香織が覚醒したら、男がローターの電源をオンにして、トロトロと愛液を流す香織の幼穴へ捻じ込みました。 「はぁひょふぁ・・・ああああああああーーーーー!」 香織はあっという間に3度目の絶頂に達すると、膣圧でローターがニュルンと押し出されました。 香織の幼穴が、 ヒクヒクと切なげに収縮するのを見て、男は、 「香織、その穴が欲しがってるご馳走をたっぷりあげるからね・・・」 とニヤけました。
香織は今度はアナルに黒いアナルプラグが差し込まれて、これまた振動しながら蠢いていました。 幼穴を嬲られるのとは一味違う異様な感覚に、香織が身を捩っていました。 「ふがぁっ!あうぅぅぅぅぅ!ひぎゅぁぁ~~~~~ッ!」 吸引乳首とクリトリスとアナルをジンジン刺激された香織は、ガクンと大きくのけ反って丸出しの幼い女性器から、ピュル、ピュルっと潮を吹きました。 「香織はアナルも好きなの?まだ小5なのに変態だね。」 男は、赤黒い血管を浮き上がらせて脈動するペニスの先に唾をつけて、 「さあ、これからこのおちんちんで香織の処女膜を破って、おじさんの精液で子袋をタプタプにしてあげるからね。」 男は片手でビデオカメラを持ったようで、М字に開脚の香織を俯瞰した画像になりました。 男は、もう片方の手で香織の幼いワレメを押し開き、先端を当てがいました。 「ううっ…! ううう――――ッ!」 10歳の香織は、それでも小5なので陰茎が幼穴へ入れられる意味を何となく理解していて、逃げようと身を捩りますが、縛られていてどうにもなりませんでした。 カメラに映る無毛のワレメの先端には、敏感な突起が吸い出されて肥大し、アナルではアナルプラグがモーター音を響かせていました。 10歳の少女にはあまりにも無惨で淫靡すぎる映像の中、男は香織の膣口に何かを挿入しました。 「あふっ…! ふあぅっ…!?」 熱い吐息を漏らし、10歳とは思えぬ淫らさで腰を揺らす香織を見下ろして、 「媚薬っていうんだよ。体温で溶けてオマンコに吸収されると痺れてくるんだよ。」 「ふぅぅぅぅーーーーっ!」 媚薬を知らない香織は、高められた性欲に狂いだしました。 男は、どす黒く光る亀頭を無垢な幼穴に押し当ててると、拒絶する香織の気持ちと裏腹に、ペニス を当てがわれた香織の幼穴は愛液を溢れさせながらペニスを迎え入れようとしていました。 男は香織の腰を片手で押え、イキリ起つペニスをぐぐぐっと幼穴にめり込ませました。 「ふがうぅぅぅぅふぎゃぁーーーーーッ!」 媚薬で痺れさせられはいるが、性交渉にはあまりに早い未熟な幼穴に無理やりめり込んできて、香織が悲鳴を上げました。 しかしまだ亀頭が入っただけ、香織の純潔の手前で男は、 「さあいくよ!香織の処女膜をおじさんのチンポで引き裂くぞぉーーー!」 ズズン!と力任せに腰を突くと、 「ひぎゃぁぁーーーッ!ぐあああーーーッ!うあぁぁーーーッ!」 啼きながら狂ったように暴れる香織の四肢に縛っていたロープが軋み、男は香織の幼穴の奥までズプズプとペニスを押し込みました。 「すごい・・・香織・・・香織のオマンコはヌルヌルでドロドロだけどキュウキュウしてるよ。」 「あうぅ・・・うぐぐぅ・・・」 男は、香織の敏感な乳首と突起を吸い上げている小型注射器を外しましたが、乳首もクリトリスも伸びて肥大したままでした。 そこに触れると、 「ひぎゃーーーーッ!」 香織が悲鳴を上げました。 「相当敏感になってるだろうからなあ。もっとご褒美あげようね~」 男が香織の幼穴でピストンをはじめて、 「香織が喜ぶなら、おじさん、いっぱい頑張っちゃう!」 ヌチュヌチュと音を立てて男が激しく抜き差しを始めました。 亀頭が未熟な幼穴をメリメリ突き進み、カリで引っ掻きながら後退して柔肉を苛めました。 人形のように揺さぶられながら、香織は見表情で唖然としていました。 男は、 「うっ・・・うううっ・・・」 ドクドクドピュルルルルーーーー 大量の精液が香織の小さな子袋に注がれていきました。 やがて、膣圧で押し出されるように、ニュルンと小さな幼穴から抜けたペニスが、破瓜の血と愛液と精液でうっすら赤く染まっていました。 「香織、すごいな。乳首とクリトリスを吸引されて肥大させて、ケツにプラグを突っ込まれたまま処女喪失して、精液をオマンコの中でぶっ放される小学生なんて、なかなかいないぞ。」 香織は呆然自失で幼穴からドロドロと液体を垂れ流していました。