‥話の続きです。
 妻カオルが飲み会の帰りに、中出しセックスをしてしまった告白を再現しています。

 悪酔いし、その流れで若いT君とホテルに入ってしまったというが、男にとってはその時点で、勝ちであろう。
 カオルのその甘さも、男にとってきっと魅力なのだが。
カオルは、トイレに籠もったり、横になったりするうちに、次第に身体は楽になったものの、今度は眠気が襲い、ベッドでウトウトしてしまったという。
 ふと、まだ酔いも醒めずに、心地良くまどろんでいた中、なんとなく重さを感じたところ、なんとT君が覆い被さっていた。
 思わずハッと目覚めたが、ブラウスのボタンは外され、ブラが露わになっている状態で、さらにT君は、既に下半身を出していたという。
 こうなると男はもう攻めるだけで、「好きでした!」「憧れてました!」「思い出を作らせてください!」「もう逢えなくなるから!」などと、カオルの抵抗を与えぬまま一気に押しまくって来たらしい。
 ジタバタするうちにブラはたくし上げられ、オッパイは激しく揉まれ、むしゃぶりつかれてしまった。
 ところがT君は、押さえつけようと下半身をカオルの太もも辺りに擦り付けていたが、興奮のあまりか、あえなくそこで発射し、果ててしまったという。
 ほとばしった精液が、パンスト越しの脚にかかり、傍らに崩れ落ちてしまったT君と、だらしない格好のままのカオルと、暫し気まずい時間が流れた。
 カオルは黙って浴室へ行き、汚れたパンストは処分し、ベロベロに舐められたオッパイを洗いにシャワーをサッと浴び出した。
 (もうこれで終わりだな…)
 半年とはいえ、仲良くやってきた仲間だったから、カオルは歯切れの悪さを感じていた。
 そこへなんと、全裸でT君が飛び込んで来たという。
 半ばヤケクソ気味にシャワーに入り込んで来たT君だったが、過剰に(嫌われたかも)と思っていたカオルは、ちょっとホッとしてしまい、そのまま湯やソープの泡を掛け合ったりして、「あはは」「うふふ」の雰囲気になったらしい。
 すると、なんとT君のアソコが、見事に復活を遂げてしまった。
 カオルは、男のアソコの大きさも、再勃起までのインターバルも、私の基準でしか知らなかったため、ある意味ナメてかかってしまったようであるが、T君のモノは、それは初めて見る巨大さだったのだ。
「初めてのひとになってください」
 T君の告白は、カオルの心を揺らした‥

 ‥続く