田舎の山奥に住んでいた私は、おじいちゃんとおかあさんと暮らしていました。
おかあさんは、夜に町のほうのスナックで働いてたので、帰りはいつも遅いです。 毎日することもなく、兄が就職で出て行ったのでデスクトップのパソコンと家庭用ゲ-ム機で遊ぶ毎日あって、毎日おじいちゃんと通う日々。 そして家には昔の風呂しか無く、冬は寒くて入れないので村専用の温泉に行ってました。 4年生ごろから胸も徐々に大きくなり始め、5年のころには学校では巨乳って言われるくらいありました。温泉では仕切りも無く混浴みたいな感じでした。 そして、6年生になる前の春休みにいつも通りに入ってたら、たまにくる町の写真館のおじさんが話しかけてきました。    「わかなちゃん、おじさん若い子モデルに写真を撮りたいからモデルになってくれない?」ゲーム好きなんだったらプレゼントするよ、バイト代。 私もすることもないし、土曜日にって約束しました。 そして、土曜日朝9時くらいに山奥の空家みたいなところに連れて行かれました。 そこは、最近おじさんが改装して、借家として貸し出そうかとしてたところで、中は意外ときれいで、お風呂もありました。 そして、ソファーにすわって写真を撮っていたら、衣装チェンジということで、制服や、体操服に昔のブルマや、スクール水着で写真を撮りました。 撮られていくと気持ちよくなってきて、スターになった気分でした。 そして、おじさんがこれ着てみてって出したのが、マイクロビキニ。 私にはとても小さくほとんどおっぱいも隠れてなくて、下も毛はまだ生えてなかったんですが、ほとんど着てないのと同じくらいです。 そのビキニで写真を撮っていたら、手ブラってわかる? 手ブラを恥ずかしいながらやってみたら、だんだんおじさんも興奮してきて、最後はすべて脱いで、ヌード撮影でした。 おじさんも、乳首は立ってた方がきれいだからといって乳首を触ってきました。 そのうちに、おじさんも服を脱ぎだしてもう密着するくらいな状態です。 わかなちゃん、おじさん我慢できないから、ちんちん触ってくれない? と言って、私の前にちんちんを出してきました。 ちょっと触ると、おじさんのちんちんは固くて熱いんです。 おじさんは「こうやってシゴいてみて。」 その次は、ちょっと先っぽ舐めて? えっ!と思いましたが私もなんか変な感じになってて、ペロッと舐めてみました。 おじさんは「はぁっ」と声を出して、いきなり白いものが私の口の周りに発射! おじさんは「ごめんごめん、小学生にフェラしてもらうの初めてだったから興奮してイッちゃった。 ティッシュで顔を拭いたら、いきなりおっぱいを舐め始めて、わかなちゃんおじさん我慢できないからいいでしょ? と、キスしたり、おっぱいを揉まれたり舐められたり、そしておマンコを指で触られたら気持ちよすぎて、声にならない声を出していました。 そして、おマンコをおじさんは美味しそうに舐め始めて、たぶん2,3分くらいだったと思いますが、10分くらい舐められて感じです。 おじさんは、わかなちゃんもう一度フェラしてといい、今度は咥えてみてと言ってきました。 あまりやり方もわからず竿を横のほうから先っぽのほうを舐めて、玉も口に含んだり舐めたり、今度はパクッと咥えてみました。 そしたら、おじさんはまた発射! 白くどろっとしたのを、飲んでみて飲んでくれたらおじさんうれしいなと言われたので飲んでみましたが、微妙にほんのり雑みのある甘さでのどにひっかかってる感じで、その日はご飯が食べられないくらいな感じになりました。 そこからは、おじさんのちんちんを少し舐めたりしてたらすぐに元気になり、わかなちゃんのおマンコにいれてもいい? えっ!となって、おじさんはちんちんを私のおマンコに入れようとし始めました。 ちょっと入れたときに、身体中がぴくんとなって、そこから身をはがす感じで激痛が走りました。 メリメリ剥がす感じで、そしておじさんは奥まで入れたと思います。 私は痛くて、早く抜いてと思い、痛いと泣いていましたが、おじさんは「きつい、奥まで入ったと思うけど、やっぱりきついね」とうれしそうに言っていました。 たぶん、5回くらい腰を動かして、入れたまま発射! 私はおじさんの背中の肉をギュウッとしていました。 そして次はバックの体制になってしようとしていましたが、あまりにも痛くて無理といい簡便してもらいました。 でもおじさんは、じゃぁフェラしてと言い、私はフェラしました。 発射されると気持ち悪いんですが、ちょっとだけフェらが好きになったかも思いました。 おじさんからは、「スプラトゥーン」を買ってもらいました。 後日談としては、おじさんはカメラ撮影だけじゃなく、動画も録っていたらしくDVDをもらいました。 「わかなちゃんの初体験をDVD録ったよ。」おじさんに売るんですか?と聞くと、売らないよ、おじさんの楽しみだよと、おじさんは笑っていました。