今はあまり流行らないだろうが、昭和の終わり頃、俺は大学生活を下宿で過ごした。 そこは小さな町工場で、昔は住み込みの職工の部屋だったが、みんな結婚して独立したので「睦荘」という下宿を始めたと聞いた。 睦荘の部屋は六畳一間で4部屋あり、1年生から4年生が各4人だった。 町工場の二代目の大家夫婦は40代で、一風変わった性癖の持ち主で、それが下宿人にも向けられており、その代り下宿代は表面上は月4万5千円のところ、破格の1万円だったから、差額を小遣いにできた。 そしてその性癖というのは・・・
下宿部屋の奥には十畳ほどの畳敷きの食堂があって、1年生の俺の歓迎会がそこで行われた。 俺は慣れない酒に酔わされて、下半身を露出され、先輩に足を開いたまま押さえつけられ、大家の旦那にチンポを扱かれながらアナルを解された。 ローションまみれのボコボコしたアナル用ディルドをゆっくり出し入れされ、恥ずかしいやら変な感触だわで暫し抵抗していたが敵うはずもなく、そして次第にアナルの快感に悶えるようになってしまった。 そして、まだ童貞だというのに、旦那にアナルバージンを捧げてしまった。 深く出し入れしたかと思うと、カリと亀頭の段差を入口付近で浅めの出し入れをされて、それが何とも気持ち良くて喘いでしまった。 ニヤニヤしながら旦那にアナルを犯されながら喘ぐ俺を見る先輩たちは、なぜか全員が勃起させたチンポを出していて、この後、俺は先輩たちにも輪姦された。 4人分の精液をアナルから垂らした俺は、大の字にグロッキーになっていたが、やがて大家の旦那の奥さんが素っ裸でやってきて、俺に跨り、俺は奥さんに童貞を捧げた。 「ああん、ああん、あん、あん、ああん・・・」 奥さんは激しく腰を振り、俺はあっという間に精液を搾り取られた。 「お、奥さん、中に出ちゃいましたけど・・・」 「大丈夫よ。できない仕掛けになってるから・・・」 そう言って、にっこり笑った奥さんの笑顔は、40代とは思えぬほど可愛らしくて、ドキッとした。 睦荘の食堂は、食事するだけでなくヤリ部屋にもなっていた。 旦那が1番の選択権を持っており、2番目が奥さんだった。 その次は学年が上の者に選択権があり、従って俺には選択権は無かった。 当然、新入りの俺は指名される回数が多く、毎日誰かにアナルを犯され、奥さんには週3回はお相手を望まれた。 特に、土曜の夜は乱交状態で、学生に輪姦される奥さんを横目に、旦那は学生のアナルを犯し、また、奥さんが生理になると、最も立場の弱い俺が縄で縛られて、徹底的にマゾ男にされた。 足をV字にされてみ島に股間を晒して縛られて、玩具にされた。 チンポやタマは紐で締めあげられ、チンポは血管が浮き出て脈打ち、タマは破裂しそうにピンピンになり、ゴルフボールをコンドームに入れた物をアナルに出し入れされて喘いだ俺。 ゴルフボールが引き抜かれるとき、ゆっくりと、ポコッと出るときに思わず、 「ああ~~」 と声が出ちゃう。 そして勃起チンポを習字の筆で撫でられて、ピンピンのタマも撫でられて、旦那のチンポをアナルに入れられた俺。 そして、旦那にアナルを掘られながら、勃起チンポは先輩のアナルの中へ・・・ アナルの快感とチンポの射精感、でも縛られて射精できないもどかしさ・・・ 「ああ、ああ、逝かせて、逝かせてください~~~」 アナルに注がれる熱い精液、そしてビクビク震える俺のチンポ、やがてチンポお紐が解かれ、精液が先輩のアナルへ解き放たれた。 「おおお~~~おっおっお~~」 先輩が虚ろな顔で感じていた。 それを奥さんが見て、不敵な笑いを見せた。 俺は2年、3年と進学するにつれ、後輩を犯すようになった。 しかし、俺は元々男好きではないため、出来るだけ奥さんに気に入られるようにして、奥さんを抱くようにしていた。 しかし、俺が4年生になった時、強烈な1年生が入ってきた。 ユニセックスな可愛い顔立ち、長めの髪、華奢な体・・・服装で男と判断するが、裸になると小学生の女の子みたいだった。 「先輩・・・抱いてください・・・」 拒否できない、というより好かれてうれしいほど可愛かった。 旦那に犯されて、潤んだ目で感じながら俺を見て、 「ああん、先輩、見ないで、犯されてる私を見ないで・・・」 それを見て勃起した俺・・・ 普段、俺はその後輩と一緒に寝るようになった。 部屋で本気で愛し合い、彼女、いや、彼のアナルに精液を注いだ。 卒業の時に泣かれた。 胸にしがみつかれてシクシク泣かれた。 後ろ髪を引かれるように、睦荘を後にした。 地元に帰り、就職した。 男性経験旦那、先輩3人、後輩3人で計7人、女性経験は奥さん1人の俺、なぜか女性にモテた。 そして、同期で一番美人だった同い年の高島礼子に似た別嬪さんをゲットし、気づけば彼女の性奴になっていた。 「見た感じで、マゾっ気タップリだったもん。このお尻の穴、開発済みよね?」 「わ、わかるの?」 「分かるわよ。学生の時、オカマっぽい高校生引っ掻けて、アナルマゾにしたことあるもん。こんなにパックリ開くお尻、普通じゃないでしょ。誰に開発されたの?」 まさか男とは言えないから、 「バイト先のOLさんとかパートさん。前も後ろも玩具にされた・・・」 「なるほどね・・・結構立派なチンチンしてるし、苛め甲斐も入れ甲斐もあるもんね。もしかして、複数の女の人に苛められたの?」 「うん・・・3人に押さえつけられて、辱めを受けてた。」 「そう・・・」 当然、彼女の厳しい躾けに晒られ、 「はい、婚姻届け。私のシモベにおなりなさい。」 新婚生活は凌辱の日々、アナルには膣用のバイブ、妻を満足させられなければ、チンポとタマがお仕置きを受ける。 コックリングとボールリングで強制勃起、地獄の騎乗位は妻が果てるまで・・・ 妊娠中はアナル穿りと手コキ射精をビデオ撮影、まあ、当時はHi8でそれほど高画質じゃなかったが、女性にアナルを犯されながら射精するのを撮影されるのは、かなり屈辱だった。 結婚して25年、50代夫婦になった俺達だが、普段はとても仲良しのおしどり夫婦、でも、夜はいまだにSM夫婦、もちろんMは俺。 睦荘から始まった俺の性、仕上げもサド妻に落ち着き、そんな妻は名を睦美という・・・