携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

ビッチ

出会い系でビッチ拾ったった

スペック


24歳
フツメン
フリーター

ビッチ
24歳
ブス
むっちり巨乳
彼氏持ち


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

女日照りで悶々としてた俺は狩りをすることにした
自慢じゃないが出会い系で過去数人とセクロスしたことがある

一回セクロスするとどーでもよくなるからその都度辞めるんだけど
悶々→狩り→セクロスを繰り返してた

今のご時世写メなしじゃほとんど返信こないんだけど写メなんて顏伏せて雰囲気だけで十分
ピザはちょっときついかもしれんが写メなしよりは確実に返信率あがる


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

そんな時に出会ったのがこのビッチ
プロフにはヤリ目&下ネタNGとか書いときながら直メしだすと彼氏が相手してくれないだの毎日オナニーしてるだの自分から下ネタふってきやがった
これいけるんじゃね?って思った俺は卑猥な写メ要求しまくった


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

俺の経験上ここで大体別れる

要求した写メ送ってくるやつは高確率でイケる
シカト・激怒・スルーしてくるやつはセフレには向いてない

このビッチは前者だった


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

下着姿から始まり、おっぱい、マンマンと要求をすべてのんできやがる
毛が邪魔だから剃れという要望にもノリノリで答えてくれた


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

ここまでくると後はもう会ってやるだけなんだが中々都合が合わず1カ月ほど生殺し状態が続いた
もちろんもらった写メで毎日オナリまくったが

そんなときビッチからの誘いがきたんだ

「今日暇?夜暇なんだけどよかったら会わない?」
丁度休日前だった俺は念入りにちんこを洗い会うことにした


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

もうセクロスすること前提だったんでラブホ街の近くのコンビニで待ち合わせした

事前に写メ交換してたんだがはっきり言ってお世辞でも可愛いとは言えない
でもビッチを生で見たときの第一印象は写メより全然ましに見えた

黒のロングスカートにTシャツ洒落たサンダル
南国のリゾートっぽい感じを想像すれば大体当てはまると思う


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

談笑しながらコンビニで適当に買い物を済ませラブホに直行

部屋に入るなりおっぱいを揉みしだいてやったら嫌がるどころか喘ぎ声上げながら俺の唇を奪ってきやがった

さっき初めて会ったばかりの女のおっぱいを揉みほぐしながらパンツの上からまんこを弄る

こんな事やろうと思えばデリヘル呼べば簡単にできる
でも確実にやれるかわからない素人という部類が最強に興奮する

そして俺はこの瞬間が何より楽しい


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

ビッチを下着だけにさせ下着越しにまんこいじったり下着をずらして写メ撮ったり
オリジナルのエロ本作る感覚で楽しんだ

セクロス経験はそこまで多くはないが少なくもないと思ってる
でもここまで何でもさせてくれるビッチは初めてだった
しかも会った初日で

一発目は口内発射、二発目は携帯でハメ撮りしながらゴムの中に思いっきりだした


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

宿泊でそのまま眠りにつき寝起きと同時におっぱいを揉みしだくと速攻ちんこを咥えてくる
ビッチの勢いに感動さえ覚えた
寝起きでそのまま二発かましホテルを後にした

帰りながら「今日はありがとう。気持ちよかったよ!今度は野外でする?」的なやり取りをしてたと思う
このビッチの凄いところは数時間前までセクロスしてたのにもかかわらず
「またしたくなってきた」といいやがった


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

ビッチの性欲に脱帽しつつ
賢者モードでブスとのメールは非常にきつかったのでそのままシカトした


ビッチとは結局これっきりでその後悶々とした時期にメールしようと思ったけど賢者モードの勢いでアドレス消しちゃってた
これほどのビッチはもう二度と出会うことはないかもしれない


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。

全然面白くないしただの自慢になってしまったが何か質問あるなら答える


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
出会い系教えろくらさい

>>63
ステマとか言われるから載せない


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
ビッチは誰似?

>>68
ん~昼どらに出てるおばさんに似てるけど名前わかんね


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
パイパンにさせたの?

>>73
パイパン希望だったがパイパンではなかった


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
リア充爆破しろ

>>81
リア充ではない


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
今からビッチに安価しようぜ

>>102
アドレスわからないんだ


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
経験人数何人?

>>111
20人ぐらい


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
イケメンなんだろ?

>>127
いやほんとフツメン寧ろブサメンよりのフツメン


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
TENGAとどっちが気持ちいい?

>>142
TENGAも気持ちいいがまんこに挿れてるっていう興奮度が違う


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
出会い系なんて詐欺ばっかだろ

>>165
サイト次第だ
出会えないやつが叩いてるってのは一理あると思う


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
いくら使った?

>>187
出会い系で3000円+コンビニ1000円+ホテル代
デリヘルより安い


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
GREEとかmixiはどうなんだ?

>>212
俺SNS嫌いなんだガキばっかだろ?
セクロスなら出会い系の方が手っ取り早いと思うぞ
それに積極的な女が多いのも確かだ


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
なぜセフレにしない?

>>231
一回やっちゃうとどーでもよくなるんだ


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
お土産貰ったことある?

>>258
性病のことか?
この前検査したがまだ一度もない


274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
メールが続かないんだけど

>>274
こればっかりはセンスだからな
お笑いとか見てトーク学べ
べたな旬なギャグとか言うやつは個人的に嫌い


301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
出会い系って円とかいんの?

>>301
俺基本的に年下除外するからわかんねーな


316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
画像うp

>>316
ビッチのか?

残念だがビッチの写メとハメ撮り消した
賢者モードになるとグロにしか見えないんだ


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
ステマでいいからサイト教えろ

>>332
ステマじゃねーよ
しょーがねーから載せてやるけど
興味ないやつはアクセスするなよ
ステマとか叩かれるのはうんざりだ
http://bit.ly/pwtvKS


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
ビッチは草マン?

>>346
そうでもなかった


386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
出会い系でしたおいしい体験は?

>>386
有名人ではないが某グループのダンサーとセフレになった事がある
相手の引っ越しで解消したが


416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。
お前ら付き合ってくれてありがと


ビッチ化した私と5人の男との話しをする

とりあえずスペック 
22歳ラストJD 
161cm 
52kg 
スタイルはいい方 
ビッチ化前の経験人数元カレ1人 



3 :
うp 



4 :
>>3 
何を? 



5 :
5人とやったの? 



6 :
どうやって出会ってHまでいったのかをkwsk 



7 :
出会い系? 



8 :
スロプロよりナマポの方が収入多い 



10 :
亀レスすいません寝てしまいました 

>>5 
5人とやりました 
最後までやってない人もいますが 

>>6 
>>7 
基本出会い系ですね 
やり取りした中から適当に会いました 



11 :
なんでビッチ化したの? 
てかオレもやりたい… 



12 :
今日1日出掛けるので、書けるだけ書きますね。

質問へのレスは遅れますが、読んでくれる人がいたら嬉しいです。 


まず1人目スペック 
20歳(たしか) 
170cmないかも 
若干ぽっちゃり 
出会い系でやり取りしてたやつ。 

とにかくホテル行きたいと言ってきてめんどくさかった。
結局、そいつの学校の近くのホテルに行った。あたしんちからは糞遠いです。 

ラーメン屋でバイトしてるらしく油臭かった。

見た目はブサでもなくタイプではないが許容範囲内。 

私が車出せって言ったら、親の軽に乗って駅まで迎えに来た。 

初めてのホテルに内心わくわく。田舎のホテルは広くて綺麗でした。 

ご飯食べて、お風呂入って、いちゃつき始める。 

実は会う直前、待ち合わせ場所に向かう電車に乗っている時にメールが届き、包茎だとカミングアウトされる。もうどうしようもねーよ。 

ぶっちゃけあんま知識なかったのでググる。
痛いのはあっちだしまあいっか的な感じだったが、いざ実物を見るとぶっちゃけきもかった。 

「見られたくないから電気消したい」とか女子か。 ちんこは子供だけどな。

そしてさらに「俺Mやねん」とのこと。ごめん私Sじゃないんです。 

とにかくひたすら乳首を舐めさせられた。しかも陥没してんのか暗闇で見つけにくい。 

フェラもしたけど短小で包茎やし、口の中で転がす感じ?無心でやったわ。

入れようとするときも短小のせいかなかなか入らず、いったん口で抜いてやった。
回復を待って再挑戦するも入らず。
 
マジなんなん。終始行方不明の乳首舐めさせられてた。 

エッチの最中に何度も「また会えるよね?」とか言われたがその時点で会う気なかった

さよならしてからソッコー着拒。 


長くなっちゃいました。もっと短くした方がいいですかね? 



13 :
いいよいいよー 
経験少ない子がビッチになっていく様に興奮するw 



15 :
>>11 
ビッチ化した経緯は、簡単に言うと、彼氏欲しいと思って出会い系に登録したら
そこでちやほやされて気持ち良くなって、エッチへの欲求も多少有ったし、会ってみようと思ったのが始まりで、一人会ったらこんなもんかと思って、二人目も抵抗なくすんなりと、そこから3、4、5人と立て続けで会ってます。 

女はちやほやされたい生き物なんでね。 


>>13 
ありがとうございます。 


16 :
でかける前に次いきます。 

2人目スペック 
22歳大学4年でタメ 
180cm越え 
細身 
顔が超タイプだった


会うまでのやり取りは、他の出会い厨とは違って普通のやり取りが多かった。 
普通にメル友として仲良くなる感じ。

写メ交換の時点でときめいてた。

彼が私の学校の近くに住んでたので、あるとき理由を作って家に泊めてもらうことになった。
この人の家、めちゃくちゃお洒落。ガチのインテリア。そしてめちゃくちゃ紳士。

エッチも大興奮。私だけかもだけど。
 
この人とは大学が近いこともあり、共通の知り合いが居ることが発覚。互いに身元バレすぎた。
 
顔が超好みタイプだったのもあり、恋愛感情がわいてしまう。まじでタイプでした。
キスだけで気持ち良いと感じたのこの人が初めて。優しさと責め具合がめちゃくちゃ良かった。 

一度エッチしてメンヘラ発症した私は、彼と付き合いたいとか思ってしまい、2回目会ってさらに思いが強まる。 
「セフレとしてじゃなく、彼女として会いたい!」と告白したら、思いっきり引かれて縁を切られる。私、号泣する。 

これを機に私のビッチ化に拍車がかかる。 


各男についての質問も待ってます。 



17 :
1人目が割とくそだなwwww 



18 :
>>17 
それはマジで思いました。多分底辺かも。
いろんなやつがいることを知るためにも経験はやっぱ必要だと感じました。 

こーゆー感想とかでもレスもらえると嬉しいです。 



19 :
人数少ないと少ないなりの経験でしか知識がないからねぇ 

2人目の相手は彼女いなかったんだろうか? 
それともホントにセフレが欲しかっただけなのか 



20 :
>>16 
残念だったね。 
でも、また連絡来るかもよ。 
若い内に色々、経験してた方がいいと思う。 
風俗たまに行くけど、大学生の子はかなり多いよ。バイトするのもありかもね。 



21 :
>>19 
いろんな男がいて面白いっちゃ面白いですね。 

2人目は元カノのことをひきずってる系でした。エッチできる相手が欲しかっただけだけだと思います。 


>>20 
その後も彼のことを忘れられなくて何回かメールしたけど、返事は来ませんでした。 
フェイスブックではお互いを知ってる(友達ではないけど共通の友達がいるから探せる)んでなんか笑える。 

風俗でのバイトは考えたことないです。キモピザの相手とか嫌なんで。お金もべつにいらないし。 



22 :
見てる人いるのだろうかー。次いきます。

3人目スペック 
175cmくらい 
体型ふつう 
2浪?医大生 
ブサではないがタイプでもない 

大量に来た出会厨メールの中で、プロフが気になってやり取りが始まったやつ。 

もう慣れてきたもんで、写メ交換してから会ってもいいかって思ったら、そこからはサクサク話を進めて1日で会うことに。
 
私のバイト後に地元まで車で来てもらって、ゴハン行こうって言われてたからファミレスで彼のおごりで食事。 
その後、すぐ家に帰してくれそうな流れになったからびっくりして
「帰らしてくれるん!?」って思わず言ったら「じゃどっか行く?」の流れに。 

五月山ってとこに夜景見に行った。綺麗だったがちょっと冷えた。手繋いでくれて車でちゅー。

だが、ちゅーがきもかった。唇を吸うようなちゅー。
私、口の周りをべたべたにされるの嫌なんですよね。

山の駐車場で糞寒いなか、ひたすらちゅーされる。きもい。 
カーセックスの流れになったけど寒いしバイトで疲れてるし拒否。

その代わりに舐めてあげたけど、短小すぎて萎えた。口に出されたが、ティッシュに吐き出す。 

家の近くまで送ってもらってさいなら。帰りし信号で停まるたびにちゅーしてきた。  


ちなみにですが、私はセックスがしたいというよりも、それを含むいちゃつきとかで癒されたいタイプです。 



23 :
見てるぞ 



24 :
>>22 
ちゅーきもいってどんなちゅー?w 
停まる度にちゅーとか、確かにきもいけどw 



25 :
>>23 
ありがとうございます。 


>>24 
好みによると思うんですけど、口周りべったべたにされるの嫌なんですよね。 
化粧落ちるし唾液乾くと臭くなるし。
好きな人なら気にならないんだけど。 



26 :
またしても亀更新になってしまいましたが、見てくれてる方が居るので続きいきます。 

4人目スペック 
170cmくらい 
体型普通 
何歳か忘れたけど大学生 
イケメン(タイプではない) 

写メを見せたらめっちゃ食いついてきて映画を見に行くことに。

脳男見たけど生田斗真やばすぎ。彼になら犯されたい。 

映画の後は飲もうって言われていて、ホテルに行く前に安上がりだからとドンキでお酒を買うことに。 

ZIMA1本しか買わなかったことに正直萎えた(私酒好き)。私も合わせてスミノフ1本。ご飯は松屋を持ち帰り。 

街中のホテルって汚いし狭いんですよね。それにも萎えた。

でも、ホテル街をイケメンと手を繋いで歩くことには若干優越感を感じましたww
 
この人は今までに結構女遊びしてたっぽくて、ホテル行った回数が多い的な自慢話をしてました。 

ご飯食べてから、お酒を飲みつついちゃつき始めたわけなんですけど、どうも喋り方というか声が気になるんですよね。
表現しにくいんですけど、ナヨナヨしてるというか、良く言えば優しいみたいな。
 
だもんで、エッチの最中の言葉責めはあんまりでしたww

あとはひたすら中に出したがってましたね。何べん言われても拒否し続けましたけど。 

お風呂一緒に入って、そこからもう1回エッチしようって流れだったんですけど、酔っていたせいか半勃ちにしかならず。これまた萎えました。
 本人いわく、そんなに酒に強くないからだそうです。え、そうだったの?ww 

結局、2時間くらいでホテルを出てさよならしました。

リベンジしたいと言ってきてましたが、もう会う気はありません。 



27 :
見てる人いますか? 

ここで3人目が再登場です。 

ちゅーがきもかった医大生です。

ある晩、ひとりで帰っていてさみしかったので、彼に連絡してメンヘラっぽい絡みをしてみました。

めちゃくちゃ心配してくれて、それでちょっと気を良くする私。 

飲み会帰りで寒いし、チャリに乗りたくなかったし、会いたいと言って迎えに来てもらいました。
 
相変わらずキスはきもかったです。

メンヘラぶって、さみしいとか言いつつ泣いたりとかしてみました。ずっと手を握ってくれてました。
 
彼に対して、「もうセフレとかやめる!」的なことを言って「だからもう会わないっ」って言ったら
「おれは会いたい」と言われたので、「でもやらないなら会う意味ないじゃん」とか言ってみました。
 
そこから彼の「エッチなしでもいい。会うだけでいい」とか、「一緒に居てあげたい」などのイケメン発言連発で、聞いていてなんか申し訳なくなってきて「帰して」って言って帰って以来、連絡は取っていません。 

また連絡しようかどうか考え中です。会いたいとは思わないけど。 



28 :
最後になっちゃいました。 

5人目スペック 
170cmないかも 
かなり細身 
○大工学部1年生 
かわいい系イケメン 

一人暮らしだから来てって言われてて、めんどくさいけど、そんな遠くなかったから、なんとなく行ってみました。 

イケメンだし○大だしダンスとサッカーサークルらしいし、ぶっちゃけモテるだろと思ったけど本人いわく出会いがないらしい。 

経験人数は8人で、出会い系で遊んでるっぽかった。 

この人、やたらと私のことをほめてくれました。

「今まで写メで騙され続けたけど、いちばんかわいい」とか「スタイルまじでやばい」とか。まあ気分が良いですよね。
 
彼はクンニがめちゃくちゃ長くてだるかったです。
ずっと舐めてくるんですよね。私不感症ではないですけど、クンニでイったことがないんですよ。
 
そんなに時間かけても一緒ですよと言いたかった。20分くらいはしてたんじゃないかな。やっと諦めて普通にやりました。 

エッチはまあ普通でした。耳の舐め方はきもかったけど。

2回戦は4人目と同じくしばらく半勃ち状態。なんとか最後までやれたって感じ。
 
潮ってどうやったら吹くのとか聞いてきたし、典型的なAV見過ぎ君でしたね。
 
隣の部屋の住人の彼女が「壊れちゃうぅ」とか言ってるの聞こえてくるのが気になってたらしくて、「演技でしょww」て言ってあげた。
 
帰る時に300円くれました。会う前に冗談でハーゲンダッツ買ってくれたら行くわとか言ってたのでその代金だそうで。
だけど、なんかエッチしたことに対してのお金のような気がして、「おい、私は300円の価値しかないのか? デリヘルじゃねーぞっ!」て言って帰ってきました。

なんかムカつくけど、イケメンだったしまあえっか的な感じです。 


これまでを振り返ってみると、やっぱ2人目に会った人がが断トツで良かったですね。 

なにか質問あったらどうぞ。 



30 :
>>29 
わたし、半年以上やってて全く会えない(´・ω・`) 



31 :
あれだ、いちゃつきだけで満足してくれる男を探せばいいんでね 



32 :
>>30 
え?私は登録してすぐに会えたけど? 
なんで? 
http://bit.ly/pwtvKS

ここでやってみてください?
住んでるところも関係するのかな?



33 :
バカか?w 
アフィ死ねよwww 



38 :
5人位じゃビッチとは言わんだろ 
手当たりしだいやりまくって、初めてビッチになる 



43 :
ビッチには程遠いなー。 
100人お相手してからスレ建て直し。まーそれなりに面白かったけど。 



44 :
ここまでは、今までのことの報告にすぎないから、今後も男と会うつもり
会ってすぐエッチするんだからビッチでしょ? 

あなたは初対面の人とすぐエッチできるの?



78 :
5人で…ビッチ? 

あたしは1カ月に平均4人とエッチしてるよ
毎回違う相手とね。

しかも彼氏居るし。 


好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

これ以上の変態があるなら知りたい

まずスペック
私 22歳 プー太郎 経験人数は三桁に満たないビッチ
変態(ひろ君とする) 30?才ぐらい 童顔 金持ち 変態

私とひろ君が出会ったのは合コンみたいな飲み会だった。
4対4だけどひろ君は私より若いギャルのアドレスを聞くのに
必死だったので関心がないのだと思い、空気になる修行をした。

飲み会は午前3時くらいまで続いた。
私は一人女の子を誘っていて彼女が朝8時に出社しなければならない
ということでこの後どうするか(帰れない場所だったので)悩んでいると
ひろくんが二人で俺の家に泊まりにきなよ、と言い出した

二人なら危ないこともないだろうと、
ひろくんの家に二人でお邪魔することにした。
ひろくんの家はタワーマンションだった。

タワーマンション自体が始めてだったので受付に
コンシェルジュが居るだけで驚きが隠せない状態だった
部屋に案内されたが部屋も驚くほど綺麗だった
映画の撮影用の部屋かと思った

私がひろくん金持ちだなぁと考えている間
ひろ君はずっと私の連れて来た女の子にアタックしていた。
私には興味がないのだと思い、部屋の中で無になる修行をした

連れて来た女の子が先にお風呂を借りている間に
ひろくんと二人きりになってしまったので会話せざるを得なくなった
どうしようと困っているとひろ君は急に
「あーオナニーがしたい」
と言い出した

当時オナクラという特殊風俗店で働いていた私はふと
「あ、手伝いますか?」
と口走っていた。
ひろくんは
「まじでwwww」
ってなってたw

「いやー今そういうお店で働いてるんすよwww」
深夜なのも手伝ってハイテンション気味に告げると
ひろ君も
「是非ww」
となった

とりあえず、友達が居たらできないので、
友達を朝仕事に送り出してオナニー手伝いが始まった

手伝いと言ってもフェラと手こきだけだった
本番頼まれたが
「生理だからむりぽ」
と断った。
ひろくんは射精した

賢者タイムに入るのかな、なんて考えていると
ひろ君は急に立ち上がり全裸でパソコンに向かい始めた
「どうしたんですか?」
恐る恐るたずねると
「今のフェラチオが気持ちよかったからエクセルでまとめる」
と言い出した

ぽかーん状態だったがひろくんの後ろからパソコンの
ディスプレイを見ると確かにエクセルでどうしたら
フェラチオが気持ち良いのかをまとめていた 吹き出しとか付けてた

「日が昇るまでに終わらなかったらどうしようwww」
とか嬉しそうにやっていた

その後姿に惚れた

一時間くらいエクセルに打ち込み作業をしていたと思う
「あのグルグルってなるやつどうなってんの?」
「あーあれはこうひねるようにやるとああなる。」
みたいな会話をしながら気持ちいいフェラチオのまとめ簡易Verは完成した

当時のオナクラ勤務先からひろくんの家はとても近かった。
私は身バレ防止の為に2時間くらいかかる所に住んでいたので
出来ればしばらく泊めて欲しい旨を伝えるとひろ君は快く
「セックスさせてくれるなら」
と承諾してくれた

しかし昨晩も伝えたとおり生理ですよ?と伝えると
「気にしない、むしろ大好物ですw」
と返ってきた 変態だと思った

昼ぐらいに私はオナクラに出勤した。
ひろ君もかなり大手の会社員だったが、その一ヶ月位はフレックス制?
なのかわからんけど昼から出勤だったので同じくらいに家を出た

その間にラインでやり取りをしていたのだがそれがやばかった
まずひろ君からの一通目は
「でんま機種教えて 帰りに時間があったら買うから」
だった。でんま使わないと逝けない私への優しさだった

とりあえず私は愛用のでんまの写メを送り
「ローションも欲しい」と返信した

ひろ君「ぺぺローションならあるよ!オナニー用!」
私「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」
ひろ君「1に夢中だった、言わせんなよー」

キュンとした

照れ隠しに私は「職場でオナニーしちゃだめだよw」
と送った
するとひろ君は
「やばい、オナニーしたくなった、車両連結部ですればばれないw」
と言い出した
私「ちんこうp」
ひろ君「vipperかw仮性包茎だからごめん」ってなった

私「火星人乙ww」
ひろ君「かわいいよね、皮はぐとこんにちわってかんじで、
いつもはおやすみなさいだけど」

またキュンとした

ひろくんは赤ちゃん欲しいって言われると興奮するらしくてこんなラインが来た
ひろくん「ひろくんの赤ちゃん欲しいってお願いします。」
私「ひろくんの赤ちゃんが欲しいよぉ」
ひろくん「ありがとう、幸せ。」

もはやベタ惚れだった 子宮がキュンとした

そうこうしているうちに夜になり
ひろくんの家にお邪魔することになり
とうとう初セックスを迎えた
生理終わりかけだったので
バスタオルを下に敷いてセックスした

バスタオルに多少血がついた 
それを見てひろくんは大喜びしていた
洗わないでとっておくと言い出した

変態だなと思ったが許容範囲内だった
なぜ生理の血が好きなのかという話しをすると
さらにひろ君の変態ぷりっが明らかになった

ひろくんは昔某コーヒーショップでアルバイトをしていたらしい
その時に可愛い女の人が来るとトイレ掃除に行き、
汚物容器の一番上にトイレットペーパーを敷いておくらしい
そうして可愛い女の子がトイレから出た後にもう一度トイレ掃除に行き
そのペーパーの上にナプキンが乗っていたらそれを持って帰ったりしてたらしい

真面目で楽しそうに話すので冗談かと思っていたが本当だったようだ

さらには可愛い女の子がエスプレッソを頼むとその中に精子を混ぜる
と言っていた。苦いからわからないんだよ と自慢げにひろ君は言っていた

上記だけでも変態だがまだ許容範囲だった 
それからひろくんの家や店の寮に泊まってすごすある日
ひろくんにハプニングバーに誘われた。

特殊風俗店員の私でもさすがにハプニングバーの経験はなかった
経験のないことは誰しも恐れるものである
だがひろくんはどうしても行ってみたいとのことだったので
興味半分一緒に行くことになった

初体験のハプニングバーは思ったよりも普通だった。
三階立てのところでここはやってもいいところ
他のところは下半身見せなきゃOK
みたいな説明を店員にされて座敷席みたいなところに座らされた

思ったより普通とは言えど目の前に普通におっぱい出てる
おねぇさんが居たりと結構カオスな空間に二人で硬直してしまっていると
店の回し者のようなお姉さんが話しかけてきた

そこに、私たちと同じように初めてハプニングバーに来たお兄さんも
加わり、談笑が始まった。そこで私が触られるのは嫌だとお姉さんに
伝えるとお姉さんは急に鞭を持ち出し、これやる側ならいいでしょ?と言い出した

初めて来たお兄さんをけいくんとする。
鞭を持った店の回し者のお姉さんはかおりさんとする。

かおりさんはけいくんを四つんばいにさせると鞭をしならせ始めた。
始めてみるバラ鞭に少し興奮してみていると
「やってみる?」と鞭を差し出された
叩いた 結構本気で叩いた けいくんは痛がっていた

そこで結構テンションがあがって楽しんでいると
かおりさんが「じゃあ他にもやろうか♪」と言い出した。
で、相談の結果ペニパンを試させてもらうことになった

私がけいくんを掘ることになり、
かおりさんがひろ君を掘ることになった

もちろん男性陣はお尻の処女だったので指でほぐすところから始まった。
と見せかけてなぜかわからないが私がかおりさんに責められ始めた

かおりさんは電マ使いだった テクニシャンだった
風俗店員もびっくりだった

だが私は人前では逝くことが出来ないので逝った振りをした

そうしてなんだか流れでかおりさんを三人で責め始めた
初めて女の人のマンコみたし舐めた 綺麗だった 無味無臭だった
感動した

そうしてかおりさんは無事に逝ったらしく、本番のペニパンに取り掛かることになった

指でほぐすがけいくんは痛がっていた
ひろくんはかおりさんに電マ攻めされてあへっていた

ある程度ほぐれた頃ようやく挿入になるが結局カリ部分を入れたところで
けいくんに限界が来たのでそこでやめた

ふと隣を見るとひろ君はペニパンで責められて涎をたらしながらよがっていた

ひろくんは女の子の気持ちがわかった と言っていた。
そうして適当に過ごしハプニングバーの一日は終わった

これがいけなかったと当時は気がつくことが出来なかった

時は流れクリスマスになりひろくんと運よく過ごすことができた
ひろ君は何を思ったか初めて顔射を試み
「メリーホワイトクリスマス」
って言ってた 吹いた

その前にもゼンギ中にいきなり
「センセー僕たってます、座ってるけどちゃんと勃ってます!!」
とか言い出してセックスが中断したりした

年も変わり新年になるとひろ君は新年会がしたいと言い出した。
男4人と女三人で新年会をやることにした。
そのうち女は全員ハプニングバーから仲良くなった人だった。

カオス新年会の始まりである。
一時間くらいは普通に飲んでいたのだが
ハプニングバーからスカウトしてきた超絶ビッチあさみちゃんが
男の一人とイチャイチャしだし、次第に乱交パーティーに変わっていった

乱交とは言っても代わる代わるとかそんな感じじゃなくて
一組ずつ適当にやってるみたいな感じ
人生初の乱交騒ぎだった
そこで私は人前でやるのは嫌いだなと感じた
ひろくんは人前でやるのにめっちゃ興奮していた

その時もう一人ハプニングバーからスカウトしていたさきちゃんと言う
女の子とひろくんが仲良くなっていた。

このあたりから問題が発生する

ひろくんは元々やりちんだったがさきちゃんともセックス
したことが後日発覚した しかも2回
私とは2回連続してくれないから私はかなり怒った

しかし問題はそれだけではなくさきちゃんにアングラ系のイベントに
誘われていこうか迷っているとのことだった

そのイベント自体よくわからないので私はふーんと流していた
止めるべきだったと後々気がつく

ひろくんはそのイベントに参加した後さらに変態度が増していた
カップル喫茶なるものに行こうと誘いをかけてきた

ハプニングバーのカップル同士が行くバージョンだよ、
と言われ 嫌なら断れる・・・と聞き渋々行くことになった

カップル喫茶はやばかった。2重扉の一つ目をくぐるとすでにあえぎ声
が聞こえていた。その気まずい雰囲気の中で店員から説明を受け店内に
入ると、偶然ひろくんの知り合いの男性が居た。
色んな意味で楽しむどころではなくなっていた 
カップル喫茶は目が合ったらスワッピングをするという恐ろしいところだった

幸いかわからないが私たちが入った時間はピークではなかったらしく
かなりいやいやながらもその知り合いの男性カップルとのスワッピング
だけで終わりにすることが出来た。
私はひろくんとセックスがしたかったのでかなり怒った。
他の男とやらなければならないとは聞いてないともかなり説教した
ひろくんは
「2回中田視するから許してください」と謝っていた

そのあとひろくんはセックスしてくれたが私のことかなり都合のいい
ように扱っているということにようやく気がつき悲しくなって全然気持ちよくなかった

それから距離を置こうと思ったが
逆にノリが悪いと距離を置かれるようになった。
たまにラインで連絡をすると
ひろくん「今日セックスした、ごめん」
と送ってきて私が怒るのを楽しんでいた

好きだったから悲しかったし、今までとりあえず一番連絡を取っていて
セックスをしているという地位を失いどうしていいかわからなくなった

その間ひろくんはすごいデブとやって気持ちよかったとか
お医者さんごっこしたとか
またアナル開発されたとか
ラインを送ってくるので良いお友達で入れたらなと思いました。 


友達とおっぱい見せてと姉に頼んだら凄いことになった

俺は中1のとき既に性に興味があり、そして飢えていた
俺には5つ上、つまり高3の姉がいた
姉はめちゃくちゃかわいいというわけではなかったと思うがとにかく胸がデカかった
当然だが、クラスの女子とは比べものにならない
俺はどうしても姉をエッチな目で見てしまった
夏休み明け、姉は受験生だし7時頃までは学校に残って勉強してるから姉の部屋で何しようがばれない
親も共働きだから帰るのが遅い
そんな浅はかな考えで俺は姉の部屋に入った
まあやっぱりまずは下着が見たい
ブラジャーやパンツはいろいろなものがあり、白、水色、ピンクなどが多かった
まあそれでも紫とか赤もあったが
女子高生ってこんな派手なの着けてんだ、とか思った
あんまりさばくるとばれそうなんでその日はそこでやめた
そして癖になってしまいほぼ毎日やってしまった
そしてそれから2週間くらいたったある日、姉が俺の部屋に来て、
「H(俺のこと)、私に何か言うことない?」
「言うこと?別にないけど」
「実はね、私の下着が荒らされてるみたいなんだよね。あんたなんか知らない?」
俺は驚いて少し黙ってしまった
「やっぱりね。まあ興味持つのはわからなくもないから今回は見逃すけど、もうやめてね」
正直なんでばれた?って感じだった
まあでも、姉も大事な時期っぽいし少しの間控えることにした

そして俺は学校でその話を仲のいいKとDに話した
K「バカじゃんお前、てゆーかすげえ度胸あるな」
D「俺らも呼んでくれよー、ちなみにブラどんなだった?」
俺「デカかった、てゆーかFカップだった」
K「Fって相当じゃね?」
俺「だからまあ価値はあったよなー」
K「あれ?確かDも姉ちゃんいたよな?いくつだっけ?」
D「高2だよ。言っとくけど下着は見ねーぞ」
俺「なんでだよー、いいだろー」
D「やだね、ばれたらやだし」
それからぐだぐだ話してるうち、Dは何カップか見てくることになった
結果、Dの姉はCカップだとわかった
まあ普通の大きさだろう
そうなってくると俺の姉はやっぱり巨乳なんだと思う
そして俺ら3人はますます俺の姉に興味が出てきた
何とかして見たい、てゆーか触りたい
俺らは3人とも当然のことながら童貞で、興味が出てからは生で見たことなど1度もない
俺は姉の風呂を覗こうと思ったことはあるが、ビビッて1度も覗いたことがないヘタレだ
そして俺らはなんとかして胸を見たり触ったりできないものかと考えた
弱みを握るとかもありだと思ったが、流石にそれはどうかと思い、とにかく頼み込むことにした
姉は土日も学校やら図書館やらに勉強しに行っていて、家にはほとんどいない
だけど11月に姉は推薦入試を受けて、受かれば土日は家にいるとのことなのでそこを狙うことにした

そして11月の終わり、姉は見事合格した
俺ら3人は合格発表の次の日曜日に姉の部屋に行き、
K「あのー、ちょっとお願いがあるんですけど」
姉「私に?何?」
いざ言おうとするとやっぱり恥ずかしい
D「えっともし、僕らがお姉さんにおっぱいが見たいって言ったら見せてくれますか?」
一瞬空気が固まったのを憶えてる
姉「は?おっぱい?」
俺「やっぱ戻ろうぜ、俺が恥ずかしい」
姉は少し黙っていた
D「お願いします、マジでほんと、どうしても見たいんです」
姉「えっ、本気で?」
D「もちろんです、お願いします」
姉「見たいのはわかるけど、なんで私?」
D「お姉さんのがいいんです」
姉「いやでも流石にそれは無理でしょ」
それから粘ってみたが結局見せてはもらえなかった
まあ当たり前っちゃあ当たり前だが
2人が帰った後、
姉「なにあれ?どういう事?」
俺「えーと、まあそのまんまだよ。単純におっぱいが見たかっただけ」
それから1週間くらいたったある日の夜、姉が俺の部屋に来て、
姉「前の胸が見たいって話だけど」
とか言ってきた
俺は正直恥ずかしすぎて忘れたかったことなので黙った
姉「お母さんたちが旅行でいない今度の3連休なら見せてもいいよ」
俺「えっ、それ本気?」
姉「本気だよ。それと私1人じゃ嫌だから私の友達呼ぶから」
俺「マジで、てゆーかなんで急に?これだましじゃないよね」
姉「それと呼ぶのはあの2人だけね」
まさか本当に胸が見られるとは。
しかも1人じゃ嫌だから友達連れてくるってことはその友達のも見れるってこと。
もうウハウハだった
だけどなんで急に気が変わったのかがよくわからなかった
両親は土曜の朝に家を出て、月曜の夜帰ってくる
わざわざ親のいない休日を選んだのだから見る以上のことも期待していいんじゃないかと思っていた

そして土曜日の午後、俺の部屋に集まった
姉の友達はMといい、その日は寒いのにミニスカートでめちゃよかった
顔はまあ普通って感じだった
M「じゃあ、揃ったみたいだしはじめよっかぁ」
結構明るくて元気な人みたいだ
K「てゆーかなんでOKしてくれたんですか?」
M「あー、私らもう受験ないから暇だし、まあなんか面白そうだったからねー」
Mが姉の胸を後ろから持ち上げた
M「この胸が見たかったんでしょー。」
姉は恥ずかしそうに抵抗している
M「いいじゃん、いいじゃん。後でどうせ全部見せるんだからさ」
その光景だけでもめちゃエロく感じた
M「じゃあそろそろ脱ごっかなー、どっちからみたい?てゆーか私のも見たい?」
K「もちろん見たいです」
姉「脱ぐのは2人一緒にだよ」
M「A(姉のこと)は恥ずかしがりやだなぁ、じゃあ脱がせたい人ー」
D「いいんですか」
姉「ダメダメ、自分で脱ぐ」
M「だそうです、ごめんねー」
まあ冬だし2人とも結構着てた
そして2人ともブラジャーになった
さっきまではしゃいでたMもやっぱり恥ずかしかったのか顔を赤くしていた
手で胸を隠す感じがたまらなかった
そこから見える谷間は最高だった
確か姉はピンクのレースでMは青の結構派手なやつだったと思う
D「じゃあ最後までお願いしまーす」
2人共ホックは外しておいてせえので取るようだ
俺はすでに起ってた
そしておっぱいが出た
姉の胸は想像以上にデカかった
形は少し下を向いてて釣鐘型ってやつだったと思う
Mの胸は、大きさは姉ほどではないが張りがある感じできれいだった
流石女子高生とかめちゃ思った
M「じゃあ感想はー?」
俺「もうやばいです、Mってそれ何カップですか?」
M「えーと、私はDだねー。AはFだっけ?羨ましいなー」
姉「そんなことないよ、Mだって結構大きいじゃん」
K「どうせなら今からバスト測りません?」
俺「てゆーか、どうせならスリーサイズを」
M「スリーサイズは無理。バストだけねー」
D「ちょっと待って、その前にやることがある」
M「やること?あー、わかった。触りたいんでしょ」
D「だめですかね」
俺は測るときに揉んでやろうとか思ってた
M「まあいいよー、触っても。どうせ測るときに触られるだろうからねー」
そして3人で2人の胸を触った
2人の胸はやわらかかったがMのは張りがあって少し硬さがあった
触っていると乳首が少し硬くなったのがわかった
姉「ちょっと、触るだけだってば」
どうやらDが姉の胸を舐めたらしい
D「もういいじゃないですか、俺もう我慢できないんですよ」
そう言って乳首にしゃぶりついた
姉「きゃっ、ちょっと待って」
それを見て俺とKも我慢できなくなり2人でMの乳首にしゃぶりついた
1人の女子の胸に2人の男がしゃぶりついているのは、おかしいんじゃないだろうかと今は思う
M「ちょっとストップ、はいやめるー」
2人は少し俺たちから離れた
M「舐めたい気持ちもわからなくもないけどちょっと待って。1度やめよう」
D「なんでですか、もういいじゃないですか」
Dは俺ら3人の中でも1番溜まっているようだった
M「なんでっていうか、ちょっといきなりすぎ」
D「あんだけ胸触らせてくれたんだから、こっちもそれ以上のことしたくなっちゃいますよ」
いきなりすぎたといえばそうかもしれないが、そういうのがOKみたいな感じだったのも確かだ
でもなんだかこのままだと姉とMの気が変わってしまうかもと思い、
俺「まあとりあえず触るのは1度やめて他のことしよう」
M「そうだねー、Hいいこと言うじゃん」
K「じゃあさー、下も脱ぎません?」
姉「下?ってほんとに?」
D「おお、それは賛成」
M「下ねー、どうしよっかなー」
俺「じゃあパンツは履いてていいよ」
M「まあそれならいいよー」
これで2人ともパンツ1枚になった
まだやっぱり恥ずかしいらしく2人とも片手で胸を隠している
あとはどうやって最後の1枚を脱がすかだ
ここまできたらやっぱり最後まで見たい
そしてできればしたい
M「この下見たい?」
K「見たいです、脱いでほしいです」
M「もし私らがこれ脱いで裸になったとして、その後どうする?」
D「触ったり舐めたりします」
M「あはは、素直だね。いいよ、しょうがないから脱いであげる」
姉は少し抵抗があるようだったが、脱ぐことにしたようだ
2人には立ってもらい、そして脱ぎだした
すぐに隠して座ってしまったので、
D「じゃあ、ちょっと気を付けしてよ」
そして2人はしぶしぶ立ち上がり、気を付けをした
陰毛は姉はかなり生えてて、Mのは姉に比べれば少なかったと思う
当然だが、2人とも顔は真っ赤だった
D「じゃあ触ってもいいですか?」
M「しょうがないなー、まあいいよー」
ベッドのふとんを下に置き、Mがベッドで姉が下という形で横になってもらった
俺は姉の身体を触りまくるというのは少し気が引けたのでMを触った
KとDは姉の巨乳がよかったのかそっちにいった
そして2人が姉の胸にしゃぶりついた
姉「あうっ、ちょっ、いきなり?」
それを見て俺もMの胸を揉みながらしゃぶった
俺は当然こういうことをしたことは1度もないのでどうすればいいかわからなかった
だからとにかく触ったり舐めたりした
乳首はもうかなり硬くなっててエロかった
俺は興奮しすぎて、胸やアソコはもちろん首、脇、へそなどとにかく舐めまわした
たぶんMは気持ちいいどころか、舐めまわされて気持ち悪かっただろうが黙って続けさせてくれた
それでもエロい声は少しは出してくれるし、アソコを舐めるとビクッてなるし楽しかった
最初に指を入れるときは本当に入れていいのかと少しためらったが2本入れた
たぶん30分か40分くらい触ったり舐めたりしてたと思う
初めてで夢中だったとはいえ、よく飽きなかったなと思う
だけど俺がMに言われてやめたとき、まだKとDは続けてた
Mの身体に夢中で気付かなかったが姉は「あっ」とか「やっ」とか言って触られてた
まあMも声は出してたけど姉のは相当だった
1人が上半身でもう1人が下半身って感じでやってた
M曰はく姉は巨乳だけど感じやすいらしい
時間はもう6時を過ぎていた
2人を1度止め、
M「これからどうする?もうすぐ7時になっちゃうけど」
K「俺ら泊まるつもりだったんですけど、Mは?」
M「親に連絡すれば泊まれるけど」
俺「じゃあ泊まりましょう、まだまだこれからなんで」
M「こらこら、これからってねー。まあここで終わるのもなんだしねー。特別にご飯食べて続きしよっかー」
それから2人は服を着て、Mは親に電話、俺ら3人はコンビニに晩飯を買いに行った
行く途中、姉とMの話で盛り上がった
2人に同時に責められたからなのか姉は相当喘いでいたらしい
そしておそらく1度はイッたらしい
巨乳は感じにくいと思っていたがどうやらそうではないらしい
俺ら3人は最後までさせてもらえることを確信し、かなりテンションが高かった
晩飯を食べて少し休憩してからもう1度俺の部屋に戻った
もう早く続きがしたくて仕方がなかった
M「今からどうするー?」
D「普通にさっきの続きがしたいです」
M「だってさA。もっと触りたいんだって」
姉「えっ、Mは?」
M「私はどうしよっかなー」
俺「俺はやく最後までしたい」
M「最後までかー、まあここまで来たしねー」
そして俺はMを押し倒して服を脱がしてまた全裸にした
姉は服を着たまま触られてた
晩飯の前にシャワーを浴びたらしく少しほてってた
10分くらい触ってから
俺「M、もう入れたい」
M「えっ、早くない?」
俺「早く入れたくてしょうがない、てゆーか結構もう濡れてると思うけど」
M「まったく、しょうがないなー」
俺「俺バックでしたい」
最初入らなくて少し焦ったが俺は初めて挿入した(当然ゴム有)
Mはふとんを掴んでた
そして俺は腰を動かした
遊んでそうな感じだったがMのアソコは結構きつかった
動かしてみてもAVみたいにパンパンって音はあんまり出ない
それでもかなり気持ちよくて最高だった
抜いた後、Mは少しぐったりしてたがまた触った
隣で姉としてる2人はまだ入れてないようだった
てゆーかいつまで触ってんだってくらい触り続けてた
俺は1回ヤッたくらいじゃ全然満足しなかった
今日は泊まりだし明日は日曜だからヤりまくれる、そう思ってた
俺「M、もっかい入れていい」
M「えっ、また?今したばっかじゃん」
俺「俺のもう起ってるし、今度は騎乗位で」
M「私、騎乗位とかしたことないんだけど」
そして俺が寝て、Mが上に乗り挿入した
Mは後ろを向いてたので顔は見れなかった
やっぱり入れる時の感覚がたまらない
生でヤりたいとか思ったけど流石にダメだろうから聞かなかった
騎乗位が終わったとき、隣では姉も挿入されてた
このときはDが普通に正面でヤってて、Kが胸を揉んでたと思う
毎日見てる姉の顔だけどかなりエロく見えた
てゆーか彼氏でも何でもない俺らにヤらせてくれるって淫乱過ぎだろとか思った
後で聞いたら姉は高1のときにクラスの男子としたことがあるだけで彼氏とかは無いらしい
それに対してMは中3のときと高1のときに2人と付き合ってそれ以来らしい
まあMがしたのは彼氏だから普通だけど、好きだったのかもしれないが付き合ってもいない男子とした姉はどうなのだろうかと思った
俺「M、フェラしてよ」
M「フェラって、やだよ」
俺「したことは?」
M「あるけど」
俺「じゃあいいじゃん」
手で触られるだけでもやばかったが、フェラはそれ以上にめちゃくちゃ気持ちよくて、すぐに口の中に出してしまった
Mはむせていたが、俺のはまだ出てて声をかけられなかった
それから正乗位をやった
入れられてる時のMの顔がたまらなかった
M「ちょっと、1度休憩しよ」
Mはそう言っていたが、裸の女子が目の前にいる状態では俺は自分を抑えられずMに覆いかぶさってしまった
M「わかったからちょっと待って。1度シャワー浴びたいんだけど。浴びたらまたしていいからちょっと待って」
そう言ってMは服を着て部屋を出ていった
そのとき姉も「私も」みたいなことを言ってたがDとKが許さなかった
姉の身体は白い液体が所々についてて、相当ヤられたんだなとか思った
てゆーか2人を相手にしてるんだからMよりもよっぽど疲れてるだろう
それから姉はバックで挿入され、もう1人のを咥えるという普通AVでしか見られないようなこともやってた
しばらくして風呂上がりで色気たっぷりのMが戻ってきた
それから休憩などもはさみながら相手を変えたりしてヤりまくり、気が付くと午前3時だった
こんだけヤりまくったんだからもう全員ぐったりで、特にMと姉は完全にばててた
これはもうなかなか体験できない最高すぎる出来事だった
特にMのフェラや姉のパイずりしながらのフェラは最高だった
男子3人はパンツだけ履き、女子2人には全裸で寝てもらった
俺の部屋のベッドでは全員は寝れないので、男子の要望で俺の部屋で俺とM、隣の姉の部屋で残りの3人が寝た
俺の目が覚めたのは7時頃だが、隣には全裸のMがまだ寝てて、俺は我慢できず襲ってしまった
最初は無反応だったが、ときどき「んっ」て言うのが可愛かった
M「やっ、ちょっ」
思いっきりビンタされたのを憶えてる
まあ起きたら男が自分の胸を舐めてたんだから当然の反応だと思うが
今日も1日ヤりまくりたいとか思ってMに言ってみたが、まあ案の定断られた
Mと姉は昨日の夜だけで3人の相手をして2人とも10回以上ヤられてるんだから断られて当たり前か
Mは少し身体が痛いとか重いとか言ってるし諦めることにした
部屋を出て姉の部屋に入ろうとするとドア越しに姉の「あっ」「んっ」とかいう声が聞こえてきた
まさかとは思ったが、朝からばんばんヤってた
姉が壁にもたれかかってバックで突かれてた
俺も同じようなことをやろうとしてたわけだから他人のことは言えないと思うが、ちょっと引いた
それを許す姉にも驚いた
M「えっと、お楽しみみたいだから私先帰るね。また学校でねA」
Mも流石にちょっと引いたんだと思う
このまま1日中ヤりまくるんじゃないかって勢いだった
俺もMとヤりたかったけど、さっき断られたばかりだしやめた
姉って意外とヤリマンなんじゃ?とか思った
3人はそれから昼までずっとヤってたのかもしれない
俺もときどき姉の部屋に行って触ったりしたが、2人はよく飽きないなと思ってた
姉は完全にぐったりしてて、立ってもふらふらするほどだった
最後には姉は動けずベッドでぐったりしてて、そこに2人が触ったり挿入したりしてた
さすがに姉がかわいそうに思えてきたので、続きはまた今度と2人に言い聞かせてやめさせ、2人を帰した


出会い系で出会った変態ポチャ女でフルボッキしてしまった

エロ系SNSでまんま渡辺直美と変態プレイしてしまった件
顔写メ送らないしもっと警戒すればよかった・・・
メッセと電話でノリノリになりすぎたのが不味かった・・・

ブスなのに痴女系で予約してた個室居酒屋とかで積極的に股間触ってくるし
M気のある俺には耐えられなかったよお前ら・・・

スペック
俺社畜26歳でそれなりにM
渡辺直美20のJDメッセでは変態プレイがなんでも好きと言っていた

で昨日の話

夜10時位に飲み屋の前で待ち合わせしていた
メッセでは今晩は飲んだら朝まで色々やりまくる予定になっていたのだから時間は遅めでよかった
で、俺は10時五分前位に待ってたんだ
そしたら10時ほぼ丁度にメッセが来て今向かってるとのこと
俺の息子は期待に膨らませて膨らんでいた・・・

しかし到着したのは直美・・・・

一気に元気はなくなったが俺も男だと言わんばかりに
「かわいいねーwじゃあさっそく飲もうか」と言ってしまいそそくさと入店

個室は掘りコタツで部屋に入ると直美は正面に普通に座った
とりあえず最初はビールで乾杯してだらだら飲んで世間話をしてると急に
股間に変な感触を感じた・・・直美の足だった
直美は普通に話ながらズボン越しに俺の息子を足でさすってきた
俺はなんとか耐えようとしたがこの日のために2週間オナ禁をしてたためすぐに耐えれずフル勃起
直美は「おおきくなっちゃったね?」といい横に移動してきた

そしておもむろに俺のベルトを外して直接手コキを始めた
俺は止めようとしたが直美はお構いなしに続け
部屋には我慢汁音が響き俺はすぐに限界に達しそうだった
しかし直美は笑顔で手コキを止めこう言った「アナルに指入れさてくれたらお口に出していいよ」と
完全に限界だった俺は言った

「アナルで感じながら直美の口にザーメンださせてくだい!」

直美はまた笑顔になり窮屈そうな堀りの中に移動し
俺はズボンを膝までおろし座布団の上にある直美の指に腰をおろした
直美の指はツバでヌルヌルで気持ちよく前立腺を刺激してきたために
ほんの二分位で口に出してしまった

それから俺もおかしくなったのかいちゃいちゃしつつ飲み屋をあとにして予約してたラブホへ直行
といあえず一緒にシャワーて流れになったんだが洗い場で直美があることを言い出した

直美「おしっこしたいから飲んで」俺はそのときメッセの内容を思い出し

かけっこor飲ませっこすと言っていたのを思い出した
一応やっぱいいかなーみたいなことを言ってたら

直美が「またアナルしてあげるから」と笑い俺の理性は飛んだ

俺はすぐさまマットに横になり直美が顔騎の体制になり
直美「いっぱい飲めたらいっぱいしてあげる」といい口に熱くて苦しょっぱいものが流れ混んできた
顔が見えないのと元々おしっこ好きな性癖なお陰で飲み干したころにはまたもフル勃起
そして直美は喜びながら

「すごーいまたこんなにおっきくなってる。じゃアナル弄ってあげるから四つん這いになって」と言った

直美俺のアナル舐めてほぐし今度は沢山いじれるようにと指にローションを塗って
一本二本と入れてきた
正直M性感のプロ並に気持ちよかった。
そのせいで風呂場では俺の喘ぎ声が響き直美は笑いながら変態とか女の子みたいとか言ってた

しかしここで問題発生直美がローション使いまくるせいか腹が怪しくなってきた
俺はまだイッテないが流石にやばいので理由を話いったん止めようと言った
しかし止めない直美それどころかどんどん激しくなってきてる

俺の尻は限界だった、直美は言った「出しちゃいなさい」とその瞬間直美が俺の腹を結構な力で押した
出てしまった・・・・少量ではあるが直美の手にそれはあった
俺はさすがに萎えてシャワー浴びて部屋にもどった

しばらくベットにくるまって凹んでいると直美が上がってきた
直美はごめんと言うが俺はしばらく無視してた。
すると直美も布団に入り電気を消した。

あーこれで寝られると思って寝付けそうになったとき直美が手コキを始めた
俺はびっくりして何?何?と言ったら直美「おまんこに生で入れて欲しいの」
今日はもういい的なこといってあしらったが
直美の手は止まらず萎えてた息子は三度目の正直バリに勃起
俺もそういや今日は挿入してないなーとか考えてしまい起き上がって速後ろから入れた

前戯はしてなかったがかなり濡れててなんで濡れてたか聞いてみたら
あのあとお風呂でオナしてたとか言いめっちゃエロく感じた
俺は燃えた・・・それはもういつも以上に激しく腰を振りそして出した中に

直美は生中で喜び俺はそれにまた欲情し合計三回戦した出したのは二回で三回目はオナの見せ合い
そうして眠りについて朝起きたら

とんでもねーデブスの渡辺直美がいたのでさっさと起こして帰ってきました


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード