最悪な修羅場が起こった。
同い年の彼女は高校教師をしており進路指導と生徒指導を兼任していて残業が多い。 忙しくて中々会えない彼女がいるのにデリヘルを呼んでしまった。 風俗ってどんなものなんだろう。 興味本位で一度だけと思い風俗のサイトを覗いた。 容姿端麗で巨乳の子が顔写真付きで載っていて逆に顔出ししていない子の方が多いのに驚いた。 俺はスレンダーな子が好きだから一番背の高い18歳の若い女の子を指名することにした。 まだ体験入店らしい。顔出しNGだが教師目指すクールな女の子と書かれていたのも魅力的だった。 ワクワクしながら待機してるとインターホンが鳴る。胸をバクバクさせながら待つと意外と地味な服装の女が現れた。 身長は170とプロフィールに書かれていた。胸は小ぶりだが膨らんでいる。 Cカップくらいだろうか? 水色のストライプシャツに紺のAラインスカート。教師を目指しているとあったが本当に先生のように見えた。 「こんにちは。華です。」 切れ長でキツい目はモロ好みだったが18に見えないので念のため年齢を聞いた。 「いくつ?」 「ホームページに書いてあるんですけど見てないの?」 「あー、いや大人っぽいから。」 「本当に18。この間まで制服着てたけどコスプレ扱いされてた。」 「えー、うそ。」 「私の学校、体育祭では先生チームが制服着て走るのが恒例なんですよ。制服姿の担任と写メ撮ったら先生の方が生徒みたいって笑われて。」 そういえば体育祭でコスプレすると彼女が言っていたなと思ったが嬢が高校名を教えてくれるはずはない。仮に彼女の学校だとしても4クラスしか授業を持っていないと言っていたから大丈夫だと思った。 そういえば俺の学校でも文化祭で先生が学ランを着て踊っていた。 「でも大人っぽい。ドキドキしちゃう。」 「こういうことする彼女いないの?」 「いるよ。」 「えー、今から来たりしないよねー。」 「怖いこと言うなよ。」 「あはは、じゃあ先シャワー浴びていいですか?それか一緒に入ります?」 「別々で。後で裸、ゆっくり堪能したいから。」 「じゃ、お先に。」 ブルーのブラジャーとパンティ姿になった彼女はスレンダーで腰がありえないくらいくびれていた。 胸を触ると「あぁぁ…。」と喘ぎ出すが明らかに演技くさかった。 「今、演技してるでしょ?」 「え、分かる?」 「彼女胸触っただけじゃ逝かないから。経験ないの?」 「一人だけ。AVで女優さん首筋舐められただけで喘いでたから。演技やめるからお兄さんイカしてよ。」 「おけ。」 ピンク色の乳首を吸うと、「あぁぁ…」と今度は本物の喘ぎ声が出てくる。「痛い、痛い!」と正直な感想が出てきて弱める。 「彼女さん胸大きい?」 「大きいよ。」 「え、じゃあ風俗いらないじゃないですかー。」 「彼女とは仕事が忙しくてレス気味だからね。」 「あー、男の人溜め込んだらヤバいらしいもんね。」 下半身を見るがマ○コはピンクで経験ないのが分かった。 風俗=セックスと思っていたが挿入行為は出来ないらしい。 「ごめんね。」と言いながらフェラをしてくれた。 経験少ないと思えないくらいうまかった。 「良いの?先生がこんなことして。」 「まだ、一回生だもん。」 「何の先生なるの?」 「小学校。」 「どうして?」 「高校の先生が良い人だったの。でも全教科教えてみたかったから小学校にした。」 「へえ、良い先生に巡り会えて良かったね。」 「うん、てかお兄さん大きい。彼女大満足じゃん!」 「痛いって言うんだよね。俺が初めてじゃないのに。」 「そりゃこの大きさじゃ怖いよ。挿入できる店だったら絶対断ってた。」 彼女の口が俺の精液を吸っている。 この仕事は嫌々なのか、たまに嫌そうな顔を見せるが愛想笑いで誤魔化しているので何か事情あるんだろうなと思った。 「顔にかけていい?」 「いいよ。記念にパシャしちゃう?」 「怖いからいい…。」 ピンポーン。 「○○、いるんやろ?」 「ごめん、風呂上がりで服着てないんだ。着てからでいいか?」 「え、ホンマ?ごめん。」 「彼女家に上げるの?」 「靴持ってクローゼット隠れてくれないか?」 「分かったけど20分で上がるよ。お兄さん最後の客だからね。それより長引いたらお金とるよ。」 「分かった。いくらでも払うから。」 「〇〇、まだ?」 「あ、いいよ。入って。」 「Hもした仲なのに裸恥ずかしい?」 「うん、やっぱな。」 「もう、どうしたん?顔色おかしいよ。浮気でもしてたー?」 「な訳あるかよ。」 「あれ、クローゼット光漏れてへん?何か入ってる?」 「あ、そこは!」 最悪の結果だった。 「何してんの?あんた18歳相手に浮気してたの?」 「なんで、知ってるの?」 「先生違うの、これは…。」 「何が違うっていうん?」 「ごめんなさい。でも…。」 バシッと平手打ちをする彼女。 華の頬から赤い血が流れる。 「私は風俗嬢です。だから知らなかったんです!」 「ホンマ?」 「その怒ると思うけど…。親が独立させてくれないから。この人私の本名知らない。」 「女性として一番最低な仕事やんか。なんで自分大事にせえへんの?」 「風俗やめます。ごめんなさい。」 「分かった。でも○○は店出禁にしてくれる?」 「うーん、無理やり本番迫ったことにしていい?そしたら系列の店も使えなくなるから。」 「いいよ。じゃあ真面目に大学行くんやで。あと、これ治療費。」 「いらない。さよなら。先生。」 結果として俺は次やったら別れるということになった。 彼女と華は隣のクラスで教科担任だったという。 卒アルをこっそり見ると一際大人びた華の顔があった。 華の本名は古風で昌子みたいな名前だった。卒アルには今までありがとうと書いた寄せ書きも挟んであり罪悪感に苛まれた。 しばらくして家に菓子折りと謝罪文が届いたのち華は失踪した。友達や親にも知らせず、大学は辞めたという。 ある意味俺の責任かなと思う。