私は入社2年目24歳会社員です。
夏に若手社員男女数名で リゾート施設に泊まりで遊びに行きました。遊園地の様な プールにみんな楽しんでいました。それと男子社員にとっては 女子社員の水着姿が楽しみであり、普段見れない制服や私服に 隠された肌を拝めるチャンスに 男子社員は興奮していました。 私のお目当ては1つ先輩の25歳 京子でした。優しく美人でスタイルも良く人気者でした。 京子の赤いビキニはおっぱいの 程よい大きさの形を想像させ 私は不覚の勃起でした。 しばらくして、京子と二人で 洞窟の作りになってるプールに 行きました。 「面白いね~イタリアの有名な洞窟みたいだね~」 京子はハシャいでいました。 私は普段見れない京子の体・・ 脇の下やオヘソや太ももに 興奮していました。 その時でした。岩に登って遊んでいた男の子が足を滑らせ 京子に向かって落ちて来ました。一瞬京子に抱きつくような 形になり京子のビキニを引っ張りダイブとなりました!! 私の目の前に京子の赤いビキニがプカプカと浮かんでいました。 「いや!」 京子は胸を手で隠し私に背を 向けました。 「お姉ちゃんごめんね・・」 「だ・・大丈夫よ・・」 男の子は謝って洞窟から出て行きました。幸い洞窟内は私と 京子だけでした。 そして赤いビキニと一緒に 分厚いパットが水面に浮かんでいました・・ 「京子さん・・」 「久保田君、目をつぶってて!お願い!」 私は目をつぶりながら分厚い パットの意味を理解してました。おっぱいの形を作る為のもので・・京子さんのおっぱい 偽物だったのか・・ 「久保田君、目を開けても いいよ・・」 「はい・・」 パットの事はお互い触れずに 皆に合流しました。 食事の時、京子さんは元気がなく途中で部屋に引き上げてました。私は当事者として心配で 京子さんを訪ねました。 「京子さん・・大丈夫ですか?」 「うん・・それで久保田君・・ 見たでしょ?さっきビキニの 中のパット・・」 「は・・はい・・スイマセン」 「久保田君が謝る必要ない。笑 私・・ペチャパイなの・・ 今もブラジャーの中にパット 入れてるの・・私の秘密、久保田君にしられちゃったね。笑」 「誰にも言いません!!」 「ありがとう・・自分の胸が コンプレックスでどうしても 男の人に見られる勇気がなくて・・彼氏作れないんだ・・」 美人の京子さんが何故彼氏が いないか不思議でしたが 理由が分かりました。 「でも、京子さんは顔は美人だし足も綺麗だし平気ですよ!」 「俺なんか良いところ1つも ないですよ!笑・・京子さんが 胸が小さいのカミングアウト したから俺も言います! 俺は包茎で恥ずかしくて未だに 彼女出来たことありません!」 「うふふ・・うそ!笑。私を 励ますウソ!笑。」 「ウソじゃないです!京子さん セクハラじゃないですから 誤解しないで下さい!」 私は半ズボンをパンツごと 膝まで降ろしました。 「いや!」 京子さんは手で顔を覆いましたが指の隙間から私の包茎ポコチンをしっかり見ていました。 「とにかくズボンはいて!」 「はい・・」 我に返った私は冷や汗タラタラでした。 俺は何て事を・・変態か痴漢 と一緒だ・・ 「スイマセン・・」 私は部屋を出て行こうとしたら 「ちょっと待って!」 京子さんに呼び止められました。 「久保田君だけ自分のコンプレックス見られるのは不公平よね・・」 京子さんはいきなりT シャツを 脱ぎました。 「京子さん・・」 そしてブラジャーの中から パットを取り出しブラジャーを 外しました。 「京子さん・・」 「初めて男の人に見られる・・」 京子さんの胸は微かな膨らみでした。しかし乳首はまっピンクで異常に綺麗でした。 「こんなペチャパイ見ても ガッカリだよね・・」 「そんな事ないです!その 証拠に・・」 私は膨張した股間を指さしました。 「京子さんの胸見れて嬉しいです!感動です!」 「本当?嬉しい・・笑」 「京子さんの胸誰にも見せたくない・・自分だけのものにしたい・・」 「あはは・・誰にも見せられないよ・・パットがばれちゃうから・・」 それから二週間後に京子さんと ホテルで交わり合いました。 会社はまさかのカップル誕生に ビックリでした。 先輩達からは飲みながら 「京子とエッチか~羨ましいよな~おっぱい結構デカイだろ? 幸福者~」 などとからかわれます。笑 貧乳と包茎の秘密を共有しているカップルの話でした。