今年の春、大きな仕事が一段落し、私(拓哉・35)は妻(章子・32)と一緒に妻の友人が住むW市へ
一週間の旅をしました。近くに有名な温泉地があり、観光地としても知られる、賑わいのある街です。
Kは妻の学生時代の同級生。私たちの結婚式に出席し、新居にも遊びに来てくれる程親しくしています。
何故か、数年前W市のホテル街でスナックを始め、忙しくしている様です。今は、逆に妻が、春と秋
年二回遊びに行きます。今回はそれに私が便乗した形です。夫婦二人が、一週間も女の一人住まいに
宿泊させてもらう訳にもいかず、妻だけが泊めてもらうことにし、私は、一人ゆっくり温泉に浸かる
つもりで、温泉地の湯治宿に宿泊しました。
初日の夕食はKの招待で、彼女のスナック(店名・『夢』)へ行きました。結構広く、小奇麗で
客も数組居て、流行っている様です。Kと二人の女の子で切り盛りしているとの事です。店に入ると
妻はトイレなのか、すぐに店の奥に入って行きました。私はKと挨拶を交わし、店の事やW市の状況等
聞きながら話していると、妻が奥から出てきました。なんと店の女の子と同じ服装です。
胸が大きく開いた、黒いタンクトップと膝上10cm以上はありそうな、黒いミニスカートです。
「どう、似合ってる?」とポーズをとる妻。私は30女がミニスカートなんて、無理と思っていましたが
その思いは覆されました。似合っています。「おう、いいじゃん」と言ってしまいました。
Kが「うちに遊びに来た時は、いつも店を手伝ってもらってるの、章子は客のあしらいが上手で、本当
助かるわ」と言いながら、女の子を呼んで紹介してくれます。二人とも20代前半で、可愛い娘達です。
「章子、今日は旦那さんの相手、お願いね。こっちはいいから」とKと言って、客の方へ行きました。
妻は私の横に座り、Kが用意してくれたご馳走を一緒に食べました。客が帰ってしまうと、三人は
私達の席に集まり、ビールや酒を飲みながら、話が盛り上がりました。
店を閉めた後、妻はKと共にKの家へ、私はタクシーで湯治宿へと、店の前で別れました。

 あくる日は、昨日の疲れもあって、昼過ぎまで寝ていました。午後から、湯に入り、湯から出て
温泉街の散歩、また湯に入るの繰り返しで、過ごしました。次の日も同じパターンの繰り返しです。
温泉ですから、湯に入る外、何もすることがありません。さすがに三日目になると、湯にも飽き
人恋しくなってきました。妻のいるKの家にでも、遊びに行こうかと思いましたが、何となく
抵抗があり、宿でゴロ寝を決め込みました。そのまま眠ってしまったようです。目が覚めると
もう夕方です。食事をしてから、話し相手でも探そうと街中の居酒屋に入りました。カウンター席は
いっぱいで、奥の座敷に案内されました。がっかりしながら、酒がくるのを待っていると、
相席の客が案内されてきます。「やあ、今晩は、お邪魔しますよ」と言い、向かいの席に座りました。
歳は私より上、40代半ばに見え、体格の良い人です。すでに酒が入ってるのか、少し赤く
人の良さそうな顔がニコニコしています。しかし、目は鋭く、抜け目なさそうで、商売人のように
思えます。彼も酒を注文していました。「お宅もこちらにお泊りですか?私も一泊するつもりですが
一人で飲むのもつまらないので、どなたか相手になって下さらないかと思って、やって来ました」と
私の着ている浴衣と半纏を見ながら、言います。「そうなんですよ、一人では寂しくて、話相手を
探していたところです」と答えました。「そうですか、それは丁度良かった。今日はちょっと
良い事がありましてね、ぜひ聞いて下さい」と言い、席を立つと調理場に行き、何か頼んでいました。

 「実は女の事なんですよ、まあ一杯やりながら聞いて下さい。今日は私に奢らせて下さい。
二年前、W市で商用で来た時、商売が思った以上に上手く運び、嬉しかったです。それを誰かに
聞いてもらいたくて、ホテルの近くのスナックに行きました。店の名前が縁起のいい「夢」です。
客が多くて、今日と同じように相席でした。私と同じ年くらいの男性が、一人飲んでいました。
彼は律儀そうな人で、私の長い話を最後まで聞いてくれました。でも、すっかり出来上がってしまい
その後は下ネタ話です。私も嫌いではないので、話に花が咲きました。その頃には客も帰ってしまい
ママと女の子三人が私たちの席に集まってきて、女性の体がアダルト映画のように潮吹きをするのか
どうかで、盛り上がりました。私は女性の体が潮吹きすることを、自分の知ってる限りの知識で
説明しましたが、誰も信じてくれませんでした。店を閉める時間になり、勘定してもらっていると
私の話し相手になってくれた男性が、酔って動けなくなり、女の子に助けてもらっていたので
私も手伝って、タクシーに乗せました。その時、女の子の体が私の体に触れ、電気が流れたかと
思いました。二人とも顔を見合わせ、何故か手を握り合っていました。彼女は手を離しながら
『ありがとうございました。また来てくださいね、私、優子と言います』と言って、頭を下げました。
この時から、私の頭に彼女のスマートな体型、可愛い顔が焼き付いて離れません。
 一カ月程して、商用で遠方に行った帰り、彼女の事を思い出し、W市に立ち寄って一泊しました。
食事をしてから、あのスナック「夢」に入りましたが、彼女の姿はありません。立ち入って詳しく
聞くこともできず、若い女の子に少しづつ聞いてみました。彼女はいつでも働いている訳ではなく
時々、不定期に働いていると、彼女たちが言ったと、私は解釈しました。諦めざるを得ません。
これから話は長くなりますよ。まあ、ゆっくり飲んでください」と言いながら、酌をしてくれます。
銚子が数本と豪華なご馳走が、目の前に並んでいました。話に夢中で気づきませんでした。
話の中に出てくるスナック「夢」の名前をどこかで聞いた気がします。その時は忘れていました。

 「秋風が吹き始めた10月、商用がありW市に行きました。今度は厳しい商売で、私と若い社員二人
一泊しました。さすが夜まで仕事するわけにいかず、夕食後は部下はそれなりの所へ遊びに行き
私は、もしやと思って、あのスナック「夢」に行きました。彼女はいました。嬉しかったです。
大切なものを失って、諦めかけたところで、再び見つけ出したような気持ちです。しかも
私を「潮吹きのおじさん」で覚えていてくれました。「優子が忘れられなくて、また来てしまった」
とお世辞(本当は本心)を言うと、喜んでくれました。他の客の相手をしながら、私の方にも来て
酌をしてくれたり、忙しそうに働いています。私はそれを見ながら、店が閉まるのを待ちました。
客がいなくなると、自然に私の席に女の子たちは集まってきます。私はカラオケは全く苦手ですが
思い切って誘ってみました。若い女の子はすぐに賛成してくれましたが、優子とママは、少し
考えていました。ママが優子に勧めてくれ、一緒に行くことになりました。ほっとしました。
それから、社員二人に電話すると、ホテルに帰っていたので、女の子達とカラオケに行くと言うと
すぐにやって来てきました。歌うことが苦手な私は見てるだけでしたが、楽しく過ごせました。
優子も、若い子達ほど歌わなかったけど、上手に歌っていました。みんな大いに盛り上がりました。
私は携帯の番号を書いたメモ書きを彼女に渡しながら、今度、いつ来るのか聞いてみました。
きっと連絡すると約束してくれました。ホテルに帰ると、もう日付が変わていました。
諦めかけた出会いが、偶然再会し、より親しくなれるなんて、人の巡り合いとは不思議なものだと
思いました。話は続きますから、もっと飲んで下さい」と言って、また盃を満たしてくれます。
私は、彼が10月に彼女と出会ったと聞いて、ふと、妻の事を思いました。しかし名前が違います。
妻は「章子」、彼女は「優子」ですから、全く違う人物に違いないと思います。

 「去年の春、彼女から2週間後にW市に行くと連絡が入りました。今回は飲食店の組合が主催で
公園で夜桜見物があるので、その日に来て欲しいと言います。私は彼女に逢うために、予定の日に
行けるように仕事を調整し、あくる日もフリーになるようにしておきました。
当日、公園に行くと、桜園は人でいっぱいでした。人々の中を忙しく動き回る若い女性は、各店の
従業員たちです。私は桜を眺めるより、懸命に優子を探しました。やっと見つけました。
店の服装の上に白いエプロンをして、飲み物をトレーに載せ、配っていました。私を見つけると
駆け寄ってきて、『遠いところから来て下さって、ありがとうございます、後でゆっくりお話し
したいです』と言って、飲み物を手渡してくれます。『優子の為ならどこへでも行きますよ』と
言うと、にっこり笑ってくれます。それから、私は見物客たちと桜を眺めながら、酒を飲み
世間話をしながら、時間を過ごしました。最後の出し物・花火大会が終わり、桜を照らす灯が
消え始めると、見物客は少なくなってきます。私は一人ベンチに座り、優子が来るの待ちました。
しばらく待つと、公園の建物から出て来て『待たせて、ごめんなさい』と言いながら
駆けて来ました。春らしい薄い黄緑系のワンピースを着て、白いカーディガンを羽織ていました。
『お腹すいちゃった、お寿司食べたいなあ』と言うので、近くの和食の店に入り、私は酒を
彼女にはビールを、そして二人分の寿司を注文しました。先に来たビールをコップに注ぐと
一気に飲み干し、『ああ、美味しい!喉が渇いてたから最高』『私、酔ってしまうかも』と
言いながら、私の顔を見て笑っています。私も『いっぱい飲んで、いっぱい酔って』と言いながら
コップにビールを注ぎます。寿司を食べ終わる頃、一本のビールで、彼女は本当に酔っていました。
酔いを醒ますつもりで、夜風に当たりながら、手を繋いで、歩いて駅に向かいました。
途中、彼女が欲しくなり、暗がりで抱きしめてキスをしました。抵抗されるかと思いましたが
意外と、すんなり受け入れてくれます。通り掛かったタクシーに乗り、ラブホテルに行きました。
私の知る限りのすべてテクニックを尽くして、優しく、時間を掛けて彼女を愛撫しました。
優子は初めて、私の腕の中で、絶頂を迎え、小さな喘ぎ声を上げてくれました。幸せな時です。
ちょっとエロい話になってきましたが、いやじゃないですか?若い頃はもっとエロい話の方が
良かったですが、この年になると段々、あっさりとした方が良くなってきました」と言いながら
男性は、私の盃を受けてくれ、一気に飲み干してくれました。私の盃に酌をしながら
「奥さんはどちらに?」問い掛けてきます。「ええ、今、W市の友達の所に泊まっています。もう
三日先に合流して帰る予定です。たまに離れて暮らすのも良いものです」と、強がってみせました。

 「去年の秋、彼女から10月にW市に来ると連絡があり、いつものように仕事の調整をします。
優子に潮吹きをさせたいと思いますが、男と女の関係になって、まだ一回だけ、しかも半年前の事
まだ無理だと思いました。以前にあるクラブの女性が、オナニーをする時バイブ(大人の玩具)を
使うと言ったことを思い出しました。女性の絶頂を催す、いわゆるGスポットとクリトリスを
同時に刺激できるすぐれ物だと言うのです。Gスポットが刺激に慣れ、反応し易くなると
潮吹きは起き易いと言われています。女性のオナニーも必要な行為かも知れません。早速
若い男性社員に頼んで、手に入れました。いつもの時間にスナック『夢』に着きました。
優子が迎えに出て来て、店はいっぱいで相席だと言います。相手は優子と初めて出会った時の
酔って動けなくなった男性だそうです。彼の向かいに座ると、潮吹きの人だと覚えていました。
どんなことでも、それが切っ掛けで覚えてもらうと言うのは嬉しいものです。再び、下ネタと
潮吹きが二人の話の中心となりました。店が閉まるまで、若い女の子もママも優子も巻き込んで
盛り上がりました。またまた、私は潮吹きのおじさんになり切っていました。
店を出た時、優子はママと帰るのかと思いました。しばらくママと話してから、彼女は私に
付いて来てくれました。一安心しました。彼女と手を繋いで、近くの公園を散歩しました。
二人とも黙っていましたが、互いの気持ちは分かっています。ラブホテルに向かって歩きました。
半年前とは言え、一度、男と女の関係になると最初ほど、遠慮や緊張することなく結ばれます。
優子も少し大胆になり、喘ぎ声も大きくなります。そんな彼女が愛おしくてたまりません。
私は思い切って、彼女に潮吹きをさせて欲しいと頼んでみました。そんなこと無理という感じの
笑いを浮かべています。女性のオナニーが必要であることを説明してから、バイブを取り出して
渡しました。月に2,3回できれば週1回はオナニーして欲しいと頼みました。彼女は小さく
頭を縦に振ってくれました。何だか頼り無い返事のように思えます。
ここまで去年の出来事をお話しました。次からは昨日から今日の出来事です」と言って
お手洗いに行きました。私もその後を追いかけました。酔いが回って足がふらつきます。

 「彼女から、4月初めにW市に行くとの連絡があり、そのつもりで準備していました。
気掛かりだったのは、優子がバイブを使って、オナニーをしてくれたか、どうかでした。
優子がママから、私の事で注意を受けたと言うので、昨日は店が閉まる30分前にタクシーで
店の近くで待ちました。もうその頃は客も少ないのか、すぐに出て来てくれました。そのまま
ラブホテルに直行です。部屋に入ると、彼女は飛び付いてきて、キスをせがみます。私も
彼女をしっかり抱きしめ、キスで応えます。彼女を裸にして風呂で体を綺麗に洗ってやり
私も洗ってもらいます。彼女を抱いてベッドに運び、寝かせてから、バイブの事を聞きました。
小さな声で2、3度あると言い、気持ち良くないし、気分的に嫌なので使わなかったと言います。
いきなり、私の指を握りしめると、彼女は自分の大切なあそこへと持って行きました。
バイブより、私の指の方がいいと言うのです。嬉しくて、彼女が愛おしくてたまりませんでした。
もし、彼女のGスポットを上手に刺激できなくて、潮吹きに至らなくても、絶頂に達して
くれればと思い、挑戦することに決めました。若い頃に、何度か経験しているので、失敗しない
自信はありました。愛しい優子の体を傷つけたくはありません。ゆっくりと丁寧に、時間を掛け
彼女のGスポットに刺激を加えると喘ぎ声が段々大きくなってきます。最後に強く押し付けると
尿道口から透明の液体が、少しだけ流れ出て、彼女は絶頂に達しました。
思わず、私は、尿道口に口を付け、その液体を舐め、吸い取りました。無色無臭でした。
彼女は気怠そうに、目を瞑っていましたが、小さな声で、私が欲しいと言います。
私と一つになると、再び感じ始め、喘ぎ声が大きくなって、絶頂に向かっていきました。
優子は初めて潮吹きをしました。わずかな量でしたが間違いなく潮です。私がそれを頂きました。
次に逢う時は、もっと、たくさんの潮を噴かせてみたいと思います。記念すべき日となりました。
最後まで聞いて頂きありがとうございました。そうそう、折角ですから私の可愛い優子の写真を
見てやって下さい・」と言いながら、スマホの画面を見せてくれました。スナックの店の中なのか
観葉植物の脇に黒い服の女性が立っています。スマートな体型です。まさか私の妻ではと思いました。
画面が拡大されました。間違いなく妻の顔です。一瞬、酔いが冷め、身が強張りました。
思い出しました、スナック「夢」はKの店の名前でした。「優子」は妻の源氏名だったのです。
「どうです、本当に可愛い娘でしょう。歳は26と言いますが、肌の感触から言えば、30でしようね。
でも、こんな良い娘はめったにいません。半年後が楽しみです。おや、どうかしましたか?
顔色が悪いですよ。宿まで送りましょうか?」と言ってくれます。「いや、大丈夫です。今日は
面白いお話ありがとうございました」と礼を言いました。
男性は勘定を済ますと、宿へ帰って行きました。私はしばらく座ったまま、妻のこと考えていました。
居酒屋から宿へ、どのように帰ったか覚えていません。次の日も、その次の日も、宿の床に
臥せっていました。宿の主人が心配して、見に来てくれましたことは覚えています。
七日目最終日、Kの家に妻を迎えに行きました。私を迎える妻からは、あの男性と浮気しているとは
到底思えません。作り話だろうかと疑いたくなります。帰りの電車の中で男性の事を、妻に話して
見ようと思いましたが、話せませんでした。そして、家でも明日話そうと思いながら、引き延ばして
今日に至ってしまいました。妻は三日前、W市に一週間の旅に出ました。
もう、今頃、あの男性の指で、潮を盛大に噴いてるかもしれません。