携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

奴隷

夫婦で奴隷になりたい人達の考え方

はじめまして
よく夫婦でご主人様に尽くしてみたいとか支配されたいというご夫婦や妻をご主人様に差し出して好きにしてもらいたいと言う方と出逢いますがそういった人たちの考え方や願望を教えて下さい
男として夢のような話ですが実際に奴隷となりプレイする方の願望を満たせなければ長続きしませんよね?
ちょっとした参考にしたいです
またそういった奴隷願望のある方いましたら仲良くなりたいですね
よろしくお願いします

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ジョージ

寝取られマゾの夫とマゾ妻のMM夫婦であれば、
夫の挿入禁止は大前提です。
そうでないと、ただの3Pとかわりがありません。

寝取られマゾの特殊性癖のマゾ男は、ふた通りあることは確かです

1夫婦のセックスを完全に禁止される事を望む重症なタイプ
 妻以外の女性との性行為は当然一切禁止
 この場合はセックスだけではなく、
  手扱きやフェラもすべての性的な関係を一切禁止されることを
  望むタイプ
  射精は自分の手以外にできませんので、自慰だけとなります。

2射精は妻の手か、口での処理を望むタイプ

いずれも性器を使った挿入行為は無しです


散々、他人の男に妻の身体を独占され、
誓約書まで書かされて自慰のみ
着衣の妻の前で夜な夜な自慰を繰り返す
妻はそれを嫌がりながらも一時の夫の性欲処理を我慢してじっとしている

そんな生活が1年とか2年続いて
普通の夫婦にといってもM夫の身体は元へはもどれない
妻もそんな夫の陰部を受け入れる気にはなれないのです


題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ヨッシー


僕は調教する立場から見てやはりセックス禁止を実施するべきだと考えます

また自身で処理をする生活が年単位であったならば確かに夫婦関係は変わってしまいますね
それを僕が強制して一年続けさせる(笑)
ソフトですが二人を観察し…変化を楽しむ
そして頃合いがきたら妻を寝取る(笑)
このプランは時間がかかりますが考えていてすごく興奮します
みなさんはどう感じるでしょうか

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ヨッシー

理想としてはやはり貞操帯をつけさせる事だと思います
多少矛盾するかもですが旦那にだけ貞操帯をつければ妻は好きにできますが旦那はぺニスを出す事ができないのですから射精できません
妻はペニスに触れる事もできず旦那はオナニーすらできません
そして旦那を脅迫的に従える事ができます
貞操帯を外せるのはご主人様のみでありつまりはご主人様から勝手に離れたり音信不通になれば外せなくなり私生活に影響がおよぶ…
だから旦那はどんなに苦しくても逃げられない…
まあそうは言ってもやはり調教は信頼関係が大事ですから話しあって別々の道を行くのは当然の権利です
そういうプレイだと思ってください

僕は具体的には何もしてはいませんでしたが2人に来週僕に会うまでセックスは禁止だはやってました
次に会った時にちんこのたちぐあいを見たり時にはオナニーさせて精子の量や色を見て判断してました
量が少なかったり色が薄かったらしただろうと言ってお仕置きしてましたね
もちろんにわかな知識なので実際にしてたかなどは判断はできてなかったのですが…
お仕置きとしては妻には挿入をして上げずに旦那には僕のちんこをしゃぶらせました
今思うと男にしゃぶらせても気持ち悪いだけですがプレイになると興奮のせいかできてしまいます(笑)
短期間で会う場合には簡易的な貞操帯みたいなマネをして妻の膣の中に者を入れたりして後日チェックするなどもしましたがそれも一度抜いてまた差せば問題ありませんよね


題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:マー


寝取られマゾの性癖は損な性癖です
同じマゾでも妻はセックス漬けがマゾ心を見たし
廻されたりする行為で感じてしまいます
感じれば、それを男たちに察しされて
一層男たちがやりたい放題になり
妻もそれに溺れます
男に自慰を命じられてする行為
淫具を使ってなん度も絶頂の姿を晒されたり

しかし、マゾ男は情けないものです
自慰だけです


題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:名無しさん


MM夫婦を飼っています。3Pと称してM男君に指示マスターベーションをさせM代には、夫の姓癖(寝取られ)を叩き込み2人とも寸止めで手に入れ ました。M代は夫にはSに仕向けて浮気防止の名目で、ローティーンのショーツとタンクトップやキャミソールのみ着用させ指示有る時のみ1時間以上寸止めマ スターベーションをさせていました。おかずはM代がわたしの調教されている内容を話させM男君には、肌を見せないようにも仕向けまして今は、トーリーボー イの貞操帯を着けさせています。やはり夫婦のSEXを禁じて男も女も寸止めをうまく使えば落ちてくれます。M代には、ハイジニーナ脱毛とピアスをさせてい ます。M男は、マスターベーションをしたいばかりに何でも言う事を聞いてくれ今では、アナニーまでするようになり妻には、冷たい目で見られているのが現状 なのです。寝取られ夫は損な性癖なのです。

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:なかつがわ

名無しさん
とても素晴らしいですね。寝取られM夫にはたまらないメニューが目白押しですね。
調教の期間はどのくらいかかりましたか。
またトーリーボーイの貞操帯ですが、どのようなタイプのものでしょうか?品番など、参考までにお教えいただけるとうれしいです。
M代に施したピアスは、体のどの部分でしょうか。
質問ばかりで申し訳ありません。
あまりにも、理想的調教であるので詳しくお聞きしたいです。


題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ハンズ

S夫婦の夫婦で奴隷になるより、S単身男の奴隷になる方がより刺激的です
できればS男性は独身の方がよりよいでしょう

ご夫婦の家にS男が一緒に生活する
寝室は3人ということになりますが、性生活は当然S男が支配します
勿論、奥さんの性器はS男の専用になり
ご主人の性器は自慰専用になります

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:NK

ハンズさんのお考えと同じです。
お相手のS男は60代の定年老人で、
我々夫婦と同居し妻の身体と我々の性生活を管理し、
妻は彼の性処理奴隷になる。
なんと刺激的で、素晴らしいことか!
実行してみたいです。

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ハンズ

寝取られ、夫婦支配(=夫婦奴隷)
これはS男が夫婦の性生活を制限する権利を持つと言うことが前提です
仲良し3Pは別の世界です
夫婦で奴隷になるという言うことは対象になる主があります
それは女ではなく男ですし、男でなければならないでしょう。
夫婦の性生活を制限する権利とは
夫婦のセックスを禁止する事が前提の権利です
逆に言うと、奥さんはセックスはできるが亭主はセックスはできない
すなわち、亭主のセックス禁止が目的ということになります

奴隷夫婦のご主人はこれに承諾した殿方ということになります

そのようなご主人は、その切なさに興奮して頂き、自慰だけを楽しんでいただけばいいわけです。

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ジョージ

亭主が寝取られ性癖だと判っているのであれば
夫婦セックスは厳しく禁止するのが前提でしょう
そもそも夫婦奴隷というのは性生活を隷属させられることです
夫婦の性生活権利は間男が握ります
当然、同性である亭主には厳しくセックスを禁止することになります
夫婦の性愛を絶たせることが第一歩でしょう
夫婦の情愛を絶ち
人妻は離婚も受け入れる状態まで落とすことです
亭主は夫でいるために主に絶対服従であり
妻の身体と心まで奪われた被虐に興奮し
自慰を繰り返す事になります

そして、亭主は生涯、自慰だけで処理することを誓約書に誓うのです

題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:ああああ


夫婦と寝取り男の3人で生活するというのは

寝取られの究極に陥るでしょうね

セックスは寝取り男が奥さんの身体を担当するわけですから

仲良く3Pなどありえないでしょう


寝取り男が奥さんを抱いている最中、

ご主人が興奮なさっているのは察していて

自分の射精が終われば、ご主人に自慰許可を出すのでしょう

抱かれた直後の奥様はご主人の自慰のお手伝いもしたくないでしょう

また、寝取り男も奥様の接触は許さないでしょう

ご主人もそんな被虐的な自慰生活が病みつきになってしまうでしょう

普通の男性であれば、もう普通のセックスなどできなくなってしまうでしょうね



題名:Re: 夫婦で奴隷になりたい人達の考え方  名前:52

浮気が原因で離婚した女なんて世の中あふれてる・・・・
一度結婚して、何度も浮気をして亭主に離婚された女がぴったりだな
寝取られマゾと相性がいい
自分が浮気癖があるということを意識しているからいいんだな

そういう女のためのお見合いサイトなんか作るといいな・・・・
お見合いしたい男は浮気されたい男だから
みんな寝取られマゾだろうな・・・・

レンタルM奴隷

取引先の年上の男性に、
「今度私のM女をご紹介しますよ。」
といわれたときには冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、
上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、
「私のM奴隷の麻衣です。」
と紹介された。

食事の後、ホテルの一室に三人だけになったとたん、彼の態度が豹変した。
「さあ、麻衣、お客様にごあいさつするんだ。」
いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までどきっとしてしまった。
麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、
スタイルのいいしなやかな肢体とそれを拘束している赤いロープがあらわれた。
麻衣はブラジャーをつけておらず、
パンティを脱ぐと、バイブが挿入されていて、それを押さえるように、
ロープがクロスしていた。
パンティには麻衣の愛液がしたたっていて、濡れているのがよくわかる。
「M奴隷の麻衣でございます。ご主人様がいつもおせわになっております。」
麻衣は僕の足元にひざまずいて、頭をさげた。
「ど、どうも・・・。」
「麻衣、後ろを向きなさい。」
命令されて、よつんばいになった麻衣のアナルにも、
バイブが刺さっていて、ぐにぐにとうごめいていた。

「アナルセックスのご経験は?」
バイブを飲み込んで広がったアナルに驚いていた俺は、はっとわれにかえった。
「ええっ!ないです、ないです!」
あわてて、首を振る。
「それはもったいない。アナルセックスはヴァギナよりも強い快楽を与えてくれますよ。」
アナルに刺さったバイブをゆっくりと引き抜くと、麻衣が震えながらあえいだ。
「ああ・・は・・・。」
「麻衣でよければ、お試しになりませんか?」
彼は抜いたバイブをまたアナルの奥まで差し込む。
「はあん・・・ああっ・・・。」
「ちょっと淫乱ですが、具合は保障しますよ。」
太めのバイブをらくらくと咥えこんでいる麻衣のアナルと愛液を垂れ流し続けているアソコをみていると、
さっきから立ち上がっていたペニスが痛いくらいに硬くなってきた。

「麻衣もお客様にお願いしなさい。」
彼にいわれて、麻衣がよつんばいの体制で、俺にせがむ。
「麻衣のアナルにお客様のペニスを入れてくださいませ。」
上気した顔とうるんだ瞳に理性を飛ばした俺は、ベルトをはずし、ズボンを脱いだ。

下半身ハダカになった俺を満足そうにみながら、彼が麻衣に命令する。
「アナルに入れていただく前に、ペニスにごあいさつさせていただきなさい。」
麻衣は俺のペニスを丁寧に根元から亀頭の先端まで舐め上げる。
じゅるりと口の中に咥え込み、じゅぽじゅぽと出し入れする。
こんな上品そうな美人が俺のペニスをしゃぶってる!
興奮で気持ちよさが倍増し、ぞくぞくしてきた。


「麻衣、アナルにローションを入れなさい。」
麻衣は口いっぱいに入っていた俺のペニスをゆっくりと口から出すと、
ちいさなかばんからローションをとりだした。
自分のアナルにローションのボトルをつっこみ、ぐっと押すと、
アナルに入りきらなかったローションがたれてきた。


麻衣はローションがいっぱいにはいって、
ちゅくちゅくいっているアナルを自分の両手の指で広げ、よつんばいのまま、
後ろの俺を振り返って、
「麻衣のアナルをお使いください。」
アソコからはバイブの振動であふれ出した愛液が流れて、太ももを伝い、
お尻もローションでひかっている。
俺はゆっくりと麻衣に近づき、ペニスをアナルに押し当てた。

バイブによってゆるめられていたアナルは俺のペニスをすんなりと飲み込み、
狭くて熱い腸壁は今まで感じたことのない気持ちよさだった。
根元まで入れた俺は、麻衣の白くてすべすべのお尻をつかんだまま、
身動きが取れなくなってしまう。
アソコからはバイブの振動が伝わってくるし、狭い腸壁はときどき収縮して、
俺の精液をすぐにでも搾り取ろうとするのだ。

「麻衣、お客様のペニスはおいしいかい?」
彼が楽しそうに麻衣に聞くと、
「とってもおいしいです。ご主人様。」
麻衣の腸壁がさらにしまった。
俺はゆっくりとペニスを動かした。
最初はちょっと動かすだけでも、おそるおそるだったが、次第に慣れてきて、
ペニスを大胆にまわしてみたり、奥まで突いてみたりする。


「ああ・・・はあん・・・気持ちいいです・・・。」
よつんばいになったままの麻衣はあられもないあえぎ声をあげて、悦んでいる。
「いかがですか?」
彼はうっとりとしている俺に声をかけた。
「すごく・・・気持ちいいです。」
「よくしまるでしょう?もっと具合をよくしましょうね。」
彼はそういうと、自分のペニスをアリサの目の前に出した。


「ほら、お客様を喜ばせたごほうびだ。」
麻衣は俺のペニスをフェラチオしたときよりも、
さらに熱心に彼のペニスをしゃぶりだした。
彼が麻衣にペニスを見せたとたん、麻衣の腸壁はよりキツく、うねるようになり、
俺のペニスが感じる快感も強くなった。
「いつでも中で出してやってください。」
彼は麻衣の頭をなでながら、さらりといってくれる。


俺の動きにあわせて、麻衣が腰をふりはじめると、
ペニスをアナルから抜く余裕もなく、精液が飛び出てしまった。
はじめてのアナルセックスは、
M奴隷をもっている彼が心底うらやましくなってしまうくらいの気持ちよさだった。


言いなり奴隷にされてます

「スカートの下はノーパンだなんて…〇〇はるか(〇〇ははるかの名字です、これからは仮に七井とします)は学校に来るのに何を考えているんだ?」
体育教師であり生活指導のC先生ははるかを体育館の倉庫に連れ込むとはるかのスカートを指で摘み上げ下からはるかのスカートの中をじろじろと覗き込み「七井はるかがこんないやらしい生徒だったとはな…まじめそうな顔して…これは徹底的に身体検査の必要があるな」そう言ってはるかのスカートの中に潜り込みはるかの足に頬擦りしたりべたべたと触ったり舐めたりするのでした。「そんな…どうして…先生…やめてください…」「どうしてだと?それはこっちが聞くことだ!学校は勉強しにくるところだぞ!それを君はノーパンで学校に来やがって!…まさか優等生の七井がこんな変態だとはな!…それこそどうしてか答えてもらうぞ!」C先生ははるかの陰毛を強く引っ張り反対の手でははるかのお尻を撫でながらはるかのスカートの中で怒りました。「それは…」はるかは命令されてるから…はるかはいやらしいビデオや写真をたくさん撮られ無理やり言うこときかされてるから…はるかは三人の男の子(一人は成人男子ですが)のえっち奴隷だから…脳裏には浮かんだのですが恥ずかしくて口には出せませんでした。

はるかはB君にスカートを二つ下ろされた後学校へ向かいました。でもはるかはノーパンのまま学校へと向かってしまったのです。B君が行ってしまってからでも(B君ははるかと違う学校です)公衆トイレに戻り鞄に忍ばせておいたパンティを履くことは可能なはずでしたが、はるかは敢えて履かなかったのです。B君にスカートを2段下ろされ(それでもふだんの丈より短めなのですが)どこかはるかは心の奥底でがっかりしてしまっていたのでしょうか。はるかは自分から見た目からはそう分からないとはいえ恥ずかしい格好を選んでしまっていました。…だってノーパンで一日過ごせ…って命令だもの…はるかは自分にそう言い聞かせていました。そしとそれが今こんなことになっている原因なのかと思うと…恥ずかしくてやりきれない気持ちでした。

学校に着いたはるかはC先生に校門でスカートの短さを指摘され、舐めるように脚を、特に太股の辺りをじろじろ見られた後、そのままC先生にもう少しよく分かるように注意をするから来い、と言われ体育館に呼び出されました。そしてその丈ではお辞儀をした時にパンティが見えてしまいそうだからチェックしてやると言い、はるかにお尻を向けさせ深くお辞儀させたのです。はるかはスカートの中身がばれてしまうのではないかとひやひやしていました。そして悪い予感は的中したのです。普通に後ろから見るだけならそうは分からない丈でしたがなんとC先生はしゃがんではるかのお尻を観察していたのです。

そうしてノーパンがばれたはるかはC先生に徹底強制身体検査されることになってしまったのです。もちろんはるかは嫌がり、逃げようとしましたがすぐに捕まり体育館にある縄跳びで両手を上にされ縛られマットの上に押し倒されてしまいました。

「いや…」
「いやじゃないだろう!お前みたいな生徒は大人しそうな顔して裏で何をしてるか分からないからな…先生がしっかり教育指導してやるんだからありがたく思え!」C先生はそう言ってはるかの制服のブラウスのボタンを外し始めました。
「まずブラはしてるかチェックだ!」
はるかのブラがあらわになりました。白いレースのついたブラでした。
C先生はにやにや笑って
「ブラはしているのか…でも妊娠の可能性はあるからな…七井の乳首を吸って確かめる必要があるな!」と言いはるかのブラをはぎ取りました。
「そんな…私妊娠なんてしてません!やめて下さい!!」
はるかの訴えなどC先生はまるで無視してはるかのおっぱいを見て「学生らしい可愛いおっぱいだな…乳首も綺麗なピンク…だがこれはなんでこんなかちかちなんだ?」そう言って楽しそうにはるかの両方の乳首を摘み上げるのです。そして片方ずつ乳首をちゅうちゅう吸い、吸われてないほうのはるかの胸をC先生は揉んできました。「あぁ…やめて…先生…」でもはるかは両手を縛られていて下半身には先生に乗られているので体を捩ることくらいしか抵抗できません。それに朝一回B君にえっちされてる上すぐさま他の人…C先生にこんないやらしい辱めを受けてはるかは体になかなか力をいれられませんでした。
「こんなえろぱいじゃ母乳がでなくても援助交際とかしている可能性もあるから下半身も調べる必要があるな」「え…先生っ…やめて…下は…下は許して下さいっ」はるかは脚を捩りましたがC先生はスカートをまくり、はるかの太股をたっぷりべたべた触ったあとはるかの脚を開かせC先生の息がかかるほど近くではるかのあそこを観察してチェックし始めました。はるかのあそこがよく見えるように指で開き、おまんこにふーふー息を吹きかけたり、クリトリスの皮を剥いてC先生は舐めたりしました。「これが七井のまんこか…七井のまんこもクリトリスまだピンクだな~…でもクリトリスは膨らんでまんこの方はなんだか濡れてるぞ?七井これはおしっこでも漏らしたか?」
C先生ははるかにいやらしく聞いてきました。「違います…」
「じゃあなんだ!確かめる為に舐めてやろうか?ん?」「いやっ…いやです…」「いやなら何か答えろ!」「…愛液です…」C先生ははるかの答えに満足そうに頷くと「愛液?七井は身体検査されて感じちゃったのか?ん?おまんこ濡らしちゃったのか?」C先生ははるかのあそこに指を差し込んだりして、その指先に付いた愛液をはるかの目の前に差出しはるかの口に無理やり突っ込み「答えろ!七井!」とはるかを厳しく攻め立てました。「はい…」はるかは泣きそうになりながらもはっきりとそう答えてしまいました。C先生ははるかの愛液と唾液でべとべとになったその指先を美味しそうに舐めとり「はい…だと?ごめんなさい、七井はるかはおまんこ濡らしちゃいましただろ!こんなんじゃ七井は授業中もちんぽのことばっかり考えてるんじゃないのか!?まったく先生はがっかりだよ…」「そんな…私違います…」そうはるかが答えると「じゃあ何でパンティ履かずにこんな短いスカートで登校してきたんだ!?身体検査されてこんなにまんこ濡らしてるんだ?」先生ははるかをまんぐり返しの格好にさせ、はるかに見えるようにはるかのおまんこ
を舐めはるかのお尻をムギュッ、ムギュッと揉み出しました。「それは…」はるかは答えられませんでした。「こんないやらしい生徒にはみっちり教育してやらないとな!」C先生ははるかの脚を広げた形ではるかの脚も縛り先生の足ではるかの胸やあそこを踏みつけ、尋問を始めました。
「こんな短いスカートでノーパンで来ちゃったのは学校の皆に七井のお尻やおまんこ見てほしかったんだよな~?」「ちがっ…違います…!」はるかが答えると先生は足ではるかのあそこを思いっきりぐりぐりしてきました。「嘘付くな!七井!正直に言わないとこうだぞ!」
C先生は体育館にあった縄跳びではるかのお尻を目掛けて打ち付けました。まずははるかのお尻にビシイッとあたりました。「ひぃっ」あまりの痛さにはるかは悲鳴をあげました。「次は七井のおっぱい指導だ!」次に打たれたところははるかの右のおっぱいでした。「先生っ!痛いっ…痛いです…やめてっ」
「痛いのが嫌なら本当のこと言え!七井はるかは皆にまんこ見られたくてノーパンで登校しました!って!」
左のおっぱいにも縄跳びの鞭が打ち付けられました。…痛みに絶えられないはるかは先生が望むように答えるしかないので「ごめんなさい…七井はるかは皆に…見られたくてノーパンで登校してしまいました…」またあそこに鞭が入りました。「ちゃんと七井の口でどこを皆に見られたかったかはっきり言え!」「…おまんこです…」「やっぱりな!七井はこんな可愛い大人しそうな顔してるくせに授業中もいっつもちんぽのことしか考えてない淫乱生徒だっていうんだな?そうだな!七井?」はるかが答えをしぶっていると今度は縄跳び鞭がはるかのおまんこ目掛けて飛んできました。「ああぁっ」激痛が走りました。「七井~百回連続で鞭打たれたりしたいか?したくなかったら早く答えろよ~」C先生はにやにや笑いはるかの太股をつねったりしては弄びました。はるかは鞭の恐ろしさに絶えられずとうとう答えてしまいました。
「そう…です…」
「そうですじゃ分からないぞ!鞭百回打たれたいのか、七井はるかは授業中もちんぽのことしか考えてない淫乱生徒かどうかはっきり答えろ!さもないと…」
C先生は縄跳びの柄ををクリトリスに優しく撫で付けました。そんなところを打たれたら…はるかは恐怖で震え「先生ごめんなさい!七井はるかは授業中もち…ちんぽのことしか考えてない淫乱生徒です!」と焦って答えました。C先生はにんまりと笑み「やっと七井は変態だって認めたな!?先生前から七井はそうじゃないかと思ってたんだよ…先生がこれから毎日七井の変態看病してやるからな!大事な生徒の為にな…!ちんぽ大好きな変態七井はるかの為にな!」そう言ってC先生ははるかのクリトリスに縄跳びを思いっきり打ち付けました。「あああぁっ」はるかはあまりの痛さに失禁してしまいました。まんぐり返しの格好をされているはるかの顔にはるかのおしっこがかかりました。はるかはひどい惨めさと絶えがたい屈辱、恥ずかしさに一瞬呆然となりましたがC先生の声ですぐに正気に戻されました。「××生にもなっておしっこ漏らしたな?皆に言い触らしてやろうか?」「いやっ…そんなこと先生…やめて…ください…許してください…」「許してほしきゃ素直になるんだな!ちんぽ大好きなはるかは今どうしたいんだ?ん?」「………先
生の…」はるかは無理やり教えられたとおりの恥ずかしい言葉をいわされることはあってもまだ自分から考えて言え、と強いられたことはあまりなかったので抵抗がありなかなか言えないでいました。「言えないなら…そうだな…俺だけで足りないなら教育委員会か風紀委員たちに皆で指導してもらうか?今期の風紀委員たちは盛りの付いた男子ばっかりだし、教育委員会のおっさんたちは七井みたいな清純そうな女子が大好物っぽいしな…第一校長は七井のファンらしいし七井知ってたか?…七井が下着なし登校してたって聞いたら皆どう思うかな~?校長なんか喜んで七井のこと呼び出して個人指導しまくるんだろうなぁ~」はるかは絶えられず「ごめんなさい!言いますから!正直に言いますから…もう許してください!先生の…おちんちん…はるかの…あそこにいれて…いれて欲しいです…」ととぎれとぎれにC先生にお願いしました。そしてC先生ははるかの口に無理やり先生のおちんちんを咥えさせ乱暴に腰を振った後、はるかのおまんこにそれを一気に挿入し好き放題はるかを犯しました。

はるかはまだ授業も始まる前に二人もの男の人に犯されふらふらでしたが、C先生ははるかが早退したらノーパンをばらすと脅し、普通に学校生活を送ることを強要しました。そしてこれからは毎日朝に身体検査を受けることやはるかの変態看病の為先生に毎日指導を受けること、先生には絶対逆らわないことを無理やりはるかに約束させたのでした。

******

七井はるかは一見地味だが校内でもかなりの美少女だ…風体が普段は真面目すぎて男子生徒の間ではそう話題には上らないが俺は入学当時から目をつけていた。七井がこれから毎日俺の奴隷だ…七井はマゾだ…こんなことをされても明日も絶対学校に来るし訴えなど絶対しない。それは人に口外するのが恥ずかしいからなんていう生易しい理由じゃない、七井はるかは好きで犯されたい、いじめて責められたい、だが理由がないと根が真面目で性に積極的になることに抵抗があるんだろう…俺はそう確信し、何かにつけては七井を脅しこれからも毎日七井はるかをいじめて犯してやると決めた。いずれ七井を校内中の奴隷にしてやりたいとも考えてしまった。独占欲も多少は沸いたが七井が全校男子のおもちゃにされるとこを見たい欲方が強かった。うちの学校は教員も生徒も圧倒的に男子が多い。
体操着の胸のところをくりぬいてノーブラを強要しておっぱいを丸出しにさせ、ブルマもお尻とおまんこの割れ目に当たる部分を切り取りノーパン命令をしてやって男子とマット運動させる…開脚前転もさせてやろう…その他にもたくさんの辱めを受けさせてやる…幸い俺は校長が七井を盗撮していたことを知っているから無茶も可能だ…しかも校長自身七井のコアなファンときている。これは明日からが楽しみだ、と俺はほくそ笑んだ。

**********

<7>

その日はそれ以上学校で異常なことは起こらず心なしかほっとしたのですがはるかにはまだバイトに行くという試練が待ちかまえていました。バイトをさぼって帰ってしまおうかと思いましたが写真やビデオのこともある…と思い、はるかははるかの学校からはるかの家とは反対方向に一駅あるバイト先に向かうため電車に乗りました。

近所にいるエロガキ

私は27歳の主婦で、31歳になる夫と暮らしています。子供は6歳で今年小学校に入ったばかりになります。
私達は今都内の新興マンションに住んでいます。
こちらのマンションは比較的若年夫婦が多く、私と同じくまだ20代~30代前半くらいの若い主婦が多くいました。
その主婦達の間で、同じマンションに住む一人の男児が問題となっていました。

その子はまだ小学4年生ぐらいの子で、どうも典型的な放置子のようです。
また母子家庭らしく、その母親というのが特殊な仕事をしているようで大体が夜遅くに帰ってきたり
時には数日間家にも帰ってこないケースもよくあるようでした。
ただお金のほうはどうも子供が持つには多額の金額を与えられているようで、コンビニで大量の弁当やお菓子を買い込んできたり
ピザや寿司なども宅配で頼んだりしているのを見たことがありました。

これだけでしたら非常にかわいそうな子だと思うのですが、問題となっているのはその子がとんでもないマセガキというか。。エロガキなのです。
最初は私達若い主婦を見かけると、隙を見て抱きついてきました。
正直自分の子供でもないので気持ちが悪かったのですが、その子の境遇は皆知っており、まだ子供のやることということで
最初のころは私達も同情して頭をなでてあげたりしたのですが、それからどうも気をよくしてきたようで
その内抱きついた拍子に胸やお尻を触ってきたり、挙句の果てに「チューして!!」という形でキスをせがんで来たりと
露骨にいやらしいことをしようとしてくるようになりました。

さらにはどこで覚えたのか、「お姉ちゃん達今日の下着何色?」から始まり「ねえ昨日の夜だんなと”えっち”したの?」などと
私達に会うたびにセクハラおやじも顔負けのセリフも言ってくるようになりました。

特に酷かったのは、この間私と仲のいい主婦友達である香織に向かって
「お姉ちゃん達はこのマンションの中でも特に美人だよね!僕気に入っているんだぁ。。ねぇ今から僕の部屋に遊びに来ない?そこで”えっち”なことを色々教えてよぉ。。お金ならたくさんあげるからさぁ。。」
と財布から数枚の一万円札取り出しで私達の前でひらひらとさせ、挙句の果てに後背位でのセックスを連想させるような腰ふりまで見せてきました。

これにはさすがに私と香織も切れて
「 あんた、本当に一体今いくつなの!!気持ち悪い。。。学校の先生やお母さんに言うよ!!」
と怒鳴りました。
ですがその子はまるで意も返さず
 「えへへへ。。怒った顔も美人だね。僕ますます気に入っちゃった!こんな感じでいつか2人まとめて”えっち”なことしてあげるからね。。」
とさらに激しく腰ふりをしながら私達に言いつけ、そのまま走り去っていきました。

私と香織は怒りを通りこして、逆に怖くなり、他の主婦仲間達と共に管理人を通してその子の母親に直訴しました。
母親はまだ子供のやることでしょっという感じで露骨にいやな顔をしましたが、管理人から「このままですと退去いただくことになります。」と言われ
「分かりました」と言いました。

それからしばらくその子は母親に言われたのか、私達を見ても体を触ってこようとせず、またセクハラ発言もしなくなりました。
ただ未だに私達に対してじっとりとした視線を投げかけ 何を想像しているのか、もぞもぞと自分の股間を触っていることがありました。
これはこれで非常に気持ち悪いことなのですが、少なくとも無視していれば問題はありませんでした。


ただある日トラブルが起きました。
私と香織がフロアで話していると上の階から「キャー!!!」という叫び声が聞こえました。
急いで向かうと、最近越してきた若い主婦にその子が襲い掛かっていました。。
その子は血走った目で「お姉ちゃん!!お姉ちゃん。!!」と言いながらその主婦に抱きつき、服の中に手を入れて胸や下半身を触りまくっており
さらには顔にキスをしようとていました。
私と香織は「あんた!!何してんのよ」と2人かかりでその子を引き剥がそうとしました。

その子はまだ小学4年生とは言え、日ごろの不摂生な食事のせいか体系はかなり太っており大人の女性2人がかりでもなかなか離せませんでした。
ただその子は急に突然
「分かった!!分かったから!もうやめるから!!あっやめて!!うわぁ!!」といったセリフを言ったかと思うと、自分からマンションの壁に向かって頭から突っ込みました。

それを見て私と香織、そして若い主婦が呆然としていると、その子は頭から若干血を流しながら起き上がり
「やめてって言ったのに、何するんだよぉ、、あっ頭から血が。。。痛い、、痛いよぉ。。。」と泣き声で言いました。
さすがに私と香織は「だっ大丈夫??」とその子に駆け寄ろうとしましたが、その子はいきなりすくっと立ち上がったと思うとさっきの泣き声が嘘のように、
「いーや!大丈夫じゃないよ。ほら頭から血が出てるもん。。お姉ちゃん達やっちゃったね?これはれっきとした”ようじぎゃくたい”だよ!」
とあらかじめ用意していたのだろう絆創膏を取り出して頭に貼り付けながら私達を脅迫してきました。その態度を見て私と香織はさっきまでのは演技だと気づきました。
「ねぇお姉ちゃん達、どう”せきにん”取るつもりなの?このこと学校の先生とか警察なんかにいったらお姉ちゃん達困るんじゃないの?」

と私と香織をニヤニヤ見ながら言いました。そのセリフにもともと気が強いタイプの香織は切れて
「あんた!どこまで腐ったガキなの。その性根をたたき直してあげる!」とその子に向かっていきました。するとその子は
「ふーん!そんな事言うんだ。。これなーんだ??」とポケットからボイスレコーダを取り出し、そのまま再生を押しました。

ボイスレコーダの音声はところどころでうまくカットされており、まるで私と香織が理由もなくその子に暴力をふるったかのように録音されていました。
呆然とする私達をにやにや笑いながら、その子はまた追い討ちをかけるように言いました。
「このボイスレコーダと頭の傷があれば十分お姉ちゃん達を”ようじぎゃくたい”で訴えられるよ!おまけに僕のお母さんが結構すごい弁護士なんだぁ、これだけの証拠ああればほぼ確実だね」
私と香織は母親が弁護士というそのセリフを聞いて、サーと血の気が引きました。さっきから子供とは思えないようなことをまくし立ている理由が分かった気がしました。

「ねえ ”ようじぎゃくたい”で訴えたらお姉ちゃん達も困るでしょう?嫌ならさあ 今から僕の部屋に遊びにきてくれるなら訴えなくても良いよ、ね?簡単なことでしょう?」と言ってきました。
私は呆然としながらそのセリフを聞いて「私達を自分の部屋に連れ込んで、何をするつもりなの。。。」と言いました。

その子は、それを聞いて急にとても子供とは思えない好色な笑みを浮かべて、
「いつか言ったでしょ!!2人まとめて”えっち”なことをしてあげるって! ちょうどお母さんも明日まで戻ってこないからじっくりとね。。
 まずは服を脱いで大人の女の裸を見せてもらおうかなぁ。。それから。。げへっげへへへ」
その子は涎を流さんばかりで血走った目で私達を見ながら、例の激しい腰ふりを始めました。大人の女に対して堂々と体を要求してくるその態度はとてもまだ小学4年生の子供とは思えませんでした。。。
私は本当に血の気が引き何もいえませんでしたが、香織のほうは
「あんたみたいななガキにそんなことされるわけないでしょ!訴えるなら訴えなさいよっ!」
怒りのあまり真っ赤になってプルプル震えながら言いました。 
ただ次にその子が言ったセリフが香織と私にとどめをさしました。
「お姉ちゃん達の子供って、僕と同じ○○小の一年だよね?しかも2人とも今年入ったばかりだ。母親が”ようじぎゃくたい”で訴えられたりしたらその子達も入学早々かわいそうなことななっちゃうんじゃないの??」
とニヤニヤしながら言ってきました。そのセリフを聞いてさすがの香織も悔しそうにしながらもうつむいてしまいました。。
その様子を見たその子は私と香織に
「ねえ嫌でしょ?じゃあさ 今から僕の部屋に遊びに来るということでいい?それでぜんぶ解決するんだからさぁ」と追い討ちをかけてきました。。
私は小さくうなづかざるえませんでした。。香織も「分かったわよ。。行けばいいんでしょ。。」と観念した様子で言いました。

それを聞いてその子は満面の笑みとなり「やった!!ついにやったぞ!!へへっへへへ」とうなだれた私達を見て高笑いを始めました。
それは年相応の本当に欲しいおもちゃを手に入れた子供のはしゃぎぶりでしたが、
その表情はまるでセクハラおやじのごとくいやらしい笑みをうけべていました。
それからその子は私と香織が助けた若い主婦に向かって
「ああ お姉ちゃんは行っていいよ。。元々タイプじゃなかったし、本命はこっちの2人だったからね!」
と言いました。その主婦は泣き顔を浮かべ、私と香織に向かって何べんも頭を下げながら立ち去りました。

それからその子は私達に「じゃあそろそろ僕の部屋に行こうか、2人ともこっちにおいでよ。。」と手招きしました。
私と香織が指示に従うと、まるで自分の女とでもいうかのごとく強引に自分の両脇にたぐりよせ、腰に手を回してきました。
さらにその子の部屋に向っている道中は、スカート越しから私と香織のお尻をしつこく触ってきました。

その子は私が「やっ、、」と拒否反応を示したり、香織が「このエロガキ。。」と真っ赤になって悔しがっているのを嬉しそうに見上げて「お姉ちゃん達、2人まとめてこれからたっぷりと可愛がってあげるよ。。たっぷりとね。。。」と舌なめずりをしながら言いました。

私と香織はその小学生4年生の子供の脅迫に屈服する形でその子の住む部屋まで連れて行かれました。
その子の家庭が住んでいる部屋ですが、私達の住むマンションの中でも特にグレードが高い部屋らしく
リビングだけでも私達の部屋の倍以上あり、家具も高級なものが揃っていました。
どうもその子の母親がやり手の弁護士というのは本当の話のようです。
ただキッチンにはその子が食べたであろう弁当の箱や宅配ピザや寿司などの残骸などが大量に残されており
広いリビングも乱雑に散らかっていました。やはり母親は外出が多くほぼ放置児ということなのでしょう。。。

「何を見てるんだよ!僕の部屋はこっちだよ、さあ早行こうよ!!!」
その子はもうかなり興奮しているようで、顔を上気させ、「はあはあはあ。。。」と言いながら私と香織を強引に引っ張るような形で
自分の子供部屋へと連れて行きました。

子供部屋へと入った瞬間、そのあまりの光景に私と香織は絶句しました。
その子の部屋も子供部屋とは思えないほど広く、真ん中にはとても子供が使用するものとは思えないような大きいベッドありました。
また特に異常な光景というのが、その子の部屋の床には大量に成人男性が見るようないかがわしい本やDVDなどが一面に散らかっており。壁にも裸の女性が卑猥なポーズをとっているポスターなどが大量に張ってありました。、
さらにその部屋にある大型のTVにはすでになにかのAVが流れており、TVの中の複数の女性達のあえぎ声が部屋中に響き渡っていました。
とてもまだ小学4年生の子供部屋とは思えない異様な光景に私と香織は唖然とするしかありませんでした。
「へへへっ驚いた?」
その子は呆然としている私と香織に向かって自分の机に座りながら言いました。
「今流れているDVDってお姉ちゃん達のような若いお母さん達と”えっち”するものなんだよ!いわゆる若妻ものだね!
 ネットだと年齢偽れば購入できるしね!この日のために大量に購入してしっかりと予習しておいたんだよ。偉いでしょ!それにあれも見て!」

その子は訳もわからないことを言ってさらに部屋に頓挫している大きなベッドを指差しました。
 「あのベッドもいつかお姉ちゃん達と”えっち”なことをするためにわざわざネットで購入したんだ。すごいでしょ!羽毛の特注高級ベッドだよ。これから3人で”えっち”なことするには十分すぎる広さだよ!」
その子はにやにやしながら、言いました。立ち尽くしている私と香織をあの好色な笑みで見つめながら
 「じゃあそろそろ始めてもらおうかな。。。。」とリモコンを操作すると、自動で部屋のドアのロックがかかり、さらに窓のカーテンが一斉に閉まり、完全に外部と完全に遮断するような形にになりました。
「すごいでしょ!これもこの日のためにネットで発注してつけてもらったんだ。おまけに壁も防音だよ! お母さんにはまあ勉強に集中したいからと嘘を言ってね! 
 これでお姉ちゃん達が今からどんなに大きな”あえぎ声”を出してもこの部屋から外には漏れないからね。。。」
と言ってきました。

私はその子が言っている意味が分からず。「これから何をするつもりなの?」と聞くとその子は怒ったような表情を浮けべ、自分の机をバーンと叩いて言いました。

 「さっき言ってるでしょ!!”えっち”なことをしてやるって! まずは服を脱いで裸になるんだよぉぉ!僕に大人の女の裸をじっくり見せて興奮させるんだ!さあ2人とも早く脱げよ!!」
興奮状態からかその子は「はあはあ」いいながら私達に言いました。香織はそれに対して
  「あんた自分で言っている意味分かってるの!私達があんたみたいなクソガキに裸を見せるわけないでしょ!!」
と怒鳴りました。その子はそのセリフを聞いて逆に冷静になったようで、またニヤついた笑みをしながらおもむろに例のボイスレコーダを取り出しました。
   「そちらこそそんなセリフを僕に言っていいの?なんなら今すぐにでもこのボイスレコーダをお姉ちゃん達の実名入りでネットに流してもいいんだよ、”他人の子供にようじぎゃくたいした親”とかいうタイトルでね!」
それを聞いて私と香織はまたうなだれるしかありませんでした。
   「へへへ分かった?じゃあ服を脱いで裸になってもらおうかなぁ。おっとすぐに脱いじゃだめだよ!”すとりっぷ”するように僕をじっくり焦して挑発しながら脱いでいくんだ。。」
本当にどこからそのような変態的なセリフが出てくるのかと思いましたが、私と香織はその子の指示通り目の前でゆっくりと服を脱いでいくしかありませんでした。。

その時多分その場に第3者にあたる人が見ていたら、異常な光景だったと思います。
子供部屋で机に座っているまだ小学生4年の子供の目の前で、二人の大人の女性が言われるがまま服を脱ぎながら挑発するように肌を晒していく様は当事者である自分にとっても、とても現実のものという実感が沸きませんでした。。

その子は「すげー!へへへ!すげーや。。」と小声でぶつぶつ言いながら、ぎらぎらした目で、ためらいながら服を脱いでいく私達を見つめていました。
私達は着ていた上着とスカート、ストッキング等を脱いでいき、とうとうブラジャーとパンティーだけの下着姿をその子の前にさらしました。

私達は共にまだ若い主婦ということだけあり、その日も私は紫色、香織は黒色のかなり過激な下着を着けていました。。
ただ少なくともこれは夫だけに見せるためのもので、とてもこんな子供に見せることになるとは私も香織も思いませんでした。。。

その子は先ほど以上に血走った目で私達の下着姿を見つめ、盛りのついた犬のように「はあはあ」言いながら
「すげぇーすげぇー!大人の女の生ブラジャーに生パンティーだぁ。。しかもすげぇーエロい。。たまんないよぉ」
と顔を真っ赤にして、本当の犬のように舌を出し前のめりになりながら自分の股間を激しくさすっていました。
香織は
「さあもうしっかり見たでしょう。。。クソエロガキ!これで終わりだからね!」
とさっさと脱いだ服を着始めようとしました。それを見たその子はまた机をバーンとたたきながら大声で
「何を言ってるんだよ??? まだ肝心なところを見せてないじゃない!!! 2人ともまずは上のブラジャーをとれよぉ。。”おっぱい”だょぉ。。。そのでかい”生おっぱい”を僕に見せつけてよぉぉ。。。」
と私と香織の胸を指差し、股間をさすりながらうっとりとしたいやらしい表情を受かべて言いました。
「っ。。」香織はまた怒りの表情を浮かべましたが、私は香織の肩に手を置き、もうこれ以上は無駄という形で香織を諭しました。

私と香織は言われるがままブラジャーを取りましたが、2人ともさすがに抵抗があり胸の部分は腕で隠したままでした。。。
しかしその子の「何恥ずかしがってんだょぉぉ。。 肝心なところが見えないじゃない!はやくその腕をどかせよぉおお!」と命令され、ついにおっぱいを全てそのエロガキの前にさらしました。
その子はそれを見て、また例のように犬のように「はあはあはあ」と息遣いをしながら。
「”おっぱい”だぁ、本物の大人の女の”生おっぱい”だぁぁ、エロい!エロすぎだよぉぉ!! しかも巨乳で4つもある。。これすべて僕の自由にしていいんだぁ。。!!」
と上ずった声で言いました。私はもちろん香織も羞恥心から何も言えず黙ってその屈辱に耐えるしかありませんでした。。
その後その子はあえて私達の裸体から目をそらし、「はぁはぁはぁ」と興奮していた息を整えると 若干冷静を取り戻したようで、やや低い声で言ってきました。。
「パンティーはまだ脱がなくて良いよ。。本当の”肝心なところ”は自分で脱がして見たほうが興奮するからね。。さあ2人ともそのままそこのベッドに横になれ!今からたっぷりと可愛がってあげるからね。。。」
と部屋の真ん中にある大きなベッドを指差して、私と香織に横たわるように指示しました。

私達はその子の言われるがまま、私達と”SEX"するためだけに購入したという特注のベッドにパンティーだけの姿で横になりました。。。
その子は自分の机からおもむろに立ち上がり、今まで以上に興奮しているような「はあはあはあ」という激しい息遣いをしながら
ベッドに近づいてきました。。
ついにはベッドに上にあがこみ、横たわっているパンティーのみの私と香織の裸を見下ろしてきました。
その顔はとてもまだ小学4年生の子供とは思えない、大人の男以上の醜悪でいやらしい表情を浮かべていました。

その光景を他の人が見た場合、まさに異常といえるでしょう。。
部屋の床一面に成人男性のいかがわしい本やDVDが散漫されており
大型TVにはAVが映し出され、女性のあえぎ声が充満しているその部屋はまぎれもなくまだ10歳にも満たない小学4年生の子供の部屋でした。

またなによりも異常なのはその部屋の中央に頓挫しているベッドには、パンティーだけの裸の女性2人が横たわっており
その横たわる女性達の上にまたがっておっぱいを鷲づかみなどして愛撫を加えているのはその部屋の主といえる小学生4年生の子供なのです。。。

そのエロガキは横たわる私と香織の両方のおっぱいをもみしだきながら、私達を見下ろし「すげぇ。。やわらかい。。。すげぇえやわらかいょぉぉ これが大人の女のおっぱい。。たまらないょぉぉ」等と
「はあはあはあ」と顔を上気させ、血走った目でさらに激しくもみしだいてきました。。。

ですがやはり子供なのでしょう。それは本能のまま扱うのみでとても愛撫と呼べない乱雑なものでした。
「痛っ痛いやめて。。。」、「ちょっやめっ痛いったらぁ!!」
と私と香織がいくら悲鳴を上げても、「へへへっいいのか?いいのかょぉぉ」とまるで意にかえさず、さらには我慢できなくなったのか私の乳首に吸い付いてきました。
そこでも本能のままむさぼりつくように私の乳首を乱雑にかんだりし、私は「痛いっ!痛、もういやぁあ!!」と悲鳴をあげるのみでした。
見かねた香織が私からその子を引き剥がすために起き上がろうとしたところ、「きゃっ」と悲鳴を上げました。

その子は私の胸に吸い付きながら、右手では香織のパンティの上から”アソコ”に激しい愛撫を加えていました。
その動きも乱雑かつかなり激しいもので、その子は「ほらっここかぁ。。。へへへっここなんだろぉお」と言って香織を攻め立てましたが
香織は「痛った!!痛い!痛いんだよこのエロガキ!!」とついにはにはその子を突き飛ばしました。。。

その子は突き飛ばされベッドの下に落ちました。香織は”しまった。。”という表情を浮かべました。
しかしその子はまったく意もかえさないように立ち上がり、ベッドの上の私達を見てニヤニヤ笑みを浮かべながらこう言いました。
「えへへへっお姉ちゃん達の裸があんまりエロいから。。ついやっちゃた! せっかくだからこの日の為に予習してきた”てくにっく”を試さないとね。。。
 最後にはお姉ちゃん達のほうから「もっとして。。。」とか「もう我慢できない”えっち”してっ。。」 って僕に”おねだり”させるようにするんだ。。。」

私と香織はそのセリフを聞いて、背筋が凍る思いがしました。。
その子はすばやくベッドの上にあがり、「きゃっ」私と香織が悲鳴を上げるまもなくまた襲い掛かってきました。

その子は先ほどと同じくまた私の乳首に吸い付き、右手では香織のおっぱいをもみしだき始めました。。
ただ先ほどとはうって変わって、吸い方は私の乳首をソフトに、”ちゅちゅ”という音を立てながら嘗め回してきました。
また右手のほうも香織のおっぱいをやさしくもみながら、時節乳首を指で転がして刺激を与えているようでした。。
それは初めての、しかも子供がするとは思えないような愛撫で、私と香織は徐々にに息が弾んできてしまいまいた。。

その子の舌の表面は少しざらつきがあるようで、なめる度に乳首に適度な刺激が加わり、そのたびに私は思わず「あっ、、あっ、ん。。」と声が出てしまうのをこらえていました。
また横で一瞬「あっ!!」という香織の悲鳴を聞き、見ると その子の右手は香織のおっぱいから離れ、パンティの上から”あそこ”を摩っているようでした。。
その触り方も先ほどとは違い大人の男がするような愛撫となっており、香織は顔を上気させながら、堅く目を閉じ快感を堪えているようでした。
その子は私の乳首から口を離し、私と香織をニヤニヤ見下ろしながらこう言いました。
「えへへへっ、どう僕の”てくにっく”は?? お姉ちゃん達 顔真っ赤になってきたよ。。感じてきちゃったんだぁ。。 さあ次は交代だよ。。」
今度は先ほどと逆に香織の乳首に吸い付き、左手で私のおっぱいをもみしだきはじめました。

そういった感じでその子は一方で乳首に吸い付き、もう一方の手で私達の体全体を愛撫してくるといったことを交互に行いました。
しかも徐々にににうまくなってきているようで、私と香織は心では嫌がりながらも、体に与えれれる快感によって
「あっあん。。やっ。。」と声が出始めてしまいました。

「ねぇお姉ちゃん。。。”ちゅー”しようよ。。声を出しているお姉ちゃんの口。。すごいエロくて僕たまんなくなっちゃった。。僕の初めての”ふぁーすときす”受け取ってよぉお!!」
愛撫を続けながら急にその子は、私に対してこう言い、私の顔に自分の口を近づけてきました。。。。
「いっいや!!」と私は顔を背けようとしましたが、「だーめ!!」とその子に強引に顔を向けられキスをさせられました。
しかもどこで覚えたのか、その子はディープキスをしようと私の口の中に舌を入れてきました。。
「んっんん。。」と私は口の中で抵抗しますが、その子は強引に口をこじあけ私の舌に舌を絡めてきました。とても初めてのキスとは思えませんでした。
その子はディープキスをしながらも、片手では私の体を愛撫しつづけており、私はなんともいえない甘くしびれたような快感に襲われていまいました。。。。

どれぐらいたったのでしょうか?私は「美っ美紀。。」と隣で私の名前を呼ぶ声を聞き、我に返りました。見ると香織が唖然とした表情で私達を見ていました。。
その子は”ぷはぁあ”という音を立てて、私から口を離し、私に向かってこう言いました。

「えへへへっお姉ちゃん。。どう?僕の”ふぁーすときす”は?気持ちよかった?気持ちよかったんだよね? だってお姉ちゃんすごく”えっち”な顔してるもん。。。」
私はそれを聞き、羞恥心でいっぱいになりました。
「さあ、次はこっちのお姉ちゃんと”ちゅー”しようかなぁ!!!」とその子は、今度は隣の香織にキスしようと襲い掛かりました。
「やだっやめなさいっ!!いやっ」
香織は私のときと同じく強引にキスしようとするその子に激しく抵抗しましたが、その子は「いいのかょぉ ”ようじぎゃくたい”で訴えるぞ!!」と言い放ちました。
それを聞いて一瞬抵抗をやめた香織の隙をつき、強引に口を重ねてきました。。
「んー!!!んっんー!」香織は必死で進入してくる舌を拒んでいるようでしたが、その子は片手で香織の乳首をつねり、「あっ」と香織が叫んだすきに強引に舌を口に入れてきました。。。

その子は多分キスの才能があるのでしょうか。。。
香織は最初はなんとかその子を引きはがさそうとしていましたが、ディープキスと体に与えられている愛撫のせいで徐々にに抵抗は弱まっていき
今では私の時と同じく「んっ。。んっ、、ちゅるちゅう」とその子のなすがままとなってきていました。

その子の右手は香織のパンティ越しにアソコをくりくり弄っていました。
その子は時々口を離し、「あっあっあっ。。。」と目を閉じ快感で声をもらしている香織の顔をいやらしい笑みを浮かべて見下ろし、
舌なめずりした後、また口を重ねていきました。

私はその子と香織が絡みあっているその光景を、まるで現実感がない気持ちで見ていました。

まだ小学生4年生の子供が裸の大人の女に覆いかぶさりディープキスと愛撫で弄んでいる光景はとても倒錯的でした。。。
私もいつもまにか、自らおっぱいをもみしだき、パンティ越しにアソコを触り、「んっんっ」と声をあげてしまっていました。
特に私のアソコはこれまでにないほど濡れていました。。。

その子は長い間、香織とのキスを楽しんでからおもむろに口を離しました。
「はぁああ」
口を離した二人の間には、唾が長い糸を引いていました。。。
香織は私が見たことないような恍惚とした表情を浮かべていました。

その子は香織をにやにやしながら見下ろし、再度 目を閉じ、まだ快感に酔いしれているような香織の頬あたりに
”ちゅっ”とキスをした後、おもむろに隣の私を見て言いました。
「お姉ちゃん、、また”ちゅー”して欲しくなったの??」
 「え。。。」
 「だってお姉ちゃん。今ものすごくして欲しそうな”えっち”な顔しているよ。。おまけにそんなところいじりながらさぁ。。。」
といやらしい笑みを浮かべて私の”アソコ”を指差しました。。。
  私はあまりの羞恥心で顔を真っ赤にしてうなだれました。
  「して欲しいんでしょ。。。」とその子はニヤニヤ笑いながらまた私に覆いかぶさり、私のおっぱいをもみしだきながら、羞恥心で真っ赤になっている私の頬に「ちゅっちゅ」とキスしてきました。
 「んっんっ。ゃ。。。」私は思わず声を漏らしました。。。
 「して欲しいなら。。自分で舌を出して、「”ちゅー”して。。。」って”おねだり”しなよ。。」
私はいやいやをするように首を振りました。しかしその子が私のぐちょぐちょになったパンティの上からアソコをしごき始めると、
「あっあっあっあ・・・」と声が漏れ、甘くしびれたような快感に襲われていまいました。
その子はまるで焦らすかのように 声を漏らしている私の口をちょうど外す形で顔中をキスながら言いました。。

 「ねえっ”ちゅーしようよ。。。もっと気持ちよくしてあげるからさぁ。はやく”おねだり”しなよ。。」
 私はもうなにも考えられず、その声にしたがい、口から少し舌をだして「”ちゅー”。。 して。。。。」とその子に”おねだり”してしまいました。。
  それを聞いたその子は「げへへへへ」と好色な顔を浮かべた後、舌なめずりをして私の口をむさぼり始めました。
 その子の激しいディープキスと愛撫で 私は無意識のうちに、大人の男性にするようにその子に首に手を回してしまってしまい、悩ましい鼻息を漏らしながらその子の舌に答えていました。。

隣では香織が「あん、、んっ。。んっ」と私とその子の絡みを恍惚とした表情で見ながら、おっぱいとパンティ越しにアソコを触っていました。。


その子はその後も私と香織を愛撫とキスで攻め立てました。
今その子はベッドの上で横たわり。。一通りの愛撫から開放され「はあはあ」と呼吸を荒くしている私と香織を見下ろしながら言いました
「おねえちゃん達、もうパンティがぐちゃぐちゃになってるよ。。そんなに気持ちよかったんだ。。。じゃあそろそろ本命の”アソコ””を見せてもらおうかなぁ。。」
そう言うとその子は私と香織のパンティに手をかけて徐々ににおろし始めました。。。
私と香織はその子の激しい愛撫により体に力が入らず、、何の抵抗もできませんでした。

その子はある程度パンティを下ろした後、いきなり私と香織の両足をぐいっと持ち上げたと思うと、自分の両肩にそれぞれかけました。
「きゃっ」と悲鳴を上げる私と香織にその子は言いました。

「へへへっびっくりした!? パンティを脱がすときはこの格好で脱がすと決めてたんだ。。。”アソコ”とお尻とおっぱいが一遍に見れるし、なによりこの綺麗な大人の女の脚を通してパンティーを脱がしてくのがすげえエロいからねぇ。。」
そういってその子は両肩にかけている私と香織の脚をなでなでし、、太ももあたりをぺろぺろと舐めながら言いました。。
あまりに変態ちっくな行為に、私達は苦悶の顔をし、香織は「この変態エロガキ。。。」と言い放ちました。

その子はそれを聞いて「えへへへへ。。。」と逆に好色な顔を浮かべて
「さあ、続きをしようかなぁぁ」と再び私と香織のパンティに手をかけ脱がしはじめました。。
その子はこれまで以上に好色な笑みをうかべ、、「はあはあはあ」と荒い息をしながら「脱げるよぉおお、へへへへ。。パンティ脱げちゃうよぉお。。」
とうわ言のようにつぶやきながら、太ももからふくろはぎへとゆっくりとパンティを脱がしていきました。
その子の目にはもうすでに裏ももの付け根部分に私達の”アソコ”が完全に見えており、
「”アソコ”だぁぁ。。へへっへ。。大人の女の”生アソコ”が僕の目の前にあるぅぅう」とぎらぎらした目で見つめていました。。

その子は完全に脱がしたパンティを私たちの片足首にそれぞれ引っ掛けると、肩に担いでいる私達の両足をそれぞれガバッと開けました。
「きゃっ」と私たちは悲鳴を上げましたが、その子はそのままのポーズを維持するように命令しました。
私たちはいわゆる正上位で股を広げている形のポーズで、その子の前に”アソコ”をさらしていました。。。

完全に裸になった大人の女が2人も 自分の目の前で股を広げて”アソコ”をさらしている光景は、いくらとんでもないエロガキとはいえ小学4年の子供には刺激が強かったのでしょう、、
その子は私達を食い入るように見ながら、「はっはっはっ」と荒い息を吐いたかと思うと、」一瞬「うっ」と前のめりになり、「はあはあはあ。。。」と息を整えました。
ズボンの股間が染みになっているのを見るとどうやら射精してしまったようです。。

それでもその子は「へへっへへっへ」といいながら、なれた手つきでポケットからティッシュ取り、ズボンに手をっ込んで拭き始めました。
「お姉ちゃん達の”アソコ”があんまりにもエロいから思わず”しゃせい”しちゃったよ。。 まあいいや。。一度出したほうがじっくりとできるからね。。」
と相変わらずにやつきながら、私達に言いました。
「それに見て!!」といきなりズボンを下ろしました。私と香織は思わず目を見張りました。

まだ精液にまみれているその子のペニスは、若干包茎がかっていますが、しっかりと勃起しており、
なによりそのサイズはまだ子供とは思えない大きさでした。
「へへへ、どう僕の”ちんこ”は?結構大きいでしょ。。よくトイレなんかで隣の大人の男と比べるけど、大体は勝っているんだぁあ!!」
と言いました。

それからその子は、下半身を丸出しにしたまま、好色な笑みを浮かべて
「じゃあ、”アソコ”でじっくりと遊ばせてもらおうかなぁぁ」と、私と香織の”アソコ”を触ろうと手を伸ばしてきました。
私と香織は半ばあきらめたようにその子の前で再び股を広げました。


黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話

奴隷は淫乱とかではなく、真性のマゾだった 

出会いは ワクワクメール
奴隷はAとしとく

当時の彼女と上手くいってなかった相談をしたとき
返信をくれた一人がAだった

そもそも彼女とのことで凹んでたし、
出会いは求めてなかった
だからか、Aはとても親身に話を聞いてくれたし、仲良くなるのにそう時間はかからなかった

仲良くなっていくにつれ、俺は彼女よりもAとのメールが楽しくなってきていた

何か長いから所々はしょる

しばらくして、
Aの隠してた趣味が明らかになった
それはAV鑑賞
内容はハード系のSMもの
鞭打ち、緊縛、アナル、異物挿入、二穴責め、首絞め、イラマチオやクリッピングなどなど

そして、もう一つの趣味
それは自縛
小学生の頃から、よく理解もせずにやってたらしい
ただ、それは付き合ってきた彼氏にも言わずに秘密にしていたらしい
相手がみんな、知識に乏しい淡白な人ばかりだから理解されないと思ったようだ

事実、絶頂や、栗とリスの場所さえわかってなかった彼氏たちとA

Aは週に2~3回のペースで、自縛しては犯される想像をしてオナってたらしい

そんな話を聞きつつ、Aは知り合いは毎晩男を引っ掛けてはやりまくってるだの、ナニの大きさや耐久力がどうの、
暫く彼氏がいなくて欲求不満だのと話し始めた

そして、興奮したのか、今からオナると言い出した
ものは試し、俺はそれに付き合うことにした
はじめのうちは、普通のセックスの流れの妄想を
メールしていたけど、

ふと、こいつはそれじゃ物足りないんじゃね?と思った俺は、SMの流れに持っていった

案の定、興奮しだすA
頼んでもいないのに、写真を送りつけてきてはエロメールを送ってくる

冗談で、アナルにも入れろよ、と言ってみた
すると、「はい…」の返事と共に、
二穴に異物を挿入した写真を送ってきた

見られてる妄想をしながら絶頂に達っしたようだった

それからは釣りかと思うくらいの早さで
メールでの調教が始まった

俺をご主人と呼び、自分を雌犬、便器と呼び
言ったことはちゃんとやり、全て写真で送ってくる

今まで溜め込んできた欲求が、爆発して止まらなくなったと、その後聞いた

話し始めて1週間が経つ頃、Aは
実際に会って調教してくれませんか?
と言ってきた
(話し始めて2日目には写メと番号は交換済み)

そのときには彼女と別れていた俺は
迷うことなくそれを了承した

住んでいる場所は近かったため、
会うことは容易だった
俺の何を気に入ったのか、
Aの服従ぶりは半端じゃなかった

調教の道具は一通り持っていたA
なのですぐに日取りを決め、
会うことになった 

当日
会うにあたって、Aにはノーブラノーパン、ワンピースで来させた
野外調教もしてほしいようだったので


でも、生憎と雨だったのでそれはまたあとでってことで、さっそくホテルへ

あ、ホテルに行く前に身体を確認したら、足をつたって垂れるくらい濡らしてた

ほんとこいつはしょうがない豚だ

今はもうなくなりつつあるけど、その頃はまだ吊るしたりできるような
梁などがあるホテルがあったのでそこを選ぶ

部屋に入り、Aに服を脱ぐよう指示
そして全裸になったAは、土下座し
 
「ご主人様、どうかこの雌犬をお好きなように調教してください、お願いします」
とかなんとか言ってきた

Aは苦痛系で喜ぶマゾ
なので、頭を踏みつけつつ
「楽しませろよ?わざわざ調教してやるんだからな」

そして、髪を掴み顔を見る
この時点で、Aはもうトランス状態
虚ろな目で、
「何されても抵抗しません、全てに従います」と言った

実際のところ、調教というより
やりたいことを好き放題するって感じ
大概のことは自分でやってたしね、Aは

そしてプレイ開始
Aを縄で拘束する
梁に結んだロープで手を上に縛る

さらに、開脚するように縛る
(自己流なのでちゃんとした縛り方は知らない)

逃げられないように拘束されることがAは好きだった

縛り終わると、まずはAの口にギャグボールを付ける
そして、乳首にはクリップ

このクリップ、そのへんに売ってるような普通のクリップなので、幅を調節できないからけっこう痛い

片方を挟んだ瞬間、Aは呻き声をあげた
まぁ、そんなの関係無いのでもう片方も挟む
さらに息を荒げ、呻く

涙を流して体をねじる
それを見て、何か笑えてきた

次は、Aに用意させたきゅうりをバッグから取り出す
Aは挿入されれば何でも喜んだけど、

一番喜ぶのは野菜やビンなどの異物を挿入されること
家畜以下の扱いをされることが好きだった

もうぐちゅぐちゅに濡らしているAの穴に
いきなり奥まできゅうりを突っ込む

身体をそり、呻き声ををあげて
(ギャグボールはめた声って表現し辛いな、各自想像して)痙攣しだす
これだけでイッたようだった

「おい、勝手にいってんじゃねーよ」
そう言って俺は、乳首のクリップを勢いよく引っ張って外す
ヨダレ垂らしながら、叫ぶようにAは
「ごめんなさいごめんなさい」と言っているように聞こえた

「わかればいいんだよ、雌犬」
そしてもう一度クリップを挟む
今度は片方に二つずつ
Aはいい声で鳴いてた

次に、アナルには小さめのスプレー缶を挿入する
(浣腸はすでに家でやらせ済み)

ローションをたっぷりつけ、グリグリとアナルに押し付ける
ローションもついてるし、自分で開発していただけあって、ほとんど抵抗なく奥まで吸い込まれていく

入っていくたび、「あ゛ー!あ゛ー!」と声を荒げ、ビクビクと震える身体
そしてどんどん愛液が溢れてくる

一部はローションだろうけど、それ以上の量のぬめり気のある液体が床に染み渡る

「なんだ、こんなもん突っ込まれて嬉しいのか?」
そう言って2穴の挿入物を激しくピストン
動かすたびに、溢れる愛液

誰に調教されたわけでもないのに、ここまでされて喜ぶAは、ほんとどうしようもない変態だと思った 

その後しばらく、口汚くAを罵りながら2穴を責める
何度か再び絶頂に達し、目は宙の在らぬ方向を見つめるA

ここで、もう一本縄を用意
股縄をして挿入物を抜けないように固定する

一通り、責めは楽しんだから次は奉仕させなくちゃ、ってわけで
Aのギャグボールを外す
もう口元はヨダレまみれ

「おら、自分ばっかり良くなってんじゃねーよ」
頭を掴み、鼻をつまみイラマチオ
いきなり喉奥までナニを突っ込む

「おごっ!」
情けない声をだし、顔を歪めるA
そんなAの反応などお構いなしに両手で頭を掴み前後させる
まるでオナホ

口はヨダレでぐちゅぐちゅ、かなり具合はいい
喉奥に当たり締まる感じがたまらない

嗚咽を繰り返し、むせり、咳き込みながらも口を犯され続けるA
下の穴からはさらに愛液を溢れさせる
涙を流し、顔を歪めていても身体はとても喜んでいるようだった 

好き放題イラマチオを続ける
ジュポジュポとAの口はいやらしい音を出す

こいつ、こんだけされてもナニに吸い付いてきやがる
その具合の良さに、俺は限界を迎えつつあった

Aは普通のセッ◯ス時は絶対に口には出されたくない、気持ち悪いと言っていた

たが、プレイ時は嫌なことをされられるのが快感だと言っていたので、
遠慮なく口に、喉の奥に発射してやった

「おい、こぼすなよ、全部飲め」
全て出切るまで頭を押さえつけて、放出の快感に耽る

ここまで好き放題したことなどないわけで、今までにない感覚にぶっちゃけこれだけで満足しかけた
そんなわけにもいかないけどw

ナニを抜き、Aは出された精液飲もうと必死
でも、自分の意識に反して咳き込み、少し吐き出してしまった

「ちゃんと飲めよ、便器のくせに」
足をAの顔に押し付ける

「ご、、ごめんな、さい…」
泣きながらAは謝罪をする
かなりの優越感

満足しかけたことなど忘れ、俺は再び興奮してきた

吊るしてあった手の縄を、ベッドの脚に括り付けAを床に寝かせる(足は開脚のまま)

「使えねぇ口は塞がないとな」
下の穴のキュウリを抜き、口に突っ込む
「そのまま突っ込んどけ、吐いたり噛んだりするなよ」

「口は楽しめなかったからな、今度はこっちの穴で楽しませろ」

愛液でぐちょぐちょの穴に、すでに硬くなったナニを突っ込む
「ああっ、あああ、ああー!
さっそくキュウリを吐き出し、喘ぎ出すA

「また命令に背いたな?」
お仕置きは必要だよね、うん

俺は片手でAの首を軽く絞める
「んぐぅ!ぐ、あ゛あ゛!」
苦しさに顔を歪める

でもね、やっぱりこいつは変態だった
絞めるたびに、愛液が溢れ出し、穴は締まる
心なしか、自分で腰を振ろうと動いているようだった

Aは、思っていた以上の締め付けと濡れ具合だった
腰を動かすたびに、ぐちゅっぐちゅっと音が響く

拘束され首を絞められ身動きの出来ないAは、されるがままの自分に酔っているかのように興奮し、
自分の欲求がやっと満たされた喜びからか、狂ったように声をあげ身体を痙攣させる

俺自身も、Aがイッていようがお構いなしに腰を振り続けて、奴隷の身体を貪った

感じまくりのAがちょっと癇に障ったので
、乳首のクリップを再び引っ張る
乳首引きちぎれそうだったけど大丈夫だったw
その痛みで身体が仰け反るA

取ったクリップを、栗とリスの根元に無理矢理挟み込み、手で抑える
濡れすぎてて、離したらすぐとれるからね

その瞬間、叫ぶような喘ぎ声と共に、
Aは身体をよじり、失神した

動かなくなったAを尻目に、邪魔な股縄を外す
アナルのスプレー缶はほっといても抜けなそうだったのでそのまま

俺は再びA腰を振る
失神したままのAの顔を何度か引っ叩く
目が覚めたようだけど、呆然として目も焦点が合ってない
ただ動くたびに反応して喘ぐので、構わず続ける

「休むなよ、使えねー奴隷は捨てるぞ?」
そう言って激しく突き刺す
「ごめ、ごめんなさ、あ、捨てないで、っ、あああっ、何でもするからぁぁっ!」

「ご主人様、の、好きに、して、壊れるまで使ってくださ、い、あぁ、!」

Aはほんと、どうしようもない

話して間もない、会ってすぐの俺にそんなこと言うんだから

二回目とはいえ、早漏気味の俺

それに加えAの身体は気持ちよすぎた

「そろそろ出すぞ、今度はこっちの穴で全部受け止めろよ、わかったか?」

締め付け、ぐちょぐちょに濡れたAの穴
これが俺の好きにできるかと思うとたまらなくなった

「出して、出してくださ、ああ!ご主人、奴隷のマ◯コに、中出ししてぇぇ!」

「好きなだけ、精子だしてくださいぃ、あああああ!」

そう言ったAの首を再び絞め、ガンガン腰を振る
「あああ!出すぞ、出すぞ!」

奥まで突き上げ、俺はAに中出しした
それとともに、Aも何度目かの絶頂を迎える
身体を痙攣させ、白目を向き、Aは動かなくなった

俺はナニを抜き、床に転がったキュウリで蓋をする

Aはそのまま放置して、俺はベッドで横になった

そのあとは起きて、Aの縄を解いて、
シャワー浴びたり雑談したり


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード