今朝は6時に起きて朝食を食べた。スタディー&セックスのためだ。

今日は日曜日なので転げ込んできたレイプ妹2人に午前中は3教科3時間復習しよう。

午後は月曜日からに備えて予習をしよう。俺が全部新しいことは教えてやる。

という事でセックス付き学習塾が始まった。絶対Aをとってセックスと意気込む2人は

目つきが違っていた。ガンガン俺に質問し理解していった。3時間はあっという間だ。

以前は歯もたたなかった問題集の練習問題でまた90点以上をとった。そこで2人に

交代で彼女達の好きな体位で2回ずつセックスしお兄ちゃんの精液を注込んでやった。

床に正座をしての対抗座位が深い挿入感と体を密着させるラブラブ感で人気が高い。

殆ど腰が使えないが奥のPスポットに俺のペニス先端が触れて気持ち良いそうだ。

しかも自慢の乳房を吸わせることができるし「だいしゅきホールド」も楽だそうだ。

しかし彼女達もその気になれば頭の良い所を見せるじゃないかと思った。勿体無い。

今は彼女達がお昼に炒飯を作ってくれるのを待っている。彼女達の調理能力は高い。

良い専門学校に通って磨きをかけて立派なプロになって欲しいなと心から思う。

受験コースのレールに乗って無自覚に大学に入った俺よりも自分たちの将来設計が

出来る彼女達の方がよっぽどこの世を確かに生きて成長していると思い知らされる。

炒飯が出来て彼女達と食べつつその話をしたら学校の宗教の授業で教わったそうだ。

洋菓子店は2人で開きたいそうだ。俺と結婚したいと言われた。重婚出来ないぞと

言われると2人とも内縁の妻になって戸籍上は独身という事にしたいと言われた。

俺は自分の欲望で女を犯さない。女の希望を聞いてセックスしてくれる紳士だから

お兄ちゃんにも夫にもなって欲しいそうだ。さあ昼が済んだら午後の部を始めるぞ。

良い大学に入るために積み上げた受験勉強が思わぬ形で役に立った。