携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

女医

女医がセフレ

俺は医師だ 同じ年齢の女医が 医局にいた。ある日 医局にのこって 仕事をしていると すぐ横で
女医が紹介状や 診断書を書いて 印鑑をおしている。そ~~と見てみると 「私は 仕方がないと思って 今書いている書類を 扱っているの」 と 言いました。何気なく 仕事がおわったら 酒を呑みに行こうと誘ってみると  嬉しそうな顔をして「はい わかりました」と答えた。俺の当時のスペックは 32歳 で ペニスは12cmしかない でも 今まで セックスしたおんなは 俺のことを セックスがうまいと
お褒めの言葉をいただいた事もあったが あまり気にしていなかった。女医が俺のセフレになるとは その時点で セフレになってくれるとは 予想外 だった。遅い夕食というか 夜食になったが いつも 俺が使っている 西洋料理の店に行き シャンペンも 注文した。しばらくして まず シャンペンが  配膳された 女医は ワインはのんだことあるが シャンペンは 初めて と言いながら おいしく感じるみたいで 俺より 呑むのは早かった。 そのうち  メインディッシュが 運ばれてきて 女医も おいしいと言っていた 顔は 酒の影響か 赤くなっていた。その場は 俺が支払った。 行くところがないので  女医は 私のアパートに来る?? というので 酔いながら のこのこ ついて行った。そう言えば 医局の後輩たちは 男性は 口をそろえて あの女医は  処女だ という噂を聞くことが多かった。俺も この女医 年齢のわりには 幼いことを言うし 身長は165cmくらいで 美脚で 完全に大人の女性の雰 囲気はあって とても 32歳で 処女とは 思えなかった。その頃の医学部って 女子学生が今よりも少なかったので 誰か 周りから 手をだした と  思った。それに 外見は どう見ても 美人ではないが 目鼻立ちはそろっていた 普通の大人のおんなの顔だった。女医のアパートに着くと 畳の部屋に座ら された そのうち 熱いお茶がでてきた。 お茶を飲んだら アルコールが一気に 抜けたようで そのあとは その女医と いろいろ 話をした。 そうする と いつの間にか お互い抱き合って キスをしていた。 あとで 女医に理由を聞くと「貴男をみているとかわいそうになってくるから」 と答えが返ってき た。そしたら 俺がかわいそうって ナンなの と問いただすと「うん でも そう見えるの」と返事が来た そのあと 沈黙がつづいたが 女医から 「私も 女だから いちおう 恋愛って どうしたらいいのかは わかっているわ」と「私はみんなが言う通りじゃなくて もう 処女じゃないの」   そしたら 女 医は隣の部屋に布団を敷いて 隣の部屋で お互い 裸体になり それからは 何もいわなかった 一応 初めての場面なので 身体中 なめ回した どこをな めても 感じるようで 短めに「あ~~」と言った。 俺は この女は 性行為には なれているのだ と思った.陰部を触ると これまでの女では 体験した ことのない ラブジュースが あふれるように出ていて もう 完全に濡れ濡れだった 頃合いをみて 正常位で ペニスを挿入してポルチオをに 亀頭をあて て ピストンした。 女医は 猛烈に感じたらしく 途中から 俺の名前を連呼しはじめた よく 感じているらしく 肌は紅潮していた  とにかく うめき 声は 大きかったが 女医のアパートは 防音性がいいみたいで 外には あれだけ 喘ぎ声が大きいにもかかわらず 声はもれないみたいだった いちおう  初めての女医とのセックスだったので 正常位だけ したが
いつも 持ち歩いている コンドームをつけて 女医の子宮のポルチオの部分に ペニスをあてて
俺も射精した。 ずいぶんと快感を感じたようで しばらく 女医はなにも言わなかった。
さめてきたので どうして 俺と肉体関係をもったの?  と聞くと さっきの 料理とシャンペンのお礼よ と 言った。 それから 女医は 俺の ことを女医のセフレとして 認めたようで 仕事が終わると 車にのって ラブホいったりしていた。 ラブホに連れ込むと 初めてだったようで きれいなと ころと 一言言って 非常に喜んでいた。いくつか ラブホには 俺の車で入った.ラブホに行くと言うことは セックスをする と同じ意味で 行く前に ド ライブ中に 左手で 女医の陰部を触ると すでにびしょびしょに濡れていた。到着すると とにかく セックスをしたいみたいなので 早く入って と
催促された。 また 後背位もリクエストされたり 松葉崩しをリクエストされたりした。 言われるとおりの体位をとると 女医は すごく喜んだ.学会に行くときは 同じホテルを予約し おもに 女医の部屋で 一晩中 むさぼりあった
でも 別れた その直前に ディズニーランドにいって カリブの海賊という アトラクションで 船に乗った もちろん 隣同士だったが 暗くて  好都合だった 左手は スカートの奥の 陰部をさわって 刺激していた ず~~と 暗闇が続いていた 女医は その時点で 下着は びしょびしょに濡れて いた。 そのあと JRで 3つめのところに 駅前にラブホがあるので そこに行くように 催促された。 ラブホの部屋に入ると むさぼりあって セック スをした。そのあと 女医の都合で セフレは解消した。 あの女医は 本当に最高のセフレだと思った。今は 医局を辞めて 医者じゃなくて 教師と結婚し たらしい と風の噂で 聞いた。 おそらく 幸せだろうと思った

ED?

最近朝立ちも遠慮気味・・・もちろん勢いもイマイチ・・・・・。
そうなると全てに自信がなくなるのが男である。
意を決し、勤務先近くの病院へ。
とりあえず健康診断してもらうつもりで・・・。
緊張しているまま診察室へ・・・・。
内科ではめずらしい女医さん、歳の頃は30代前半、おまけに結構イケている。
女医なんていえば大体がババ臭いのが相場だがこの先生はスレンダーで長い黒髪を掻き揚げ、花柄のスカートなんか履いていてなんとも色っぽい・・・・。
「お名前は?」
矢継ぎ早に
「ご住所は?」
緊張してうまく答えられないでいると「クスッ」と笑いながら俺の手を握り
「どうしました?今日は」
「いや、けっ、健康診断です・・・」
「そうでしたね。じゃまずお腹を見せて下さい」
お決まりの聴診器による触診と目の触診後
「どこか悪い所はないですか?」
うつむいて黙っていると
「私じゃ話づらいかしら?」
「いえ、実は・・・・」
上記の件を恐る恐る相談すると
「判りました。ちょっと見せてもらえますか?」
「えっ、ここで?」
「大丈夫ですよ。誰も来ませんから」
そういうと俺を立たせてズボンとパンツをすばやく脱がし
「失礼!」
と言いながら触診を始めた。
先生のいい匂いが鼻をつき、みるみるジュニアは硬直してしまった。
「う~ん、触診の感じでは異常ないですね。病気も無いようですよ」
「でもいざ女性とのまじわりの時になるとだめになるんです」
「今特定のパートナーはいらっしゃるの?」
「いえ、ここ半年は全く女性との関係はないんです」
「そうですか。くわしく調べてみますか?」
「はい」
「今日は結構です。お疲れ様」
型どおりの診察で少々がっかりしながら診察室をでる。

支払いを済ませ、外に出て1時間位すると携帯が鳴っている。
見たことない番号だ。
でるとさっきの女医さんだ。
「あの、なにか?」
「あなたさっき忘れ物しましたよ」
「えっ?」
「私は今日は午前中だけの診察だから後で届けてあげますよ」
「いや、今から戻りますよ」
「ゴメンなさい。後の患者さんが立て込んでるの。電話切るわね」
おかしな人だと思いながらしかたなく近くのサテンで時間つぶし。

しばらくするとまた電話。
待ち合わせ場所を伝えるとほどなく彼女は現れた。
「なにを忘れましたか?」
「ともかく出ましょ」
彼女の車に乗せられ、しばしドライブ。
しばらくすると車を止め、おもむろに俺の股間をまさぐり出した。
唖然としているとチャックを下ろしいきなり触診しだした。
またすぐに硬くなる。
「ねえ、私の治療受けてみる?」
上目遣いで色っぽい声を出しながら手は俺の股間をしごいている。
抵抗できないし、今にもイキそうになる。
「続きは・・・ネッ」
そういうと速攻で近くのラブホへ。

「私、いつもこんな事しているんじゃないわよ。あなたが気にいったからよ」
そういうと速攻で俺の固いものを口に含んできた。
あまりの気持ちよさにそのまま口内発射・・・・。
「大丈夫みたいね。さあ、今度は私を気持ちよくしてね」
半年振りの女性である。
無我夢中で先生の胸を吸い、もみ、やがてオマンコに・・・。
きれいなピンク色のクリを刺激すると大量の失禁・・・。
頃合いをみてスキンを破っていると
「今日は大丈夫だからそのままきて」
ナマOKのお誘い。
遠慮なく硬くなったジュニアを中にブスリと差し込む。
信じられないくらい硬く持続力も凄い。
体位を変えながらガンガンと突きまくった。
先生は歓喜の奇声を上げながら目を白黒。
やがて2回目の射精感。
「いきますよ」
「キテ」
股間に締め付けを感じながら先生の中に半年振りの射精。
射精の度に先生はグイグイと締め付けてくるので気持ちよさも最高だった。
「できるじゃない!いっぱい出てるわよ、私の中に」
オマンコから流れ出すザーメンを指ですくいながらにっこりと笑っている。
「もう先生しかいけないかも・・・・・」
「あらっ、それってプロポーズかしら?」
「おかしいですか?」
「いいの。私もそろそろなんて考えていたし」

その後式は無しで婚姻届を出し、一緒に暮らし出した。
いつか先生を妊娠させたいと日夜頑張って中だししている。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード