私は65歳になります。15年ほど前に、両親より農家の仕事を引き継ぐことになり会社員をやめました。5年前には妻に先立たれ、娘2人は結婚して嫁いでいきました。残るは長男1人。妹2人の結婚生活の話を聞いてどうも結婚に対して億劫になっているようでした。なにせ、もう40歳を超え、1人暮らしが長くパートナーができるのがちょっと難しいようです。その長男が昨年、ようやく結婚してくれました。しかも、仕事をしながら、家の仕事も覚えたいといって、同居までしてくれたのです。そうして、私と、息子夫婦の3人での生活が始まりました。
ちなみに私(隆次 65歳)息子(隆太 42歳)息子の嫁(愛美 27歳)の3人です。今まで、結婚に興味なかった息子が何で急にしかもこんなに若い娘を捕まえたのか?息子が言うには、リアルに歳の近い関係より、離れたほうがうまくいくと思ったらしいです。ちなみに仕事の取引先の受付の方だそうです。愛美さんも仕事をやめて、私の仕事の手伝いをしてくれることになり、私は負担が軽くなり、1人でしていた仕事も最近は楽しくなってきていました。 そして、2ヶ月前の3月のこと。愛美さんが高校の時の担任の定年を機に同窓会があるといって、出て行った日のこと。なぜか息子は気が乗らなかったようですが、私のほうから、遠慮しなくて言いといって、送り出してあげたのです。7時に駅前の居酒屋で集合で、遅くても11時くらいには帰宅予定でした。ところが12時を回っても帰ってきません。結果、夜中2時前にちょっとはなれたところにタクシーが止まり、愛美さんが降りてきました。息子は不安でなんと家の外でずっと帰りを待っていたのです。そのとき、隣に同級生と思われる男性も座っていて、降りる前にかすかにキスをしているのも見えたそうです。息子は、愛美さんを問い詰め、1次会の後、数名でカラオケに行き、途中で帰るといったらしいのですが、そのとき同乗の彼が送るといって一緒に出て行き、そのままラブホでSEXをしてしまったらしいのです。どうやら、愛美さんの初めての人らしく、久々で気持ちがどうにもならなかったそうです。息子は、夜中中愛美さんを激しく叱り付け、罵声を浴びせていました。おそらく若干手も出されたようです。 なぜ、このことを私が知っているのか、、、。 翌朝、朝食の時間がぎこちない空気が漂っていました。2人は口を利かないどころか、目も合わさない。息子は黙って出勤していきました。 私は愛美さんに同窓会楽しめたか普通に聞きました。しかし聞くと、先ほどのような話になり、目からは涙が大量に流れ、咽びながら話をしてくれました。もちろんいけないことをして、反省もしています。お酒の勢いとはいえ、夫のいる身、1回限りでもいけないことでしょう。おそらく、息子がなかなか結婚に踏み切らなかったのも、こんなことを想像していたからだと思います。でも、その息子の気持ちを押し切り、同窓会に送り出したのは私であり、少し申し訳ない気持ちもありました。私は、息子を何とかなだめていままでどおりの関係になるよう何でもすると約束し、その場は何とか収まりました。 その日の夜、息子が帰宅。愛美さんはいつも以上に明るく振舞い、夕食の支度をしていました。しかし、息子は外で食べてきたし、会社でシャワーもしてきたといって、寝室ではなく、自分の仕事部屋で寝るといって鍵までかけて部屋へといってしまいました。これには私も面食らい、息子の部屋の前で、話を始めました。30分ほどたったころでしょうか、息子が出てきて、リビングへと向かっていきました。愛美さんが自分と話す前に、義父である私にすべてを話し、味方につけようとしていることにさらに反発していたようです。そして、息子はもともと結婚しなくても平気だったといい、1人だと思って生活するし、愛美と私が夫婦だと思ってすごしたらいいといってきたのです。息子は何を言っているのか?と正直思いました。そんなにむかついていたのかとも思いました。 夕食も終わり、さて寝る時間になり、私と愛美さんはそれぞれの部屋に向かいました。愛美さんには数日のことだから大丈夫といって励ましました。そのときも少し目が潤んでいましたが、何とかこらえて、部屋に向かいました。愛美さんの目を見ていると、私の下半身が不覚にも若干の反応をしているのも、自分ではわかっていました。すると2階で息子が愛美さんに何か言いつけていました。心配になり私も2階へと向かいました。 「お前たちが夫婦なんだから一緒の部屋で寝ろよ!2階に来るな!愛美!いつものあれを着て親父と寝ろよ!わかってるよな!」 もうどうにもとめられません。愛美さんは観念したように、用意をはじめ、1階の私の部屋へと向かっていきました。私も黙って自分の部屋に帰りました。いつも1人で寝ている上、妻がなくなってもう5年。部屋にはシングルの布団1枚しかありません。愛美さんは恥ずかしそうに私に背中を向けるように言って、着替え始めました。着替え終わると、電気を消すように言われ、私は部屋の明かりを豆球のみにして、振り向きました。そこに立っている愛美さんはいつも見ている清楚な愛美さんとはまったく違う、どこか妖艶な匂いのする雰囲気でした。 白のレースのネグリジェ姿で、丈はヒップが隠れる程度の短さ。お揃いの様なショーツは白の紐パンで前の茂みが透けて見えます。もちろんノーブラで、ツンと起った乳首もまる分かりでした。 私はすべての気持ちを抑えて、愛美さんに布団を使ってもらい、私は別で、座布団など引いて寝ることにしました。私は愛美さんに自分自身が興奮して硬く膨張してしまっているのを隠すのに精一杯でした。寝ようとするのですが、横にいる愛美さんの姿が頭から離れません。しかも、朝見た涙で潤んだ目。いくら65歳といえども我慢するにも限界があります。 真夜中の2時過ぎたころでしょうか。どうにも寝付けない私は、ついに、愛美さんのいるお布団のなかに体を滑り込ませてしまっていました。私の突起した下半身は下着越しに愛美さんの肉感のあるむっちりしたヒップに擦りつけるようにあたっています。右手は背中からおっぱいに伸びていきネグリジェの上から鷲掴みに揉み始めました。こちらもなかなかのボリュームです。そのうち、愛美さんの口から吐息が漏れ始め、抑えられない私は、腰をゆっくり動かし始め突起した下半身は愛美さんの大事な部分を探し当てるかのようにもぐりこんでいきました。愛美さんの両脚の締め付けが緩み、ついにチンポがマンコに到達しました。 愛美さんも状況がつかめてきたようで、うっすらと目が覚めてきたようで、私に対して、もっと!といった催促をしてきました。こうなったら、もうやるしかありません。私はパンツを横にずらしチンポを丸出しに、愛美さんのショーツも紐をはずしバックからゆっくりと挿入して行きました。息子の嫁とこんなことになるなんて、もう罪悪感よりも異常な興奮が優先してしまっています。愛美さんのほうから積極的に腰を動かし始め、吐息はやがて喘ぎ声に変わりました。一生懸命に声を抑えようとするのもまた、興奮します。ついには、私を仰向けにし、愛美さん自ら私の上になり、腰をグラインドさせてきました。そのときのおっぱいのゆれ具合といったらたまりませんでした。私も愛美さんをしたから抱きかかえ、ボリューミーなおっぱいにむしゃぶりつきました。親子でもなければ夫婦でもないそんな異常なSEXをしてしまった気分です。もちろん最後のフィニッシュも愛美さんの中です。何年ぶりかの大量のザーメンの発射を愛美さんに受け止めてもらいました。 その後もお互いの局部を69できれいに舐めあい再び2人が寝付いたのは4時を回ったころでした。 あの日から2週間後にようやく、息子も愛美さんを許す気持ちになり、元の家族関係に戻りました。いや、戻ったことになっています。なぜなら、今でも、私と愛美さんは息子のいない昼間に体を求め合い、交わり続けているのです。