携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

セフレ

バツイチ三十路美人司書の前後の穴を震わせて・・・

図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。
裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。
俺は、裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美今の職場の口を利いてやった。
この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせてくれるという。

裕美を連れて、都会の喧騒を離れた山間の和風の戸建てが立ち並ぶ連れ込み宿に着いた。
そこは、中が和風旅館のように回廊になっており、俺は裕美を裸に剥いて縄をかけ、回廊の過度柱に縛り付けて陵辱するつもりでこの連れ込みを選んだ。
ここは、若かりし頃に妻をマゾ調教した思い出の連れ込みだった。

シャワーを浴びた裕美が、体にバスタオルを巻いて恥ずかしそうにやってきた。
俺は裕美のバスタオルを多少乱暴に剥ぎ取り、縄をかけて角柱に足を肩幅ほどに開かせて括り付けた。
そして、棒の両端に足枷が付いている拘束具に足首を固定し、肩幅より足が閉じないようにした。
それを少し離れたところからじっと見やり、ネットリと視姦すると、裕美は羞恥に頬を染めた。
小柄で細身の裕美だったが、かといって貧乳ではないので色気が漂っていた。

俺は、下から覗き込むようにして裕美の割目を開くと、そこは視姦の羞恥で既に濡れていおり、指で割目をなぞって淫汁に糸を引かせ、
「裕美さん、このヌルヌルした液体は何でしょうね。」
「アッ・・・それは・・・」
俺は、ピンク色のローターを二つ取り出しじっと見つめ、これから裕美をどう狂わせてやろうかとほくそ笑んだ。

両足を開いて固定された裕美の割目を開いて、ローターを牝穴の中に1個入れた。
ローターはスイッチが入っていなかったが、
「ハァァ」
と声を漏らした。
もう1個は、ローションをまぶして、尻穴にゆっくりと揉みほぐすようにして入れた。
「アゥゥ・・」
牝穴の時と違って、尻穴の時は呻き声だった。

裕美の尻と割目からローターのコードが出ていた。
俺は、姿見を裕美の目の前に持ってきて、鏡の中に恥かしくて淫猥な格好をした裕美の姿を自分で確認できるようにした。
裕美は鏡から目をそらしたが、時折姿見をチラ見して、鏡に写った自分の姿に泣き出しそうで悲しげな表情をした。
俺は、牝穴のスイッチを弱に入れた。
「アッ・・・アァァァァァァァァ」
裕美の腰が小さく動きだした。
「ハアッ、ハアッ、ハアッ・・・」
と荒く息をしていた。

俺がもう一つのスイッチを手にしたとき、裕美は何も言わなくて何が起きるか分かっていた。
俺は尻穴のローターのスイッチも弱に入れた。
「ン!クフウゥゥゥ」
呻りながら、裕美の腰が前に突出た。
裕美は更に息を荒くしていった。
腰がビクッ、ンビクッと痙攣し始め勝手に動いていた。
「アッ・・アウアッ・・・」
2つのローター膣壁と腸壁を同時に震動させ、敏感な部分まで責めていたのだ。

俺は、クリトリスをクリップで挟んで、2個のローターの振動がより伝わるようにした。
「アウッ・・・ツウゥゥゥ・・・」
敏感なクリトリスを挟まれて痛かったのだろうが、よく見るとローターの振動が僅かだが伝道して、クリップが微妙に震えていた。
「こんなはしたない格好をさせられて、おまんこを濡らしているなんて、裕美さんは淫乱ですね・・・」
ふと裕美は姿見を見て、その姿に更に股間を湿らせていった。
裕美の姿を見ていると、腰が前後左右にクイクイ揺れて、とてもいやらしい動きをだった。でもそれは、裕美が自分の意思で動かしているのではなかった。

俺は、2つのローターのスイッチを両方とも中にした。
「ウアアアアアアアアーーーーーーーーッ!」
腰の動きが激しくなり、絶頂へ向かって一気に駆け上がっているようだった。
裕美の乳首はしっかりと勃起していた。
そして、俺はローターのスイッチを強にした。
「グゥアアアアアアアーーーーアッアッアッアグウゥゥゥ・・・・」
裕美は泣き悶えしながら、感じ過ぎる腰の動きを止めることができないでいた。
激しく震動する2つのローターに、溢れ出る淫汁がクリトリスを挟みながら震動するクリップを浸して飛沫になって飛び散っていた。
ガクンガクンと激しく痙攣し、裕美はガックリと力尽きた。
裕美を柱から解放して、布団へ寝かせた。
暫く休ませているうちに、俺も裸になりシャワーを浴びた。

久々にイキリ起っている五十路雄竿を生のまま裕美の牝穴に入れた。
信じられないほど熱く、ヌルヌルの牝穴をゆっくりと味わった。
自分より20歳も若い三十路女の牝穴は、俺の雄竿をキュウキュウと締め付けた。
「ア・・・アァ・・・」
3年前に亡くなった女房とは、アラフィフ夫婦にして週3回は営んでいた。
時に優しく愛情を確かめ、時に情熱的に快感を分かち、時に縄をかけて倒錯の快楽を共有した愛しい恋女房は、俺の牝穴奴隷妻だった。
女房を思い出しながら、女房よりずっと若い裕美を揺さぶった。
「ア、ア、ア、ア、アァァァァァァ・・・・」
強烈な締め付けに、慌てて雄竿を抜いて、裕美に五十路精液を振りかけた。

帰りの車の中、裕美はまだ快楽の余韻にまどろんでいた。
若くて美人の痴態を楽しんで、その牝穴まで堪能したが、亡くなった女房との時のような満足感が得られなかった。
俺は、それほどまでに女房を愛していたんだと気付く時だった。
でも、裕美は失った愛の渇望を俺との快楽に逃避することで紛らわしているし、俺も裕美と束の間の嗜虐を楽しんでいる。
俺が退職するまで、お互い割り切った関係を続けていくのだろう・・・


冴えない男の癖になるエッチ

1年前冴えない男と間違ってエッチした。
愛人ビレッジで知り合ってカラオケ行って流れでホテルに。

期待していなかった。
・・・けど、右の乳首を舐めながら左手で左の乳首をコリコリし、空いてる右手で体中をしつこくしつこく撫でられてたら
すっごく感じちゃって。
指がパンツに入ってくる頃には自分でもびっくりするくらい濡れてた。
なおも彼はしつこく、しつこく触り、私はイきそーになりながらも必死で愛撫を受けてた。
そしたら私の右手を彼のに持っていかれ、そのまま手でしごいてた。
入れるよって言われて私は舐めてほしかったけどそのまま受け入れた。
すごく力強く、入れた瞬間イッてしまった。
奥にズンズン突いてきて少し痛かったけど突かれてる度に更にまた気持ち良くなっちゃってまたイッちゃった。
彼も果てた。
時計見たら2時間もエッチしてた。

その後、沢山話しした。
そしたら彼のが元気になっちゃって、いきなり股を広げ舐めてきた。
あまりにも突然でビックリしたけど凄く気持ち良くてそれどころじゃなかった。
クリの皮を唇で剥き、少し吸いながら舌で突いてくる。
あっという間にイッちゃったのにまだやめない。
指を2本入れながら舐められた。
しつこくしつこく。
何回イッたかわかんないくらい。

ぐったりしてると彼のがまた入ってきた。
また力強く。
激しくまたしつこく腰を振られその度に大きな声が出ちゃう。
こんなの初めてだった。
あの後も逢ってエッチしてる。
相変わらず彼はしつこい。
何百回としてるのに一度も手抜きがない。
彼氏はいるけどあの男ともしてる。
付き合いたくないけどエッチしたい。
そんなカンジ。

それはそれは毎回逢う度にしつこくですよ。
普通長くエッチしてると多少は手抜きになってくるでしょ?
でも彼の場合は4年前よかは体力はなくなってきてますが、「入れるよりいじってるほうが好き」っていっていつも1時間半はいじられる。
横向きになっての69が好きみたい。
私も夢中になっちゃう。
けど、横向きだとイケそうでイケないから普通に舐めてもらってイってから入れてもらいます。
時間が長いから途中いつも休憩が入る。
何か冷たい物とか飲んで煙草吸ったり。

彼氏とは今セックスレスなんだ。
私はあんまり自分から口でするのとか恥ずかしくて出来なくて、彼氏はしてしてタイプでエッチした後に「俺がたくさん気持ち良くしてやってんのにお前は何もしてくれない」って言われ、エッチした後にまた何か言われるんじゃないかって怖くなり彼氏とはできなくなっちゃった。
それに彼氏は30分くらいでエッチ終わっちゃうし。
それくらいが多分普通なんだろうけど、でエッチしたヤリ友のあのしつこいエッチに慣れちゃったらなんだか物足りないし。

会いに行かなければよかった・・・

大学4年の夏休み、就職も決まって余裕でバイトに励んでいた。俺は、バイト先のそばの定食屋で飯を食うことが多かった。夕飯を食うときは、込み合うからか昼間は見かけないおばちゃんが配膳していた。三角頭巾を被った笑顔の素敵なおばちゃんだった。
ある日、おばちゃんが自転車を引いて歩いていたのに出くわした。普段着で頭巾をしていないと若く見えた。やや細面で逆三角形の輪郭が若々しい美しい女性でした。
「定食屋のおばちゃん、あ、いや、お姉さんですよね?」
「あはは、気をつかわないでいいのよ。30歳なんだからもうおばちゃんよ。」
「乗らないんですか?」
「これ、チェーンが外れちゃって。でも、家はもうすぐそこだから。」
「でも、直せますか?」
おばちゃんは千穂さんといって、近所のアパートに住んでいた。工具を持ってきてもらって外れたチェーンを直したが、テンションが弱くて緩んでいた。
「これじゃあすぐ外れちゃうよ。後輪を少し下げるね。」
きつくならない程度に軸離を調整してテンションを上げた。
「あんた、器用だねえ。さ、おいで。手が真っ黒だよ。」
手を洗ってるうちに、千穂さんはお茶を入れてくれていた。
「何にもないけど、お茶くらい飲んでって。それとも酒でも飲むかい?夏休みだろ?」
と言うと、一升瓶を何本も持ってきた。
「賞味期限が近いのをもらってきたんだけどね、一人じゃ飲みきれなくてね。」
一人暮らしの千穂さんは、酔って訊きもしないのに身の上話を始めた。22歳で結婚して、子供を一人産んだ後26歳で浮気して離婚、それから一人で生きてきたそうだ。しかも、その浮気は、好きな女が出来た旦那が仕組んだものと後に気付いたが後の祭りだったらしい。
「千穂さん美人なのに、もっと美人がいたんですか?」
「それが18歳の子娘でね。おい、青年よ、おばちゃんが美人だと思うなら、おばちゃんをを抱いてみるか?」
千穂さんはいくつかの仕事を掛け持ちしてるらしく、引き締まったいい体をしていた。乳房は大きくはないけれど、いい形だった。俺の前に座ると、両足首を掴んで脚をM字に開いて女陰を開帳して、
「こんな風に縛られてさ、ココを弄られて感じちゃってるところポラロイドで撮られてさ、そのうちその男に辱められるのが癖になってねえ。旦那以外のモノを突っ込まれているうち中毒になっちゃったんだよ。まさかその男が旦那に金で雇われてたとは思わなかったもんねえ。」
千穂さんの女陰は、以前やらせてもらった飲み屋のチーママより綺麗だった。
「速く脱ぎなよ。ホラ、オッ、意外と立派なモノ持ってるじゃないの。もう濡れてるから入れてよ。」
千穂さんのこげ茶の花弁を割って生男根を入れた。弄ってもいないのにブジュブジュと飛沫を上げるほど物凄い濡れようで、中は今までにないくらいのざわめくような快感だった。
「あおー、あおー、ひっさしぶりの男なんだよ。ほえー、ひっ、ひっ。ひいー」
俺の腰に手を添えて腰をカックンカックン動かしながら、5分と経たずに勝手に盛り上がって達してしまった。
「・・・ご、ごめんよ。一人で楽しんじゃったね。ほら、あんたも果てていいよ。」
自ら陰唇を拡げて膣口を晒した。遠慮なく突っ込んで腰を振った。中に出すのはまずいので外に出した。
「あんた、気に入ったよ。ヤリたくなったらまたおいで。いつでも股開いたげるよ。」
俺は、バイトの帰りに千穂さんを抱くようになっていた。夏休みが終わってバイトが終わっても、週末は千穂さんのアパートに通って一緒に朝を迎えるようになっていた。俺は、引き締まった体の30歳の綺麗な千穂さんに恋していた。

俺は、千穂さんと恋人同士のように過ごした。一緒にご飯を食べて、風呂に入っていちゃついて、抱き合って、キスして、女陰と男根を舐め合って、一つになって愛し合った。
「結婚したら、中に出せるんですけどね。」
「コラコラ、冗談でもそんな事言うもんじゃないよ。卒業するまでのお遊び、いいね。」
それでも、会うたび千穂さんに惹かれていきました。美しい顔に引き締まったスタイルは、同じ大学の女の子よりもずっと魅力的だった。
晩秋には2人で紅葉を見に温泉旅行に行った。二人で露天風呂に入って乳繰り合って、秋の味覚に舌鼓を打った後は、千穂さんの女陰から溢れる牝汁に光るクリトリスに舌鼓を打った。
千穂さんに男根を埋めて縦横無尽に暴れ回っても、酔っているので遅漏気味に長持ちして、千穂さんを何度も絶頂へ導いてから大量に射精した。大の字 でグロッキー状態の千穂さんにかかった精液をティッシュで処理しながら、千穂さんの股間の辺りを見入るとシーツに黄色い丸い染みが出来ていた。
「ありゃあ、随分と噴いちまったね。あんたに散々狂わされちまったよ。素敵だったよ。」
千穂さんを俺の布団に引き寄せて、裸のまま寄り添って眠った。
翌朝、昨夜飲んでいたウィスキーボトルに屈折した障子の隙間から漏れた朝陽で目覚めた。スースーと寝息をたてている千穂さんの寝顔があまりに無防備で、可愛くてキュンとした。そして、この空間がいつまでも続かない事を考えたら旨が軋んできた。

千穂さんとの別れは翌年3月、俺が大学を卒業した時だった。俺の部屋の荷物はトラックが実家へ向けて疾走ちゅうだった。旅人並みの最低限の荷物を持って千穂さんの部屋を訪れて、最後の夜を過ごした。
もう、見ることのない女陰を脳裏に焼き付け、もう、舐める事のない花弁に唇を寄せた。千穂さんの牝汁の味、千穂さんの髪の匂い、全部記憶にとどめようとした。
男根を締め付ける千穂さんの喘ぐ声と表情は、別れ難いほど素敵だった。最後の射精をとことん我慢した。
「ミツルちゃん・・・サヨナラ・・・」
千穂さんが俺に囁いた瞬間、我慢の限界を迎えて千穂さんの胸の辺りに最後の精液をばら撒いた。
「あー、楽しかったね。こんなおばちゃんと付き合ってくれて、アリガトね。」
千穂さんが笑った。

翌朝、千穂さんが焼き魚と味噌汁と生卵の朝食を作ってくれた。涙が出るほど美味しかった。食後にお茶を飲んで、9時頃日穂さんのアパートを出た。千穂さんは微笑みながら、
「いってらっしゃい。お仕事、頑張るんだよ。」
そう言いながら、俺の両肩と両腕を両手でポンポンと叩いた。
「行って・・・来ます・・・」
つい、涙声になってしまった。さようならを言わない千穂さんの演出がかえって悲しくなった。カンカンと鋼製の階段を下りて道路に出て振り向いた。千穂さんが手を振っていた。俺も手を振った後、一礼して駅に向かって歩いて行った。
新幹線の中で、溢れる涙を必死で抑えていた。

就職して2年が過ぎた。恋愛して、失恋して、泣き笑いの2年間だった。
就職して3年目、大学時代を過ごした都市に出張命令が出た。
「お前、○○大学だったよな。土地勘あるから、ちょっと出張ってくれや。金曜だし、懐かしい街で飲んで来い。」
課長に言われて2年半ぶりに舞い戻った。地図など見なくても歩けるのでさっさと仕事は片付けた。
夕方俺は、千穂さんのアパートに泊めてもらう気満々で訪ねた。千穂さんのアパートの前に見慣れない黒いクラウンが停まっていた。後席から、40代 半ばくらいの紳士が降りてきて鋼製の階段を上がり、千穂さんの部屋の前で止まった。ドアが開き、紳士は千穂さんの部屋に招き入れられた。それを確認したか のように、黒いクラウンが走り去った。
俺は、走り去ったレクサスのテールランプを眺めながら、千穂さんのアパートの入り口に佇んだ。駐輪場に、いつか俺が修理した千穂さんの自転車が砂埃にまみれていた。ずっと乗っていないらしく、前輪のタイヤがペシャンコだった。
俺は、もう一度千穂さんの部屋の玄関を見た。そして、
「行って来ます。」
と呟いて、駅に向かって帰路を急いだ。
さようならを言わなかった千穂さんの「いってらっしゃい」に、「ただいまを」言おうとした自分の蒼さが哀しかった。


4年間の愛欲生活にサヨナラを

単身赴任・・・
愛しい女房子供を故郷に残し、鉄筋コンクリート造5階建てのワンルームマンションに越してきた。
一度故郷に戻り、送別会のあと離任の挨拶をして、赴任先へ来て孤独を味わう事2日、ピンポーン・・・とチャイムが鳴った。
「あの・・・隣に越してきた者です。今年から女子大に通います。よろしくお願いします。」
ショートカットであどけなさの残った可愛い顔の女の子から、手拭をもらった。
俺が一度戻っている間に越してきたらしいが、女子大生でこんなワンルームマンションって・・・ああ、そうか、ロビーからして鍵無しじゃ入れないというセキュリティを重視したのか・・・時代だなあ・・・と思った。
俺が大学生の頃は、男も女も普通のアパートに暮らしていた。

俺の部屋は3階の一番奥なので、お隣さんはあの女子大生だけで必ず彼女の部屋の前を通るからすぐ顔馴染みになった。
名前は奈々と言って、一回りも年が違ってまるで親子だった。
ゴールデンウィークは久しぶりに家族と過ごし、毎日のように女房を抱いた。
地元のお土産を買ってマンションに戻り、奈々へ渡した。
「わあ、美味しそう。ご馳走様です。」
可愛いなあ・・・と思わず顔がにやけた。

休日、ぼんやり過ごしても仕方ないので、新しい土地をドライブしようと玄関を出たら、奈々がいた。
「こんにちは。お出かけですか?」
レレレのレーとでも言いたかったが、通じまいと思い、
「新天地を散策がてら、ドライブしようかと思ってね。」
「あ!私も自転車でその辺走ろうかと思っていたんですよ~」
と言うので、
「一緒に行く?」
「いいですか?」
こんな感じで奈々との付き合いが始まった。

毎週末、奈々と過ごすようになった。
まるで中のいい親子、月に1度、月曜日に休暇を取って3連休にして故郷へ帰る以外は奈々と過ごした。
部屋にあがりこむような仲になってしまい、奈々が可愛くて、甘くいい匂いがして、いけないとは思いながらも惹かれていった。
無邪気な奈々を見て、父性に戻って、イカンイカンと戒めていたが、7月中旬、奈々がニコニコしながらやってきて、
「あー、試験が半分終わったぁー。後は9月かぁ・・・」
と足を投げ出して寛いでいたら、部屋着の短パンから伸びる太腿を見てムラムラとしてしまったが必死で我慢しながら、
「奈々ちゃんはいつ帰省するの?」
と、奈々がいなければムラムラも一時なくなると思いきくと、
「いつにしようかなあ。せっかくの夏休み、どこか遊びに言ってから帰りたいし・・・ヒロさん、一緒にどこか行きませんか?温泉でお泊りしてみたいなぁ・・・あ、もちろん自分の分のお金は出しますよ。」
あまりにも無邪気で、どうにもならなかった。

結局、奈々の実家との真ん中当たりの旅館を取って、車で出かけた。
当然父娘を装った。
風呂に入って食事して、少しビールなど飲んで寛いだフリをしていたが、奈々の匂いで股間が治まらなかった。
「あの・・・ヒロさん。私って、女の魅力無いですか?」
「え?そんなことないよ。可愛いし、魅力的だよ。」
「でも、こんな状況になっても、何もしないじゃないですか。」
「バカなこというんじゃないよ。娘みたいな女の子にそんな!・・・ちょっと、奈々ちゃん・・・」
奈々はいきなり抱きついてきて、俺の股間に手をやり、勃起を確認されてしまい万事休す・・・
「本当は、私を抱きたいと思ってるんじゃないですか?」
俺の負けだった。

奈々は、浴衣を肩からスルッと脱いで、ブラを外し、パンティを脱いだ。
俺も裸になったが、一つ気がかりなことを尋ねた。
「奈々ちゃん、君はセックスの経験があるのかい?」
「無いですよ。初めてです。」
「何でこんなおじさんと?お父さんとそんなに年変わらないでしょ?」
「私、小さい時に両親が離婚してるから父はいないんです。なんか、お父さんみたいなヒロさんと付き合ってるうちに、好きになっちゃって。でも、ヒロさんがここにいる間だけで、奥さんから奪おうなんて思いません。学生時代の恋人がヒロさんだったらなあって・・・」
「奈々ちゃん・・・本当にいいの?」

黙って目を閉じた奈々の腰の下にバスタオルを敷いて、唇を重ねた。
奈々は小柄で身長は150cm台半ばくらい、少しムチッとした幼児体形で可愛かった。
乳房を揉みつつ乳首を擦り、少しずつ下のほうへ・・・茂みの下のピッチリ閉じた女陰をご開帳すると、ほとんど花弁が無い桃色の柔肉が覗き、薄っすらと濡れて光っていた。
甘酸っぱい少女の香りが漂う女陰を下から上に舐めると、花芯に触れた瞬間ビクッと反応し、やがてハアハアと息が荒くなっていった。
花芯を舌で転がすと、初めてのクンニに恥じらいながらも身を捩って悶え始め、トロトロになっていった。
「アッ・・・アアン・・・」
可愛い声で啼いた。
奈々は、赤黒い中年男根を頬張り、ぎこちないフェラを一生懸命こなした。

「奈々ちゃん、コンドーム持ってないけど、絶対に中には出さないようにするからね。」
生の男根の亀頭を桃色の女穴に押し当て、ゆっくりとめり込ませた。
「アウッ・・・」
押し戻されそうな反力に対抗すると、
「痛ッ!痛い痛い・・・」
と奈々が口にした瞬間、ズリュン!と根元まで一気に押し入った。
「ウグッ・・・」
ギチギチに締め付けられたまま暫くはじっとしてたが、少し強引に腰を動かすと、
「ヒャァァ・・・」
と少し切なそうだったので、前後運動の摩擦よりも、18歳の可愛い女子大生との結合の興奮を楽しんだ。
それでも自然に腰が動き、二回りも年下の女の子の処女喪失に興奮して射精感が募り、急いで奈々のお腹にティッシュを重ねてそこに射精した。
ビュビュビューーっと男根の先から出る白い液体を、奈々は不思議な顔で見ていた。
破瓜の証に染まるバスタオルを洗面に浸けて、その日は奈々と一つの布団で寝た。

翌日、最寄の駅まで奈々を送り、奈々は帰省して、俺はマンションに戻った。
お盆、帰省した1週間、毎日女房を抱いて、長年愛用している女穴が最高の具合だと感じた。

9月、奈々が戻ってきて、いきなり抱きつかれた。
「ね、ね、エッチしよっ!」
二度目の挿入だったが少し出血し、奈々もまだ痛みがあるようだった。
奈々が試験中ということもあり、9月の20,21,22と3日間休暇を取り、17日から25日まで9連休にして家に帰り、女房を抱いて過ごした。
平日もあったので、子供たちが学校に行っている間に久しぶりに女房をラブホに連れ出し、若い頃やっていたSMプレイに興じ、拘束して何度も逝かせてから男根でも逝かせ、思い切り喘がせてスケベを楽しんだ。
奈々の試験が全て終わったら、挿入の痛みが無くなってきた奈々がクンニだけでなく肉棒でも感じるようになってきた。
奈々は、芽生えた痴欲に戸惑いながらも、覚えたての快楽に少しずつ恥じらいを脱ぎ捨てていった。

2年目、春休みの帰省から戻った奈々は、スベスベ生肌を曝け出しながら、2ヶ月近く遠ざかっていた肉棒を求めた。
少しずつ開発されていった身体は、セックスのベテランの中年既婚男根に快楽洗脳されていった。
可愛い奈々の19歳の初々しい女穴を掻き乱せば、新鮮な淫蜜が糸を引き、ジュブジュブと噴出しシーツに染みた。
奈々は自分から蕩けた女穴を拡げて俺に見せつけ、中年肉棒を乞い、恥じらいも失い破廉恥に喘ぎ、2年生が終わる頃には逝くことも覚え、完全に中年肉棒の言いなりになっていた。
俺は俺で、奈々の膣壁の敏感な場所を把握して、逝かせる寸前に微妙にずらす焦らしの拷問セックスで、ウブな柔肌を弄んで楽しんでいた。

奈々も3年生になると、性の知識をネットで集めて、
「大学生活もあと半分、今のうちにこんなのも経験してみたいなあ。」
と言って見入っていたのはSMサイトだった。
「奈々ちゃん、それ、ハードにやりすぎると戻れなくなるって言うよ。」
女房ともやっていたなどとは言わず、聞いた話にしておいたが、恥ずかしそうに微笑みながら俺を見た清純そうな顔に、何となく潜む淫乱な被虐性を垣間見たような気がした。
奈々は、2年間の中年肉棒支配で、既に肉欲地獄へ突き進んでいて、生半可な言い訳では食い止められそうになかった。
「奈々ちゃん、軽くソフトなSMくらいにしておこうね。」
俺は、奈々をラブホに連れ込み、柔らかなバスローブの紐でМ字開脚に縛り上げて、無抵抗の奈々の女陰を花芯をメインにこねくり回し、同時に中指を女穴に挿し込んで、奈々の敏感な膣の天井を擦りあげた。
「ンヒィ!クヒィー、クヒィー、ダ、ダ、ダ、ダメェーーーーー」
おびただしい潮を噴きながら、奈々が逝った。
肩で息をする奈々の拘束を解いて、普通に抱いてやったが、一度逝った敏感な体は、焦らす暇も無く何度も逝き続けた。
拘束羞恥プレイにマゾ発情した奈々は、俺が故郷に帰らない週末は、みっともない体位で玩具にされるSMに逝き地獄を味わうようになった。

次第にエスカレートした俺達は、奈々が3年生を終える頃には、本格的に縄で奈々を縛り上げ、乳首と花芯へのしつこい愛撫に切ない吐息を漏れさせ続けた。
凌辱されて喘いでいる姿を撮影して見せることで、陵辱への欲望を感じている奈々自信へ対する羞恥心と嫌悪感を確認させて、被虐性を育てていった。
「ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒクゥ~ッ!ヒィィーーーーーーーッ!」
拘束されて何度も逝かされ、お預けされた中年肉棒を待ち焦がれた奈々は、
「こ、こ、これ以上逝かされたら、く、く、狂っちゃうよぉーーー!アウウゥーーーーーッ」
ガクガク市ながら白目を剥き、バタッと倒れた。
拘束を解いて俺が仰向けになると、フラフラしながら寄ってきて、俺に跨って、待ち焦がれた中年肉棒の感覚を確かめるように、自分からクイクイと淫らに腰を使い快楽を求めた。

逝かせ続けるだけではなく、かつて肉棒で焦らしたように、指での花芯膣壁同時責めでも、逝く寸前で何度も止めた。
「ウッ、ウウッ・・・ハァ、ハァ、お願いですから・・・もう・・・逝かせて・・・下さい・・・」
ウブな身体を縛られたまま、奈々はアクメ乞いした。
こんな時は、拘束したまま中年肉棒でかき回してやると、1分ごとに連続逝きをして、鼻水までたらして逝き狂った。

4年生になったら、クリキャップで奈々の花芯を吸引して肥大させてみた。
吸い上げられ続けて固く充血勃起した花芯は数時間その状態を保ち、ちょっと舐めるだけで全身に快感のシグナルが行き届き、奈々は可愛い四肢を痙攣させて何度も逝った。

再三の責めに破裂しそうに充血した花芯を責められ逝き地獄を味わい、中年肉棒でかき回されて純情顔で恍惚の表情を浮かべて、性の快楽を味わいつくして奈々の大学生活が終わりを告げた。
と同時に俺にも転勤の内示が下り、4年間の単身赴任生活に終わりを告げることとなった。

4年前に引き寄せあうように出会い、元いた方向へ離れて行く俺と奈々・・・
3月上旬、卒業式を終えて数日後、奈々の部屋は荷造りも終わり、さっぱりとしていた。
いよいよ明日、奈々が旅立つ・・・奈々と最後のセックス・・・
最後のクンニをするとき気がついたが、4年間のうちに、あんなに純情だった女陰には赤黒い花弁が出来上がり、性を楽しんだ痕跡を残していた。
縄など使わない、最後の愛情を確認しあうように、甘く、切なく、抱き合い、唾液を交換し、交わった。
「ハァ~~・・・ハァン・・・アッ、アアッ・・・ア、ア、アン、アン・・・・ウウッ・・・ウッ・・・」
最後は、啜り泣く様な喘ぎを聞きながら、奈々の乳房の下辺りに最後の精液を放った。
見た目は清純なアイドルの奈々が、精液まみれの悲哀純情顔を晒していた・・・
「明日、俺は仕事に出かけるから奈々ちゃんを見送ることは出来ない。明日の朝、お別れだ。」
「初めから、卒業するまでの約束だもんね。わかってたけど、やっぱりヒロさんとのサヨナラは辛いな・・・」
涙を溜めた奈々の泣き笑いの可愛い顔が忘れられない・・・

翌日、奈々が俺のために朝食をこさえてくれた。
二人で食べて、俺は仕事に、奈々は引越しのトラックと迎えに来るご両親を待った。
「じゃあな、奈々ちゃん。仕事、頑張るんだぞ。それから、身体、大事にしろよ・・・」
「はい。楽しい4年間でした。私の大学時代の彼氏は、ヒロさん・・・いえ、ヒロ君でした。さようなら、ヒロ君。」
「さようなら、奈々ちゃん・・・」

夜、部屋に帰るとき横切った奈々の部屋の窓には、灯りは点いていなかった。
心にポッカリと穴が空いたようだった。
それは4年前、家族を残してここに来た時の孤独感と似ていた。
しかし、感傷に浸る暇もなく、俺も女房子供の待つ家に帰る支度をしなければならなかった。

PCの脇に透明なケースに入れてあったSDHCカードの1枚を取り出し、中身を全消去した。
俺と奈々の淫蕩な思い出の記録を消して、奈々を心の中だけの恋人にした。
間もなく平成26年度も終わり、奈々との4年間の愛欲の思い出が詰まったこの街にもお別れをしなければならない。
そして俺はまた、女房の慣れ親しんだ女穴を味わい、次第に奈々を忘れていくのだろう。

きっと大学時代の彼氏のヒロ君は、若くて優しい男に入れ替わって語られ、新しい恋と共に忘れられてしまうだろうが、それでいいと思う。
奈々の過去に、一回り上の中年と過ごした破廉恥な日々は、汚点にこそなれ自慢にはならない。
それに、俺には愛する女房がいて、その長年愛用してきた女穴との再会が待ち遠しいくて仕方が無くなっている。
奈々・・・可愛い女子大生と暮らした4年間が、ほら、もう思い出になっていた・・・


会社の華

3年前の話です。
私の会社は8年前から一般職社員の採用を取り止めている関係もあって、女性が課に1人いるかいないか
という割合でした。
私のいた課にも女性は居たには居たのですが、そのフロアで最年長(wもはや女性というには・・・という様な状況で、
「華やかさ」からは非常にかけ離れていました。

そんな自分の課の惨状とは対照的に、
隣の課には採用を取り止める前年に入社した我がフロア唯一の「華」と言える、女性社員がいました。
この女性社員が鈴木京香似の黒髪の和風美人で名前を香苗といいました。
香苗はとても人見知りが激しく、普段挨拶をしてもあまり目を合わさず軽く頭を下げるだけの、
非常にツンとした女性でした。

私はそんな香苗に怖い女性だと思いつつも、一方でどうにか仲良く出来ないかと考えていました。
そんなある日、フロア内の若手間でIPメッセンジャーが流行るようになり、若手社員は皆、IPメッセンジャーを
自分のPCに導入して、就業時間中に密かに上司の悪口とかたわいのない噂話をやりあう様になりました。

私はこのソフトを使えば香苗とも「現状よりも仲良くなれるかもしれない」と思い、香苗にIPメッセンジャーの
導入を勧めてみました。

香苗は、脈絡もなく突然の私の申し出に一瞬驚きつつも、このソフトの導入に快く応じてくれました。
ここから、私と香苗のIPメッセンジャーを通じた会話が始まるようになりました。

IPメッセンジャーを通じた香苗は私がイメージしていた彼女とは全く違うものでした。
彼女は、他人から受ける「ツンとしていて近寄り難い」というイメージをとても気にしていて、どうしたらもっと
人当たりの良い印象を与える事が出来るかといった事を私に相談したりしていました。

実際に面と向かって話すと無口なのに、IPを通じると本当に別人の様に饒舌だったのです。
そんなこんなで、私と香苗はIPを通じて仕事関係からプライベート(恋愛相談など)まで深い話をする様に
なっていきました。

そんなやり取りを始めて既に1年半が経ちました。
私は当時付き合っていた彼女と別れ、半年程経った時でした。

下半身が血気盛んだった私は、いわゆる「ケダモノ期」に入っていました。
最早自分で処理・風俗で処理するだけでは収まらない、とにかく精神面・肉体面での充足を激しく
求める時期になっていました。

数ヶ月に1回そういう状況になるのですが、彼女がいる場合は全く問題がないのですが、いない場合その欲求を
満たす事は非常に困難な状況で、仕事中に訳もなく勃起してしまい(w席を立てなくなる状況になることも
しばしありました。

そんなケダモノ期の中、仕事中に香苗にIPを打ちました。
以下、私と香苗のやりとり・・・
私「今日はなんかおかしいんだ。」
香苗「なにがおかしいの?」

私「ケダモノ期に入っていて、身体の制御がココロで抑えられないんだよ」
香苗「大変だね。どうしたらいいの?」
私「えっちをすればいいんだよね。そうすれば収まる。」
香苗「そっか・・・」

しばらくの沈黙
香苗「わたしとする?」
私「また、冗談を(苦笑」
私「冗談はやめてくださいよ。僕は冗談で言ってるわけではないんです。
私「もし今日、香苗さんと飲みに行ったら、確実に襲います。だから、接触不可!」
香苗「なーんだ!つまらないの!!!!」
そこで、やり取りが一度切れました。

私は、頭が混乱しました。
「これはマジか?冷やかしか???」
もう心臓バクバクで、全く仕事に手がつきません!!
正直、私はこの時、彼女がどういうつもりでこのようなレスを返してきたのか、測りかねていました。
当然心臓はバクバク。

しかし、ここでガツガツと飛びついた瞬間に、
「うっそぴょーん!」などと言われてしまったら、かなりカッコ悪いです。
次のレスをどう返すか・・・
仕事中なのを忘れ、たった数行の文章を書くのに5分以上考えていました。
私「ほ、ほんとにいいのですか?何されても知りませんよっ?

香苗「うん、いいよ。」
私「じゃあ、20時に有楽町駅前改札口で待ち合わせましょう。詳細は携帯で話をして」
このやりとりをしていたのが15時、ふと正面をみるとすました顔で、
(おそらく)レスを打っている香苗の顔が見える。
私のタイプしている手は震えました。

そして、20時という時間が早く来ないかとずっと頭の中は、それだけを考えていました。
時間がきました…。

私は、19時半には外に飛び出し、有楽町駅まで訳も無く走っていました。
そして、有楽町駅前まで辿りつくとはたして、彼女は改札口に立っていました。
もちろん、会社を出る直前には、IPでこれから出ますと事前にやり取りをしていたのですが、PC越しでは頻繁なやり取りを
していたものの、直接面と向かって話すのは殆ど初めてと言って良かったのです。
私は緊張しました。

私たちは酒を飲み始めました。
自分の恋愛感、自分の恋愛話、彼女の恋愛間、そして彼女の恋愛話・・・
初めて面と向かって話し、私が新人の時から憧れだった人でした。
この時の時間は今でも鮮明な思い出でした。

でも・・・
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
店は閉店の時間になり、私たちは店を出る事になりました。
私は、迷いました。
ここまで何かするぞ、と言って向こうも誘いに応じてきた中で何もせずにこのまま別れるのは後で自分自身に
後悔をするのではないか・・・と。

私は、過大な表現ではなく、本当に一瞬貧血を起こしました。
それくらい香苗は可愛く、そして自分にとって信じられない表情を見せたのです。

そのまま、二人無言のまま手をつなぎ、有楽町マリオンを過ぎた所で、私は香苗を抱きしめました。
「・・・・。」
そのまま香苗の唇に口をつけ、しばらく廻りの目も気にせずに
ずっと香苗の口に私の口をつけていました。
そして、どちらかという事もなく激しく舌を絡め合いました。
もはや止まりません。

香苗の胸を揉みながら舌を絡ませ、そして香苗の華奢な身体をきつく抱き締めました。
私は、ヘタレだったので、このあとどうしたら良いのか決めかねていました。

こちらの方ならば分かるかとは思いますが、銀座は付近にホテル街がないのです。
「今日は、この辺で終わりかな」
などとヘタレな事を考えながら、引き際を香苗を抱き締めながら考えていました。
その刹那、私は予想せぬ展開に見舞われました。

香苗は自らの右手で私の左内腿を愛撫し始めました。
私のモノはというと、左下向きで収めていたもので、キスをした時から、そのままの角度で硬度を高めており、
上向きになりたいがズボンに拘束されているが故に完全に勃起しながら上向けない、非常に辛い状況になっていました。

そんな時にカチカチになっているモノの付近の内腿を愛撫し始めたばかりに、私は冷静を保つ事が辛くなってきていました。
香苗は焦らす様に左内腿を愛撫し続け、そしてその手を更に上に動かしました。

その手は熱を持った先端に触れ、その人差し指で「つぅー」っとなぞり、そして優しく、包み込むように握り、
そしてゆっくりと動かし始めました。
元々、帰るつもりだった私は、彼女にヘタレの心理状態をサポートして貰ったものです。

ここで、何もしないで帰れば、逆に私は本当にヘタレになります。
「いいの・・・?」
香苗は私の目を見て、はにかみ、何もいわずにただ、頷くだけでした。
私はタクシーを止め、運転手に行き先を渋谷へと告げました。

私たちは渋谷のホテルに居ました。
会話は無く、ただただ無言で目を合わせると二人とも声も出さずに笑い合い・・・。
そして再び抱き合いました。

そして、香苗は微笑をうかべ、私をベットに寝かし私のワイシャツのボタンをひとつひとつ外していきました。
そして、ワイシャツを脱がすと、私の乳首に当たる部分に軽くキスをし、そしてまた額・頬・鼻・耳・そして口に
軽いキスをした後に、ベルトに手をかけてきました。

私は、その間全くの何もさせて貰えず、
(身体を触ろうとすると手を抑えられるのです。)
香苗はずっと無言で強引さ、積極さをまるで感じさせずに自然と私を下着姿にしてしまったのです。
香苗は無言でした。

そして、寝ている私に小さな声で 「そのままにしていて。」 とだけ言うと、頭・額・鼻・口・耳・乳首・太腿・膝・
足・足の指全てにキスをしはじめました。
そしてまた乳首にキスをした後、おなかに軽くキスをし、そして興奮して硬くなったモノの先端にキスをしてきました。

そして軽いキスのあと、下着の上から私のモノを頬張り始めました。
長い時間、下着は唾液でびちゃびちゃになり下着はモノに絡みついてそのものの形を作っています。

その傍ら、香苗の手は私の乳首を摘み、愛撫を続けていたのです。
私は香苗の愛撫に声を漏らしていました。
香苗は私の表情をちらと見て、微笑み下着を下ろしてきました。

上半身はTシャツ、下半身は剥き出しの恥ずかしい格好です。
香苗はモノを人差し指と親指で摘み、その廻りをキスし始めました。
ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…

部屋には彼女の唇が私の身体に触れる音が響いていました。
やがて香苗は私のTシャツを脱がし、また身体中にキスをしたあと、私のモノを口に含み始めました。

あまりにも巧み。唇で根元を絞めつつ、舌で亀頭を絡め、そして吸い込む。
後にも先にもこれ以上のフェラチオは経験ありません。

あまりにも巧みなフェラチオで私はイキそうになり、慌てて口から離しました。
今度は私の番です。

香苗の服を脱がし(ワンピースだったので大変でした)、
全裸にしてからお返しに香苗の全身を舐め回しました。

香苗は特に手の指を舐めると非常に興奮し、
「うん…ッん!」
と小さく声を漏らしていました。

その姿を見て、私は激しく勃起させていました。
香苗のクリトリスを舐めました。
「あッ、あッ、あッ…」
という声と共に香苗の腰ががくがく動きます。
私は人差し指を膣に挿れつつ、クリトリスへの攻めを強めました。

香苗の腰の動きは更に激しくなります。
「いいっ…あッ、いいっ!!」
これまで小さかった香苗の声は大きくなり、そして…

「あッ、…挿れてくれないの!?」
「ああッ、ねぇ…挿れてくれないの?」
「このままじゃイッちゃうよ!やだよ、クチでイクのは…!」
「挿れて…、ねぇッ!!」
私は正気を無くしました。

香苗の膣に挿入し、狂った様に腰を降り続けました。
正常位で突き、後背位で突き、攻守かわり騎乗位では香苗が激しく腰を振っていました。

お互いに快感の声を漏らし、獣の様に性をむさぼっていました。
そして、私の限界が近づいてきました。

「香苗さん、そろそろまずいです。イッていいですか?」
「いいよ…。イッて、でも寂しいからお腹には出さないで…」
「えッ?」
「中に出して…責任取れなんていわないから…」
「そんなの、駄目だよ。」
「ならば…クチの中に出して。私、飲むから…」
ワタシハ感激していました。
中出ししたい衝動にも駆られましたが、寸前で我慢し香苗の口にモノを挿れ、激しく射精しました。

香苗は私の尻を両手でがっしりと掴み、射出される精液をひたすら飲んでいました。
そして二人、崩れる様に倒れ込んでしまいました。
これでひとまず私の話は終わらせていただきます。
この後、香苗とは付き合う事も無く、だがしかし、セックスはしたくなったら就業時間中でも構わずはするという
関係になっていくのですが、それはまた別の機会に書かせて頂きます。
皆さん私の下手くそな文章に付き合って頂きありがとうございました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード