私の妻、靖子38歳は現在、総合病院の看護師をしています。月2回夜勤があり、今夜はその日でした。 私の気持ちはいつになく弾んでいました、なぜなら娘の理紗16歳を抱ける日なのです。     
                                                               理紗と関係が始まつたのは2年前、娘が中3の時でその日もやはり 妻の夜勤の夜で酒に酔つた  私が風呂上がりの理紗に欲情し、半ば強引に処女を奪いました・・・・                    日毎に胸も膨らみ お尻が張つてくる娘の肢体に私の股は疼いていたのでした・・・・                                                                         月2回は必ず性交を行い たまにラブホで娘とハメまくり、もう理紗無しではいられない私でした    今夜も娘は私の上に乗り 叫びまくります・・・                                                                                                  「 パパァ・・・ヤバいよ・・ヤバいよ・・もう 理紗逝きそう・・」                                                                                         2年の間にすっかり、逝く事も覚えた娘は貪欲に私のチンポをしゃぶり、自分の手でマンコに導き   腰を振り、快楽を求め続けて中出しをせがみます・・・                                                                                             「 今日は安全日だから、パパ、中にだしていいよ・・・」 排卵日の後は妊娠しにくい事を知つていました。 私は堪らず 理紗のマンコにドクドクと精液を流し込み ぐつたり放心状態の娘を抱きしめ    これからの事を考えていました・・・・・・・