秋の出来事です。 私が働く会社で販売している 商品を住宅街の広場で青空販売しました。社員の控え室は簡易のプレハブでした。
私・29歳と人妻社員の友里・31歳が最後まで残り後始末をしていました。最後は雨が振り出し 二人は濡れながらなんとか 業務終了でした。 「友里さん!風邪引くから早く着替えて下さい。」 「ありがとう。」 友里さんは薄いベニア板で仕切られた部屋に入って行きました。 あの薄いベニア板の向こうで 友里さんが着替えてる・・ そう思うと興奮してきました。 支店No.1の美人の友里さんです。ふと上をみると仕切られたベニア板の上がかなり隙間が ありました。私は鼓動を押さえ 椅子を引っ張って来て、椅子に乗り隙間に目をやると、 雨で濡れた髪の毛を拭いている 友里さんが見えました! どうしよう・・見ていいのか? やがて友里さんは制服を脱ぎ出しました。上着を脱いで白いブラウスのボタンに手を掛けて やがて友里さんのブラジャーが 現れました!! 友里さんのブラジャー・・ 巨乳ではありませんが白いブラが私の股間を刺激しました。 やがてタイトスカートが床に 落ちました・・ ベージュのストッキングに包まれた下半身!純白のパンティ! 長くてムチッとした足! 丸みを帯びたお尻! 支店No.1の下着姿に私はクラクラしました。高級ランジェリーと言うよりごく普通の下着に 興奮しました! 何度かオナネタにした友里さんの制服の中の秘密を知った! 優越感でニンマリです。 「濡れちゃたな~」 友里さんは一人言を言って ストッキングを脱いでいきました。 友里さん・・あんな風にストッキング脱ぐんだ・・絶対見れないストッキング脱ぎシーンで 私はポコチンを出しシゴキました。5秒で放出でした・・ ブラとパンティ姿の友里さんは 自分のかばんに手を入れゴソゴソやっていると小さい白いパンティから大きなお尻の割れ目の上の部分が見えました。 友里さんのお尻の割れ目・・ 感動の再勃起です!! やがて私服に着替え出したので 慌てて覗きをストップしました。土曜だったので休みだった 友里さんのダンナが車で迎えに来ていました。ダンナに挨拶をしながら、心の中で俺はあなたの美人妻のブラジャー姿と ストッキング越しのパンティと 長くてムチッとした足とストッキング脱ぎシーンとお尻の割れ目を見たぜ!悔しいだろ!と 叫んでいました。バカですね。