携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

援助

女子大生に2回タダマンする方法

ついに画期的な方法を開発した。

「女子大生を確実に堂々と“2回”タダマンする方法」 だ。

堂々とってんだから、圧倒的にこちらが優位な立場で、だ。


何人かの試しを経て、ようやく人に伝えるられるレベルに達した。


この方法を読者の為に書き残しておきたいと思う。


この方法、たとえブサメンだろうと関係なく使える。

こんなヤリ方を編み出した俺は、正直、天才だと思う。

ウソだと思うなら、回れ右して帰ってくれてかまわない。

でも、ちょっとでも興味があるなら、この方法を使ってバカ女どもに世間の厳しさを教えてやってほしい。



簡単な流れを説明すると…

1.女子大生に長期での援助を申し出る。(パパになってあげるということ)

2.相手が興味を示したら、こちらとの面接を受けるよう促す

3.面接する。(ここでする質問&トークが一番重要)

4.お試しエッチに持ち込む。(面接でその下地を作っておく)
  
5.援助することをエサに後日もう一回エッチする。

6.フェードアウト

ものすごーくおおまかに言うとこのような感じだ。


まず、この方法を実践するにはいくつかの条件がある。

まず相手の女子大生の条件は以下のとおりだ。

どんな子でもヤレるというわけではないから注意してくれ。


優先順に列挙する。

・当然だが、こちらとは全く接点のない赤の他人であること

・授業料や生活費に苦労している(奨学生は特に狙い目!)

・SNSや出会い系サイトでプロフィールを公開していること
 もしくは、パパ募集をしていること

・就職活動中であり、内定をまだもらっていないこと



要は、経済的に困っている子って、ことだな。

特に「就職活動中」は、採用試験や企業面接で、相手企業の都合に合わせなくてはならないため、通常のアルバイトなどはしにくくなり、お金に困ることが多くなる。
スーツやらバッグやらも必要になるし、他県の企業なら交通費もバカにならない

そこにつけ入って、長期的な金銭的な援助をちらつかせるのだ。


次に、こちら側の条件だ。

これに当てはまらないなら、残念ながらこの方法を実践することは難しい。


これまた優先順で。

・パパになろうと言うのだから、ある程度の年齢に達していること
 20代前半ではキビしいだろう。老け顔なら別だが

・それなりに小綺麗な身なりができること
 服装はスーツで良いが、ヨレヨレテカテカでは説得力がない。
 ポケットチーフくらい入れろ。リッチな男性を演じる必要があるのだから

・ある程度の演技力、トーク力
 相手に見透かされず堂々と交渉・説得することが重要だ
 人前で喋れないとか、しどろもどろになるようなキャラでは難しい

・クレジットカードを持っている

と、こんな感じだろうか。


これらの条件が整えば、ほぼ100%、2回タダマンできる方法がある。

冒頭にも書いたが、「圧倒的にこちらが優位な立場で」だ。


この「優位な立場で」というのがたまらなく興奮する。

マジメそうな女子大生が、金の為に何でも言うことを聞いてくれるんだから笑えるぞ。

生ハメ、中出し、アナル舐め、撮影も自在だ。


ここまで書いて思ったが、かなーり長くなりそうだ。

核心まではまだまだ遠い。

我ながらよく研究したもんだ。

ちょっとした情報商材レベルの内容になりそうだわ。

必要な小道具の用意の仕方とか、トークの流れとかちょっとしたコツがいるからな。

いかに金を払わずに相手を信用させるかもな。

でも、年齢と服装の条件さえクリアすれば、誰にでもできるもんだぞ。



とりあえず昨日の戦果。

22歳、色白美巨乳モデル体型、黒髪ロングの美形女子大生。

私学に奨学金で通う教育学部生。まじめですごい気の利くイイ子だった。

風呂では手で全身を洗ってもらい、

ベッドでは俺のアナルを舐めさせ、舌をアナルにねじ込んでもらった。

その後、生挿入からの無断中出し。

次回は撮影もOKとのこと。


おっと、今日の面接予定の時間が近づいてきた。

続きはまた今度~

GWは面接希望者が多いから、投稿できるのはGW明けになるかもなー




出会い系で女が凄かったwww

スペック
30 某地方都市
175 67
彼女なし

女のスペック
27 日本人と台湾人のハーフ
160くらい 細身
Cかぷ位

休みの日に予定がなければ
よく出会い系で釣れた女とデートしたりセクロスしたりするんだが
その日も前日から適当に漁ってたら
写メ付きの良い女が書き込んでた

その女の書き込みは正確には覚えてないけど

「明日の昼間にどなたか会えませんか?」

みたいな書き込みだった
どこにでもある普通の書き込みだったが
最近風俗でも出会い系でもハズレだらけの俺には
写メがハズレではない時点で心は決まっていた

「明日1日ヒマなんで宜しく~
どこに行けばいい?」

みたいな返信をしたらすぐに
「いいよ!ワリキリだけどいい?」
みたいな返信が来た!

ワリキリかよ!
とは思ったが、まぁヘタに風俗行くよりはいいかなと思っておkした

1「いくら?」
女「1.5ホ別」
1「高いよ~!1じゃダメ?」
女「1.5が条件なんですみません」
1「写メは本人?全然違うの来たら怒るよ!」
女「本人ですよ!会ってから決めてもいいですよ~☆」

こんなやりとりをしたんだが
会ってから決めてもいいですよ~☆

ココで(こいつ自分に相当自信持ってるなハズレでは無さそうだな!)
と思ったのでまぁよしとした

するとこの女場所の指定までして来た
「〇〇のセブンイレブンまで来れますか?遠いですか?」
車で30分くらいの距離だったがまぁ近すぎて知り合いに見られても嫌だったんで
かえって好都合だと思い時間も11時で決定してメールを終えた

ここまでのやり取りでこの女相当慣れてやがる!
と思ったが変に慣れてない奴に金を出すよりはいいか!とプラスに考えることにした

そして翌日は予定通り11時に間に合うように家を出て
11時少し回るくらいに例のセブンイレブンに着いた

周りの車や店内を見渡してもそれらしい人はいない
あれ向こうもわざと遅れて来るパターンか?と思って少し待ってみた
・・・10分経ってもメールもない

ブチられたか?と思ったが念のためメールをしてみた
「着いたよ!車は〇〇のナンバー〇〇」
っていうメールをしてみたが、11時25分になっても返信はない

やられたか~!
断るにしても早く言えやks!と思いながら最後にサイト内のメール確認をしてみると
「こちらこそごめんなさい。今すぐ行きます。ちょっと待ってもらいますか?」
「ごめん。今気づいた」とメールが入ってた

キタ━(゚∀゚)━!と思いつつ
今気づいたっておかしくね?
そもそも約束してんのにメール確認して無かったとか変だろ?
と違和感を覚えつつまぁ来るならいっか!と思って5分程待った

それっぽい女が来た!!!
黒のワンピで写メよりも綺麗に見えた
歩いて来たのがまた気になったが(家は近所?近所のコンビニとかリスク高いだろwww)

まぁ久しぶりのアタリに俺は少し興奮していて
そんな事はどうでもヨカッタ

女はこっちに気づいて軽くお辞儀をして
車の助手席のドアを開けた

女「こんにちわ~」
1「・・・こんにちわw」
女「ごめんなさいね」
1「いいよ~!じゃあ行こうか!」
女「・・・」
1「・・・(ん?)」

1「この辺ホテルとかある??」
女「・・・ココマッスグイタラアル」
(なんだ~日本人じゃないのか)

ちょっとだけテンションは下がったが
まぁ割と綺麗な子だったので気にするまいと思ってそのままホテルに直行した!

休憩1時間3500円くらいの田舎でボロの割に
高いホテルだったが選べるほどホテルは多く無いし
探す時間ももったい無かったからサッサと入る事にした

ホテルに入って時計やら財布やらを机に置きながら
雰囲気悪くしても嫌だったがどうしても気になったから聞いてみた
「日本人じゃないんだね?」

女「台湾とのハーフ。父は日本人。2年前に日本にきた」
1「でも文字打つのは上手いね~!言葉もだけど」
女「打つのは簡単。しゃべるの方がむつかしい」
1「いや、上手だよ~」
ここで食い気味に
女「1.5クダサイ!!」
(さすがに慣れてるな~
先に渡さないと危険な事をわかってるわwww)

なんか風俗に来てる感覚になってしまって
ここでもテンション下がって来たが
お金を渡すと
女「ありがとうございます!」
きちんとお礼は言える子だった事に少しホッとした

女「じゃあお風呂入りますか?」
1「そうだね!」
そういうと女はそそくさと脱ぎ始めた
恥じらいも何も無く簡単に素っ裸になられると
妙に冷静な気分になってしまう

まんまんの少し上辺りに見慣れない植物のタトゥーがある
胸はCカップくらいかな?
もう少し下着姿を堪能したかったなー

とかぼんやり考えていたら女は俺の手を引いて
お風呂まで誘導してくれた

ここでも風俗を連想させる手際の良さを女は見せる
まず歯ブラシが開封されていて
コップも2つ風呂にも置いてある

全身ボディーソープで洗われて
tんこはもちろんケツの穴まで手で洗われたwww
1「こういう仕事してるの?」
デリカシーの欠片もない質問だが気になったら聞かずにはいられない性格なんで
思わず聞いてみた
女「ちがいますよー」
1「いや妙に慣れてんじゃん!」
女「ふふっ」
見事にかわされたがそこを追求してもしょうがないしその話はやめた

お気づきだと思うが俺はこの時点で妙に冷静になってしまって
知らない女とホテルに入って風呂まで一緒なのに全然この女に対して
がっつけなくなってしまっていた

毒気を抜かれたというか余計な事に意識がいって
エロに集中出来なくなってしまったorz

1「先に上がるね~」
そう言って俺は先に風呂から出てベットでワケのわからないニュースだかなんかのテレビを
ボーっとして見ていた

すると女は風呂から上がってきた

なぜかここで女はヨイショし始めた
女「カッコイイね」
1「よく言われるwww」
女「wwwwピアス痛くないの?」
1「これ?店でやってもらったから痛くなかったよ」俺はヘソピしてる

そんな意味のないやり取りをしてるウチに女はキスをしてきた
なぜか激しく舌を出し入れしながら肌と肌と密着させ
出会い系の女と俺はしばらくキスをしていた

幸いにもタバコ臭くはなかった


そしてキスから全身愛撫されフェラをしばらく堪能していると女は
「入れる?」と聞いて来たので
1「うん。入れようか」
ここが唯一風俗と違うところだったが
女がコンドーさんを手に取り俺のtんこに被せ手馴れた手付きで俺は挿入した

女「っん、あっスゴッ 気持ちいい」

本当に気持ち良いのかはわからないが
この女絶対クソビッチでヤリマンなくせに結構な名器だった
tんこにまとわりついて来るような感覚

俺は最近割と早漏なんだがいつもよりさらに早く5分くらいで逝ってしまったorz
女も俺のフィニッシュと同時にイっていた
演技でもあんなに膣の中は痙攣しないだろうし
喘ぎ方も気持ち良さそうだった

俺が逝った後も
「はぁ、はぁ、ん・・ちょっと、うごかない、で・・」って言いながら
マンマンはヒクヒクしてた

その後は少し心の距離が縮まったのかいわゆるピロートークの始まりだ
女「私子供が早く欲しい」
1「その前に相手は?www」
女「こないだ別れた!あなたは?」
1「嫁と子供がいるよ」・・・俺はウソをついた
女「へーいいね!幸せそうで。子供はかわいい?」

ピローン♪
ん??
(メール音くらい切っとけよ)

1「まぁ幸せならこんな事してないけどね~www」
女「男はみんな浮気するじゃん」

みたいな意味のない会話をしていた

もちろん俺の心情にはみんな同意してくれると思うが
この後もダラダラ何度かセックスして3時間くらいは休憩すると思うだろ?
普通そうだよね?

ところがこの女はシャワーで身体を流した後おもむろに服を着始めた
Σ(゚д゚lll)
まさかとは思ったがこの女は禁断の言葉を口走りやがった
女「そろそろ出ましょう!」

少し呆気に取られつつも俺も多少賢者モードに入っていたし
まだ昼過ぎだったからまぁいっか!と思い、出る支度を始めた
この間1時間くらいである

そのままホテルを後にして
この女ご飯食べたいとかどっか連れて行って!とか言い出さないかなぁ
だとしたら面倒だな~と思っていたが
そんな様子もなくむしろ女はそわそわしていた

1「どこで降ろせばいい?最初のセブンでいい?」
女「もう少し手前で降ろして!」
1(・・・おかしいな。そんな家が近いのかな?)
「わかったー!」
しばらく走らせて待ち合わせのセブンから300mくらいの位置で
女「ここでいい!ありがとう」
1「ここでいいの?」
女「いいよ!今日はありがとう!」
バタンっ!ドアを閉めて女はセブンの方に歩いていく・・・

お気づきだろうか?

俺はそのまま走り去ったと見せかけて
例のセブンが見える位置に車を移動させ
少し離れた位置からセブンの駐車場を見ていた

女は来た!そしてそのままセブンの駐車場に停めてある
白のセダンに乗り込んだ

つまり始めに11時に待ち合わせしていたのにも関わらず
メールもなく遅れて来た事

ホテルにいる最中メールが何回か来ていた事

そして徒歩でコンビニに来ていた事を考えるとコイツは
1日で何度もそれを繰り返しているんだろう

そんなクソビッチに1.5万も払って帰ったという痛い体験をしたという話でした

みんなも出会い系にはやはりクソビッチしかいないので気をつけて!
病気をもらわないようにゴムだけは着けるように!


イククル出会い体験談


エンコー○学生を公衆便女に

去年の話だけど、友達四人でナンパしに行った時、全然引っかからなくて諦めて、取りあえずみんなで駅前の広場で集まって座っていると、タレントの若槻千夏タイプの可愛い女の子が一人で座っていました。
友達がふざけた感じで
「今から遊び行こうか?」
って言うと、女の子は最初は
「人待ってるから無理」
とか言ってたけど、しつこく誘っていると途中から乗ってきて、結局女の子は俺らに付いてきました。
女の子はカナという名前でした。
歩きながら歳を聞くと、女子高生かと思ったらまだ○学2年生でした。
そう言われればメイクは上手にしているけど、表情にはまだ幼さが残っていました。
「まあ、四人の男にノコノコついて来るくらいだから、しょーもないバカ女だな」とか思いながら歩いていると、ヒカルがストレートに
「ヤラしてよ」
と言いました。
カナは最初は「え~」とか言ってたけど、直ぐに
「いいよ~」
と言い出しました。
そんでヒカルがバイトしてるカラオケ屋へ行って、部屋を借りてオマンコすることにしました。
店番をしていたユウキさんにヒカルが事情を話すと、ユウキさんにも一発ヤラせるという条件で快諾してくれました。
そのカラオケ屋は部屋に鍵が付いていて、外から中は見えないんでヤルには好都合でした。

話を聞いてみると、カナはオッサン相手にエンコーまでやっているバカ女で、その時も実は出会い系でゲットしたオッサンと待ち合わせていたそうです。
俺らに誘われて「こっちの方が面白そうだから」と思ってついてきたようです。
カナはオッサンに素早くメールを打って、延期を願い出て謝っていました。
俺は「こんな淫売なら○学生でも何やっても構わねえな」と思い、遠慮は無くなりました。
そんで取りあえず
「テキーラ飲みなよ」
と勧めると、カナはガキだから大人ぶって
「この位いつも飲んでるよ」
とか生意気言って飲み始めました。
次に
「うまいタバコがあるから吸って見なよ」
とか言って半強制的に吸わせて、もうその時点でカナの乳や尻を揉み始めていました。
カナは○学生のわりにしっかりと胸を膨らませていました。
そんで
「もう脱いじゃいなよ」
とか言いながら、みんなで服を引っぺがして全裸にしてやりました。
カナは一人だけ全裸になって、恥ずかしそうに下半身を隠していたけど、二人が両側から片脚ずつ広げてM字開脚にして、何人もの男がクリトリスをいじり回したり乳を揉んだり舐めたりしていると、だんだん恥ずかしさから気持ちよさが大きくなっていったみたいで、大きな声を出して悶え始めました。
俺がパンツを下してチンボ丸出しになって
「チンボしゃぶれよ」
と言うと、カナはもう完全にブッ飛んでいて美味しそうにチンボにしゃぶりついてきました。
そんで他の三人もパンツを脱いで、カナは俺のチンボをしゃぶりながら両手を使って二本のチンボをしごいて、ヒカルが手マンしてやると、大量の潮を噴き出していやらしい声を上げてもがいていました。
もうここまでくれば何をしてもOKでした。
カナのマンコをケータイやデジカメで撮ったり、マンコにマイクを突っ込んで入れたり出したりしてやると、バカ女はヒイヒイ悶えながら喜んでいました。
そんでヒカルがカナのマンコにチンボをぶち込んでオマンコを開始しました。
ヒカルはカクカククネクネ腰を動かして、カナを簡単にイカせていました。
そんでフィニッシュは
「顔面シャワーだ!」
とか言って、白い汁をカナの顔面にぶちまけました。
ヒカルの精子はカナの鼻の穴に命中して、バカ○学生は「ンガハッ!」とすごいダミ声で呻きました。
そんで両方の鼻の穴から精子を垂らして、ハアハア言って茫然としていました。
俺らはニヤニヤしながらカナのバカみたいなハナタレ顔をケータイやデジカメでバッチリ撮影してやりました。
そんでカナの顔を覗き込んで「カスが」と吐き捨ててやりました。

それからヒカルがユウキさんと交代して店番をするために部屋を出て行きました。
ユウキさんが部屋に入ってくると、やる気満々で上も下も服を脱ぎ捨てて、靴下だけ履いたままで素っ裸になって「オッシャァーッ!」とか言ってカナに襲いかかっていきました。
ユウキさんのチンボはビンビンにボッキしていて、20センチくらいの長さのデカマラになっていました。
カナもそのチンボを見て
「あ・・・スゴイ・・・」
とか言ってビビッていました。
ユウキさんはそのデカマラをカナに咥えさせてガポガポとピストンしていました。
そんでカナのマンコにズボッとチンボをぶち込んで、ものすごい速さで腰を動かし始めました。
カナはユウキさんの200ミリ砲でマンコをムチャクチャにほじくり回されて、
「ああーん!ああーん!」
と泣き叫んでいました。
そんでユウキさんは
「ああーっ!チンボから出るぅぅぅーっ!チンボチンボチンボォォォーッ!」
って叫んで、カナのマンコからチンボを抜いて、バカ○学生の目の前でチンボをしごき始めました。
そんでユウキさんのチンボの先からヂュビィィィーッ!って感じで、ものすごい勢いでものすごい量の精子が噴き出して、カナの鼻の穴に命中しました。
一瞬にしてカナの鼻の穴が両方とも塞がるほどの強烈な顔射でした。
カナはまた「グハアッ!」と呻いて悶絶していました。
ユウキさんの精子の量は凄まじくて十秒以上も射精が続いて、カナの可愛い顔は見る見るうちに白い汁でドロドロになっていきました。
それはその日一番の大量顔射でした。
俺らは「すんげえ~」とか言いながら、チンボの汁まみれになったカナのバカヅラを撮りまくってやりました。
そんでユウキさんのチンボがなかなか縮まないんで、
「ユウキさん、もう一発どうっすか」
と連発を勧めると
「そんなら遠慮無く」
つって、またカナの口にデカマラを咥え込ませてガポガポとピストンしました。
それからユウキさんはカナの顔の上でウンコ座りしてケツの穴を舐めさせました。
俺らは舌を伸ばしてケツ毛ボーボーのケツの穴を舐めてるカナのエロ顔もバッチリ撮影してやりました。
ユウキさんは今度はバックでカナを犯してから、二発目とは思えないほど大量の精子をカナの顔面にぶちまけて、
「ふう~っ!スッキリしたわ、ごっそーさん」
つって、また店番をしに部屋を出て行きました。
やっぱりチンボとキンタマがデカいとチンボ汁の量も多いんだなあ、と感心してしまいました。

そんでヒカルが戻ってきて、また全員でカナにチンボを舐めさせてやりました。
一人が椅子に座って、その上にカナが背中を向けて座ってマンコにハメて、左右から二人がカナに手でチンボをしごかせて、俺はカナの顔にケツを向けてケツの穴を舐めさせてやりました。

その後は交代でみんなで犯して顔射して、全員のケツの穴を舐めさせて、いっぱい精子を飲ませてやって、ユウキさんと合わせて合計12発も発射してやりました。
俺は3発発射して、顔に1発、マンコの中にに2発ぶちまけてやりました。

それからカナの連絡先を聞き出して、その後は精子だけでなくションベンまで可愛い顔にぶっかけて、みんなの公衆便女として可愛がってやっています。
ま、世間知らずのクソガキが調子こいてエンコーなんかやって、街を一人でうろついてるから、こんな扱いされるハメになるんですけどね。
自業自得ですよね、ふふっ!


円光女に中出し

久々に大手出会い系サイトを利用してGETした女に中出ししてやった。
相手は29って言ってたけど、24~5位に見えた。
顔はなっちを少し細くした感じで、結構かわいかった。
ゴム付、諭吉2で逢ったけど、「もう少し上乗せするから」といって、ホテルのフリータイムギリギリまで付き合ってもらったよ。
なんか旅行に持っていく小遣いを増やしたいらしいから、「5払うよ」って言ったら大喜びしてた。(この時点で中出しは確定でしょ?)

ホテルに着いてからしばらくは世間話をしてリラックスさせてから、ローターとバイブで1回イかせてからお風呂に一緒に入って、イチャイチャしてた。
試しに咥えさせたら、中々のテクで一発抜かれそうになったので、ベット移動し本格的に玩具で攻めたら、あっという間に3回位イってもう意識は半飛び状態。
マンコもグチャグチャになってた。
元々「感じやすいの」って言ってたけど、本当みたいだった。

軽くフェラさせている間に、ゴムの先を少しだけ噛み切って、装着。
正常位で挿入したら、締まる締まる。
あっという間にゴムの先から生の亀頭が「こんにちは」したよ。
5分くらいしたら「もう駄目、イっちゃう~~」って大絶叫しながら、4回目のオーガズム。
今度はバックから突いてやったら、
「すごい奥まで届いてるっ!こんなの初めてっ!!」
とか言って、またイってた。
そろそろ俺も往こうと思い、再び正常位へ戻して、
「そろそろ往くよ。中に出して良い?」って言ったら、
「いっぱい出してっ!」だって。
まあ、ゴム着いていると思ってるから、当然だよね。
本当はゴムの先っぽ切ってて生でやっているのと同じ状態(この時既にゴムは根元までめくれてた)
2週間溜めたザーメンを子宮口に向けて発射。
どぴゅうっ!どぴゅうっ!どぴゅどぴゅぴゅぴゅ・・・って10秒位射精してた。

いや~溜まっている精子出すと気持ちいね。
特に中出しはまた格別だったよ。
女のほうも、俺の射精に合わせて、
「駄目、いっちゃう~~」
って白目むいて失神しちゃってた。
俺もたっぷり出して、取りあえず満足してゆっくりチンコ抜いたら、マンコからデロ~ンって感じで、ザーメン出てきた。(こりゃ危険日なら妊娠確実だな)って思うくらい出たよ。
女は体ビクンビクン痙攣させて、まだ余韻に浸っているみたいなので、その隙に、ゴムをティッシュに包んで捨てて、マンコを念入りに拭いてやった。
そしたら
「優しいね。円で逢った人で、そんなことしてくれた人いないし、彼氏だってしてくれない」
とかいって感激してた。
俺としては証拠隠滅のつもりなんだが、
「え?この位普通じゃない?」
って言っていい人を演じてみた。

その後は、ホテルのゴムが無くなるまで、同じ方法で中出ししてやった。
別れ際、
「あんなエッチされたら、体が忘れられなくなっちゃう。彼氏より10倍はよかった」
とか言って、諭吉さん4枚返してくれたけど、
「旅行、楽しんでおいで」
って言って受け取らなかったら、
「次からはタダで良いから、また逢って欲しい」
ってメアド交換した。(もちろん俺のはサブアドだけどね)
取りあえず妊娠するか、飽きるまで遊ぼうかと思ってます。

最後に円光する女性の皆さん。
円光するなら、中出しされるのは覚悟して円光した方が良いよ。
男性も病気もらう覚悟をして楽しみましょう。

長文、駄文にて失礼しました。

ハッピーメール体験談


Mな可愛い若妻でした

7月頃の話なんだけど
女性週刊誌で見つけて登録したハッピーメールってサイトから
美由紀32歳都内に住んでます!と名乗る
業者みたいなメールが来てて、俺はいつも対処方法として

「携帯教えてよ!」としつこく聞く。

それやると大抵メール来なくなるんだけど
その時は違って携番かかれたメール戻ってきて

「これ美由紀の携番ですけど教えたけど絶対電話しないでね?」と。

どうせ偽直メ、直電だからいいやと決め付けてすぐ電話してみた。
偽番号とか業者の新しい勧誘方法で男がでるとかと思って即電話したら

「え!?本当にかけてきたの!?今職場だから困るよ・・」と小声で言われた。

業者が集まって電話しまくるような
職場の雰囲気イメージしていたんだけど
何か様子が違ってて本当に困ってそうだから

「じゃあ仕事終わったらメールで話したとおりフェラしてもらうから電話して」

と言い電話を切った。
絶対電話来ないだろうと思ってオナニーはじめたら
その携番から俺の携帯に電話がかかってきた。

「美由紀ですけど・・今仕事終わって帰る駅に向かってます、じゃあ・・」

って切ろうとしたからどうせ業者だから何言ってもいいやと思って

「今から〇〇駅来てよ。何時にこれんの?」と強めにいったら

「え!?何でですか・・?ダメです会えません・・」

「良いから19:00までに〇〇駅来いよ

フェラの約束だよ着いたら電話しろよ分かったな?」 と言った。

どうせ来ないだろうと思って
強気に言っただけなのに本当に来たらしく携帯がなって

「美由紀です・・あの改札に着いて白いワンピース着て立ってます・・」

周り見回したら、身長160ぐらいでスレンダーな感じの
黒髪のサラサラヘアーのすごい可愛い子が立ってた。

目が合って向こうも分かったらしく
2人で改札を出て人気がいない公園のほうに歩きながら

「あの・・こんばんわ・・もう帰ってもいいですか・・?」

「ダメに決まってるじゃん、電話で言ったようにフェラしてもらうからね」

逃げられてもしょうがないって感じで話したんだけど

「本当に困ります・・許してください・・」と。

手を引っ張って

「個室トイレでいいよね?」って聞いたら

「え・・あの・・」 って何も言わなくなってたから

暗くなった公園のトイレにつれて行って洋式の個室に連れ込んだ。

俺が座ってズボンとトランクス下ろしたら
さっきまでオナニー途中だったから
我慢汁がパンツにくっ付いてて既にぬるぬるになってた。

棒をだして「早く舐めてよ」と言い、ほっぺににゅるにゅる・・
って押し付けてみたら、素直に口空けて何も言わず舐め始めた。

「気持ちいい・・うまいじゃん、いつもこんなことしてるの?」

「そんな事ないです・・じゅる・・にゅぷ・・・にゅっぷにゅっぷ・・」

しゃぶらせながら顔見てたんだけど
表情が変わったと思ったら、自分でアソコいじってた。

「初めて会う男のをフェラして自分のをいじるのって変態だよね?」

「違います・・触ってないです・・」
 
と言いながら、棒を噛まれたと思ったらその時の言葉でいっちゃったらしい。
その後は遅漏の俺の棒を

「じゅぼ・・じゅぶ・・にゅりゅにゅっぷ・・」 とかなり舐めてもらって

「出そう・・口でいくよ・・」

「は、はい・・・」

「びゅく!・・びゅるる!・・びゅる!」

いっぱい出した後、ティッシュ渡して

「気持ちよかったよ」

と言い残して俺は帰った。一回目会ったときこんな感じでした。
会ってから1週間ぐらい経って
またフェラして欲しくなって夜美由紀の携帯に電話したら

「この電話番号は現在使われておりません」のメッセージが流れた。

このアナウンス聞いた時、もう終わったと思ったんだけど
メール履歴が残ってたから、ひょっとしたらって考えがあって
アドレスにまたメールしてみた。

「携帯変えた?勝手に変えちゃダメだよ、新しいの教えて」

と言う内容でメールしてみた、ダメかなと思ってたんだけど
20分もしないうちに返信が来た。

「あの美由紀です・・新しい番号はダメです・・もう教えられません」

もうこれで断られたら終わりだって感じで諦め入ってたから、強気で

「良いから早く教えて、この後またあのトイレに来てもらうからね?」

すると今度はすぐ返信がきて「xxx-xxxx-xxxxです・・」だけ来てたので

おそらく勤務中だろうけど即電話したら

「あ・・あのまだ勤務中なので困ります・・」とまた小声。

「仕事何時ごろ終わる?」

「多分あと10分ぐらいです・・」

「じゃあ今日は20:00に前回のトイレ前で待っててよ、分かった?」

「え・・?でも・・あの・・」

「何?」

「な、なんでもないです・・」

20:00ぴったりに美由紀が来たから
早速個室に呼び入れて暗黙の了解のようにズボンとパンツを下げると
何十回も会ってる様な感じのHの速さで美由紀がひざまずいてフェラをはじめる。

一回でこの関係が終わると思ってた半面1週間も溜めてきててかなり敏感になってて
この日はすぐ出そうになって10分ぐらいで

「美由紀出る・・」

「は、はい、・・」

「びゅる!・・びゅる!・・びゅくん!」

口で受けきれず顔と太ももに垂れて、まだでてた。

「やあ、すごい」この言葉で真性Mっぽいと思った。
便座の上の方にある固定の台の上にタオルを敷いて

「美由紀、下着脱いで便座の上の台の上座って」と座らせた。

この台は便座の上にあって立ってちょうど股間の高さがぴったりで
立ったまま正常位できる台でここに座って便座に美由紀を座らせた。

台に美由紀を乗せたら、もういじる必要がないぐらい濡れてた。

「見ないでください・・・許して・・」 と言うので

俺は美由紀の股間の前で俺の棒が回復するまでオナニーを始めた。

「しこしこしこ・・」

棒を見ながら

「いや・・こんなのダメ・・やぁ・・すごい・・」

やたら興奮させる言葉を連発してくるから、出して5分ぐらいで回復してきた。

「美由紀のぬるぬるでHだからビンビンになっちゃった・・」

「そんな事ないです・・もう許して・・」

「じゃあ入れなくていいの?」

そのまま棒を見ながら、「・・・ください・・そのまま入れて・・」 

と生で欲しそうだったけど、この日はゴムをつけて入り口に添えたら

「にゅちゅ・・にゅぷぷぷ・・・・」と今まで体験した事無いぐらい

濡れててすんなり入った。

「やぁ・・・すごいよぉ・・」

2回目なのに5分もたず

「美由紀もう出る!」

「は、はい・・ああ・・やぁ・・」

「びゅく!びゅるる!」

「やぁ・・・もう・・ああ・・」と体を振るわせた。

美由紀はなぜかこの速さで出しちゃったのに一緒にいっちゃったらしい。
今日でまだH2回目なのにHがやたら気持ちよかった。
この日はティッシュでアソコを拭いてあげて、綺麗にしてあげて帰った。
まっ1回5千円の割り切りだったけどなwww

ハッピーメール体験談



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード