携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

おもらし

男子たちにされた電気あんま

小学校6年生の時の体験です。
女子に時々エッチないたずらをする男子2人組が居て、私も胸を揉まれたりカンチョーされたりしてました。
その男子2人に、「お前、好きな人が居るんだろ。教えろよ」ってよく尋問されてました。実際居たんですけど、まだ告白してなくて内緒にしていたので、居ないよって答えてました。

私が電気あんまをされてしまったのは、3時間目の授業に水泳があった日でした。
手早く着替えられるように、スクール水着の上からスカートを履いてました。
その日も男子に尋問されてました。
2時間目が終わった後の20分休憩の時に、「いい加減に教えてくれないと股間にお仕置きするぞ」って言われて、それでも嫌だったので黙ってました。
そしたら、男の子1人が私を床に押さえつけて、もう一人が私のスカートの中に足を入れて、アソコを振動させてきたんです。
「喰らえ、電気アンマーーっ!!」
私のアソコに、男子の上靴がどんどん食い込んできます。
敏感な場所を潰されると痛いし、股を閉じて守ろうとするとくすぐったくて変な感じに襲われてしまいます。恥骨を踏まれるとやっぱり痛いし、膣の方を振動させられると、お腹の奥にも直接振動が伝わってすごく苦しいです。
「ひゃあっ、痛い、やめてーっ!」
逃げようと必死ですが、両足を男子に持たれていて立ち上がれません。
もう一人の男子は私のお腹の上に乗って両手を抑えていて、起き上がることも身をよじることもできません。
それに何より、逃げようとして暴れると上靴が更に深く食い込んでしまって、余計にダメージを受けてしまいます。
一応アソコは水着で守られてるけど、4年生になる前に買い替えて以来、勿体なかったのでそのまま6年生まで使い続けてたので、結構小さくてきつかったし、何度も洗濯して生地が薄くなってました。
そんな水着では電気あんまを全く防げず、水着自体も私のアソコに食い込んで締め付けてたので、本当にきつかったです。
数分くらいやられ続けて、アソコへの刺激が強すぎて、抵抗する体力が無くなってきてしまいました。
すると、今度は上靴を脱いで、素足で電気あんまをされてしまいました。
上靴の時は痛みが強かったけど、素足だとくすぐったくて変な感じの方が強かったです。
恥骨の痛みと、敏感な所に与えられるくすぐったさ、膣の奥を振動させられる息苦しさ、何より男子にアソコを踏み続けられる恥ずかしさ…私はただただ必死に耐えることしかできませんでした。
「…もしかして、ここが弱いのか?」
敏感な所を踏みしだかれた時、思わず声を漏らしていたのを感付かれてしまったようでした。
その後は、身をよじって逃げようとしても、執拗に敏感な所を責められてしまいました。
「ここだな!…オラオラおらあっ!」
「んっ、んんっ…」
隣のクラスに聞こえてしまうのが恥ずかしくて、思わず声を漏らしてしまいそうになるのを、私は必死で我慢していました。
電気あんまをやられ続けて全身に力が入らなくなってきた頃、男子たちに服を脱がされて水着一枚にされてしまいました。
「次プールの授業だから準備しないとな!」
恥ずかしかったけど、男子たちにされるがままでした。
そして、「とどめだっ!」と聞こえたかと思うと、もう一度上靴を履いた状態で、敏感な所をものすごい激しく振動させられました。
もう一人の男子にも、胸を揉まれたり乳首を指でつつかれたりしました。
すごく痛いのに、アソコの奥がどんどん変になってきます。
「お願い、お願いだから、もう本当にやめて!!」
私は涙目で懇願しましたが、男子たちはやめてくれませんでした。
そして、痛いのと変な感じなのが混ざり合って、頭の中がバチバチして、そのままお漏らししてしまいました。
私が半泣きになると、男子たちは「よーし、プール行こう〜っと。」と言って、電気あんまを止めて何事も無かったかのように去っていきました。

すぐにアソコの部分を確認すると、男子たちの上靴の跡がクロッチの所にくっきりと残っていて、お漏らししてしまったせいで恥骨の上くらいまで濡れてしまいました。
3時間目が始まってシャワーを浴びるまでの間、アソコが濡れてしまって、しかも上靴の跡が残っているのを他の同級生に見られてしまい、すごく恥ずかしかったです。


綾香のオシッコお漏らし

綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。
今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。
今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。
最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。
平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。
特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。
綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。
電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。
当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。
綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。
すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。
電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。
Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。
次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。
「お姉ちゃん、オシッコが出ちゃいそうなの。どうしよう。」そう言うと、もう一人の子供が後ろの林を指差しました。
「あっちですればいいじゃん。お姉ちゃん。僕らもあそこでいつもオシッコするよ。」と教えてくれました。
でも、実際あそこまで我慢できそうにありませんでした。やっぱり綾香のスカートの中を見ています。
その瞬間、「もう、だめ、出ちゃう。オシッコ出ちゃうよう。見ちゃだめぇ~。」膝を大きく開き子供たちに見えるようにオシッコをお漏らししました。見ちゃだめとは言っても、膝を大きく開いてオシッコをお漏らししているので丸見えです。
すると、「あ~、お姉ちゃん、オシッコお漏らししてる~。きたな~い。駄目なんだよ~、ここでオシッコしちゃ~。」そんなことを言いながらも綾香のオシッコをお漏らししているところを見つめています。
そして、綾香は、「あ~ん、パンティー濡れちゃう~。」そう言いながら綾香はパンティーを横にずらしました。
パイパンのワレメからオシッコが勢い良く噴出し、子供たちがいるところまで飛びそうな勢いでした。
「すご~い、お姉ちゃんのオシッコ、すごい飛んでる~。割れているところからオシッコがいっぱい出てる~。」と、言いながら珍しそうに見つめていました。
しばらくして、ようやくオシッコも止まりました。綾香は子供たちにオシッコをお漏らししているところを見てもらいながら何回かアクメに達してしまいました。すると、子供たちは、「あ~、お姉ちゃんの割れているところ、ぴくぴくしてる~。なんか糸が引いてるのが垂れてきてる~。」綾香のオマンコを見て子供たちは騒いでいました。
綾香は、片方の手でパンティーを横にずらし、もう片方の手は後ろについて腰を突き出すような格好になっていました。
綾香は、しゃがんだ格好に戻り「やだ~、オシッコお漏らししちゃった。みんな見た~。見ちゃったよね~。お姉ちゃんのオシッコお漏らししているところ。恥ずかしいな~。いっぱい出ちゃったから凄かったでしょ?オシッコ?皆には内緒だからね。約束してね。」綾香がそう言うと、「わかった。誰にも言わないから大丈夫だよ~。」だって。「パンティー濡れちゃった。オシッコで。ここで脱いでいこうかな?いいかな?」そういうと、「いいよ。気持ち悪いもんね。」だって。
綾香は、その場に立ちスカートを捲り上げるとオシッコで濡れたパンティーを脱ぎ捨てました。そして、スカートを何回かパタパタしてその場を離れました。その後のことはわからないけど、きっと家に帰ったら親に話していると思うのでその場所には二度と行きません。
これが二度目の告白です。綾香って本当に変態娘だから、オシッコをお漏らしするのがやめられません。
今も、書き込みしながらオシッコを我慢してます。このまま、お店を出て車のある駐車場でオシッコをお漏らしします。

JK②のお願い

俺は37歳既婚(妻25歳)、ある会社で電気回路設計をしていてフレックス勤務
(AM9時~PM3時が規定時間)で
たまたま、気分が乗らなかったので早く帰宅した。
妻は職場結婚だが事務なので普通勤務PM7時頃帰宅予定で不在の昨日の話です。

俺がPM3時半頃に仕事を終えて帰宅し車を駐車しているとJKが歩いて此方に寄って来て車の横で足を止めた。
何かな?と思っているとJKが恥ずかしそうに話しかけてきた。

JK「すみません、トイレ貸してもらえませんか?」

俺の住んでいるところは、住宅街のアパートで近くにコンビニ等の店は無く
アパートの駐車場も俺の車のみで(ちょうど帰宅した所)でした。

俺は、余程トイレを我慢して歩いていたのだなと思い

俺「いいよ」と言い、玄関の鍵を開け、JKをトイレに案内した。

でも、JKは玄関を入ったところで止まってしまって動かないで下を見ていた。
ん?と思ったが

俺「遠慮せず、上がって良いから早くトイレ済ませたら」といったが動かない??

JK「すみません・・・間に合いませんでした」
俺「・・・?」

俺は何を言ってるのかわからずに暫くいると、JKは黙って玄関を開け出て行った。
??と思い、玄関に歩み寄ると、玄関が濡れていて、俺は理解した。
かなりトイレを我慢して歩いて、トイレに間に合わず玄関でついにお漏らししてしまったのだと。

俺は慌てて玄関を開けると、JKはまだそこに立っていた。
JKのスカートから出た足はおしっこで濡れ、ソックスから靴までビショビショでした。

JK「すみません・・・玄関を汚してしまって・・・」と恥ずかしさと、申し訳ない顔でこっちを見た。
俺「よほど我慢していたんだね、気にしなくてよいよ」
JK「すみません・・・」本当に恥ずかしそうに。
俺「大丈夫、本当に気にしないで」

俺もどうしてらよいかわからず黙ったまま、30秒位だっただろうかJKが

JK「すみません・・・やっぱりトイレ借りてよいですか?」
俺「いいよ、早く入りな」と玄関へ入れてやった。

JKは玄関に入り、おしっこでビショビショのソックスを脱いでハンカチで足を拭きながらトイレへ
入っていったが、玄関からトイレに行く廊下には、下着から落ちたであろう雫(おしっこ)が点々と・・・
JKは、トイレに入り暫く出てこなかった。
俺は、漏らしてしまったので下着や足を拭いているのだろうと思い暫く黙って待っていた。

JK「すみません」と、トイレから声をかけてきたので
俺「どうした?大丈夫?」
JK「ビニール袋いただけませんか?」

濡れた下着を入れたいらしい、俺は袋を持ってトイレの前で

俺「ここに袋置いておくから」と言うと、トイレの扉がいきなり開いた
そこには、JKが便器に座り、濡れた下着(薄いブルー)を手に持ったJKが・・・

JK「すみません・・・ありがとうございます」と袋を俺の手から取っていった。
そのとき、俺は見る気は無かったのだが、JKの陰部が目に入ってしまった・・・
めくれたスカートの奥には、陰部はしっかりと見え薄い恥毛と一本の筋がはっきりと
見えてしまった。俺はこのとき、ちょっとドキドキして半立ち状態に。

JKは扉を閉めて濡れた下着などの処理をしたのだろう、暫くしてトイレから出てきた。

JK「すみません・・・迷惑ついでに・・・シャワーも借りてよいですか・・・」と恥ずかしそうに。
俺「シャワーも?・・・いいよ・・・使いな」と隣にある風呂場を指差すと
JK「ありがとうございます・・・バスタオル借り手もよいですか・・・」
俺「あっ、今持ってくるね」
2階(メゾネットタイプのアパートで、妻と2人暮らし)からバスタオルを持って来て脱衣所へ行き
JKに声をかけて、リビングでTVを見ていた。暫くしてJKがシャワーを終えて風呂場から出るのがわかった。

JK「ありがとうございました」とリビングにやってきた。
そのときの姿が、なんとバスタオルを体に巻いただけの姿で・・・俺はJKのそんな姿を見たのは
初めてで、下半身はいつも以上にギンギンに、それでも平静を装い
俺「早く服着な」といいJKを脱衣所へ促した・・
JK「ありがとうございます」とJKが脱衣所に向かおうとした時、バスタオルがスルリと床に落ちた。
JKの胸は、妻の寄りも大きく張りがあるように見え、乳首は陥没していた。
スタイルもウエストがキュッとしてなかなか良かった。

JK「キャッ!」と恥ずかしそうに腕で体を隠しながらバスタオルを拾い上げようとすると
バスタオルの端を足手上ってしまったのだろう、バランスを崩して俺にのしかかるように倒れてきた。
JKの左足がちょうど俺のギンギンの股間に挟まる形で倒れたため、JKに俺のギンギンになっている
ものを気づかれたようだ。JKがどうしたらよいかわからず、真っ赤な顔でこっちを見ていた。
そのままの体制で暫く・・・

俺「大丈夫?」
JK「はい」と言い、黙って俺の股間を左手で摩ってきた・・・
俺は、今までに無いくらいギンギンで脈打っていた

JK「今日のお礼に・・・体好きにしていいですよ・・・」と真っ赤な顔で言ってきた。
俺「・・・」言葉がでない。
JK「・・・」2人とも無言。

俺「俺は結婚もしてるし、さすがに未成年の高校生には手は出せないよ」と、JKを起こそうとしたとき
JKが俺にキスをしてきた。左手は俺の股間を摩ったまま・・・

ここで、俺の自制心は何処かに飛んでいってしまった。
JKから誘ってきたのだから経験はあるのだろうと思いましたが、いざ入れようとすると
JK「初めてなので、やさしくお願いします・・・」えっ、えっ??
って思いましたが、もう止まりません。
ゆっくりゆっくりと挿入しJKの幕を破ってしまいました。相当痛そうにしていましたが
JKが大丈夫だからと言うのでそのままゆっくりとピストンを繰り返し15分後俺はJKに
発射してしまいました。このとき俺は生で発射してしまったことに気づき(妻とは子作りでいつも生)
やばいと思いJKに今日は安全日か確認すると、安全日との事で安心しました。

それから、JKは再びシャワーを浴びて制服をきて出てきました。
手にはビニール袋に入った下着を持って・・・
このとき、スカートの下はノーパンであることは間違いないでしょう。
そのままの状態で歩いて帰宅させるのもかわいそうだと思い、車で送ってあげることに。

JKの家はアパートから車で10分位でした。JKの家の前に着くとJKが携帯を取り出し
アドレス交換要求してきたので、交換した。

JK「ありがとう、またお家いってよいですか?」っていいながら家に入っていきました。

俺は、家に帰りJKからのメールがきた、
JKメール「さっきはすみませんでした。今度ちゃんとお礼しますね。」
俺メール「お礼はさっき貰ったから気にしないでいいよ」
昨日は、そんなメールで終わりましたが、今度はどんなお礼をしてもらえるのか
期待している俺でした。

何か進展があったらまた書きます。

下手な文章に付き合ってくれてありがとうございます。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード