの振動も終わり、十秒程の沈黙を経て、まず麻里子さんが切り出した。
「…いっぱい出たね、ほら」と言って掌に大量に出された精子を見せてきた。
俺って一回でこんなに出せるのか…
「あの…麻里子さんも…気持よかったですか?」
「うん…イったの久しぶりだよ」
「そうなんですか?」
「うん、こういうのしてもあんまりイケなくて…」
「俺達相性いいんですかね?」
「ふふ…だったらいいね」
麻里子さんがまた俺に顔に顔を近づけて来た。
「じゃあ…しよっか、ゴム付けれる?」
「…はい」
俺はゴムと取り出しつけ始める、昔練習したことがあったので難なく出来たが…
いよいよ本番…今指を入れた麻里子さんの秘部に…
「最初だし、私が入れてあげるね」
そう言うと麻里子さんは俺を布団に寝かせると、俺の上に覆いかぶさってきた。
「…入れるよ?」
「…はい」
麻里子さんが俺のチンコを握り、標準を定めるように動かす。
動きがピタッと止み、麻里子さんが静かに腰を下ろす。
チンコが暖かい感覚に包まれていく…これが女の人の中か…
ただ暖かいだけじゃない、中がザラザラしていて、程良く締め付けてくる。
この中で動いたら…
根本まで膣内に入ると、麻里子さんは軽くため息をついて全身で俺の上に覆いかぶさってきた。
麻里子さんが耳元で囁く。
「入ったね…どう?」
「なんていうか…暖かいです」
「ふふ…じゃあ動いてみて」
そう言うと麻里子さんは俺の体を自分の上に持っていった、丁度俺と麻里子さんの位置が逆になった状態だ。
俺が静かにピストン運動をはじめる。
…数回動いただけでHの気持ちよさが分かる、一回動く毎に中の愛液が漏れて音を立てる。
「う…うん…」
「はぁ…どう?気持ちいい?」
麻里子さんが息を切らした様な声で俺に尋ねる。
「はい…麻里子さんの中、気持ちいです…」
「もっと強くしてもいいよ、私…その方が好きだから」
それってやっぱり、麻里子さんって…
とにかく、麻里子さんがそういうからには俺も期待に答えないと…
俺はピストン運動をできる限り速めた。
「あっ!あぁ…」
麻里子さんが一回大きく喘いだ、やっぱりこういうのが良いのか…そういう事なら…
俺はチンコを麻里子さんの膣内で激しく動かした。
パンパンと性器同士がぶつかる音が鳴り、その中で愛液の音も大きくなっていく。
一回突く毎に、麻里子さんの表情が何かに酔いしれていくかのような表情に変わっていく。
次第に膣内の締め付けも強く…俺のチンコがまるで麻里子さんの中に吸い込まれるような感覚になる。
「あぁ…ん…〇〇君」
「はぁはぁ…麻里子さん…」
どちらから示し合わせたわけでもなく、俺と麻里子さんは唇を合わせる。
こうして唇を合わせていると、腰が意識しなくても動き出す、これが人間の本能なんだろうか…
「ちゅ…ん…あぁん…!〇〇君いいよ…気持ちい…」
キスをしながら、麻里子さんは俺に囁く。
次第に射精感が高まってきた、このまま思い切り出してしまいたい…
「はぁ…麻里子さん、俺もう…」
「うん…うん…いいよ…一緒にイこう…」
腰の動きが最大限に早くなる、麻里子さんのキスをしながら喘ぎ声が漏れる。
そして射精が来る…
「麻里子さん…んっ!」
「〇〇君…!」
今日一日で2度出しているはずなのに、今までの人生で間違いなく一番激しい射精だった。
ゴムをつけているのに、それを突き破るような勢いで何度も精子が噴き出す。
麻里子さんもイッたようだ、目をギュッとつぶりながら俺の腰を強く抱いている。
もしこれでゴムを付けてなかったら…俺もそんな想像をしながら快感に浸っていた。
それから数分間、俺と麻里子さんは1つになったままじっとしていた。
お互いにまだ離れたくなかったのだと思う…
沈黙を破ったのは麻里子さんだった。
「ねぇ…後で…携帯見せて?」
「え…いいですけど…」
「連絡先…交換しよ」
「…それって…」
「うん…」
また会おう…ってことなのか…
もしかしたら、付き合うなんてことも…
「じゃ…とりあえずシャワー浴びよっか」
「はい」
俺は麻里子さんの中のチンコを引きぬく、暖かい空間から元の世界に戻るのがなんとも物寂しい…
「もうそんな顔しないの」と笑いながら俺の顔見る。
「あはは…なんか寂しくて…」
「ん…もしかしたらまた出来るかも…ね?」
でも麻里子さんは芸能人なわけだし、Hどころかまた会えるかどうか…
「できたら嬉しいです…」
「うん…そうだね…」
 部屋についていた小さなシャワー室の中に俺と麻里子さんはいた。
麻里子さんが「洗いっこしよっか?」と言い出したので、まずは俺が
麻里子さんにシャワーをかけた。
「あの…洗うって…」
「もう、さっきいっぱい触ったじゃん」と笑い、俺の手を自分の胸に寄せた。
俺はシャワーでお湯をかけながら麻里子さんの体を確かめるように胸、お腹と手でなぞって行く。
麻里子さんはくすぐったそうにしながらも俺に向かって穏やかな笑顔を見せてくれている。
一通り洗い流すと今度は俺が麻里子さんに洗われる番だ。
麻里子さんが俺の体にシャワーを当てるながら俺と同じように体を手でなぞる…
すると当然行き着くのは俺のチンコなわけだが…
俺のチンコは先ほどのHが無かったかのように勃起していた。
「もう…あんなに出したのに」
「すみません…」
「よしじゃあ…」
そういうと麻里子さんはしゃがんでチンコを自分の口元へ、これって…
「ん…」麻里子さんの口の中へ俺のチンコが…
ちゅぱ…ちゅ…麻里子さんが俺のチンコを吸い取るように舐める。
「あ…こういうのも初めてだよね」
「はい…気持ちいです」
「ふふ…ありがと」そういうと麻里子さんはチンコを口の奥の方へ…
チンコの7割程が入ってしまった。膣内とはまた違った気持ちよさだ…
麻里子さんは少し苦しそうにしながらも俺のチンコを口の中で舐めとる。
麻里子さんが俺の為にここまで…
まずい…もう…
「麻里子さん…」
俺がそういうと麻里子さんは俺の目を見ながら小さく頷いた。
「だ、出します…出しますよ…」
俺は麻里子さんの口の中へ射精した。あぁ、チンコ毎吸い取られるみたいだ…
今日4度目の射精を終えると、麻里子さんは口からチンコを離し、出した精子を排水口へ吐き出した。
「今日もう4回も出したんでしょ?なんていうか…若いね」と言って笑った。
シャワー室から出た後、麻里子さんは浴衣に着替え直すと部屋を軽く掃除し出した。
俺も一緒に掃除を…色々と汚してしまった。
一通り元に戻すと、麻里子さんが「うーん…◯◯君は自分の部屋で寝たほうがいいんじゃない?」
「え…」
てっきり一緒に寝れるものかと思ってたのに…
「だってほら、ずっといたら…またしちゃうなっちゃうかもしれないし…」
麻里子さんがじっと俺を見つめる、思わずドキドキしてしまう。
約束通りメールアドレスと電話番号を交換した後、
俺は大人しく自分の部屋へ戻る事にした…戻った後まだ興奮が冷めずにオナニーすることになるのだが…
 次の朝、早くに電話が鳴って俺は起こされた。
誰だろ…麻里子さん、えっ?
急いで電話に出ると部屋のドアがいきなり開いた。
「うわっ!…麻里子さん?」
「ふふ、おはよう」
麻里子さんはもう出発するようだ、まだ早朝なのに…
「もう東京戻らないといけないから…」
「俺も東京ですし、また…会えますよね?」
「…その為にこれ、交換したんだから」と言って携帯を見せた。
「見送らせてください」
「んー…旅館の人いるから…」
あぁそうか…やっぱり芸能人なんだなぁ
「だからここで…ね」
そう言うと、麻里子さんは体を乗り出して俺の頬にキスをして、走って玄関へ向かっていった。
…なんていうか、凄い人だなぁ…また会いたいな。Hとか抜きで…


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード