携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

妄想

奥様に破廉恥を躾けた男は何人いるのか・・・

国勢調査の統計上、35歳までに結婚してない男性が、その後結婚できる可能性は数パーセントらしい。
そして、男性の5人に1人は、一度も結婚経験がないまま一生を終えるらしい。
結婚できたとしても、平均初婚年齢がついに男性が30歳を超え、女性も30歳に近付いてきた昨今、出会った頃の奥様は20代半ばだろう。

アイドルのように可愛い奥様、清らかな乙女のように清純な奥様、淑やかで慎み深い清楚な奥様・・・
そんなステキな奥様と出会い、心ときめかせ、奥様を初めて抱いたとき、可愛い奥様は、清純な奥様は、清楚な奥様は快感に悶絶し、そのあどけない顔を、純真な顔を、上品な顔を淫らに喘がせたのだ。

そう、20代半ばまでの間に、可愛い奥様も、清純な奥様も、清楚な奥様もどこかの男に恥唇をご開帳して恥豆を転がされ、恥穴に男根の突貫を許し破瓜の鮮血に染まったのだ。
メリメリ拡がる男根に戸惑いながらも、快感が芽生えておツユを流し、恥らいよりも恥欲が勝り、淫情に耽るようになっていったのだ。
一度覚えた性の快楽は、破廉恥な行為と引き換えに次の男にも与えられ、更に次の男にも・・・

可愛い奥様も、清純な奥様も、清楚な奥様も、かつては純真無垢だったけれど、淫欲に浅ましく恥悶えする大人の女に成長して、将来のご主人となるあなたの前に現れた。
30歳前には結婚しないと・・・せっかく見つけた王子様、体を張って誘惑したのです。
可愛い、清純、清楚・・・それぞれの個性に磨きをかけて、処女ではないけど経験は浅いのよ・・・みたいな顔であなたに抱かれた。
何人もの男に玩ばれた恥唇と恥豆、何本もの男根がぶち込まれて性欲を処理して、快楽のためなら恥辱さえ受容する貪欲な使い古しの恥穴と知らずに、可愛い奥様、清純な奥様、清楚な奥様のその見た目を信じ、結婚したのだ。

妄想してみよう、奥様の恥穴が見知らぬ男の男根で破瓜の血に染まる様子を・・・

妄想してみよう、奥様の恥穴を見知らぬ男根が往復して恥唇がめくれる様子を・・・

妄想してみよう、奥様が見知らぬ男に抱かれて恥穴からおツユを流して悶える様子を・・・

本当かどうか知らないが、5年前の30代奥様の結婚するまでの性体験人数は平均3.8人だったそうだ。
本当かどうか知らないが、女性はクリスマスケーキで24が食べ頃で25過ぎると売れ残りと言われた25年前は、2.1人だったそうだ。
晩婚化しているから当たり前といえば当たり前だが・・・

さて、10年前に結婚した女房は8歳年下の35歳、清純派の純情娘に見えた23歳の頃、既に処女膜は無かった。
ピンクの恥唇を広げて覗かれることを恥らう事もなかった。
恥豆を転がされて悶え、濡れたピンクの恥穴には極めてスムーズに男根がズッポリ入ると、大人しそうな顔を切なそうに歪めて、俺の腰の動きに合わせて喘いでいた。
恥唇は荒廃してはいなかったが、しっかり女のヨロコビを知っていた女房は、いったい何本の男根の性欲に恥穴を蹂躙されたのだろう。愛らしい女房の過去は、誰も知らない・・・


世界一羨ましい男

私は26歳で22歳のとても可愛い女性と結婚しました。
結婚して8年、妻は今年30歳になりますが、本仮屋ユイカさんに似た可愛い妻を見た方々は口をそろえて、
「君は世界一羨ましい男だよ。こんな可愛い奥さんが22歳のときに結婚したんだから。」
と言います。
でも、私にとって世界一羨ましい男は別にいます。

妻と知り合った時妻は20歳、初めてベッドに誘って神秘の肉扉を開き、純情そうな桃色の肉洞を湿らせ、念願の入洞は滞りなく果たされ、可愛い妻は痛がるそぶりを見せずに肉竿に押し広げられた肉洞の快感に喘いだのです。
純情な可愛いお嬢さんは、既に肉竿と肉洞を交えて快感を得られるまでの性の経験値があったのです。
妻はいつ、その肉洞の奥にあった膜を破られたのでしょうか。
私にとっての世界一羨ましい男は、可愛い妻の肉洞を初めてこじ開けた肉竿の持ち主なのです。

その男は、私が見たここともない破瓜の痛みに耐える妻を見ています。
妻がその時どんな反応をしたのか見ています。
その男が妻に性の会館を教えたかどうか走りませんが、少しずつ性の快感を覚えて悶えていった妻をその男だけが知っているのです。
私に抱かれたのが20歳ですから、妻はもっと若いときにそれを経験しています。
純情な可愛いお嬢さんが、男に素肌を晒して恥じらいつつ、自分の身体に芽生えつつある淫らな快感に戸惑いながらも次第に快楽の波に呑まれていった様子は、その男しか見ていないのです。
私の腕に抱かれたときには、既に性の快楽に支配された後の女体でした。
何が羨ましいって、きっと10代であった妻の初々しく膨らみきっていない乳房を揉み、まだほぐれる前の幼さを残した妻の狭い肉洞の中で肉竿を躍らせて快楽に溺れたことです。

妻が処女を捧げた男は、今も妻の可愛い顔と身体を覚えているでしょう。
妻は足を開かれ、未熟な肉洞で男の肉竿を咥え込んだのです。
そんな初々しい若く可愛い女を味わった感覚、肉膜を突き破った感覚、絶対に忘れないでしょう。
妻もその時のことは覚えているでしょう。

何が原因でこれほど可愛いくて若い女を手放したのでしょうか・・・もったいない・・・私なら絶対に手放さないです。
その男こそが、世界一羨ましい男なのです・・・


妻の肉体を知る男達

大学1年生、初体験同士、恥ずかしさと緊張の中、性器を交えた女の子の未成熟な裸身、次第に性感を芽生えさせ淫らに変貌していった女の子の喘ぐ顔、忘れられません。
異性の体に興味津々の二人は、男と女が素っ裸で織り成す神秘的な性の交合に付きまとう快感に夢中になり、時間を惜しむように何百回と交わった4年間の大学生活で少しずつ色付き、型崩れしていった彼女の女性器、今でもはっきりと覚えています。

そんな私も今年で結婚14周年を迎えようとしています。
40歳同士の夫婦ですが、私は6月生まれ、妻は2月生まれなので、妻が1学年上になります。
妻は女優の「中山 忍」さんに似た清楚系美人で、特に若い頃は髪型などは彼女を意識していましたのでソックリでした。
ムッチリ系でハリのある若々しい笑顔の妻に恋した私は、妻は2~3歳年下だと思っていました。
妻が1学年上で早生まれ同い年の25歳同士と知っても、私にはもう妻しか見えていませんでした。

妻は美人なだけに当然既に性体験もある大人の女性で、ベッドでの所作も心得ており、透き通るような白いムッチリ素肌を私に捧げてくれました。
25歳の美人に処女を見込んでは降りませんでしたが、それでもなお、あまりに清楚な妻なので、それほど多くの男性を知ることはないだろうと勝手に思い込んでいました。
しかし、男性器の手馴れた扱い方、女性器の色付きと型崩れ具合から察するに、妻は思いのほか恋多き女性だったのではないかと思われました。
それは、私に初めて抱かれた夜、クンニに腰を震わせ、深く妖しい吐息で悶え、男性器の抽送に快感を堪え切れずに喘ぎ、私に抱きついて乱れて、私の背中に爪痕を残したことからも想像に容易いものでした。

性の快感を知り尽くしていた25歳の妻には、私にした事と同様に、唇を重ね、舌を絡め、腕に抱かれ、股を開き、男性器を受け入れ、本気で体を捧げた男性が何人かいたのです。
その男達は、妻の肉体の全てを知っていることでしょう。
どうすると妻が悦ぶのか、絶頂を迎えるとき妻がどういう反応をするのか、妻がそのとき腰をガクガクさせながら見せた恍惚の表情と妻の呻き声をその男性達は覚えていると思います。
事を終えて、愛液だらけでポッカリ穴が開いた赤らんだ女性器を思い出している男性もいるかもしれません。
それは、私が元カノの全てを覚えていることと同じことなのです。

私が妻に降り注いだ愛情を浴びて次第に私を本気で愛してくれるようになった妻は、結婚前であるにもかかわらず、私の精液を子宮で受け止めて、そのとき私に抱かれて初めて絶頂に達しました。
グッタリと横たわる妻の女性器から流れ出た私の精液を見て、過去、何人の男性が、何本の男性器が、かくも美しい妻の女性器に精液を解き放ったのか、想像して心を痛めました。
きっと、私と違う何種類かの遺伝子を持った精液が妻の女性器を流れ落ちた事でしょう。

もっと思えば、妻の初めての男性は、私が全く知り得ない、名実共に清楚な生娘だった妻の肉体を知っているのです。
その男は、初めて受け入れた男性器による破瓜の痛みに健気に耐えた妻の様子を見ているのです。
その男は、まだ幼さの残る妻の初々しくまだ硬かったであろう乳房を玩び、まだ狭かった妻の女性器で快楽に満たされていったのです。
その男は、やがて妻が痛みを乗り越えて、快楽に溺れていった過程を知っているのです。
私が元カノの瑞々しい肉体を思い出して物思いに耽るくらいですから、妻の元彼達だって若かりし頃の妻のムチムチした肉体を思い出しているに違いありません。
もしかしたら、妻も若かりし頃に抱かれた元彼達の男性器の感触を思い出しながら私に抱かれているかもしれません。
そんなふうに思うと、悔しさと嫉妬の中に、妙な興奮が湧き上がって、いつもより激しく妻を揺さぶってしまうのです。

あなたは、愛する妻の肉体を知る男達を思って興奮したりしませんか?


ナンバーズ4

くだらない夢の話です。

私は44才、妻は42才、子供が3人の家族です。

昨年の11月22日の金曜日の早朝、とても不思議な変態っぽい夢でうなされて目が覚めました。
「どうしたの? 凄くうなされてたけど怖い夢でも見たの?」
妻がそう聞いてきました。

あまりに変で恥ずかしい夢だったので少し躊躇しましたが、妻の顔を見てたら笑えてきて話しました。

ここからは夢の話です。



私は少し遅い時間に帰宅しました。
翌日は土曜日で休みでしたので、仕事を仕上げるために少し遅くなったのでした。
※夢の中なのにそんなところはリアルでした。(笑)

リビングに入ると子供たちはいませんでした。
しかし見知らぬ若い男たちが3人ソファーに座っていました。
見知らぬ男たち・・・
でも何処かで出会ったことがあるのか覚えがあるような気もしました。

「ご主人、お帰りなさい。」
「お疲れ様です。」
「すみません、お先にご馳走になっています。」
ビールを飲みながら男たちは挨拶してきました。

「いえいえ、まあゆっくりしてってください。」
間の抜けた挨拶をしながら
「妻は何処かに行ったの?」
姿の見えない妻が気になり男たちに聞くと
「奥さんはお風呂ですよ。」
そういえば風呂場の方から音がしていました。

「ご主人、一緒に飲みませんか。」
「あ、ありがとう。」
彼らに勧められて一緒にビールを飲んでると
「あら、あなた帰ってたの?」
妻が風呂から上がってリビングに入ってきたのだが、その格好に少しドキッとしたというのか驚いた。

薄い生地の白の丈の少し長いタンクトップ姿だった。
驚いたのはこの時季には着ない部屋着ってことではなく、見知らぬ? 男たち3人も客人がいるのにそんな格好で入って来たからだった。
そのタンクトップは夏場には妻も実際に着ているのだが、下にショートパンツを穿いている。
いくら丈が少し長いといっても下着が隠れる程度だから太腿は露わで動くと下着がチラチラ見える。

普通ならそこで妻を別室に引っ張って行って怒るところだが、そこは夢の中だったからなのか驚くのは驚いたのだが何も注意もせず、ただ茫然と成り行きを見ているだけでした。

薄い生地に白ですから乳首も透けて見えていますし、ポチッと二つ出てるのもわかります。
もちろん下着も淡いピンクだとわかるぐらいです。

若い男たちのビールを酌しながら妻は話をしていますが、内容はわかりませんというか覚えていません。
今度は妻がビールを注いでもらって飲んでいました。

最初はソファーに座った3人の若い男たちと対面して私と妻が座っていたのですが、いつの間にか3人並んだうちの真ん中の男の膝の上に移動していました。
気付くと男たちは妻の胸や太腿を大胆に触っていました。
「もうエッチねぇ、こんなおばさんの身体なんか触っても勃起しないでしょう?」
妻は触られながらそう言っていましたが顔は気持ち良さ気そうでした。

「じゃあ勃起させてよ奥さん。」
男たちはもっと大胆になっていき妻のタンクトップを脱がせて直接乳房を揉みだしました。
そしてパンティーの中にも手を差し入れてマ〇コ辺りで動いていました。

いつの間にか男たちも真っ裸になっていて立派なチン〇がそそり立っていたのです。
2人の男のチン〇も私の租チンより遥かに大きくて立派でしたが、もう1人のはビックリするほど大きなチン〇でした。
「おっきぃ~~~!」
妻はそう言いながら大きなチン〇を舐めだしたのです。

私はカーペットの上に座ったまま、その様子を眺めているだけでした。

「奥さん、おっぱい垂れてみっともないねぇ。」
「お腹の肉も弛んで妊娠線だらけで醜いぞ。」
「でかい尻やなぁ。」
男たちは妻の身体について暴言を吐くのですが
「いや恥ずかしい。」
そう言いながら妻は大きく脚を拡げて彼らがマ〇コに触りやすくしているのです。
彼らの指が目の前で妻のマ〇コに挿し込まれていきました。
指が3本、4本、5本と入っていきます。

「奥さんのマ〇コ、ガバガバでユルユル、締りが無いっすよ。」
「ああ・・酷いわ・・」
そんなことまで言われて何故、妻はやめないんだ?

「あひっ!」
妻が一瞬ビクッとしました。
今度は妻のお尻の穴に指が2本挿し込まれていました。
前後の穴は男たちの指で掻き回され妻は悶えていました。

「さあ行くか!」
その声に妻はカーペットの上に仰向けで寝ました。

「ご主人、この角度なら奥さんのマ〇コに挿入されるとこが見えますか?」
挿入直前で男が聞いてきました。
「あ、はい見えます。」
思わず返事してしまいました。

ズブズブズブ・・・
妻のマ〇コに男の大きなチン〇が挿入され、やがて激しいピストン運動に変わっていきました。
「あひっあひっ・・きもちょええ~♪」
2人目も交代して果てました。
妻のマ〇コから白く泡立った液体が流れ出ていました。

「さあ俺やな。」
あのとてつもなく大きなチン〇の持ち主がゆっくり妻のマ〇コに挿入しました。

「お、お、おっきい!お腹の奥が突き上げられてるぅ~!」
妻は首を振りながら叫びました。
激しく突き上げる巨チン男と、その男の腕に爪を立てるように必死に掴んで喘いでいる妻。
「おっ、おっ、おっ、お・・・」

男が果てたように尻肉が硬直し、ピクンピクンと動いていますが、妻は失神したようで動きません。
「あれっ?奥さん・・おしっこ漏らしてるぞ。」
「うわーマジっすか?」
確かに妻のお尻周辺はベチャベチャに濡れています。
あまりの気持ち良さに失神して失禁してしまったようでした。

彼らは妻を起こすと今度は巨チン男が仰向けに寝て妻がその大きなチン〇の上に跨りました。
妻がその男に跨り挿入されたまま男の乳首を舐めていました。
別の男がその妻の尻肉を両手で掴み尻肉を拡げてチン〇の先をお尻の穴に添えました。
男の腰が前に移動していくと、チン〇の先が妻の尻穴に埋もれていくのが見えました。
「ふん!」
男が力を入れると大きなチン〇が妻の尻穴に完全に吸い込まれるように入ったのです。

確かに私も妻の尻穴には指を入れて掻き回していますが、指も2本だけですし、妻の尻穴は処女のはず。
それがあの大きなチン〇がスムーズに挿入されるなんて・・・
しかも妻は私には指だけしか許してくれていない、チン〇挿入はダメって言ってたのに。

妻の尻穴は二人目の男にも犯されました。
呆然と見てた私に二人目の男が聞いてきたのです。
「ご主人、ご主人もアナル入れます?」

「えっ、あ、あ、いいのですか?」
「いいですよ、もうかなり緩くなってますがね。」
「ありがとうございます、それでは・・・」
なんでそう答えたのか、他人に犯された妻の尻穴を他人に勧められて、お礼まで言ってしまった。

初めての妻の尻穴、少し感動だった。
しかし確かに緩いというかスムーズに挿入できてしまった。

「お尻の穴も緩いですが、マ〇コはもうご主人さんには使い物にならないほどガバガバですよ。」
下に寝ている巨チンの男がニタッと笑いながら話しかけにきた。
あまり逝ったって気はしなかったが、とにかく妻の腸内に射精した。
巨チンの男は妻を立たせて背後から尻穴に挿入してソファーに座った。

「ご主人さん、記念写真撮ってよ。」
そう言ってデジカメを渡された。
2人の男が巨チン男の両脇に座り妻の乳房を遊ぶかのように揉んだ。
妻はその二人のチン〇を持ち、巨チン男は妻の両太ももを拡げるように持ち上げた。
あの大きな巨チンが妻の尻穴に根元まで挿入されてるのが見えた。
妻のマ〇コはパックリと割れて泡立った白っぽい精液が流れ出ていた。
それを私が
「はい、ポーズ!」
とデジカメで撮影していた。

「このチン〇、どれだけあるのかしら?」
妻は電話台にある引き出しから定規を出してきて計った。

「え~長さは20cm・・・ 直径が・・・52mmかな?」
他の2人も18cm前後ありましたが、20cmは形も良くて一際大きく見えました。
「22cmはあると思ってたけどなぁ。」
巨チン男はそう言って笑ってました。

「あなたも計ってみる?」
突然、妻にそう言われたのですが
「計るまでもないよ私のは租チンだから・・」
小さな声で言うと妻も男たちも大笑いでした。

口惜しくて情けなくて歯ぎしりしながら、その後も巨チン男に跨り別の男に尻穴を犯され、もう一人の男のチン〇を咥えた妻たちをデジカメで撮り続けてました。


あまりに口惜しくて目覚めた時に涙が溢れていたのです。

涙はごまかしましたが、その話を妻にしました。
もちろんあまり詳細な話はしていません。

「しかし20cmで52mmのチン〇は美味しかったかい?」
少し腹も立っていたので意地悪く妻にそう言うと
「ば~~~か!!」
と怒られましたが
「それだけハッキリ数字を覚えてるならナンバーズでも買ってみたら?」
そう言われて昼休みにナンバーズ4を買ってみました。
もちろん数字は『2052』でセットにしました。
ストレートにしようかとも思ったのですが、セットの方が確率が広がると思ったからです。

そして翌朝の土曜日、ナンバーズのことなんか全く忘れて朝刊を読んでました。
何気に目を通してるとナンバーズ当選欄がありました。

「えっ!お、おい!」
「どうしたのよ。」
「おまえに言われて買ったナンバーズ・・・」
「当たったの?」
「当たったよ。」
「ええっ!うっそー!」

妻もビックリでした。
ただ、ナンバーズ4なのとセットボックスだったので当選金は『507,100円』でした。
それでも臨時ボーナスには十分なったので妻と飛んで喜びました。

今はロトをコツコツ買っています。
もしも数百万、数千万の高額が当たったら妻はお尻の穴を自由にしていいと言い出しました。
億単位の高額だと妻の身体を好きにしても良いとも約束させました。
妻は絶対に当たらないからと痛くしないならSMでも露出でも複数プレイでも何でも軽くOKしてくれました。

それが楽しみでロトを買ってる私は・・・ (笑)

くだらない話を長々とすみませんでした。
夢の中の出来事は多少記憶違いもありますが、本当にあった話です。
夢の中で数字が出てきて、目覚めてもハッキリ覚えているなら、あなたも買ってみてはいかがですか。


見知らぬ人と共有する廃屋

今年39歳を迎える、妻と1人息子を持つ父親です。

私には変わった性癖があるんです。
SEXは好きで、特にマニアックなプレーを好んでいます。
妻もそんな私の趣味に少しづつ付き合う様になり、今では多少のSMプレーもOKなM女です。

もう一人の自分はアナルオナニーが好きで、アナルに異物を入れて楽しむ性癖があります。
幼い時にアナルオナニーに目覚め、アナルを弄ってオナニーをすること数十年。
そんな私は、デブでちょっと汚らしい男に犯して欲しいと言う願望があるんです。

自宅から会社まで、車で20分程。裏道を利用し、途中山道を通り抜け大きな道路に抜けます。
山道は道も狭く、地元の人が時々使う程度で、夜にはほとんど車は通りません。
その山道から少し横道に入った所に、コンクリートで出来た古い作業小屋が有るんです。
誰も使って居ない小屋は、10畳程の広さで棚にはボロボロの段ボールが重なり、中には
空瓶や古びた工具が入っていました。
休憩場で使っていたのか?床には畳が敷いてあり、痛んではいましたが抜ける程ではありません。
そんな小屋を10年程前からオナニー小屋として、帰り道に立ち寄って利用していた私。
それが1年程前から、誰かが小屋に来ている事を感じました。

小屋の隅に置いていたエッチな本が数冊無くなり、ティッシュが辺りに捨てられていました。
”誰か来た?”そう感じたのが始めです。
数日が過ぎ、棚の隅に使用感あるオナホールが置かれていました。
男に興味がある私は、オナホールを手に臭いを嗅ぎ、ついオナニーを始めてしまいました。
”ここに来ているのは男!”そう思いながら、薄らと精液が付くオナホールをネタにフィニッシュ。
誰が来ているのか?凄く気になりながらも、妻が犯される所を想像しフル勃起。
(ネトラレ癖もある変態夫)
数日が過ぎ、妻が穿いた下着を物色し小屋に置いてみたら、翌日の夜には妻のパンティが
無くなっていました。
臭いも残る下着を誰かが持ち去った…。興奮でいっぱいだった。
暫くして私がアナルに散々突っ込んだローターを床に置いていたら、数日後には無くなっていました。
柱にバイブを固定し、全裸になると四つん這いでアナルにバイブを挿し込む私は、やがて全裸で
暗闇を散策、野犬でも良い…アナルを犯してくれ~そう思いながらロープで縛っていたチンポは
限界が…。そんな矢先、車のヘッドライトがこっちを照らし、誰かが横道に入って来たのを知った。
”やべぇ~やべぇ~”と小屋の裏に隠れると、軽自動車がUターンして戻って行った。
一瞬見えた運転手は、年齢20代?太っていてメガネの汚らしいイメージ。
彼なのか?ドキドキしながら裸で小屋に戻りアナルにバイブを挿し込み、やがてフィニッシュを迎える。

彼を見てからと言うもの、彼にアナルを犯され散々使われた挙句に、彼の指示で妻を彼の奴隷と
して差出し、目の前で犯される事が脳裏から離れない様になった。
昨晩妻が私とのエッチで散々濡らした下着を彼に差し出す。
数日後には妻の下着は彼に持ち去られ、彼のオナニーネタになっていると思われる。
欲望は高まり、妻の全裸で軽く縛った裸体の写真を撮り、顔を切り抜き小屋に張り付けた。
男は直ぐに妻の写真を持ち去った。
きっと今も、妻の下着の臭いを嗅ぎ写真を見ながら彼は巨根を握っているんだろう。

妻も小屋の存在は知っている。
裏道で、実家に帰る時は必ず通る道だし、買い物に行くとき使う道だ。
俺のオナニー小屋だとは知らないが、以前妻に”小屋でエッチしよう”と言った事がある。
妻は”良いけど…怖いわね”と言っていた。

もし、妻を全裸にし柱にでも縛って放置したら…きっと彼の餌食になるだろう!
そうしたら…変な妄想で頭がいっぱいになる変態男です。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード