大学3年の時、密かに思いを寄せていた1年後輩の裕美という2年生がいました。 小柄で、卵型の顔でややノッペリした純朴顔で、物静かで優しい子でした。
でも、その時私には同い年の彼女がいて、深い関係になっていました。 そんなある日、女誑しで有名な卒業を間近に控えた1年先輩が、 「お前ら、面白いもの見せてやるから俺のアパートに集まれよ。あ、彼女は絶対に連れてくるなよ。男だけで来いよ。」 そう言われて集まって、先輩の部屋で見せられたものは・・・ 「あっ・・・ああっ・・・ううん・・・は、恥ずかしいです先輩・・・ああん・・・・」 先輩のPCの画面に映し出されたのは、セーラー服コスプレをした半裸の裕美でした。 先輩の生チンポを素手で握っていました。 セーラー服の上からオッパイを揉まれ、スカートをまくられてノーパンで開脚しマンコにツバで濡らした指を第一関節まで入れられて弄られていました。 「こ、これ、2年生の裕美ちゃんじゃないですか?先輩の彼女だったんスか?」 一人が尋ねると、 「俺に彼女なんかいねえよ。セフレだよ。」 「マジすか!大人しそうな裕美ちゃん、処女だったスか?」 「いや、子供っぽい可愛い顔してと男を知ってたよ。少なくても俺が2人目以上ってことだな。」 指マンされながらマンコを広げられ、クリトリスを擦られて、 「ひあん・・・あぁぁぁん・・・あ、あぁぁぁぁぁ・・・・」 クリトリスを集中攻撃されて潮を噴いて、濡れたビラが赤茶に変色しているのが分かりました。 大きく開いた股に指マンとクリトリス責めで、喘ぐ口元に先輩のチンポが当てられると、口の中に含んで咥え込みました。 口元の動きから、口の中で亀頭を舌で舐めまわしているのがわかりました。 あまりの指マンに耐え切れず、チンポを放して、 「先輩・・・入れてください・・・」 セーラー服姿の可愛い裕美ちゃんが、ガバッと股を広げてマンコを丸出しにして、先輩の生チンポを入れられて嬉しそうにウットリしていました。 ニチャッ、ニチャニチャッ・・・ブチュッ、ブチュブチュッ・・・ イヤらしい音を立てて先輩のチンポが裕美ちゃんのマンコに出たり入ったりして、そのたびに裕美ちゃんの赤茶の変色ビラが引きずられて何とも卑猥でした。 「ほうら、どこをどうして欲しいんだ?」 「裕美のオマンコを先輩のオチンポでズコバコしてください・・・」 「ようし、よく言えたな、ご褒美だ。」 パンパンと音を立てて激しく突かれ、誰も見たことのないだらしないヨガり顔で、声を上げて喘いでいました。 先輩の精液は裕美ちゃんの顔に吐き出され、裕美ちゃんはセーラー服のままグッタリして、白く濁った愛液がベットリとへばりついた、匂ってきそうなハメ直後のマンコをアップで映し、フェードアウトしていきました。 キャンパスで見る可愛い純朴お嬢さんの股ぐらとはとても思えない、ビラもクリトリスも赤茶になったマンコでした。 「ス、スゲェ・・・てっきり処女だと思ってたあの裕美ちゃんがねえ・・・」 「隠し撮りだからな、お前ら、この事は絶対に内緒だぞ。」 先輩が卒業して地元に帰った後も、裕美ちゃんを見かけるとあの映像が蘇りました。 1年後に私も卒業し、次男坊の私はそのまま大学のある都市に就職しました。 彼女は卒業後に地元に戻り、お別れしました。 就職1年目の7月下旬、女子大生のアルバイトがやってきました。 「あっ、先輩、ですよね。同じ大学だった・・・」 裕美ちゃんでした。 「俺のこと覚えてるの?」 「はい・・・実は、○○先輩と付き合ってたんです。」 ○○先輩って、あの女誑しの先輩です。 セーラー服コスプレセックスを隠し撮りされて、後輩を集めて上映会されていたなんて知らない裕美ちゃんが憐れでした。 まして、裕美ちゃんは恋人のつもりだったことがさらに哀しさを増しました。 「先輩、私ね、実家は兄が継ぐからこの町に残ろうかと思うんです。先輩も地元に戻らなかったんですよね?良かったら、この先もいろいろ相談させてください。」 裕美ちゃんがバイトを終えるとき、メルアドを交換した。 週末になると裕美ちゃんからメールが来て、就職相談されつつ何となくデートになりました。 大学4年生とは思えない可愛さは、コスプレしたら中学生にさえなれると思いました。 純朴そうなその顔は、セーラー服など着なくても処女の女子高生にしか見えませんでした。 「先輩・・・私ね・・・先輩のこと・・・」 裕美ちゃんは指マンで潮噴いて、生チンポでヨガって、顔射されてた女・・・しかもあの先輩ですら少なくても2人目だという・・・ハメ撮り画像が流出するかもしれない女だと分かっていましたが、その可愛さに・・・ 就職した裕美ちゃんは私の近くのアパートに越してきて、更に親密になり、ついに一線を・・・ あのハメ撮り画像と同じ小柄な体に、赤茶のビラとクリトリスにしゃぶりつきました。 実際の喘ぎはたまらなく可愛く、フェラはネットリ特上の舌使い、そしてマンコの中は・・・まるで私のチンポを測定してオーダーメードしたかのようなフィット感でした。 「ひゃあぁぁぁ・・・ひゃんひゃん・・・あっあっあっあっああぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~」 裕美ちゃんの感じようときたら、超淫乱のスキモノ少女のようでした。 「今までで、一番良かった・・・あのね、先輩の元カノ先輩が言ってたんだ。先輩に抱かれて、初めて逝ったって。段差が凄く気持ちいいって。オチンチンは大きさじゃないって・・・」 もう、11年前のことです。 あんなこと言われてうれしくなって、結局、あまりの可愛さとスケベさに夢中になり、結婚してしまいました。 結婚してからのスケベさは更に増して、コスプレして夫婦の営みを録画したり、子供が生まれる前には野外露出にも出かけました。 私のチンポを輪ゴムで縛ったり、とにかくスケベです。 現在、裕美は34歳ですが、ヤンママのようなロリママです。 そして今思うことは、大学時代に先輩が隠し撮りしたと言うあのハメ撮りビデオも、もしかしたら裕美がさせたのではないかという事です。 30歳を過ぎても可愛いロリ妻の裕美は、セックス大好きなドスケベ妻で、どんなスケベな過去を持っているか悩んだ時期もありましたが、今では今後どれだけスケベになっていくかが楽しみになてきました。