中学生のとき。 性の目覚めは突然でした。
当時、夜中のラジオで、文化放送の吉田てるみのてるてるワイドっていう番組があって、その中のコーナーに占い師の結城モエラさんの相談コーナーみたいのがあったんです。 たしか『青春白書』だったかな。 それは一般の女性が初体験を語るんですけど、やたらエロくて、 『初めて彼のが入ってきたとき、どうだった?』 とか赤裸々なんです。 僕はいつも打つ伏せで聞いていて、てぃんこが固くなってきて、布団にこしつけてました。 パンツを汚すまいと、せつかく剥け始めたのにわざわざ包茎にして、皮の中に出して、ダッシュでトイレ。 今は完全に剥けてますけど、我ながらアホなことしてたと思う。 そんなある日、妹(二歳下)と二人で留守番することになり、居間で過ごしていました。 僕は打つ伏せで図書館で借りた本を読んでいたんだけど、妹はテレビに釘付けで、低いテープルに覆い被さる形で見いってました。 ふと見やると、 ミニスカートがめくれて、幼いながらももう女だよって、ふっくらしたパンティが目の前にありました。 よほどテレビが面白いらしく、お尻をプリプリ振りながら爆笑してる妹。 『おまえ、パンツ見えてるぞ』 といつもなら注意するんだけど、その時は何故かしなかった。 妹のパンティ。 思わず腰が動き始めました。 ばれないように、でも妹のお尻を凝視しながら、必死に擦り付けました。 パンティはもうぐいぐい割れ目に食い込んできて、エロ本では味わえない、まさに匂いそうなホンモノがある。 一気に頂点に達し、射精しました。 僅かに呻いたかもしれません。 あわてふためき、立ち上がると 『お兄ちゃん、トイレ?』 と妹が振り向きました。 そうだよ、とそのままトイレに向かいましたが、妹が意味深な表情を浮かべたのが、未だに残ってます。 バレてたのかな?