携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

父親

仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

パパがやっと家に帰ってきた。

玄関でそのままズボンを下ろしました。
かわいい真ん丸なタマと縮んでるおチンチンが水平に突起しているのが、
今日は朝、私の白綿パンツをはかせて仕事に行ったので体にフィットしていて今の形がどうなっているのかよく分かりました。

ちょっと白の無地はパパが穿くと変態っぽい。
でもパパの体は細くてお腹も全然出ていなくて下半身だけ見れば下手な女よりも
ラインはきれいです。

そんなパンツの上からおちんちんを頬ずりしてちんちんの匂いや柔らかさを顔で体感してグリグリしました。あったかくてなぜかいつも良い匂いがします。

唇でおちんちんをはさみ、パンツの上をスライドさせてパンツの匂いをかいだりしました。

パパをまっすぐ直立させたカッコにさせていて、私はひざをつけてパパの下半身を攻めました。

おちんちんに顔をうずめている時に
お尻に手をまわして私の柔らかいパンツに包まれたお尻を両方の手のひらで揉みました。
おちんちんはかたくなってきました。
顔でパパのおちんちんを遊ぶのが好きなのですが、そろそろ手を使ってマッサージをします。

大きくなったおちんちんをパンツの上からなぞってソフトにこすります。
私のパンツだから小さいので勃起したパパのおちんちんがパンツのお腹のとこから
出そうになります。

タマを手のひらでパンツの上から包んで柔らかい私の綿パンツがパパのタマをこすって、
それと同時に勃起したおちんちんの表面の皮とパンツが摩擦するようにこすってあげると、パンツの中のパパのおちんちんはカチカチにかたくなりました。

たまらなくなったパパは、直立したまま下半身をもぞもぞさせてまだパンツをはいたままの
おちんちんを突き出して腰を軽く振るようなしぐさをしました。
パパはこうなるともうすぐ発射です。

私のはき古しの白綿パンをはいたままタマと棒をこすっている間に、
時々おちんちん側やお尻側のパンツを上に引き上げてタマや棒を強めの持ち上げをしてあげるともっと気持ちがいいみたいです。お尻の穴もパンツの上からほじってあげます。

ズボンだけ脱いだカッコでしたが一気にパンツをおろしてビンビンのおちんちんを丸出しにしました。
直立のままの体からおちんちんがはみ出る感じです。

綿パンこすりでだいぶ気持ちよくなっているビンビンのおちんちんですが
パパのおちんちんは唇を尖がらせたような感じに皮があまっています。

そんなかぶったパパのおちんちんを手で持ってタマの方に皮を下ろすと
唇を尖らせたように閉じている皮の先が開いてピンクの頭が見え始め
全部むけるようになります。

パンツこすりで気持ちが良く直立の姿勢で小刻みに腰を振るいいパパですが、包茎のおちんちんの皮を剥いてあげると腰振りが早くなります。

そのままおちんちんを握り、小刻みの腰振りと私の片手でシコシコしてもう片方でタマをマッサージしたり、お尻の穴を指先でなぞったりします。

ピンクの亀頭が大きくかたくなり、パパももう出ちゃうと言います。

シコシコする時、皮は被ったり剥けたりを繰り返しています。

発射しそうになると皮を強めに思いっきりタマの方まで引き下げてピンクの亀頭を全開に
普段と違う外にむき出しにしてあげるとそれだけで気持ちいいみたいで
それを口に入れてあげるとパパは口の中にたくさん発射しました。

発射させてあげると濡れ濡れの私はいつもそのままで、1回しかしないパパはそのまま
お風呂に入ってしまい私はほったらかしです。


父と娘の愛欲物語

女房と別れたのは9年前。理由は性格の不一致と言うことになって いるが、何の事は無い女房に男が出来ただけ。俺は、娘の親権まで取られた。でも、再婚するときは娘は俺に預ける約束になっている。不安があるからだ。しか し、約束は守られなかった。案の定不安が的中した。新しい父親に娘が悪戯された。娘はまだ10才、小5だ。だから言わないことではない。娘は俺にSOSし てきた。俺は娘にICレコーダーを持たせ、悪戯の様子を録音させた。別れた女房を呼び出し、聞かせた。
「俺の考えることはお前より上だ。つまりお前は俺よりバカだ。娘はバカが育てるより俺が育てたほうがいい。」
こう言ってやった。
「じゃあ、持って行きなさいよ。」
別れた女房は娘に手を出した男に何ら制裁を加えることなく、娘を放り投げた。本当にバカだ。こんなのと結婚した俺はもっとバカだ。

娘の優奈と二人の生活が始まった。11才の誕生日、精一杯祝ってやった。
12才の誕生日、中学入学を目前にしておしゃれな服を買ってやった。
中学生になった優奈は、俺より家事をこなすようななった。勉強は俺が見てやっている。一応国立大学卒だから、中学生の勉強くらい楽勝だ。

中学生になって3ヶ月、居間で二人で勉強中、優奈が座る座布団に染みが広がった。何だ?血だ!そうか初潮だ!どうすればいい?俺は焦った。困った。 優奈は唖然としていた。すぐ穿いているものを脱がした。オムツの交換のような姿勢をとらせ、ティッシュで拭いた。生理ってこんなに血が出るとは知らなかっ た。恥を忍んで職場の部下で22才の理緒という女性に電話して助言を乞うた。彼女は今年大学を卒業して私の下に配属されて私が面倒見ている優秀な人材だ。 大人しく物静かな女性だが、美人の部類に入るだろう。気立てのいい嬢さんだ。彼女は上司の危機に力を貸してくれた。なんと生理用品を買って持ってきてくれ た。助かった。後日、夕食をご馳走した。下心は無い。優奈も同席させてお礼させた。

あれから優奈を女性としてみるようになった。10年ぶりに娘にオムツ交換の格好をさせてしまった。優奈のアソコはまだ薄らとしか毛が生えていなかっ た。優奈のアソコが目に焼きついて離れない。別れた女房の新しい男は優奈にチ○ポを入れたのだろうか。胸が痛い。怒りがこみ上げる。

一学期の期末試験。主要五教科は教えられたが、期末は美術や音楽、保健体育などもあった。今は、女子も技術をやるとは知らなかった。時代は変わった。主要五教科意外は娘と一緒に勉強した。楽しかった。俺と優奈は友達のようにはしゃいで勉強した。

俺たちはマンションの2階に住んでいる。離婚後、一人住まいだったので広いマンションは要らなかった。キッチンに6畳の居間にふすまを隔てて6畳の 和室がある。娘の部屋が無い。俺と優奈は6畳の和室に布団を引いて二人で寝ている。ある日、娘に引越しを提案した。娘に独立した部屋を与えたかった。しか し優奈はこのままでいいと言い、私の布団にもぐりこんできて、私に抱きついてきた。
「パパ‥‥大好き‥‥」
「パパも優奈が大好きだ。パパの宝物だ。」
そう言って優奈の頭を撫でた。可愛かった。実は心配していた。思春期の娘は父親を嫌うと聞く。まあ、この先どうなるか分からないが‥‥
「パパ‥‥私、パパのお嫁さんにして。」
「ハハハ‥‥昔もそんなこと言っていたなあ。」
「私、パパを愛してるの‥‥セックスして‥‥」
凍りついた。10年前のパパのお嫁さんとは違った‥‥
「おいおい、親子は夫婦になれないんだよ。」
「でもパパが好き‥‥初潮のとき、パパにアソコ拭かれてからずっと‥‥」
そういって優奈はスウェットを脱ぎ始めた。
「ちょ、ちっと待て‥‥」
「私たち本当の親子じゃないから‥‥」
「ええ?どういうこと?」

優奈が言うには、別れた嫁には俺と結婚する前から男がいたそうだ。13才上の既婚男性で不倫だそうだ。優奈は、その男との子供だそうだ。優奈が別れた女房の家を出るとき告げられたらしい。俺はとんだ間抜けだ。

優奈は俺がかわいそうと言った。情けない‥‥
俺は、優奈を抱き寄せ優しくキスした。まな板のような胸をさすり、乳首を舌先で転がす。優奈が深呼吸する。初潮を迎えたばかりの性器に舌を這わせ る。少しおしっこ臭い。でもおしっこだけではない。優奈は濡れていた。12才の中学一年生が濡れている。まさか、別れた女房の男に小学生のうちに開発され のか‥‥
優奈にクンニする。ピクッと体が反応する。クリを転がす。
「はあー‥‥ふうん‥‥」
感じている。腰が動いている。本当に12才か?相当犯られたのか‥‥いや、それにしては縦筋一本のきれいな性器だ。試しにフェラをさせてみた。優奈の目の前にイキリ起ったチ○ポを出してみた。
「パパのち○ち○って、こんなに大きくなるの‥‥これ、入るかなあ。」
「優奈、舐めてごらん。」
「うん。」
舌先でれろれろしている。可愛い。キャンディーを舐めるみたいだ。フェラは知らないようだから教えてあげた。
「じゃあ、入れるよ。優奈、凄く痛かったら言うんだよ。」
「うん。パパの赤ちゃん欲しいな。」

可愛い。凄く可愛い。俺はゆっくり優奈の中へ進入する。おっ!行き止まりだ!処女膜だ!優奈は犯られてはいなかった。悪戯だけだった。少し力を入れながら上下左右に動かしてみる。亀頭が擦れて気持ちいい。優奈の表情がうっとりしてきた。
「痛くないか?」
「まだ痛くない。気持ちいいよパパ。」
「もうちょっと奥に入れてみるからね。」
「うん。ゆっくりね。あっ、いてててっ」
「大丈夫か?」
「うん、うん、パパァ‥‥」
優奈は抱きついてきて自分から俺のチ○ポを奥へ導いた。
「ヴグ‥ツツツ‥アハ~‥‥パパ、入ったよ。パパとセックスできたよ。」
優奈は、顔を歪めながらもうれしそうな表情をする。いじらしいく健気だ。
「優奈、愛してる。」
「優奈もパパ愛してる。」
自分を優奈と呼んだ。こういうときは目一杯甘えたときだ。昔と変わってない。俺は、痛々しいとは思ったが入れた以上最後までした。優奈の腹上に放った。
「優奈、大丈夫か?」
「うん。パパ、ありがとう。優奈はパパのオンナだよ。」
「それでもやっぱりパパって言うんだね。」
「だってパパだもん。本当のパパだよ。ママの浮気の子はウソ。そういわなきゃパパ、優奈とセックスしてくれなかったでしょ。」
やられた。優奈は小悪魔だった。


小学生の時弟たちに見られながら父親から

私のは3兄弟の長女で下に3つと4つ違いの弟がいて私が小5の時に両親は離婚して経済的に父親のほうがいいというままの判断で3人ともパパに引き取られました
私はママのほうが良かったがこればかりは仕方ないと思いパパについていくことにしました
男3人と女は私1人だけだったので心細かったけどなんとかうまくやっていけていた
そんなある日私は学校の創立記念日で弟も3人とも学校が休みで家にいたときにパパがいつも遅いのにやけに早く帰ってきたので理由を聞くと会社を解雇されたと言われました
私たちはその一言で絶望しました
その日からパパは家に一日中いてお酒を飲んで全然仕事をしなくなり私はパパに「ねぇ仕事は?」と聞くと「うるさい!!」と怒鳴られました
それでも何度も言うと頬っぺたにビンタされ「お前が働け」と言われました
「私はまだ小学生だよ」
「じゃあ黙ってろ」といいまた酒を飲み始めました
私は仕方なく部屋に戻って宿題をしていたらパパが急に入ってきました
大分酒を飲んで酔っ払っていました
「何か用?」
パパは無言で私に抱き着いてきてベッドに押し倒されました
「好きだ」といい私の口にキスをしてきました
私のファーストキスがまさかこんな形でしかもパパとなんて思ってもみませんでした
パパは私にキスをしながら私の服をめくり胸をもみ始めました
「気持ち良いか」
パパの手は私のスカートの中に入ってきてパンツ越しにアソコを触られました
「パパやめて」と大声で叫ぶと「お姉ちゃんどうしたの?」と弟たちがやってきました
「何してるの?」
と弟たちは聞いてきました
私は「ちょっと来なくていいから向こう行ってなさい」と追い返そうとしたら「お前たち見とけや 今から子供を作るから」
とパパ言っていました
弟たちも興味津々で見ていました
「さぁ脱がすぞ」
パパは私のスカートとパンツを脱がしてきました
パパも自分のズボンとパンツを脱ぎました
私は怖くてもう一言も発せず動けませんでした
パパのあそこが私のアソコに入ってきました
「どうだこれが挿入というんだ」
「痛いよ」
「小学生じゃキツキツだな」
パパはそのまま腰を動かしだしました
「見ろこれがピストン運動だ」
「やだ、抜いて」
「おぉいいぞ」
「もうやだよ」
「おい 2人ともさやか(私)の乳首をなめてやれ」
「いややめて」
弟たちは私のそばに来て左右から同時に乳首をなめ始めた
「パパこう?」
「そうだよ さやかも気持ちいいって」
「やだやだよ」
「さやか出るぞ」パパは私の中に出してきました
「運がよかったら妊娠するかもな」
パパは出した後のアソコを私の口に無理やり入れてきました
「汚いよ」
「だからだよ お前がきれいにしてくれ」
「いや」
「これをなお掃除フェラっていうんだぞ」
パパは終わると自分の服を持って私の部屋を出ていきました
私はしばらく放心状態でいました
弟たちはまだしつこく私の乳首をなめていたので「もういい加減にしなさい」いい追い払い服も直さずベッドで一人泣いていました

お母さんがいないときに

私のエッチの相手は、お父さん。

高校生の時、学校が終わって家に帰ると、珍しくお父さんが居間でテレビ見てた。
会社から早く帰ったみたいで、私も試験が終わって早く帰って来たので、私たち2人だけだった。
そのころ、お父さんは仕事のストレスがめちゃくちゃ溜まってたみたいで、私も彼氏とケンカばかりしてて、むしゃくしゃしてた。だから、私からモーションかけたのかな。

ソファに座ってるお父さんの近くで見えるように制服脱いで、着替えて、一緒にソファに座った。顔近づけて甘えて、ボディータッチしたら、お父さんも笑いな がら私の胸元や足をチラチラ見始めた。勢いで「もうっ」って言いながら抱きついたら、床に押し倒されて、胸やおしりをいやらしい手つきで触られちゃった。 つい声が出たら、キスされて、上の服を脱がされそうになったから、「私の部屋に行こ」って誘った。がまんできそうにない顔してたから、お父さんの手を引い て、私のベッドに連れて行った。

部屋に入ると、ベッドに押し倒されて、全部脱がされた。恥ずかしかったけど、私も興奮してたから、お父さんの好きなようにさせてあげた。お母さんにヒミツ をもつのがスリル感があったかも。上にのってきて、胸をなめ回されて、クリを転がすように触られて、イカされた。しばらく身体を好きにさせてあげたら、入 れられた。ゴム着けずに入れられたけど、気持ちよかったから、そのまま、させちゃった。最後はお腹に出してくれた。終わった後、お父さんが5万円くれた。

それから、お母さんがいない時を見計らって、私に関係を迫ってくるようになった。
お父さんがかわいそうになって、それから2回エッチに付き合ってあげた。私が早く帰ってくる日にお父さんも後から帰ってきて、後ろから抱きついてきた。「お父さん、だめだよ」って拒んだけど、そのまま、お父さんのベッドに連れていかれて、制服を脱がされて、エッチされた。

昼間からお父さんに見られながら下着を脱がされた。明るい部屋でお父さんの顔が近づいてきて、胸を触られたり、なめられたり。恥ずかしかったけど、毎回お 小遣い(5万円)もらったから、我慢して好きにさせてあげた。最後は、ゴムしないで寝バックでずっと責められて、奥で何度もイカされて、お腹に外出し。

でも、大人ってずるいよ。その後は迫られても拒んで、「お母さんに言うよ」って言ったら、もう誘ってこなくなった。あれから1年がたっても、家でいると、 お父さんの視線を身体のあちこちに感じる。まだ、私とのエッチにに未練があるみたいだけど、エッチは好きな人とするのが一番気持ちいい。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード