携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

フェラ

小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

将来はアイドルで芸能界にデビューすることが約束された美少女愛菜・・・ 小3でダンスと歌唱を学び、10歳で事務所社長に処女を奪われ、男に対するご奉仕を学んだそうだ。 そして今、小6の愛菜はプロデューサーの俺の前で素っ裸になって、デビューするために素晴らしいご奉仕をしてくれていた。 愛菜の同級生はとても知ることはないであろうテクを、たっぷりと仕込まれていた。 続きを読む

隣に住む奥さんと、、、。

私は単身赴任中の会社員です。もう年は52歳になります。いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつありま す。ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。それは、ずばり「チンポ」のサイズです。特に長さなんですが、勃起したらなんと20 センチを超える長さです。単身ながら、つまとうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほか のチンポに浮気される心配ないのです。(自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)
ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさ んと2人暮らしです。かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。
ある仕事休みの日のことなのですが、洗濯を干している最中に、私のショーツが隣のベランダに飛んでいってしまったのです。
私は、ためらいながらもお隣さんへ行きました。もちろん、かすみさんが出てきました。状況を説明し、ベランダに向かい、ショーツを取らせてもらいました。かすみさんは不思議そうに見ていました。
「そんなちっちゃなショーツはかれるんですか?」
そう、私はわざと小さめのショーツを履き、チンポの大きさをより誇張させるようにしているのです。もちろん、この状況でも、まだ勃起していないにせよ、普通からすると、かなり目立つ状況です。どうも、わたしの下半身を確認したようなのです。
なぜか、お茶を入れてもらい、少し世間話をしましたが、私が単身のため、下世話な話へと進んでいきました。聞くと、かすみさんは、だんなさんともう半年以上ご無沙汰だといいます。SEXが嫌いなのではなく、双方がなんとなくそういう雰囲気にならないといいます。
私は、単身だが、家に帰るたびに、妻とSEXをまとめてするといいました。かすみさんは、私を見る目が、若干やらしく変わったように見えました。
「奥さん、見るだけだったら、浮気じゃないし、私のチンポ見てみます?」
ためしに吹っかけてみました。
「それいいかも!さっきから、すごく大きそうで、気になっていたし、、、」
私は、奥さんの横に立ち、ズボンをずらしました。ショーツの中で、もうはちきれそうに膨張しているチンポが目の前にあります。
「えっ、こんなの初めて、見たことないんだけどなあ、、、。」そういいながら、ショーツの上からなぞってきました。
さらに膨張し、もう20センチの状態になってきました。
「奥さん、僕のショーツ、脱がしてもいいよ。直接みたいでしょ?」
かすみさんは、私のショーツに手を掛け、一気に下までずらしました。硬直したチンポはブルンッと震えながら、姿を現しました。
「エッー、ちょっとこれ見るだけなの??見るだけはつまらないなあ?」
「これからは、奥さんに任せますよ、好きにしてもいいんですよ、ただ、だんなさんのとどっちが立派なものか、ちゃんと答えてください、それからです」
「そんなの、比べられないよ!こっちのほうが大きいに決まってるじゃない!もういい?咥えちゃうよ?」
そういって、フェラをはじめました。かなりのねちっこいフェラでした。置くまで咥え込み、激しくスロートされました。
我慢の限界を超えたかすみさんは、自ら、ショーツを剥ぎ取り、脚を広げ、私のチンポを股間へと導きいれました。かすみさんは、私を仰向けにし、上 にまたがり、腰を上下にグラインドさせてきます。大きな胸は激しく揺れ動きます。そして今度は体制逆転し、私がグラインドさせます。最後は、かすみさんの 口の中へ、ザーメンをたっぷりと注ぎ込みました。
「これ、今日だけじゃないよね、、、。お願いしますね。」
かすみさんのほうから、お願いされ、私は単身の楽しみを思わぬ形でつかんでしまいました。

友だちの彼女と…

何気なくテレビを見て、普通に生活をしていた時だった。

ピンポ〜ン!

オレ『誰だよ、こんな朝早くに』
沙姫『おはよう〜』
オレ『さき、沙姫?!』
沙姫『ごめんね、朝早く』
オレ『大丈夫、今日学校行かないから』
沙姫『あのね…』
沙姫は俺が片思いを抱いていたが、俺の仲の良い友だちと付き合っていた。
俺好みの小柄で巨乳、顔は広瀬アリスに似ている。
沙姫『どうしても、◯◯くんに今すぐ会いたくて』
オレ『だけど、沙姫お前にはアイツがいるだろ』
沙姫『いいの…付き合ってるけど、今日は沙姫を◯◯くん…抱いて』
オレ『とりあえず入って…』
俺は沙姫と玄関先でキスをしたり、服の上からお互い触りあった。
沙姫『◯◯くん、私のこと好きだったんだよね』
オレ『そうだよ、俺は沙姫に片思いを抱いていた、なのに…』
沙姫『私も…◯◯くんが好きだったの』
オレ『沙姫…もう俺我慢できない』
沙姫『◯◯くん…あのね…』
沙姫はキャミソールとスカートを脱ぐと、なんとノーブラしかもノーパンだった。
オレ『じゃ、沙姫…俺のベッドに行こうか』
沙姫『◯◯くん…今日は私をたくさん抱いて…』
沙姫を全裸にし、俺はクンニから始め、沙姫の身体を隅々まで堪能した。
オレ『沙姫、アイツの舐めたのか?』
沙姫『うん…』
オレ『ちきしょ』
俺は沙姫のオマンコに持っていたバイブを入れて、そのままおっぱい舐めたり乳首を摘んだりした。
沙姫『◯◯くん、彼より良い…あっ…うん…気持ちいい…』
オレ『今日から沙姫は、俺と一緒だぞ』
沙姫『私をたくさん気持ち良くして…』
オレ『沙姫、この巨乳も揉まれた?』
沙姫『うん…』
オレ『こんなことされたことないだろ?』
俺は沙姫のアナルにゆっくりとローターを入れ、オマンコにはまだバイブを入れていた。
沙姫『すごい…◯◯くん、あっ…うん……気持ちいい…あっ…』
オレ『沙姫、そんな淫らな格好で俺のチンコを舐めろ』
沙姫『◯◯のおちんちん舐めたい』
オレ『いいよ』
俺は沙姫にフェラ、手コキ、パイズリと一通りさせた。
沙姫『あっ…◯◯…私もう入れて欲しくなっちゃった』
オレ『ちゃんと、言わないと入れてあげない』
沙姫『◯◯のちょうだい…』
オレ『なんのことかな?』
沙姫『沙姫のオマンコに◯◯のおちんちんかたくて大きいおちんちんちょうだい』
オレ『しょうがないな』
沙姫『お尻の穴からローターとって』
オレ『これは、このまま』
俺は沙姫にまずバックで挿入し、その後正常位で入れた。
沙姫『あっ…うん……んん〜あっ…』
オレ『そろそろこっちに入れるか』
沙姫『ダメ…私…したことないの…』
オレ『大丈夫痛くないから』
沙姫『あっ…ぅ…いっ…』
オレ『沙姫のアナルに入っちゃった』
沙姫『あっ……変な感じ……』
オレ『沙姫、俺出そう…』
沙姫『いっぱいちょうだい…』
オレ『あっ…イク……』
俺は沙姫のお尻にザーメンを出した。
アナルには出さなかった。
沙姫『◯◯…すごい…はぁ…はぁ…気持ち良くて…』
オレ『沙姫、初アナルとってもよかったな』
沙姫『◯◯のおちんちん、彼より良い』
オレ『もうアイツじゃなくて、俺にしてくれよ』
沙姫『◯◯と付き合いたい』
オレ『じゃ、アイツには悪いが俺と付き合おうか』
沙姫『うん…』
それ以来俺は沙姫と付き合い、アイツには悪いことしたけどね。
沙姫と俺は大学を卒業し、互いに就職し今同棲している。
あの日、沙姫とエッチをしてから俺たちはエッチをすることが好きになり、1日必ず3回はすることにしている。
ただ、アイツは沙姫と別れた後すぐに彼女を作ったみたいで、ショックはなかったんだろう。
沙姫は現在Iカップもある。巨乳だったのに爆乳へと変わった。


秘密の合言葉「ツムツム」

俺は40歳のおじさんです。
ディズニー大好きの嫁さんの影響かもしれないが、ディズニーには詳しくなった。俺自身はディズニー嫌いだが、ディズニーに連れていく約束をすると必ず嫁さんの妹(仁美12歳)も行きたいと言い出す。仁美をディズニーランドに連れて行く前日、当日が俺の楽しみである!!
俺と仁美の秘密の合言葉「ツムツム」とは…遊びに出掛ける前日から仁美は俺の家にお泊まりが出来る。嫁さんの目を盗んでは、「仁美、ツムツム!!」
仁美「お姉ちゃ~ん、今日なんだけど兄さんと一緒に寝てい~い?」
嫁さん「はいよ、明日早いから早く寝るんだよ。」
仁美「は~い」そんな会話の後、仁美と二人っきりの空間が出来る。
仁美を布団に座らせ胸を揉み、服を脱がせて小さな胸や乳首を弄りまくる。
仁美のおっぱいをツムツムするのが楽しみで仕方ない‼
仁美「○○○兄さん…気持ちいい…いっぱいツムツムしてね…ここも(マンコ)ツムツムしてね…はぁはぁうううっ」
仁美のマンコをぐちゃぐちゃ弄くり回す((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
仁美「あっああああっ、私も‼私も‼ああああっ、いっぱいツムツムする!!」
俺の最大の楽しみが仁美のツムツム!!
我慢汁が溢れる俺の包茎チンポを手コキさせながらお下品な言葉を連呼させバキュームフェラをさせる。
この快感が癖になる。腰がゾクゾクするし、チンポの血管が浮き出てエロさ倍増だし、亀頭が半分露出して我慢汁垂れてるし、すげぇ~興奮する。
仁美「あわわわう…○○○兄さんのおちんちん、包茎おチンポ、ガチガチのおチンポ、私の口に…ああっ、口に…んああっツムツム、突っ込んでぇぇぇぇ!!」
仁美に教え込んだ下品な言葉、嘘でも本当でもいいから大きく口を開けさせ包茎チンポから垂れる我慢汁を口でキャッチさせる。
仁美「んああぁぁ( ;゚Д゚)↖んあぁぁぁ…」
すげぇ形相でフェラしようとしてる。
仁美のマンコをぐちゃぐちゃ弄りまくると((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしながら俺の包茎チンポをバキュームフェラ!!
仁美「じゅるじゅる、ちゅぱちゅぱ、はぁはぁんんんっ~んんんっ~」
俺「あぁすげぇ~すげぇ~気持ちいい、仁美のツムツム最高だなぁ‼」
仁美「ぐぽっぐぼっジュポッ!!」
シックスナインの形になりクライマックスを迎えようと俺も仁美のマンコを舐める。
仁美「あぁぁんんんっ!!んんんっ!!」
腰をガクガクさせ痙攣、仁美の尻をガッチリ押さえてマンコを舐める。
仁美「ぐはぁぁぁ…じゅぼぉじゅぼぉじゅぶぶぶっ」
俺のチンポを両手に握り亀頭を激しく吸い上げる。肛門から包茎チンポの皮の中まで舐めるので俺まで腰がガクガク震えてしまう。
俺は遠慮なしに仁美の口に精子をぶちまけた!!俺の精子をゴグッゴグッっと直飲みし、脈打つチンポをまだ吸い上げるので俺まで「あわわわう、すげぇ、超すげぇ~、まだ飲むか?仁美、まだ飲むのかぁ?」
仁美はうん、うん、頷きながらチンポをしゃぶり続け「ぐはぁぁぁ、精子が無くなるまで出して!!口の中でビクビク動くから、おチンポの先がぐっと膨らむから好き!!大好き!!ぐえっうえっ…」
喉に飛び散る精子、俺の尿だろうか?潮なのか?仁美の喉がゴグッゴグッ動いて何かを飲んでいた。
俺のチンポの感覚が麻痺して快楽が押し寄せ腰がゾックン、ゾックンしながらフェラする仁美の頭を震える手で引き抜くと、放心状態の笑顔で…
仁美「私のツムツム…明日楽しみだね。」
俺と仁美は服を着て寝てしまった。
ディズニーは面倒だが、仁美が楽しい夢の世界を見せてくれるから俺もディズニー好きかも‼

私の弟

私は19歳専門学校生(自分で言うのはなんだが容姿は意外とイケてる方だと思う。けっこうモテるし・・・)
弟は高校2年生(アイドル並にイケメンで女性にモテモテ。でも性格はキツイ!)
たぶん両親共に美形なのが遺伝子たのかも・・・
そんなことはいいとして!

昨日の朝、弟を起こしに行くと布団をはだけてパンツだけで寝ている弟の姿が・・・
トランクスの脇からは勃起したオチンチンと玉ちゃんが飛び出していた!
結構大きくてちゃんと皮も剥けてた。
弟も大人になたんだ~って思った。
弟のを見るのは小学校以来でその時には皮を被ったちっちゃいチンチンだったのにね(笑)

チンチンに布団をかぶせて隠し、見てないフリして起こす。
「起きな~!学校遅れちゃうよ!」

起きない・・・身体を揺らしても「う~ん」と言うだけで起きない。
きっとまた朝までネットやゲームをしていたのだろう。

弟の寝ている敷布団に手を入れる。
あった!エロ漫画・・・弟はいつも敷布団の下にエロい本を隠してる。
ベッドの下にはティッシュが数枚丸まって隠されてて、持ってみるとガビガビしてるが中の方はまだ湿った感じ・・・
匂いを嗅いでみると青臭いような漂白剤のような匂いがプンプンしてる。
エロ漫画でオナニーしてるんだね(笑)

起こしても起こしても全然起きない弟。
そこで私にも悪い思いが・・・

布団で隠したチンチンをめくって出して触ってみる。
硬くてピクピクしてて先っぽは濡れている。
玉も触ってみる。グニョグニョしてて触るたびにチンチンがビクンビクンと動く。

チンチンを握ってゆっくりとしごいてみる。しごくと先から雫が出てくる・・・どんどん出てくる。
先っぽに指を触れてみると、ビクン!と激しく動かす。
指とチンチンの先にはネバっと糸を引くらいヌルヌルしてる液。

少しずつ早くしごいてみるとヌルヌルした液が溢れ出てくる。
弟の顔を見て起きないか探ってみるが気持ちよさそうな顔をして起きる様子はない。

握った私の手にもヌルヌルの液が・・・ちょっと舐めてみるとしょっぱかった。
匂いを嗅いだが何も臭わない。

今度は直接、弟のチンチンの先を舐めてみる。
ペロっと舐める、ビクン!、ペロッと舐める、ビクン!面白い(笑)
しごく!液が出てくる!舐める!ビクン!
意外とこの液、私好きかも・・・味もヌルッとした感じも好き。

しごいて液をいっぱい出させて、弟が起きないか顔を見ながらチンチンの先っぽをパクッと咥えて舌を動かし舐めてみる。
口の中はヌルヌル・・・しょっぱくて美味しい(笑)
チューと吸い出してみるとチンチンはビクビクさせながら液をドンドン出す。
弟の顔がにやけてるようになってる。気持ちいいのかな?

先っぽを咥えながらしごく!まさか私の初フェラチオが弟だとは・・・(笑)
咥えながらしごくこと1分くらいすると、ピュ!ピュ!と口の中に何か出てきたかと思うと・・・
ドクドクドクといっぱい口の中に出てきた!青臭い匂いが鼻をつく・・・
寝てる弟も「うっ!」と声をもらす。
「やばい!起きたか!」と思ってしごく手を止めて口を離す。

起きてない・・・まだ寝てる(笑)
口の中にいっぱい出したのに、まだオチンチンからは白い液がドクドク流れ出してる
精液・・・弟は私のフェラチオで射精したんだ・・・なんか達成感と勝ち誇った満足感を私は感じた!
いつも威張っている弟にしてやった感が半端じゃない(笑)

口の中の弟の精液を味わってみると、青臭くて苦いようなしょっぱいような酸っぱいような・・・
飲んでみようと思ったが飲み込めず、ティッシュを取ってそれに出した。

精液を垂れながしたままのしぼんできたチンチンをそのままにして弟の部屋から出て自分の部屋に戻る。
精液を出したティッシュを持ち帰った私は鼻にあてて匂いを嗅いだ・・・
これが弟の精液の匂い。
味はともかく、この精液の匂いは好きかも(笑)

私の下着も濡れてる・・・手を入れてマンコを触ってみると驚く程にヌルヌルで下着も半端ないくらいにビシャビシャ。
すぐに下着を脱いでオナニーしたい気持ちを押さえて、ティッシュで愛液をふき新しい下着を履いた。
時間があったら間違いなくオナニーしたかったほどの気持ちだった。
弟の精液が染み込んだティッシュを下着の引き出しに隠す。私の宝物♪

その後、弟の部屋のドアをガンガン叩きやっとの思いで起こした。
「起きてるよ!」と不機嫌そうな弟の声。ここでまた悪戯心が・・・ガチャ!っといきなりドアを開けてやった。
弟はティッシュでチンチンを拭いてるようだったが慌てて布団を体に被せ隠した(笑)
「早くご飯食べないと遅刻だよ!」そう言って何も見えなかったように装う私♪

その後、朝食を食べていると弟が来て、「寝汗かいたからシャワー浴びて行くから飯はいらねー」
私は「あら、そうなの」と言いつつも・・・心の中で「精液臭いからシャワー浴びないと学校行けない」の間違いでは?(爆笑)

その日の夜、弟の精液ティッシュを見てみると乾いてガビガビで黄色っぽく変色してた。
あまり匂いもしなくてちょっと残念・・・
不覚にも弟のチンチンを思い出しながらオナニーしてしまった!しかも2回もイっちゃった。
弟に負けた感じがしたorz

いつかまた弟にフェラチオしてみたい。ヌルヌルの液(先走り汁?)をいっぱい味わいたい。
今度こそは精液も飲んでみたい。
もっと願望を言うと・・・弟におっぱい吸ってもらってクンニもしてもらいたい・・・私の愛液も吸って飲んでもらいたい。
最終的には弟とセックスしてみたい。私のバージン奪って欲しいわ♪

意外とブラコンの私でした・・・
弟のこと好きなのかな?と思ってしまう。弟に彼女作って欲しくないし、私もけっこうもてる方だけど弟以外に男に興味がないのかもしれない。そう考えてしまう今日この頃です。

私は変態なのかな~?


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード