私は、幸いにも外見が可愛く生まれたので、中学時代からモテモテで過ごしてきました。 高1の初体験以来、夫と出会うまでに頂いたペニスは50本くらいだと思います。 そのうち、本命の彼氏は5本で、それ以外は援助交際やAVです。
私は、東京で大学生をしていた時、その見た目の可愛さから名も無きAV女優として、援助交際する女子中高生や女子大生役などの素人物のAVに出ていました。 SM物、輪姦物などに出るようになって、ちょっときついなと思い始めて、大学4年になるときに引退、活動期間は約2年でした。 私を主人公とした1本物の作品は無く、何人かが1タイトル15~20分に出ているものの寄せ集めばかりだったせいか、大学生活で私がAVに出ていることに気付いた人は皆無でした。 交際していた彼氏さえ全く気付いていませんでした。 そんな私も地元に就職して、普通の恋愛をしつつ上司との不倫も楽しんだりしていましたが、アラサーに近づくにつれ、そろそろ真面目な男性と結婚して普通の主婦になろうと思ったのです。 そして現在は、今年6月に結婚したばかりの29歳の主婦になっています。 夫は、昨年の春先に開催された街コンで知り合った隣の町の役場職員で34歳です。 夫は優しくて誠実ですがイケメンではないし、身長も私と大差ない165cmですが、一緒にいて疲れない雰囲気と職業が気に入ってさりげなくアプローチして付き合いました。 昨年の夏、海までドライブに行って、あちこちで遊んでいるうちに夕方になり、 「今から帰ったら、夕食は遅くなっちゃいますね。」 「ちょっとはしゃぎ過ぎてしまったようだ・・・」 「明日、お休みだし、どこかに宿を探しますか?」 付き合いだして3か月、手も握って来ない夫に業を煮やして私から仕掛けました。 ホテルの部屋は和風で、お風呂から帰って浴衣姿の私を見た夫は、かなり興奮した様子でした。 夕食を食べて、窓際で港の夜景を見ながらビールを飲んでいる夫にもたれかかってみました。 私の肩を抱く夫の手が震えていました。 33歳の夫は、全く女性慣れしていない様子でした。 もしかして、超マジメ男・・・33歳で童貞・・・そんな思いから、私は、夫にもたれかかった肩をずらして、浴衣の胸元に大きな隙間を空けて、ノーブラの乳房を覗かせました。 そして、ズルッと滑ったふりをして、間違って夫の股間に手をついてみると、カチカチに勃起したペニスが・・・そっと握ると、夫は急に立って浴衣を脱いで、 「セックス、よろしいでしょうか!」 脈打つ夫のペニスは、33歳だというのに全体的にナマ白く、先端の辺りだけオナニーの摩擦でやや変色していました。 でも、サイズ的には今まで経験してきた多くのペニスの中でも最大級で、16~17㎝はあると感じました。 夫は、性体験豊富な私のアソコを見ても何も言わず、ぎこちないクンニをして、ぎこちない手付きでコンドームを着けて挿入しました。 腕立て伏せでもしているような、稚拙で単調なリズムのセックスに、夫の童貞をもらったと確信をしました。 それでも、今までめったに届いた人がいない部分を撫でられて、声が出てしまいました。 そして、驚くべきことに、夫はなかなか射精に至らず、次第に私の方が快感を求めて腰が動き始め、気が付けば、夫の腰を抱え込むようにして引き付け、淫らな格好で喘いでいました。 私のはしたない姿を見て興奮した夫は、やっと射精しましたが、それでも挿入時間は20分以上とピストンしっ放しとしてはかなり長めでした。 私は、真面目で純情な夫を誑かすようにセックスで骨抜きにしました。 普段は、可愛いベビーフェイスで甘える清純な女を演じ、脱いだ時にはアラサー女の淫らな色気で夫を惑わしました。 夫のペニスを舐めながら上目づかいで夫を見つめれば、今までの男たちが皆そうであったように、夫は私にメロメロになりました。 「け、け、結婚してください!」 夫は簡単に落ちました。 知り合ってから結婚まで1年、散々男を喰い散らかしてAVにも出ていた女が、その見た目の可愛さと淫らさをフル活用して、役場職員の妻になりました。 それでも夫は、職場の方々から驚きを持って祝福されていました。 「バカ真面目で一生女に縁が無い男だと思っていたのに、こんな可愛らしいお嫁さんもらうなんて・・・」 「しかし、よくもまあこんな可愛い人を口説けたな~」 まさか、私から仕掛けたとは思っていないでしょうから・・・ そして今、夫に私好みの腰使いを少しずつ覚えさせて、17㎝のペニスを有効活用できるように毎晩訓練をしています。 そう、女は見た目で得をします。