翌日、会社でも撮影の事で頭が一杯だったが、帰宅しても、敢えてこちらからは何も触れず、普段通りの会話を続けていた。 あまり意識しているとは思われたくなかった。
妻「あ、そういれば、撮影明日だって」 私「明日!?随分急だね・・。そういえば名刺の人からメール来てて、免許証のコピー添付されてたよ。ちゃんと本名だった」 妻「じゃあ安心だね」 私「とりあえずはね。場所は?」 妻「○○駅だって。□□□(若者向け商業施設)で撮るみたい」 私「そっか。何かあったらすぐ電話できるように携帯ポケットにいれといてね」 妻「そうする~」 翌朝、私が出勤のため起床すると、既に妻も外出の準備を進めていた。 私「もう出るの?□□□とか、開くの10時ぐらいなんじゃないの」 妻「そうだけど、打ち合わせとかするみたい」 私「そのスカートで撮るの?」 妻が穿いているのは、普段からよく穿いているヒザ下くらいのスカートでした。 妻「・・えーと、これじゃなくて、向こうで用意してるみたい」 私「そうなんだ・・。それじゃあ、気をつけて」 妻「うん、直樹もね」 普段はうっすらとしか化粧をしない妻だが、今日は頬のチークがやけに濃く見えた。 まあ、一応仕事なんだし、それぐらいは、当然か・・。 出勤後も、頭は撮影の事でいっぱいだった。 お昼前・・・もう妻はミニスカートで買い物を始めているんだろう。一体どんなパンツを履いていったのか? お昼過ぎ・・撮影は終わったんだろうか。終わったらメールを送るよう言っておけば良かった・・。 夕方・・・・やはり、そもそも怪しすぎる話ではなかったか?何も連絡はない。妻は無事なのか? 定時ダッシュで会社を出ると、すぐに妻に電話を掛けた。いつも通りの声色の妻が出たので、まずは一安心。 私「もしもし、今から帰るよ」 妻「はーいお疲れ様~」 私「そっちもお疲れ様。大丈夫だった?」 妻「超楽ちんだったよw」 私「そっか!それなら良かったよ。それじゃーね」 妻「はーい」 イメージビデオという認識とは言え、人生初の性的なビデオの撮影。気落ちしているんじゃないかという懸念もあったが、 良いことが有った日のテンションといった感じで、何も問題はなさそうだ。 帰宅してからも、「普通に買い物しただけだったよ」「ミニスカートなんて久しぶりだから何か恥ずかしかった」等々、 妻から積極的に報告があった。「変なことされなかった?」と聞いてもみたが、「本当何も無し!ミニスカで買い物ってだけ!」の返答。 そこまで何もないと、安心を通り越して、私としては肩透かしをくらったような思いもあった。 まあでもそれで2万円も貰えたのであれば、本当に良い小遣い稼ぎだ。 私「次とか誘われなかったの?」 妻「あー・・。何か、また機会があれば連絡するとか言ってたけど、しばらくは無いかな」 私「次も同じようなこと?」 妻「色々撮ってるみたいで、やっぱりもっと過激なのもあるみたいだから・・。今回ぐらいなら良いんだけど、それ以上はね」 私「そうだね」 こうして妻の初撮影は無事終了した。 あとは相田さんにもらうビデオを確認するのみ。 2日後、とうとう相田さんからメールがあった。 メールは、タイトルが「パンチラです」という素っ気ないものだった。 本文には某オンラインストレージのダウンロードURLと、パスワードが添えられており、「よろしくお願いします」と記されていた。返信よりも何よりも、一刻も早くダウンロードを開始する。 一息休憩を入れ、いよいよ鑑賞に移る。妻は既に就寝済みで、普段のエロ動画を見るノリと何ら変わりはない。 ただ違うのは、そこに映る女優が妻だというだけ。 映像は、雑貨屋か何かの店内から始まった。 買い物をする女性の後ろ姿を追う形の映像。髪型から、一瞬で妻と判断できた。 ただ映し出された妻の下半身は、普段の妻からは想像できないものだった。 白いひらひらのスカートはひざ上15~20cmくらいだろうか? 映像は当然ローアングル位置のカメラからのものなので、一歩、一歩と歩くたびにチラッチラッと完全にパンチラしている。 そもそも普段、生足+スカートという組合せすらあり得ない妻。まさか映像を通して初めて、妻の生足ミニスカートを拝むことになるとは・・。 パンツは純白で、私が知っている限り、妻の私物には見えなかった。 特段過激なパンツといったわけでもないのに、パンツまで借りたのだろうか。 棚の中段にある商品を見るようなシーンでは、もう常にパンチラ状態。 カメラが真下に寄っているというわけでもないのに、妻がお尻を突き出すような体勢で商品を眺めるからだ。 カメラ位置的にそう見えるだけなのかわからないが、「そこまでお尻を突き出さなくても・・」と感じる。 妻なりのサービス精神なのか、そう指示されているのかはわからない。 別の買い物客が現れると、そそくさとその場所を離れて人気のない場所へ移動する妻。 パンチラを撮ってもらうべく、健気に頑張っている・・。 エレベータを待つシーンでは、最初は普通に立っていたのに、少しするとわざわざ右足を右へ開き、大股で立つ体勢になる妻。すかさずカメラが寄ってパンツを捕らえる・・。出展:会話ベースの寝取られ(NTR)話 シーンが切り替わると、別の女性が映った・・ように見えたが、全体のシルエットは、完全に妻だった。 衣装は変わっていても、さすがに夫なので妻だとわかる。衣装的にはあり得ないので、一瞬見迷ったが・・。 今度の衣装は、ミニスカワンピといった類のものだろうか。先ほどの衣装よりさらにスカートは短い。 ただボディラインに沿った形なので、先ほどパンチラしていた角度では今度はパンチラしていない。 それでも、ボディラインにぴったりと張り付くような服で、お尻がこれでもかと強調され、実にエロい。 この格好で電車に乗れば、すぐに痴漢と遭遇してしまうだろう。 普段の妻ならば、「こんな(痴漢されるような)格好で電車に乗る女も悪い」と非難するような格好だ。 衣装の切り替わりに伴い妻のサービスもさらに激しくなり、棚の下段の商品を見るのに、しゃがむことなく わざわざ上半身だけを曲げて「はい、パンチラどーぞ♥」とばかりにお尻を突き出している。 私が仮に、これが仕込みの映像だと事前に知らされていなくても、こりゃ仕込みだとすぐにわかってしまっていただろう。 製作者が、その辺りをどこまで意図的に演出しているのかは定かでないし、どうでもいいが・・。 次のシーンでは、やはり棚の下段の商品を手に取る妻だが、今度は先ほどと異なり、しゃがんだ体勢だ。 しゃがむなら棚の方を向いてしゃがむのが自然に思えるが、妻はしっかりと下半身をカメラに向けた状態で商品を物色する。当然、パンチラ・・というかパンモロがカメラにばっちりだ。 そんなことを繰り返しながら、映像は終わった・・。