美菜の淫幼体は俺の精子を注ぎこまれからはますます感度を上げ、夜毎の生殖行為に花弁を濡らし俺を虜にした、もう、美菜無しではいられなかつた・・・・・・ 
エスカレートしてきた俺のロリ熱は止まらず、今夜はエロコスチュ―ムを身に付けさせた、 ピンク色のべビ―ドール、その下には黒いTバックショ-ツとガ-ターベルトだ、口は深紅のル-ジュを引いている、興奮した俺は美菜を抱き寄せドールを捲り、膨らんだ乳首を吸い、ショ-ツの中に手を入れた。 美菜はすでに勃起したチンポを握りしめ、扱き始めていると妻が前面に三角布だけのヒモパンを付けて寄つてきた、これもネット通販で買つたエロ下着だ、 俺と美菜の痴態を見て欲情している・・・・・                                                                 リビングの中央で俺は仰向けになり、美菜の腰を支えて顔の上に股がせクンニを始めた、妻は玉袋や竿をしゃぶり、ヒモパンを取り、右手でクリをなぞつている、 俺は手元のビデオリモコンスイッチを 入れた、天井と壁面に取り付けたカメラが作動し、60インチのモニターに貪り合う家族の交尾が映しだされ録画されてゆく。美菜と妻は自分たちの痴態にますます興奮し、クンニされている美菜は腰を グラインドさせ、俺は妻の口に射精した・・・・・     暫くして又、勃起してきたチンポをバックから  美菜の膣に差し込み 妻のマンコを舐めさせた、娘にクンニされた母は歓喜の嗚咽を上げていた。  間もなく、絶品の性器を持つた美菜の膣に俺は果てた、膝をついた美菜のマンコからドロリと流れ落ちてゆく精子・・・ 抜いたチンポを妻の口でお掃除させた・・・・・                                                                                       美菜は13歳の終わり頃、とうとう妊娠した・・・    まつたく、避妊せず、中出し三昧だ、当然だ、                               予定日は来年の冬、美菜14歳だ、中2で子持ちか・・・ 可哀そうだが認知するつもりだ、妊娠した 今も殆ど、かかさず性交し、楽しい毎日です・・・・・・・・・