結婚して7年の妻は7歳年下の34歳、外見は女子大生のように可愛いくて、20代前半に見えます。
今でも14年前に着ていたセーラー服を着てのコスプレエッチをしています。

14年前、妻は裏本に出ていました。
白い夏物のセーラー服にツインテールで微笑む妻はとても可愛くて、リアルな女子高生に見えました。
セーラー服を脱いで、恥毛を剃られます。
ツルツルになって恥ずかしい恥裂が丸見えになり、淫具で悪戯されます。

ツインテールをお団子にして、バックからペニスで突かれます。
正常位、騎乗位では四股を踏むようにペニスを味わいアヘ顔で喘ぎます。
恥穴の中に射精されて、ドロドロと逆流させます。

淫具はアナルへも入れられ、そのアナルにはペニスが突き刺さります。
アナルにめり込むペニスとは別に、もう1本のペニスが恥穴を襲います。
2本のペニスが若い頃の妻の体内でぶつかり合っています。
アナルからも精液が逆流します。
2つの穴を突かれて、本物の絶頂を知る少女を妻が熱演していました。
出会った時妻は25歳で、勤め先のスーパーのレジ係でしたが、未成年だと思っていましたので、当時32歳の私は恋愛対象ではありませんでした。

妻の本当の年齢を知って、心が躍りましたが、何故か誰も妻を口説こうとしませんでした。
妻が元裏本やAVに出ていたことを私以外の人は知っていたのでした。

私が独占的に口説いて、付き合うようになったのですが、初めてのデートで見せられたのが、妻が20歳の時に撮影した裏本でした。
ショックでした。
でも、可愛くて明るい妻が好きで好きで、盲目的に愛してしまっていて、
「私、プライベートでは彼氏は1人しかいませんでしたが、お仕事では30人以上のオチンチンを入れられた女ですけど、構いませんか?」
私は、全てを受け入れました。

妻との結婚を考えるようになった頃、実家から連絡があって、地元の観光協会で求人を出しているから戻って来いと言われ、観光協会の採用を受けて帰郷が決まった時、プロポーズしました。
女子大生のように若々しく可愛い27歳の妻を連れて戻ると、家族はビックリ仰天しました。
帰郷するとき、妻は長い髪をバッサリ切っておかっぱ風のショートヘアにしたので、田舎の温泉町では、AVがばれることはありませんでした。
職場の方もご近所さんも親戚も、「若くて可愛いお嫁さん」の妻が、何十人ものペニスで突かれてヨガる姿を撮影されていた女だとは、誰一人知りませんから、私は羨望の的です。
妻もとても幸せそうに子育てと家事をこなしていますから、AV女優も幸せになれるんだと思いました。