携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

ギャル

ゴリラ女に犯され童貞喪失

ボクは小学校の頃はいじめられっ子だった。理由はボクのオチンチンがでかすぎて気持ち悪いとの事であった。小6の夏休みには入る少し前に自分をいじめてい た奴に呼び止められて、近所にあるラブホテルだった廃屋に連れて行かれた。そこには5人の女性がいた。女子高生らしい美人でナイスバディの黒ギャルと白 ギャルが4人。そして、異様に体のでかいリーダーらしいゴリラみたいなブスデカ女がいた。
「こいつが例のデカチンかい」
とゴリラ女がいうと奴は頷いた。
「とりあえず見せてみな」
 黒ギャル2人がボクのズボンとパンツを下ろした。するとべろんとボクのオチンチンが出ると黒ギャルは歓声をあげ、白ギャルは驚いた。
「でかいねえ、これならを満足できそうだ。坊や、いい子にしてたら気持ちよくさせてあげるよ」
「別にそんなのいい。それよりこいつの知り合いなら、僕をいじめさせるのをやめさてくれ」
 ボクがそういうとゴリラ女は奴を見た。奴は一瞬びびった。それはそうだろう。こんなゴリラ女に睨まれたら誰でもびびる。でも、ゴリラ女は案外いい人らしく、
「弱いものいじめは感心しないな。おい、もうこいつをいじめるのはやめな。その代わり、こいつを紹介してくれた礼を含めてたっぷりとサービスして可愛がってやるから」
 ゴリラ女がそういうと奴は思いっきり頷いた。
「じゃあ、えりかとやれせてくれるんだな」
「ああもちろん」
 どうやら奴はゴリラ女にボクを紹介する報酬として、えりかというギャルとセックスをさせてもらうつもりだった。
「さて、ほんじゃ可愛がってやるか」
 いい人だがこんなゴリラ女とはセックスをしたくないが、でも、殺されるよりはましなのでじっとしていると、ゴリラ女は奴の腕を掴むと部屋を出て行こうとする。
「なんだよ、放せよ。えりかとやらせる約束だろ」
 奴は抵抗するがゴリラ女は少し顔を赤らめた。
「えりかはあたしだよ」
 ボクと奴は驚いた。それはそうだろ。このゴリラ女がえりかなんて名前が似合うわけがない。
「あたしゃ、こんなこんなオタクくさいデカチンには興味ないんだ。お前みたいにがっちりした男があたしゃの好みなんだ。安心しなしっかりサービスをしてやるから」
 そのままえりかことゴリラ女は奴を連れて行こうとするが、奴も体が大きいので、踏ん張るので中々、出て行けない。そこでボクはパンツとズボンを履くと近くにあったタオルで両の拳に巻きつけると奴の後頭部を思いっきり殴りつけた。
※良い子はマネをしてはいけません。
 5、6発殴りつけるとさすがに大人しくなり、ゴリラ女に引きつられて部屋を出た。僕もタオルを取り、黒ギャルにビデオを持ってくるようにいった。黒ギャルはボクのやろうとしている気づき、もう一人の黒ギャルや白ギャル二人に色々な小道具を持ってこさせた。
 ゴリラ女が奴をベッドの上に放り出すと、ボクは素早く奴の口にタオルをねじ込み、白ギャルたちの持ってきた縄を受けると奴の手足を縛り、ベッドのコーナーに結びつけた。
「おや、あんたも混ざりたいのかい」
 ゴリラ女の言葉に首を横に振る。
「こいつと関係を持ちたいなら、これくらいやらないと確実にものにできないよ。こいつは大学生とでもけんかをする奴だから」
「おや、そいつはすごいね。そういう頑丈な相手でないとあたしの相手は勤めらないからね」
 ゴリラ女は服を脱ぎだした。ボクは黒ギャルからビデオカメラを取ると撮影を開始する。
「あたしゃ、AVの趣味はないけどね」
「これは愛のメモリーだよ。撮影する価値はある」
 ゴリラ女は怒りかけたが、ボクがそういいきると
「そうかい、じゃ頼むよ」
 ボクはスイッチを入れた。ゴリラ女と奴のセックスにエロさはなかった。しいていえば野生動物、それもカバやゾウ、文字通りゴリラの交尾を見ているようだった。迫力のある凄い動画が取れた。仕返しのつもりでやっているのだが、ドキュメンタリーのカメラマンの心境だった。
 これがボクをいじめていた奴がゴリラ女に犯され童貞喪失したの話である。
 ボクはある程度、ビデオを撮るとなおもベッドを大きくきしませながら、奴の上で腰を振るゴリラ女を置いて部屋を出て、帰ろうとしたら黒ギャルの一人が腕を掴んだ。
「なに、ボクの役目はおわったろ」
「冗談言わないの、坊やはあたしとチカの相手をするんだから」
「いいよ、あんな物見た後でやる気は起きないよ」
「いいからきな」
 ボクは先ほどの部屋に戻され、服を脱がされると椅子の上に座った。黒ギャルのチカと明美が服を脱いだ。スタイル抜群の小麦色の肌に整った美貌、茶髪のロンゲ、黒ギャルとしては二人は最高級であった。その二人の裸を見てボクのデカチンは大きくなる。
「わー、やっぱおおきわ。本当でかい」
「それに硬いよ。これがあたし達のものになるんだ」
 二人は反り返るボクのデカチンをうっとり眺めていた。白ギャル二人はスカートを脱ぎ、オナニーを始める。明美の話だと二人はまだ処女なので、今 回はさせないとの事。ある程度、ボクにテクニックを付けさせたとセックスをさせるつもりらしい。チカはボクのデカチンを舐り始め、明美はボクの唇を奪うと 舌を入れて、ディープキスをしてきた。片手でオマンコをいじり、オナニーをしていた。ボクは両手で明美の胸を揉んだ。明美は一旦口を離すとボクにディープ キスのやり方をレクチャーし、再び、唇を重ねる。明美の舌にボクは舌を一生懸命絡めた。それに夢中になっていたが、デカチンも限界に達し、精液を吐き出 す。チカは口をデカチンの前で塞いで吐き出される精液を全部飲み干した。
「さあ、ここからが本番だよ」
 そういうと明美はチカを下がらせ、ボクの跨いで、デカチンの先端を自分のマンコの入り口にあてがい腰を下ろす。
「あ~」
 明美のマンコにボクのデカチンが飲み込まれていく。凄く気持ちがよかった。これでボクも童貞を失った。ボクのデカチンに温かくてぬちゃぬちゃした物がまとわりつく。やがて、明美のマンコにデカチンが全部飲み込まれた。
「いいよ、これいい、坊やのオチンチン最高」
 そういうと明美は狂ったように腰を振った。
「奥に当たるよ。奥に当たる」
 ボクはよくわからないが確かにオチンチンの先端が何かにぶつかるような感覚はあった。
「いく」
 明美が反り返り、オマンコの内壁がしぼりあげられる同時に精液を吐き出した。
「小学生に妊娠させられる。妊娠させられちゃうよ」
 自分でやっときながら明美は恐ろしい台詞を平然とはく。その後、絶頂に達した明美をチカが退け、今度は同じようにチカとセックスをした。
「あたしも小学生に妊娠させられる。妊娠させられちゃうよ。あたし、お母さんになっちゃったよ」
 こいつもとんでもないことを叫んでいた。さらに二人に計4回、膣内射精をしてボクはようやく解放された。この日はこれで帰れたが、夏休みの入る とボクはチカと明美と毎日に様にセックスをした。8月になると白ギャルを加えて計5人で海にいき、白ギャル二人とセックスをして処女を卒業させてあげた。 それからは女子高生ギャル4人を相手にセックス三昧の日々を送る事になった。
 そして、奴とゴリラ女はこの頃から姿を見せなくなった。9月になると学校にも来なくなった。やつがいなくなっても清々するだけだが、ゴリラ女は あれで女気あふれる女傑だったので、ギャルたちと探したが見つからなかった。どこにいるのだろうか。僕と女子高生ギャル4人はあの廃屋でセックスにふけり ながら、ゴリラ女の帰り待つ日々である。

酒を盗んだバイトの巨乳ギャルをおれちんぽで虜にした。

俺は居酒屋の店長をしてます。
この前アルバイト募集で来た若い女の話です。

セリナって言う名前で、見た目が可愛いくておっぱいがでかいから採用したんだけど働き出したら最悪だった。
見た目がヤンキーっぽかったんだけど中身もヤンキーだった。
お客さんに話し方が悪かったから注意すると返事もしないで下向いて、話が終わると「もういいっすか?」みたいな感じです。
 
 
あと俺にだけ愛想が悪くて、他の若い男アルバイトとかには普通に楽しそうに話してる。
あと店に友達のヤンキーを呼んで騒いでいるし、しかもただで酒を出してるみたいだったから注意したら「店長もこの前知り合いにサービスとかしてしてたっしょ?」って言ってきやがった。
マジで最悪な女だ。

そして我慢の限界だったのが、帰りに店から出るセリナを見たときに明らかにジャージの下に一升瓶を隠してて、俺はすぐに呼び止めたら逃げようとした。
すぐ捕まえたらやっぱり焼酎の一升瓶が出てきて、盗んで持ち帰ろうとしたみたいだった。
俺は今回は絶対許せないって思って事務所に連れて行った。
セリナは一切喋らなくて俺をなめてる。

俺は「これは犯罪だから警察に言うしかないよ。」と脅すとさすがに「それは無理」って小さい声で言った。
でも結局反省はしてなくて、「マジでありえない」「みんなやってっし」「ガキだから大目にみてよ」とか無茶苦茶な事を言ってる。

俺は本気で怒って怒鳴るとさすがに黙って下を向いてしまって、今度は沈黙だった。
でもその時セリナの胸の谷間がガッポリ見えちゃって違う考えが頭をよぎった。
セリナはいつも白いジャージの上下にタンクトップで通ってて、ノーブラとかが普通らしくてかなりエロいかっこうだった。
だから前かがみにうつむいた時にムッチリした谷間が見えた。

でも急にヤラせろとか言えないし逆に弱みを握られるかもしれないから少し話を伸ばしてた。
そして「警察に言う」ってもう一度言ったら「それは無理マジで、1日ただ働きするから勘弁して」と言ってきた。
だから「1日ただ働きなんて割りに合わない」って言うと「じゃあなんならいいんだよ」って言ってきたから「自分で考えろ、もう大人なんだから」って言うと黙って考えだした。

しばらくして「ひょっとしてヤラせろとかじゃねーよな」とか言ってきたから「まあそれも一つの方法かもな」って言うと小さい声で「最悪・・・」って言ってタバコを吸いだした。
俺は何も言わないで待ってるとセリナは見下した目で「じゃあ手な」って言ってきた。
まだナメた態度をとってやがった。
俺は「手でやれるんならいいけど、出せなかったら次を考えろよ」って言った。
セリナは「チョーうざ」とか言いながらタバコを消した。
俺は「どうせお前なんて誰でもヤラすだろ?援とかしてんだろ?」と言うと「はぁ?マジでありえねーし、あたしマジで彼氏一筋だから、そんなハンパな事やらねーし」ってマジ切れしてきやがった。

どっちが犯罪犯したのか分からなくなってきた。
でも俺は開き直って、こいつに呑まれないようにしようと思って普段よりも悪いキャラを作ってセリナに命令した。
事務所に鍵をかけさせて、俺はズボンを脱いだ。
セリナは俺のアソコを見ないようにして抵抗してた。

俺はアソコでかさには自信があって、中学校ぐらいの時はデカチンっておちょくられていた。
セリナに無理矢理握らせると、少しビックリしたのか大きさを一瞬確認していた。
俺は「早くシゴけよ」って言うと「マジ最悪」って言いながら手を動かした。

でもかなりテキトーな感じで全然気持ちよくもない。
だから「おい、ジャージ脱げよ、このままじゃ出ねーぞ」って言うと「マジうぜー早く出せよ」って言いながらジャージの上だけ脱いだ。
推定Fカップ以上はありそうなノーブラ巨乳が出てきたからやっと息子が元気になってきた。
マックスになるとセリナの指が少し届かないぐらいのデカさになった。
セリナは小さい声で「なんだよこれ・・・」って言ったのを聞き逃さなかった。

そして良く見るとセリナの乳首が完全に勃起していた。
俺が乳首をタンクトップの上から触ると「ざっけんな、さわんなよマジで、彼氏に殺されんぞてめー」と切れてきたから「うるせーよ警察いっか?乳首勃起してんじゃねーかよ、興奮してんだろ?」って言った。

そしてもう一度乳首をつまむと抵抗はしなかった。
だけど顔が見えないように反対を向いていた。
セリナの乳首はギュンギュンに勃起していた。
指で転がしたり弾いたり引っ張ったりすると声は出ないけどプルプル震えている。
俺の息子からは我慢汁が出てきてセリナの手に着いてるけど、セリナはかなり気持ち悪いのかすぐにティッシュで繰り返しふいていた。
俺は「このままじゃ一生イカねーよ、フェラかパイズリしろよ」って言うと
「マジで早く出せよ、うぜーな」と文句を言ってきた。
結局また警察や親の話をすると渋々動き出した。
俺のアソコ汚いからパイズリにするらしい。

俺はセリナを股ではさむかっこうでデスクに寝て、セリナが椅子に座って俺の物をはさむ。
タンクトップを脱いだ時は最高にエロかった。
垂れてはいるけどたっぷんたっぷんの巨乳が出てきて俺の物をはさんだ。
根性焼きが無ければ最高の体だ。

そしてセリナに自分でおっぱいを動かさせた。
パイズリをするとはさんだ時にセリナのあごに亀頭が当たってしまい、我慢汁があごについて「マジくせーよ、なんだよこれ汚ねーな」って切れていた。

しばらくパイズリさせてたけど全然イカなくて、セリナもかなり疲れてる感じだったから「なんだよ駄目じゃん、どうすんだよ入れるか?」って聞くと「マジで早くして、入れんならゴムしろよ」って疲れて諦めムードだった。

俺は立上がるとセリナを机に伏せさせてジャージのズボンをパンツごと降ろした。
ヤンキーの割にプリンプリンの綺麗なケツ出てきてビックリした。
パンツを下まで下げて片足から抜こうとした時マ○コからパンツに濃厚な糸がたれていた。
俺は「お前濡れてんじゃん、すげー糸引いてるぞ」って言うと「はぁ?知らねーしマジで、ヤルなら早くしろよ」って切れられた。

俺は少しイジってやった。
セリナはかなり抵抗したけど俺は強引にクリをこねまわした。
セリナは超ビンカン体質で膝がガクガク何度も落ちそうになっていた。
「うっ、んっ、てっめ、ざっけんな、うっ、はぁっ、うんっ、かんけーねーだろ、さわんな」って内モモをプルプルさせて抵抗していた。
セリナのマン汁はドンドン溢れてきて本気汁に変わった。
白くて臭いのきついのが出てきた。
セリナに「おめーのマン汁くせーな」って言うと「マジで殺すぞてめー」って顔を真っ赤にして吠えていた。
結局マン汁ダラダラのくせして抵抗していたから入れる事にした。
定番!あなたのページでお小遣いかせぎ - FC2アフィリエイト
入れる前になるとゴムつけろってうるさかったけど「ゴムしたら1時間はイカねー」って言ったら渋々納得したから生で入れた。
俺のがいくらデカくてもセリナが濡れ過ぎてたからブチュブチュ言いながら簡単に入った。

俺がピストンしようとしたら「てめー今動いたら殺すぞマジで」って言いながらプルプル震えだした。
アソコがパンパンになって感じまくっているようだった。
俺は無視してピストンをすると「うっ、やめっ、うっ、んっ、はぁはぁ、うっ、てめっ、うっ」と声を我慢するので何も言えなくなった。
そしてセリナは体中が汗だくになってきて立てなくなってきていた。
さらにピストンを早くするとセリナが「ちょっちょっとまて、やめろ!マジでやめろてめー、今動いたら殺すぞ、マジで殺すぞ」って騒ぎ出した。
かなり尋常じゃ無い焦った声だった。
一旦ストップしたけど勝手に再会すると「マジでざけんな、動くなマジで、殺すぞ」って言ってきたけど関係なく腰を打ちつけてやったらセリナは机の上の書類とかマジックをグシャグシャに握りしめて何かを我慢していた。
セリナは歯を食いしばって無言になったと思ったら、急に「いやあああああ、やめっあああああ、ひぎいいいいいい」って言いながらブルブルって貧乏揺すりみたいな激しい痙攣をして床に膝をつきそうに脱力してしまった。

そして同時に床に「ビチャビチャ」って水がこぼれる音がしておしっこが漏れていた。
俺は支えていられなくなってセリナを床に落とすと、おしっこにまみれながら床に寝転がってしまった。
そしてマ○コからブリブリ音を出してマン汁を噴出させていた。

俺は正常位でぶち込もうと仰向けにして股を広げると、抵抗もする力もないみたいでカエルみたいな格好でプルプル震えていた。
セリナは根性をみせてるのか、自分の腕に噛み付いて声を出さないようにしていた。
俺はわざと肉のぶつかり合う音を出しながら激しくゆっくり一回づつピストンをした。
一回「ベチッ」って音を出しながら奥までぶち込むとブルブルって震えて動かなくなる。
それが面白くて何度も繰り返した。
途中で勢い良くモノを抜くとチョロチョロっておしっこが出てくる。
そして床とケツの隙間はマン汁でヌチャヌチャして糸を引いていた。

俺はガンガン突きはじめると、セリナが真っ赤な顔で一瞬睨み付けてすぐに顔を隠して腕を噛んだ。
セリナは俺に触らないようにする為に足を広げていたが、突かれまくって訳が分らなくなると足を俺の腰にガッチリ巻き付けて、腰をグイグイ押し付けてきた。
「お前イキそうなんだろ?またイクのかよ、気持ちイイのか?おい!」
って聞いたけど、今度は何も答えないで我慢していた。
そしてそれから1分もしないうちにすごい足を締め付けてきて、一気に力が抜けていった。
分りやすすぎるイキ方だった。
俺の脇腹はセリナのもも汗でビッチャリだった。

セリナの顔を見ると涙の跡があって、イッた時に泣いたみたいだった。
セリナは力が抜けてフワフワしていたから、その隙に両手を押さえて顔を見えるようにしてピストンをはじめた。
もう声が押さえられないから、「あふううう、うぐっ、あああああ、うはぁあああああ、うぐっあああああ」って曇った声を出して感じていた。
そしてまたすぐに足を絡めてきた。
感じはじめた頃合を見てキスをしてみた。
最初は顔を横にして口を閉じていたけど、奥まで突いた瞬間すぐに口があくから舌をねじ込んだ。
途中から訳が分らなくなったのか、セリナも舌を絡めてきた。
そして両手を放してセリナを抱きかかえるようにキスをすると、、セリナも俺の首に手をまわしてきた。
セリナは最初のつっぱった感じが無くなって、泣きながら感じていた。

俺はずっとディープキスをしながら腰を振りまくって、セリナは何度もイキまくっていた。

セリナは正常位で抱き合うと抵抗なくキスをしてくるようになった。
中々のキツマンだったけど、マン汁が噴き出しすぎてヌルヌルが異常に出てきたから若干摩擦感がなくなっていた。

俺のサオを見ると酒粕みたいな白い液がベットリついていて、マン汁の独特のくさい臭いがしてきた。
かき混ぜ過ぎるとこの臭いが出てくる。

そろそろセリナに思いっきり射精したくなってきたから、「おい、そろそろ出すぞ、どこに出して欲しい?」って聞いたけどしがみついてプルプル震えてるだけで何も言わなかった。
無視してる感じじゃ無くて、俺に判断をゆだねてる感じだった。
それでもしつこく聞いてると、「はぁあ、あああん、はぁああああ、あああ、好きに、ああん、ああああ、好きにしろよ」と言ってきた。
自分が決めるのが恥ずかしいのか、プライドなのか分らないが、こっちが決めていいようだ。
まあでも、そうなったらもちろん中出しするに決まってる。
俺はピストンを早めて、セリナをイカせた直後に中出ししてやろうと思っていた。
セリナのツボは完全に分かったので、Gスポット狙いでガン突きしてやると潮を噴き出しながらすぐにイキはじめた。
俺のお腹があっつい汁でいっぱいになった頃、セリナの耳もとで「中に出すぞ」と言った。
さすがに嫌がって逃げるかと思ったら感じているのか無視して何も言わなかった。

だからそのまま思いっきり奥にぶち当てて「ビュッビュッ」って音が出るぐらい射精してやった。
そしたらセリナの奴は両足でもっと奥に来るように締め付けてきやがった。
そしてしばらくそのままで、「お前安全日か?」って何回も聞いたけど無視された。てゆーか寝てるみたいに意識が無かった。

俺は一旦抜いてから、おしぼりでナニを拭いて綺麗にして帰る準備をしてた。
セリナは相変わらず叉をおっぴろげて精子を垂れ流しながら寝ていた。
セリナの携帯にはヤンキーの彼氏からガンガン電話がかかってきてたけど、セリナは出ないで寝ていた。

俺はいい加減セリナを叩き起こして帰ろうとしたけど、セリナのマ○コから精子が垂れ流されてくのを見てたらまた勃起してきてしまい、結局服をまた脱いでそのままぶち込んだ。
セリナも寝てたはずなのに、ぶち込んだ瞬間足を絡めてきて、急にアエギ出した。
今度はすぐに「ああああ、イク、ああああ、もうイク、イクあああああああ」って叫んで激しくイッた。
俺は「お前俺の便所になれよ、彼氏とはそのままでいいから、いいか?」って聞いた、セリナは何も言わないでアエイでいるだけだった。
それからもセリナは何回もイキまくっていたけど、その間ずっと「俺とセフレになれよ」「毎日死ぬ程イカせてやるから」「彼氏よりデカい方が気持ちいいだろ?」って言っていたけど何も言わなかった。
でも「セフレになれよ」とか聞くと必ず無言でキスをしてくる。
たぶん落ちてる証拠だ。
そして俺はまたセリナに思いっきり中出しをした。
セリナはさっき以上に俺の胴体を締め付けて、奥まで精子を送り込もうとしていた。
彼氏といつも中出ししてるのか、あまり深く考えてないのか定かではないけど、中出し好きみたいだ。
二回目が終わるとセリナはやっと片付けはじめて、アソコをふきもしないでそのままパンツをはいて精子を入れたまま帰って行った。

俺は次の日が恐かった。
警察が来るか暴走族が来るかどっちかだなって思っていた。
でもセリナはいつもと変わらない感じであらわれた。
むしろ俺に対して突っ張った感じがなくなっていた。
会話はしないけど、言った事に対して反発が無くなって言う事を聞くようになった。

俺は次の日の夜、セリナに「今日夜残って」って言うと意外に素直にうなずいた。
皆帰った後に事務所に来させると、無言で座っているから、俺はいきなりズボンを脱いでフニャチンを見せつけた。
前のセリナだったら当然『てっめざけんな殺すぞ!』と暴れているはずだったけど、セリナは下を向いていた。
俺はセリナに近付いて口元に押し付けると、セリナはゆっくりしゃぶり出した。
相変わらずのノーブラのタンクトップに手を突っ込んで巨乳を揉みまくると、あっさり乳首を勃起させて震えていた。

ナニが出来上がると、「入れるぞ」って言うと無言で立上がってテーブルに手を突いて後ろを向いた。
散々イカせたのが効いてるのかマジで素直になっていてビックリだった。
俺はジャージごとパンツをおろすと、この前以上にネッチョリ糸を引いてマン汁垂れ流していた。
そして俺のぶっとい奴ですら、手を添えないで簡単に「ブチュッ」っと音を立てて飲み込んでいった。
セリナは入った瞬間、手の力が抜けてテーブルに伏せていた。
そこからは鬼攻め。
セリナは泣きながら床中に潮を噴き散らしてイキまくっていた。
そして今度は「俺の便所女になるか?」って聞くと「あああ、ああん、でも、彼氏と別れられない、ああああ、あああ」って返事が帰ってきた。
彼氏はそのままでいいから、俺がヤリたい時は最優先でヤラせろ、いいか?
セリナ:「うん、ああああ、あん、はぁあああ、は、はあああ、わかった、あああ」
俺  :「彼氏と一緒にいても俺が呼び出したら来いよ」
セリナ:「あああ、は、はぁああ、それやばいよ、あああ、殺されるよ、マジで、あああ、ああああ」
俺  :「関係ねーよ、いいか?マジで呼び出したらすぐ来いよ」
セリナ:「あああん、あああ、うん、はぁああああ、わかった、あああん」
俺  :「俺の方が気持ちいいだろ?」
セリナ:「あああ、あああん、ダメ、ああああ、そんな、ああああ」
俺  :「どうなんだよ、もう止めるぞ、あ?」
セリナ:「あああん、やだああ、だめえええ、気持ちいい、ああああ」
俺  :「彼氏より気持ちいいか?ちゃんと言えよ」
セリナ:「あああん、あああ、あああ、彼氏より、ああああ、気持ちいい、あああ」
俺  :「俺のチ○ポの方が好きだろ?」
セリナ:「あああ、はぁあああ、うぐううううう、好き、あああ、すごい好きいいいいい、あああああああ」
俺  :「いつでも中出しさせろよ、いいか?」
セリナ:「あああ、わかった、ああ、はぁあああ、いいよ、いつでもいいよ」
俺  :「危険日とか関係ねーからな」
セリナ:「ああああ、はぁああああ、いいよ、いつでもいい、出来ちゃってもいいから、あああ、イク、ああああイクああああ」

それからセリナに散々中出ししました。
セリナは相当俺に惚れたみたいで、彼氏とは義理で付き合うとか分け分らなくなってました。
それでもたまに彼氏が店に飲みに来るのですが、必ず事務所でしゃぶらせたりしています。
そして俺の精子を口に含んだまま彼氏の前に行って、目の前で飲ませたりしています。
彼氏と一緒にいる時も、俺が家の前まで車で行って、セリナが買い物を装って出てきた所をすかざずカーセックスとかしてました。
中出ししたての精子をマ○コに入れたまま持帰らせて、彼氏とイチャイチャさせてました。


パン屋の超かわいい子

岐阜に住んでたときだからもう8年位前になるかな?当時岐阜の本巣のスーパーに北○倶楽部ってパン屋に、20くらいかな??ちょっとギャルっぽいけど細身で、すっげ~かわいい子がいたのね?
名前は典子(常連のフリして本人から聞いた)。その子・・・どうにかできないかと思ってめちゃ計画練って。うまくいった!!!
その店、夕方3時に店員が店内を掃除するんだけど、東側の入り口(風除室って言うらしい)の棚とかはパン屋がやるって気づいたの。
お客さんが少ない火曜日に狙いをつけて、そこの店に行って、風除室の棚をずらしたり、パンフをちょっと乱したりして、3時まで待った。
放送と同時にパン屋の店員さんが1人、こっちに歩いてきた。
すっげ~~ドキドキしたよ!!だって・・・狙い通り典子ちゃんがこっちに歩いてくるんもん・・・。
俺は外向いて張ってある広告を見る振りして待った。すると、"ギギっっ・・・”って棚を引き擦る音。振り返ると典子ちゃんが棚の両端を持って直してた。エプロンでキュっっってなってる腰が細くって・・もうビンビン!!!
心臓バクバクをどうにかを抑えて、スッッ・・・と典子ちゃんの背後に。駐車場を見ても、店内を見ても人はいない。店側の自動ドアも閉じている。典子ちゃんは俺に気づいていない・・・もう絶対だよね??
棚の両端を持って押している典子ちゃん。実はこれも狙った。棚を押すために両手を広げてるから・・・カラダは無防備!!
荒くなった息を抑えて、がら空きになった脇からスッッっと両手を通してエプロンの下に滑り込ませる。両手を大きく広げると、ゆったりとした白衣越しに、確 かに胸のふくらみの感触。膨らみの大きさと場所を確認するようになでまわしてから・・そのまま典子ちゃんの細いカラダにしがみついて
「典子ちゃん・・・捕まえた~~・・」
“ムニュウゥゥゥゥっっ!!!”
おお~~~きくひともみ!!
手の中で胸がカタチを変える、やわらか~~~~~~~い感触・・・
「っっっっっ!!!」
典子ちゃんは“ビクウゥゥゥっっ!!!!”ってなって、
「やッッ・・・えっっ!!・・・・何っっ!?」
「ぉぁあ~~~~~・・・やわらか~~~~・・・」
“ムニュッムニュッムニュッムニュッっっ!!!”
B~Cくらいかな??何回ももむとすっごいやわらかいのに、もみごたえ抜群!!!
何回も難解ももむと白衣越しにブラのカップの感触まで伝わって・・・
「ちょッッ・・・やっ・・・・!!!何ぃッッ・!!いやッッ・・・!!!!」
典子ちゃん・・びっくりしたのか、思うように声が出せないみたいでさ!も~~~堪能そまくったよ!!!で、ここからがうそみたいな幸運!!もみたくった左手の指先に、白衣じゃない感触。肌!?
パン屋の服って、コックみたいにダブルになってるね?エプロンに手を滑り込ませた時に白衣の合わせから手が入ったみたいでさ!!
もういくしかないって感じ!!右手は離して典子ちゃんの腰に手を巻きつけて、さらにしがみついて・・・左手はそのまま奥に突っ込んだ!!ブラだ!!典子ちゃん、白衣の中はキャミとか着てない!!!
「やっっ!!!ちょっっ・・・!!!」
典子ちゃんは声は出せてなくても、必死にカラダをくねらせてた・・・けど!!そのときにはもう・・・
“ムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュ”
もみまくった!!!・・・ってよりは・・・コネまわしたって感じかな??
ブラの中・・あったかくって、ちょ~~~~~~~~~スベスベ!!!!
「いやああっっっ!!!!!」
やっと悲鳴を上げれた典子ちゃん。だけど・・・ブラの中は好き放題された後で・・・

時間にしたら1分足らずだと思うけど、超かわいい子のナマ乳を好き放題した、過去一番の痴漢でした。


天使ギャルの虜になってもたw

1 1 投稿日 2014/06/07 02:06 ID:nL7qG
天使とやれたww
どうしようw


2 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:08 ID:7m/rKo
神の子に手を出したか…


3 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:09 ID:qeAoV9
ロリコンの臭いが…


4 1 投稿日 2014/06/07 02:11 ID:nL7qG
>>3
大学2年はロリコンに入るのか?
大人マンコだったがww


5 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:014 ID:5FkUE4
天使ってなに?
可愛すぎて天使?
エッチしたの?


6 1 投稿日 2014/06/07 02:15 ID:nL7qG
>>5
めちゃ可愛かったww
会ってチンコはち切れるかと思たwww


7 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:17 ID:qeAoV9
その天使はどんな天使だたの?w


8 1 投稿日 2014/06/07 02:21 ID:nL7qG
>>7
最近天使すぎるアイドルって言われてる人気の女より
全然可愛かったけどな。個人的に


9 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:23 ID:qeAoV9
おいおい
カンナを超えたのかよ


10 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:25 ID:kf9F4B
喘いでた?
その天使もイッてたの?
マンコどうだった?
どこであった?
胸は?


11 1 投稿日 2014/06/07 02:26 ID:nL7qG
>>10
とえいあえず最初から書くからw


12 1 投稿日 2014/06/07 02:30 ID:nL7qG
あんま長く書いてもわかりづらいだろうから
簡単に書いていく

ギャルに対して異常に興奮してしまう俺は
ギャル専用の掲示板に「真面目な出会い探しています」って書き込み見て
「26歳、フリーの男です」ってコメントしたらフリーメール送られてきた。


13 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:31 ID:7m/rKo
えーー
ギャルは天使じゃないだろーー
がっつり清楚系イメージしてたわ


14 1 投稿日 2014/06/07 02:33 ID:nL7qG
>>13
ギャルって言ってもちょっと髪が明るくてノリが軽いだけよ
それ以外は普通の女の子よ


15 1 投稿日 2014/06/07 02:38 ID:nL7qG
フリーメールきた段階で顔テッカテカになるくらい緊張してたw

天使「コメントありがとうございます!!今時間大丈夫ですか??」

俺「こちらこそメールありがとうございます。全然暇ですよw」

天使「26歳で彼女はいないんですよね??」

俺「いませんよ!今探してるところですww」

天使「あ!私もですよw仲良くなれたらいいですねw」

と、まぁこんな感じで初々しい会話が続く


16 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:39 ID:7m/rKo
「今時間大丈夫ですか??」って謙虚だなw

「みたいなぁ?」「的なぁ?」って感じの口調イメージしてたw


17 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:41 ID:5FkUE4
>>16
いつの時代のギャルだよwww
今はそんなやついなくないか?


18 1 投稿日 2014/06/07 02:43 ID:nL7qG
>>17
メールでは普通の女の子って感じだったよ
しっかりしてたし


19 1 投稿日 2014/06/07 02:47 ID:nL7qG
俺は真面目な出会いも探してたけどその延長で
セフレもできればいいと思ってたからとにかく早く会ってやりたかった。
ここで俺は「デートお誘い作戦」を実行させる

俺「デートはどんなとこにいってたの?」

天使「ん~、最近デートしてないからな~。
友達とだったらカラオケによく行くよ!」

俺「カラオケいいねーw俺も行きたいなーww」
(じゃあ行こうよ!って返事を期待)

天使「えw恥ずかしいからいいよw」

俺「じゃ、じゃあ行きたいとこはないの?」

天使「連れて行ってくれるの??wwまさかねw」

俺「車持ってるからある程度遠いとこでも行けるよ!」
(お、なんか行けそうw)

天使「いきなりは思いつかないからちょっと考えていい??
行きたいとこ浮かんだら連れてって??」

俺「おう!もちろん!」
(きたぜぇオイィィ!!)

そしてその日の夜、天使から「水族館行きたいw」とメールがあり
俺はついに天使と会う約束を果たしたw
しかし、水族館ってwいまのギャルはオチャメだなw


20 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:49 ID:kf9F4B
なんか話し方かわええなwww
おちんちん立っちゃうわw


21 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:50 ID:5FkUE4
ていうか1と天使は付き合ってんの?


22 1 投稿日 2014/06/07 02:52 ID:nL7qG
>>21
それが付き合ってないのよww
ただのセフレになったww
俺的にはそっちのが都合いいんだがw


23 1 投稿日 2014/06/07 02:57 ID:nL7qG
んで、デート当日
写メはもらってたが最近サギ写が流行ってるから
あんま顔はあんま期待してなかった

待ち合わせ駅の近くに車止めて待ってたら天使きて
その瞬間、俺は目が飛び出たww

天使「あの~、1さん…ですか??」

俺「あ、は、はい!天使さんですよね?」
(ぐえぇぇww激かわwww)

天使が助手席に乗り込み水族館までドライブ開始。
そんなことよりタイトスカートから見える生脚を見て
俺は勃起が止まらなかったww


24 名前なし 投稿日 2014/06/07 02:59 ID:5FkUE4
はよホテル


25 1 投稿日 2014/06/07 03:03 ID:nL7qG
>>24
え、もう水族館の話はいらない?w


26 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:04 ID:7m/rKo
いらねーよ!
天使ちゃんのマンコはよ


27 1 投稿日 2014/06/07 03:09 ID:nL7qG
じゃホテル着いてからね

とりあえず一緒に風呂入ってお互いの体触り合った
天使「久しぶりだから緊張するw」

俺「奇麗だよ!かわいいし!」

天使「ほんと~??wじゃあ虐めてよっw」

俺「お、おうw」
(なんだこれwエロ過ぎるww)

しかし天使のおっぱいなかなかデカかったw
(ギャルって揉まれまくってるからデカくなんのかな?)

天使のマンコちょっと黒い気がしたが毛も奇麗だったし
俺は好きなマンコだった

クリ触ったら「ひゃんっ」って言ってたww


28 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:11 ID:kf9F4B
でかいんか!奇麗なんか!
完璧やな


29 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:13 ID:5FkUE4
俺も何回か出会い系使ったことあるけど若いやつは大抵円だよな
ぶすでぶに限って性欲強い


30 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:14 ID:qeAoV9
>>29
結構クチコミ見るけどブスのことばっか書かれてる


31 1 投稿日 2014/06/07 03:16 ID:nL7qG
>>30
そんなもんなのか
お前らにも天使かしてやるよw

まぁ嘘だけど


32 1 投稿日 2014/06/07 03:19 ID:nL7qG
風呂じゃやりにくいってことで早速ベッドに移動
天使がチンコ咥えてきてクソエロかたww
こんな可愛い顔してしゃぶりまくりw

俺「あ、、イキそうw」

天使「ふぇっ!?」(咥えてるからちゃんと話せないw)

俺「あっ、イク」

ここで天使の頭押さえつけて口内射精ww
天使すぐうがいしてたw

次は天使に手マン責めでイかせた
「あんイやっ…んあ…イク!イクっ!」って叫んでイッてたw


33 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:21 ID:qeAoV9
エロ杉ワロタww


34 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:23 ID:kf9F4B  
これでギャルにハマったら1のせいだな…


35 1 投稿日 2014/06/07 03:30 ID:nL7qG
2人ともイッたから少し休んで2回戦w
いきなりバックで挿入したら喘ぎすぎててクソエロかったw

俺「あぁ、きもちいいww」

天使「はんっ、んんっ、気持ちいいねw」

俺「あ、でそうw」

天使「ついて!あたしもイクっw」

ゴムしてたからよかったけど
してなかったら気持ちよすぎて完全に中出しコースだったw

天使「はぁ…はぁ…もう1回w」

俺「よろこんでw」

この後2回してその日は終了したが
「1くんのチンコ好きだからしたいとき体かしてw」って頼まれたから
それからずっとセフレになってるw

FIN


36 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:31 ID:kf9F4B
1さんゴチでした
ギャル動画で抜いてくるわww
でわ


37 名前なし 投稿日 2014/06/07 03:33 ID:kf9F4B
1はセフレ1人だけ?


38 1 投稿日 2014/06/07 03:35 ID:nL7qG
>>37
今は天使だけ。
でももっとギャルと関わりたくなったから
天使と出会えたハピメで新しいセフレ探してるw


19歳のギャルに中出ししてきた

相手は19でヤンキーで金髪レディースって感じの子なんだが、 
顔はかわいくて見た目は街にいる結構カワイイ子だったから、ジャージで来たが 
大当たり!って思って速攻ホテルへ。 

いざ前戯を始めるとものすごい感じ方&かなりカワイイ声の喘ぎ。 
ジャージなので一枚下はすぐ下着。胸をちょっと触っただけでもビクビク。 
シャワーも無しでとりあえず手マン。はずかしいって連呼しながらあそこは洪水。 
手マン中もグチュグチュ音が恥ずかしいらしく、「音・・・ハズイ・・・」って 
可愛く言うもんだから、グチュグチュにした指を一気に抜いて断りもなく一気に生挿入。 

それだけ濡れてるからすぐ入るのは当たり前なのに「すぐ入っちゃうなんて・・・」 
って恥じらう始末。喘ぎ声の可愛さとヤンキースタイルのギャップにやられながら 
突きまくり。バックで突きながらブラはずして、服脱がして、後ろから胸もみまくり。 

ってこうやって脱がしてくと靴下が脱がせないからバックでやってると格好がエロイ。 
ヤンキーで金髪の女が、こっちにケツ向けて靴下だけで下着投げ捨てて喘いでるのに 
興奮しまくりで速攻いきそうになったので、小休止しようと腰をやすめたのだが 
気持ち良さの余韻で中だししてしまった・・・ 

が、それで終わられるのはもったいないので、いってない事を装ってすぐさま再度 
腰振り開始。「立ちが悪くなってきた~」って嘘ついて復活まで待ち、 
最後は喘ぎまくる女に中だし。女も同時に行けたようで。「久々にいくのかぶった・・・」っていいながら足ビクビク。精液をマンコの入り口にチンコで塗り付けると、 
くすぐったいのか感じてるのかビクビク震えまくり。「そのままもう一回いけよ」って 
いいながら手マンで中だしの精液を掻きだしてバレないように布団に塗りたくり。 
でも結局シャワーでバレた・・・ヤバイと思ったが向こうは「生理前だから中で良いって言おうと思ってたの」って。ラッキー。 

帰り道に送って行った先が、送り先が暗い駐車場だったので、ベロチュウしてお別れしようとしたが、また息子が元気になってきたので後部座席に移って再戦開始。 
同じく手マンでグチョグチョにしてると座っている姿勢が良かったのか、腹筋が 
固くなってるなーと思ってる矢先にどんどん喘ぎが大きくなってきて一気に潮吹き。 

潮吹きした瞬間にまた速攻挿入して今度は5分ももたず俺も中だし・・・ 
俺は結構出した後も動かし続けるから、いってないと思ったのかタイミング良く 
「やっぱ外でしよー」って言い出したので、中だし後のべちょべちょのチンコを 
くわえさせて立ちフェラ。立つまでに時間がかかったが向こうは下半身丸出しで 
ジャージの前を開けて胸はだけながら一生懸命フェラ。復活後には車に手を 
つかせてまた突きまくり。で結果3回。1回1回が全力投球ってなかなか無いから 
ホントに精も根もつきた。 

見た目も相性も最高の相手で、今は相手の家で会う仲に。喘ぎ声がカワイイ子と 
セックスするといつもよりいくのが早くなる分、回数こなして今でも頑張ってます。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード