携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

同性

男だった私

俺は普通の女として生まれてきました。続きを読む

浮気の必要性

姉と妻は肉体関係が出来ている。姉が妻を毒牙にかけたのだ。平日の昼間、時々妻は姉に犯されているようだ。女の体には愛した男の癖が付く。その癖のもとを 作った女の舌先にかかると、ひとたまりも無いらしい。妻の性感開発は学生時代から続けてきたが姉はバイブなどを持ち出してさらなる快楽を教え込んでいるよ うだ。精神的に慕ってくる義妹を姉も本気で愛しているようだ。姉のテクニックは夜の生活に影響する。射精のインターバルに姉のバイブで妻を喜ばせるのも良 いものだと思えるようになった。
昨日妻が姉に「託卵女子」についての先日の撃退談を嬉しそうに報告したらしい。すると姉は「浮気が出来ない男は腐っていくわ。よどんだ水がくさる ようにね。愛人の2人や3人。隠し子ぐらい作らせなさい。あなたは自分が妻の貞潔を守ってさえいれば良いけど、男は同じじゃないのよ。」と大真面目でお説 教をしたらしい。帰宅すると妻は早速真剣な目で「浮気をして頂戴。でも私と子供を忘れないでね。他所の女を私達以上に幸せにしたら嫌。浮気の詳細は教えて ね。」と言われてしまった。
妻にはスマホを見せて略奪婚を狙うアラフォー独女達からの不倫お誘いメールも読ませて丁寧なお断りの返事を代筆してもらっている位だ。妻はキャリ ア組の「託卵女子」お姉さまからの切実なメールも読んで「私はあなたを愛する女。それは彼女も一緒。私はあなたに選ばれたと言うだけで妻の座にいる。あな たの子供の独占は同じ女として考えるとどうなのかしら。私にも解からなくなってきたわ。」と悩みだした。「心配するな。お前は何でも揃っている素晴らしい 女だ。浮気の必要などない。」と断言してやった。
喜んだ妻は姉の下着を身につけ「さあ、御姉様を犯すのよ。」とベッドルームにさそった。話は変わるが妻も姉も妊娠したのではないかと思う。2人と も美しさが輝いている。妻の乳房を攻略して乳首をこりこりにすると右手で女性器三つ所攻めをかけながら、足指から始めて女性器へと舌先を進め妻の体を起こ し騎乗クンニをした。かつては汚いから止めてと言っていたが今は熱く荒い息遣いと大量の愛液で応えてくれる様になった。子供を産んで清楚なお嬢様は高感度 な美女になった。
美しく乱れた妻に正常位から陰茎をつき立て激しいピストンラッシュを浴びせた。甲高い嬌声を上げて妻が果てたのでぐっと陰茎を根元までさして勢い 良く精液を放った。陰茎を抜いて姉のバイブで可愛がってやろうとすると妻は「いや。まだ中にいてください。」と言った。結局抜かずに6発精液を放った.。 膣の中で尿道を精液が卵子を求めて突っ走る快感はもの凄い。女の体は単に瀬液を捨てるためでなく、本能に忠実に自分の種で孕ませる所に本当の快楽があると 思う。男はより深く陰茎で女を犯し射精する方が気持ちよい。これは精液を注ぎ込まれる女も同じ様だ。単なる避妊性交が馬鹿らしくなった。

女子寮で先輩に捧げたアナル処女

俺の彼女は美琴と言います。女子大生です。俺と付き合うまでは処女でした。しかしながら、アナルでの経験はあったらしいです。経験と言っても、ディルドウで貫かれただけみたいですが。しかも女同士で。
 聞いたところによると、相手は高校時代の先輩とのことでした。美琴は女子寮に入っていたのですが、そこは上下関係がとても厳しく、先輩の言うことは絶対だという雰囲気があったようです。そんな寮で、相部屋のパートナーになったのが、レズビアンの先輩だったのです。

 一年生だった美琴は、入寮初日に先輩から迫られ、断り切れずレズプレイに応じてしまったらしいです。
 もっとも、最初のうちは、クリトリスを弄られたり舐められたり、あるいは美琴の方が先輩のクリトリスを舐めさせられたり、そういった前戯で終わっていたようです。先輩も鬼ではないので、レズっ気のない後輩の処女まで奪おうとは考えていなかったみたいです。
 美琴は、クリトリスを弄り合うだけなら、それほどの抵抗感はなく、どちらかと言うと楽しんですらもいたようでした。とはいえ、膣にしろアナルにしろ、バージンを捧げるつもりは更々なかったようです。あくまでも触るだけならばという条件付きで先輩を受け入れていたのです。
 最初のうちは、先輩もそれで満足していたのですが、人間には慣れというものがあり、常に新鮮な感覚を求めてしまうものです。
 夏が近くなった頃、先輩は美琴の処女を貫きたがるようになりました。ペニスバンドを嵌めて犯したい、と言って迫ったらしいです。
 これにはさすがに美琴も抵抗していたのですが、先輩に「ならアナルバージンを頂戴」と言われ、折れざるを得なくなったようです。上下関係の厳しい寮において、先輩が譲歩までして頼んできたのだから、断り続けるのは至難の業だったでしょう。

 暑い夜だった、と美琴は言ってました。
 ベッドに潜り込んできた先輩は、いつもの全裸ではなく、ペニスバンドを装着していたとのことです。ディルドウを口に咥えさせられたのですが、それはこの時が初めてのようでした。
 先輩は、美琴の口内を犯しながら、ローションを尻穴に塗り込んできたりしたらしいです。美琴の印象としては、どうにも手慣れた感じだったとか。
 唾液でたっぷりと濡れたディルドウが、美琴の口から引き抜かれると、先輩は、流れるような仕草で正常位の体勢を整えた、らしいです。ディルドウによる疑似フェラチオから解放されて、一息つけたと思ったら、次の瞬間にはアナルに先端を押し付けられていた、とのことでした。
 先輩は躊躇なくディルドウを埋め込んできたけれど、不思議と痛みはなかったようです。ローション効果でしょうか。
 普段クリトリスを弄り合っている時は、会話が結構あったらしいです。「気持ち良い?」とか「濡れてきたよ」とか。
 しかし、アナルバージンを捧げた時は、なぜかあまり言葉を交わさなかったようです。先輩は無言で腰を動かしディルドウを突き入れてきて、美琴の方も、わずかに息を荒げながらひたすら尻穴の違和感を耐えていたのだとか。
 きっと、薄暗い部屋の中で、美琴の呼吸音と、アナルを抽送する音だけが、辺りを支配していたのでしょう。
 先輩は10分近く黙々と正常位で美琴と疑似アナルセックスを続けていたらしいです。そして唐突に腰の動きを止め、ディルドウをゆっくりと引き抜いていったのだとか。
 美琴のアナルバージンロストはそれで終わりです。ふたりとも汗だくになっていたので、一緒にシャワーを浴びて、あとは普通に寝たらしいです。
 先輩は満足したようでした。おそらく、アナルバージンを貰うことそれ自体が先輩にとっては重要だったのでしょう。
 それからも、先輩が卒業するまでの約半年間、レズ関係は続いていたようですが、ディルドウが持ち出されることはなかったらしいです。時々アナルに指を埋め込まれるようにはなったようですが。

 話を聞いた日、俺は美琴とアナルセックスをしました。最初で、おそらくは最後のアナルセックスだと思います。
 バージンを奪われた肛門を俺が貫き直して、先輩の存在を過去のものとする。そういうつもりで俺は臨んだし、美琴もきっとそうだったでしょう。
 俺は、彼女の先輩と同じように、正常位で挿入して、黙々と出し入れをしました。


息子の友達のママに仕組まれた罠にハマった私

今年29歳になる専業主婦です。
主人(35歳)は、医療系企業の営業をしており現在は係長に出世し忙しく働いています。
そんな私達には6年前に出来た1人息子がいます。

息子も去年幼稚園に入園し、数日後には友達が出来て楽しく生活していました。
公園デビュで知り合った奥様方も数人、同じ幼稚園だったのでママ友には恵まれていたと
思います。
朝、主人と息子を送り出すと、掃除と洗濯を済ませ専業主婦の自由な時間が始まります。
息子も2時過ぎ位までは帰って来ないので、TVを見ながら昼食を済ませネットでショッピング
などを楽しんでいました。
その日も息子を迎えに幼稚園に向かうと、私を見つけた息子が歩いて来たんですが、一緒に
歩く男の子がいたんです。”新しい友達かな?”そう思っていました。
息子が近づいて来て”ママ!お友達のジュン君だよ”と紹介され”レオと仲良くしてね”と言うと
”うん!”と言いながら隣にいた女性の方へ歩いて行ったんです。
”彼女がママか!”ちょっと年上の優しそうな女性で、向うも私を見たのでお互い軽く会釈して
分かれる筈だったんですが、彼女も同じ方向へ歩いて来るんです。
その内、子供達が近づいて話しながら歩き出したので、何となく私も彼女に話しかけたんです。
彼女(友紀)さんは35歳で、最近引っ越して来たばかりらしく、同じマンションの住人だったんです。
それからと言うもの、朝も帰りも子供の送迎は一緒に行く様になり昼間もお茶を飲む仲になって
いました。
友紀さんの旦那さんは貿易関係の仕事で、出張も多く家にいる時間が少ないと言うんです。
知らない土地で1人淋しく過ごしていた時に、私と知り合い嬉しかった様です。

時は進み、私達が知り合って2ヵ月程過ぎた頃でしょうか?友紀さんの行動が怪しくなってきたんです。
私の前でも平気で着替えるし、私の隣に座って”恵ちゃんの肌、白くて綺麗ね”と言いながら
触れて来る様になったんです。
それはだんだんエスカレートして、私の胸を触りながら”恵ちゃんのおっぱい大きいわね!形も
良いし羨ましいわ”と言う始末。初めはふざけているのかなぁ?と思っていました。
そんなある日
 「恵ちゃん!オナニーとかするの?」
 「え~しませんよ!」
 「本当!まぁ旦那さんに夜、可愛がって貰っているからしないか!」
 「そんな事無いんですよ!最近は全然!」
 「嘘っ・・・まだ若いし!毎晩なんじゃない!」
 「そんな事無いですよ!夫は帰りも遅いし・・・」
 「ん~そうなんだ!アソコ淋しくない?」
 「えっ・・・何だか恥ずかしいわね!どうしたの急に・・・」
 「恵ちゃん!Mでしょ!」
 「えっ・・・」
 「図星だ!」
 「ん~そう言われるし、そうかも・・・」
そんな時、友紀さんが隣に座って、私の髪を掻き上げると耳にチュってして来たんです。
 「友紀さん?」
 「ねぇ!私の事嫌い?」
 「そんな事無いですけど・・・どうして?」
 「じゃ、ちょっと気持ちいい事しよう」
そう言うといきなりキスをされ、舌を入れて来たんです。
 「ん~ん~友・紀・さ・ん・・・ダメ」
友紀さんがキスしながら胸を揉んで来て、やがてスカートの中に手を入れて来ました。
友紀さんの舌使いに抵抗する事を忘れ、ただ受け入れ始めてしまったんです。
気づくと私はソファーの上で裸にされ彼女にアソコを舐められながら胸を揉まれていて
ハァハァ息を荒らし感じ捲っていました。
友紀さんは女性だから女の感じる所を知り尽くしていて、的確に私の壺を刺激して来て
私は彼女に何度も逝かされ、潮を噴いていました。
 「恵ちゃん!やっぱりMの素質があるのね!凄い感じちゃって・・・可愛いい」
そう言いながら私にディープキスをしてきました。
何度も逝かされ、頭は真っ白!夫にもこんなに気持ち良くされた事が無かった私は
意識が朦朧とするなか彼女のマンコを舐めていました。
フラフラする私を連れ風呂に向かうと友紀さんはシャワーで私の体を綺麗に洗ってくれ
2人は着替えを済ませソファーに座ったんです。
友紀さんがコーヒーを入れてくれ飲んでいると、
 「恵ちゃん!どうだった?」
 「えっ・・・気持ちよかったです」
 「そう!旦那より良かった?」
 「え~」
 「そろそろ迎えに行こうか?」
何も無かったかのように振舞う友紀さんに、恥ずかしいと言う気持ちは直ぐに薄れ
気にする事無いんだ!と思ったんです。

翌日も、その翌日も私は友紀さんに抱かれました。
毎回絶頂を迎え、隠れていたMに火が付いた様に私もエッチに夢中になっていたんです。
それから、数週間が過ぎた時、友紀さんが取り出したのはエッチな道具でした。
私はいつもの様に裸にされ、友紀さんの舌にメロメロにされた所で、バイブを差し込まれ
ローターでクリトリスを刺激され、やがてバイブレーターで最高の刺激を与えられ続けたんです。
 「友紀さん・・・・ダメ!それ以上されたら・・・私・・・壊れちゃう」
 「恵ちゃん!もっとエッチになるのよ。もっともっといっぱい気持ち良くなって」
 「だって・・・・あぁぁぁ~イクゥゥゥ~」
今まで以上に潮を噴き上げ、自分でも体が別人の様に感じる程です。
ヘロヘロになった私は友紀さんに身体を洗われ、息子を迎えに行く頃には疲れ果てています。

そんな暮らしがヵ月以上も続き、私は身も心も友紀さんに支配され逆らう事が出来ませんでした。
夫との行為も禁止され、陰毛は全て剃られマンコにはピアスが開けられたんです。
玩具もいつの間にか大きくなっていて、気づかないうちに私のマンコはガバガバに拡張されて
いました。

もう終わりにしないと旦那にも何れバレテしまう。そうなれば家庭も・・・。
そう思い居ながらも。彼女の呼び出しに断る事も出来ず、彼女に命令されるがまま裸にされ
玩具で逝かされる私。そんな中、友紀さんはお尻に浣腸を差し込んで来たんです。
 「恵ちゃんのマンコ緩くなっちゃったから、今度はこっちで楽しませてね」
 「そ・そんな!そこは・・・」
 「恵ちゃん、お尻突き出しておねだりは・・・」
 「友紀さん!もう許して・・・」
 「許してって言いながらもここからダラダラとダラしない汁が溢れているわよ」
 「それは・・・」
彼女の指摘に反論する事も出来ないまま、私は巨大な浣腸をお尻の穴に差し込まれました。
何度も何度も注入され、もうお腹がパンパンになり痛いんですが、彼女はそんな私の穴に栓をして
限界まで出させてくれません。
もう爆発寸前で、栓を抜かれ私は彼女の前に大量の糞を出させられました。
何度も同じことを繰り返され、腸内を綺麗にするとバイブを差し込んできます。
初めての感触でしたが、エッチな身体に変えられて私には快感に感じてしまったんです。
彼女の陰部に装着された巨根に差し込まれ、何度も出し入れを繰り返されると、私はお尻でも絶頂を
味わい、潮を噴いていました。
新たに加わったアナルプレーは毎日行われ、意とも簡単にバイブを食い込んで行く穴!
マンコとアナルの同時攻めに私は意識を失う程の感覚に見舞われ虜となって行きました。
彼女はSMプレーも私に教え込み、8か月もするとすっかり私は彼女の奴隷と化したんです。
息子の向かえは浣腸液で満たされたアナルに栓をされノーパン姿です。
彼女はそんな私に容赦なく近寄りマンコに指を入れて来ます。
もう眼界に栓から漏れる浣腸液が太股を伝って流れます。
子供の後ろで、私はお漏らししながら付いて行くんです。

そうして、息子も1年を迎え年長組になりました。
夫との夜の営みは禁じられながらも、避ける訳に行かず3ヶ月に1回位で行われますが、
夫はシンプルで、布団の中で全て行われるので私の体の変化に気づいていない様です。
アソコはガバガバで、夫の物では全く感じる事が出来なくなりました。

そして先日友紀さんに紹介された人・・・それは男性だったんです。


マッチョな中年男性の性処理をさせられた過去

2年程前の話になります。
当時、17歳だった俺は友人数人と夜遊びをしていました。(金曜日の夜でした)
友人の両親が出かけていて誰も居ないと言う事もあり、未成年でありながら酒を飲み
加減を知らない私はヘロヘロ状態だったんです。
深夜1時を回り、俺は友人の家を後に自宅に向かっていたんですが、途中気持ち悪くなり
近くの公園のトイレに入ったんです。
そして近くのベンチに座り休んでいると、中年男性が声を掛けて来ました。
その時は既に意識朦朧としていて何を話したのか?覚えていません。
まだ頭が朦朧とする中、目を開けると見知らぬ部屋のベットの上だったんです。
”何処だろう?”そんな事を考えている時、私は全裸で寝ている事!お尻がヒリヒリする事!に
気づいたんです。
”えっ”そう思っていると、中年男性がパンツ一丁で現れました。
 「目が覚めたのかい?その感じだと何も覚えていない?」
 「誰ですか?」
 「ん~どこから説明すればいいのか・・・公園で話した事は・・・」
 「覚えていません」
 「そうか?」
そうして彼は昨晩の出来事を話し始めました。

昨晩、公園でヘロヘロの私は彼に酒を誘われ付いて来たそうです。
この部屋で1時間程して、”男役と女役どっちがいい?”と聞かれ”女になります”と私が答えたそうです。
彼が俺を裸にすると、キスをしたりアナルを舐め始めると俺は彼の物を咥え喘いだと言います。
彼の肉棒をお尻で受け止め、何度も中に出され朝を迎えたと言うのです。
彼は、その話を終えると同時に俺の直ぐ横に座り顔を近づけるとキスをしてきました。
本当なら嫌がる所ですが、俺は凄くドキドキし彼のキスを心地よく感じていたんです。

俺は、幼い時からMっ気が強い事を知っていました。叩かれたりつねられるとゾクゾクしたりして変だな!
と感じていました。小学校5年の時、先輩に軽いイジメにあって体育倉庫でお尻に棒を入れらたことが
ありお尻に目覚めた瞬間でもあります。
それからお尻に鉛筆を入れたりして、変態オナニーを数年楽しんでいました。
高校に入ってからは、お尻プレーはしなかったんですが、酒で本性が現れたんでしょう!彼に犯される
事を望んでいたのかも知れません。

彼はキスをしながら俺の体を擦り、やがてお尻の穴へ指が向かうとズルズルと中に侵入して来ました。
”うっ”と言うと”ここ気持ちいいんだろ”と言われ、俺は寝かされると顔の前に彼の肉棒を差し出されたんです。
69の体制で、俺は彼の肉棒を咥え彼は俺のアナルに指を指し込んでいました。
もう俺の肉棒もギンギンに腫れ上がりカウパー汁が溢れていました。
彼が立ち上がると、寝室の奥からエッチな道具を出して来て、俺のチンポに装着!お尻にもバイブを差し込んで
俺はもう逝きそうでした。チンチンがヒクヒクし射精を迎えましたが、彼が付けた装置が食い込んで尿道が
押さえつけられ発射出来ません!逝く感覚だけが脳裏に来て、それを何度も繰り返されるんです。
お尻のバイブを抜いた彼が指を2本入れ、お尻の壺をクイクイ刺激して来て、もう変になりそうでした。
やがて彼の肉棒を差し込まれ、何度も何度も彼は俺の体内に射精していました。
3時間程、彼に弄ばれようやく体の自由を取り戻した俺に”連絡したらまた来いよ”と言われスマホの画像を
見せて来ました。
 「お前!色白肌で、ムチムチ感が良いんだよ!俺好みだ。しばらく相手して貰うからな」
俺は何も言えないまま、彼の部屋を出て帰宅しました。

数日が過ぎ、彼からのメール!俺は彼の部屋に数回呼び出され、彼の性処理相手をしました。
毎回チンポに装置を装着され逝く感覚を繰り返され、彼が満足した所でようやく俺も発射出来るんです。
そんな事を繰り返され、俺は彼に調教されたんです。
彼と会ってから3ヶ月程して、俺は彼以外の男達の性処理もさせられる様になったんです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード