携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

ソープ

童貞が高級風俗行ってきたった

22歳童貞だったんだけどついムラムラきて風俗行ってきた 
場所は福原で値段は120分60kだった 
  


 6:
もしや昨日の夕方のやつか? 
  


 11:
>>6違うよ 
 とりあえずhpでいい嬢を探して予約した 
 ちょっと怖そうな感じだったけどどうにでもなれ精神で予約した 
遅いけど勘弁な 
  


 9:
バカな事を・・・ 
  



  8:
即尺? 
  


 16:
>>8もちろん 
 それで予約まで時間が大量にあったからカラオケで6時間ほど時間をつぶした 
 もう緊張しすぎて歌っていってもそわそわしてた 
  


 17:
>>16 
一人カラオケの方が行けないわ俺 
  


  12:
>>1なんて店か教えてくれ 
  


 18:
>>12ネットで検索したらよく上位に出てくる店だ 
 それで予約の2時間前と1時間前に確認の電話をいれる 
 その電話も緊張緊張 
  


 21:
それでついに時間が来た 
店に入って予約していた偽名を名乗って待ち合い室に入った 
 そこで飲み物とおかしが出てきた 
 けど、口が臭くなったら嫌だったので手をつけなかった 
周りの人が全員おっさんだったので場違い感が半端なかった 
  

 
 20:
偉い! 
 童貞なんかだとっとと捨てて正解 
 高めの風俗ならいい思いで作れたろ 
日本の女なんか、そもそも売春婦みたいなもの 
  


 24:
>>20ほんといい思い出ができたよ 
 それで番号で呼ばれて、手に消毒液をかけていざエレベーターへ 
 そのとき男の店員みんな土下座。これにはなんかびびった 
 んで嬢とご対面 
  

 27:
参考になります 
  


 30:
hpのパネルの印象は結構きつめのギャルって感じだったんだけどもっと優しい感じだった 
 しかしむしろ俺からしたらこっちの方がタイプなのでめちゃくちゃテンションあがった 
 そして手をつないでキス 
 んで嬢に手を引っ張られ部屋に入った 
  


 26:
嬢は可愛かったか? 
  


  34:
嬢は可愛かったぞ 
 それで部屋に入って飲み物飲みながらお話した 
 やっぱりこの年齢の人は少ないみたいで年齢いったらめっちゃびっくりされた 
 ちなみに嬢はFカップだったのでその間ずっとおっぱい見てた 
  


 33:
60kって高級店か? 
 80k超えてからが高級店だろ 
  


 40:
>>33まあ俺からしたら高級なのよ 
 んで嬢の方から服を脱ぎはじめた。その時点で俺の息子はフル勃起 
あ、童貞っていうのは話ししてるときにカミングアウトした 
 めっちゃびっくりしてて逆に緊張するー!とか言ってた 
 それで俺も服を脱がしてもらいフェラ 
 あれめっちゃ気持ちいいんだな 
  


 43:
もう唾液と我慢汁でだらだらなのよ 
 いきそうになったけど俺は普段は床オナしてるんでなんとか我慢できた 
 それで嬢に促されベットへ移動。仰向けになってフェラ続行 
 乳首をちゅぱちゅぱされてまじで気持ちよかったわ 



45:
それでついに挿入、脱童貞の時間!! 
 嬢に上か下どっちがいい?って聞かれたが童貞の俺は迷わず乗ってもらった 
 もちろん高級店だから生なんだけど病気こわいからゴムつけてもらった 
 ゴムつける客はとても珍しいとのこと 
  

 44:
ほうほう 
  


 48:
マンコくさそう 
  


 50:
ズプズプって挿入 
 気持ちよかったけど感触に対してそこまでの感動はしなかった 
 それより、こんな美人でおっぱいの大きいい女が俺の上に乗り腰動かしてることに感動した 
気もちいのは気もちいんだけど、やっぱり床オナの影響もあってか逝く気配がなかった 
 なのでそのまま嬢に倒れてきてもらい、だいしゅきホールドをしてもらい自分で腰をふってみた 
 やっぱり自分で動かした方が気持ちよかった 
 そしてこの体勢は足ピンも出来るので俺にぴったりの体位だ 
抱きついている嬢のfカップが俺の体に密着するのが一番良かった 
 んで3分もたたずにフィニッシュ 
床オナでの遅漏の心配はいらなかった 
  


 51:
>>50 
いや、騎乗位って男も動くもんだぞ… 

重力に逆らうから滅茶苦茶疲れる 
  


 53:
>>途中から動かしみたけどだいしゅきホールドが一番だ 
 それでベッドで手をつなぎながらお話タイム 
嬢のアシストもありめちゃくちゃ盛り上がった 
 さすが高級店の嬢だと思った 
  


 54:
ここからは少し割愛する 
 そして念願のマットプレイ! 
 嬢が準備していざマットの上へ! 
ほんとにほんとに気持ちよかったです 
全身からみついてやばかった 
 パイズリや授乳手こきしてもらい大満足 
  


 56:
え?授乳? 
  


 58:
>>56乳首ちゅぱちゅぱしながら手こきしてもらった 
 けど二発目は手こきではなかなかいけず 
結局ベッドに戻り一回目と同じ体位でフィニッシュ 
 んでお話し 
 そのときに嬢の巻いてるバスタオルから乳首が見え隠れしてたからずっと見てた 
 で、服着さしてもらって、エレベーターでキスして終了 
 男の人たちが土下座で迎えてくれました 
  


 57:
ほんとに母乳がでるわけじゃないだろw 
  


 60:
感想は行って良かった! 
 嬢も入念に下調べしたわけじゃなかったけどルックス、スタイル、性格申し分なかった 
SEX自体もとても気持ち良かったし、緊張せずにできた 
童貞の人たちは風俗行くなら多少金払っても高級行った方がいいぞ! 
 質問あったうけつける 
  


 61:
嬢の年収は? 
  


 63:
>>61それは分からんww 
けどHPの求人欄に平均日収10万って書いてたな 
本当かは分からないが 
  


 62:
嬢は誰似だった? 
  


 65:
>>62 うーん誰だろなー 
強いて言うなら全盛期のリアディゾンを日本人ぽくし感じ 
  


 66:
金はどうやって捻出した 
  


 68:
>>66大学生だから暇なもんで8月毎日バイトしてたから結構あった 
  


 67:
嬢のアナルの見た目と匂いと味を教えて 

 あと嬢の口臭とか唾液の匂いも教えて 
  


 70:
>>67アナルにはなんの興味もないからじくっり見てないけど綺麗だったよ 
匂いはかいでないから分からん 
口臭はヤニ臭かった 
 ぜんぜん気にならんかったけど 
  


 69:
初めてを巨乳デブスで捨てた俺は負け組か 

因みにほとんど1はマグロだったの? 
  


 71:
>>69最初はマグロだった 
二回目は自分から積極的にいけたわ 
  


 72:
みんな見てくれてありがとな! 
 童貞は風俗いってこい! 
  


 73:
面白かったよー。また変なとこ行ったらレポよろ~(^_^)ノ 
  


 74:
風俗嬢は床オナにも勝つのか 

久々のソープで新人相手に大ハッスルしたったw

結婚して6年。
子供も生まれささやかながら幸せな日々を過している。
夫婦生活には不満はないが、やはり刺激は欲しいもの。
月々の給料からヘソクリを貯め、久々にソープへでかけた。

「ご指名はございますか?」
「久々なんでないよ」
「では、今からご案内できるのはこの二人です」
とボーイが写真を見せた。
ポチャで巨乳系の24歳と、スレンダーで貧乳の32歳のふたり。
顔はぼかしが入っていて確認不可能。
妻はポチャなので、ここはスレンダー姫をチョイス。
ボーイが
「入店2週間目の新人ですがよろしいですか?」
「気にしませんからいいですよ」
「ありがとうございます」
入浴料支払うとすぐさまご案内。

「いらっしゃいませ、なでしこ(源氏名)です」
とエレベーターで三つ指をついてごあいさつ。
そのまま腕を組んで部屋へ。
ベッドに腰掛けると
「本日はご来店ありがとうございます。よろしくお願いします」
と顔を見ると女優の江角マキコ似のスレンダー姫(体型は写真通り)
「江角マキコに似てるね」
「(ちょっと上機嫌で)そんなことないですよ。痩せてるとこだけです。お湯が溜まるまで何か飲みますか?」
「お茶を下さい」
「タバコは吸いますか?」
「吸っても平気?」
「良かったら私も一緒に良いですか?」
「どうぞどうぞ(性格は良さそう)」
チラッと結婚指輪を見て
「結婚してらっしゃるんですね」
「うん、でもたまには刺激があってもいいかな?ってとこかな?」
「ですよね。子供さんは?」
「3人目がいまお腹に」
「あぁ~そうなんだ。で、奥さんとは暫くご無沙汰で、って感じですね」
「そうそう、でもなでしこさんみたいにウチはスレンダーじゃないから、今日はラッキーですよ(笑)」
「じゃ~ちょっと溜まってます?(笑)」
「うん、かなり。だからなでしこさんに沢山ヌイもらいたいなぁ~感じかな?(笑)で、延長できるかな?」
「エッ?本当ですか?」
「なでしこさんが忙しくなかったらだけど」
すぐさまフロントへ連絡。
「OKです、ダブルでいいですか?」
「OK!」
「はい、ダブルでお願いします」
「良かった~初めての延長のお客さんになっていただいてありがとう」
「そうなんだ、良かったね」
「たっぷり、まったりしましょうね!って言っても、まだ入店2週間なんで不慣れですが・・・」
「特に何が苦手?」
「マットが・・・でも頑張ります!」
「得意なのは?」
「舐めるのは得意っていうか好きです」
「じゃ~マットはなしで、お互い舐め好きってことでどう?」
「本当に?じゃ~いっぱいナメナメしますね!そろそろお風呂へどうぞ」

服を脱ぎスケベ椅子に座り全身を洗い流すと、薬用石鹸でムスコを洗いながらチェック。
当然ながら元気になる。
「大きくて硬そう」
そういって泡を流すと
「失礼します」
といって四つん這いフェラの開始。
くびれたウエストと小ぶりのヒップを眺めながら完全勃起。
「なでしこさん、気持ちいいよ」
「そうですか、ありがとうございます」
ゆっくり手コキをしながら乳首をナメナメ。
そのまま腿の上に座ると
「キスさせて」
舌を絡める。
同時に自分の秘部で亀頭を愛撫(いい感じ)とアソコは濡れている。
「このまま入れるね」
と亀頭をアソコに当てるとニュルッと飲み込んだ。
「もう少し脚を開いて」
更にニュルッと入ると同時に
「ウッ」
と声を上げる。
中は適度な締め付けで相性はいいが
「なでしこちゃん、ナマで平気?」
「今日はナマでしたい気分なの。気持ちいい?」
「最高!」
小ぶりの乳房に大きな乳首を口に含むと
「それ感じる」
「じゃ~このままベッド行こうか?」
とそのまま抱き上げる。
「えっ?まって、ヤダ」
駅弁スタイルでつながったままベッドへ向かうと
「なんか凄い格好でシテる」
彼女のヒップに手を回し下から突き上げる。
「アッ、怖いけど感じる」
化粧台の鏡に二人の姿を映して
「見て、凄いHな感じ。こんなの初めて」
ヒップに回した手を両足ごと抱え上げ、前後に揺するとパンパンと腰を打ち付ける音が響き
「いぃっ、奥にあたる」
少し腰に来そうなのでベッドに寝かせる。
「凄かった。AVで見たことあるけどスルのは初めて」
「どんな感じ」
「かなり濡れちゃった」
結合部を見ると根元の毛が愛液でべっとり。
「どんな体位でシタい?」
「このままガンガン突いて」
と両手で両足を広げる。
そのまま上体を抱きしめると
「これがいい、もっと突いて」
小刻みに腰を打ちつける。
更に両足を肩に担ぎ深さを強めるが、両膝はベッドにくっつきかなりハードな体位に。
「大丈夫?辛くない?」
「奥に当たって気持ちいい。体柔らかいから大丈夫。奥に当たってイキそう」
その言葉で射精感がアップする。
「俺もイキそう」
「イッていいよ。中にいっぱい出して、一緒にイッて」
「イクよ、出すよ」
「アッ、イク、あぁッ出して」

(どくっどくっどくっ・・・・)

そのままぐったり
「いっぱい出たね。見て」
と四つん這いになりアソコをこちらに向け
「あっ、出る」
と同時に(ドロッ)と精液が溢れ出した。
「AVっぽいね(笑)」
「俺は不倫気分で興奮したよ」
「まだ時間あるから、もっとシテね!」
時間ギリギリまで2回中出しさせてもらった。

「次はいっぱい溜めて指名延長してね!またナマでシテアゲル!」
さぁ~ヘソクリ稼ぎにをがんばるか!
携番とメアドもゲットしたから、これはいい感じで発展する!・・・かな?


ソープ行ってきた

店に入ったところからねっとりと行こうか

店の外観はボロいホテルみたいだった
そのくせ入口はめっちゃ綺麗
表通りの方ではなく、横の路地に入口があった

中に入るとイカついオッサン二人と若いアンちゃんとスタイリッシュお姉さんがいらっしゃいと出迎えてくれた
何時に○○さんで予約取りました○○ですーと言うと、奥の控え室?待機室?に通された

内装は暗め 黒い暗幕がところどころに張られていた
その暗幕の向こう側は多分
事務所だったり、トイレだったり、エレベーターだったり、待機室だったりだ

偏見だけど恐いイメージがあったが、オジさんもお兄さんもお姉さんもそこらの客商売よりずっと教育されてる感じだった
声色からして怖さがない、ドスの低い声なんて出さないよ、みたいな

待機室に入るとお茶とおしぼりを出してもらった
「会員証はありますか?」と聞かれ、初めてなんですと答えると会員証を発光された
因みにこの会員証、多くの店では無料で発行されるが、VIPクラスの高級店は有料制らしいので、初めて行く方はHP等でチェックしましょう

開始五分前になると「トイレは大丈夫ですか?」と聞かれた
こういうところも印象がいいね
トイレに行かせてもらい、そのままエレベーターに案内される

中に入ると店員さんが嬢の名前を確認してきた
んで、口臭スプレー失礼しまーすとお口にしゅっ

1Fから3Fに上がりエレベーターが開くと
そこには指名した嬢がいた

「よろしくおねがいしますー」

ぺこりと下げられた頭
色っぽいドレスを着ていた
一歩足を外に出すと、手を握られ、そのまま引っ張られて
首に手を回されてキス

1、2分のべろちゅー
突然だもんで頭がくらっとした

手を繋いで部屋に案内される
細くてスタイルのいい綺麗系な嬢だ

実際、綺麗な人だなあ、と思った
行ってみなわからんが、普通に綺麗な人が働いてるね!
店にもよるんだろうけど

部屋は

入って左手にベット
通路とかカーテンとかなんもなしに、奥にタイル敷かれた浴室
風俗独特の造りなんだろうな
浴槽も凄い広い
俺は身長170なんだが、足を伸ばしても全く窮屈じゃなかった

ベットに座った俺を靴下から丁寧に脱がす嬢
その間、なんかしらの雑談もなんでか楽しい
今になって思うと、よく笑ってくれてた気がした
話させ上手だなあ、と思いました

靴下、上着を脱がし、次にシャツ、ズボンと脱がす
するとくるっと周り、背中をこちらに向けた

「お願いしていいですか?」

ドレスの紐は首の後ろで結ばれていた
紐を解く時、変な失敗を犯さないようにゆっくりと解く

「ありがとう」

向き直って微笑む嬢

プロだな、とか思いました

パンツ一丁の俺
ドレスを脱いで下着姿となった嬢

多分だけど、脱ぐ順番も考慮されてる
なにせそのあとに俺はパンツを脱がされしぼんだちんぽこを露出し
また翻った嬢がブラのホックを外すようお願いしてきたからだ

そういう小さな気配りというか心遣い凄いな、とか思いつつ
そういう気配りしてもらって嬉しいとか感じた俺は多分女にころっと騙されるタイプだ
さておき

「なんか硬いね」

ちんこはふにゃふにゃだった

「ですか?」
「緊張してるでしょ」
「初めてなんすよ、ソープ」
「そうなんだ! それじゃあ今日は楽しまないとね!」
「うっす!」

俺はテンパると後輩になる
どうでもいいな、置いといて

浴室、ってか床タイルに案内され、けつの下部分に窪みがあるスケベイス的なアレに座らされた

「熱くない?」
「うん」

シャワーでジャージャー体を流され
泡立った洗剤で優しく腕、足、胸、腹を洗われる
それは期待の股間にも向き
さわさわ、と

でもこれは快感を見出すってよりももっと別の感覚があった
これから始まるエロヴァーニングへの期待を膨らまさせるというか
単に洗うことを目的としているというか

だから長い時間はかけず亀頭やらを洗い
最後にすっと尻の穴を擦られて

「ひうっ」

つい声が漏れた
弱いんですよね、穴

「可愛い声だすんだねー」

にこやかに言う嬢

「はは、弱いんすよ、はは」

「それは楽しみだ!」
楽しみなのは俺の方だ

体を流されてお湯の張った風呂へ
どちらかというとぬるめ

家の浴槽は小さいから、その癖であぐらをかいていると、伸ばしていいですよーと促された
伸ばすとその間に嬢がすっぽりと入る

眼福やね!

「今日初めてだったらやっぱりマット興味ある?」
「うす! 興味深々っす!」
「じゃあマットしよっか」ニコニコ

笑顔を作れるチャンスがあるなら作る
プロだ

突然、嬢がぐっと迫ってきた
ちんこが股間に触れるのも気にせず突っ込んできた
その迫り方とは裏腹に、優しく唇が触れる
言い忘れていたがこの嬢、めちゃくちゃ唇がいい
もうぷるんぷるんで え? 唇ってこんな柔らかかったっけ!? って身悶えるほど
リップかグロスか知らんがテカってて、でも清潔感のある唇
ほんのりといい香りがして、どこか甘い

そんな唇がちゅっちゅと音を立て
唇を含んだり、舌先で舐めたり、少し離れるとにこりと微笑んできたり

なんか俺、今すっげえ可愛がられてるって感じがして
草食系Mな俺はこんな愛でられ方すると嬉しくてたまらんのだよ
そういうところも会話とかで見抜かれるのかな?

キスをしながら、嬢の手は俺の息子を触っていた
指先ですっとなぞられると湯の中だろうが快感が走る
そんな俺を見て嬢は無邪気に笑んだ

ぐっと腰を持ち上げられて、湯の中だから簡単に浮く
俺の頭の後ろにはそういうことを考慮された枕みたいなのがあって

「首倒していいよ」

と促されたので倒して、嬢を眺める

筋を滑からな舌で舐めていく嬢
頬張ることはせず、舐めていく
弱くなだらかに舐めているかと思えば、途端に刺激を強めた舐めがくる
舌先で押し潰すような匠の技に俺は凄いなあとか思いながら、気持ちよさに朦朧とした

一つ一つが本当に丁寧だ
舐めるということも邪見にすることなく、2、3分かけて舐めていく
そして、敏感な亀頭に入る
念願の亀頭舐めだったもんだから嬉しさと快感が同時に押し寄せた
裏筋から一気に先まで舐めて 亀頭をまんべんなく舌の裏などを使って舐める
ちんこの先を飴に見立てたかのような舐め方をする
飴を口の中で転がすように
嬢は先っちょをちろちろと舐め 尿道に軽く舌を入れ
舌を高速(?)で動かしながら側面を上から下へ 下から上へ

そしてなにげに凄いな、と思ったのが

この嬢、髪の長さが肩よりちょっと上くらいなんだが
こんだけ湯の近くで舐めてるというのに一切髪を濡らしていないんだ
もちろんそれはなるべく濡らさない方がいいからなんだけど(客は俺だけじゃないわけだし。嬢って客と客のインターバル五分から十分しかないわけだし)

だけど髪を濡らさないからといって行為が疎かになることなく
逆に、行為が十全にできているにも関わらず髪を濡らしていないことに

プロ凄い
と思いました

嬢が舐めるのをやめて、耳元に顔を寄せて

「気持ちよかった?」

と囁いた

蝶の毒牙にかけられている気分に酔いながら
うん、と答えた

いやあ、嬢って素晴らしいね

「じゃあ準備するね」
と嬢が湯を出て、さっき体を洗っていた床タイルの上に大きなマットを敷く
このマットってのは凸凹してるいかにもソープなソープマット
解らない人はググりましょう

俺はつい笑った

「どしたの?」
「さっきまで凄い滑らかに動いてたのに、打って変わって動きが機敏だから面白い」
「あはは。だって、準備で時間が減ったらもったいないじゃん」

客の立場になって考えてくれてるプロですこの子とか思ったりしたが
それでもおもろいもんはおもろかった
ほんとに早いんだもん、動きw

もちろん、その間も嬢は全裸なので
じいっと眺めてました 眼福眼福
美人の全裸っていいね とか実はそこまで思わなかったけど、悪くはないね
強いて言えば俺はあそこの毛が薄い方がってかない方が好みなんだけど、とか思ってた

ローションを目の前で作るのを見て
職人だなあ、とか思いつつ
その間もなんだかんだで雑談
たまに話が途切れたりするけど、重い沈黙じゃなくて心地いい沈黙だった
せっせとローション作ってる嬢がなんか可愛らしくてよかったよ、うん

ローションを作り、マットにぐわばじゃーと塗りたくり、準備ができたので誘われる

「予想以上に滑るから気をつけてね」

とフォローも怠ることなく
踏ん張らないようにマットに乗って、うつぶせを要求されたのでその形へ

寝転ぶと、嬢が上に乗ってくる
全身がローション塗れだから変につっぱることはなく、とにかく滑る ヌメる

マットプレイってのは要するに
ローションを活かして全身で性感マッサージをすること
なのだと俺は思った

背中に嬢の胸が当たっている、というよりは押し当てられていることが詳細にイメージできた
足には嬢のマンマンが当たっている 濃い草がずりずりと当たり、たまにやけに柔らかいモノがあたっていた
多分、花のビラ

多分多分で申し訳ないが俺はうつ伏せだ

上半身と股間を当てながら嬢が上下に体を動かす
よくもまああの滑るマットの上であんなに動けるもんだわ
動きながら、口を当て 大きな音を立てて吸った

系統として普通の快感ではないことは確かだった
指先で肌をすっと触れられるようなくすぐったさってあるだろ?
あれが全身の至るところで起きている感じ
俺は好きだな でもマットってのはされる方もする方も相性があるらしい
だけど 一度は経験してみるべきだ!
因みにシチュエーション萌えや妄想力が高い奴の方がマットプレイは相性がいいそうだ

まんべんなく全身を濡らしながら吸い上げる嬢
乳首の先はとっくに硬くなっていて、その部分だけ感触が違ってまたこれがいい
んで、例えが悪くて申し訳ないんだが舌が凄い
ドリルみたいに動き回る
動きはそれだけ早いし、押し当てられていると判断できるほどに強い
舌ってこんな動きすんの!? ってなる

キスの時とは全く違う舌

ローションが滑る音と嬢の淫らな息遣いが部屋を包む
感じているかどうかは知らんが、しんどいことは間違いない
そんぐらいの重労働だな、と思った
でもその息遣いすらも甘美にしてしまう嬢
プロ凄い

舌で全身を舐めることを目標としているかのような動き
ってか最終的には全部舐められたんだけど
背中から下がっていき尻へ
アナルではなく尻も性感帯ってのは本当なんだな、と俺は初めて知った
丁寧に舐められているとほどよい快感がぞくぞくと昇る

でも舐められる度にアナルの弱い俺は、早くそこに来て欲しいと望むようになった
それを見越したかのようなアナルを避けた嬢の動き

んん、焦らすねい

周りを囲むように舐めていき
円を描くように舐めていき
手を股間の奥に伸ばして袋をつっとなぞられただけでいつも以上の衝撃がのたうちまわる
おあずけ食らっていただけに快楽は増幅されていて
念願のアナルを強調するように舐め上げられた時、どうしようもなく女みてえな声がでた

いやあ、ほんと
プロ凄い

アナルを舐められながら玉袋を爪でなぞられるというのは素晴らしいね
そして開いていた(?)手を腹の下に通してmy棒を握られる
穴、袋、棒の三点攻め
男が喰らう中でこれ以上に気持ちのいい責められ方はないだろう

油断するとこっちがまた喘ぎそうになるがそう何度も女みたいに声出すのはアレなので、色々アレなので必死に声を殺す
でもまあそれはそれで伝わるようで、ふと

「可愛いね」

と言われた
ここで「なにキモいんですけど」とか言わないのは客商売だから当たり前なんだが、だけどまあ受け入れられることもあまりないのでそれだけで嬉しい
そしてその喜びってのは快楽に直結しているのか、また感度が増す

でも、だからってイクまでやるわけじゃない
だからマットは性感マッサージなんだろう

次に反対側へ向いた嬢は、俺の片足をつかみ、胸に押し当ててぐるぐると回す
足の裏に乳首があたる
それは快感とは別の心地よさ
体ではなく心の快楽を埋める行為なんだと思う

ソープってのは体を満足させるだけじゃないんだぜ

親指から順番に舐めて、最後の小指をフェラのようにずぽずぽと吸う
これは意外に気持ちよかった
小指に性感帯ってあるんですね、とか思ってた

もう片方の足も同じように押し当てられて舐められる
たまに、ふくらはぎに陰部の花を腰を動かして擦らせる
その行為でこっちも気持ちよくなっちゃってるんですと言わんばかりに、わざとらしすぎない(ここ重要)喘ぎ声

嬢ってのは触覚と聴覚を責めるプロだ
まじで

うつ伏せの状態で最後にされたのが
すまんこれ上手く書けない気がするんだが
俺の足の下から腹に伸びるよう足を通して
もう片方の足で挟むような体勢になり
上下に動く

んー、難しいな
レズ物のAVってあるだろ? あれで見るような体位なんだ
花と花を押し当てる、みたいな
それをされた

これは純粋に気持ちいい
くっついて離れるたんびにローションによるものすごい音が響く
セックス経験者なら分かるだろうがマン屁のでかい版だな
そこに大量の汁を流し込んだと思えばいい

本気でぐっじょぐっじょって鳴る

動くたびに俺も多少揺らされる
それによって息子がマットに擦れて滅茶苦茶気持ちいい
擦れる痛みなんて一切ない。そんぐらいローションは滑る

でも印象としては
なにされてるのか一切わからない感じ
これが大きい
だから妄想が必要らしいな、マットって
俺は正直、終始今と変わらん思考だったからいまいちのめりこめんかった
プロの仕事を味わいに行くって名目でいったもんだからか、プロの仕事すげえええってずっとなってたんだわ

それが終わり、仰向けに寝かされる

「くすぐったくなかった?」
「ちょっとだけ」
「言ってくれていいんだよ」
「でもそれより気持ちいいが上だから」
「そっか、よかった」ニコニコ

嬢は天使やでえ

マットプレイは主にうつ伏せで行われるのかな?
まあこれは店の方針によるだろうし、もっと言えば嬢のやり方で変わるかもしれんけど

仰向けになってからは全身をローション塗れで滑らせて
上下に動く
けどそんなに時間を空けることなく、嬢は棒を咥えた
手で擦ったり玉裏をなぞったり激しく音を立てて吸い上げたりされると、つい腰が浮く

んで、俺はずっと見てたからわかったんだけど
どこからか取り出したゴムをいつの間にか上に置いた嬢は一発でそいつを口でハメた

3秒にも満たない出来事だった

凄いよあれ、ちょっと感動する
あまりの手際の良さに感動する
ソープ初心者がいつゴムを付けられたのか解らなかった、っていう話を聞いたことがあるけど
俺も見てなかったら絶対に気づかんかった
最近のゴムは滅茶苦茶に薄いしな
しかも嬢はゴムをつけたあとも平然とフェラをするもんだから余計にわからんくなる
え、つけたよね? って

普通のセックスだとゴムつけたあとにフェラしないじゃん?
上手いこと心の隙間をついてくるわ

そこから流れるような動作で俺のを花園へ迎え入れた嬢は、その状態で乳首を舐める
いやあ、昔開発されたもんで乳首弱いんすよね、俺

軽く腰を動かしながら乳首をころころとドリル舌で弄び、嬢が本気になる
騎乗位でぱんぱん跳ねる嬢

締まりの良い悪いってあるじゃないですか
あれってビッチだからーとか関係ないんだろうね
少なくともその嬢は、締まりが良かった

因みに俺の息子は平均サイズよりちょい上ぐらいな

嬢が確認できるように時計を見える位置に置いてたんだけど
(でないと俺がイク前に時間が来たりしたら大変だろ、それはそれで。延長なんてできない人気者だし)

俺初めて見たわ
十五分も休みなしで動き続ける女性
まじ、プロ凄い
でも申し訳ないことに俺はイケなかった
騎乗位でイケないってのもあるし
なによりも……ちょっと痛いんだ。これは相性の問題なんだけどな
俺ってかなり痩せてるんだわ。んで、その嬢も痩せてるんだわ
だから骨が結構当たるのな

んでまあ十五分頑張ってもらったけど流石に申し訳なくなってきたし
先の通り時間もなくなってきたので正常位へ

今更だけど嬢の胸はCぐらいだったな
あの細さでCは中々見ごたえがあった

正常位になってわかったが
ローションマットってのは本当に動きづらい
膝で踏ん張りが効かない
一応滑り止めでタオルが敷いてあるんだけど、それでも滑る
よくあんなに動けとったなあとしみじみ思ったさ

俺が上になって動く
なんだかんだでそれは五分程度なんだが
20分? してたのに蜜はずっと溢れていた
あれどうなってんだろう。仕事意識で愛液って栽培されるの? 本当に感じてくれてたならそりゃ嬉しいけど、相手はプロだからなあ
ともあれ、滞りなくフィニッシュ

イった後

「ありがとう」

と言われた

「俺の台詞だよ」

と言うと

「気持ちよくしてくれてありがとう」

と言われた

いやあ、プロ(rya

時間があるとそのままマットで体を洗うそうだけど
時間がなかったのでそのまま湯船に浸かり体を洗ってもらう
テキパキ嬢だ 時間がないからなw
半ば賢者タイムの俺は子犬を眺める感じで心地よかった
マットを片付けて再び洗剤で泡立てて体を洗う
ソープに行くと二度も体を洗ってくれます

でも一応言っておくけど
ソープ行く前は体を洗うように。歯も磨くように
あと、爪切っておくように 切ったらやすりで鋭いの削るように
今回俺は受けでやってもらったけど、ソープはこっちが責めるのもおkだ
だけど爪切りしておかないと嬢からしたらSM行為だからな? 内蔵を爪で引っ掻き回されるのが痛いってのは覚えとけよ?

洗ってもらい、タオルで拭いてもらい、致せりつくせりで服を着て、キス
何度キスしてもらったかわからん えがった

する前とした後じゃ俺の心の開き方が違った
それは要するに、嬢が上手く緊張をほぐしてくれたってことだ

時間が来たので部屋を出る
その時にキスをして、エレベーターを呼ぶ
来るまでキスをして、扉が開いたので中へ

扉が締まらないように手で止めて、キス
このなんともいえないシチュエーションが頭から離れんわ

「またね」

にこにこ、と。最後まで綺麗な笑みで送ってくれた嬢が手を小さく振っていた

これにて初ソープ、終了

行ったことないやつは行くべきだ!
人生損してる
匠の技はまじで匠だわ
感動もんだね
俺がいい嬢に会えたってのもあるかもしれんが


22歳童貞だが今日初ソープ行ってきた

スペック
22歳175cm67kg大学四年生、四月から社会人
顔はサッカーの吉田麻耶に似てるって言われる
彼女は中学の時に1人だけ

とりあえず社会人になる前に童貞卒業しとくかってことでソープ行ってきたwwww
入念に調べて好みの嬢を写真指名で予約もして万全の準備をしていざソープへwwwww

胸をwktkさせながら早めに着いて待合室で待ってた
しばらくすると案内されて嬢と遭遇

実物は、写真が100点だとすると70点くらいだったwwww
パネマジとまではいかないが写真は清楚系なのに対して実物はギャルそのものだったwwww
そりゃもうめっちゃ喋るからイメージとのギャップに苦しんだwwww
すぐ慣れたけど

イメージと違うなとか思いつつ喋りながらお互い服を脱いだ
俺がその嬢を指名したのは顔よりも豊満なパイ、そう、Eカップの胸が目当てだった
すぐに一糸纏わぬ姿になった嬢のパイを見るとそれは素晴らしいものだった

ナイスパイ、そう思いながら俺も丸裸になってから身体洗ってもらった
正直チンコ洗ってもらうよりもアナル洗ってもらう方が気持ちよかった、ってよりくすぐったかった
そこで軽く勃起した

身体洗ってもらってから湯船に一緒に入って歯磨きした
俺のイメージだと湯船でイチャイチャできるのかと思ってたが嬢がベラベラ喋って終わった

湯船に浸かり終わってからタオルで身体拭く
そんでいきなりベッドインwwwww
こんなあっさりな感じでベッドインなのかとか思いつつ仰向けに寝る

初めは私が攻めるねってことで覆いかぶさる感じで乳首舐めてくれたりフェラしてくれた
この時に豊満なパイの乳首が身体にちょんと触れてるのが最高にエロくてフル勃起した
片手は手繋ぎながらもう片手でパイを揉みつつのフェラ最高だったwwwwww

次は攻めてねって言われたからEカップにむしゃぶりつきながらDKしたり手まんしたりとにかく身体いじり倒した
特に正常位の体制で嬢にチンコいじられながらパイ舐めまわしてる時は最高に興奮した

散々舐め回したあと満足そうにしてたらおもむろにゴム取り出してつけてくれた
とうとう初挿入なわけだが正直ゴムごしだと入ってるかどうかわからないくらいの感覚だった
え?万個ってこんなんなの?とか思いつつ正常位で腰振ってた
しばらく振ってたらちょっと気持ちよくなってきたから安心した
安心した俺は腰を振りながらとりあえずEカップにむしゃぶりついた

あれ?これめっちゃ気持ちいいじゃんって思うようになってから無意識にめっちゃ腰振ってた
軽くイキそうになったから対面座位に変えた
これかなりいいなって思いつつ、ケツもみながら目の前で揺れる豊満なパイにむしゃぶりついた
気分が良くなってきたところでそろそろ上に乗ってくれって頼んで騎乗位に
これが最高だった

もう一回言う
これが最高だった

騎乗位で下に垂れるパイが最高にエロかった
出し入れしてるとこ見ながら揺れるパイを揉む

初めは嬢がM字で上下に動いてくれてたけどイキそうになったからペタンと座ってもらった
そんで腰を浮かしてもらって俺が腰振ってたんだけどこれがもう最高だった

目の前で揺れるパイ舐めまわせるし、その状態でめっちゃ腰触れるし、嬢の髪の毛が顔に垂れてきてめっちゃ良い匂いだし
人生で1番興奮したかもしれんwww
そこでマジでイキそうになったから一旦やめたwwww
最後は正常位に変えてフィニッシュ
時間にして10分ちょいだった

10分くらい余ったから風呂入りながら話して終了

まとめると
ソープ最高でしたwwwww 


22歳超絶非リア童貞だけどソープ突撃してきたった

スペック
22歳 大学院生 
165cm55kg ブサメン
2次オタ ただし抜くときはだいたい3次
彼女いない歴=年齢

物心ついてから女の子の体に触れた覚えなし
それどころか同年代の女の子と数年以上まともに日常会話した覚えなし

俺は普通に暮らしてても女の子とHできる機会なんて一生
ないだろうなという考えから、ここ最近ずっと風俗に興味があった

なので日頃からVIPの風俗スレで知識を仕入れたり
地元の風俗店のサイト見て妄想にふけったりしていたんだが、
なかなか踏ん切りがつかず実際に行くことはなかった

そんな折、俺はずっと関西住みなんだけど9月の1ヶ月間
所用で東京のビジネスホテルで暮らすことになった

来る前は位置ぐらいしかろくに調べてなくて全然知らなかったんだけど、
東京についてホテルに向かう途中の街にはやたらと風俗店が多く、
客引きの兄ちゃんもうようよしている

俺の泊まるホテルは風俗街の真ん中にあったのだ

これは千載一遇のチャンスだと思い立ち、ホテルに着くなり
ネットで調べてみたところ、ここは都内でもわりと有名な風俗街だったらしい

おいおい風俗行くなら今しかないだろ!と一気にその気になってしまった俺は
今まで仕入れた知識に従いまずPINK板でスレが活発な店を探し、
店のサイトに行ってあんまりギャルっぽくないかわいい感じの子が多かった
ある店に目星をつけた

この店は本番ありの、いわゆるソープランド
初風俗でいきなり本番はハードル高いからデビューはヘルスかなーと
ずっと思ってたんだが、探したかぎり近くにあるのはソープが多く、
せっかくなので頑張ってソープに行くことにした
あとから嬢に聞いた話だが、関西はヘルスが多く関東はソープが多いらしい

お値段は60分で21k。少し安めの大衆店といったところか

そして決行の日、何も考えず直接店に行って地雷を掴まされるのは
御免だったので、もちろん電話予約をすることにした

出勤している嬢の中からこの娘いいなってのをブラウザのタブで
片っ端から開き優先度順に並べて戦闘準備完了
ドキドキしつつ電話をかける

電話には兄ちゃんが出た
PC見つつ希望の女の子が入れるかどうか順番に聞いていくと、
3番目の女の子が2時間ぐらい後から入れるらしいので、その子に決めた

俺は大学とかであまり親しくない他の学生と自由にトークしたり
するのは死ぬほどダメだが、店員相手みたいに会話の内容が
ある程度決まっててその場限りではいサヨナラ、という会話なら
そこそこまともに喋れるタイプのコミュ障だ

ゆえに予約の電話も緊張はしていたがそれほど表には出せずに
予約を入れることができたと思う
後に嬢と対面したときにもこの性格は発揮される

店に入ると入ってすぐのところにカウンターがあり、
オッサンから兄ちゃんまで男性スタッフが4,5人
無駄に多い人数に気圧されながらも予約の内容を伝えると
番号札を渡され待合室に通される

待合室は10畳ぐらいの空間の正面に大型のテレビがあり、
それに向かって座椅子が並べてあった
俺の他の客が5,6人ぐらいいたかな

注意書きみたいなのに「本番禁止」と書いてあって
え、ソープって挿れるんじゃないの……?と一人キョドる
ちなみにこれは杞憂だった

わりとすぐ、5分ぐらいで番号が呼ばれた

プレイ内容を確認され店の奥に進むと、エレベーターの中で
下着の上に紫のネグリジェ?姿の嬢が待機していた

ここで嬢のスペック
146cm Bカップ 20歳
明るめの茶髪でストレートのセミロング
ギャルっぽくなくもないがそこまでケバくもない
むろん営業スマイルだろうけど笑顔で明るい感じの子

サイトの写真では鼻から下がぼかされてたが、
そこまで好みじゃないけど普通にかわいいなーという感じ

まぁ少なくとも俺が普通に生きてても到底セックスはおろか
付き合うことはできないであろうレベルの子であることは確か

すごくちっちゃくて俺の背が高いかのような錯覚に陥ったw

芸能人だと夏川純に似てるかな

エレベーターの中で雑談開始
ここでは手を握ったり腕を絡められて微笑まれたり

おそらく初めて触る女の子の体はすべすべしていました
しかし緊張のせいか興奮したり勃ったりはしなかった
とにかく緊張である

童貞だって言っておくと良いサービスが受けられるという話も
聞いたことがあったけど、なけなしのプライドが許さなかったため
童貞カミングアウトはしないという方針は立てていたので、

とりあえずヘルスには何度か行ったことがあるんだけど
ソープ経験はあんまりないからリードしてね、みたいなことを言った

最初で緊張してたというのもあってたぶんかなりどもってたし、
後のプレイの下手クソさで童貞バレした可能性は高いが
考えないことにする

エレベーターで上にあがった先は狭い通路の両側にいくつかドアがあり、
俺はその一番奥の部屋に通される

部屋はちょうど6畳のワンルームを2つ繋げたぐらいの広さ
手前側にベッド、奥側にシャワーとバスタブが置いてあり
仕切りもなく繋がってた

内装は建物の外観と同じくちょっと古い感じだったが汚いという訳でもない
ホテルみたいに部屋が分かれてるのを想像してたのでちょっと意外だった

部屋に入った後は烏龍茶を入れてもらいベッドに並んで世間話

喋り方から関西人であることが一瞬でバレたので地元トークとか、
あとはお酒は飲むのーとか店の客層やら混み具合の話とか

だんだん落ち着いてきてぎこちないながらも普通に話せるようになってきた
この間「い、いいんだよな……」と思いながら太ももとかをさわさわ

しかしまだ元気のない息子

そのうち「服脱がせてもいーい?」と聞かれたのでどうぞどうぞ
下半身にタオル載せられた後パンツまで脱がされタオル一丁に

嬢もネグリジェを脱ぎ、下着の状態で後ろを向き「外して-」と要求
童貞殺しのブラホック外しキター!と恐怖したが
両手でやると思ったより簡単に外れた

それからベッドで向い合って座り軽くいちゃいちゃ
抱き合ったりおっぱい触ったり

抱き合った感触は、肌の表面こそすべすべで柔らかいものの
ぎゅっとすると固くてそこまで抱き心地は良くない

ぶっちゃけAJ2WTのカバーつけた虹嫁抱き枕のほうが断然抱き心地は良い

どうも抱き枕erです

嬢のおっぱいは柔らかくて形も綺麗だった
乳首もさすがにピンクではないがきれい
貧乳だし改造もしてないだろう

俺は巨乳も愛せるが基本ロリコンの貧乳スキーだ
その後もチャンスがあればとりあえずおっぱい触っていた

しかし初めて生おっぱいを体験したというのにやはり緊張のせいか
触感以上の性的快感はなく、俺の息子は相変わらずしょんぼりしている

落ち着け まだ慌てるような時間じゃない

軽いキスもした。ファーストキスは無味無臭でした

童貞なりに頑張って舌を出そうとすると嬢はちょっと拒否気味
後になって思うと、風呂の前に粘膜接触はあんまりしたくなかったんだろう
童貞諸君は気をつけろよな!

ウォーミングアップも終わり嬢が風呂を準備し、入浴

まずスケベ椅子に座り、下半身を泡々にして手でこすってもらう
足をおっぱいでふにふにされたりもした

あ、貧乳ズリ頼めばよかったかなぁ……

そしてなおも沈黙を保っている我が息子
い、いや挿れるのとかまだ先だから全然大丈夫

その後2人で湯船に

また少しいちゃいちゃしたあと、お待ちかねのフェラチオ
いわゆる潜望鏡フェラですね

ここで俺の息子が初めて本気の7割ぐらいの状態になる
嬢、おっきいと褒めてくれる
息子にはそこそこ自信があった(最大16cmぐらい?)ので嬉しかった

しかし私の息子はまだ変身を残していますよ……

湯船からあがったあとは体を拭いてもらい、そこで
立ったまままたフェラしてもらった

しかし最初は初体験の感動こそあったがフェラでもそこまで
気持ちよくなれず、息子は4~5割程度の力しか出し切れていない

嬢の上手い下手は当然俺には分からないし色んな攻め方をしてくれてるのは
分かるんだが、気持ちいいというよりかはくすぐったいという感覚が強い

あっ、でもフェラ中の嬢がいわゆるひょっとこ顔みたいになってたのは
エロくてよかったです

エロ動画見てるときはフェラシーンが一番好きなので、
もっとおにんにんを舐められてる状況をよく見て興奮すれば
よかったのかなぁとか今更思う

フェラはそこそこで切り上げ、改めてベッドイン
ここで電気を暗くされた。何も見えなくなるほどじゃないけど

ベッドではとりあえずメジャーな前戯を一通り

まず座った状態でイチャイチャ、その後俺が下になって
ディープキスしたり乳首舐められたりフェラされたり

上に乗られるとけっこう重い

そしておっぱいが舐めたかった俺は今度は嬢に下になってもらいしゃぶりつく
エロゲ・エロ動画の知識を頼りに片乳を舐めたり吸ったりしながらもう片乳を揉む

フェラもしかり非リア童貞が一日にしておっぱいを舐めるまでに
至ったというのはなかなか感動的なことであるはずだが、
かなり必死にやってたので残念ながらそのときの感覚はもうほとんど残っていない
なぜもっと焼き付けておかなかったのか……

まわりを触ってみたりおそるおそる指を入れてみたりすると、
びしょ濡れというわけではないがそこそこ湿っている
クンニは正直あんまりしたくなかったが、ここまでの
嬢の頑張りに敬意を表して確認とって舐めた

嬢は喘ぎ声を出してくれたが、童貞の攻めなんぞでプロが気持ちよく
なるわけないよなーという考えが頭の隅にあり
喘ぎ声もすごく演技っぽく聞こえてしまった(そりゃ演技だろうけど)ので
やはりいまいち興奮できない

そしてそこからいよいよ本丸、おま○こへ

下の方へ移動すると、嬢は「恥ずかしい……」とか言いながら
股を広げてくれる。良いぞ良いぞ

初めて対面したおま○こは……暗くてよく見えなかった
しかしわりときれいなおま○こだったように思う
ソースは無修正エロ動画

クリはどこにあるのかよくわからんかった

あんまり味わわないようにしていたが嬢のおま○こは無味無臭
恐る恐る嗅いでもみたがそんなに匂いはしなかった
ただずっとやってると気分悪くなりそうだったのでわりとすぐやめる

延々フェラできる風俗嬢はえらいよ

それからやってみたかった69を頼んでみる

あれだ、普通の会話はわりとなんとかなってたはずだけど
Hのときの言葉選びってかなり難しいw

「エッチ」だの「フェラ」だの、普段目にすることはあっても
全く口にすることのない言葉を使うのは非常に恥ずかしかったし、
69とかどう言おうか考えた結果「舐めっこしてくれる?」とか言って
俺きめえええwwwって一人で落ち込んだりしてた

69はおま○こと尻穴しか見えなくなるのでちょっと微妙だった
とりあえずお尻を揉み揉みしてました

そんなこんなで残り20分ちょい、そろそろ挿れる時間になってきたのだが
緊張と疲労から息子はずっと生気を失っており子供ちんぽ状態
セクロスってマジで疲れるw

これには嬢も若干焦りだし「元気なくなっちゃったー、どうして~?」
とか言われる

ま ず い

以前から風俗行ったけど勃たなかった・逝けなかったという話は
よく目にしていたが、女の子の体に触れたことのない童貞がいきなり
これだけ一気にハードル跳び越して勃たないはずがない

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

とりあえずまた仰向けになってフェラしてもらうも、やはり
くすぐったいばかりで息子は本気を出す気配がなく、
手を使ってもらったり亀頭責めてもらったりしても効果なし

焦れた俺が舐めてもらいつつ自分の手でも触り始めると、
どうにかこうにか半勃ちぐらいの状態になった

偉大なるかな我が右手

「これ入るかな~、挿れちゃおっか」と嬢
息子は少し大きくなってはいるもののフニャフニャなので
「いや無理だろ……」と思ったがとりあえず任せることに

ゴムを付けて騎乗位で挿れてもらうと、一応膣内に入る……が全く挿入感なし
嬢は頑張って喘ぎ声を出しつつ腰を振ってくれるが、
ほぼノーマル状態の息子が膣に押さえられてびよんびよんしてるだけの状態
嬢の喘ぎ声も心なしか「あっwあっっww」みたいに半笑い

なんとも情けない童貞卒業である

嬢はなんとか抜けないよう頑張ってくれていたが、俺はもう
ここから復活することはありえないと完全に悟ってしまったので、
観念してゴムが複数使えることを確認したのちいったん抜かせてもらう

嬢はさすがプロで不機嫌な様子を見せたりせず、残り時間を気にしながら
「どうしよ~」「テクがなくてごめんね~」などと言っていた
プロ意識のあるいい子だ、非常に申し訳ない気分

逝けずに終わることだけはなんとか避けたかったので最終手段、
オナニーで勃たせることに
嬢に仰向けになってもらい体を見ながらおま○こに擦りつけたりしつつ
しごいてると、数十秒で何とか本日初のほぼフルボッキにまで
漕ぎ着けることに成功した

悲しいかな普段の習性
偉大なるかな我が右手

嬢に尻を向けてもらったはいいが、そこからは入り口が目視できない状態で
勘と経験だけを頼りに挿入を果たさねばならない
これは童貞にはかなりハードルが高いと思われた

しかし俺は無修正エロ動画で得た知識を思い出しおま○こに息子をあてがい
侵入を試みると、なんとそれほど苦もなく初めての能動的挿入に成功する

俺はやるときはやる男だったのだ
ありがとうXVideos

勃起まで持って行く途中、かなりの快感を受けていたのは確かなようで
一度勃起してないのに射精しそうになったがなんとか堪えた
ここで射精してしまっていたら最悪の事態となっていたであろう……

勃起後は速攻ゴムを付け直してもらい、なんとか膣内で逝くべく
一番自由に動けそうなバックで勝負を決めることにした

当然バックの経験なんぞ一度もなくこれは土壇場での賭けだったが、
この選択が後の命運を分けることになる

しかし勃起を維持し続ける自信はなかったので、フルボッキ状態での
膣内を味わう余裕もなく俺は必死で腰を振った

オナニーの時点でほぼイキかけてる状態だったので、膣の入り口に
亀頭が引っかかる感覚だけでも達するには十分だった

かくして俺は初セックスにて膣内での射精を果たしたのだ

あとは適当に触れ合いつつもう一度シャワー

何とか逝けた安心感から賢者モードになってからも
そこまで負の感情が湧いてくることもなく普通に嬢とお喋りしてた

嬢いわくやっぱり逝った瞬間すごい無愛想になる人もいるらしい

「あんまりうまくできなくてごめんね~」
「いや気持よかったよ、こっちこそごめん」と微妙なやり取りをした

シャワー後もおさわりしたりちゅっちゅしたりしつつ服を着る
最後までちゃんと逝けたので嬢も心なしか安心した様子で、
最後まで和やかな雰囲気で終わることができた

名刺をもらってフロントの近くまで送ってもらい、
お別れにもう一度キスをしてバイバイ

あとは再びむさい男どもに迎えられ、アンケートに適当に丸つけて終了

かくして無事素人童貞にクラスチェンジするも世界が変わるほどの
衝撃はなく、ふらふらと歩いて5分のホテルに戻りましたとさ 

プレイ中ずっと感じたのが、「触感以上の感覚がほとんどなかった」ということ
おっぱい触ってディープキスしてフェラクンニと
ノーマルな前戯はあらかたやったが、全然エロ気持ちよさ(?)がなかった
彼女とじゃなくてプロ相手だからそうなのか、単に俺が
緊張しまくりだったからなのか……

なんとも情けない童貞卒業であったが、最悪の事態は免れたので
そこそこ満足している

結局フルボッキの息子を嬢に見せたり触らせたりすることが
最後までできなかったのが残念でならない

ていうか風俗じゃないにしても初セックスってかなり緊張するだろ、
余程のリア充じゃないと満足のいく童貞卒業なんてできないんじゃないのか?

まぁ勉強料としては全然損をしたとは思っていない、いい経験になったと思う
嬢もいい子だったしな
はまってしまったらどうしよう、なんてことも考えていたがそれはなさそうだ
東京滞在中にあと1回行くかってとこだな


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード