美和子日記 佐藤美和子になって 燃える美和子

しばらく、平穏な日々が続いていました。
先週の金曜日に四国の佐藤さんから電話がありました。
土日を大阪へ出かけるのであってほしいとの事でした。
長電話で、エッチのお話をしましたら、
『美和子さんとの事が忘れられない・・・』
美和子はおばあちゃんになっていますよ・・・。

美和子さんの白い肌が僕を虜にしてしまったので・・・。
悶々として暮らしていても仕方がないからデイトを楽しみましょう・・・。

でも、お会いすれば別れづらくなりますから・・・。
じゃあ、昼食だけでよろしいですか?

会って下さるなら、それで十分ですよ・・・。
何もしませんよ・・・。
お会いして、お食事だけで我慢してくださるなら・・・。
渋々のご返事をしました。
出会いの場所は神戸にしました。

先週の土曜日に約束の場所へ向かいました。
グレーのスーツに身をつつんでいました。
地味な洋服でと思ってのことでした。
危険だなと思いながらも肌を許したお相手とは・・・。
下着は少しおしゃれなレースのソングで、ブラもおそろいで白色にしました。

フランス料理をいただきながら海を眺めての食事でした。
ワインを少しいただきましたから、身体が火照っていました・・・。

昔のことを話題にしていましたが、自然にエッチのことに触れていました。
美和子さんの白い肌が忘れられない・・・。
おだてられて、佐藤さんもお優しいお方ですから・・・。リップサービスでしたが・・・。

食事がすんでから、美和子さん、お部屋がとってありますから暫くお付き合いして・・・・。
うながされて、最上階のお部屋へ移動。
扉が閉まれば二人の世界でした。

ブランデーを口移しで飲まされて少し酔いました。
軽くステップを踏みながらリードされました。
乳房を押され、ウエストを引き寄せられて・・・。
お互いの洋服を脱ぎ捨てて、下着だけでのダンスでした。
スリットの入った薄着を脱がされたらショーツだけになります。
ブリーフを脱いで美和子の腰を抱き寄せられて、ショーツは難なく脱がされて・・・。

生まれたままの二人でした。
数年ぶりの坊やがいました。
ベッドに横たわって、ペッテイングです。
坊やを持たされて、キスされました。
お返しで、坊やにもキスして・・・。

美和子の太ももが開かれてベビーにキスされています・・・。
久しぶりでしたから美和子ジュースが激流です。
濃い白色だったそうです・・・。

覆いかぶされて美和子の中に坊やが沈みます・・・。
美和子さん、あったかい。
唇を交わしながら、繋がっていました。
出し入れされますと美和子は病人です。
身体中が痙攣するほどの動揺でした・・・。

きつく入れたり、優しく入れたりされますと美和子のベビーが翻弄されてしまします・・・。
上にならせて・・・。小さなお声でお願いしました。
繋がったままで腰を押し付けていましたら、
美和子さん、出てしまう・・・。
慌てて美和子が上向きになりました。
佐藤さんが正常位で重なっています。数回の運動でフイニシュでした。
脈動しながら美和子の中にエネルギーが入って来ました。
美和子が両足を絡ませて佐藤さんの腰を締め付けました。
深い交わりが二人を有頂天にします。

10分くらいはつながったままでした。
美和子さん、見せて。
恥ずかしいですから止めて。

佐藤さんは美和子の部分を見ながら、僕のは少し小さいから・・・。
整形手術でラビアやクリを小さくしていますからちょうど良かったみたい。
処女膜も再生していました。
当分は誰ともしないつもりでしたのに・・・。

太ももの内側にキスマークを付けられました。
赤く腫れあがったみたいでした。
高校生としているみたいだった・・・。大喜びの佐藤さんでした。

69の体位でキスをしていましたら、佐藤さんが再びのお元気。
美和子さん、入れさせて・・・。
うつ伏せになって背面から繋がってこられました。
腰高にされて激しい運動でした。
佐藤さんは、ドッグスタイルで最後の噴射をされました。
繋がったままで、両手でクリをお触りされてラビアを引っ張られました。

美和子さんのオメコが良い。僕に纏わりついている・・・。
あなたのチンポが美和子の中で暴れまわっていますよ・・・。
Gスポットを強く刺激されていますがこれは言いません。

二人は疲れた身体をシャワーで洗い流して、ルームサービスでお寿司のお料理をいただきました。
バスタオルを纏ってお料理を受け取ったら元の裸です。
佐藤さんが美和子のショーツを穿かれましたから、美和子は佐藤さんのブリーフです。
少しおかしなスタイル。

食事の後でベッドへ移動して抱き合いました。
乳房がこすれ、内股を刺激されると興奮が高まります。
クリが固くなっているのを発見されてタンキッス。
指先でせり出されて真珠が光っています。
ラビアを広げて指先が入って来ました。
佐藤さんが何回も愛撫してくださったGスポットへの攻撃でした。

美和子を上にさせてとお願いして、佐藤さんの坊やを入れていただいて美和子さんが腰を上下します。
女性騎乗位は美和子が好きな形です。
佐藤さんの坊やが美和子の狭い部分を出し入れですもの・・・。

佐藤さんが悲鳴を上げて、美和子さん、出てしまいます・・・。
絶頂が近づいたお知らせでした・・・。
その瞬間に美和子のお中にザーメンが噴射。快い感触でした・・・。
佐藤さんに抱きついたら正常位になって重なり合っていました。

乳房を愛撫されますと際限もなくシアワセ・・・。
軽い眠りについていましたら、お元気になった佐藤さんがアタックされて美和子の中に入ってこられました。
正常位で何回も運動していたら、美和子さんも腰を動かして二人の動作が同じになりました。

四時間ほどで数え切れないほどのアクメを感じた美和子さんでした。
佐藤さんと美和子が合体すれば、佐藤美和子さんです・・・。

シーツには二人の体毛が散乱・・・。少し恥ずかしい。