携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

いじめ

CFNMきれた女子の恨みは悲惨

高校生のときの話だが。
オレはかなり調子にのっててアホな高校生だった。
後先考えずノリで生きているような感じで
チャラチャラしている感じ。
嫌われてもなかったが女の子からはそういう対象に見られてないというか
周りからバカだアイツはなんて言われてて
それでもヘラヘラしてたからなぁ。
高2のときの話なんだが、
まぁどうしょうもない話だが学年で一番人気の女の子のメグちゃんが
ノーパンで来てるというアホみたいな噂がたった。
冷静に考えたらあり得ないんだが、
そのときはもうテンションMAX!w
男軍団はかなり盛り上がった。
あるときふとフザケ仲間の一人が
「何とかして確かめられねーかなぁ」といいだした。
そーなったらアホなオレは
「オレが確かめるから確かめたら一人千円くれ」と
これまたアホな提案を。
そして総額約2万円につられて
学年1番人気の女の子にスカートめくりを行うという一大行事に発展したw
男子中にメールでその情報が行き渡り
次の日の昼休みに渡り廊下で行うということになった。
その日の渡り廊下は異様な雰囲気。
男ばっかりなぜかギャラリーがw
そしてメグちゃんが友達と登場。
オレは歩くメグちゃんの後ろにまわり
両手で膝くらいから抱きしめるように思いっきり腕を上に振り上げた。
もちろんノーパンではなかったのだがw
キャーと声をだして腕を振り払いしゃがみ込む。
振り返って俺を睨みつけて「サイテー」といって歩いていった。
ちょっと涙目だった。
その後、話題になったのが
意外とメグちゃんのパンツがセクシーだったこと。
白の紐パンで前の面積が結構狭く
一説には毛が透けてたとの話が男子中に流れた。
アホな男子どもはそれだけでテンション上がってたし
もちろん次第にメグちゃんの耳にも入り、
廊下を歩く度に男子からニヤニヤした顔で見られている様な気分だったらしい。
その後、オレは当然のごとくメグちゃんに嫌われ、
一切顔を合わせることはなかったのだが、
ある時メグちゃんの友達伝いで
「メグが今日の放課後に体育倉庫にきてって。
二人だけで話したいらしいよ」
まぁアホなオレは「実は俺の事が好きだった」なんて
話かよーってな感じでルンルンで体育倉庫へ。
こっからは悲惨だった。。
行ったらもちろんメグちゃんはいたのだが
一緒にいたのは女ヤンキーグループとメグちゃんの友達、総勢20人くらい。
手を後ろで縛られて正座をさせられ罵声の嵐。
メグちゃんも後ろで普段は見せないような軽蔑する様な視線。
そしてそこからはもう最悪だった。
女ヤンキーグループに押さえつけられ
下を脱がされ下半身だけすっぽんぽんに。
キタねーとかホウケーとかくせぇとか散々言われた。
「罰だよ、おら」とチンポを足蹴りされる。
そして、ヤンキーのゴリラみたいな女が
バケツに入った水で石鹸を泡立てて
一人がゴム手袋をはめて剃刀を出してきて
陰毛を剃られ女共は「おこちゃまでちゅねー」とかいって大爆笑。
メグちゃんも笑ってた。
チンポにも泡立てて皮むかれて手コキ。
気持ち良いとかそういう問題ではなかった。
まぁそいつがゴリラみたいな女だからというわけではなく
いってもいってもずっとこすり続けられた。
あれは地獄だ。
オレは女みたいに「やめてーしぬ!しぬ!」とか叫んでた。
女子は手を叩いて笑ってた。
ぐったりした俺を見て一人が
「最後にメグどうするコイツ?」
メグちゃんは俺に近づいてきて俺の股間を蹴り上げた。
悶絶のまま女子は笑って出て行った。
しばらくして俺は不登校になり学校をやめた。
その時撮られた写真が学年全ての教室の黒板にはってあった。
女子からは蔑んだ目で見られ
あれだけ喜んでた男子共は「やり過ぎだろ?」と冷たくなってしまった。
あれ以来トラウマで女の子とは一度も付き合った事がない。
射精が怖くなってしまった。

虐められている息子を守る為に

まさか息子が虐められていたなんて思いもしませんでした。
息子が中学に入学して間もなく、夫の転勤が決まり1人単身赴任する事になりました。
息子は運動音痴だった事もあり部活動は文化部に入部し、学校帰りは塾通いする日々を
送っていました。
そのお蔭で、息子の成績は良く学年でもトップクラス”ママ今回も良かったよ”と喜ぶ姿に
私も安心していたんです。
それが2年生になった直後から、息子に異変が始まったんです。
いつもは元気に帰って来る息子が無言の帰宅。
熟も休む事が増え、部屋に閉じ籠るようになっていました。
”どうしたの?何か在った?”と聞いても”何も無いから”と言うばかり。

ある日、息子と買い物をしていると同じ中学の生徒に会ったんです。
 「お~ひさし…ママとお買いもの?」
 「ん~」
 「ママと一緒じゃないと買い物も出来ないのかなぁ…(笑)」
明らかに息子が怯えてるのが分かり、私は息子が虐められている事を知ったんです。
担任の先生へ息子が虐められていないか?聞いてみると”普段は変わりませんよ”と
言うばかりで、証拠がないから相手の生徒に聞く訳にもいかないと言うんです。
確かに先生が変に動けば、状況は悪化するケースもあるし、暫く様子を伺う事になったんです。
その後、息子は益々部屋に引き籠る様になり、私との会話も無くなりました。
それから数週間が過ぎ、久々に息子と買い物に出掛けた時です。
息子が本屋に用事があると言うので立ち寄ると、息子を虐めていると思われる学生数人と
出会ってしまったんです。息子も驚きの表情の中、彼らに取り囲まれ何か言われていたんです。
私も直ぐに助けようとした時に、”ひさし君のママですか?”と高校生位の学生2人に声を掛けられ
ました。(A君・B君)
 「貴方達は…」
 「ひさしの知り合いです」
 「貴方達も息子を虐めてるの?」
 「人聞きが悪いなぁ…虐めているのはあいつ等でしょ、俺らは関係ないですよ」
 「じゃ、息子を助けて…知り合いなんでしょ」
 「まぁ、俺達があいつ等に止めろって言えば…」
 「お願い!息子を助けて…」
 「俺達には関係ないし…助けたっていい事無いしなぁ…」
 「お願い!何でもお礼はするから…」
 「ん~何でも?」
 「お金?」
 「もし、お母さんを抱きたいって言ったら…」
 「何言ってるの…ふざけないで」
 「息子さん、このままじゃ不登校になるかも知れませんね」
 「そ・そんな…」
 「これ俺達の連絡先です。もし気持ちが変わったら連絡下さい。楽しみにしています」

そう言って彼らに手渡された紙には電話番号が記載されていました。
彼らが本屋を出て行った後に、墨で1人怯える息子の姿を見て、私は彼ら(高校生)に
縋るしかないと思ったんです。
怯える息子を連れ、家に帰った私は寝室から彼らの電話へ連絡を取りました。
 「お母さん!随分早くに連絡くれたんですね」
 「本当に息子を助けてくれるんですよね」
 「俺達の言う事を聞いてくれたら、ひさし君には手は出させませんよ」
 「本当ですね」
 「あいつらは俺達は絶対逆らえないから大丈夫」
 「貴方達の言う事は何でも聞くわ!だからひさしを虐めるのは止めさせて」
 「直ぐにアイツらに言っておくわ…お母さん、今夜8時に○○公園に来てくれる?」
 「今日…分かりました」

夕食を食べ終えると、息子はいつもの様に自分の部屋に入って出て来る事はありません。
後片付けを済ませた私は、何かを覚悟する様に風呂に入り体を洗って待ち合わせ場所の
公園へ出掛けたんです。
薄暗い公園には人気は無く、静まり返っていました。
 「ひろしのお母さん…本当に来たんだ」
 「約束は守ったんだから、ひろしを虐めから守って」
 「分かってるって…」
 「じゃ、ちょっと奥に行こうか」
高校生2人に連れられ公園奥の池の畔に連れて行かれました。
 「お母さんの名前は?何才」
 「私…玲子…35才」
 「玲子かぁ…35才…若いねぇ…良い体付きしているよね…脱いで見せてよ」
 「ここで…誰か来たら…」
 「何でも言う事聞くんだよね」
 「…分かったわ」

覚悟はしていましたが、こんな場所で裸になるなんて…正直想像以上でした。
彼らの目の前で私は居服を脱ぎ、下着姿になると彼らは全てを取る様に指示して来ました。
 「お~人妻熟女は溜まんねぇ~色気ムンムンだぜ!」
 「もう服着ても良いでしょ!」
 「何言ってるんだよ!全裸で散歩するんだから」
 「お願い!それだけは…」
 「さぁ歩けよ」
彼らに押さえつけられ、私は全裸姿で公園内を歩かされ公園ベンチで彼らの肉棒を交互に咥え
させられました。
高校2年生と言う彼らの肉棒は成人男性と変わりなく、夫の物よりも遥かに大きい事が分かります。
ただただ彼らが満足して帰してくれる事を祈りながら、私は2つの肉棒を舐め続けたんです。
やがて2つの肉棒から濃厚な精液が口内へ吐き出され、私は呑み込む様に指示され、初めて
精液を呑み込みました。
これで終わり…そう思った私は甘く、若い彼らが一度で満足出来る筈も無く、私は2度目の精液を
マンコで受け止める事になったんです。
夫とは暫くご無沙汰だった事もあり、私の陰部は疼き女汁で溢れ、意とも簡単に彼らの肉棒を
受け入れました。厭らしいビチャビチャと音を発て虚しくも彼らに逝かされ続けたんです。
静まり返った公園のベンチで、私は誰かに見られるかも知れない状況の中、彼らに犯され喘ぎ声を
あげていました。彼らが満足したのは出会って1時間以上も過ぎた時で、私は息を荒らしながら
ベンチに横になっていました。
 「玲子、想像以上に良かったよ。これからも頼むぞ」
 「もう十分でしょ!もう許して」
 「何言ってるんだよ!俺達が飽きるまで続けるからな…分かってるよな」
 「こんな所じゃ…イヤ」
 「何言ってるんだよ!玲子だって興奮して濡れ捲ったじゃないか」
 「それは…」
満足した彼らは私を1人置き去りにして公園から去って行きました。
1人自宅に戻った私は、風呂で彼らの精液を掻き出し、妊娠しない事を祈ったんです。

翌日から息子の表情は良くなり、虐めから解放されている事が分かりました。
塾にも通い始め、数日後には以前と変わらず私と会話をする様になって行ったんです。
一方私は、翌日もその翌日の夜も彼らに公園に呼び出され性処理をさせられました。
淡白な夫とは違い、彼らの性欲は大盛で何度も逝かされるばかりか、色々な体位で
彼らは責めて来ます。しかも公園と言う誰が来るか分からない場所での行為に異常な
興奮が湧き上がっていたのも事実で、私はどんどん泥沼に沈んで行く様でした。
数日が過ぎ、息子を学校へ送り出した後、私はいつもの様に部屋の掃除をしていると
彼らから連絡が来ました。
彼らは学校を休んだ様で、私に映画館へ来いと言うんです。
しかも下着を付けないでミニスカート姿で来るように指示して来ました。
下着に関して拒んだんですが、彼らが言う事を聞いてくれる筈も無く、私は彼らの要望に
答えるしかなかったんです。
映画館で待つ2人と合流した私は、彼らと共に館内へ足を運びました。
人気も無い映画だった事や、平日の日中だったので、座席はガラガラで数人が
居る程度で、彼らの目的は直ぐに分かりました。
まだ始まる前から、私のスカートは捲られ陰部が丸出しです。
一番後部座席で辺りには誰も居なかった事が救いですが、数席前には初老の男性や
平日休みのお父さんって感じの男性。学生風の不細工な男性が居てハラハラしていました。
映画の上映が始まり館内は薄暗くなると、彼らは指でアソコを弄り始め、胸まで露出させてきたんです。
2人はズボンを脱ぎ肉棒を突き出すと、”舐めろ”と言わんばかりで、私は渋々2人の肉棒を
交互に舐め始めたんです。
少しするとA君が”俺に跨いで入れろ”と言い出し、私は彼の肉棒を挿し込みながら彼の前に
座りました。ズブズブと奥まで入り込み今にも声が漏れそうな中、A君が腰を上下に動かして
刺激を与えて来たんです。
口に手を当て声を我慢している時、私は斜め下に座る不細工学生と目が合ってしまいました。
学生の膝に座る年配の女性…そんな姿を見れば何が行われているか想像は付くでしょう。
彼は座席を移動し、私達の繋がっている所が見える通路を挟んで斜め前に移動して来ました。
見られている…そう思いながらもどうする事も出来ず、見知らぬ男性の視線を浴び続けました。
 「玲子、もう逝きそうだ」
 「中には出さないで…子供出来ちゃう」
 「じゃ、どうする?」
 「口で…口でお願いします」
 「仕方ないなぁ…呑み込むんだぞ」
私は急いで肉棒を抜き、彼の前にしゃがみ込んで肉棒を咥え込みました。
ドロドロと精液が口内へ吐き出され、私はゴクリと呑み込んだんです。
背後から感じる視線…狭い空間で彼の前にしゃがみ込む事は出来ず、私はお尻を見知らぬ
学生の方へ向けていたんです。しかもアソコは丸出し…。
学生を見ると、自らのズボンを脱ぎ肉棒をシゴいていました。
 「アイツに見られたな!こんな所でオナニー始めたよ」
 「だからこんな場所じゃ、嫌だったのよ!」
 「そう言っていながら、ここはこんなに濡れ濡れじゃないか?」
 「それは…」
 「折角だし、もっと見せてやれよ」
 「もう十分でしょ…もうこれ以上は…」
 「アイツだってもっと見たいって顔してるぞ」
スカートを捲られ、お尻を大きく開かれると、私は見知らぬ学生にまで大事な部分を披露する
破目になってしまったんです。

それ以降、私は公園だけではなく、映画館や電車内、ゲームセンターで彼らに玩具とされ
露出をさせられる様になりました。
唯一救いだったのは、彼らはご近所を避けてくれた事でしょうか?
週に何度も呼び出され、数人の肉棒を数回挿し込まれる内に、私の感度は増し自ら彼らを求めて
しまう様になるし、露出させられる興奮が忘れられません。

息子を守る為に始まった筈が…今では…。


CFNMマゾの妄想4

私は女子校に赴任した新人教師。
そして、何人かの問題児がいるクラスの担任となる。
生徒は40人、もちろん全員女子生徒。
問題児と思われる生徒が数人、私を威圧的な目で見ている。
そして、彼女たちの態度の悪さを注意したことで悪夢が始まった。
私には、別の高校に通う妹がいるのだが、
彼女たちは何処で情報を得たのか、私の妹に乱暴し、その写真を撮って私を脅してきたのだ。
言うことを聞かなければ写真をばら撒くと言われ、私は彼女たちの奴隷となった。
彼女たちが遅刻したり、掃除をさぼっていても黙認し、テストの前日には解答を教えたりもした。
時にはパンを買いに行かされ、お金を要求されたりもした。
そして保健体育の授業で、私は人生最大の恥辱を味わうことになる。
それは、男性器の説明をしている時だった・・・、
「先生、絵で説明されてもよく分かりませーん」
「そうですよ、実物で説明して下さいよ」
「無理を言うんじゃない、実物なんかあるわけないだろう」
「いいえ、あるじゃないですか、あたし達の目の前に、フフフ」
「そうそう、先生にも付いてるんでしょう?  一応男なんだし」
「ば、馬鹿なことを言うんじゃない」
「馬鹿なこと?  ねえ先生、あたし達にそんな口聞けるのかしら」
「そ、それは・・・」
「ねえみんな!  みんなも実物を見ないと分からないわよねー!」
「は~い、分かりませ~ん」w
「ほら先生、クラスのみんながそう言ってるわよ」
「・・・・・・・・・・」
「まさか先生、可愛い生徒たちが前向きなお願いをしているのに拒否するんですか?」
「・・・・・」
「どうなのよっ先生!」
「・・・、わ、分かった」
「やったー!  みんな、先生が実物を見せてくれるそうよー!」
「イエ~~イ」ww
こうして私は、40人の教え子の前で下半身を晒しました。
「キャハハハ、先生の小っさ」
「先生、みんなによく見えないから教卓の上に座ってよ」
「や、やめろ」
「〇〇子!  そっちの足持って!」
「オッケー、それ!」
「ほらー、大開脚~、アハハハ」
「みんなー!  見えるー、先生のおチンチーン!」
「は~い、よく見えま~す」ww
結局、授業は崩壊し、ただのおチンチン鑑賞会となったのでした。

CFNMマゾの妄想3

『男子カイボウDVD3』


男子は全裸で羽交い絞めにされて尚、腰を引いたり内股になったりしながら抵抗を繰り返します。
でも、おチンチンを隠せるわけはなく、かえってブラブラと滑稽に揺れるモノを見られ笑われてしまいます。
そこへ2人の女子がニヤニヤしながら男子に近づき、両サイドに立ちました。
そして、トドメ或いは観念させようというのか、男子の両膝をそれぞれ持ち上げ左右に広げてしまったのです。
これには女子たちも大歓声を上げます。
男子はガニマタのように足を広げられ、もうおチンチンやキンタマ、お尻の穴まで全部丸見えです。
女子たちがスマホやケータイで男子の恥部を撮り始めました。
相変わらず暴れる男子のおチンチンがブラブラと揺れています。
それを女子たちがケラケラ笑いながら撮っているのです。
こうなると、集団女子は歯止めが利きません。
一人のお調子者の女子が、おチンチンをつまみ上げぷるぷると揺らしました。
もちろん女子たちは大爆笑です。
さらにその女子は、周りの女子たちからの要望もあり、おチンチンの皮をどこまで伸びるか思いっきり引っ張りました。
ゴムのように伸びるおチンチンに女子たちは又しても大爆笑。
私も、おチンチンの皮がこんなに伸びるなんてちょっと驚きました。
それにしても、こんな大勢の女子にいじめられ、ただ一人全裸にされ、おチンチンを辱められてしまう男子って、
男としてのプライドはズタズタでしょうね。


CFNMマゾの妄想2

『男子カイボウDVD2』


私は中学一年の時に、一度だけクラスの男子が他の男子数人にカイボウされるのを見たことがあります。
私は既に包茎という言葉は知っていましたが、その時ぬがされた男子は毛も生えてない皮被りの包茎でした。
小学五年生の弟とほぼ変わらない可愛いおチンチンに、一緒に見ていた女子たちと大笑いしたのを憶えています。
画面に映る男子は三年生。
私は、一年生のおチンチンとどのくらい違うのか、或いは余り変わらないのか興味津々でした。
すると、プロレスラー並みに体格のいい女子が全裸で蹲る男子の背後に回り、いきなり羽交い絞めにしたのです。
そしてそのまま立たせようとしています。
おチンチンを晒すつもりです。
男子も必死に抵抗していますが、女子のパワーの前に成す術はありません。
周りの女子たちが、そんな無駄な抵抗をする男子を面白そうに眺めています。
私は画面の前に釘付けになりました。
そしてとうとう、男子の体は完全に起こされ、おチンチンを晒されてしまったのです。
あっ、見えた。
えっ、少し大きい。
ちょっとだけ毛も生えてます。
でも形は包茎です。
画面の中とはいえ、父と弟以外のおチンチンを見たのは、これで二度目です。
私は興奮を抑えるのに必死でした。
女子たちも、目の前で全てを晒す男子に歓声を上げています。
男子が男子を脱がすいじめはよく聞きますが、女子が男子を脱がすいじめは初めてです。
しかもこんな大勢に。
それに男子はたった一人なのです。
男子の恥ずかしさは相当なものだと思います。
でも、そんな男子の心情も女子たちには届きません。
いや、むしろ男子が恥ずかしがれば恥ずかしがるほど女子たちの女尊心に火が付いてしまいます。
そして私は、これから集団女子の本当の怖さを観ることになるのです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード