友だちと二人で台湾に旅行に行きました。 普段体験できないような、刺激的な体験をしましたのでここに書きます。
私とNちゃんは短大卒業の記念にということで、二人で旅行することにしました。 私はおいしい台湾料理が目当てでしたが、Nちゃんにはもうひとつの目的があったのです。 旅行2日目に、Nちゃんが言いました。「私、変身写真が撮りたい」と。 旅行雑誌にも取り上げられていたので、そういう写真館があることは知っていましたが私はあまり興味はありませんでした。 Nちゃんにつきあってホテルの周辺で写真館を探したら、すぐに見つかりました。 予約をしていなかったのでその日は無理でしたが、明日なら撮影可能とのこと。 せっかくなので私も付き合って、二人で明日の予約をしました。 次の日、写真館に行くと、今日は予約が少ないのでサービスしてくれるということになって、衣装2バージョンの料金だったのに、二人とも3バージョンにしてもらえました。 早速、衣装を選びます。普段着れないような豪華なドレスや、チャイナ服、大胆なコスチュームなど様々な衣装があって迷います。 スタイリストの女性が、この衣装だとこんな写真が撮れるとかいろいろアドバイスをしてくれます。 記念にヌードで撮影する人もいるという説明もありました。 するとNちゃんが「私、じつはヌードも撮りたいの」と言いだしたのです。 私は驚きました。Nちゃんはいつもはおとなしい感じの子なのに、ヌードを撮るなんて言うとは思いませんでした。Nちゃんは最初からヌードを撮るのが目的だったようです。 「Sちゃん(私)も一緒に撮ろうよ」と言うので、私は「ムリムリ」と断りました。 衣装が決まって、ヘアメークです。 1時間近くかけてメチャメチャ濃い目のメークを施し、髪にも飾りをつけて完成です。 私はカラフルなドレスを着て、花に囲まれながら写真を何枚も撮りました。 すぐ横で、Nちゃんも同じようにドレスで写真を撮られています。 そして衣装チェンジ。メークと髪型も変えて2バージョン目の撮影も順調に終わりました。 そして3バージョン目。 私は心配になってNちゃんの様子を見にいくと、ガウン1枚でメークと髪型を変えています。 「ガウンの下はもう何も着てないの」とNちゃん。 「本当にやるの?」と聞くと、うんうんとにこやかにうなずいている。 ついてくれているスタイリストさんも「Sちゃんもヌード撮りましょうよ」と、私に言ってくる。 「そうよ一緒に撮ろうよ。私と一緒なら大丈夫でしょ?」とNちゃん。 結局3着目のドレスをやめて私もヌードを撮ることになってしまったのです。 ヘアメークをチェンジして、いざスタジオに入るとハンパない緊張感です。 ガウンの下はスッポンポンですから。 二人並んでカラフルに飾られたスタジオの中、ソファが置いてあります。 カメラマンは男の人。「シンパイナイ、シンパイナイ」と片言の日本語で話しかけてきます。 ガウンを着たまま何枚かシャッターが切られました。 そして、いよいよスタイリストさんからガウンを脱ぐように言われました。 Nちゃんは、ためらいなく脱ぎました。 スタイルがよくて、女の私から見てもきれいなヌードでした。 「キレイデス。グーッド!」とカメラマンの声。 私も恐る恐るガウンを脱いで、最初は手で胸を隠していましたが、シャッターの音とストロボの光を浴びているうちになんだか気持よくなって、二人とも胸も下も丸見えで大胆な写真を撮りました。 二人で抱き合ったりもしました。抱き合いながら、唇が触れるほど顔を接近させたりもしました。 そしてひとりずつでも撮りました。 時々ヘアメークさんがメークを直してくれたりします。 なんだかプロのモデルさんになったような気分です。 何も身につけていない、裸でいることがこんなにも気持ちのいいことかと気付きました。 カメラマンとアシスタントの人は男性ですが、もうまったく気になりません。 絨毯の上に寝そべったり、ソファに座ったり、立ったり。いろいろなポーズでヌードを撮りました。 「ハイ、オシマイデス!」というカメラマンの声。およそ4時間かけて撮影が終わりました。 私たちは興奮冷めやらぬままホテルに帰りました。 Nちゃんはすごく楽しかったといいます。 私も意外と楽しかったので、そういうとNちゃんは「よかった~!」と抱きついてきました。 なんだか二人とも興奮して、その日の夜はホテルの部屋で裸で過ごしました。 お風呂も一緒に入りました。 ベッドも1つのベッドに一緒に入って、裸のまま抱き合いました。 Nちゃんは、私にキスしてきました。 そして私の胸やあそこを触ってきます。 私もNちゃんのあそこを触ると、ビチャビチャになっています。 二人とも一晩中、何回もいっちゃいました。 帰国して数週間後に写真集とCDデータが届きました。 写真を見るとまるで自分ではないような感じです。 Nちゃんとお互いの写真を見せあいました。 二十歳の時のとても素敵な思い出です。 今も時々、Nちゃんと部屋で裸で過ごすことがあります。