携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

同性

浮気の必要性

姉と妻は肉体関係が出来ている。姉が妻を毒牙にかけたのだ。平日の昼間、時々妻は姉に犯されているようだ。女の体には愛した男の癖が付く。その癖のもとを 作った女の舌先にかかると、ひとたまりも無いらしい。妻の性感開発は学生時代から続けてきたが姉はバイブなどを持ち出してさらなる快楽を教え込んでいるよ うだ。精神的に慕ってくる義妹を姉も本気で愛しているようだ。姉のテクニックは夜の生活に影響する。射精のインターバルに姉のバイブで妻を喜ばせるのも良 いものだと思えるようになった。
昨日妻が姉に「託卵女子」についての先日の撃退談を嬉しそうに報告したらしい。すると姉は「浮気が出来ない男は腐っていくわ。よどんだ水がくさる ようにね。愛人の2人や3人。隠し子ぐらい作らせなさい。あなたは自分が妻の貞潔を守ってさえいれば良いけど、男は同じじゃないのよ。」と大真面目でお説 教をしたらしい。帰宅すると妻は早速真剣な目で「浮気をして頂戴。でも私と子供を忘れないでね。他所の女を私達以上に幸せにしたら嫌。浮気の詳細は教えて ね。」と言われてしまった。
妻にはスマホを見せて略奪婚を狙うアラフォー独女達からの不倫お誘いメールも読ませて丁寧なお断りの返事を代筆してもらっている位だ。妻はキャリ ア組の「託卵女子」お姉さまからの切実なメールも読んで「私はあなたを愛する女。それは彼女も一緒。私はあなたに選ばれたと言うだけで妻の座にいる。あな たの子供の独占は同じ女として考えるとどうなのかしら。私にも解からなくなってきたわ。」と悩みだした。「心配するな。お前は何でも揃っている素晴らしい 女だ。浮気の必要などない。」と断言してやった。
喜んだ妻は姉の下着を身につけ「さあ、御姉様を犯すのよ。」とベッドルームにさそった。話は変わるが妻も姉も妊娠したのではないかと思う。2人と も美しさが輝いている。妻の乳房を攻略して乳首をこりこりにすると右手で女性器三つ所攻めをかけながら、足指から始めて女性器へと舌先を進め妻の体を起こ し騎乗クンニをした。かつては汚いから止めてと言っていたが今は熱く荒い息遣いと大量の愛液で応えてくれる様になった。子供を産んで清楚なお嬢様は高感度 な美女になった。
美しく乱れた妻に正常位から陰茎をつき立て激しいピストンラッシュを浴びせた。甲高い嬌声を上げて妻が果てたのでぐっと陰茎を根元までさして勢い 良く精液を放った。陰茎を抜いて姉のバイブで可愛がってやろうとすると妻は「いや。まだ中にいてください。」と言った。結局抜かずに6発精液を放った.。 膣の中で尿道を精液が卵子を求めて突っ走る快感はもの凄い。女の体は単に瀬液を捨てるためでなく、本能に忠実に自分の種で孕ませる所に本当の快楽があると 思う。男はより深く陰茎で女を犯し射精する方が気持ちよい。これは精液を注ぎ込まれる女も同じ様だ。単なる避妊性交が馬鹿らしくなった。

女子寮で先輩に捧げたアナル処女

俺の彼女は美琴と言います。女子大生です。俺と付き合うまでは処女でした。しかしながら、アナルでの経験はあったらしいです。経験と言っても、ディルドウで貫かれただけみたいですが。しかも女同士で。
 聞いたところによると、相手は高校時代の先輩とのことでした。美琴は女子寮に入っていたのですが、そこは上下関係がとても厳しく、先輩の言うことは絶対だという雰囲気があったようです。そんな寮で、相部屋のパートナーになったのが、レズビアンの先輩だったのです。

 一年生だった美琴は、入寮初日に先輩から迫られ、断り切れずレズプレイに応じてしまったらしいです。
 もっとも、最初のうちは、クリトリスを弄られたり舐められたり、あるいは美琴の方が先輩のクリトリスを舐めさせられたり、そういった前戯で終わっていたようです。先輩も鬼ではないので、レズっ気のない後輩の処女まで奪おうとは考えていなかったみたいです。
 美琴は、クリトリスを弄り合うだけなら、それほどの抵抗感はなく、どちらかと言うと楽しんですらもいたようでした。とはいえ、膣にしろアナルにしろ、バージンを捧げるつもりは更々なかったようです。あくまでも触るだけならばという条件付きで先輩を受け入れていたのです。
 最初のうちは、先輩もそれで満足していたのですが、人間には慣れというものがあり、常に新鮮な感覚を求めてしまうものです。
 夏が近くなった頃、先輩は美琴の処女を貫きたがるようになりました。ペニスバンドを嵌めて犯したい、と言って迫ったらしいです。
 これにはさすがに美琴も抵抗していたのですが、先輩に「ならアナルバージンを頂戴」と言われ、折れざるを得なくなったようです。上下関係の厳しい寮において、先輩が譲歩までして頼んできたのだから、断り続けるのは至難の業だったでしょう。

 暑い夜だった、と美琴は言ってました。
 ベッドに潜り込んできた先輩は、いつもの全裸ではなく、ペニスバンドを装着していたとのことです。ディルドウを口に咥えさせられたのですが、それはこの時が初めてのようでした。
 先輩は、美琴の口内を犯しながら、ローションを尻穴に塗り込んできたりしたらしいです。美琴の印象としては、どうにも手慣れた感じだったとか。
 唾液でたっぷりと濡れたディルドウが、美琴の口から引き抜かれると、先輩は、流れるような仕草で正常位の体勢を整えた、らしいです。ディルドウによる疑似フェラチオから解放されて、一息つけたと思ったら、次の瞬間にはアナルに先端を押し付けられていた、とのことでした。
 先輩は躊躇なくディルドウを埋め込んできたけれど、不思議と痛みはなかったようです。ローション効果でしょうか。
 普段クリトリスを弄り合っている時は、会話が結構あったらしいです。「気持ち良い?」とか「濡れてきたよ」とか。
 しかし、アナルバージンを捧げた時は、なぜかあまり言葉を交わさなかったようです。先輩は無言で腰を動かしディルドウを突き入れてきて、美琴の方も、わずかに息を荒げながらひたすら尻穴の違和感を耐えていたのだとか。
 きっと、薄暗い部屋の中で、美琴の呼吸音と、アナルを抽送する音だけが、辺りを支配していたのでしょう。
 先輩は10分近く黙々と正常位で美琴と疑似アナルセックスを続けていたらしいです。そして唐突に腰の動きを止め、ディルドウをゆっくりと引き抜いていったのだとか。
 美琴のアナルバージンロストはそれで終わりです。ふたりとも汗だくになっていたので、一緒にシャワーを浴びて、あとは普通に寝たらしいです。
 先輩は満足したようでした。おそらく、アナルバージンを貰うことそれ自体が先輩にとっては重要だったのでしょう。
 それからも、先輩が卒業するまでの約半年間、レズ関係は続いていたようですが、ディルドウが持ち出されることはなかったらしいです。時々アナルに指を埋め込まれるようにはなったようですが。

 話を聞いた日、俺は美琴とアナルセックスをしました。最初で、おそらくは最後のアナルセックスだと思います。
 バージンを奪われた肛門を俺が貫き直して、先輩の存在を過去のものとする。そういうつもりで俺は臨んだし、美琴もきっとそうだったでしょう。
 俺は、彼女の先輩と同じように、正常位で挿入して、黙々と出し入れをしました。


マッチョな中年男性の性処理をさせられた過去

2年程前の話になります。
当時、17歳だった俺は友人数人と夜遊びをしていました。(金曜日の夜でした)
友人の両親が出かけていて誰も居ないと言う事もあり、未成年でありながら酒を飲み
加減を知らない私はヘロヘロ状態だったんです。
深夜1時を回り、俺は友人の家を後に自宅に向かっていたんですが、途中気持ち悪くなり
近くの公園のトイレに入ったんです。
そして近くのベンチに座り休んでいると、中年男性が声を掛けて来ました。
その時は既に意識朦朧としていて何を話したのか?覚えていません。
まだ頭が朦朧とする中、目を開けると見知らぬ部屋のベットの上だったんです。
”何処だろう?”そんな事を考えている時、私は全裸で寝ている事!お尻がヒリヒリする事!に
気づいたんです。
”えっ”そう思っていると、中年男性がパンツ一丁で現れました。
 「目が覚めたのかい?その感じだと何も覚えていない?」
 「誰ですか?」
 「ん~どこから説明すればいいのか・・・公園で話した事は・・・」
 「覚えていません」
 「そうか?」
そうして彼は昨晩の出来事を話し始めました。

昨晩、公園でヘロヘロの私は彼に酒を誘われ付いて来たそうです。
この部屋で1時間程して、”男役と女役どっちがいい?”と聞かれ”女になります”と私が答えたそうです。
彼が俺を裸にすると、キスをしたりアナルを舐め始めると俺は彼の物を咥え喘いだと言います。
彼の肉棒をお尻で受け止め、何度も中に出され朝を迎えたと言うのです。
彼は、その話を終えると同時に俺の直ぐ横に座り顔を近づけるとキスをしてきました。
本当なら嫌がる所ですが、俺は凄くドキドキし彼のキスを心地よく感じていたんです。

俺は、幼い時からMっ気が強い事を知っていました。叩かれたりつねられるとゾクゾクしたりして変だな!
と感じていました。小学校5年の時、先輩に軽いイジメにあって体育倉庫でお尻に棒を入れらたことが
ありお尻に目覚めた瞬間でもあります。
それからお尻に鉛筆を入れたりして、変態オナニーを数年楽しんでいました。
高校に入ってからは、お尻プレーはしなかったんですが、酒で本性が現れたんでしょう!彼に犯される
事を望んでいたのかも知れません。

彼はキスをしながら俺の体を擦り、やがてお尻の穴へ指が向かうとズルズルと中に侵入して来ました。
”うっ”と言うと”ここ気持ちいいんだろ”と言われ、俺は寝かされると顔の前に彼の肉棒を差し出されたんです。
69の体制で、俺は彼の肉棒を咥え彼は俺のアナルに指を指し込んでいました。
もう俺の肉棒もギンギンに腫れ上がりカウパー汁が溢れていました。
彼が立ち上がると、寝室の奥からエッチな道具を出して来て、俺のチンポに装着!お尻にもバイブを差し込んで
俺はもう逝きそうでした。チンチンがヒクヒクし射精を迎えましたが、彼が付けた装置が食い込んで尿道が
押さえつけられ発射出来ません!逝く感覚だけが脳裏に来て、それを何度も繰り返されるんです。
お尻のバイブを抜いた彼が指を2本入れ、お尻の壺をクイクイ刺激して来て、もう変になりそうでした。
やがて彼の肉棒を差し込まれ、何度も何度も彼は俺の体内に射精していました。
3時間程、彼に弄ばれようやく体の自由を取り戻した俺に”連絡したらまた来いよ”と言われスマホの画像を
見せて来ました。
 「お前!色白肌で、ムチムチ感が良いんだよ!俺好みだ。しばらく相手して貰うからな」
俺は何も言えないまま、彼の部屋を出て帰宅しました。

数日が過ぎ、彼からのメール!俺は彼の部屋に数回呼び出され、彼の性処理相手をしました。
毎回チンポに装置を装着され逝く感覚を繰り返され、彼が満足した所でようやく俺も発射出来るんです。
そんな事を繰り返され、俺は彼に調教されたんです。
彼と会ってから3ヶ月程して、俺は彼以外の男達の性処理もさせられる様になったんです。


ニューハーフヘルスいってきたから報告するwwww

 スペック 
年齢:22歳 
 性別:男 
※ノンケ 

 たったらかく 
  

4:
 相手はちん●ん取ってるの 
穴は開けてるの 
   

5:
 相手の子は勃ったの? 
   

6:
 思ったより人いねーな。 
ニューハーフ系需要ないのか。 
  

9:
意外といたwwww 

 書いていきます。 

 今回初めていったんだけど、 
きっかけは、佐藤かよならやれるとか思い始めたのが発端。 
そこからヴィジュアル系女形→2次元男の娘→アナニー→ニューハーフヘ●ス 
  

3:
 ニューハーフで勃つのかよ 


16:
 すまんw溜めてるわけじゃないからゆっくりいくお 


店は割りと人気のありそうな大阪の大型店にした。 

とりあえずHP物色してると、すんげー可愛い子ばっかだったのね。 
でも、明らかに地雷もいると踏んだ俺は、顔+年齢で判断した。 

 店に電話して、ゆいちゃん(仮名)18歳の女装子を選択。 

 受付の兄さんが2万5000円を2万3000円にしてあげるっていうもんだから、 
この子でいくことにした。 
  

19:
 受付のお兄さんの指示に従いながら歩くと、 
 見るからに怪しいマンションに到着。 

まぁ明らかに風俗店にいくってことが気になる人もいるから、 
その配慮だろう。それはありがたかった。 

 電話のお兄さんとご対面。 

 声のイメージよりはるかにイカついのでてきて、アウアウアーってなったけど、 
 対応は物腰柔らかで好印象だった。 

すぐに女の子きますんでーって言われたから、部屋でまつ。 
すでにフルボッキ状態 
  

22:
 しばらくしてゆいちゃん登場。 

 第一印象、ほぼ写真通りで安心したwwwwwwwww 
 顔は男とは思えないほど、骨格も女の子っぽかった。 
ただ、声が少し男っぽくて、俺より腕が太かったのと、 
 写真より結構太ってたのが残念だった。。。 

ゆいちゃんに何でこんなとこきたの?? 
 彼女は?とかいろいろ聞かれたけど、とりあえず興奮でそんなこと 
耳に入ってなかった。 
  

25:
 しばらくして、お風呂いこっかー♪って感じで、 
 風呂場に通される。 

そこで体をなでなでされながら洗われるww 
 前も洗っていい?って言われて、チンポごしごしww 
 当然、フルボッキしてしまい、緊張してるんだねーって言われたww 

んで、風呂終了でベットイン。 

その後、どんなプレイしたいか聞かれたんだけど、 
とりあえずMなんでせめてくださいってことにした。 
  

24:
 写真通りじゃない件 
   

26:
 >>24 
思ったよりはひどくなかったってことだなw 

そうすると性感帯聞かれたんで、耳とか乳首ですっていったら、 
ン、、ア、、とかいいながらぺろぺろされたwwすんげーきもちいいww 

ゾクゾクしてる間もなくチンポをしごかれるww 
なんかね、元彼女よりうまくてワロタww 

 力加減がわかってるっていうか、手コキひとつでもすんげーきもちいいの。 
  

27:
 やっぱ男ってだけあって手コキやらフ●ラのツボはすげー知ってそう 
   

28:
 んで、その後フ●ラされたんだけど、 
 思わず、アッアッー・・・って声がでてしもうたwwww 

もう、グチョグチョ音たてながら奥までしゃぶってくれて、 
 俺この子好き!!ってなったはwwww 

さすがに出しそうだったので、そろそろ入れたいっていったら、 
ごめん、女装子は基本入れる側なの・・・って言われてしょんぼり。 




そして、いつのまにか入れられるほうへ誘導尋問された^^ 
  

29:
 入れる側・・・だと? 
   

32:
 >>27 
ほんとね、冗談かと思ったけど 
 マジぜんぜん違うよ。 


ちなみに俺はアナニーで指以外入れたことありませんwwww 
とかいいつつ、ゆいちゃんノリノリで指にコンドーム付け出す。 

そして、マッサージされたんだけど・・・ 
指2本いれられて、激しく出し入れされて、 


あ・・・あ!ハァハァ・・・アァ!アフン! 
って終始あえいでしまって超恥ずかしいww 


ゆいちゃん:前立腺きもちい?もっと声出していいんだよ! 


 俺:アーアー!きもちい・・・アフ・・・ハァハァー 

終始こんなんだったww 
 本当どうかなりそうなほど気持ちいいww 
 痛いかと思ったけど、ぜんぜんいたくないw 
  

31:
 早くしろ。ギンギンなんだ馬鹿野郎 
   

38:
 >>31 
風邪ひくからまだパンツはいててww 

で、しばらく出し入れされてたんだけど、 
 女の子の気持ちっていうか、もっとして!奥までいれて! 
 好き!って気持ちになってくんのよwwwwほんとにwwww 

で、ゆいちゃんが指を抜いて 


 ゆいちゃん:どんな格好で入れられたい?(ニコ 


俺:正常位で入れてください・・・ 


ゆいちゃん:うん、わかったー♪ 


とうとう、男とセ●クスするときがきたのかとしみじみ思ったわ。 
で、ここでゆいちゃん、やっぱバックのが入れやすいっていって、 
 無理矢理四つんばいにされたww 

なんか後ろから入れられるのってすっげー征服されてる感じあって、 
 興奮したww 
  

42:
 >>38 
早くしろ。嫁が起きる 
   

47:
 >>42 
今、俺と同じ状況にワロタ 
  

50:
 >>42 
むしろ嫁とセ●クスしてこいww 
  

33:
 へえそういうもんなんか 
 まあおれも多分そういうとこなら入れられたいだろうなぁ 
   

44:
 >>33 
ほんと優しくやってくれるよ。 
  

37:
 パンツ溶けた 
   

44:
 >>37 
溶かすなww 
  

39:
 幸せなせかい 
   

40:
 ゴクリ.... 
   

45:
 んで、とうとうゆいちゃんのペニクリが俺の中へ入り始める。 

ちなみにゆいちゃんは俺より小さかったが、 
おそらく14cmくらいはある。 

 穴のとこグリグリってされると、 
ンハ・・ア・・・ハァーハァーってまた、 
 自然と声がではじめる。 

そして、ここで何を思ったのか、 
ゆいちゃんが一気に挿入してきたwwww 

で、思わず、 


イ・・・イタイ・・・ゆっくりして・・・って言ってしまったww 


ゆいちゃん:ごめんごめん;;今日は念のためやめとこ! 


 俺:え・・?あ、そう?ごめん 


実はもっと突いてほしかったけど、なんか失敗してもうた・・・。 


その後は気をとりなおして、ゆいちゃんのしゃぶらせてもらったり、 
 兜あわせしたり、ベロチューして舌しゃぶられたりしたwww 
  

49:
 >>45 
自分のア●ルと間接キスしてるやん・・・ 
   

43:
 お●ぱいはないの?


50:
 >>43 
女装子だからないね。 
 立派なやつもついてるし。 

キスも、はぐきの裏とかアゴのほうまで 
貪るような猟奇的なキスされて、キスの受け側ってこんな 
気持ちいいんだ・・・って思った。 

あと、フ●ラしてたら、 
ゆいちゃんにほんとにはじめてきたの?すっごいうまいんだけど・・・ 
って言われたwww 

 飛田新地の風俗嬢のフ●ラテクやべーっすww 

んで、その後一回フ●ラと手コキで抜いてもらう。 
  

48:
 普通に楽しそうでいいな 
   

51:
 あ、いきそ・・・!っていったら、 
ゆいちゃんの手がさらにスピードましてきて、 
いつもの3倍くらいの量を射精。 

ふぅ・・・ってなってたら、 
ゆいちゃんが笑いながらさらに激しくこすり続ける。。。 

 俺:!?!?!?あ・・・も・・・やめ・・・ 

ゆいちゃん:ん~?wwwなに?きこえないんだけど? 

 俺:ア!ほんと!いったあと!やばい!アッ! 

って言ってるのに無言で亀頭をしごかれ続けて、ほんと死ぬかと思ったwwww 

 俺:お願イ・・・も、やめて! 

ゆいちゃん:んっ・・・ 

 ほんとww言った後にしごかれるのやばすぎるぞwwwww 
  

53:
 ニューハーフヘ●スに行った後、アブノーマルすぎて賢者タイムに耐えきれず死にたくなりそう 
   

54:
 で、その後急に 

 お そ ろ し い 賢者タイムがおとずれた。 

あれだけ興奮した女装子もいまや顔から下みると、 
がっつり男で、オエエエエエエってなってしまった・・・。 

ゆいちゃんに申し訳ない・・・。 

といいつつ、ゆいちゃんとピロートークしてたら、 
ほんまに面白いし、かわいいからぎゅーって抱きしめた。 

その後、なんかベロチューしたくなって、 
キスしたらまた興奮してきて、どうしようかなーって 
思ってたら、ゆいちゃんが無言でしごいてくれたww 

んで、激しく手コキされて、ゆいちゃんの腕に思いっきり 
 ぶっかけたったwwwww 

ゆいちゃん:うわ・・・すごいね。2回目なのに量おおすぎw 

 俺:ごめん、腕にかけちゃって 

 ゆいちゃん:ぜんぜんいいよ~ 


その後は、玄関まで送ってくれてバイバイしましたとさ。 
  

55:
 語りきったwwww 

あと質問あれば受け付けるw 
   

57:
 よし、無い様なので寝るwwさらばww 
  

58:
 話に聴く分にはいいけど行く気にはならないなぁ 
   

34:
 なんてスレを開いてしまったんだ…

泊まりに来た親友が性処理玩具になったときの話だけど

高校になったとき別の高校に行ったAから久しぶりに電話があってさ
土日に両親が旅行だから皆で一晩中騒ごうという話だった
同じく高校で離れた親友のTも来るということで即OK
皆と会うの久しぶりだった
夕方ごろAの家に行くとすでにTを除く俺を入れた4人は集まってた

しばらくするとチャイムかなった
Aが出迎えると一緒に部屋に入って来たのは可愛い女の子だった
タンクトップに薄手のパーカーに短パン
足も細くて絶対領域舐めまわしたかった

(ああ、女の子も呼んだのか)
(それにしても可愛いな)
(あれ?一晩中騒ぐって、やばくないか?)
(そっか誰かの彼女かクソッうらましい)

みたいなこと考えてたら、その女の子が俺をみてニコッて笑って会釈した
凄く可愛かった

「さ、みんな揃ったし、はじめるか」

お菓子とかコーラとかその他揃ってた
Aの親が用意してくれた料理もあった

「あれ?Tは?」

俺が聞くとAが指差した
さっきの女の子だ

え?
よく見るとそんな気もする
でもTはもっとぼっちゃりしてたし髪も刈ってた

目の前の女の子は痩せ気味だしショートカットとは言え…
ああ、確かに面影が色も白くてモチモチしてた

なんかわけがわからなかった

「え?T?」
「んっ」

可愛い声だった…
と言うか可愛く聞こえたのか
パーカーを脱ぐと華奢なカラダが

っていうか胸ある
どうして?

なんかエロいんだけど

色々考えてたらTが言った
T「どうするの?いつも通りでいい?」
A「そうだな」

Tはタンクトップをくびれたウエストまでめくりあげるとショートパンツを脱ぎだした

え?
皆とパーティーは?
何でパンティーはいてるの?

でもパンティーから男のシンボルが半分以上見えてた

AはTを後ろ手に回して手錠をすると
「やっぱりいつも通りじゃなくて俺くんの前で恥ずかしいことしようか」
って言った

いや、今のこの格好だって恥ずかしくないか?
タンクトップの裾めくってお腹から下はパンティーだけで

「え?いやかも…」

か細い声でTが言った
するとAはTの股間を強く握るとTは悲鳴をあげた

「ひっ、いたっ、やだ、言うこと聞くから」

Tは俺の正面に座った
友人AとBの間だ

そして何事もなかったように談笑が始まった

ただTだけは後ろ手に手錠をかけられてたから飲んだり食べたりはしてない
気まずそうにしてる

俺がたまらず「あのさ、何で手錠…ってか、よく事情が…それに可哀想じゃないか?」

するとAが「これはお前のせいでもあるんだぞ」と言った

他の二人もうなずいてる
Tは顔を真っ赤にして下を向いてる

可愛い…

俺「え?どういうこと?」

って言うとABCそれぞれが交互に語り始めた

とは言っても飲んだり食べたり和やかな空気ではあった
ただBがTの肩を肩に手を回してTがBに体重を預けるように座っているのが気になる
しかもAとBはTの身体をいやらしく撫で回しながらなのが気になってる

俺は「嫌がってないか?やめようよ」と言おうとしたがTが身体を撫で回されてなつく猫のような感じに見えたしTの股間からはパンティーに収まりきれなくなったシンボルがそそり立っていたので言うのをやめた

簡単に言うとTは俺に気があったらしい
もちろん俺はその気がないから想像もしてない

男の親友として仲良くしてたし言いたいことを言ってた

それがTを傷つけてたらしい

「んっ….」

そこまで聞いていたらTの可愛い声がもれた
話をしながらもTのタンクトップの中に潜らせた手がいやらしく動いてる

Tはうっとりとした表情をしながら胸と股間に伸びた手のされるがままになってる

今まで話してたBがTの耳の穴に舌を入れるとAやCが説明を続けた

俺が一人偏差値の高い高校に行くのをきっかけに俺に気に入られるように痩せたり髪を伸ばしたりいろいろしたらしい

そうしてる間にもTの息づかいが荒くなってきてる

Tは元々二重でパッチリした目だったし
鼻も口も整ってた
でも頭刈ってたしぽっちゃりしてたし
そもそも男じゃんって思ってたから

言われてみればそんなそぶりはあった
俺は、キモい、考えられないしか言ってなかった
可愛い女の子しか興味がないってはっきり言った

その時のTは確かに様子がおかしかった

そのTが可愛い女の子のようになって目の前にいる
しかもエロい格好をして
いやらしい声をだして

パッチリした目を半開きにして

ただ勃起した立派なチンコもついてる

高校に入って少しづつ変化する姿を見て元々女の子の数が3人くらいしかいない工業高校の奴らに狙われないことはなかったみたい

そんな訳でこんな淫乱なビッチになったらしい

タンクトップはすでに胸上までめくられて乳が露出してた
小ぶりだけどちゃんと乳房もある

チンコがなければ完全な美少女だ

AとBがともに左右の乳首をチューチュー音を立てて吸いはじめるとTの息づかいが荒くなってきた

息をするたびに動く腹部
その度に形を変えるへその形
驚くほど華奢でくびれたウエスト
ときどきビクンとするたびに揺れる乳房

どれをとってもたまらなかった
勃起したペニスの先からは透明な汁がダラダラとでてる

エロいと思った
舐めまわしたかった

するとTが小さい声で言った
「おなかすいた…」
すると隣にいたCが立ち上がりながら
「もう我慢できない」
そう言うと勃起したペニスをTに近づけた

するとTが凄く幸せそうな顔してそれを咥えるんだよね
舌を這わせたり唇でこすったり

口元だけでもオカズにできるくらい艶っぽかった

俺のチンコもあり得ないくらい勃起してた
もうTがたまらなく可愛くて犯したくてたまらなくなった

ABCの三人にいいように身体をおもちゃにされながら喜んでるTは俺の知ってる親友じゃなくただの肉玩具だった

「お前も一緒にやろうぜ」

聞き慣れた声が聞こえた
俺の知ってるTの声だ
内気でいつも一人になりがちだった俺にいつも同じ言葉をかけてくれてた
この言葉に何度も救われた

「T?!」

俺はTの方をみた
三人にカラダを弄ばれながら押し付けられるペニスを避けて俺をまっすぐに見つめるTがいた

…可愛かった
俺は三人に混ざるとTは泣きながら俺のペニスをしゃぶってた

「やっと夢がかなった」

って言われた気がした
一通り終わると別室にTは移動した
このあとやりたい奴が交互に部屋に入って犯しまくるらしい
いつものことらしかった

Tは親友じゃなくて肉玩具なんだって自分に言い聞かせて俺の番を待つことにした

その後社会人になった今でもTは肉玩具で俺もよく呼びつけて遊ばせてもらってた

飽きるとお腹を殴ったり乳房を鷲掴みにして握りつぶしたりして遊んだ
顔はやめてっていうからやらなかったけど

休みの日はずっと部屋でオナニーさせて鑑賞したり友達呼んで見せたりしてた

今俺は彼女もいてノーマルな恋愛してる
彼女できたって言ったら驚いた顔して下向いてさよならって帰って行ったきりあってない

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード