14歳になつた美菜の肥大したクリを俺は舌で転がし、膣穴に指を差し込みながら淫蜜を啜つている。淫唇も大きく捲れて使い込まれた様子は一目瞭然で淫部だけ見ると中学生とは到底分からない、  美菜は再婚した、今の妻の連れ子だ、当時は小5で11歳だつた。 元々ロリ好きの俺はひと目みて 少しポチャ気味の愛くるしい美菜に惚れて再婚した。   美菜を俺の女にする条件を母親の妻は  承諾した、生活苦に喘ぎ、借金をしていた金を肩代わりする約束だつた。
そして親子3人の生活が始まつた、風呂場で美菜の体を洗い淫部を調べたが硬く口を閉ざした幼貝に挿入するのはまだ無理だと思つた俺はフェラを教えた、学習能力が速く一月もしないうちに性飲も 覚えて今もテ-ブルのイスに座つた俺の跨間に顔をうずめておしゃぶりの最中だ・・・・・                                                                        そうして一年が過ぎた頃から毎夜、俺と妻の営みを見せている、 しゃぶり、しゃぶられ、逝き狂い  淫語を叫ぶ、母親の痴態をまじかに見せられ、美菜は自分の股間に手をやるのを俺は見ていた。  もう、そろそろだな・・・・・・・・・・夫婦の営みを何度も見ていた美菜は何の抵抗もなく、俺の前で全裸になり、クンニを受け入れ、クリの吸引に身を任せて児童淫婦の道を歩み始めてゆく・・・・・・・                                                                     吸引したクリは大きくなり、舐めてやるとジワリと愛液を滲ませる様になり、今度は膣の拡張に取り掛かつた、小型のバイブから始めて段々と大きな物に変える、二か月もすると充分俺の物を納めるほどに開いた。 もうじき13歳を迎える美菜の体はすでにバイブですつかりアクメを感じる様になつていた                                                               たつぷりとクンニを施した美菜のマンコは淫蜜を滴らせて俺の亀頭を今か今かと待ち受けていた、                              メリメリと12歳の処女のマンコに俺は突き差した。                                                                                           「 クゥ・・・・・お義父さん・・・・が・・・・入つてるゥ・・・・・」  美菜は呻き、額に脂汗を浮かべていた・・・                                                          堪らなかつた、 美菜の膣は俺を締めつけ、快感の渦が押し寄せては又引いては押し寄せるのだ 妻のマンコとは比べものにならぬ気持ち良さにもう、限界だつた・・・・・・・                                                                             「 美菜・・好きだよ・・・・・愛してる・・・・もう、離さないよ・・・・俺の物だよ…美菜のマンコ・・・・・・」                                                               俺は叫び、あるだけの精液を美菜の子宮めがけて流し込んでいた・・・・・・・・・・・