このサイトの投稿にレイプするなら夏より日が早く沈む冬場だと書いて有ったので、今さっき女子高生も通る裏道に車を止めライトを消して獲物が通るのを待った。

すると15分もしないうちに男好きのするボディーラインの獲物が現れたので、素早く車ををおりこのサイトに書かれていたように彼女を捕獲した。

テープで口を封じ制服の下に着ているセーターの袖を引っ張って縛って手の自由を奪い、荷物も落とさない様に車の中に引き込んだ。車を人が来ない新幹線沿いの小道に移動した。

この寒いのにミニスカート生足だったので車中で派手なショーツを奪って数回ターンさせ足首に履かせて両足の自由を奪った。真っ先に膣口を狙えと書いてあたので、膣に指入れしてみるとゆるゆるで少し濡れていたのでクンニ技を色々お見舞いしたら大人しくなって愛液を流した。

「ずいぶん遊んだなぁ。」と笑うと睨まれた。「安心しろ。コンドームをするから。」というとわずかに残っていた抵抗も止まった。足首のショーツを抜いて後背位で足をひらかせてペニスをゆっくり膣口から差し込んだ。

ピストンをかけ始めると彼女の上半身がガクッと崩れた。緩やかなピストンを浅く深くかけた。15分ほどで彼女は細かく痙攣し始めたのでイッたと見てピストンを止めペニスをぐっと深刺しして射精し素早くペニスを抜いた。

このサイトには事後女性を優しく扱えと書いて有った。彼女の女性器を綺麗に拭いて後戯としてこのサイトに解説のあった女性器三つ所攻めを静かに右手でかけて左手に彼女を抱いて過行く新幹線の光を眺めてロマンティックに愛を語った。

彼女は全く抵抗しないのですべての束縛を解いて下着類を整えキスをした。恐る恐る口を近づけたら彼女の方からディープキスをしてくれた。そのまま抱き合って色々なお話をした。

彼女は援助交際をしていてサポは諭吉1~2枚が相場だそうだ。「可愛い子にはお金がかかるものね。僕もお小遣いを出そう。」というと彼女は財布を取り出す手を止めた。「私、彼は欲しくないけれど、あんたの様なイケメンのセフレは募集中。」

「今度、暖かい伊豆か南房総にドライブに行こうか。」「私はわがままな女よ。覚悟ある?」「僕で良ければ。さて遅くなっちゃった。家まで送るよ。さっきは力ずくで乗車して貰って御免。落としてきた物や壊れた物はないかい?」「大丈夫みたい。」

「それにしてもレイプされたのに落ち着いているね。」「援助交際していて友達と2人でホテルに呼ばれて行ったら男6人に縛られて回され、逃げられた事も有ったからね。あんたみたいな人のよさそうなイケメンならヤラしてセフレにしようと思ったのさ。」

彼女とスマホのメアドを交換して彼女を家に送り届けた。早速メールが来た。「今日はどうも。クンニ上手いね。本気になっちゃった。」とあった。セフレって意外と重たい関係かも知れないと思った。