私が中学生の頃の話です。この体験から私の性癖が変わったと思います。
ある夜、家族が寝静まった時間でしたがどうしてもトイレに行くたくなって部屋を出て向かいました。
トイレを済ませ自分の部屋に戻ろうとすると両親の寝室から明かりが漏れていました。
こんな夜中にまだ起きているのかと思っていると部屋の中から母のあえぎ声が聞こえてきました。
両親がやってる最中だと直感しました。その頃オナニーを覚え女性に興味を持ち悶々としていた頃で友達からも自分の両親がやってる声を聞いたとか聞かされていて、うちの親はいつやってるんだと思っていたからです。とうとうこのタイミングに巡り合ったとそっと部屋に近づきました。
両親の寝室のドアには擦りガラスがはめらており、部屋の電灯が明るく廊下を照らしています。
母はハアハアと荒い息をして時折高い声を上げてそれだけでも大興奮なのですが、何とか部屋の中を覗けないかドアの隙間とか覗いたりしたのですが無理で、決心してドアノブを回してみたのですが残念ながら鍵がかかっていました。ここで私は大発見をしました。
ドアに付いているガラスが少し動くことを見つけたのです。寸効上で枠よりもガラスが少し小さくなっているのですがその隙間が少し大きかったのです。左右はほとんど動かないのですが上下に動くのです。私はガラスを指でそっと持ち上げるととうとう部屋の中を見ることができました。
部屋の中は電気が付けられているおかげですべてがはっきりと見えました。
正面の布団の上で大の字になった父の上に母がまたがっていました。母は両手で乳房を揉みながら腰を振っており、父はコードがのびたスイッチを持っていました。そのコードはカメラにつながっているらしく時折父がスイッチを押すたびにカシャっと音がしてフラッシュが光りました。私からはカメラは見えなかったのですが全裸になった両親に明るく照らされるのです。ハメ撮りをしていたのです。私は両親の行為を目にしただけで気が遠くなるくらい興奮したのですが、その撮影風景を目にしてさらに固まってしまい我を忘れて見入っていました。まさかそんな行為を息子に見られているとは思わないのでしょう。二人とも無心になっており、フラッシュが光るたびに母が「あっ」とか「いやっ」とか言いながら最後はいちだんと激しく動いてイッたらしく父の上に倒れこんでじっとしていました。
私は見つからないように自分の部屋も戻って何度もオナニーをしました。本当に天地がひっくり返るくらいの驚きで自分の両親は変態なのかとも思いましたが、翌朝いつもの両親のまま朝食を食べているのを見て昨夜のことが信じられませんでした。あ
それから私の帰宅時間は早くなりました。両親は共働きで晩御飯までは帰ってきません。私は学校は終わるとすぐ帰ってきて両親の部屋の大捜索です。何か痕跡はないか目を皿のようにしてさがしました。布団はきれいに畳まれていましたが、カメラはそのままになっていました。両親の方に向かってセットされており、長いコードもついたままでした。現在ならデジカメで写真を見ることができましすが当時はフィルムで現像してないので見ることができませんでした。なら写真を探そうと押し入れからタンスまで探すと見つけることができました。押し入れの木の箱があり中にたくさんのアルバムがありました。背表紙には〇〇子1などと母の名前の番号が振ってあり、No1を開いてみると新婚当時の若い母の姿がありました。10代で結婚した母はとても若くてその頃から写真を撮っていたようです。父の巨大なモノを握りほほ笑んだり、口に含んだりしている姿を見て決して嫌がらずに楽しんでやっていると感じ何だかほほえましくも思った記憶です。それからはそのアルバムと時々遭遇する両親の姿を見て本当に勉強させてもらいました。友達の中で一番エロいと言われるようになったの確かです。そしてその性癖は遺伝なのか、私もそれから付き合った女の子はすべて写真を撮るようになりました。今でも宝物にしています。その話はまた次回。