成田のホテルで、高校の同級生の男と食事をしていた妻、純子は、次第にアソコが疼いて行くのを感じていた。
 男のことは好きでなく、押しに押されて仕方なく、食事だけに付き合ったはずだった。
 おそらくどこかで、媚薬を混入されたのであろう。妻の話が進むにつれ、夫である自分は悔しいはずなのに、胸が締め付けられるような興奮があった。
 食事が終わると妻は、夜景が綺麗だからと、部屋に誘われた。
 部屋に入り、ダブルベッドが目に映ると頭がくらみ、気付いた時にはすでに、全裸で貪り合うように抱き合っていた。
 愛撫の全てが、電流を流したような刺激で、気が狂うように感じてしまった。
 好きでもない男に犯されながらも、カラダは求めてしまう背徳感が一層興奮を高めた。
 地味で清楚な妻の顔は歪み、Bカップの胸は揉みしだかれ、乳首はこの上なく固くなっていたであろう。
 そしてついに、初めて旦那以外の陰茎を受け入れ、その快楽にあられもなく悶えまくったのである。
 「イクッ!」という言葉を発することも許されない、強烈なエクスタシーを、膣内に精子を浴びながら達してしまう妻、純子であった。
 ‥寝取られに目覚めてしまった‥