携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

清楚

見せ付ける妻【完全版】

夫33歳、妻28歳。
夫は営業マンで外回りが多い会社員。
妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦。
町でもよく男に声をかけられるほどの容姿であり、近所でも評判の美人妻だ。
結婚当初は夜の営みが多かったものの、数年経って倦怠期を迎え、今では1ヵ月に1回営みがあるかどうかである。

そんな中、夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいと思っていて、たまたま営業で外回りしていた際、外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見付けた。
初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていた。
別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていた。
その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だった。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしなが ら、鬼頭やリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねぇ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねぇ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねぇ・・ 旦那のよりも全然気持ち良さそう・・あぁ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、 「あぁ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていた。
その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい固く勃起して来たのを感じた。

ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのだ。

「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たが、段々その怒りは激しい嫉妬と興奮に変わって行った。
妻は、自分が見ているとは知らずに、マジックミラー越しに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那 のより全然大きい・・あぁ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・あぁ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。
夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めた。
そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていた。
夫は、「綾香が他の男達にあんなに興奮してイキまくっているなんて・・・」と激しい嫉妬を感じながら自分が今までにないほどの凄まじい興奮を覚えたのであった。

その晩、夫は何事もなかったかのように帰宅し、何気なくハプバーでの出来事を妻に話をした。妻は始めはしらを切ろうとしていたが、最後は「あなた、 ごめんなさい、欲求不満で耐えられなかったの・・本当にごめんなさい・・」と謝ってきた。しかし、夫は、他の男達のペニスで妻がイキまくっている姿に堪ら なく興奮してしまったことを話し、今度は自分の目の前で他の男とセックスして欲しいと逆にお願いをしたのである。
綾香:「えっ?何それ?あなたは私のこと怒らないの?もう愛してくれていないの?私のそんな姿を目の前で見たいなんて・・」
夫:「愛してるよ。ただ、愛しているからこそ、綾香のいやらしい淫乱な姿が見たいんだよ」
妻としても、夫以外の男達とエッチすることの罪悪感や背徳感に興奮して来たところもあり、最後は「分かったわ、あなたのお願いなら」と受け入れた。
綾香:「だけど、本当にいいの?他の男の人達とエッチして、あなたは本当にいいの?怒ったりしない?本当に私、どうなっちゃうか分からないの、すごい淫乱な女になっちゃうかもしれないわよ、本当にそれでもいいの?」
夫:「もっと淫乱な姿を俺に見せ付けて欲しいんだ、ハプバーで綾香が他の男達と交わっている姿を見て堪らなく興奮したんだよ」
綾香:「でも私、中毒になっちゃうかもしれない・・あなたの目の前で他の人とするなんて・・やめられなくなっちゃうかもしれない・・・」
夫:「こんなに美人でおっぱいも大きくてスタイルもいい綾香が夫の前で他の男達としているなんて、想像するだけで勃起しちゃうよ、淫乱な綾香が見たいんだよ」
綾香は夫に見られながらセックスしていることを想像し、おまんこが溢れ出るほど濡れて来ているのが分かった。
綾香:「本当?乱れている私の姿を見たいの?」
夫:「すごい見たい、すごい興奮するんだよ」
綾香はビンビンに勃起した夫のペニスに手をかけ、鬼頭や尿道の辺りをいやらしく舐め始めた。
綾香:「あなた、エッチな汁がいっぱい出てるわ、すごい興奮してるのね・・じゃあ、私がこうやって舌で他の人のおちんちんを舐めてもいいの?ほらこうやって・・ああ、すごい大きくなってる・・」
夫:「うぅ、そう、気持ちいい、そうやって他の男のを舐め回して欲しい・・うぅ・・気持ちいいよ・・」
綾香は妖艶な上目遣いをして夫を見つめている。
綾香:「他の人のおちんちんを舐めながら、こうやってあなたを見つめて欲しいの?おちんちん気持ちいい?」
夫:「気持ちいい、そうやっていやらしくフェラして俺を見つめて欲しい、うぅ、もういきそうだ」
綾香:「まだよ・・乳首も舐めて欲しいんでしょ?ほらこうやって・・」
綾香は夫の乳首を舐め回し、手コキをしながら夫に挑発的な目線を送っている。
夫:「あぁ・・気持ちいい・・」
綾香:「ねぇ、じゃぁ・・他の人の大きいおちんちんで突かれながらあなたを見つめたらもっと興奮するでしょ・・・私、近所では清楚な良妻と思われてると思うけど、本当は他の人といっぱいエッチしている人妻なのよ・・」
夫:「あぁ・・すごい興奮するよ、本当の綾香はすごい淫乱なんだね、今まで何人くらいとして来たの?」
綾香:「いっぱい、たくさんの男の人達。だって、本当は私、おちんちん大好きなの・・それに男の人達、私のおっぱい好きみたいだし・・」
夫は綾香の美乳に顔をうずめながら乳首にしゃぶりつき強く舐め回した。
夫:「この綾香の大きなおっぱいを何人もの他の男が舐め回したのか・・こうやって鷲掴みされて乳首を吸いついたりされたのか?」
綾香:「あぁん・・そう・・そうやっていっぱい舐められたの・・あぁ・・気持ちいい・・」
夫:「じゃあ、こうやってパイズリもされたの?そのまま出されたりした?」
綾香:「うん、いっぱいパイズリしたわ・・だって男の人達好きなんだもん・・殆どの人が私のおっぱいで出してたわ・・」
夫:「じゃあ、このおっぱいも乳首も他の男の精子だらけってこと?」
綾香:「うん、そうかも・・でも、すごい人は顔までかかったりしたの・・すごい量で勢いがすごくて・・」
夫:「もしかして、男がいく時、舌出したりして欲しがったんじゃない?」
綾香:「えっ?そんなことないわ・・・」
夫:「本当のこと言って欲しいんだよ・・怒ったりしないから」
綾香:「本当のことを言うと、舌出しちゃってたかも・・だって、おちんちんからいっぱい出てくる精子大好きなの・・あぁこれがこの人から出てきた精子なんだって・・温かくてすごい興奮しちゃうの・・・」
夫:「それ飲んじゃったりしたの?」
綾香:「うん、いつも飲んじゃう・・ごめんね・・」
夫:「俺のも舌で舐めて欲しい・・いつもやるみたいに」
綾香:「うん、いつもこうやっておっぱいで挟んでおちんちんの先の方を舐めてあげるの・・どう?気持ちいい?私が他の人のをこういう風にしてるの見たい?興奮しちゃう?」
夫:「うぅ・・もういっちゃうよ」
綾香:「いっぱい出して・・全部飲んであげる・・」
夫:「おぅ・・い・い・・いく」
綾香:「あなた、すごい、いっぱい出たね・・気持ち良かった?全部飲んであげるね・・」
夫と綾香はその後交わりお互いを愛し合った。

ハプバーの夜から妻の他の男達とのセックスはむしろ逆レイプに近いくらい妻が淫乱になる。
夫はホテルで綾香がお気に入りの男達としている姿を見せ付けられることになる。

夫は妻と週末にとある都内のホテルに向かった。
妻のお気に入りのセフレ達に会うためだ。
妻は、いつもと違い、厚化粧をしていて、男を誘惑するような香水の香りがした。ワインレッドのTバックにミニスカート、薄手のシャツの上にスプリ ングコートといういでたちだった。いつもは敢えて人目を避けるように胸の大きさを隠すような服装をしていたが、その日は胸の乳首が見えてしまうくらい谷間 の開いたシャツを着ていた。それをスプリングコートで少し隠しているようだった。男であれば誰でも振り向いてしまうような大人の色気を漂わせていた。

二人は車に乗り込み男達との待ち合わせ場所であるホテルの一室に向かった。この日のために夫は妻に一週間の禁欲を指示していたのと、たまたま生理前であったことから妻は今にも爆発しそうなくらい欲求不満な状態であった。

ホテルに着くと、男が3人いて、軽く挨拶をしたのもつかの間、男達は既に準備万端の様子であった。男達は比較的がっちりしていたので、おそらくペニスも大きいのだろうと容易に想像が出来た。

妻と男達は早速ベッドに向かい、妻を愛撫し始めた。
男の一人が「奥さん、旦那さんの前で本当にいいのかい?」と少し心配していたが、妻は「いいの・・主人の前でめちゃくちゃにして欲しいの・・」と言いながら服を脱ぎ始めた。

それからの妻は、夫の目の前で、他の男のペニスをいやらしくじゅるじゅると音を立てて唾を垂らしながらしゃぶったり、男の乳首を舐め回し始めた。また、自分の豊満な乳房の乳首を自分で舐めて見せたり、自分のクリをいじったりしている姿を見せ付けていた。

綾香:「あなた、ごめんなさい、この人の体ですごい興奮しちゃってる・・おちんちん大好き・・主人のより大きくて固い・・ねぇ・・すごい大きなカリ ね・・いっぱい気持ちよくさせてあげるからね・・・あなた、どう?あぁ・・見て・・興奮する?このおちんちんすごいいいの・・見て、ほら・・舌でこうやっ て・・すごいカリ・・お口いっぱい・・あぁ・・大きい・・全部お口に入らないわ・・あぁ・・すごい・・あなた・・もっと見て・・」
と言いながら、妖艶な上目遣いで夫に淫語を語りかけている。
妻はペニスを両手でしごきながら交互に舐め回している。舌を出し、カリや鬼頭を舐め回しながら「ねぇ・・気持ちいい?すごい大きい・・主人のより全然大きいわ・・あぁ・・すごい・・」と言いながら男達を上目遣いで見つめている。
妻は夫に「ねぇ、あなた、この人のおちんちんあなたのよりもすごい大きい・・ねぇあなた見える?お口に入りきらないわ・・」と言いながら夫を挑発している。

男達は今度は妻を責め始めた。一人は妻にフェラをされたり乳首を舐められたりし、一人は妻の乳首を舐め回し、一人は妻のおまんこを舐め始めた。妻のおまんこに指を入れ当然のことのように妻は潮を吹き、ものすごい喘ぎ声を出していた。

すると、綾香は「このおちんちん、綾香のおまんこに欲しいの・・ねぇ・・入れて・・お願い・・綾香のおまんこに入れて・・あぁ・・」と言いながら、 M字開脚しておまんこを両手で開いて見せている。おまんこは愛液で溢れかえっており、妻は足を開いてクリをいじっている姿を夫に見せ付けている。
綾香:「ねぇ、あなた、私のおまんこ見て・・もう溢れちゃってるの・・ここにあの大きいおちんちん欲しいの・・いいでしょ・・」と言いながら、クリを自分でいじったり、男のペニスをしごいてあげたりしている。
ペニスがおまんこに入ってくると、「あぁ・・すごい・・大きい・・あぁ・・気持ちいい・・あぁ・・あなた・・すごい気持ちいいの・・もっと見て・・あぁ・・あなたのより大きいの・・おまんこにおちんちんがいっぱいなの・・」
男が「奥さん、まだ半分しか入ってないよ」と言うと、妻はその残り半分のおちんちんを握りこれからの昇天を期待しているかのような妖艶で嬉しそうな顔つきをしていた。
妻は、「あぁ・・あなた・・気持ちいい・・このおちんちんすごい・・」と言いながら、あたかも比較しているかのように夫のペニスをしごいている。
妻はトロンとした眼差しで夫を見たり男を見たりしている。
男が残りのペニスをおまんこに挿入すると、妻は「すごい・・奥まで入ってる・・あぁ・・固い・・気持ちいい・・」と言いながら自ら腰を動かし始めている。
男が「旦那さんのと比べてどう?どっちが気持ちいい?」というと、妻は「こっちの方がいい・・すごい・・奥まで当たってる・・あなた見て・・おちんちんすごい大きいの・・あぁ・・」と夫を見つめながら悶えている。

体位を騎乗位に変えると、綾香は夫によく見えるように「あなた・・見て・・他の男の人のおちんちんが綾香のおまんこに入ってるのよ・・あぁ・・すご い大きい・・気持ちいい・・おまんこ溢れかえってる・・もうぐちょぐちょ・・・すごい気持ちいい・・ねぇ見て・・あぁ・・もっと見て・・あぁ・・気持ちい い・・奥まで当たってる・・」と言いながら、自分でクリや乳首をいじっている。
夫はその姿を見ながら、ビンビンに勃起したペニスを手コキして、妻のおまんこをクンニしたり、乳首を舐め回したりフェラされたりしてプレイに参加している。

体位をバックに変えると、妻は、男にバックで激しく突かれながら、夫の肩に両手をかけて、「ねぇ・・あなた・・すごいいいの・・あぁ・・すごいい い・・気持ちいい・・あぁ・・このおちんちんすごい気持ちいい・・おかしくなっちゃう・・あぁ・・すごい・・すごいいい・・奥まで当たってる・・あぁ・・ いく・・いっちゃう・・・あぁ・・・またいっちゃう・・・」と言いながら夫を見つめている。

綾香:「ねえ、あなた、中に出してもらってもいい?このおちんちんすごい気持ちいいの・・あなたのより気持ちいい・・もう我慢出来ない・・中に欲し いの・・・このおちんちんで綾香のおまんこぐちょぐちょにして欲しいの・・・ねぇ、中に欲しいの・・ねぇいいでしょ?お願い・・あぁ・・すごい・・あぁい く・・またいっちゃう・・」
妻は、激しくペニスを突いている男達にこう言った。
綾香:「ねぇお願い・・中に出して・・・すごい固くて大きい・・あなたの精子でおまんこぐちょぐちょにして・・あぁ・・いい・・主人のよりいい・・もっといっぱい突いて・・あぁすごい・・・めちゃくちゃにして・・あぁ・・いい・・」
綾香:「あなた、ごめんなさい・・このおちんちんすごい気持ちいい・・あぁすごい・・だから許して・・・あぁ、いっちゃう・・・すごい激しい・・固い・・・あぁ・・いい・・いく・・またいっちゃう・・あぁぁ・・・」
突いている男:「奥さん、いくよ、中に出すよ、うぅ・・」
綾香:「いっぱい出して・・あなたの精子いっぱい出して・・あぁ・・すごい・・もっと突いて・・奥まで突いて・・あぁ・・いっちゃう・・あぁぁ・いく・・いっちゃう・・・」

綾香のおまんこには複数の男達の濃くてドロドロした精子が注ぎ込まれた。
夫は精子まみれになった綾香のおまんこにペニスを挿入し、激しくピストンしている。
夫:「綾香、すごい興奮したよ・・淫乱な綾香の姿見るの大好きだよ・・すごい興奮してたね・・俺も気持ちいいよ・・いきそうだよ・・いくよ・・ああ・・」
綾香:「あなた、きて・・いっぱい出して・・もっとおまんこを精子でいっぱいにして・・あぁ・・もっとおまんこぐちょぐちょにして・・あぁ・・・」

その日の晩、夫は寝室で綾香と今日のことについて話をした。
夫:「綾香、今日はすごい感じてたね、俺もすごい興奮したよ」
妻の綾香は「あなた、ごめんなさい、すごい気持ちよかったの・・あの人達のおちんちんが大きくて・・・」と言いながら、男達の精液がドロドロに注ぎ込まれた卑猥なおまんこがまた熱くなってくるのを感じていた。
夫:「そんなに大きいのが好きなの?」
綾香:「大きさだけじゃないわよ、あなたのおちんちんも大好き・・」
夫:「気を使わなくてもいいんだよ、ほら、俺のを触ってみて、綾香はもっと大きいのが好きなんだよね、正直に言っていいんだよ」
綾香は夫のペニスを手コキしながら、汁でぬるぬるしている鬼頭を指で刺激している。
綾香:「あなた、ビンビンに固くなってるわ・・興奮してるの?すごいぬるぬるしているわよ・・」
夫:「綾香が大きいので感じていた姿を思い返すだけで、すごい興奮するんだよ、だから本当のことを言って欲しいんだ」
綾香は夫の手コキをやめ、カリの辺りを指で軽くさすっている。
綾香:「あのね・・あの人のおちんちんはあなたのおちんちんの倍くらいあったの・・カリも大きくて長くて太くて・・私のあそこの奥まで突き刺して きたの・・奥まで当たって、しかもおちんちんで奥をぐりぐりされて・・あぁ・・すごい気持ちよかったの・・思い出しただけでいっちゃいそう・・あなた・・ ごめんなさい・・・」
夫:「あの人って、あの色黒でがっちりした体つきの信也さんのこと?」
綾香は信也のことを思い返しながらおまんこに手を向けると、おまんこは精液の残り液と愛液で既に溢れ返っていた。
綾香:「うん、信也さんのこと。すごい良かったの・・大きくて固くて・・あぁ・・体もがっちりしていて・・あぁ・・思い出しちゃう・・あの人、す ごい乳首も感じやすくて、乳首舐めてあげると、おちんちんがもっと固くなって大きくなるの・・だから乳首いっぱい舐めちゃったの・・ほらこうやって・・」
綾香は夫の乳首を舐め始めると同時に、ペニスを手コキし始め、もう片方の手でおまんこをいじっている。綾香の目はトロンとしていて、顔も熱くなってきていた。
夫は綾香が信也さんとしている時、まるで恋人同士かのようにお互いを激しくむさぼりあっていたことを思い返した。激しいキスをしていた時の妻はま るで理性を失った動物のように信也さんと舌を絡ませ合っていた。唾液を垂らしながら激しいキスをすることでお互いを感じ合っている恋人のようだった。他の 男が正常位で綾香のおまんこを突いていたとき、信也さんは綾香の豊満な乳房でパイズリをしていた。綾香は他の男のペニスで感じながら、信也さんのペニスを 乳房で挟み込み、乳首で鬼頭を刺激したり、大きくてビンビンに固くなったペニスをいやらしくしゃぶっていた。舌でカリを絡めながらいやらしく音を立てて じゅるじゅると唾を垂らしながらしゃぶっていた。
夫:「綾香、信也さんのはそんなに良かったの?俺のや他の人たちのより比べ物にならないくらいだったの?」
綾香は夫のおちんちんを激しく手コキしながら、おまんこに指を入れていた。
綾香:「あぁ・・すごかったの・・欲しい・・あの人のおちんちんが欲しいの・・・」
夫は綾香のその姿を見て嫉妬と興奮で堪らない感情となり、綾香の精液と愛液まみれになったおまんこにペニスを挿入した。
綾香:「あぁ・・おちんちんすごい・・あなた気持ちいい・・あぁ・・」
夫:「信也さんのはもっといいんだろ?俺のじゃ奥まで届かないんだろ?」
綾香:「欲しい・・あのおちんちん欲しい・・すごい気持ちよかったの・・もっとおちんちんでめちゃくちゃにして欲しいの・・あぁ・・気持ちいい・・おちんちん大好き・・精子でおまんこぐちょぐちょにして欲しい・・あぁ・・もっと突いて・・」
綾香は夫に突かれながら、卑猥に舌を出して他のペニスを欲しがっていた。
綾香:「もっと奥まで突いて欲しいの・・もっともっと・・奥まで欲しいの・・あなたのじゃ奥まで当たらないわ・・あぁ・・もっと突いて・・あぁ・・」
夫は嫉妬と興奮で堪らなくなりながらも絶頂を迎え、他の男達の精液の残り液が残っている綾香のおまんこに思い切り中出しした。
綾香はイキやすい体なので何度かはイッた様子ではあった。

翌朝、夫は綾香に「信也さんと二人で会ってみる?」と言ってみた。


綾香は少し驚いた様子で「えっ?あなた何言ってるの?」と言いつつも、本当は信也さんと二人で激しく愛し合いたいと思っているようであった。

夫:「昨日の夜、綾香と信也さんが二人だけで激しいエッチをしているのを想像したらすごい興奮して、夜も眠れないくらいだったんだよ」

綾香は「でも・・私・・・」と言いながら、そのおまんこがじゅっと濡れて来たのを感じた。

夫:「綾香が信也さんとしている時の理性を忘れた淫乱な姿が頭から離れないんだ・・想像するだけですごい興奮するんだよ」
綾香:「でも・・信也さんと二人でってことは、ご飯食べたりお酒飲んだりもしちゃうってことでしょ?それでもいいの?まるで恋人のようになっちゃうかもしれないわよ・・」
夫:「綾香・・本当は綾香も二人で会ってデートしたりエッチしたりしたいんでしょ?本当のこと言っても怒らないから」
綾香:「えっ・・そんなの・・だめよ・・」
夫:「本当はお洒落して信也さんとデートして、ご飯食べてお酒も飲んで、その後いっぱいエッチしたいんでしょ?本当は恋人みたいな関係になりたいんじゃない?もう信也さんのアソコが離れられないんでしょ?エッチだけじゃなくて本当はデートとかもしたいんだよね・・」
綾香:「あなた・・でも・・本当にそんなことしていいの?」

夫は愛する妻の綾香が信也さんと恋人同士になることを想像し激しい嫉妬に襲われた。

しかし、妻の妖艶な肉体だけではなく、心まで愛し合ってしまう二人の関係に対する嫉妬はすぐに激しい興奮へと変わって行った。

夫:「綾香が信也さんに心も体も預けて愛し合っているところを想像すると堪らなく興奮するんだよ・・昨日の夜、綾香が信也さんと見つめ合いながら抱き合って激しいキスをしているのを見てすごい興奮したんだ・・それが忘れらないんだ・・思い出すだけでビンビンなんだよ」

綾香は夫の性癖が分かってきたし、自分も段々興奮してきて、本当にしたいことを全部言ってしまおうと思った。

綾香は夫の敏感な乳首を舐め始め、手コキをし始めた。

綾香は目を細めて夫を見つめながら言った。その妻の目は妖艶で淫乱で夫を挑発するような目であった。

綾香:「本当はね・・私・・あなたのおちんちんも大好きだけど、信也さんともいっぱいしたいの・・私がSになってみたりMになってみたり色んなプレ イを信也さんとしてみたい・・信也さんをもっと気持ち良くさせたいの・・あなた・・またおちんちんがヌルヌルしてきているわよ・・ほらすごい・・あなた気 持ちいいの?もっと私の姿を想像して・・あぁ・・あなたのおちんちんすごい固くなってる・・」
夫:「あぁ・・綾香・・気持ちいい・・」

綾香は体勢を69に変え、フェラをしながらおまんこを夫が良く見えるように向け、腰を動かし始めた。

綾香は夫には全てをさらけ出そうと思った。

夫:「すごいよ・・綾香のおまんこすごい濡れてる・・」
綾香:「あなた・・ここに今まで色々な人のおちんちんが入っていたのよ・・固くて大きいおちんちんがたくさん・・信也さんのなんて、はち切れちゃうくらいなの・・私のここはいっぱい精子を受け止めてきたのよ・・色々な精子でぐちょぐちょなの・・」

夫は綾香のおまんこに色々なペニスが挿入され、中出しもたくさんされてきたことを想像し嫉妬と興奮で堪らなくなってきた。

夫は綾香に「綾香の顔とおっぱいも見たいからこっち来て・・」と言い、69から顔騎へと体勢を変えてもらった。

夫は綾香のおまんこを舌で舐め回している。

綾香は自分で乳首を舐め、自分でクリをいじりながら、そのいやらしい姿を夫に見せ付けている。

綾香:「あなた・・気持ちいい・・私のこの乳首もおまんこもあなた以外の人達にいっぱい吸われて来たの・・ほら舌でこうやって・・みんな私のおっぱ い好きって言ってくれたの・・すごい大きくてピンク色の乳輪も乳首もかわいいって・・それにおまんこはいつもヌルヌルなの・・」
夫:「あぁ・・綾香・・すごい興奮するよ・・」
綾香:「おまんこはね・・私のエッチなお汁と精子でいつもヌルヌルなの・・あなた、こんな私のおまんこ舐めたい?」
夫:「舐めたいよ綾香の淫乱なおまんこ舐め回したい・・」
綾香:「じゃぁ・・信也さんとエッチした後シャワー浴びずに帰って来て欲しい?信也さんと愛し合った匂いのままで帰って来て欲しい?信也さんの精子の残り液が付いたおまんこ舐めてみたい?」
夫:「舐めてみたいよ・・綾香が信也さんに抱かれた後の綾香の体、舐め回したい」
綾香:「あぁ・・あなた・・好き・・愛してるわ・・」

その後、夫と綾香は激しくキスをして混じり合った。

夫は妻が他の男に抱かれる嫉妬と興奮で堪らなくなり、妻はそれをする背徳感とそれを見せ付ける興奮で堪らなくなった。

夫と妻は信也さんとの情事を想像して激しく興奮していた。

妻はまるで信也さんと交わっているかのように、「信也さん・・あぁ・すごい気持ちいい・・あなた見て私を感じて・・あぁ・・信也さん・・愛しているわ・・」と言うようになった。

夫は妻のその言葉に更に興奮して「綾香、愛してるよ、もっと言って欲しい・・」と綾香の耳筋を舐め回しながら激しく呼吸しながら言った。

綾香:「あぁ・・気持ちいい・・おちんちんすごい・・あぁ・・信也さん大好き・・もう離れられない・・信也さん愛しているわ・・もっと突いていっぱい突いて・・あなたを感じさせて・・」
夫:「綾香、信也さんが好きなのか?愛してるのか?」
綾香:「愛してるわ・・信也さんのことを愛してるの・・あぁ・・あなたすごい・・おちんちん大好き・・いぃ・・いっちゃう・・あぁ・・いく・・いく・・いっちゃう・・・」

綾香は今交わっている相手が夫なのか信也さんなのか段々分からなくなってくるほどの興奮状態にあった。

妻は突かれながら自分でクリをいじったり、夫の乳首を触ったり舐め回したりしている。

夫:「綾香、気持ちいいよ・・おまんこすごい締め付けてるよ・・信也さんのだったら大きいから、こんなに締め付けられたら信也さんもすごい気持ちいいんじゃない・・・」
綾香:「あぁ・・信也さんに気持ち良くなってもらいたい・・いっぱい感じさせてあげたいの・・あぁ・・信也さん大好き・・愛しているわ・・」

綾香は正常位をしながら夫を抱き締めている。

爪を背中に立て、夫を信也さんに見立てて、その体を激しく感じている。

綾香:「もっと、おっぱい揉んで・・もっと強く揉んで・・もっと激しく・・」

夫は腰を動かしながら、綾香の巨乳を激しく鷲掴みし、乳首を舌で激しく絡め回した。

綾香:「あぁ・・すごい・・おっぱいも気持ちいい・・」

夫は綾香の腰に手をかけ激しく腰を動かし始めた。
綾香は片方の手で夫の乳首を触りながらもう片方の手で自分のクリをいじっている。

夫:「あぁ・・綾香・・もういっちゃうよ・・うぅ・・」
綾香:「来て・・信也さん・・いっぱい来て・・あぁ・・いぃ・・いく・・私もいっちゃう・・あぁ・・すごい・・あぁ・いっちゃう・・あぁ・・」
夫:「いく・・うぅ・・・」
綾香:「いっぱい出して・・信也さん欲しいの・・中にいっぱい出して・・あなたの精子でぐちょぐちょにして・・あぁ・・中に出して・・信也さん愛してる・・あぁ」


この後、しばらくしてから妻は信也さんにメールを打った。

「今度、二人で食事でも行きませんか?」

夫は仕事のため出かけたが、しばらくすると妻からメールがあった。

「信也さんからメールがあって、明日の夜会うことになったわ」という内容だった。

夫は、愛する妻が信也さんと激しく交り合う姿を想像し、凄まじいほど勃起していることに気付いた。

その晩、夫が仕事を終えて帰宅すると、妻は少し火照った顔で出迎えてくれた。着衣が乱れていたので、オナニーをしていたようだ。

夫:「綾香、明日の夜、信也さんと会うことになったんだよね?」
綾香:「そうよ・・信也さんとお酒も飲んで、それからいっぱい愛し合うの・・いっぱいキスして感じ合うの・・あなたの見てないところで二人っきりで・・」
夫:「もう興奮してるの?」
綾香:「えぇ?じゃぁ触ってみる?」

夫は妻のおまんこを触ってみた。

妻は下着を履いておらず、おまんこは愛液で溢れ返っていて、太ももにまで愛液が滴り落ちていた。

綾香は妖艶な目つきで夫を見つめ、夫のスーツを脱がし始めた。

シャツも脱がし、夫の乳首をいやらしく舐め始めながら股間に手を動かし始めた。

綾香:「あなた気持ちいい?こうやって乳首吸って舌で舐められるの気持ちいい?」
夫:「あぁ・・綾香気持ちいいよ・・」
綾香:「明日はこうやって信也さんの乳首舐めてあげるの・・ほらこうやって・・ねぇ気持ちいい?信也さん、すごい乳首感じるみたいだから、こう やっていっぱい舐めてあげるの・・あなたも乳首好きでしょ?ねぇ気持ちいい?あなたの乳首かわいい・・あぁん・・おちんちん固くなってるわ・・」
夫:「あぁ・・気持ちいい・・」

綾香は上目遣いで夫を見つめながら乳首を舐め回している。

いやらしく唾液を垂らしながら舌で乳首を絡め回している。

そして股間に手をあて、夫のズボンを脱がし下着を脱がした。

固くなったペニスが見えたところで、妻は「ベッドに行きましょ・・」と言い、夫と妻はベッドに向かった。

ベッドには今まで妻がオナニーをしていたであろう温もりがあった。

シーツは乱れ、愛液で濡れているようであった。

そしてシーツの上には妻が使っていたバイブが置いてあった。
そのバイブはカリが大きく、太さもあり、夫にとっては羨ましく思えるほどの立派なペニスの形をしていた。

妻はベッドに横たわると、足を開きM字開脚をしながら、そのバイブでクリをいじり始めた。

豊満な乳房を持ち上げ淫らな舌を出して乳首を自分で舐めていた。

その姿を夫に見せ付けながら、夫に淫らな目線を送っていた。
その視線は挑発的で妖艶な色気を醸し出していた。

妻のおまんこは愛液で溢れ返っていて、妻はバイブでクリをいじりながらいやらしく腰を動かしていた。

妻は「ねぇ・・あなた・・私の体もっと見て・・私の体好きでしょ?あなたどう?ねぇあなた・・私の体は色々な人に舐められて来たのよ・・そういう私 の体あなた好きでしょ?それに私は明日信也さんと愛し合うのよ・・私の唇もおっぱいもあそこも全部信也さんのものになるの・・あなた私のおっぱい好きで しょ?ほらこのおっぱいも乳首も・・いっぱい信也さんに舐め回されるの・・ねぇあなた・・私の体を信也さんにいっぱい舐め回されるのよ・・明日私は信也さ んだけの女になるの・・ほらあなた・・私の体舐めたいんでしょ・・ほら・・来てもいいわよ・・」

信也は綾香のおまんこの奥に精子を放出した。

綾香:「信也さん・・嬉しい・・いっぱい出てるわ・・」
信也:「奥さん・・気持ち良かったよ・・」
綾香:「私もすごい気持ち良かった・・信也さん大好き・・」

信也は綾香のおまんこからペニスを抜き、シャワーを浴びに行った。

綾香は興奮して勃起している夫に卑猥なおまんこを両手で開き見せ付けた。

綾香:「あなた・・興奮してるのね・・嬉しい・・信也さんのおちんちんすごい気持ち良かった・・ほら見て・・信也さんの精子いっぱい受け止めちゃった・・」

夫は嫉妬と興奮で堪らなくなり綾香を抱きしめ、むさぼるように乳房を揉み回し信也の唾液だらけになった綾香の乳首を舐め回した。

綾香:「あぁん・・また気持ち良くなってきちゃった・・私のおっぱいは信也さんがいっぱい舐めてくれたのよ・・そう・・そうやって激しく・・」
夫:「綾香・・興奮するよ・・もっと言って欲しい・・」
綾香:「もうほんとに変態なんだから・・あなた私のおっぱい好きなんでしょ?この大きいおっぱい好きなんでしょ?」
夫:「綾香・・好きだよ・・綾香のおっぱい大好きだよ・・」
綾香:「信也さんだけじゃないのよ・・たくさんの男の人達にいっぱい舐められてきたの・・そうやって舌で舐め回されたり、おちんちんの先っちょを乳首で擦ってあげたり・・」
夫:「綾香・・すごい興奮するよ・・」
綾香:「男の人達みんな私のおっぱい好きみたいなの・・だからいっぱい舐められて来たのよ・・私の乳首は色んな男の人達の唾でいっぱいなの・・あなた興奮してるの?もうほんとに変態ね・・」

夫は豊満な乳房をより強く鷲掴みにし、乳首を唾液だらけにして舐め回した。
夫は異常なまでに興奮していた。

綾香:「もうあなた・・おちんちんこんなに大きくさせちゃって・・いやらしい汁でヌルヌルしてるわよ・・舐めてあげるわね・・あぁ・・あなたのおちんちんかわいい・・気持ちいい?」
夫:「あぁ・・綾香気持ちいいよ・・綾香のおまんこも見せて欲しい・・」

綾香は69の体勢になり、腰を動かしながらおまんこを夫に見せ付けた。
信也の精液が少しずつ滴り落ちている。

綾香:ねぇあなた・・私のあそこ舐めたい?ねぇ・・舐めたいの?信也さんの精子でいっぱいの私のあそこ舐めたい?」
夫:「綾香・・舐めたいよ・・精子も飲みたい・・」
綾香:「もうほんとに変態なんだから・・」

夫は極度の興奮状態で、綾香のおまんこにむしゃぶりつき、舌を出して舐め回した。

信也の精子がおまんこから滴り落ち、夫はそれを嬉しそうに舐め回し、口中精子だらけとなっていた。

夫:「綾香のおまんこおいしいよ・・」
綾香:「あぁん・・気持ちいい・・精子が出ちゃってる・・あぁあなた・・口が精子だらけになってるわよ・・もう・・あなたったら・・」
夫:「綾香・・好きだよ・・大好きだよ・・もっと言って欲しい・・」
綾香:「私のおまんこもたくさんの男の人達の精子でいっぱいなのよ・・あなたが知らないところでたくさんのおちんちん入れてもらってきたの・・ねぇ・・こんなこと言って私のこと嫌いにならない?」
夫:「興奮するよ・・もっと言って欲しい・・」
綾香:「私・・ほんとにおちんちんが好きなの・・色んな人のおちんちん舐めてあげて私のあそこにいっぱい入れて欲しい・・私もうダメなの・・私も変態なのかもしれないわ・・だって・・」
夫:「だって・・何?」
綾香:「犯して欲しいの・・色んな男の人達に犯してもらいたいの・・もうおちんちんなしじゃ生きていけないの・・」

シャワー室の扉が開き、信也が戻ってきた。

綾香:「ねぇ信也さんお願い・・おちんちん欲しいの・・」
信也:「奥さんもほんとにエロいなぁ・・」

綾香は69の体勢で夫のペニスをしゃぶりながら、信也の大きなペニスを手コキし始めた。


綾香は信也と夫のペニスを両手で握り、手コキしながら鬼頭を舌で舐め回した。

綾香:「信也さんのおちんちんまた大きくなってる・・うれしい・・」
綾香は腰を動かしてクンニしている夫の顔におまんこを摺りつけ回した。

夫は信也の精子と綾香の愛液で顔中をいっぱいにしていた。

綾香:「あなた・・私のあそこ指を入れて開いてみて・・ほら広がってるでしょ・・あぁん・・」

夫は舌で舐め回していたおまんこに指を入れた。

中指がスルリと入り、薬指も入れ、続いて人差し指も入った。

夫は興奮し3本の指でおまんこをかき回した。

中から信也の精液が出てきて、夫はその精液を口の中で味わっていた。

綾香:「あぁいぃ・・そういぃ・・もっと私のあそこかき回して・・」
夫:「綾香・・おまんこすごい広がってるよ・・」
綾香:「あぁおちんちん欲しい・・また欲しくなってきちゃった・・」
信也:「奥さんも変態だねぇ・・旦那さんの入れてあげたら?」
綾香:「あなた入れたい?でも私のあそこ広がっちゃってるわよ・・」

夫は綾香を正常位の体勢にしペニスを差し込んだ。

綾香:「あぁん・・あなたのおちんちんも気持ちいい・・でももっと大きいのじゃないとダメ・・大きいのが欲しいの・・」

綾香は豊満な乳房を手で揉みながら、自分で乳首を舌で舐め回していた。
また夫のペニスで突かれながら信也の大きなペニスを手コキしている。

夫はいつもより綾香のおまんこが広がっていてあまり入れている感触がなかった。

そのため夫は腰を回し綾香の秘部にペニスが擦れるようにした。

綾香:「あぁん・・それ気持ちいい・・あなたのおちんちんも気持ちいいわ・・あぁそう・・それ気持ちいい・・」

夫は腰を回しながら綾香にディープキスをした。

綾香:「信也さんの精子の味がするわ・・あなたもっと舌出して・・信也さんの精子私も欲しい・・あぁ・・」

綾香と夫をディープキスをしながら信也の精子を舌で一緒に味わっていた。

夫:「綾香のおまんこに擦れてすごい気持ちいいよ・・もうイキそう・・」
綾香:「もうイキそうなの?私もあなたのおちんちん気持ちいい・・いいわよ・・いっぱい出して・・」
夫:「あぁいく・・出すよ・・綾香の中に出すよ・・」
綾香:「出して・・いっぱい出して・・」
夫:「あぁいく・・いく・・」
綾香:「あぁん・・・いっぱい出てる・・うれしい・・」

夫がペニスを抜くと、今度は信也が大きなペニスをおまんこに差し込んだ。
綾香のおまんこは夫に入れられている間に少し小さくなったようで、信也は少しずつペニスを入れた。

綾香:「あぁすごい・・すごい気持ちいい・・主人のとは全然違う・・あぁすごい気持ちいい・・」
信也:「旦那さんのと比べてどう?」
綾香:「すごいいい・・大きい・・あぁそう・・そこ気持ちいい・・あぁんそこ・・奥まで当たってる・・いぃ・・またいっちゃう・・あぁそこ・・そこ気持ちいい・・」
信也:「もういっちゃうの?さっき旦那さんのじゃイケなかったでしょ?」
綾香:「もう意地悪言わないで・・あぁん・・いぃ・・いく・・あぁそこ気持ちいい・・またいっちゃう・・いく・・いぃ・・いく・・いっちゃう・・いっちゃう・・」

信也はまんぐり返しのような体勢でペニスを奥深くまで突き刺した。

綾香:「あぁ・・すごい・・もうダメぇ・・おかしくなっちゃう・・そこ・・奥まで当たってるの・・すごい気持ちいい・・またいっちゃう・・いく・・いっちゃう・・あぁぁ・・」
信也:「奥さんほんとにエロいなぁ・・また今度複数でしてみる?また旦那さんの見てる前で・・」
綾香:「したい・・おちんちんいっぱい欲しい・・」
信也:「奥さん今も欲しいんでしょ?」
綾香:「おちんちんが欲しい・・大きいおちんちんいっぱい・・あぁんそこ気持ちいい・・」

綾香は舌を出して自分で乳首を舐めながら、もう片方の手でクリをいじっている。

妻 彩子と部下の城島

「一人で寝ちゃいましたねえ」
31歳の城島という名の夫の後輩がビールを飲みながらいった。
5歳上の妻である彩子は45歳になるが、スレンダーで10歳以上若く見られるせいか、
街中でも若い男からナンパされることが多い美女である。熟した大人の色気が漂いながらも、
スポーツジムで鍛えていることもあって、モデル体型だ。
しかしどんなに口説かれても、夫ひとすじの堅い妻であった。
「この人、あまり強くないものですから・・・。どれほど飲んだのかしら?」
リビングのソファで眠り込んだ夫に毛布を掛け、彩子はその足元に尻を降ろした。
夜も更けてから、夫がその同僚を連れて帰ってきたのだ。
二人とも相当に酔っている様子だった。
帰りを待ちながらうとうとしていた彩子は、
すぐにでも寝室へ戻りたかったのだが、夫をこのままにしておく訳にはいかない。
パジャマにガウンを羽織ったままの格好で、初めて会う男の前で居心地悪い思いをしていた。
城島の方は若いのに、自信たっぷりで彩子と対等な口のききかたをしている。
イケメンのスポーツマンタイプ 社内でもオンナ癖が悪いという評判の男だ。
「奥さんもどうです?飲めるんでしょう?」
ビール瓶の口を彩子に向ける。
「いいえ、私は・・・」
そう言って何気なくガウンの襟元を正した。早く寝てくれればいいのに・・・。
城島のために客間に布団を敷いているのだ。
「いやあ、しかしこんなこんな綺麗な奥さんだったとはなあ。うらやましい」
城島はそう言いながらビールをあおる。
「そんな・・お上手ですわね。城島さんは・・・」
夫が眠り込む前に、城島、城島と呼んでいた。ちゃんと紹介されたわけではない。
「上手だなんて。あはははは、セックスは上手ですけどね、ひゃひゃひゃひゃ」
下品な冗談に、彩子は顔をしかめた。
「先輩がこんな奥さんを毎晩抱いていると思うと、興奮しちゃうね」
「もう、城島さん、変なこといわないでくださいよ」
これだから酔っぱらいは嫌い、とそれは声に出さずに一人ごちた。
そんな彩子の耳に信じられない言葉が飛び込んだ。
「ねえ、奥さん。一度させてもらえませんかね?」
「えっ?」
彩子は耳を疑った。その彩子の手を城島はぎゅっと握って引き寄せようとする。
「いいじゃない。先輩とは親友なんだ。きっと快く貸してくれますよ。ね?」
驚いてその手を振りほどこうとする彩子。
「じょ、冗談はやめてください」
「いいからいいから。俺が先輩なら、きっとそうするよ。さあ、奥さん」
そう言って力任せに彩子を抱き寄せる。
「きゃっ」
バランスを失って城島の腕の中に倒れ込んでしまう。
そのむっちりと熟れた肉体を抱き留め、しっかりと腕の中に囲い込んでしまう。
「ほらほら、奥さん。大きな声を出すと、旦那さんが起きちゃうよ」
そう言って、彩子の白い首筋に、ナメクジのような濡れた舌を這わせ始めた。
[あっ、やぁ~ん・・」
弱い耳を舐められて思わず声が出た。夫が目を覚ますかもしれない。
こんなところを見られたら、誤解されてしまう。
しかし夫は大きな鼾をかいたまま、目を覚ます気配もない。
「色っぽい声だねえ、奥さん。ますますしたくなっちゃうねぇ」
城島の手がナイトガウンの上から彩子の肉感的な躰をまさぐる。
「ふふふ、プリプリしている。おいしそうだ」
耳元で息を吹きかけられながら囁かれるたびに、彩子は身をすくめた。
ぞくぞくっと、電気が背筋を走るのだ。
「ねえ、奥さん、どう?ご主人ならきっと、させてやれよ、っていうと思うよ?」
「そ、そんなはずあるわけないでしょう。さ、城島さん、もう悪ふざけはおよしになってください」
そう言って体を起こそうとする彩子を背後からしっかりと抱き寄せる。
城島の下半身の硬く猛ったものが彩子の尻の割れ目のあたりにぐりぐり押しつけられた。
「あっ」
思わず声が漏れる。
「ふふふ、わかるだろう、奥さん?もうビンビンなんだよ」
わざと耳に囁きかける。「俺のちんぽが」
「やぁん・・・」
城島の腕の中で、彩子は身をくねらせた。
その仕草が男の加虐性に火をつけるとも気づかずに。
「気持ちよくならない?ねえ、奥さん?」
耳元で息を吹きかけながら囁く。
ゾクゾクと悪寒のようなものを感じながら、彩子は抗った。
「そんな、お、夫をうらぎることはできませんわ、城島さん。もう、放して」
「そうかぁ、残念だなぁ・・・」
自分を抱きかかえる城島の力が緩んだ。
ほっとしながらも、何か物足りなさを感じた。そんな彩子に城島は言った。
「じゃあ、俺が自分でするから、奥さん、裸見せてよ」
「えっ?」
「このままじゃ、俺眠れないよ。奥さんを襲っちゃうかもしれない。
そうなると奥さんも困るだろう?だから、自分で出してすっきりしておかないと。
ね、奥さん、協力してよ」
「そ、そんなぁ・・・困ります・・・」
オナニーのために裸を見せるだなんて、そんな恥ずかしいこと、できるわけない。
「いいじゃない。裸になるだけなら、あいつを裏切ることにもならないだろう?」
城島はそう言いながら、ズボンのジッパーを下ろし始めた。
「あ、あ、じ、城島さん?だ、だめです・・・」
後ろから彩子の躰を片手で抱えたまま、城島はズボンを緩め、自分の分身を引っ張り出した。
それはすっかり亀頭を露出し、反り返るように勃起した肉の杭だった。
「きゃあっ、し、しまってください」
彩子は思わず両手で顔を覆い、城島の性器から目を逸らせた。
しかし湯気を立てているかのように赤黒く起立したそれは彩子の脳裏に熱く刻みつけられた。
夫以外の男のもの。
「さあ、奥さん、俺は我慢するからさあ。奥さんもちゃんと協力してくれなきゃ」
妙な理屈で彩子に迫る。裸を見せるだけなら、夫を裏切ることにはならないと、。
この場を何とか乗り切ろうと思う彩子は、そうするしかないのかな、と思い始めた。
「ほ、本当に、見せるだけでいいんですね?」
城島はそれを聞いてにっこりと笑った。
「もちろんだよ。親友の奥さんに嘘はつかない」
「そ、それじゃあ・・・・」
彩子は後ろから抱っこされたような状態のまま、ガウンの紐を解いた。
羞恥で体が熱くなる。見せるだけだから・・・・。この人が寝ないと私も安心して眠れないし・・・。
彩子は震える指でガウンの前を広げ、パジャマのボタンを外し始めた。
白い胸元の肌が見え、豊満な乳房がつくる深い胸の谷間が城島の眼を射た。
「ほぅ・・・奥さん、綺麗な胸元だねえ・・・」
城島が背後からのぞき込む。
「いやぁ、城島さん・・・そんなに見ないで・・・」
首筋に城島の荒い鼻息を感じた。肩越しに彩子の胸元をのぞき込んでいるのだ。
「さあ、もっとボタンを外して」
きつい口調で言われて、彩子はパジャマのボタンをさらに外した。
襟元が大きく開いて、ノーブラの乳房が姿を現す。
大きく色づいた乳輪、そして木の実のように大きく実った乳首。
「いいねえ、奥さん。柔らかそうなおっぱいだ。揉みてぇ・・・」
城島はパジャマの襟を掴んでガウンと一緒にくるりと脱がせてしまう。
「やぁあんっ・・・」
彩子は両腕で胸をかばうように覆い、城島に白い背中を向ける。
「奥さん、だめだよ、見えないじゃないか。さあ、手をどけて」
城島に言われ、彩子は渋々手を戻し、上半身裸のまま。男の腕の中に戻る。
「ぷるぷる揺れてるねえ。乳首も吸い心地の良さそうな大きさだ」
酒臭い息がかかる。穴が空くほどのぞき込む城島は、右手をせわしなく動かしていた。
彩子の乳房を眺めながら、勃起した自らの陰茎をしごいているのだった。
「だめぇ・・・」
胸を隠すことを許されない彩子は、両手で顔を覆った。
それをいいことに、城島は顔をさらに顔を近づける。荒い息が愛撫するように、
白い肌を這い回るのだ。
乳首がドクンドクンと痛いほどに脈打っている。乳輪が細かく粟立ち、乳首も堅く尖り始めた。
きっと城島もその変化に気づいているだろう。そう思うと、躰の芯がじいんと疼くのだ。
くちゅくちゅくちゅくちゅ・・・濡れた音がする。
それは城島が自分の分身をしごいている音だった。
破裂しそうなほどに肥大した赤黒い亀頭の先から、透明なカウパー腺液が溢れ出し、
しごくたびに音を立てているのだった。
ああ、だめ・・・こんな事・・・・。犯されるより恥ずかしいかも・・・。
「いいねえ、奥さんの躰。最高のおかずになるよ」
男はそう言うとさらに激しく手を動かすのだった。
「さあ、奥さん。今度は下を脱いでもらおうかな」
城島の言葉に綾子は躰をびくっとさせた。下も脱げという。
このままですむはずがないと思ってはいたが。
「さあ、どうしたんだ?脱がせてほしいのかな?」
城島はそういうと、彩子のパジャマのズボンに手をかけた。
「い、いや・・・さわらないで。じ、自分で、します・・・」
彩子は決心すると、緩やかなパジャマのボトムに手をかけ、ゆっくりと脱いでいった。
むっちりとした尻が男の目の前に晒される。
食い入るような城島の目は、尻の割れ目に注がれていた。
「へえ、エッチなパンティ穿いてるんだ。あいつのお好みかい?」
ニヤニヤしながら覗き込む。彩子は黒いTバックを愛用しているのだ。
「食い込んでるねえ。ほらほら・・」
城島がふざけてパンティを後ろから引っ張り上げようとする。
「い、いやぁ、やめてください」
思わず大きな声が出て、口を手で押さえる。夫がわずかに寝返りを打った。
「ほらあ、奥さん。静かにしないとあいつが起きちゃうよ。こんなところ見られたら、
困るんじゃないの?」
困らせているのは誰なのよ、と思いつつも、早く済ませてしまいたいと願う彩子だった。
「さあさあ、今度はこのエッチなパンティを脱ぎましょうねえ」
さっき会ったばかりの男の前で、パンティ1枚の姿でいる自分が不思議だった。
そしてその男は、自分の躰を眺めながら、せわしなく右手を動かしている。
早く出してくれればいいのに・・・。恨めしげに思いながら、彩子はパンティを脱ぎ始めた。
濡れてるかもしれない・・・・・。この奇妙な状況の中で、
彩子の躰はなぜかじんじんと疼いていたのだ。
パンティを足首から抜くと、そのまま手の中に隠した。
濡れたパンティを見られるのはいやだった。その水源を見られてしまうというのに・・・。
城島は荒い息をつきながら、彩子の躰を舐めるように眺めている。
その視線に晒されて、乳首はもう、痛いぐらいに勃起していた。
人妻らしく適度に脂ののった下腹が、別の生き物のようにうねってしまう。
こんもりと盛り上がった肉付きの良い女の丘の上で、少し濃いめの恥毛が上下している。
「奥さん、脚を開こうか・・・」
さっきまでのふざけた声とは違った、怖いぐらいに真剣な声で城島が言った。
彩子はその気迫に押されてしまい、抗えない。
「は、はい・・・・・」
そう従順に答えると、ゆっくりと膝の力を緩めていった。
むっちりとした白い内股の奥、黒い翳りに縁取られた赤い隠花が、ぱっくりと口を開いていった。
「いいねえ。俺、先輩の奥さんのおまんこ、見てるんだねえ」
城島はギラギラと輝くまなざしで彩子の股間を凝視した。
脚を大きく開かせたその間に膝で立ち、屈んだ姿勢で覗き込むのだ。
ああ、いやぁ・・・そんな近くで・・・。
男の荒い息がかかる距離で夫にしか見せたことのない部分を知らない男、
しかも夫の同僚だという男に見られているのだ。
ドックドックと血液が沸き立ち、下腹部が大きく波打つ。
「じ、城島さん、もう見ないで・・恥ずかしい・・・」
白い肉づきのいい内腿がふるふると震えてしまう。
しかし城島は食い入るように視線を注ぎながら、激しくおのれの猛りをしごいていた。
くちゅくちゅくちゅくちゅ。透明なカウパー腺液が亀頭から滴り、彩子の腿に垂れる。
彩子は男の興奮したそのものから目を離すことができなかった。
「奥さんのおまんこ、ひくひくと蠢いているね。俺のちんぽが欲しいんだろう?」
城島は反り返った肉の杭を大きく上下させる。
「こいつをあんたの奥までぶっすりと突き刺して欲しいんじゃないのかい?」
「いやぁ・・いわないで・・・」
そう言って思わず目をつぶった。その瞬間、開ききった人妻の肉襞からとろりと一滴、
女の欲望が糸を引いて滴り落ちた。
ああ・・・だめ・・・あなた、私おかしくなっちゃう・・・。
そう心に祈る彩子の手を城島は掴み、自分の股間に引き寄せた。
熱い!・・・・手のひらに燃えるような男の炎を感じ、どくどくと脈打つ命を感じた。
ああ・・・・・・・・あなた・・・。
思わずそうつぶやいた彩子は、城島のものに細い指を絡ませ、そして握った。
「どう?硬いだろう?奥さんのせいなんだよ。そんな躰しているから」
城島がゆっくりと腰を動かす。彩子はその高まりに指を沿わせたまま、
手の中の動きを感じている。
ぬるっとした滑りが手のひらを濡らしても、もう嫌悪感はなかった。
むしろ、もっと汚して欲しいと思った。こんな淫らな彩子の女の部分を、
もっとめちゃめちゃにして欲しいと。
「奥さん、俺のちんぽ握って、おまんこがすごく濡れてきているよ。正直なおまんこだねぇ」
恥ずかしかった。言葉で嬲られて、すでに全裸なのに、もっと裸にされていくような気がした。
この人に、私はもっと生まれたままの姿にされる。
私さえ気づいていなかった、本当の裸の私に。
そう思うと、彩子は指を愛おしげに男の杭に絡ませ、撫で始めた。
男の動きに合わせて、亀頭のまわりをさすり、竿の裏を撫で下ろし、陰嚢まで優しく揉む。
「奥さん、上手だねえ。金玉まで気持ちいいよ」
城島はそう言うと、手を使わずにわざとペニスを上下させた。
「やぁあん・・・・」
手の中で跳ねる男の肉を彩子は濡れた瞳で見つめた。
先端の小さな口から透明の滴が湧き出て、彩子の指を濡らす。
朦朧とした視界の中で突然そのものが大きくなった。
「あっ」思わず彩子が声を上げた瞬間、城島の亀頭が彩子の唇に押しつけられた。
反射的に口を強く閉じた彩子だったが、
柔らかな唇にその巨大なものがぐりぐりと押しつけられる。
「さあ、奥さん、いい子だからあーんしてごらん、ね?」
城島は彩子の髪を撫でるようにしながら後頭部を押さえ、
引き寄せながらおもしろがっているように言う。
彩子の鼻孔に、男のむっとした匂いが押し寄せ、
胸の奥がきゅっとなってむせ還りそうになる。
その瞬間を狙って、男の凶器を口の中にねじ込まれてしまった。
「うぐぐぐっ」
夫のものとは違う形と苦みが口いっぱいに広がった。
「どうだい、俺のちんぽの味は?」
下品な言葉が彩子の頭の中でこだまする。
私は夫の同僚に裸にされ、おまんこを見られ、その人のおちんぽをしゃぶらされているの。
そう大声で叫びたい衝動に駆られ、躰の芯が震え、思わず強く吸ってしまうのだった。
「ああ、いいよ、奥さん。もっと強く吸ってくれ」
彩子の口の中で男の象徴がさらに硬くなる。
彩子はその根元に手を添え、唇を逞しい強ばりに這わせた。
喉の奥まで達するそれは彩子の中へ強引に押し入り、
凶暴なほどに大きく貼ったエラで擦り上げていく。
彩子は唇を窄めてそれを締めつけ、頭を前後させて口撫を施した。
夫が目を覚ます前に、早くいかせなくては。それを口実に、
彩子は夫ではない男の性器を強く吸った。
「ううむぅ・・・・」
城島は低くうなるとソファに体を横たえながら頭を彩子の股間へと移動させた。
それにつられて、彩子も体を横たえる。口の中で男のものがぐるりと180度回転する。
内腿を開かれた。彩子はそこに男の視線を感じた。
すっかり開ききった花弁を、城島は指でさらに押し開く。
桜色をした彩子の粘膜が迫り上がり、ぴくぴくと痙攣した。つつつ、と腿を熱い滴が流れ、
また自分が溢れさせていることを知り、羞恥に芯が疼いた。
「ふふふ、大きなおさねが顔を見せてるねえ」
城島の息が濡れた粘膜にあたる。括約筋がきゅっと締まった。
うう・・と喉を塞がれている彩子は呻いた。
「右のラビアの方が大きいな。奥さん、一人でオナニーとか、してるんじゃないのかい?」
体が熱くなった。独身の頃からの癖で、生理前にはつい一人で慰めることがある。
そこまで観察されている。羞恥に身が焦がれる思いがした。
「俺だけ気持ちよくなったんじゃ、申し訳ないな}
城島はそう言うと、顔を覗かせている彩子の陰核の包皮を剥いてしまった。
淡い色をした少し大きめの突起が剥き出しにされる。
彩子が身を起こそうとする間もなく、城島はその肉芽に吸い付き、強く啜った。
ああ、だめっ・・・。ズキンッと鋭い角度を持った快感の波が、人妻の子宮を直撃した。
城島は彩子の尻に両腕をまわし、しっかりと抱え込む形で顔を恥丘に押しつけている。
彩子が激しく腰を振っても、城島の口は敏感な部分を捉えて外さない。
さらに指先がゆっくりと亀裂を辿りながら、壷口へ這い寄っていく。
「うぐぐぐっ」
彩子は声にならない声を上げた。もし男のものが喉の奥深くに挿入されていなかったら、
夫が目を覚ますような大きな嬌声を上げていたかもしれない。
ついに城島の指が濡れた秘裂にゆっくりと沈んでいった。
それは濡れた膣孔を易々と侵入してしまう。
夫しか触れることを許されない部分だった。そこを男の指は傍若無人に犯すのだった。
「ひぃぃっ」
空気が漏れるような声を上げて、彩子は躰を弓ぞりに弾ませた。
「よく締まるねぇ、奥さん。巾着だな。名器だよ。ほら・・」
城島ははやし立てるような声をあげ、指で大きくえぐるように円を描いた。
くぽっ・・・・・。蜜で濡れそぼった人妻の肉壷が大きな音を立てる。
「ほら、ほら」濡れた粘膜の音が彩子の耳にまで届く。それほどまでに、濡れてしまっているのだ。
くぽっくぽっくぽっ・・・。
陰核は血を吹き出しそうなほど充血し、城島の口撫の嵐に晒されていた。
「おさねもびんびんだねえ・・・針で突いたら弾け飛びそうだ」
舌を押しつけ左右に捏ねる。腰が勝手に跳ね上がってしまう。
しかし男は尻肉に指を立て、しっかり鷲づかみにして放さない。
「うぐううぐううぐっ」
声にならない声を上げ、彩子は身をよじった。豊満な下半身が跳ね、下腹が妖しく波を打つ。
城島の指先は締めつける媚肉を嬲りながらも、そのもっとも禁断の部分を探っているのだった。
どんなに貞淑な人妻でも、抗うこともかなわずに快楽の奈落へと身を投げる、禁断のスポットを。
朦朧とした意識の中で、それでも彩子は城島のそのものに歯を立てることはしなかった。
強く吸い、舌を絡め、上顎で亀頭を締めつける。
それは睦み合う夫婦の行為と変わらなかった。快楽を貪り会う男と女の姿だった。
やがて男の指はその部分を突いた。
中で曲げられた指先が人妻の知られてはならない秘孔を探り当ててしまったのだ。
「っっっあああああああ!」
彩子は全身を海老のように跳ね上げた。
城島の陰茎は口から外れ、絶叫のような嬌声が部屋に響いた。
「おいおい、奥さん。だめだよ。声、大きすぎ」
城島はおもしろがるような様子で、脱がせたパンティを彩子の口に押し込んだ。
その上から口を押さえる。しかし指は、探り当てた部分を外しはしない。
正確にそのポイントを執拗に責めるのだった。
「ううっうぅうううっ!!!」
大きな手で塞がれた喉の奥から獣のような唸り声が漏れた。
のたうつ人妻の躰を男の体が覆い被さって押さえ込む。
薄れる意識の端で、強引に脚を押し開かれる感覚があった。
いやっだめっ!・・・それが彩子の最後の意識だった。
頭の中をストロボのような閃光が被い、彩子は真っ白な奈落に真っ逆様に落ちていった。
誰かが彩子の躰を揺さぶっていた。
きっと夫だろう。まだ眠っていたいのに。
だって・・・・・、うふふ。エッチな夢を見ていたのよ。
すごくエッチな夢・・・・・・。きっと、あなたがかまってくれないから・・・。
まどろんだ意識の中で心地よく揺さぶられながら、彩子は幸福感を感じていた。
それはやがて、夫婦の睦みごとを思わせる動きとなっていった。
だめよ、あなた、城島さんが起きちゃうじゃない。
城島さん?・・・・誰だったかしら?・・・そう、確かあなたの同僚の。
はっと意識が戻った。
目の前に、荒い息を吐きながら見下ろす城島の顔があった。
彩子は全裸で組み敷かれ、城島に貫かれている自分を知ったのだった。
「やあ、奥さん、失礼して、いただいてるよ、思った通りいい具合だ。ふふっ・・・」
城島が荒い呼吸の間にそう言った。
卑劣にも彩子が失神している間にその肉体を押し開き、
人妻の操を犯してしまったのだった。
「うぐぐぐぐぐっ!」
声にならなかった。まだ下着で口を塞がれているのだ。
彩子は必死になって両手を突っ張り、男の躰を押しのけようとした。
しかし城島は反対に腕を彩子の背中に回し、しっかりと抱き寄せる。
城島のものは彩子の中に根元までしっかりと挿入されていた。
「わかるだろう、奥さんのおまんこが俺のちんぽをぱっくりとくわえているのが」
いやぁっ!!!彩子は両手の指を男の肩に食い込ませ、懸命に体を引き剥がそうとした。
しかし城島はものともせず、抱き寄せた彩子の首筋に顔を埋めながら
ゆっくりと腰を回し、恥骨を擦りつけた。
彩子が失神しているどれくらいの間、男はこうしていたのだろうか。
人妻のその部分はすっかり潤い、城島のものを受け入れてしまっているのだ。
夫が眠るそのすぐそばで。
「さあ奥さん、もう一回いかせてあげるよ。ほら・・・」
城島は大きなストロークで腰を動かしはじめた。
内臓をえぐられるような激しい動き。
しかも知られたばかりの彩子の弱点を、大きな亀頭が正確に突き上げるのだ。
ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん!
二つの躰がぶつかり合う肉の音が、大きくリビングに響く。
一突きごとに彩子の背骨を悪寒のような震えが駆け上がった。
「うっうっうっうっうっ」
パンティで塞がれた喉の奥から嗚咽のような声が漏れはじめる。
だめっ、だめっ、そんなに動かないで!
彩子は、口を男の厚い胸に押しつけ、声を押し殺すのだった。
硬く熱い肉の杭が、人妻の柔らかな蜜壺に突き立てられる。
そこは濡れた音を立て、男の侵入を易々と許していた。
「聞こえるだろう、奥さんのおまんこの音」
城島が耳元で言った。聞こえている。低く、濡れた音。
それは人妻が夫以外の男のものを受け入れている音だった。
彩子は激しく首を横に振った。音を振り払うように。
「奥さんのが、俺のちんぽに絡みついているよ。いい具合だ」
城島がなおも卑猥な言葉を囁き続ける。
「奥さんとなら何度でもやれそうだ。先輩の留守中にちょくちょく来るからな」
人妻を支配した自信を見せるように、一際力強い腰使いになる。
突かれるたびに、彩子の豊かな乳房がたぷんたぷんと揺れた。
肉付きのいい下腹が痙攣するように波打つ。そして声を上げそうになる。
涙が流れた。あなた、私、もうだめ、ごめんなさい・・・・。
剛直を叩き込まれるたびに、夫が遠ざかり、彩子の女が目覚めていくのだ。
「うーっ、うーっ、うーっ」
城島の胸に顔を押しつけ、声を殺して呻き続ける。自然に腰が動いてしまう。
城島はそんな彩子の身体の変化を読みとり、にやりと笑みを浮かべた。
彩子の口からパンティを引っ張り出し、その唇を吸う。
「うぐぐぅっ」煙草臭い舌が侵入してくる。
声が漏れそうになり、彩子は思わずその舌を吸い、自分から絡めていった。
大きく開かされた脚の間で、黒い男の尻が激しく上下する。
その動きに合わせて、まるでコートにたたきつけられるテニスボールのように、
彩子の白い尻がソファの上で弾んだ。
ああっ、いいっ、いっちゃう、いっちゃうっ!
彩子は両手を城島の首に回し、脚をしっかりと男の腰に巻き付けた。
ぱんっぱんっぱんっ、と小気味いい音を立てて、
牡の剛直が大きく広げた人妻の熟れた股間に突き下ろされる。
「やぁぁんっ、だめっ、城島さん、動かないでっ、いっちゃうっぅぅ!!」
しかし男は捕食獣が獲物を貪るようにさらに激しく彩子の肉体を貫いた。
彩子の躰が城島の躰の下で跳ね、その手が男の大きな背中に爪を立てた。
彩子が二度目の絶頂へとのぼりつめたのだった。
「さあ、奥さん、手伝ってくれよ」
城島に揺り起こされる。躰がぐったりと重い。
目を開けると、全裸の城島が夫の躰を抱き起こそうとしていた。
「まったくだらしない奴だな。こんなに酔いつぶれて」
何ごともなかったように夫を介抱する城島。男の人ってみんなこうなのかしら。
彩子は不思議な思いを抱きながら、自分も全裸のままで夫の体を支えた。
夫は酒臭い息を吐きながら、正体なくつぶれたままだった。
あなた・・私、城島さんに抱かれちゃったのよ。あなたが酔いつぶれているそばで・・・。
平和そうな寝顔を見ていると、そう叫びたい衝動に駆られた。
しかし実際にはそうはせず、城島と二人で夫の躰を引きずるようにして寝室へ運び、
服を着たまま寝かせた。
「あ・・」
夫の躰に布団を掛けた時、彩子が小さな声を出して、身をすくめた。
城島の放ったものが彩子の内から流れ落ちてきたのだった。
彩子はベッドサイドのティッシュを数枚抜き取ると、手早くふき取り、トイレに飛び込んだ。
流れる水の音を聞きながら、流されないものが自分の躰に残されてしまったことを、
彩子は十分承知していた。
トイレを出ると、思った通り城島が待っていた。彩子の手を取り、客間へと引っ張っていく。
そこには同僚を連れて帰るという夫からの電話で、彩子自身が敷いた寝具が用意されていた。
「城島さん、お願いもうやめて・・・」
城島は弱々しく拒む彩子の躰を抱きしめた。
「それは本心じゃないでしょう」
そう言うと覆い被さるようにして彩子の唇を吸った。その躰から力が抜けていく。
布団の上に寝かされる。城島の指が茂みを掻き分けると、自ら脚を開いた。
手を男の股間に導かれると、すでに固く勃起した陰茎を愛おしげに握りしめた。
言われるままの体位をとり、求められるものは何でもする彩子だった。
それから朝にかけて、城島は人妻の肉体を2度抱いた。
彩子は城島が、夫の留守に来るという言葉を思い出していた。
これから先もずっと抱かれ続けるのだろう と思うと
となりで寝ている城島のカラダをまた欲してまさぐってしまうのだった。
彩子の中でオンナが目覚めた夜だった。

愛妻

私45歳、妻(麻希)44歳。結婚生活21年目です。
麻希は私の自慢の妻です。可愛い顔立ちで体も細身で背は153cmですがオッパイはEカップ。
現在はパートしていますが、いつも30代だと間違われるくらい若く見られます。

今回は妻の麻希と知り合った頃の話をします。
麻希とは大学時代に知り合い、付き合い始めました。

私はそれまでに数人の女性と付き合ってエッチなこともしてきましたが、お互いに根性がなかったのかフェラやクンニするまでで
セックスまでは至らなく未経験でした。
私はこの頃までエッチな事には興味はありましたがセックスをしたいという気持ちはあまりなかったです。

麻希も私の前に付き合っていた男性が居ましたが、堅く厳しい家柄で育ったのもあり麻希自身も堅い真面目な女性で
経験などありませんでした。

大学で私と知り合った頃に付き合っていた男性とドライブ中にキスをされて服の上からですがオッパイを揉まれたそうで、
堅かった彼女はそれがとても嫌だったらしく、それが原因で別れたそうです。

その半年後に私と付き合い始めました。
前彼の話を聞いていた私は,なかなか麻希には手を出せず付き合い始めて半年後くらいにキス、1年後にようやく
セックスすることができました。

お互いにその日に始めて相手に性器を見せました。
それまでは衣服の上から触る程度でした。

その時の麻希の陰毛はとても薄く足を広げると、誰にも弄られていないオマンコは薄いピンク色でヒダも小さくとても綺麗。
オマンコの周りにもまったく毛がなく丸見えでした。

私の勃起したチンポを始めて見た麻希は少し驚いていました。
最初に口に出した言葉は「血管すごいね・・・痛くないの?」でしたw

私は始めて見る麻希の裸体に興奮し、体中を触り舐めまくりました。
オマンコを舐めながら感じて声が出そうになるのを堪える麻希の手を私のチンポに導き握らせました。

麻希は最初は握っているだけでしたが徐々に扱いてくれました。
「何が出てる?」そう麻希に言われて見てみると、自分でも驚く程に我慢汁が大量に出ていてチンポと麻希の手を
濡らしていました。

麻希のマンコを舐めながら、体勢をずらし麻希の顔の近くにチンポを持っていきましたが,麻希は当然舐めてはくれなかったので、
「麻希も口でして」とお願いしてみました。

麻希は恐る恐る我慢汁でヌルヌルになった私のチンポの先をペロっと舐めてくれました。

「嫌な味?」と聞くと
「ううん、あまり味しない」と言って今度はペロペロと舐めてくれて、ついにはパクッと亀頭を咥えてくれました。
慣れていないぎこちないフェラに私は逆に興奮したのを覚えています。

麻希のオマンコに指を入れてみました。
かなり濡れていましたがきつくてなかなか入っていかず、やっと1本入りゆっくりと静かに指を中で動かすと
「あん!」と声を上げてギュンと指を締め付けます。
たった1本の指を力強く締めつけるのです。

さらにゆっくりと2本目を挿入しました。
中に入った2本の指を麻希のオマンコはギュ!っと締めつけ何か中でウネウネと動くようでした。
「オチンチン入れてみる?」そう聞くと真希は無言で頷いたのでセックスに挑戦しました。

いつセックスをしてもいいように以前から用意していたコンドームを出して来てチンポに付けようとしましたが、
麻希はそれを止めました。

「初めての時はそのままいれて欲しい・・・」そう言ったので生で麻希の濡れ濡れのオマンコに押し付けました。
なかなか入ってはくれず、亀頭の半分位が入ったあたりで麻希が
「痛い・・・」というので止めました。

少ししてからさらに挿入します。
麻希は少し苦痛な顔をしましたが何も言わないのでそのまま続けると亀頭まで挿入できました。

ゆっくりゆっくりと挿入を続けてチンポの半分くらいまで入った時に
「痛い!辛いかも・・・」と麻希が言うのでその状態で止めて動かず麻希のオマンコの中を感じていました。
その日は麻希が辛そうだったのでそのまま抜いて終わりにしました。

麻希は気にしていましたが
「焦らないでゆっくりしていこう」と言いました。
「男の人は我慢できないんじゃないの?どうしらいいの?」と麻希がいうのでお言葉に甘えて
「手で扱いて欲しい」と言いました。

麻希と69の体制で俺は麻希のオマンコやクリトリスを舐めたり触ったりしながら麻希にチンポを扱いてもらいました。
そして麻希の手で射精しました。

「きゃ!」と麻希が言いながら射精するところをマジマジと見て
「すごい!いっぱい出てきたよ」と言いながら扱き続けます。

私はイった後で敏感になりすぎていたので、麻希の手を押さえて強制的にやめさせました。
イクと敏感になり辛いことを教えました。

チンポと麻希の手は私の精液で汚れていましたが麻希は嫌がる感じはありませんでした。
その後は優しくティッシュで綺麗にしてくれました。

それから毎日、セックスに挑戦して3日目くらいに奥まで挿入できました。
動かすとまだ痛がるので動かさずに挿入したままでしたが、オマンコの中に入っているチンポを麻希はギュンギュンと
締めつけウネウネと何か動かしているようでした。
動かさなくても気持ちが良かったです。

その後はお約束通り、麻希の手で射精させてもらいました。
少し違ったのは2回目からは何も言わないのに麻希自ら手で扱きながら亀頭を咥えて舌で先っぽを刺激してくれました。
そして
「イキそう!出ちゃうよ!」と言うと麻希は口を離さず口の中で射精させてくれました。
そして私の精液をゴクンと飲み込んでくれました。

「美味しくないでしょ?」と言うと
「よくわかんない・・・でも喉がイガイがする」と笑って言いました。

後から聞いた話ですが、麻希は大学の仲の良い友達とエッチの話をしていてその友達が彼氏の精液を飲んであげると喜ぶという
話をしていたので俺にしてあげようと思ったらしいです。

それから数日間は入れるだけのセックスから少しピストンさせて麻希が痛がるとやめて、麻希の手と口で射精させて
もらうのが続きました。
1ヶ月後くらいには普通にセックスできるようになりましたが麻希はまだセックスでイクことを知りませんでした。
なんと言っても麻希のオマンコの中は気持ちよすぎて2分くらいで射精してしまうのです。

私はコンドームをしてセックスで射精。
麻希は口でされると感じるというのでセックスの後は69でマキをクンニでイカせてました。
その後は麻希の口の中に二回目の射精をしていました。

騎乗位やバックを試したりもしましたが、麻希は正常位がいいというのでほぼ正常位でセックスしていました。

それまで25歳で結婚するまでに麻希がセックスでいける事は数回あった程度でした。
完全にクリ派でいつも指と口でイカせていた感じです。
セックスも挿入ピストンだけでは時間がかかると痛がって苦しがるのでよほどじゃないといけず、ピストンしながら
クリを指で刺激していかせる感じでした。

結婚前までは会うたびにセックスしていたと思います。
そして必ず私はセックスで1回、麻希の口の中に1回と最低でも2回は射精していました。

あんなに硬くて真面目だった麻希も私とのセックスは嫌がらず、毎回精液を飲むのが習慣になっていました。
ただ、麻希から身体を求めてくることはありませんでした。
私が求めると受け入れるという感じでした。

麻希の謎の行為は安全日には中出しするのですが、オマンコの中に私の精液を入れたまま下着を履いて家に帰ることでした。
「下着が汚れるぞ」と言うのですが
「良いの!」と言って中出しした日は必ずと言ってそうしてました。

結婚した頃に色々と聞いてみました。

私のことが好きで好きでたまらなく、私が身体を求めるなら捧げようと思っていてくれたこと。
前彼にキスとかされた時は嫌で仕方なかったのに、私とそうなった時はうっとりして嬉しかったこと。

私の精液を飲むのは、私が自分のものだという気持ちになること。
精液は美味しくないけど、私のだと思うと飲みたいし幸せだと思ってしまうこと。

中出しした時に精液を入れたままにするのは、オマンコを締め付けて流れ出さないようにすることで何故か興奮
してしまうというのと、厳しい親にいかにバレないように
「彼の精液が中に入ってるのよ」とスリリングな気持ちを味わうのが好きなこと。

家に帰ってから気を抜くと中から精液が流れ出してオマンコが私の精液でグチョグチョになり、その下着を脱いで精液の
匂いを嗅ぐと私を感じられて興奮し、そのまま私を思いながらオナニーをしてしまうこと。

ちなみに私と性行為するようになってからオナニーを覚えたらしいです。
オナニーは挿入なしでクリだけで1分くらいですぐにイってしまうらしいです。

硬くて真面目だった麻希が結婚する頃にはこんなに変わってしまうとは私も驚きでした。
それでも私以外には堅く真面目な麻希で私にとっては自慢の妻です。

また結婚後の話をしたいと思います。


ミニスカで図書館に通う妻

アラフォーで女盛り、背も高くスレンダーだった妻も肉付きもふっくらとしてきました。子供を産んだせいか巨乳になり、乳も柔らかくて、触り心地は最高です。
ブラをつけると、胸の谷間がすごいのが自慢で、ユサユサとゆれるおっぱいとくびれたウエストからみる丸々とした巨尻は、街中を歩いても、かなり男の目を惹くことがあります。
ただ、ひとつ難があるとすれば、色気はあるのに、いつもジーンズでいることでしょうか。
そんな妻の突然の変貌・・・最近、結構短めでタイトなスカートをはくことが増え、体のラインが強調される服装に変化しているのです。
妻の行動に不安はありましたが、まさか浮気はないだろうと思っていた矢先に、妻の驚くべき正体を知ってしまいました。
ある日、妻は10時に車で少し離れた図書館に向かいました。私は、たまたま忘れ物をして自宅へ寄ったのですが、綺麗に化粧をして、やけに短いスカートで車に乗り込む妻を見て、思わず会社の車であとをつけて行ったのです。
どうということはない、さびれた地方の図書館、人数はまばらで大きさだけは立派な3階建ての建物です。
妻が中に入ると、少し違和感を感じるような顔で数人のお年寄りの方々が、妻を見ています。
そして受験生と思われる高校生や浪人生が、自習室の机にちらほら見えました。
ある子が妻を見たとたん、うれしそうな顔でもうひとりの子と、ひそひそ話をし始めました。
妻は、雑誌などを置いている1階の談話コーナーには目もくれず、2階の人がほとんどいない地学や政治などの膨大な書物を陳列する棚があるコーナーへ、歩を進めています。
私は気付かれぬよう適度に離れて、妻に近づきました。
妻は何列も書棚が並ぶ所で、じっと本を見つめながら、しばらく回りの様子を見渡し、しゃがみこみました。
すると、さっきの受験生のような子が2人であとををつけてきて、書棚越しに妻の前に立ちました。
そして2人は、
「あのおばさん、今日も見せてくれるかも」 
「いやらしいよなぁ あの体、外人みたいじゃん、まさかこの前、あんなでかいおっぱいや陰毛まる見えのパンティ見せてくれるとは思わなかったよ」と言っているのが聞こえたのです。
私は当初、妻が何をしているのか検討もつきませんでしたが、はっきりここに来た理由が分かったのです。
妻はここで何かいやらしいことをしている。
そして、しゃがみこんでた妻の足が徐々に拡がり始めました。
履いていた黒い薄手のストッキングは太ももまでで、その奥には真っ白なボリュームのある内ももと下半身、陰毛がはみでるくらいの小さなハイレグ・Tバックショーツが眼前にありました。
しかもショーツは、あわいブルーのスケスケで、オマ○コの形がわかってしまうようないやらしいものでした。
こんなもの、あいつはなんで持ってるんだ?と、私は突然の行為に狼狽しながら成り行きを見守ってしまいました。
妻の下半身は、オマ○コを中心に太ももとお尻がむっちりとしていて、まさに熟女のいかがわしい肉体と呼ぶにふさわしい体です。
妻はすでに興奮していたのか、ショーツの真ん中がヌラヌラしています。2人の子がいるのを確認し、好奇の目で見ているのを知って、後ろに手をつき、足をこれ以上できないくらい拡げると、とうとうショーツを横にずらしてしまいました。
2人「うわ、生のオマ○コだ、前はパンティだけだったのに・・・」
妻「あぁ~ とうとう見せちゃった・・・ どう? 女の体っていやらしい?」
2人「すげぇ~ おばさん こんなに近くで見るの 初めてだよ~  うわ、グチャグチャして何か動いてるし・・・穴からいっぱい液が出てきてる あれがたぶんマン汁だぜ  あそこにチンコ入れるんだよな?」
(妻はこの2人に以前も露出していたようで、ずっと妻が来てくれることを期待し、2人は待っていたのでしょう。
しかし、こんなことって・・・)
妻「マン汁なんて・・・いやらしい  そうよ、ここに入れるとみんな気持ち良くなっちゃって、白いもの いっぱい出しちゃうの・・・ ほら、開いてあげるぅ ここが一番見たいんでしょ? 」
まだ童貞であろう男の子にとって、突然の生身の女体・・・ 妻も興奮していて、近くに私が隠れていることも気付かないようです。
妻はオマ○コを、クパァッと開きながら クリを弄ったり、穴まわりを弄くりまわし、夢中になって見せています。
男の子は前にある本を横にずらし、すべてを見逃すまいと必死に見つめています。
妻「あぁ~  もうダメになりそう  大人の人が逝く姿・・・・   見たい?」
2人「うん、見たい 見たい  俺たち、本物のオマ○コ見るの初めてなんだ・・・ こんな綺麗なおばさんがオナニーしてんの見れるなんて、すげぇよ~」
それを聞くと、尻まで垂れていたオマ○コ汁を手でクリトリスになすりつけながら指でオマ○コを圧迫し、おっぱいをブラウス越しになぶりながら足をぎゅうっと閉じ、ビクビクと体を痙攣させながら妻はすぐに逝ってしまったのです。
その後、乱れた姿を整え、その男の子たちに言いました。
「ちゃんと勉強してるの?こんなことしてると 集中できないでしょ? いやらしい子ねぇ」
2人「俺たち もう苦しくて・・・チンコが痛い・・・」
妻「私のことを思ってオナニーするんでしょう・・・ やらしぃ~ えっち・・」
1人「もうだめだ・・・ 俺、トイレ行ってくる」
妻「私も見てみたいなぁ  シコシコするところ・・・・ もっと やらしいこと してあげるかも・・・・・・・」
2人「えっ??」
妻は情感たっぷりに2人の受験生の男の子を誘います。目の前でスカートの前をたくし上げてショーツを脱ぎ、ブラジャーも取ってしまいました。フロントホックをはずしたとき、おっぱいが重力に負けてぶるんと揺れ、ぴんぴんに張った乳首がブラウス越しに透けて見えました。
18才そこそこと思われる2人にとって、色気たっぷりの人妻熟女にそのようなことを言われたら、期待しないほうが無理です。
妻「この前見せたおっぱいも たっぷり見せてあげるわ・・・ もっと素敵なこともあるかも・・・・」
2人を誘うように妻はトイレに向かいました。1階と違って2階・3階のトイレは、ほとんど使っている形跡はありません。電気も省エネのためかスイッチが切られていて、誰も入ってこないのです。
その並んでいるトイレの中で身障者用の一室に妻が入って行きました。
2人は好奇心に負けて、あとを追うように入って行きました。
私も隣にこっそりと入り、横の様子を聞いています。
妻「やだっ!  いっぱいヌルヌルしてるのがでてきてるじゃない。 2人ともカチカチになっちゃって・・・ 何を期待してるの?  こんなこと?」
妻がちんぽを弄っているようです。
2人「ああぁ  気持ちいい  おばさん・・・・ 俺の臭くない?」
妻「ちゃんと剥いてきれいにしなくちゃ・・・ あぁ  硬い  たまらないわこの感触、なんてグロテスクでいやらしい形してるのかしら  もぉ~ ムキムキしちゃお  こっちは舐めてきれいにするわ  」
包茎ちんぽを見て、妻の興奮は最高潮に達しているようでした。ぴちゃぴちゃとちんぽを舐めたり、すするような音がします。
しきりに2人があえいでいます。すると、
「あぁ  もうだめだ」と一言、1人が逝ってしまったようです。
そして続けざまにもう一度フェラの音がして、すぐに逝ってしまった声が聞こえてきました。
妻「すごい量・・・  もう満足した? 私の体は興味なくなった? ほらぁ  」
2人の前で妻はオマ○コとおっぱいを見せつけているようです。
そして妻は禁断の一言を発しました。
「先に おちんちん大きくなったほうに、ごほうびとしてオマ○コに入れさせてあげる・・・・」
2人はこの熟女の虜になったようです。
熟れた体を目の前に、大股開きをさせたり、おっぱいを顔に乗せたり、お尻を突き出させてオマ○コとア○ルをじっくり見たり、はりあうようにして妻を取り合っています。
妻はうれしそうに「あん! もぅ・・・  もっとやさしく・・・ 」などと言って、それを楽しみながら 1人の子に決めました。
便座に座っている様子の妻は、一言 「さあ、入ってきて」
少しして「はいった! はいったぞ!」と、そして妻が
「見える?根元まで挿れてもいいよ?おちんちんがどうなってる?ヌルヌルしてるでしょう?」と興奮しながら声を震わせているのです。
もう1人の子がしきりに、次は俺もやりたいとお願いしています。
妻はガンガン突かれながら 「うん、うん」 と言い、今のこの行為に高まってきたのか息も絶え絶えになっています。
そして男の子が「出る!!」と言った後、隣は静かになりました。
しかしその直後、またあえぎ声が・・・・
おそらくもう1人の子が、すぐ妻の秘穴に挿入したのでしょう。
妻が「待って  待って   もっとゆっくり・・・・・  あん  ダメん・・・  うぅ~  すごい硬いぃ~」
男の子たちは「すげぇ~  オマ○コってこんな感じなのか~  中が熱っつくて、ネチョネチョしてんのなぁ~!」
などと、知ったような大人びた口調で吹聴しています。
妻「そうよ、こんな気持ちのいいこと大人はいっぱいしてるんだからぁ~  夫婦になるといつでもどこでも好きなときにしちゃえるし でもうちの旦 那は全然してくれないの  どう? 私の体・・・ いやらしい? もっと私の体を知りたい? セックスってもっといろんなことができるのよぉ~  」
2人「うん、 すごいエロい、エロ本なんか見るのより何十倍もおばさんのほうがいやらしくて気持ちいい・・・  俺たちもっとオマ○コにいれたい、 いろんな格好でしたい、 旦那さんよりいっぱいできるよ? だからまたやらせて・・・」
妻は「ふふっ」と笑い、オマ○コを突かれながら、もう1人の子も逝かせてしまったのでした。
たてつづけに妻の体を堪能し、2人は少し落ち着いてきたようです。
2人「またここで待ってる。 いつ会える? バックでもしたいし騎乗位もしたい、フェラチオも・・・大人のキスもしたい、舌を絡めるんでしょ?」
妻「さぁ、気が向いたときかな? その時はノーパン・ノーブラで来てあげる。 スカートをめくったらすぐ入れちゃおうかな・・・」
そして、「ディープキスを経験させてあげようか?」といい、長い間 音をたてながら2人にキスをしていたのでした。
3人がトイレを出て行ったあと、私はその行為が行われた現場に移動しました。
何もなかったかのように便座がポツリと・・・ ただひとつだけ便器のふちにベトベトの精子が垂れていたのです。
まさか、妻は生で挿入を許していたのか?ゴムの用意をしていたようには見えない・・・・
長い1日 仕事が終わり夜帰宅すると、妻が子供とくったくのない笑顔で出迎えてくれました。
朝10時は、ばっくりと割れたウネウネと蠢くオマ○コを露出し、熟れた淫乱な肉体で男たちを欲望のあらん限り受け止めた妻、そして今、夜8時の貞淑な妻の顔、私の心は完全に壊れてしまいそうです。

他人彼女を寝取って淫乱に調教

音大を出てその道では生活できない事を痛感し、今では普通のサラリーマンをやってる32歳の独身です。
職種を変えてからは音楽を趣味にし、同じような仲間が集まるサークルのような物に週末参加してる。
そこに去年の夏、音大を卒業したての京子が入ってきた。
同じ大学の先輩からの誘いで、京子も音楽以外の仕事をしているという。

ひとめ見た瞬間「うはぁーっ」と心の中で溜息が出た。
ザ・お嬢様っていう上品なオーラ出まくり。
お淑やかで口調も優しく、笑顔がまた可愛過ぎる。
ブリブリした可愛さではなく、正統派ッて感じの可愛さだった。
人生で初めて一目惚れした瞬間だった。

運良く俺が仲良くしてたグループの女の子が京子の先輩と仲良しだった。
なので終わった後に食事&飲みに同席できるようになった。
男は俺以外にも数人いるので、当然の流れで皆さん京子を狙うわけ。
男の俺が見ててもちょっとヒクぐらい男達は京子に群がってた。
当たり前のように女子メンバー達は完璧に見下すような顔をしてた。

独身者が多いので、男達は夢を抱いちゃうのも仕方がない。
だけどそんな夢は初回の食事で速攻砕け散ってた。
京子には大学1年からずっと付き合ってる彼氏がいるという。
しかもその彼氏は現役のプロで、才能がない俺達とは雲泥の差。
京子も彼氏を尊敬していてゾッコン。
彼氏の話をするとキラキラ周りが光り出しちゃったような雰囲気になるほど。
どうせ相手にされないと俺は諦めてたので、京子と少しでも喋れれば幸せだった。

9月の終り頃の食事中、京子から初めて彼氏の愚痴を聞いた。
京子の先輩が言うには、彼氏は自信家でちょっとオラオラ系。
ぶっちゃけ何でそこまで京子が惚れてるか不思議だとか言い出すレベル。
そんな話を聞いちゃったら、才能がなくてしがないサラリーマンをやってるメンバー達はこぞって話に乗ってくるわけ。
酒も入ってたからだと思うが、会った事もないのにボロクソ言い出す奴もいるしで、ちょっと京子が可哀想に思えてきた。

この時ふと思ったんです。
こいつらと同調しない方が絶対京子にはウケが良い筈って。
だから彼氏へのフォローを入れたりしながらちょいちょいカバってみた。
そんな俺に今度はヒガミたっぷりの皮肉が連発。
さすがにムカついた俺は金を置いて先に帰る事にした。
まぁ翌日にはほとんどの男メンバーから謝りのメールがきてたんだけど。
みんな酒と妬みでついついって感じなのは俺も分かってたが。

楽器持ちながら駅へと歩いていると、信号待ちしてる時に京子が追い掛けてきた。
「アタシのせいでごめんなさい」
はぁはぁ言いながら謝られた。
「アイツ等が悪いんだから謝る事ないよ」
「でも・・・」
「気にしないで良いよ、俺怒ってないから。だってアイツ等の気持ちも分かるし」
「ありがとう」

京子も一緒に帰るというので駅まで並んで歩いた。
そこで彼氏の気持ちをフォローしつつ、京子へのフォローもしておいた。
「男ってそういうもんだから」みたいなね。
10分ほどで駅に到着した頃には、京子は俺にやたら感謝してきてた。
「こういう話って誰も聞いてくれないから」
そういう京子に「だったらいつでも相談してきなよ」と笑顔でカッコつけておいた。

その一件が効いたのか、その後も飲んでると京子は俺に愚痴を零すようになった。
連絡用に皆でLINEやってたので、京子とは個別トークする仲に発展。
ここで京子の恋愛を詳しく知る事が出来た。

まず今の彼氏は二人目の彼氏。
高3の時に既に大学生となってた年上の彼氏が初めての男。
初めての男で受験勉強もオザナリとなり、付き合って3ヶ月で破局を迎える。
「受験が終わるまで待ってて」
そう約束したのに、当然彼氏は待てるわけもない。
合格して連絡してみると既に彼女がいると知る。
失恋で落ち込んだまま入学した時、今の彼氏と出会い恋に落ちたという。

一目惚れした女の子とLINEでこっそり個別トークしてるのは楽しかった。
その頃はホントそれだけで幸せって思ってた。
だけど次第に心の奥から燃え上がる何かを感じるようになっていった。
それは俺とは雲泥の差で羨まし過ぎる彼氏への嫉妬かも。

「まだ若いんだからそれは当たり前だよ」
京子が彼氏への不満で「体だけが目当てかもって思う時が時々ある」なんて言い出したから、仕方ないよって答えた。
「それぐらい京子ちゃんの事が好きって証拠でしょ」
「う~ん・・・そっかなぁ~」
「もしくは京子ちゃんが魅力的過ぎなのかもよ」
「それはないですよ~w」

毎週土日のどちらかに会ってはヤリまくる彼氏への嫉妬。
隙さえあれば俺も・・・なんて思うようになり始めてた。
そんな隙が思ってた以上に早く生まれるとはその頃は想像してなかった。

ある日の金曜日、23時ぐらいに京子からLINEが来た。
明日の集まりの事かな~と思ったがそうじゃなかった。
彼氏と大喧嘩したという。
しかもまだ渋谷にいるとか。
これは最高のチャンス到来だ!と思った俺は、10分後には電車に乗ってた。

1時半過ぎまで京子の愚痴を聞きながら飲んだ。
いつもとは違って飲むペースが早過ぎる。
当然酔い始めてて呂律も怪しくなってた。
俺はずっとどうやって持ち帰るかばかり考えてた。

「そろそろ帰らないとヤバくない?」
「大丈夫。彼氏のとこに行くって言ってあるし」
「だったら、ウチで飲まない?」
「えぇ~・・・・」
「言ってなかったかもしれないけど、姉貴と二人暮らしなんだよね」
「そうなの?」
「うん、まぁ嫌じゃなければだけど」
「イイの?お姉さん」
「騒がなきゃ大丈夫だよ」

姉貴がいるから安心だよアピールが成功した。
でも実は姉貴は金曜から彼氏の家に常に行ってる。
だからその日も当然姉貴は帰ってこないし、帰りは日曜の昼過ぎと決まってる。

「あれぇ~まだ帰ってないみたいだな」
そう言いながらリビングへ京子を通した。
玄関の靴や洗濯物など部屋のあらゆる箇所に姉貴の存在を裏付ける物体がゴロゴロと散りばめられてる。
だから緊張はしてたけど警戒はされてなかったみたい。

1時間ほど飲み、京子の酔いも絶好調。
ワンピースのミニスカートから艶めかしい太ももが、いつもだったら絶対見せないのにその日はもうバッチリ拝めた。
足が無防備になるから、パンツまで見えそうになる事も。
そろそろかなと思い、彼氏と何があったのか聞いてみた。
するといつもだったら絶対言わない内容を語ってくれた。

待ち合わせ時間のちょっと前に彼氏から連絡があり、疲れてるから部屋でメシを作って食べようと提案された。
だから最寄り駅まで行くと、買い物して来てくれという。
仕方なく買い出しをして部屋に行くと、彼氏はなんとゲームの真っ最中。
イラっとしたが食事を作り彼氏と食べた。
でも彼氏は食べながらもゲームをしたりする。
食べ終わって片付けた後、今度はいきなりフェラチオの強要。
「疲れてるから」と言いながらフニャチンを出してきたんだとか。
怒りは最高潮に達しそうになっていたが、言われるがままフェラチオしてあげた。
口内射精の後、彼氏はまた疲れたと何度も言い出し、帰ってくれアピールをし出す。
さすがにここでブチ切れて、部屋を飛び出して俺にLINEを送ったってわけ。

いくらなんでも最悪な彼氏だなと俺も思った。
ついでだからどんなセックスをしてるのかも尋ねてみた。
そしたらまぁ~素晴らしい奉仕っぷり。
ここ2~3年、彼氏から前戯らしい前戯は受けてないみたい。
軽く手マンされるだけで、クンニなんて断言はしなかったけど皆無みたい。
そのくせフェラチオは長時間強いられる。
挿入後は5分ほどで彼氏がイク。
彼氏がイクとそれで終了となり、彼氏は爆睡するかゲームをする。

「それでも惚れてるんでしょ?」
そう尋ねる俺に涙を流しながら「うん」なんていう健気な子。
「そうかそうか、頑張ってるね」と隣に座って頭を撫でてやった。
そしたら俺に寄り掛かってきて、肩に頭を乗せそうな勢いだった。
そこからはもう京子を頭を優しく撫でながら褒めちぎった。

そして遂に期待していた瞬間がやってきた。
そっと顔を寄せてキスをすると、京子もアゴを少し上げて受け入れてくれた。
初めのうちはチュッチュッと何度も軽いキスをした。
でもそのうち舌を絡め始め、気が付けば激しいベロチューをしてた。
いつもの京子からは想像できないほど、卑猥で激しいベロチューだった。

酒の力なのか、それとも溜まってた鬱憤のせいなのか、京子は胸を揉まれても逆に激しく舌を求めてくるようなキスをしてくれた。
ももの上に座らせて胸を両手で揉みまくり、京子には好き勝手にキスをさせた。
今日この腰を引き寄せ、フル勃起したチンコをわざとアソコに密着。
すると驚いた事に、京子はアソコをグイグイ押し付けてくれた。
堪らんと俺の脳ミソはスパークしっぱなし。

京子をお姫様抱っこして部屋に連れ込み、ベッドに寝かせてまた怒涛のキス。
俺の体を弄りながら上になったり下になったり、想像を超えたエロっぷりだった。
そしてパンツの上からアソコを触ると、もう既にそこは大洪水でネチョネチョ。
軽くクリトリスを押し込むと、んむぅんっ!とイイ反応を見せてくれた。
でもそれは序章w
こんなにも反応が良い女っているのかと思うぐらい超敏感な女だった。

キスしながら指2本入れての手マン。
俺の首を抱き寄せて自らベロチューをしてくる京子は、ほんの数分で「んんんっっっ!!!」と呻きながら絶頂に達した。
抜いた指を見てみると、根本にネッチョリした白い液体がベットリ。
「汚ねぇ~ww」と内心思いつつも、またアソコを弄ると反応し始める京子。
2回目も数分後に達し、3回目の時には京子は汗だくになってた。

「イクの?」
「んっ」
「イクならイクって言わないと」
「いやぁん、言えない」
「言わないならイッちゃダメだぞw」
「そんなっ、なんでっ」

腕がそろそろ限界になってきてたので、少々休みたかったのも事実。
京子が渋ってくれると休憩になるから。
なのに何度かのやり取りで、「ちゃんと言うから」って言われちゃったw
だから歯を食いしばって激しい手マン。
「イッちゃぅっっ!!」と清楚な京子からは信じられない言葉を聞けた。

グッタリする京子は一気に酔いも回ったらしい。
一緒にシャワー浴びようかと立たせたが、足腰がグニャグニャで大変だった。
無抵抗だったので全裸にし、俺も全裸になってシャワーを浴びた。
念願の裸を見てそれだけでフル勃起。
均等の取れたスタイルで、Dカップぐらいでバランスの良い美乳。
触ってて薄々感じてたが、アソコはもう剛毛でモジャモジャだった。

風呂場で体を洗いながら、途中で感動するフェラチオもしてもらった。
いつも彼氏にしてるせいか舌の動きが超卑猥だった。
でも酔ってるから長続きしない。
なのでフェラは諦めて京子の体を愛撫する事に専念した。

ベッドに戻ってからは思いっ切りクンニもしてやった。
恥ずかしいからダメと言いながらも、途中からは自ら足を広げちゃってた。
左右にオマンコを開いてべろべろ舐めまくった。
顔に似合わず黒ずんだビラビラが卑猥なオマンコ。
止め処なく流れ出てくる汁は糸を引くほどの粘着力。
クリ舐めだけでも体をビクつかせるほどで、指を入れ始めると大変だった。

クンニだけで30分以上。
2回も絶頂に達してた京子に、ゴムを付けて挿入していった。
キツキツのオマンコは吸い付きも良く感動が込み上げてくる。
下から首に抱き付いてきてキスを求めてくる姿は最高だった。
正常位で腰を振っていると、京子の手が俺の腰を掴んでた。
もっと!もっと!と言わんばかりの仕草に俺も最高に興奮してた。

早々にイクのはもったいない。
この時間をたっぷり堪能したい。
そんな思いが込み上げていたので、強弱をつけながら腰を動かし続けた。
感動を超えた衝撃を受けたのは京子の騎乗位だった。
多分彼氏にもこうしていつも奉仕してたんだろうな。
上下にゆっくり腰を動かしながら、先端から根本までをオマンコでシゴく動き。
抜き差しをじっくりと味わうような動き。
驚くべきは抜き差し中の膣内のヒクつき。
うごめくというかウネるというか、何とも説明し難い動きだった。
これがまた気持ち良かった。

俺以上に京子の方が快楽に全神経が浸っちゃってたみたい。
目を閉じて何かに取り憑かれたみたいな感じだった。
前屈みになってたので柔らかいオッパイが目の前で揺れてる。
京子が腰を動かしてくれていたので、俺はその乳首を愛撫する事にした。
愛撫してて分かった事、それはち優しい愛撫より激しい強めがイイらしい事。
両乳首を摘んでクリクリしてやると、顔を歪ませてさらに快楽に浸っちゃってた。

「もうだめぇ」
突然バタッと倒れてきて抱き付かれた。
気持ち良すぎて動けないという。
だったらと俺がきつく抱き締めながら、下から突き上げてあげた。
ズンズンと子宮に亀頭がめり込む。
もうだめと言ってたくせに、京子はやっぱり快楽に勝てなかったみたい。

奥まで挿入して子宮に亀頭がめり込んだ時、京子は自ら腰をスライドさせてくる。
そうすると亀頭が子宮をグルンと弾くような動きになる。
これが最高に気持ち良いみたい。
確かに元カノもこの亀頭で子宮を弾くような動きが好きだった。
でも京子の場合は好きなんてもんじゃなかった。
子宮を弾くたびに、それはもう雄叫びみたいな声をあげる。
しかもそれが耳元だったからかなりうるさかったw

うるさかったが楽な体位だった。
だから「イキそう」と耳元で言われても、「まだダメだよ」と余裕をかませた。
ダメと言えば京子はイカないよう腰をスライドさせない。
何度目かに1回程度スライドさせるだけに抑えてるみたいだった。
でもしばらくすると「我慢できない」と言われた。
それでも「だめ」と拒否。

俺が楽だったから偶然やったこの焦らしが京子には最高のスパイスになったらしい。
「やだぁ」「もうむり」「おねがい」「イキたい」
信じられないオネダリを耳元で何度もされた。
それでもダメだと拒絶すると、急に俺の耳をベロベロ舐めてきた。
何でそんな事をしたのかよく分からない。
気を紛らわせるためにしたのか・・・ホント意味不明。

イカせる気は無かったが、京子が動かさないので俺が腰を掴んで強引に腰をスライドさせてやると、すぐに自らの意志でスライドさせ始める。
でもイカせないと拒絶するので途中で動きを止める。
だからそこでまた強引に動かすと、イッちゃうからだめ!と耳を噛まれたw

酷すぎる焦らしに京子はもうヘトヘトだった。
「イキたい?」尋ねると、俺を間近で見下ろしながら「うん」と素直に言われた。
「じゃキスしながらイクようにw」
そういうと返事する事もなく唇にむしゃぶりついてきた。
それと同時に腰をスライドさせ始めた。
もう秒殺とはまさにこの事。
1分もしないうちに京子が昇りつめ、このイキっぷりは凄まじい反応だった。

まず膣内の収縮。
ヒクつきウネリ吸引押出し…交互にそんな力がチンコに伝わってくる。
そして体の痙攣。
動かないように我慢してたみたいだけど、まるで抱いてるカツオみたいな痙攣w
そんな中しっかりと俺の舌はしゃぶったまま。

その後、俺がイク為に正常位で挿入した。
膝の裏から足を抱え、深々と挿入しながら腰を動かした。
この時も何度かに1回程度奥まで挿入した時に腰をスライドさせた。
子宮を弾くようなこの動きでまた京子は発狂。
「俺がイクまで我慢しろ」
そう何度も伝えたので、イクのを限界まで我慢してたみたい。
でも我慢できなくなって「ごめんなさい」と謝りながらの絶頂。

痙攣させてる中、俺は激しい出し入れをした。
そして遂に京子のオマンコで思いっ切り射精した。
ゴムはしてたけど気持ち良さがハンパじゃなかった。
俺がドクドクと放出してるのを京子も感じたらしい。
「凄い・・凄い脈打ってる」
そう言いながら抱き付かれた。
最高としか言い様がないセックスだった。

京子が風呂に浸かってる時、俺はベッドシーツの片付けに追われてた。
大量に潮を吹いたわけじゃないが、何ヶ所も大きなシミがあったので。
クタクタになって朦朧としてた京子は、そんなシミを作ってたのに気が付かなかった。
だから風呂あがりにそれを見せてやると、謝りつつ恥ずかしがってて可愛かった。

彼氏と別れる気がない事は薄々感じてた。
だから俺は「彼女になって欲しいとは言わない」と伝えておいた。
「俺を逃げ道にしてくれるだけで嬉しいよ」と。
も内心は、その代わり俺はその体を美味しく頂くけどね…ですw

もう朝の5時半だったので、仲良くベッドで寝る事にした。
俺も京子もセックスで疲労困憊だったので、それはもうスッキリと爆睡できた。
10時過ぎに目を覚ますと、もう京子はリビングにいた。
改めてスッピンを見たが、ちょっと幼くなるだけで可愛さは変わらず。
こんな子とあんなセックスしたんだよなぁ~って思うと、それだけで下半身が反応してくるぐらい俺には感動ものだった。

近所のマックを買ってきて、ダラダラと過ごして夕方京子は帰宅した。
驚いたのは泊まってた夜から夕方まで、彼氏からの連絡が無かった事。
ここまで放置してるから、俺みたいな男に寝取られるんだよね。
余裕かましてゲームしてる間に、彼女が他人棒でイキまくってるって最高ですw

思い出しながら調子に乗って書いちゃったので、思いのほか長くなっちゃいました。
ここからはちょっと端折りながら短めに書きます。

京子は初セックスから2週間後の金曜にまた泊まりに来た。
彼氏の家に行ったが、またゲームしてて喧嘩してきた。
そう言いながらウチにやって来た。
酒を飲みながら「しゃぶってあげたの?」と聞いたら「してない」という。
「じゃ~俺のしゃぶってみる?w」
「いやw」
「だったら俺が舐めようか?w」
「もうやめてよw」

そんな初々しい会話をしながら楽しく飲んだ後は、また思いっ切りセックスに励んだ。
今回も焦らしに焦らしまくったので、イク時は乱れ狂ってる京子を見る事ができた。
そしてこの日、2回目のセックスにして京子に卑猥なオネダリもさせる事に成功。
可愛過ぎる顔で「おまんこ、おちんぽ」という言葉を言わせた。
最後の俺がイク時も「あたしのオマンコでイッて」と言わせたw
思いのほか、京子もそんな卑猥な淫語に興奮してたのは良い発見だった。

3回目も4回目も、彼氏と喧嘩した、ムカついた、そんな理由をつけてはウチに来てくれて、お泊りして朝までセックスする仲に。
もう俺のチンコが大好きとまで言わせる事に成功してた。
だから確か4回目に初めて生チンコを入れた。
ナマの方が京子も気持ち良いらしく、亀頭を弾くと凄いイイ反応を見せてくれた。
そしてラストは初めての口内射精。
彼氏にしてて当たり前らしく、当然のように出された精子は飲んでくれた。

回数を重ねていくと京子の淫乱さもかなり成長していった。
俺とのセックスを割り切り始めてたので、快楽だけを貪ると決めたみたい。
可愛顔して実は超ドスケベな女でした。
コートの中は全裸という格好で助手席に座らせ、バイブでオナニーさせながらの深夜ドライブに俺も京子もはまったw
俺の京子を誰かに見られるかも!
そういう感情で俺は興奮しちゃってたし、京子は絶対に見られたくないはずが、もしこんな卑猥な姿を見られちゃったらと思うと興奮する。
大股を開かせてオマンコにバイブが突き刺さった姿を、何度覗かれた事かw
その都度、京子は慌てて隠してたが興奮しまくり。

そして遂に中出しもする仲になっていった。
初めてセックスをしてから2ヶ月ぐらいした頃、「今日明日で生理きちゃうかも」みたいな事を言われたんです。
いつも規則正しいから、ほぼ確実に生理が来ると。
だからヤッてる時は注意しましょうねって意味を込めて忠告された。

「だったら中出しも大丈夫じゃね?」
初めのうちは困惑してた京子も、本当は中出しを経験したい淫乱女。
今しかタイミング的には無いという事で、その日俺にとっても人生初の中出し。
最高でした。
京子なんて子宮に押し付けたまま射精してる瞬間、ドクドク脈打つ動きだけでまた昇天したぐらいなんです。
オマンコから流れ落ちる精液には、やっぱり血が混ざってた。
そしてそのまま朝には生理が始まってた。

この中出しをキッカケに、京子はピルを飲み始めた。
「子供ができちゃったら大変だもんね」
そんな言い訳を口にしてたが、確実に俺も京子も快楽のためです。

そんなわけで彼氏がいる女と中出しを堪能できる仲になっていった。
しかも出会った頃からは想像できないほどの淫乱に調教までしちゃって。
中出し懇願は勿論するし、プチ露出プレーも大好きなドスケベです。
1番ハマった遊びは、京子の卑猥な画像をサークルメンバーに見せる遊びです。

「最近遊んでるセフレなんだけど」
そう言いながらバイブでオナニーしてる画像やらを見せるんです。
しかも京子が近くにいる時に。
顔は隠してるんですが、それでも京子はヤバいほど興奮してた。
その場にいるだけでアソコは大洪水になってたみたい。
トイレに逃げた京子は、思わずそこで軽くオナるほど淫乱になってた。

「おまんこっ、おまんこ気持ち良いのっ」
そんな淫語を連発しながらオナってる動画を見せた時は、「この声京子ちゃんに似てない?」と不意に言われて超焦ってた。
「そういえばそうかもねぇ~w」と俺は余裕でしたが。

相変わらず今でも毎週のように京子はウチに通ってくる。
ここ3ヶ月ぐらい彼氏とはセックスしてないらしい。
いつも言われるがままフェラでヌイてあげてるとか。
その代わり俺と中出しセックスをして、欲求を満たしてる酷い女です。
いつまでこの関係が続くか分からないけど、1回1回幸せを噛みしめなきゃですよね。
もし会えなくなったら、また昔の女日照りに逆戻りですから。

ご愛読有難う御座いました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード