携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

恋人

巨乳の幼馴染と。

高校のときに同じクラスだった萌(めぐみ)と久しぶりに同窓会で会った。 高校のときから、俺は萌のおっぱいばっかりに興味があった。 萌は話をしていると、彼氏がいるけど全然かまってくれなく挙げ句の果てには浮気をされているみたいなことを言っていた。 続きを読む

年上の女性と…

大学3年の時、実家に帰省するため、飛行機の中で俺はいつも通り、安い席にして、離陸を待っていた。

夏休みだったし、結構人が乗っていた、右は家族連れ、左に座っていたその女性に俺は一目惚れした。

小柄でセミロング、顔は島谷ひとみさんに似ていた。
なによりもおっぱいが大きく、胸元が見えて俺は勃起してしまった。

新千歳から羽田間って1時間半くらいあれば着くので俺は寝ないで、ラジオを聴くことにした。
すると、隣に座ってる女性が『あの…今回はどちらまで?』
初対面なのに話しかけてくれ、しかも目の前には谷間が…俺は『今回は実家に帰省します』少しオドオドしながら答えた。

女性はさらに『へぇ〜今時期暑くて暑くてどちらのご出身ですか?』と聞かれ、『神奈川の方ですね』よく見ると、とっても若く見えそれにおっぱいがどうしても気になっていた。

頷きながら俺の方を見て『実は、私も神奈川の方なんですよ』女性は笑顔になりながら俺の方を見ていた。『私は、鎌倉の方なんですけど、どちらですか?』たまたまなのか、俺も鎌倉!と思い、『俺も鎌倉です!』
少しテンション高めで女性に答えた。

すると少し間が空いたので、俺が『すみませんお名前は教えてください』あっ!って顔して女性は『ゆうかっていいます!名前なんて言うの?』
ゆうかさんは再び俺に谷間が見えるよう聞いてきた、『俺は貴司です』

『貴司くんね!そっか、羽田から鎌倉まで私も一緒でいいかしら?』
ゆうかさんというまだ会って間もないのに一緒に行動できるなんて…『もちろんいいですよ!』俺はテンションが上がりそれについついおっぱいを見すぎてチンコも大きくなっていた。

無事着陸し、とりあえず荷物を取りに向かった。
するとゆうかさんが『貴司くん、今日はこの後なにかあるの?』
俺は実家に帰っても父親と母親がやってるお店の手伝いしかしない、『今日は空いてますよ!』俺は快く答えた。

ゆうかさんのおっぱいは歩くたびに、ゆさゆさ、ゆさゆさ揺れて最高で俺はマジマジと見ていた。

ゆうかさんは『そしたら、私も暇なんだけど、遊ばない?』遊ぶ?俺はAV的想像をしてしまった、『いいですよ!連絡先どうしますか?』
ゆうかさんはiPhoneを取り出し、『LINEのID教えるね!』俺は入力し、ゆうかさんと交換した。
『じゃ、準備できたら鎌倉駅ね!LINE待ってるね貴司くん!』

ゆうかさんと鎌倉駅で一旦別れ、俺は実家に向かった。
着くなり『今から鎌倉駅向かいます!』と俺はLINEを送信した。

しばらくするとゆうかさんから『じゃ、30分後待ち合わせ!』俺はゆうかさんと何をするのかなって思っていた。
親にはとりあえず買い物行ってそのままダチと飲んでくるとだけ伝えた。

約30分後、駅のベンチにゆうかさんが座っていた、『ゆうかさん?貴司です』ゆうかさんは、服を着替えて来た『貴司くん、遅いよ!笑』ゆうかさんは、着替えてきた服装もミニスカにさらに谷間を強調した服装だった。

俺は不思議に思ったので『ゆうかさん、これからどうするんですか?』思わず聞いてしまった、するとゆうかさんは『今から私のお家連れてってあげる』なんと、ゆうかさんは北海道に仕事で来てて、その帰りだったらしい。

しばらく歩くとゆうかさんが『ここのマンションの3階が私のお家』俺はゆうかさんの住むマンションを見て『大きいですね、ここに住んでるんだ』俺の家からさほど遠くないところにあるマンションだ。

ゆうかさんは『ちょっと散らかってるけども気にしないで』そう言われ、冷蔵庫からビールを持ってきた。ゆうかさんが『はい、貴司くんも飲んで!飲んで!』俺は『ありがとうございます』あまり知らない初対面の女性とこの後何があるのかワクワクとドキドキしていた。

するとゆうかさんが『暑いね〜、チョット脱いでもいいかな?』突然Tシャツを脱ぎ始めブラジャーだけになった、俺は『ゆうかさん…それは…さすがに…』
俺はゆうかさんのブラ姿で飛行機の中でのことより勃起してしまった。

ゆうかさんは『貴司くん、どうしたの?大きくなっちゃって』俺は『ゆうかさんのおっぱいが…』ウフフって笑いながらゆうかさんは『飛行機の中でも見てたの知ってるんだからね、見せてごらんおちんちん』

ゆうかさんに言われるなり俺は『まだした事がなくて…』実は童貞で彼女もできたことがなくAVばっか見てるしょうもない男である。

ゆうかさんは『貴司くん、私がいっぱい気持ちくさせてあげるから』そう言われゆうかさんは、まず優しくシコシコをして、唾をつけてシコシコ、口に咥えたり、俺のチンコをいっぱい奉仕してくれてる。

俺は『ゆうかさんのおっぱいが見たい』思わず言ってしまった、ゆうかさんは嫌がることもなくブラを取り、でかいメロンおっぱいを見せてくれた。

ゆうかさんは『貴司くん、おっぱいで挟んであげる』俺はパイズリが大好きで、ゆうかさんのパイズリで射精してしまった。

俺は『ゆうかさん…気持ちよかったです』
ゆうかさんは俺のザーメンを飲んで、ベッドに行き『私のオナニー見て、また大きくして』俺はゆうかさんのオナニーをマジマジと見ていた。

ゆうかさんは『貴司くん…早く早く貴司くんのおちんちんほしいよー』誘ってきているがなかなか大きくならない。するとゆうかさんは『咥えながらオナニーしてあげるね』

すげー気持ちよく、ゆうかさんのオマンコ汁がついた手で手コキもしてくれ、しばらくすると再び勃起した。

ゆうかさんは『じゃ、貴司くんの初めていただくよ』騎乗位が俺の初体験。
ゆうかさんのオマンコはとっても、ヌルヌルですげー気持ちよかった。

俺は『そんなに動いたらまた出ちゃいますよ』ゆうかさんの激しい上下運動で俺は我慢できなくなりそのまま中に出した。

ゆうかさんは『あらあら、中出ししちゃったの?まあ、今日は安全な日だからいいけどね』その後、ゆうかさんと4回戦までして、その日は俺は家に帰った。

鎌倉にいる間でゆうかさんと時間を合わせてエッチを教えてもらっていた。
ゆうかさんは、後ほど聞くと俺の8つ上だった。
なので、大学3年は20なので、28歳、そしておっぱいはGかHはあったかな。

あれから3年、俺たちは交際をし、婚約をし、結婚することになりました。


元カノのおかげです

結婚8年の34歳、妻は30歳です。
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。
あの女性は処女かな?とか、あの人は結婚指輪してるけど、どんなセックスするのかな?とか、清純そうな顔した若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想をめぐらしてしまいます。

そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。
私は次男坊なので、親元を離れて県庁所在地の大学へ進んで、卒業後も故郷へは帰らずそのまま居つきました。
就職して、アパートを大学のそばから通勤環境の良いところへ引っ越した時、隣の部屋にも同じく越してきたのが元カノで、短大1年生でした。
元カノは大人しい控え目な田舎の女の子で、純朴な見た目で押しに弱く、お隣同士で仲良くなって2ヶ月ちょっとの6月中旬には、私に処女を奪われていました。
元カノの部屋は交通の便を優先したせいか郊外にある短大から少し離れていたので、友達が尋ねてくることはほとんどありませんでしたから、元カノが快感を知ると週末はヤリッ放し、週中でも帰りが遅くなければエッチしていました。
ちょっと田舎くさい純朴少女が、
「あ、あ、やぁっ、くっ、ひぃ、ひぁっ、あっ、あっ、あっ、あんっ、あんっ、あんっ!」
と淫乱な喘ぎをするようになっていきました。

2年生になって、裕未というアイドル級に可愛い女の子がちょくちょく元カノの部屋に顔を見せるようになりました。
その裕未は地元の自宅通学の子で、可愛いだけあって県庁所在地の自治体のミス○○に選考され、2年生の時は市のキャンペーンガールの一人として活動していました。
そのため、より市街地に近い私鉄の駅のそばの元カノの部屋で時間調整をするようになったのです。
週末、私が裕未の部屋にいるときに尋ねてきて、
「すみません。お邪魔ですよね。2時間ほどしたらいなくなりますから。」
なんてことはしょっちゅうでしたが、裕未が帰るとすぐ、元カノとエッチを始めて、大人しい純朴娘を外見からは妄想できないくらい淫乱に喘がせていました。

当然裕未のことも妄想して、元カノと対照的にハキハキして明朗な裕未は性の対象でした。
アイドル級に可愛い裕未には当然彼氏はいるよなあ、セックスするとどんな喘ぎ方するのかなあ、どんな裸なのかなあ、どんなアソコなのかなあ、これだけ可愛いとヤラレまくってドドメ色だったりするのかなあ、などと妄想していました。

そんな1年が過ぎて、元カノが卒業して実家に帰り、隣の空き部屋の前で淋しさを噛み締めていたら、裕未が訪ねてきました。
「淋しそうですね。私と遊びませんか?1年間、お邪魔虫しちゃったから、お詫びに元気付けようかと思って・・・」
「彼氏いるんだろう?マズイんじゃない?」
「去年、ミス○○やってて週末はイベントで忙しくて、彼となかなか会えなくなってたら、彼、他の女の子とエッチしてて、それで別れちゃったんです。お前がなかなかヤラせてくれないから、なんて言うんですよ。アタマきますよね。」
私は、どちらかと言うと彼氏の気持ちの方がわかりましたが、もしかするとこのアイドル級の裕未と付き合えるんじゃないかと思って、裕未に同調していました。

こうして3月半ばから裕未と遊んでいるうち、元カノへの思いより裕未への思いが募ってきて、ゴールデンウィークの最終日に、交際を申し込みました。
「ハイ、もちろんOKですよ。私、嫌いな男の人と二人で遊びませんから。」
とあっさり承諾してくれました。
こうなると次は今まで妄想を重ねてきた裕未の裸、アソコ、喘ぎを見たいと思うのが人情、早速、5月最後の週末のドライブの帰り、ラブホの前で減速して、
「裕未ちゃん・・・まだダメかなあ・・・」
と言うと、
「私、あの子(元カノ)と違って経験済みですから、交際している以上断りませんよ。」
とこれまたあっさりで、
「いつ口説かれるのか、ずっと楽しみにしていたんですけど、意外とあっさりでしたね。」
と逆に言われてしまいました。

裕未はセックスも明朗で、私の目の前でバスタオルで体を拭いたら隠すことなくベッドに来て、
「あの、男女の中になるんだから、裕未ちゃんはやめて、今から裕未にして下さいね。」
「わかったよ裕未。そしたら裕未も敬語止めてね。」
「うん、わかった。じゃあ、気持ちいいエッチしましょ。」
裕未は華奢だった元カノよりは肉付きが良く、ムッチリの一歩手前という感じでした。
この顔と身体なら、グラビアアイドルもイケると思いました。
妄想していたアソコは、お隣同士の半同棲状態で、新婚夫婦のようにヤリまくっていた元カノと比べたらずっと綺麗で、クリの両サイドが若干色付いている程度でした。
クンニしながら、今度は可愛い裕未のアソコに入ったペニスの妄想をしてしまいました。
何本入ったのかな?とか、初めて入ったのはいつかな?とか、妄想がペニスを硬くしていきました。
「あう~ん、ん、ん、ん、ううっ、あー、気持ちいいー、あ、あ・・・」
クンニに喘ぐ裕未は、元カノよりもはっきりと快感を表現して、素直にエッチを楽しもうとしていました。
フェラも感覚だけでなく、エロい舐め方で視覚でもエッチを楽しませようとしていました。
「あーん、もうそろそろ入れて!チンチン欲しいよー」
本当に素直にエッチを楽しむ裕未は、腰の動きも私にシンクロさせて快感を貪り、
「ひっ!ひっ!あひっ!あひっ!す、す、凄い、凄く感じるぅーーくぅ~~~っ!ひぅぁーーーーーーー!」
全身を引きつらせて昇天しました。

私は、純朴な素カノの恥じらう仕草や喘ぎを我慢する様子に萌えていました。
それでも感じて、我慢しきれず喘ぎだして乱れて、また恥じらう元カノが健気で好きでした。
外見は裕未のほうが圧倒的に可愛いですが、素カノの可憐さもまた愛しかったのです。
ですが、2年間男女の関係に在りながら、私は元カノを逝かせることは出来ずじまいでした。
元カノは遠く離れた、と言っても県内ですが、しょっちゅう会える距離じゃなくなるからフェードアウトする辛さを避けてお別れしましたが、交際が継続していれば結婚していたと思います。

一方、明るくセックスを楽しむ裕未を見て、淫乱さよりも素直さに好感が持てました。
自分から気持ちいい場所にペニスを誘導するように腰を使って快感を貪り、可愛いアイドル顔を歪ませて昇りつめていく裕未は、与えられる快楽こそが愛情と考えているような女の子でした。
裕未と10回目のセックスは6月下旬、射精を必死で我慢しながら汗だくで裕未を感じさせていたら、裕未が唸るように仰け反って動かなくなりました。
「私、初めて逝ったかも・・・」
快感に反応することを我慢する元カノを乱れさせたい一心で射精を我慢していた私は、今度は貪欲に快感を貪る裕未を逝かせたくて射精を我慢して頑張るようになりました。

「あー気持ちよかった・・・私を逝かせてあげようって頑張ってくれるのって、愛情を感じるなー・・・夫婦って、セックスあっての関係じゃない?やっぱり、お嫁に行くならこういう人がいいな・・・」
逝った後、余韻を楽しみながら呟かれて、その日、プロポーズしました。

私26歳、裕未22歳、ちょっと早いんじゃない?と言われましたが8年前に結婚しました。
毎日エッチする結婚生活は8年過ぎても変わらず、いつもは明るく可愛いママの裕未を、夜は淫らに喘がせるのが生き甲斐になっています。
「どうやってあんな可愛い子ゲットしたんだよ・・・」
とやっかみを受けましたが、仰るとおり私はイケメンじゃありませんから、周囲は不思議だと思ったでしょう。
私がアイドル級に可愛い妻と結婚できたのは、間違いなく元カノのおかげなのです。
元カノが私の部屋の隣に越してこなければ、裕未との出会いはありませんでした。
そして、結婚してから裕未から聞いたのですが、裕未は、私との赤裸々な秘め事を元カノから聞いた事があって、それで私に興味を持ったようなのです。
裕未の元彼はイケメンだけど自分本位のセックス、自分の友達の彼氏はイケメンじゃないけど彼女本位に考えて頑張ってくれるセックス、そこに愛情が感じられたのだと言いました。

裕未を通して聞いたのですが、元カノは実家に戻ってOLをしていましたが、あのとおりの控え目な性格なのでなかなか彼氏が出来ず、26歳で婚活に入り、28歳で3歳年上の草食系の男性と結婚したそうです。
その話を聞いて、私は、旦那さんに抱かれて喘いでいる元カノの華奢な体と純朴顔を妄想して、切なくなっていました。
10年前、私が愛した元カノを私は今でも愛しているんだなと思うと、裕未も元彼を忘れられない時があるのかな?と、これまた妄想している私なのでありました。


婚約者は非処女

処女でない女性と結婚した人は、

 自分も他の女性とハメあってきたから、お互い様
 変えようのない過去を責めても仕方がない
 努めてそれを考えないことにしている

など、妥協なり、封印なりをしていると思いますね。
男なら誰だって、自分の愛する奥さんが過去に知らない男とセックスしてる場面なんて、想像したくないですから。男なら、処女の方を独占したい願望は絶対にあると思います。

私は現在30歳で、昨年、4年ぶり3人目の彼女ができました。彼女は現在26歳、お淑やかでかなりの美人です。よく今まで売れ残っていたなと思いました。そして昨年の夏、初めてセックスしましたが、多分私より性体験が豊富なんじゃないかと思いました。
私は今まで処女の方と巡り会ったことはありません。美人の彼女だけに、何人もの男性を知っているんだろうなと思います。喘ぎ、イヤらしい腰の動き、あのお淑やかな美人がこんなに淫らだなんて!とショックを受けるほど彼女のセックスはエロいです。
そんな彼女は私とのセックスで満足しているのだろうか?彼女の元彼達はもっと彼女を喜ばせたんじゃないか?彼女の本当に望むセックスは何だろうか?などと、私は、彼女の元彼達への劣等感に苛まれていました。

私は彼女と結婚したい!そう切に願い、今年の3月に、そのことを彼女に伝えた上で、
「君が心から満足するセックスをしたい。君がしてほしいこと、叶えてほしい性癖、何でも言って欲しい。豊な性生活をいつまでも遅れる夫婦になりたい。」
と、嫌われることも覚悟して言いました。
彼女は、暫く黙り込みましたが、私に、打ち明けてくれたことは、

 体の自由を奪われて、他人には見せられないほどの辱めを受ける、羞恥の快楽に身を投じたい。
 相手の体の自由を奪い、他人には見せられないほどの羞恥を与えて射精を観察したい。

という2種類の願望が、時に湧いてくると言いました。普段はそのどちらでもない普通の性欲なのに、時々どちらかの性癖が顔を出すのだそうです。私は、愕然としつつも、何となくわかるような気がして、彼女の性癖に付き合う決意を固めました。
彼女のために、ピンクローター、バイブレーター、クリキャップ、コックリング、ボールリングなど、男女の性器責め具を買い集めました。
そして、彼女が責められたいときは彼女を陵辱し、私を責めたいときは彼女にペニスを差し出しています。
あれから5ヶ月、彼女が私を責めたい時は彼女が生理のときに多く、責められたいときは排卵日当たりに多い傾向がわかってきました。
今は、彼女は手足を縛られて私の前で大股を開いて、クリキャップを吸い付かせながらアソコを陵辱されて連続絶頂を味わい、また、その半月後には私を縛り上げて、私のペニスとタマを樹脂性のリングで締め上げて、何度も射精を焦らされて悶絶する私を見て満足しています。

彼女は私との性生活をもっと満喫したいと、先週、逆プロポーズをされました。
多分来年の3月頃、私達は結婚すると思います。彼女の元彼達は為し得なかった倒錯した快楽の日々を過ごす私は、彼女の元彼達に勝ったという満足感 があります。例え非処女であろうとも、お淑やかで美しい美人があられもない姿で悶え乱れる姿を見られる喜び、また、締め上げられて醜く変形したペニスとパ ンパンになったタマを苛められる無様な男を観察される喜びは、私しか味わっていないという優越感があります。


憧れの彩美先輩と…

俺が高2の夏、家でグダグダして、そして地元の祭にでも行ってこようかなって思ってた時の話です。

俺4つ上の先輩で、彩美さんが大学の休みで帰ってきてるって聞いていた。

お祭り会場で、どうやら出店のお手伝いをしているらしいので、俺は行くだけ1人で行くことにした。

オレ『彩美さん、どこにいるんだろ』
ふと前の方で手を振っている人がいた、間違いなく彩美先輩だった!
彩美さん『久しぶりだね!◯◯くん、元気だった?』
オレ『まあまあです!先輩はどうです?』
彩美さん『私もまあまあかな…笑』
オレ『彩美先輩、今日はお店のお手伝いしてるんですね』
彩美さん『そうなの〜ちょっとだけめんどくさいんだけどね!』
そこに彩美先輩のお母さんが来て、少しお話をした。
彩美さん『じゃ、私戻るね!』
オレ『がんばってください!』
それからしばらく見て、クジをしたり型抜きしたり祭を楽しんだ。
彩美さん『◯◯くん〜』
オレ『え?どうしたんですか?』
彩美さん『お母さんに店番今日はいいからって言われたの』
オレ『まじですか?良かったですね!』
彩美さん『◯◯くん、あっちのベンチでも行こうよ』
オレ『あ、はい!』
まさか…彩美先輩と2人っきりになれるとは思ってもいなかった。
彩美さん『◯◯くん、あれからどう?』
オレ『そうですね、ぼちぼちって感じで特に変化もなく』
彩美さん『◯◯くんらしいな、でも頑張りなよ』
オレ『彩美先輩は、彼氏とはまだお付き合いしてるんですよね?』
彩美さん『ううん、もう、別れたの』
オレ『何かあったんですか?』
彩美さん『彼ね、私よりもずっと好きな人ができたんだって、男ってバカみたい!』
オレ『そうだったんだ』
彩美さん『◯◯くんも彼女できた?』
オレ『いえ、俺は全くですよ』
彩美さん『じゃ…』
突然彩美先輩は俺にキスをしてきた。
オレ『え?な、なんですか…』
彩美さん『◯◯くん…私とエッチなことしない?』
彩美先輩は、突然谷間を強調し、俺のことを誘惑してきた。
オレ『彩美先輩に、そんなに誘われたら俺我慢できないです』
彩美さん『誰も来ないから、私に好きにしていいよ』
俺は彩美先輩のおっぱいを揉んだり、ブラの上から乳首を触ったり、俺が知ってることをした。
彩美さん『◯◯くん…もう私我慢できないよ…』
オレ『彩美先輩…あそこのトイレ』
彩美さん『うん…』
そして、公共トイレに入り、そこで生で彩美先輩のオマンコに挿入、中出しはダメって言われたが彩美先輩のお尻にザーメンをいっぱい出した。
その次の日も、またまた次の日も、彩美先輩とエッチをした。
俺は彩美先輩と付き合い、もう少しで家族が増える。
あの夏の出来事は今でも2人でたまに思い出すことがある。
俺の夏休みの中で一番最高だった。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード