妻を「させこ」「変態マゾ」「ビッチ」「公衆便所まんこ」「メス豚」 と蔑まれたい・・・
妻は結婚前に妻子持ちの男と私との二股をかけていた。 私と付き合う前から妻子持ちの男と付き合っていたのだが、私と付き合う様になりその男とは一旦は別れたが、 しばらくして肉体関係を再開させていたのだった。 ある時、妻のお腹が膨らんでいることに気付いた私は妊娠してないかと妻に確認した。 妻の「うん」と言う返事を確認し、私は二人の子供が出来たことを喜び結婚を決意し暫くして入籍した。 妊娠4ヶ月を過ぎ妻のお腹も明らかに大きくなり始めた頃、妻から妻子持ちの男との関係とその男の子供を 妊娠していると告白された。 私は妻子持ち男との関係の全てを妻に白状させ、離婚という選択はせず、男とは会わない約束をさせ、堕胎を選択した。 妻は私の経験上(10人定度)なかったほどのおまんこが大好きな女だ。私の欲望を拒むことなく受け入れる女である。 堕胎までの数日間私の頭の中で様々な思いがよぎっていた。 大きくなり始めた妻のお腹を見ながら、私以外の男の精子で孕んでしまっていることを痛切に感じながら興奮してしまう 私自身がいることに気付いていた。 妻子持ちの男と切ない恋愛関係を続け、肉体を求め合いながらも、私ともSEXしていた妻が愛しくて仕方なかったのだ。 こともあろうに妻子持ち男とSEXしたあと、私と会いSEXする日が何度もあったのだ。 私と付き合う前はパイパンにされ陰毛が生えることがなかったとのことで、そのパイパンまんこは野外露出等で晒され、 そのことで昂奮する女に仕込まれていたのだ。 それは妻子持ち男の知人たちとの集まりの場での、カラオケルームや飲み会などでのミニスカからパンツを覗かれるみたいな ことから始まっていたのだが、次第に行為はエスカレートしていったのだ。 深夜のピンク映画館で全裸に近い姿でバイブで遊ばれる恥かしい姿を周りの客に見られながら気をイカされた。 覗きや浮浪者のいる夜の公園で全裸でパイパンまんこを見られながらのオナニーや放尿、覗きに浣腸器を委ね浣腸され脱糞。 ベンチに座る妻子持ち男のチンポに前向きで跨りながら犯され、数人の覗きや浮浪者のチンポを摩り身体中に精液をかけられ 汚される昂奮を感じる様になっていった妻。 ハプニングバーでは卑猥なコスプレで露出する姿を客に見られ身体を触られ、妻子持ちの男の前で客の男達にイカされている。 唯一妻子持ち男以外のチンポを許したのはSMバーのショーである。 小ステージで全裸で縛られ、マゾ牝として尻をスパンキングされながら黒人のビール瓶ほどのチンポで犯され昇天し 小便を垂れ流し客の前で果てている。 妻自身SMプレイはさほど好きではなかった様だが、羞恥心とか屈辱感が興奮に繋がる様なマゾ性癖があったと思われ、 「パイパン」「全裸縛り」「黒人」「尻へのスパンキング」「他人に見られる」と言う5つのアイテムはそんな妻を 最高の昂奮に導いた様でこのプレーに二人ともハマった様で一度だけでは終わらなかったのだ。 そして黒人の子どもを宿し堕胎していた。 妻子持ち男は妻への深い愛はあったにせよ、妻を変態欲望を満たす玩具として所有し、私と付き合ってることも承知の上で 関係を続け、私との関係は筒抜けであったのだ。 こんな刺激的な調教を受け昂奮する妻が平凡な私とのSEXに満足するはずもなく、必然的に二股をしてきたことは頷けた。 妻子持ちの男との関係を白状させたと同時に過去の男との付き合いも全て白状させた。 妻は良く言えば恋多き女だったが、男からみたら俗に言うさせこだった。咥えたチンポの数は30本超えであった。 私は妻のまんこが数多くの男に見られ、触られ、チンポを入れられ、中出しされていたことを思うだけで昂奮が収まらない。 妻のまんこをもっと多くの男に見られたい・・・使われたい・・・ 黒人のデカいチンポで妻のまんこをガバガバにされたい・・・孕ませられたい・・・ 輪姦されイキまくる妻を見たい・・・ 他人の精子で孕まされ大きくなった妻のお腹をまた見たい・・・ 妄想が止まらなくなっていた。