僕が高校二年生の終わりの頃の話です。
 まだ、幼い妹がいるのですが、母が働きに出るため、僕が妹の世話をする事になりました。
 最初は面倒だと思ってたんですけど、妹の性器を見てからは、進んで世話をするようになりました。
 オシッコをさせる時は、顔を思いっきりアソコに近付けて、オシッコの出かたを観察しました。
 時には立ったまま、放尿させた事もあります。
そして、終わったら、紙で拭くかわりに、なめまくりました。
 妹はずっと笑ってました。
 今でも、あの舌の感触とオシッコの味は忘れられません。
 風呂に入れる時は、指に泡をつけて、アソコを、しっかりと洗ってあげました。
 時には、素股をした事もあります。
 妹は、不思議そうな目で、僕の物を挟んだ股間を見ていました。
 こんな生活が一年ほど続きました。
 僕は高校を出て、就職して家を出ました。
 親にはばれなかったんですけど、この生活を打ち切りたいと思ったんです。
 あれから約五年たちます。
 一度も家に帰ってません。
「帰って来い」と言われるんですけど、なんとなく引っかかって帰れませんでした。
 告白して少しスッキリしました。
 春には帰ろうと思います。