そのくせ、息子を叱る時は「いけません」と毅然とした表情なのだが、自分のその格好が一番イケないことにいつ気付くのだろうか。そんな間抜けな格好で真面目なことを言われても、却って劣情をそそられる。
しかしそんな甲斐あってか、ようやく息子からも待望の質問が来たらしい。
「あれー?ママのおちんちんはー?」と息子が言ったのだ。
すぐさま妻による息子の為(?)の性教育が始まった。
「こっちがアナルでウンチを出すの。こっちはオマンコでー・・・・」
妻にしか出来ない実演授業である。男の子の体についても怠りなく、息子は何回も妻にチンチンを触られていた。