携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

恋人

野球観戦の帰りに…

北海道にあるドームで試合が始まり、
大勝した帰り道で、立ち寄った居酒屋で出会った女の子とエッチをした時の話です。

俺は久々にチケットを購入し、指定席に座り、いつものように片耳でラジオを聴きながらスコアブックをつけ試合を観戦していた。

その日は、投打がかみ合い見事大勝することができた。

いつも試合が終わったあとは、ある居酒屋に行くことが日課であり、そこにいるマスターとは長い付き合いであり、勝った日には料金を安くし、負けた日はお店を開けないスタイルを5年続けている。

この日は大勝だったし、かなりおまけなどをしてくれた。
そんな、居酒屋でカウンター席の方でレプリカユニホームを着て、スマホをいじってる人妻がいた。

おっぱいは大きく、レプリカユニホームの中に着てるTシャツが透けていてブラが見えていた。

そうだ話しかけて仲良くなってみよ、嫌われるかもしれないけど。

オレ『こんにちは』
???『こんにちは…』
オレ『今日、試合勝ってとても良かったですね!』
???『そうですね、ところであなたはだれ?』
オレ『あっ、すみません、俺いつも試合を観戦しながらこういうのつけてる、◯◯っていいます』
???『へ〜これがスコアブックって言うんだ〜見て良いですか?』
オレ『どうぞどうぞ、ところでお名前教えてもらっても良いですか?』
美玲『あっ私は美玲っていいます』
オレ『スコアブックって見たことありますか?』
美玲『ちょっとね…でも、わからないから教えてほしいな』
オレ『いいですよ!』
俺はとても楽しく、突然出会った美玲さんとそこで野球話に夢中になり、いろいろと話していた。途中マスターに注文をしつつ美玲さんと終始野球話をしていた。
美玲『へ〜勉強になりました、私も今度つけてみようかな』
オレ『俺でよければ教えるんで、試合見に行く日とか教えてもらったら』
美玲『◯◯さんには、いろいろと教えてもらいたいな』
オレ『いいですよ!俺でいいなら!』
美玲『◯◯さん…この後ってどうしてるんですか?』
オレ『家帰って今日の試合のスコアブックをパソコンに保存して、試合レポ書いてまた明日備えるかな』
美玲『◯◯さん…私それ見てみたい』
オレ『俺の家ここから少し遠いですけど、美玲さん大丈夫ですか?』
美玲『いいよ、明日何もないからさ』
俺は会計を済ませるなり、美玲さんを連れて俺のマンションへ向かった。
オレ『美玲さん、ここです』
美玲さんはなんとびっくりしていた。
美玲『◯◯さん、私も実はここのマンションにいるの…』
オレ『うそ?!まじですか?』
美玲『私は8階』
オレ『俺は7階』
美玲『知らなかった、これからもよろしくね』
オレ『俺の方こそよろしくお願いします』
美玲『じゃ、私ちょっと荷物置いてから行くね』
美玲さんとは一旦解散した。
俺は美玲さんが来るまでに簡単にだが部屋の掃除をした。

ピンポ〜ン

美玲『◯◯さん…美玲です』
オレ『ごめんごめん、お待たせ』
美玲『◯◯さん…』
玄関先で美玲は俺に抱きついてきた。
オレ『美玲さん…』
なんと、超ミニスカにレプリカユニホームを着てレプリカユニホームの中はブラだけだった。
美玲『◯◯さん…もうこんなに大きくしちゃったの』
オレ『そ、それは…美玲さんの』
美玲『しょうがないな、私がいっぱいいっぱいしてあげる』
オレ『美玲さん…あっ…』
俺はまだ会ってまもない美玲さんに玄関先でフェラをされた。
美玲『大きくて私好み…◯◯さんのおちん◯ん最高よ』
美玲さんのフェラテクに我慢できなくなり俺は出してしまった。
オレ『美玲さん…気持ちよかったです…』
美玲『も〜じゃ私ここにいるときは全部脱いでてあげる』
美玲さんは玄関で全裸になり、俺の部屋へと向かった。
オレ『美玲さん…』
俺は我慢ができなくなり、出したばっかりだが美玲さんのおっぱいやオマンコを弄った。
美玲『あっ…◯◯さん…だめ…あっ』
オレ『美玲さんだって俺のことしてきたじゃないですか』
美玲『あん…あっ…だめ…イキそう…あっ…』
美玲さんは玄関でびしょびしょになり、オマンコはヒクヒクしていた。
オレ『ほら、またこんなに大きくなってきたよ』
美玲『お願い…◯◯さんのちょうだい』
オレ『ちゃんとお願いしたらね』
俺は美玲さんに意地悪をした。
美玲『◯◯さんのぎんぎんなおちん◯ん、私のオマンコにください』
オレ『よくできました、じゃ、ベッドに行こうか』
美玲さんを先に歩かせ、ベッドに行くふりをしてオマンコに入れた。
美玲『え…あっ…だめ…あん…』
オレ『歩きながらベッドに行くのもいいよね?』
美玲『あっ…あん…あん…気持ちいいよ』
オレ『美玲さん…じゃそこに寝て俺の方にお尻向けて』
美玲『おもいっきりやって…』
俺は高速でピストンし、そのまま美玲さんの中に出してしまった。
美玲『◯◯さん…中はだめだよ…』
オレ『美玲さんの締まりが強くて、そのまま出しちゃった』
美玲『◯◯さんとの赤ちゃんできちゃうよ…』
オレ『俺は美玲が好きだよ』
美玲『◯◯さん…私も…』
オレ『もっともっと気持ちよくさせてあげるから』
美玲『◯◯さん…』
俺はその日から近所に住む、美玲さんとお付き合いをすることになった。
美玲さんは俺の2つ上で、俺たちは今は一軒家に住み、子供が3人いる。
野球観戦をしに行くときは、必ずレプリカユニホームを家族全員着て、応援してる!

今年こそ優勝しないかな!
実は優勝した年に子供が3人とも生まれているのも何かの縁かもしれない。


おっパブ嬢との情事

かれこれ五年前程の話。

就職をして、毎日家と職場の往復の
みが続いていた。


地元就職をした僕は、
同じく地元に就職した連れ二人とよく遊んでいた。

20代前半の健全な男子3人。


毎週毎週カラオケかボーリングかダーツか。


それの繰り返しだった。


ある日、その友達がおっパブに行こうと言い出した。


僕は当時彼女がいたため数回断ったが
なんせ同じ遊びの繰り返しに飽きていたのと
遊ぶ友達はそいつらだけという状況で

ついに、足を運ぶことになっていた。


いまでこそ、風俗にはずかしげもなく行けるようになったが、
その当時は、ドキドキ。


初めてのおっパブ。


友人二人は何回か行ったことがあったらしくお気にの娘を指名。

俺はなにもわからずフリーで入店。

たしか、40分5000円ほどだった。

それで女の子が3人回転してくれる。


そのときに一人目に来た娘。


源氏名はゆうな。


どうせ、おっパブだから
乳はあるが、顔は40点、
みたいなのがくるんだろうとおもっていたら
胸は貧乳、顔は童顔、八重歯が特徴的ないわばどストライクな娘がきて拍子抜けした。


僕はその場でその娘指名。


あんなことやこんなことをしてやろうかと考えてはいたのだが、

なぜか紳士的?になってしまい、
軽くキスだけして、ずっとお話。


服の上から胸を触るが胸はなし。

それもまた一興。


帰り際にメアドのかかれた名刺をわたされた。

営業ならお断りと受け取らずにいようとしたら
ゆうなから、
「お兄さんは優しそうだから、これ、営業用じゃないやつだから。今度呑みにいこ。あと、店には来ないで。」

ってささやかれ、ディープキスをされた。


そうこうして、
友達と合流。

その話をしたら、

それはすごい!


そうそうないから、いけるとこまでいけ!
とのこと。


彼女がいるのに、と思いつつも
帰りのコンビニのトイレで要を足すときに息子に目をやるとカウパーでパンツが濡れていたので、やってやる!と決心w



1週間後
連絡をすると
1週間ずっと待っていたらしく、
今日すぐにご飯という運びになった。


おれは酒が弱いので、少し呑んだぐらい。

ゆうなは、グィグィ。
へべれけ。

その勢いで、いろんなことを教えてくれた。

母子家庭で、学費の捻出のために始めたとか

時給は6000円くらいだとか。


泣きながら、色々話してた。


全部話終えると

「お兄さんやっぱり優しい」

と一言。


会計を済ませ、
まだ、電車はあったが、このまま帰らすのは不安なため

歩いて僕の一人暮しの部屋へ。


酔うと息子が元気無くなるタイプの俺は
下心は全く無く、心配だから
泊めることにした。


ゆうなは疑うこと無く、
「優しいお兄さんだから安心」
と言ってた。


とりあえず風呂は入らなくて良いと言うので、

家にあった二日酔いに効く系のドリンクを飲ませて、
自分のベットを明け渡した。

僕は雑魚寝。

ものの数分で寝息をたてるゆうな。


僕も眠気に襲われ就寝。



朝8時頃

雑魚寝特有の背中の痛みと、
それとは別の下半身の違和感で目が覚めた。


訳もわからず起きあがると、

ゆうなが俺の朝勃ちしたモノをくわえている。


寝ボケている僕には理解が出来ず
訳を聞いた、


ゆうなは目が覚めて

一瞬どこかわからなかったらしいが
俺の寝顔を見て理解したらしい。


しかし、別々に寝ており
なにもされてないんだと知ったときに
なんて優しいお兄さんなんだと思ったらしく

恩返しに朝ごはんでもと思ったらしい。


でも、

そのとき俺が寝返りをうったらしく
目をやるとパン1で寝てて尚且つ
朝勃ち。


それをみて、恩返しを切り替えたらしい-w



酔いも覚めてる僕の息子はギンギン。


もはや、制御不能。


責められるより責めたい派な僕は


彼女をすみずみまで愛撫。


どうやらちっぱいながら
おっぱいが弱点の様子。


乳首攻めをしていると喘ぐ喘ぐ。



我慢できない。


ゴムを装着して挿入。


締め付けが半端じゃなく気を抜いたら
搾り取られそうなほどの名器。


騎乗位になり
ゆうなは積極的に腰をふる。

というか、自分の気持ちいい所に集中的に当てている感じ。

愛らしかった。


なので腰を掴んで、
先程当てていた場所めがけて突き上げる。


「なんでっ、わかるのぉぉっ!!!」


って喘ぎながらいっててまた萌え。



そのあと、
息子を抜いて、ゴムをはずし出す ゆうな。


生でしたいなぁ。

とささやかれて断れないw


最後は正常位でベロチューしながら

外に出そうとすると泣きそうな顔で首を振る。


出して。と一言。


僕はうなずき、一番奥で発射。


しばらく抜かずにキスをしてた。




それから、1か月たったある日


ゆうなはおっパブを辞めてきたと、
俺の家に来た。


証拠に書面をもって。


いたずらっ子のような笑顔で


「お世話になってもいいです?」


と一言


ぼくは
玄関で、抱きしめた。



彼女と別れ、

ゆうなもといゆりあという女性と付き合い始めた。


そうして、
三年付き合い、結婚した。



友達二人は相手が元おっパブ嬢とは知らない。


結婚式の二次会で酔ったそいつらは
僕の嫁に、

こいつ昔なぁ、おっパブ嬢にさそわれてたぞぉ!!!
と暴露。

会場は盛り上がったが

僕ら二人は別の意味で笑った。



おっパブで拾う恋もあるんやね。


このへんで失礼します。


後輩マネージャーと…

俺が高2のとき、1年下の女の子の麻衣がマネージャーになることになった。

麻衣はいつも、優しく、俺にタオルや飲み物などを持ってきてくれるし、帰り道も同じだからいつも一緒に帰っていた。

そんな麻衣との夏休みの時の話です。

オレ『今日の練習はここまでかな、1時から卓球部来るしそろそろ片付けしてあがるぞみんな』
麻衣『◯◯先輩、お疲れ様です、タオルと先輩の好きなアクエリアスゼロ』
オレ『麻衣、いつもありがとうな』
麻衣『いえいえ!バンバン私を使ってください!』
麻衣は150センチくらいで巨乳しかも細身だから俺好みだった。
オレ『なぁ、麻衣今日俺の教室にいてくれないか?』
麻衣『わかりました!』
オレ『じゃ、みんな今日もお疲れ様!明日は休みなのでまた来週!解散!』
俺は練習着からジャージに着替え、麻衣が待ってる俺の教室に向かった。
麻衣『◯◯先輩、今日もナイススパイクでしたよ!』
オレ『そうか?ありがと!』
麻衣『ところで、先輩今日はどこかに行くんですか?』
オレ『え?』
麻衣『いつもなら〜練習着のまま帰るのに』
オレ『ちょっとな…』
俺はそう言い麻衣の横に座った。
麻衣『先輩…』
オレ『麻衣…』
目を合わせると俺たちは教室ということを忘れキスをした。
オレ『麻衣…いいよな』
麻衣『うん…』
麻衣は小さく頷いた。
オレ『麻衣…本当に大きくて立派なおっぱいだよ』
麻衣『あん…先輩にされるのわたし…いつもいつも思ってました…』
オレ『麻衣のおっぱい俺ずっと触りたくて仕方なかったんだよ』
麻衣『先輩…ここだと誰か来ちゃうからトイレに行きましょう…』
オレ『そうだな、麻衣ノーブラになっておいて』
麻衣『はい…』
麻衣はノーブラになりながら、乳首をスケスケにしてトイレに向かった。
オレ『麻衣、もう俺のチンコもこんなになっちゃった』
麻衣『先輩…のすごい大きい…麻衣のアソコに入るのかな…』
オレ『麻衣舐めてくれよ』
麻衣『初めてなので下手くそかもしれないですけど…』
麻衣は小さい口で俺のチンコをフェラしてくれた。
オレ『麻衣、先っぽ気持ちいいよ…』
麻衣『◯◯先輩の大きくてとっても立派です』
オレ『麻衣、その大きいおっぱいで俺のチンコ挟んでみて』
麻衣『挟むんですか?』
麻衣はぎこちないがパイズリをしてくれた
オレ『麻衣…出そう…あっ…』
麻衣『きゃ…』
俺は麻衣のおっぱいにザーメンを射精してしまった。
麻衣『◯◯先輩の精子すごあ…いっぱい出ましたね』
オレ『ごめんな、入れてあげれなくて』
麻衣『◯◯先輩…』
麻衣はお掃除フェラをしながら俺のチンコを勃起させようと舐め続けたり、手コキしたりしてくれた。
麻衣『◯◯先輩…今出したのに…また大きくなってる…』
オレ『麻衣…俺ももう我慢できねぇ』
麻衣『きゃ…優しくしてくださいね』
オレ『じゃ、麻衣入れるぞ…』
麻衣『あん…あっ…先輩…痛っ』
オレ『痛いか?』
麻衣『痛くても我慢します…もっともっと突いていいですよ』
俺はその後も麻衣のオマンコに入れ、優しくしたり激しくしたりした。
麻衣『◯◯先輩…麻衣…気持ちいいよ…』
オレ『俺も…また出そう…』
麻衣『中以外なからどこでもいいですよ』
オレ『あっ…イク…あっ…』
俺は麻衣のお尻にザーメンを射精した。
麻衣『◯◯先輩…好きです』
オレ『麻衣…俺も好きだよ』
俺はその日から麻衣と正式に付き合うことになった。
それからも夏休みの練習の後は、トイレや部室でエッチをした。
そんな麻衣と付き合ってもう5年になる。
麻衣とはこれからもずっとエッチをしていく。


退院の前の日に…

俺は大学3年の夏を病院で過ごした。

3週間の入院生活を送っていた。

その時に出会った、8個上のナースの
Aさんとのエッチな体験です。

Aさん『◯◯くん、最後の清拭だよ』
オレ『あ〜退院したくないですね』
Aさん『どうして?』
オレ『だって、Aさんに会えないから』
Aさん『そっか〜今日ねわたし1日病院いるから寂しくなったらナースコールして』
オレ『Aさん以外来ないよね?』
Aさん『うん、なるべくわたしが行く!』
オレ『Aさん……あの……』
Aさん『あら』
Aさんはクスクス笑っていた
オレ『だって……そこ拭いてるから…』
Aさん『◯◯くんのおちんちん、大きいな〜』
オレ『Aさん……舐めて…』
Aさん『だ〜め、バレたらどうするの?』
オレ『だって……Aさんにしてほしい最後の日だから…』
Aさん『ん〜〜』
Aさんは考えていたが、首を横に振った。
オレ『Aさん……』
Aさん『きゃっ……』
俺はAさんのおっぱいをナース服の上から触った。
オレ『大きい……』
Aさん『ダメ……◯◯くん…』
オレ『だって……Aさんがしてくれないと嫌だよ……』
Aさん『じゃ、あとでくるから…』
またクスクス笑って行ってしまった。

その日の晩、俺は消灯時間を過ぎても少し起きていた。
オレ『Aさん……あれから来ないな』
ガラガラ…ガラガラ…
Aさん『◯◯くん…起きてる?』
オレ『Aさん?!』
Aさん『起きてたのね…よかった』
オレ『お昼はごめんなさい』
Aさん『いいの…わたしの方こそ』
オレ『Aさん……』
Aさん『◯◯くん……してほしいこと言ってわたしでよければしてあげる』
オレ『Aさんに舐めてもらって、おっぱいで挟んでほしいな』
Aさん『わかった、してあげる』
Aさんは俺のチンコをジュボジュボ、深くまで咥えたり、手コキしたり、そしてパイズリでイカせてくれた。
Aさん『◯◯くん…もし…退院したあと会いたくなったら連絡して』
オレ『これは…?』
Aさん『わたしのLINEよ』
オレ『まじっすか?やったー』
Aさん『今日早速おくって』
俺はすぐに友達になり、Aさんと連絡できるようになった。

翌日俺は退院した。
その日、一人暮らしのアパートに帰る途中に、AさんからLINEが来た。

Aさん『今日休みだから、わたしの△△マンションに来て』
俺はAさんの住むマンションに向かい、Aさんとその日は退院祝いをしてもらい、初体験をすることができた。

Aさんとは、年の差婚をすることに決めている。
俺は去年が大学を卒業し、お互い働く場所は違えども、住む家は一緒、ナースをしてるAさんと出会え、付き合うことができたことはとても嬉しい。
これからも、Aさんと一緒にいる。


部活終わりに…

俺は中学高校と吹奏楽部に入った。

楽器を演奏することが好きなのと、
一つ上にいる、亜希先輩とコンクールに
出ることが夢で始めた。

亜希先輩(以降亜希)は、俺が中学の時、
同じ楽器で、いつも丁寧に時に厳しく、
時に優しく指導してくれた。

亜希とは、残念ながら一緒には
コンクールに出ることができなく、
俺はいつも途方に暮れていた。

中学を卒業し、俺は亜希のいる
高校へと進学。
高校でも同じパートになり、顧問の
先生から俺は亜希と一緒に組むこと
になった。

1年の夏休みの練習の時の話を
これからしようと思う。

亜希『◯◯くん、もうちょっとだけ練習付き合って』
オレ『あ、はい、わかりました』
亜希『私ね、今年こそコンクールに出たいんだ』
オレ『そうなんですね!俺も、がんばりますよ!』
亜希『2時まで練習しよっか!』
その後、1時間亜希と一緒に音楽室で練習を行った。
亜希『よ〜し、今日はここまで』
オレ『先輩、お疲れ様です』
亜希『そうだ、◯◯くん、今日暇?』
オレ『え、はい、何もないですよ』
亜希『じゃ〜ちょっと待ってて』
オレ『はい』
そう言うと、亜希は音楽室を出てどこかに向かった。
亜希『ごめん、ごめん』
オレ『大丈夫ですよ、どこ行ってたんですか?』
亜希『真由美先生に鍵渡そうとしたらいなくてさ』
オレ『そうだったんですか』
亜希『ね〜◯◯くん、前に私と帰ってた時のこと覚えてる?』
オレ『え〜と、なんでしたっけ?』
亜希『わたしと…したいんでしょ?』
オレ『い、いや、あれは…』
亜希『いいんだよ、そんなに恥ずかしからなくても』
オレ『あ、あの時は…先輩のことが好きで思わず…』
亜希『素直に言えばいいの』
オレ『だって……先輩に彼氏がいるんじゃないかなって…』
亜希『◯◯くん、わたしのこと好き?』
オレ『はい……先輩のことがだいすきです』
亜希『◯◯くん、わたしもだいすきだよ』
オレ『先輩……あ、あの…』
亜希『ん?なに?』
ガチャ!
真由美先生『あなたたち、先生4時には帰るからね』
2人『はい、わかりました』
真由美先生『職員室寄っててね〜』
亜希『先生、わかりました!』
真由美先生『じゃ〜ね〜』
真由美先生が突然来たが、俺たちが抱き合ってるのは幸いバレなかった。
オレ『先輩…オレ先輩と……』
亜希『も〜◯◯くん、こんなとこ大きくしちゃって』
オレ『あっ…そ、それは……』
亜希『わたしが気持ちよくしてあげるから、あそこの部屋行こうか』
オレ『そうですね…』
防音の部屋でしかも、立ち入り禁止と札をつけておけば誰も入れない個人レッスン部屋に移動。
亜希『◯◯くん、大きいのね』
オレ『そうですか…自分ではあまりわからなくて』
亜希『わたし、大きいおちんちんだいすきだよ、◯◯くんの舐めてあげる』
オレ『気持ちいいです……あ…』
亜希『◯◯くん、舐められながらこういうのされたらもっといいでしょ?』
オレ『手でシコられるととっても…気持ちいいです……』
亜希『◯◯くん、わたしのおっぱい見たいでしょ?』
オレ『はい……先輩のおっぱい見たい』
亜希『いつも大きいおっぱい想像してたの?』
オレ『そんな…ことないですよ!』
亜希『じゃ、わたしのおっぱいでいっぱい挟んであげる』
オレ『あっ…気持ちいい…すごい…先輩最高です』
亜希『◯◯くん、わたしのおっぱいでイカせてあげる』
オレ『あっ……でる……』
俺は亜希のパイズリで狭射した。
亜希『◯◯くん、きれいにしてあげる』
オレ『あっ…とっても気持ちよかった』
亜希『◯◯くん今出したのに、また大きくしてオマンコに欲しいよ』
オレ『先輩のオマンコに…』
亜希『早く入れて……』
亜希はくぱぁ〜ってしながら俺を誘惑し、オマンコを見せてくれた。
オレ『入れますよ』
亜希『あっ……ん…すごい…』
オレ『先輩…先輩…』
亜希『◯◯くんのおちんちんかたい…嬉しいわたしの初めてが◯◯くんで…』
オレ『俺もです…』
亜希『ちょっと痛いけど、我慢するからおもいっきりきて』
俺は亜希のオマンコに入れまくった。
亜希『◯◯くん、好きなとこに出していいよ』
オレ『このまま…』
亜希『それは…ダメ……』
オレ『あっ……イク…』
俺は亜希のお腹に射精した。
亜希『あっ……ん…あっ……』
オレ『先輩…気持ちよかったです…』
亜希『◯◯くん、だいすき……ちゅっ』
その日以降、亜希とは練習終わりにエッチをしたり亜希が生理の時は俺が気持ちよくしてもらった。

そして、亜希が高3、俺が高2の夏、
念願だったコンクールに出場し、
亜希は個人の部で金賞に輝いた。
あの時の亜希はとっても嬉しそうだった。

その後……
俺と亜希は結婚し、今では小学生になる
娘と息子がいる。
2人で昔の吹奏楽の時の話をしてあげる時期もそろそろくる。
子供達にもその道に進んでほしいなって
思う。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード