携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

息子

母と僕の秘事

それは唐突なことだった。母と二人旅行に来た日の出来事である。
泊まったあるビジネスホテルでの母の一言からだった。
「男の子ってオナニーするってホント?」僕は何を言い出すのかと思った。
「この前テレビでやってたから」だからと言って息子に直に聞く母親はいないだろう。
「まあ、年頃の男子は普通するよね。」そうありきたりに答えた。
「ふーん」そう答える母に「なんで?」
「いやどうやるのかなーって」この人の頭はどうなってるんだろうと思う反面少しイタズラ心が芽生えた。
「チンチンを擦るんだよ」というと「へー」と不思議そうな母。
「見てみたい?」と冗談半分に言ってみた。「!?」と一瞬顔を引きつらせるが無視をして話を進ませる。
「ちょっと準備をしてくる」と何かを言おうとした母を無視してトイレへ入った。

僕は何考えてをいるんだろうと思いつつ、トイレットペーパーを用意する。
部屋絵戻り母の座る椅子の前にTシャツとトランクス姿で立つ。
母はの視線はどこを向けているかわからない。おもむろにトランクスを脱ぐ。
「お母さん、こうしてチンチンを擦るんだ」と擦りながら言う僕。
母は目を背けたまま…。「お母さん、ちゃんと見て…」そう声をかける。
(本当に僕は何を考えているんだろう)そう頭をよぎる。しかし何故かやめるつもりはなかった。

声をかけられた母は決心がついたのか、自分のを擦り続ける僕のアソコを見た。
静寂の中で2、3分はしただろうか母が口を開く。「で、どうなの?」
そう僕のアソコは全く大きくならないそれどころかいつもより小さいくらいだ。
やはり母の前でオナニーなど普通できるはずがない。だがそれを認めるのはプライドが許さない。
「普段はオカズを用意するんだよ!」と教える。
「オカズって何?」と返す母。「いや、エッチな本とか色々...」と聞き取れるか取れないくらいの声の僕。
何とも言えない空間にますます萎む僕のアソコ…。そこで僕自身驚く事を言った。

「お母さんのオッパイ見せてよ!」と…。言われた母は驚いた顔をしつつ、黙っている。
しかし、数分黙っていたが意を決したのか着ていたユカタの上をはだけてオッパイを晒した。
母の胸はそこそこデカい、体としてはぽっちゃり体系である。好きな人には好きな体系である。
少し垂れているが、乳首はやや上を向いている。「こうでいい?」母はややうつむきながら答えた。
「う、うん…」そう言いながら擦ると少しづづ大きくなる僕のアソコ…。

それを見た母は「あ…」と声をあげる。僕のアソコの先は粘液でぬらりと濡れていた。
「お、オッパイ触っていい?」と僕は聞くと母は無言でこくんと頷いた。
何十年ぶりに触る母のオッパイはハリがなかったが熟女特有の柔らかさがあった。
右手で自分を擦りつつ左手で母の左胸を揉む。母は僕の顔を見ずに息子のソレを凝視し続ける。
胸の周りから乳首へ指を這わす…。一瞬ビクッとなる母。首回りがかすかに桜色になっている。
乳首を摘まんだり引っ張ると「うん!」とかすかに呻く母。「あまり乱暴にしちゃだめよ」と言う母の声はとても艶っぽかった。

母と子でしてはならないことをしているという認識のためかいつも以上の興奮がくる。
普段は厳しい母だが今は色んなことを我慢していることがわかる。
そんな母へぼくはさらに色んな事をしたくなった。
僕はいつも以上に大きくなったモノを母の乳首へ押し当てた。

「きゃあ!ちょ、ちょっとやめなさい!」と急に我に返った母が言う「やめなさい!怒るわよ!!」と母。
しかし僕はとめられない「お母さん!!もう止まらないんだ、いいでしょ」そう言いつつ腰を振り母の胸の先に押し付ける。
母は時々「うっ!」と呻きつつ嫌々をするが僕は止まらない。
「お母さん、お願いだよ挟んで」と母の目を見つつお願いをすると母はゆっくりと両腕で自分の胸を挟み僕のアソコを挟んでくれた。
「ハァ、ハァか、母さん。き、気持ちいいよ!!」母は答えずに擦り続ける。

しかし、気持ちが乗らないのか動きが単調である。
「や、やっぱりもうやめよう、これから先、こんなのはマズイでしょ!ねっ!」そう母が言う。
だけど僕はもう何も考えられなかった「ならママって呼ぶよ!今だけならいいでしょ!!」
「な、何を言ってるの!?」
「お、お願いだよママっ!も、もうイキそうなんだ!で、でちゃうよっ!」
「で、出るってなにが?」とこんな時に天然なことを言うママである。
「せ、精液だよっいいイクよ!ママのオッパイに僕の精液出すよ!!」
「え、ええっ!?」と言いつつさらに激しく擦られる。
僕のアソコは更に大きくなったかとおもった瞬間、先から勢いよくどろっとした液が迸った!
僕が「ああっ!!」と声をだし、胸で僕の精液を迎え入れた母が「あっ!」と同時に叫んだ。
挟まれたままのアソコからこれまで以上の量の精液が溢れ、母の胸と顔の一部を汚した。


その後はあまり覚えていない。僕はトイレットペーパーで拭き取っているうちに母はシャワーを浴びに行ってしまった。
僕はそのまま寝てしまったんだ。


母と息子の親子丼

もう16年前の話です。
当時大学3年生だった私は、バイト先の38歳のパートさんと肉体関係にありました。
彼女は真矢ミキさんに似た美人バツイチで、その匂い立つ色気に私は若さの全てを吸い取られていましたから、彼女をミキさんと呼ぶことにします。
ミキさんに出会うまで私はロリコン気味で、女子中学生や女子高生とばかり付き合っていました。
でも、大人の女の色気と妖艶なまでの淫乱を知った私は、女性の美しさを思い知らされたのでした。
柔らかな白い肌、男を知り尽くした淫猥な陰唇、勃起して剥き出た淫核、蠢き陰茎を誘い込む膣穴、蕩けるように包み込む膣壁、くねらせる腰、
「あっ・・・あはぁ~・・・」
快楽の啼き声、熟した女とはこうも猥褻な生き物なのかとすっかり虜になっていました。

そんなミキさんには裕紀という中2の息子さんがいました。
裕紀はマッシュルームカットのような髪型で、どことなくユニセックスな顔立ちでとても可愛い男の子でした。
その裕紀は、成績もいいのですが理数系が弱く、工学部の私に家庭教師の白羽の矢が立ったのです。
中学2年の後半、私は裕紀の勉強を見てやりながら、ミキさんの旨い体を味わっていました。
私は、3年生が終わって春休みになりましたが、裕紀の中学2年がまだ終わらなかったので帰省せずにいました。
そんな時、ミキさんがふるさとで同級会があるとかで、一晩ミキさんの家に泊まることになったのです。
男同士、一緒に風呂に入ると、裕紀はじっと私の陰茎を凝視すると、急に背中を向けたのでどうしたのかと思ったら、裕紀は思い切り勃起させた陰茎を手で隠していました。
「おいおい、起っちゃったのかい?オナニーしていないのかい?」
というと、恥ずかしそうに、
「だって・・・好きな人のおちんちん見ちゃったんだもん・・・」
14歳の男の子の裸は華奢で、やっと毛が生えた生白い陰茎を剥いて洗って恥垢を取ってやりました。

裕紀の部屋で、私達は裸で抱き合い、唇を重ねました。
「いつも、先生のことを思って、オナニーしてるんです。」
「え?俺にどうされていることを想像してオナニーしてるの?やってみてよ。」
すると裕紀は、壁に掛かっていた帽子掛けの柄を一つ外して、コンドームを被せると唾で塗らして、肛門へ差し込み出し入れしながら陰茎を擦り始めました。
「俺のチンポを尻の穴に入れて欲しいのか?」
コクリと頷き、私に向かって股を広げました。
まるで幼い女の子のような可愛い顔をした男の子が、私に陰茎を弄られてウットリとしていました。
ミキさんとラブホでローションプレイをしたときの残りを陰茎に塗って、私は裕紀の肛門に陰茎を差し込みました。
「あっ・・・ああっ・・・あぁ~~~・・・」
根元がキュウキュウと締め付けられましたが、先の方はふんわりした不思議な感触でした。
ゆっくり腰を振りながら、裕紀の陰茎を擦っていると、ビクン!と震えた裕紀の陰茎から、ドピュドピュと精液が溢れ、
「はあぁぁぁぁ~~~・・・」
と喘ぎながら、なんとも間抜けな顔でヨガッていました。
残念ながら裕紀の尻の穴では、私はあまり興奮できず、亀頭への締め付けもないので射精に至ることはありませんでした。

それからというもの、私はミキさんと裕紀の母子と性的な関係を結ぶようになりました。
裕紀の尻穴に陰茎を挿入するのは毎週土曜の午後と決めていました。
それ以外のときは、高校受験勉強の息抜きに裕紀の陰茎を苛めてやりました。
単語帳のリングで裕紀の陰茎と淫嚢を締め上げ、血管が浮き出た少年陰茎を優しく扱いてやれば、先走り駅を流しながら腰が動きますが、陰茎がビクッとしたら手を止めます。
ハアハア激しい息遣いで、腰をクイクイさせて手コキをせがむ中3の少年が可愛く見えました。
少年の若い勃起力は素晴らしく、ついには単語帳のリングのロックをバチッと外す勢いでそそり起ち、ビュビューーーっと激しく精液を噴出したのです。
裕紀の精液は、裕紀のパンツで拭いて、洗濯機に放り込んでやりました。

「ねえ、ウチの裕紀、パンツに精液ベットリつけてたのよ・・・」
「ミキさん、裕紀君、ミキさんを想ってオナニーしているみたいなんだ。母親じゃなく、オンナとしてミキさんを見ているみたいなんだ。ミキさんに抜いて貰ったら、凄く喜ぶんじゃないかな。」
半年後、私が大学を卒業して帰郷するとき、ミキさんの下腹部が少し膨らんでいたのに気付くと、
「あの子・・・私の中で何度も射精しちゃって・・・こんな事に・・・でも、私生むわ・・・」

大学を卒業して15年、私はあの頃のミキさんの年齢に、ミキさんが産んだであろう裕紀の子供はあの頃の裕紀の年齢になっているが、今、とても気になる。


30年間の思い

中学生の頃から母親のタイツ&パンストを履いてオナニ-してきました!今年で45才になり女性経験が風俗嬢相手に一度しかありません!このまま死ぬまでオ ナニ-生活かと思うと考えてしまいました!すぐ傍に大好きな母親がいると!経験を練って、今年の1月から自宅で80デニールのタイツ直履き&白ハイソック ス姿で母親の前を歩いたり、着替えたりしています!タイツ越しにうっすら短小ちんぽが透けて見えるので最初は母親も気になっていましたが1ヶ月もすると母 親が「若い頃、よくお母さんのパンストを盗んだいたよね!」って見抜かれていました。30年間で盗んだパンスト&タイツは150足以上になります!最近は 母親から「暑くなってきたからタイツをやめてパンストにしたら?」って言ってきました。パンスト直履きだと思いっきり短小ちんぽが透けていて、母親に見ら れても平気になりました。5月に30℃を超えた時は黒のサスペンダ―ストッキング&白の三つ折りソックス姿で1日を過ごして準備は整いました!勇気を出し て母親の入浴中に押し入りました!最近、私のちっちゃなちんぽを見慣れた母親ですが、65才の自分の裸体を見られた事がショックで私に「変な事、考えない で!」って私を拒みましたが浴室の床に押し倒し抱き締めました!無理やり挿入しようと母親の膣にちんぽが触れた瞬間に射精してしまいました。母親は「女性 経験がないんでしょう!」って言って縮んだ短小ちんぽを手に取ってしごいて勃起させて自らの膣に導いたのです!2、3回腰を動かした瞬間に射精してしまい ました!昨日までで母親と10回、セックスしました!まだ10秒と持ちませんが母親は協力的です。また報告します!

最近外来に来た子の話3

おかしな親(変態としか思えない)がいました。子どもとではなく、お母さん一人で来院されました。
「平日なので、息子に学校を休ませて、連れて来ようと思ったのですが、とりあえず相談だけしようと思って、私だけ来ました」ということでした。
「どんなご相談ですか?」というと「小学6年の息子が包茎で、なかなか剥けないんです」と答えられました。
話を良く聞くと、小学6年の息子さんと毎日お風呂に入り、体を洗ってあげ、おちんちんを洗ってあげるときに剥いてあげるそうです。
これだけでとても過保護なんですが、話はこれだけではありません。
もう小学6年なのに家が狭いという理由で、一緒に寝ているそうなんです。
私が「失礼ですが、夜の生活はどうしているんですか?」と聞くと、「子どもの寝ている隣でしますよ。声は押し殺していますけど、起きちゃうんじゃないかと思うと興奮するんです」と言っていました。
もう病気ですね。
さらに「息子は性的なことに興味が全くないようなのですが」というので、「今の年齢から考えるとなくてもおかしくないですよ。時間がたてば嫌でも持ちますよ」と答えておきました。
一週間後にお母さんとその男の子が病院に来たので調べたのですが、確かに性的な興味はゼロでした。
その子が中学生になって最初の診察に来たんです。もうお風呂に一人ではいり、寝る時も一人だそうです。随分変わったなと思い、お母さんに聞いてみました。
なんと夜の生活を見せたというのです。キスしている時に息子さんが見ていることに気づいたのだそうですが、性教育になると思い、そのまま最後までしたそうです。
それで次の日に一緒にお風呂にはいると、勃起してしまい、何も言わずに体を洗ってあげ、その後、口でしてあげたそうです。
さすがにこのままではまずいと思い、子ども部屋を作ったというのです。
私の患者さんにも中学生なのにお母さんとお風呂に入る子ども、オナニーを手伝ってもらう子ども、子供の隣でセックスする親もいます。

母とセックスをするようになって5年になります・・

私は26歳。
母とセックスをするようになって5年になります。
今、母は51歳。初めての時は、母は46歳で、私は21歳でした。

父はゼネコンに勤務していて、年中現場へ単身赴任の連続で、今でも母子家庭のような状態が続いています。

母と初めてセックスをした時、私はまだ学生でした。

サークルの飲み会で遅くなって、深夜に帰宅すると、玄関に安全靴が脱いであり、久しぶりに父が帰ってきていることがわかりました。

家中の明かりも消えて、寝静まっていたので、私は静かに階段を上がり、自分の部屋へ入ると、酔っていたので、風呂も入らず、そのままベッドに倒れこんで爆睡しました。

翌日、レース越しの眩い光で目が覚め、時計を見るともう昼を回っていました。

階下に降りると、テーブルの上には「買い物に出掛ける」という母の書き置きと食事が用意してあり、誰も居ません。

私は、食事よりも、二日酔いで割れそうな頭をどうにかしたくて、熱いシャワーを浴びることにしました。

シャワーを終えて服を着替えていると、洗濯機の蓋から何やら紫色の布が出ているのに気が付き、なんとなく気になって、蓋を開けると、それは透け透けのレースが施してある紫色のパンティで、とてもセクシーなものでした。

それを手にとって、広げてみると、股あての部分がまだ濡れていて、濃い色の滲みになっていました。

鼻に近づけて臭いを嗅ぐと、栗の花のような臭いがして、紛れもなく精液の滲みだと分りました。

昨夜、母は久しぶりに帰ってきた父とセックスをしたんだと思うと、ふと母がセックスをしている場面を想像して、下半身が勝手に勃起してしまいました。

下半身が勃起しても、父の精液が着いたパンティで、オナニーをする気にはとてもなれなかった私は、新しいパンティを盗んでオナニーをしょうと、母の寝室へ侵入しました。

下半身を勃起させたまま、母のタンスを探り、あれこれとパンティを物色していると、引き出しの奥に伸ばした手の先にゴツっと何かが当たりました。

それを引っ張り出してみると、なんと大型のバイブがコンドームをつけたままの状態で出てきました。
コンドームは所々が白っぽくなっていて、恥毛まで着いていて、匂ってみるとオマ○コの匂がしたので、昨夜、使用した後で、そのまま引出しに放り込んであったことが容易に想像できました。

私は、これをネタに母を揺さぶってみたら、いったい、母がどんな反応を見せるのか、すごく試してみたくなりました。

とりあえず、私はバイブを元に戻し、パンティを一枚盗むと、自分の部屋へ行き、母が太いバイブをアソコに突っ込まれて、ヨガリ狂っている姿を想像しながら、オナニーをしました。

夕方、母が買い物から帰って来ました。

父のことを聞くと、朝、本社へ寄って、また現場に戻ったという事でした。

よし、それじゃあ、今夜は母さんを酔わせて女として攻めてみようと企みました。

夕食の時、母にカクテルを作ってあげるといって、ブラッディ・メアリーを飲ませました。
味は、ウォッカベースなのでほとんどトマトジュースの味しかしないので、案の定、母はガブガブと飲みすぎて、一人では立てないほど、酔ってきました。

ロレツが回らなくなった母に、頃合いを見て、話題を、下ネタに持っていきました。

「母さん昨日の夜、父さんとヤッタ?」

「ハッ… もう、そんなことする年じゃないわよ…」

「母さん、俺も白状するから母さんも白状するんだよ」

「何よ… 白状って…」

「風呂場に脱いであった母さんのパンティ、匂って見たら精液の臭いがしたよ。ヤッタんだろ、昨夜父さんと!」

「何で母さんのパンティなんか匂うのよ!…」

「昨夜は久しぶりにヤッタんだろ? 正直に言えば?」

「言わないっ!」

「母さんがアソコにデカイオモチャを入れられて喜んでいる事ぐらい、俺、知ってるんだよ」

「えっ…」

「俺も、酔ったついでに、言うけど、俺にも父さんと同じことヤラセてよ…」

「何を言い出すのよ… 母さん、酔っちゃったから、もう休むわ…」

母は椅子から立ち上りましたが、ブラッディ・メアリーが効いていて腰が抜けたようになって自分で前に歩き出すことが出来ません。

私は、母の手を取って、肩に捕まらせて、寝室まで連れて行きました。

寝室に入ると、私はいきなり母を振り向かせて、抱きつき、キスをしました。

そして、私は酔って無抵抗な母を寝かせ、胸を揉み、スカートのホックを外し、パンティを脱がせました。

母は自ら腰を少し浮かせてパンティを脱がせやすくしてくれました。

「母さんのよく見せて」

母は私の要求に足を広げてアソコを見せてくれました。

「もっと、よく見せて」

母は目を閉じたまま、片手で恥毛をかき分け、アソコを広げて見せました。中の奇麗なピンク色の肉壁が現れました。

私は母のその膣穴をいじめてみたくなりました。

あの太いバイブを母に使ってみたかったのです。

「母さん… オモチャ… 使ってもてもいい?」

母は頷いてくれました。

私が母のタンスから例のバイブを取り出してスイッチを入れると、母は目を開けて興奮した様子で息を荒らげていました。

私がバイブを近づけると母はゆっくりと足を広げてくれました。

バイブの先端で割れ目を上下に擦ってみると、そこはもう十分に濡れていました。

振動するバイブでクリトリスをいじると、母は体を震わせ、声を漏らしていました。

「ねぇ、中に入れてみるよ」

私は母にバイブの挿入を告げました。

私はバイブの先を母の膣穴にあてがい、指先に力を入れ、体内に少しずつ差し込み始めました。

「もっと入れるよ」

私はもっと深くバイブをゆっくりと挿入して行きました。

大型バイブのほとんどが母の体内に埋め込まれました。

「全部入っちゃったよ」

「・・・」

下半身だけ裸にされて、両足を開かれた女が、膣穴の奥深くまで、太いバイブを差し込まれている姿がとても淫靡な光景に映りました。

今度は母の体位を変えて、四つん這いにして後ろからバイブを挿入してみました。

バイブを上に向けたり、下に向けたりして母の膣穴の感じる部分を探しながら、さかんに責め立てました。

クリトリスの裏を刺激すると、母は激しく悶えました。

「あっ、あ~っ!ぁ~っ!」

私はバイブを動かしながら聞いてみました。

「母さん、気持ちいい?」

母は小さく頷くと、片手を伸ばしてきて私の腰をまさぐり、ギンギンに勃起して先走り汁が出ている肉棒を握りました。

「ねぇ… きてぇ… 」

恥ずかしそうに母が言いました。

私は意地悪く、バイブのスイッチを強に切り替えて激しく出し入れしました。

「あ… ああ… あああ… あああぁっ!」

まるでAVのシーンのようでした。

私はバイブを抜いて、母を仰向けにしました。

「母さん、入れるよ!」

「い! いれて!」

片手で肉棒を持ってゆっくりと母の膣穴を押し広げるように挿入し始めると

「あぁ~!」

母は腰をせり上げるようにして、私の腰と密着しようとしてきました。

私は母の膣穴に挿入した肉棒を徐々に激しくピストンしていきました。

「あぁ、す、すごい・・・イク」

母は体全体で息をしていて、もう限界に近づいているようでした。

私も射精感が近くなってきて「出すよ!」と母に声をかけました。

母は、ほとんど意識が薄れそうな感じで

「あぁ、す、すごい… 」とうわ言のように繰り返していました。

私は母の両足をM字に開かせ、思いっきりパコンパコンパコンと音を立てて激しく膣穴を突きまくり、大量の精液を注入しました。

母の膣穴から肉棒を抜くと、精液がとろ~と流れ出てきました。

後で聞くと、母は昔、私を産んだあと、避妊手術をしたらしく、生の中出しが出来るのです。

その日は、2回戦とはいかず、そのまま、裸でグーグーと寝てしまいました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード