5歳年下の妻の響子とは結婚して15年、今年40歳になった。 淑やかで和風の大和撫子の響子は、賢そうな美形で清楚な雰囲気をまき散らしていたが、23歳で初めて抱いた時には既に男の味を知っていた。 悔しかったが、23歳では仕方がないと納得させて、その素晴らしい体を味わった。 ムチムチした体に豊かなDカップ、しかし腰はキュッと括れて何とも艶っぽい裸身だった。
俺は響子を俺だけのものにしたくて、俺色に染めたくて、元々そんな嗜好はないのに響子をマゾ調教し始めた。 俺は、響子の長い黒髪を握りながら荒縄で作った輪を通し、首にかけた。 荒縄が響子の首を囲んで胸の谷間にそって2本の荒縄が床に垂れていた。 途中にいくつも結び目が並んでいた。 響子の胸元から伸びる荒縄を股間を通し、後ろに引っ張り上げ、股間に荒縄が食い込んで縦に筋を作った。 「あっ・・・」 そこに2本の荒縄が割れ目を左右に分けるように食い込んだ。 陰核が荒縄に押しつぶされて、ヒダが左右に広げられ、尻の割れ目にそってロープが這った。 2本の荒縄を左右に開いて両脇の下を通し、胸元を走る荒縄に脇を通したロープをくぐらせ、再び響子の背後にまわりこみ、胸元から左右の脇腹にかけて荒縄を走らせた。 尻の割れ目からうなじに繋がる2本の荒縄に左右の脇腹を走ってきた荒縄を通し、再び乳房へと荒縄を走らせることを繰り返した。 荒縄が小学校教諭の身体を走り、股間深く食い込み、結び目が胸の谷間、腹、陰核、割れ目の間でギチギチとなって体を責め続けた。 響子は目を閉じ、切なそうな吐息を漏らしている。 「響子・・・パックリ割目が切なそうだな。ビデオ撮影しておこうか。」ビデオカメラを見た響子は、眼をカッと開いて恐怖に震えた表情で、 「それは止めてください。撮影はだめです。堪忍してえーーー」 啼きだす響子に構わず、淫らな荒縄を食い込ませた裸身を撮影した。 こうしてマゾ作法を仕込み、俺の妻にならざるを得ない従順な淫乱女にしたのだ。