私は30歳で田舎で親父の商売を 継いた者です。
東京の私大から東京の会社に 勤め東京生活をそれなりに 楽しんでいました。 しかし、27歳の時に親父が体調を崩し3代続いてる商売を継ぐ 決心をしました。 その一年前に先輩と飲みに行き 女の話になりました。 「お前、好きな女いるの?」 「先輩の同期の紀子さんが 好きですね。」 紀子は2歳上の優しい女性です。 「紀子か~!笑。紀子でオナニーしてるの?笑」 「ハイ!笑」 「紀子はおっぱい大きくないよな?」 「僕は足フェチなんです。笑」 「そうなの?」 「紀子さんのストッキング欲しいです。パンティもです!笑」 暫くして仕事の流れで その先輩と紀子さんと私で飲む機会がありました。 先輩は酔った勢いで 「こいつ、紀子の足が好きなんだよ~紀子のストッキング欲しいらしいぜ!あとパンティも! 笑笑」 私は顔面蒼白です。 エロい目で紀子さんを見てるのがバレた!それもストッキングとかパンティとかリアル過ぎで 紀子さんドン引きだ!キモ扱いされる! しかし紀子さんは笑っていました。 「なにそれ~パンツはなんとなく分かるけどストッキングって なんで?笑笑」 あなたの足に張り付いていて 匂いがたっぷり染み付いてるからに決まってる!心で叫びました。 その半年後、私の退職が決まり 出社最終日の夕方に紀子さんに 呼び止められました。 「渡したいものがあるから 待ってて!」 10分くらい待たされ小さい紙袋を渡されました。 「うちに帰ってから中を見て! それじゃ元気でね!」 何だろう? うちに帰り中を見ると・・ ベージュのストッキングが 入っていました!! 手紙も同封されていました。 「山下君が欲しいと言ってた 私のストッキングを退職記念にプレゼントします。今日ずっと 履いてたやつだよ(恥ずかしいよ~)。さすがにパンツは無理 です。元気でね!!」 と書いていました。 ああ!!ずっと欲しかった紀子さんの脱ぎたてのストッキングだ!感動でフル勃起でした! このストッキングが紀子さんの 下半身にずっと張り付いていたと思うとたまりませんでした! つま先部分と股間部分に微かに 匂いが付着していました。 紀子さんの匂い・・ オナニー三連発でした! その後も私のオナネタとして 宝物になってましたが 必要なくなりました。 田舎に帰った1年半後に 近くに遊びにきた紀子さんが 私に会いに来てくれました。 そして現在私の嫁さんです。笑